1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:40:33.20 ID:1/ealuX80

火憐「戦場ヶ原って……兄ちゃんの彼女の?」

暦「そう、別れたい」

火憐「何でだよー、上手く行ってねぇの?」

暦「いい加減付き合いきれないんだよ僕も。もう別れたい」

火憐「そ、そんなに酷い人なのか?なら早く正直に言って」

暦「無理だ。殺される。別れたいけど僕はまだ死にたくない」

火憐「今までどんな付き合い方してたんだよ兄ちゃん……」

暦「だから火憐ちゃん、手伝って欲しい」

火憐「え?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:45:10.10 ID:1/ealuX80

暦「火憐ちゃん、僕と付き合ってくれ」

火憐「え!?つ、付き合うって、え?」

暦「そして一緒に戦場ヶ原のところへ行って欲しい」

火憐「あ、あー新しく好きな人ができたからって奴か……」

火憐「ってあたしじゃダメじゃねぇか兄ちゃん!」

暦「何でだよ」

火憐「いやだってあたしたち兄妹だし……」

暦「なにいってんだ火憐ちゃん。兄妹だからこそいいんじゃないか」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:51:19.36 ID:1/ealuX80

暦「よく考えてみろよ。ガチの妹と付き合うような気持ち悪い男を好きになる女がいるか?」

火憐「あ、あー……」

暦「それにそれだけじゃないぜ。僕が戦場ヶ原に別れ話を持ちかけたら、あいつは確実に僕を殺しに来る」

火憐「あー……」

暦「その時一緒にいるのが月火ちゃんや千石だったらどうだ?」

火憐「ど、どうなるんだ兄ちゃん」

暦「僕と月火ちゃんを殺したあとに戦場ヶ原も死ぬ」

火憐「す、すげーな……」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:57:51.09 ID:1/ealuX80

暦「だが僕の彼女が火憐ちゃんだったら……戦場ヶ原と互角にやりあって、その場は凌げるかもしれない」

火憐「に、兄ちゃんの彼女と戦うのは嫌だけど、兄ちゃんが死ぬのはもっと嫌だ!」

暦「だろう?羽川はこんなこと絶対協力してくれないし、神原は戦場ヶ原についちまうからな」

火憐「で、でもにいちゃん、瑞鳥君が……」

暦「あーお前の彼氏な。大丈夫だよ、兄妹が仲良く街歩いてたって誰も不思議に思わないだろ?」

火憐「う、うん……」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:03:49.02 ID:1/ealuX80

暦「な、頼むよ火憐ちゃん。兄を助けるためだと思ってさ」

火憐「そう……だよな。兄ちゃんを助けるためだ!それにあくまでも恋人のフリでいいんだしな?」

暦「……」

火憐「兄ちゃん?」

暦「じゃあ火憐ちゃん、戦場ヶ原に合う前にちょっと練習しようか」

火憐「練習?」

暦「そうそう、だっていくら家族だとはいえ付き合い始めは緊張するだろ?」

火憐「そ、そうかな」

暦「そうそう。戦場ヶ原はそのへん鋭いからな。今のうちに慣れておかないとな」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:13:48.91 ID:1/ealuX80

暦「じゃあまずはキスの練習からやってみようか」

火憐「う、うん……へ!?キ、キス!?」

暦「んじゃ火憐ちゃん、早速目瞑って。可愛く」

火憐「いや兄ちゃん!恋人のフリだよな!?フリで何でキスなんか」

暦「こういうのはリアリティーが肝心なんだよ、いい加減だとすぐに戦場ヶ原にバレちまう」

火憐「いやでも……」

暦「それにお前の歳ならこの位みんなやってるよ。つーかこないだ僕とやったじゃん」

火憐「だってあれは仕方がなく!」

暦「ふーん……じゃあ瑞鳥君とはやってないの?」

火憐「み、瑞鳥くんは関係ねーよ!」

暦「まだなのかよ。まぁどっちでもいいけど」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:22:05.40 ID:1/ealuX80

暦「そんなことより火憐ちゃん。ほら、こっちきて目閉じて」

火憐「でも、だってあたしたち兄妹なのに……」

暦「大丈夫、兄妹だからこそ変な間違いを起こさないんじゃないか。それとも火憐ちゃんは僕とキスするの嫌なの?」

火憐「い、嫌じゃ!……ない、けど……」

暦「それに万が一戦場ヶ原に演技だってバレたら大変なことになるんだぜ」

火憐「……」

暦「だから……な?目閉じて……顔こっち向けて……」

火憐「う、うん……ン、チュ」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:52:56.80 ID:1/ealuX80

火憐「ン……」

火憐「ンッ……ンン」

火憐「ンー!んっ……プハッ!」

火憐「兄ちゃん!?そんなに長くされたら息が!」

暦「はぁ……お前さぁ」

火憐「な、なに?」

暦「何で口開けねーの?」

火憐「え……」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:00:49.07 ID:tRIgvKDc0

