1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:00:18.94 ID:N4Z4P8xj0

小鳥「なんででしょうね」

P「具体的に言えばツンデレ……でも、それだけじゃ片付けられないものが、
  伊織の中にはたくさん詰まっていると思うんです」

小鳥「魔性の域ですね。他の子に観点をおいても、同じ結論に至りそうですけど」

P「違うんですよ。伊織は特別なんです……」

小鳥「ほぉ」

P「まぁ要するに…伊織の反応を楽しみたいんですよね」

小鳥「でしょうね。前置き長くないですか?」

P「長いですね。さっさと始めちゃいましょう、まずは>>4でもしますか」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:02:10.61 ID:vchh5t2V0

いじめる



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:03:47.01 ID:D0thcY7T0

伊織「~♪」

P(さーて、どういじめてやろうかな……それにしても可愛いな)

P(手始めに>>10でも……)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:11:07.31 ID:2AQMc3dG0

唐突に凸にキス



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:16:12.86 ID:D0thcY7T0

伊織「~♪」シャカシャカ

P「~♪」

伊織「~♪」シャカシャカ

P「~♪」チュッ

伊織「~♪」

伊織「~──!??!??」シャカシャカ

P「~♪」

伊織「あ、ああんた今なんかした!!?///」

P「いや、キスしたけど? 目つむっててよく分かったな」

伊織「なぁ……!!///」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:20:42.00 ID:D0thcY7T0

伊織「はぁ? はぁあ!? この変態、変態へんたいヘンターイ!!」

P「うるさいなぁ…たかがオデコにキスぐらいで」

伊織「プロデューサーがアイドルにき、キスぅ!? た、立場を考えなさいよッ!」

P「うーい」

伊織「…本当にわかってんでしょうね……もう///」

P(うむ、出だし好調。なんだかんだで許してくれるいおりマジいおりん)

P(次はどうしてやろうか……よし、>>18を実行だッ!)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:23:07.33 ID:/1aYHk6G0

うるさいお口はキスしてふさいでやる!



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:31:58.24 ID:D0thcY7T0

伊織「はぁ……なんか急に暑くなってきたわ…」

P「身体が火照ったのか?」ニヤニヤ

伊織「もとはアンタのせいでしょうが!」

P「発情いおりんマジ小動物!」

伊織「は、発情って…!!?///」

P「くぁわいいなぁいおりはー!」

伊織「あ、アンタいい加減に──っ!?」

P「──……っ」

伊織「んーっ…! んう…!」ジタバタ

P「──……」

伊織「ん──っぅ…──」

P(伊織、抵抗できなくなってるぞー)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:39:56.10 ID:D0thcY7T0

P「……──っ、ふぅ…」

伊織「…っ……あ、アンタ」

P「うるさいお口には、これが効果てきめ──ぐほぁっ…!!」バキィッ

伊織「もう知らないッ!!!///」プイッ

P「ぐぎぎぎ……」

P(やばい、このままじゃ俺がただの変態プロデューサー扱いだ。
  ここは体裁を守るためにも、機嫌を治さねばならない)

P「い、伊織ー?」

伊織「うるさいこっちみんな!!」

P「>>29



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:43:20.46 ID:2oc75gzn0

好きですだから許してください



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:53:55.26 ID:D0thcY7T0

P「好きですだから許してください」

伊織「だからうるさ──へっ?」

P「好きです、だから……許してください」

伊織「す、好き…?///」

P「はい」

伊織「……それ、本気で言ってるの?」

P「そうだ」

伊織「だったら……──こんな下らないことで告白すんな!
   これも嘘かもしれないけどっ! 短絡的すぎるのよバカ!!」

P「ははは……」ポリポリ

伊織「……もうっ。…まぁ、嬉しい嘘かも、しれないけどさ……ふんっ」プイッ

P「あああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

伊織「ふぇっ!?」ビクッ

P(かわええええええええええええええ!!!)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:57:58.69 ID:D0thcY7T0

伊織「ち、ちょっと! いきなり大声出さないでよ、びっくりするじゃない!」

P「あ、ああごめん。無性に叫びたくなったんだよ」

伊織「あっそ……」

P「ふふっ……」

伊織「…っ、……」

P「……」

伊織「……こ、この空気なんとかしなさいよっ!」

P「お、俺に言われても……」

P(なんとかしましょうか、じゃあ>>44でこの空気から脱しよう)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:00:44.11 ID:AkVNPjtH0

好きって言ったけどアレはウッソぴょーん!って言う



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:05:53.71 ID:D0thcY7T0

P「……あのさ、伊織」

伊織「な、なによ」

P「一つ、言っておきたいことがあるんだ…」

伊織「あんな告白の後になによ、それよりも大事なこと?」

P「ああ……とっても、すごく大切なことなんだ」

伊織「…へ、へぇ」

伊織「い、言ってみなさいよ…///」

P「伊織……──」


 P「──好きって言ったけどアレはウッソぴょーん!」


伊織「」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:14:15.70 ID:D0thcY7T0

P「『ぴょーん!』ってのはお前のシャルラトホテプ? を意識した語尾なんだぞー?」

P「なぁどうだった? 俺、演劇俳優になれるかな?」

伊織「…ええ、なれるわよ演劇俳優。…ねぇ」

P「は、はい……」

伊織「二つ言いたいことがあるんだけどさ」

伊織「まず一つ……この子はシャルルよ!!!」バキィッ

P「おぅっ!?」

伊織「それと! それと……! ふ、ふっざけるなああああ!!///」バキィッ

P「ぐぎゃっ!」

伊織「なに!? 私の反応がそんなに面白いっての!?? はぁ!?
   はぁああ!?!? この馬鹿バカバカばかああ!!」バキィッ

P「あべしぃっ!?」

 ────
  ──

P「ひとまず退散したが…死ぬかと思った」

小鳥「そりゃあれだけ上げて落とせば、ああなりますよ」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:19:21.18 ID:D0thcY7T0

P「また、時が経ったらにしますかね…」

小鳥「いや違いますよプロデューサーさん。伊織ちゃんの気持ちが凝り固まらないうちが、
   チャンスです、大逆転チャンスですよ」

P「ほほう」

小鳥「伊織ちゃんの抵抗意識の根底にあるのは、恥じらいですからね。
   自分が恥ずかしいと思ったことには、苦手意識を持ってしまう傾向があります……」

P「なるほど」

P「じゃあ、攻めます」b

小鳥「はい」b



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:20:19.00 ID:D0thcY7T0

疲れた 誰か代わりに伊織を攻めてくれ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:07:51.28 ID:Xj061RhS0

P「音無さんには攻めろって言われたけど、どうやって攻めるか迷うな…そうだ>>69しよう!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:13:19.47 ID:6YFHToGK0

偽装フレッシュジュースをのませる



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:23:40.03 ID:Xj061RhS0

P「いおりん、いおりん!ジュース買ってきたよ!」

伊織「あんた、さっきの今でよく私の前に出てこられるわね」

P「そんなことよりジュース買ってきた」

伊織「っていうか、何でオレンジジュースじゃないのよ!まったく、使えないプロデューサーだわ」

P「じゃあもう一回オレンジジュース買ってくる」

伊織「あ、まあ喉も渇いてるし、それ飲むわ」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:28:08.62 ID:Xj061RhS0

伊織「……」ゴクゴク

P「……」ジー

伊織「…なに?」

P「いや、何も?」

伊織「じゃあジロジロ見ないでよ」

P「なあ、伊織。一つ言い忘れてたんだけど…」

伊織「……?」ゴクゴク

P「それ、実はフレッシュジュースじゃなくて>>77なんだ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:31:55.77 ID:Jp8aFGng0

リンゴジュース



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:40:30.42 ID:Xj061RhS0

伊織「なんでそんなくだらないことするの?」

P「俺がリンゴジュースが好きだから」

伊織「は?」

P「俺が好きなものを伊織にも飲んで欲しくて」

伊織「じゃあ普通にリンゴジュース渡せばいいじゃない」

P「それだと受け取ってくれないと思ったから。俺がリンゴジュース好きだって伊織も知ってるだろうし」

伊織「はあ!?知ってるわけないでしょう!そんなこと私だけじゃなく誰も知らないわよ!」

P「そうだったのか!?」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:45:27.99 ID:Xj061RhS0

伊織「それに…あんたから貰ったものなら何でも…」

P(あれ、これ良い感じじゃね?もうちょっと押してみるか)

P「伊織、一緒に>>86に行かないか?」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:46:44.87 ID:j9z9s2f80

ほてる



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:54:20.01 ID:Xj061RhS0

伊織「な、何言ってんのよ!そんなとこ行くわけないでしょ!」

P「おやおや~?俺はホテルとしか言ってないのにその反応、もしかしていやらしいこと考えた?」

伊織「~~~///」

P「心配しなくてもただのホテルだよ。じゃあ行くか」

伊織「あっ、ちょっと待って」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:58:35.55 ID:Xj061RhS0

伊織「あんたが選んだっていうからどんな所かと思ったけど、なかなか良い所じゃない」

P「なかなかって…一応高級ホテルなんだが」

伊織「それより、これからどうするの?」

P「部屋に荷物を置いたらレストランで食事だな。その後は部屋に戻ってから考えよう」

伊織「いいわね」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 03:03:33.22 ID:Xj061RhS0

P「うまかったなー」

伊織「そうね、あのデザートは帰ったらシェフに作らせてみたいわ」

P「その時は俺も呼んでくれ」

伊織「呼ぶわけないでしょ」

P「そんなこといわずに」

P(伊織には秘密にしてるけど、このホテルには特別サービスで>>96があるんだよな)



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 03:08:07.11 ID:Jp8aFGng0

リオのカーニバル



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 03:13:25.83 ID:Xj061RhS0

P「伊織、外見てみろよ」

伊織「外…ってわあ!なにこれ!」

P「リオのカーニバル」

伊織「まさか本物?」

P「そんなわけないだろ。立体映像らしい」

伊織「すごい…」

P(よしよし、伊織のやつ驚いてるな)



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 03:17:23.76 ID:Xj061RhS0

P「ということがあったんですよ」

小鳥「それで?」

P「?」

小鳥「その後は?」

P「何もありませんよ」

小鳥「せっかくホテルに連れ込んだのにご飯食べてカーニバル見ただけですか!?」

P「だけって…凄かったんですよ、カーニバル」

小鳥「あなたって人は本当にバカですね」

P「はあ」

伊織「そこのダメプロデューサー!早くリンゴジュース買ってきなさい!」


おわり



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 03:20:52.39 ID:Xj061RhS0

眠いので終わりです


元スレ
P「伊織ってなんであんなに可愛いんですかね」