暦「小学生じゃねーんだから。もっと真剣にやってもらわないと」

火憐「兄ちゃん……?ちょっと言ってる意味が」

暦「だからもっかい目閉じて舌出して、ホラ。あーんしてみ?」

火憐「あ、あーん……」

暦「中学にもなってキスっていったら……こうだろ」

火憐「ンンっ!?ムグ、チュパッ……ンっ!ア、ハァア……!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:11:51.90 ID:tRIgvKDc0

火憐「ンっ!……チュ、クチュ、プハッ……ンー!ンー!」

暦「……ッン、ハァ」

火憐「ン……ン、ゴクンッ!ゲホッゴホ!」

暦「初めてにしては上手いじゃないか火憐ちゃん。流石はぼくの妹なだけある」

火憐「ハァ、ハァ……ッ兄ちゃんのバカァ!の、飲んじゃったじゃねーかぁ!」

暦「でも気持よかっただろ?」

火憐「き、気持ちいいわけ……!」

暦「……いいわけ?」

火憐「……ッ、い、嫌じゃ……なかったけど……」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:20:54.00 ID:tRIgvKDc0

暦「キスは合格だな、じゃあ次行ってみようか」

火憐「つ、次?」

暦「そりゃキスだけじゃダメだろ?キスなんて僕達みたいな兄妹でもするんだし」

火憐「そ、そうなのか?」

暦「そうそう、キスくらいフツーの兄妹なら当たり前にしてるよ。これくらいじゃあ恋人の証明にならないだろ?」

火憐「う、うん、そう……なのか」

暦「そうそう、じゃあソファ行こうか。後ろ向きで僕の膝の上に座って」

火憐「うん……」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:30:56.63 ID:tRIgvKDc0

暦「ほら、こいよ」ポンポン

火憐「うん……重たくないか?」

暦「俺はお前の兄ちゃんだぜ、重たいわけ無いだろ?」

火憐「うん……」

暦「うむ……これはなかなか」

火憐「それで兄ちゃん、この格好からどういう、ヒャン!?」

暦「すごいじゃないか火憐ちゃん、いつの間にこんなに成長してたんだよ」モミモミ

火憐「ちょッ!兄ちゃん!そこ……胸、アンッ!」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:44:06.72 ID:tRIgvKDc0

暦「さすがに羽川の相手にはならないけど戦場ヶ原とはいい勝負になるんじゃないか?jc的な意味も考えて」

火憐「そ、そんなこと、ンアっしらねー……ンッなんで堂々と妹の胸ェ……揉んでハァンッ!」

暦「いやいやタダのスキンシップだから。キスよりよっぽど健全だぜ?そんなことより火憐ちゃん、お前マジで戦場ヶ原よりイイわ」

火憐「いいって何が……ハウゥンッ!兄ちゃんソレ!先っぽダメェ!」

暦「なんだよこんなに硬くして。若い分感度もいいのか?いよいよ戦場ヶ原なんて目じゃねーな」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:57:10.86 ID:tRIgvKDc0

火憐「に、にいヒャンラメェ!ほんとにキツイから……んンァア!」

暦「あれあれ火憐ちゃん、これはあくまでもタダのスキンシップだぜ?なにがキツイんだよ」レロー

火憐「そんなァアッ、首筋舐めんなぁ、ハウッン!」

暦「おいおい、後ろからおっぱい揉まれながら耳たぶあま噛みされるくらい歯磨きに比べたら……」カミカミ

火憐「ミミっ!耳はほんとにヨワイかりゃアァ!ダメ!ほんとにらめぇえ!」

暦「だいぶほぐれてきたじゃねーか。じゃあそろそろこっちは」スル

火憐「!!」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 01:09:42.56 ID:tRIgvKDc0

暦「うわすげぇ……」ニュルン

火憐「ヒッ……!兄ちゃんそこは!」

暦「ビチョビチョってレベルじゃねーよ火憐ちゃん。イヤイヤ言ってたくせに感じすぎだろ」クチュクチュ

火憐「か、感じてなんかねーからぁ!だからそこだけは……ンアァアアッ!?」

暦「こんなにアヘアヘよがってるくせに説得力ないぜ火憐ちゃん。それとも僕のこと嫌いになったの?」

火憐「嫌いじゃない!キリャいじゃないけどぉ、ッアァン!」

暦「なら問題ねーな。僕たちは恋人同士だし」

火憐「へ、ふぇ?」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 01:19:45.89 ID:tRIgvKDc0

暦「だってついさっき僕たちは恋人になっただろ?」

火憐「え……?ンァッん!そ、そんなこと……ンッ」

暦「そんなことあるだろ?じゃあなに?火憐ちゃんは恋人でもない男とキスするしおっぱいも揉ませちゃうんだ?」

火憐「そ、そんなことしな……アン!あ、あらひはにーひゃんだから!」

暦「じゃあやっぱり僕が恋人なんじゃないか。ソッコー火憐ちゃンに嫌われたと思ってヒヤヒヤしたぜ」

火憐「そッ……んな、あらひがにーひゃんをキライになるなんて……ありえにゃイィッ!?」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 01:35:27.00 ID:tRIgvKDc0

暦「だろ?まったく、火憐ちゃんがどうしても付き合って欲しいって言うから付き合ってやってるってのに。酷いぜ火憐ちゃん」

火憐「ご、ごめんにゃさ……イヒィンッ!」

暦「じゃあさっきから一人で気持ちよくなってる僕にゾッコンの火憐ちゃんは次どうすんの?」

火憐「は……はいぃ」

暦「そうそう、テーブルに手ついてオシリこっちに向けて、それで?」

火憐「に、にーひゃん、あ、あたしの初めて……もらってくりゃは……」

暦「よくできましたっ、と」ズプゥ

火憐「いぃ!!!?」




118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 01:53:16.36 ID:tRIgvKDc0

暦「ちょ、火憐ちゃんキツイよ。もうちょっと力抜いて」パンパン

火憐「ら、らってぇ!こりぇしゅごいイィ!!」

暦「マジかよ初めてのくせによがりすぎだろ。痛くねーのかよ」

火憐「いた、いたいぃけど、ぉンア!痛ひけりょきもぢいいのぉお!」

暦「痛くて気持ちいとか真性のドMかよ僕の妹は」

火憐「イイッ!痛くて気持ちいいっ!イタイのがぎもぢいぃ!もう変になりゅ!変態になりゅう!!」

暦「スゲーさすがの僕でもドン引k」

ピリリリリリ ピリリリリリ

火憐「ひっ!?」

着信中 月火ちゃん



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 02:04:57.62 ID:tRIgvKDc0

暦「月火ちゃんタイミング良すぎ」

火憐「ハァ……ハァ……」

暦「もちろん出ないとね?かわいい僕らの妹からの電話だし」

火憐「え!?そんなウソ……」

暦「嘘じゃねーよ」ピッ

月火『もしもし火憐ちゃん!?事件だよ!大事件だよ!』

暦「ほら」

火憐「!?ッ、月火ちゃん?どーしたの……ッそんなに慌ててッン」

火憐「にーちゃん……?ん、んーんいねー……よ?」

火憐「う、うん……リビングでテレビ見て……」

暦「……」ヌップヌップ

火憐「っ、んあっ!」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 02:17:58.76 ID:tRIgvKDc0

火憐「こ、声?ん……寝起きで……汗かいちゃってェ、ッ身体火照って……」

暦「……」パンパン!

火憐「るぅ!?」

暦「……」ヌップヌップ!

火憐「んあぁあっ!そんにゃいきなりいぃぃい!」

暦「クッ」パンパンパン!

火憐「も、もうらめぇえ!キモチいいの!月火ひゃん……!ありゃひっ!月火ひゃんとれんわしにゃがらァ!にいひゃんにズコズコされてッ!もう、もうイグ……!!」

暦「くっ、僕もイクよ火憐ちゃん!」

火憐「はあぁああんッ!近親相姦恋人ち○ぽでイグゥゥうっっ!!」




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 02:29:00.08 ID:tRIgvKDc0

火憐「あ……アハァ……」

暦「はぁ……はぁ……最高によかったぜ火憐ty」

火憐「ふッ……ヒック、ふえぇえええええええぇ!」

暦「ちょ」

火憐「月火ちゃんに聞かれちゃったぁああぁ!うえぇえええええぇ!」

暦「ちょ、火憐ちゃん大丈夫だから、すぐ通話切ってるから」

火憐「ふぇ……?」

暦「たとえ月火ちゃんといえども火憐ちゃんの恥しい声を聴かせるわけないじゃないか。馬鹿だなー火憐ちゃんは」

火憐「ほ、ほんと?」

暦「当たり前だっての。お前は僕の可愛い妹で、可愛い彼女なんだぜ?」

火憐「に、兄ちゃん///……ん、チュ」

ガチャ

バタバタバタ



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 02:43:29.02 ID:tRIgvKDc0

バーン!

月火「ちょっと火憐ちゃん!何で途中で電話切っちゃうの!?大事件なんだよ!?なんかお兄ちゃんの彼女とかいうすっごい美人が家の前に張り付いててどうしてもお兄ちゃんに合わせろってプラチナむか……」

火憐「ふぁ……」

暦「……」

月火「つく……」

月火「んっと、何でお兄ちゃんが家にいるのかな?何で二人共服着てないのかな?どう見てもキスしてたよねさっき」

暦「あー……月火ちゃん、誤解すんなよ?これはつまり恋人の練習であってお前が考えているようなヤマシい要素は一切ないと言っても過言では」

ひたぎ「……」

暦「」

ひたぎ「……弁明は?」

暦「……本気じゃなくて……浮気です」

ひたぎ「そう」


-オツカレサマデシタ-



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 02:45:38.93 ID:tRIgvKDc0

はい夏コミ新刊のボツプロッタでした
脳内メモ見ながらだと遅いしダメだわ
毎度火憐ちゃんのキャラ崩壊してスマンな


元スレ
暦「戦場ヶ原と別れたい」 火憐「え?」