1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 09:41:37.03 ID:FgdGIGNR0

千早「だからいたずらしてちょうだい!!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 10:18:30.18 ID:WtrWKBbI0

やよい「そ、そうですか……」

千早「そうなの、だからイタズラを存分にやっていいのよ!!」

やよい「だ、大丈夫です千早さんに嫌な事はできないですー」

千早「私は大丈夫よ高槻さん」

やよい「でも……」

千早「高槻さん悪戯してください。お願いします」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 10:24:20.26 ID:WtrWKBbI0

やよい「……ぇ」

千早「お願いします……お願いします高槻さん」

やよい「……ぇっ」

千早「殴ったり蹴ってもらっても大丈夫だから……あぁ、むしろ蹴られたいです」

やよい「……ぁぅ」

千早「さぁ、高槻さん早く! 早く私に悪戯して!!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 10:29:18.91 ID:WtrWKBbI0

千早「高槻さん!! 高槻さん!!」

やよい「……あの千早さん」

千早「な、何!? 何をしてくれるの!?」

やよい「……さすがにちょっと気持ち悪いかなーって」

千早「!?」

やよい「ちょ、ちょっとだけですよ! ……でも、そういうの止めた方がいいと思います……」

千早「……」プルプル

やよい「ち、千早さん?」

千早「あぁ、良いわ/// 言葉攻め最高よ高槻さん」

やよい「……」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 10:35:43.83 ID:WtrWKBbI0

やよい「……」

千早「もっと!! もっと暴言を放り投げて高
槻さん」

やよい「……」


P「どうしたんだやよい? 顔色が悪いぞ?」

やよい「……うぅ、プロデューサー」

P「なんだ!? どうかしたのか!?」

千早「高槻さんが泣きながらも私に悪戯しようとしている! 高槻さん謙虚!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 10:46:13.55 ID:WtrWKBbI0

やよい「うぅ……」

P「どうした? 千早が何かしたのか?」

千早「違いますプロデューサー! 高槻さんが私に何かしてくれるんです」

P「お、おう」

やよい「……うぅ」

千早「さぁ、私をいたぶって高槻さん……いや、高槻さま」

やよい「プ、プロデューサー……」

P「ち、千早……やよいも嫌がってる事だし止めてやってくれないか?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:03:16.81 ID:WtrWKBbI0

千早「……」

P「な? 千早」

千早「……わかりました」

P「ありがとうな千早」

やよい「ありがとうございましたプロデューサー」

P「気にするな、ストーカー気質のファンの対応は得意なんだ」

千早「……!」

千早「プロデューサーはお菓子持ってたりしますか?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:09:28.96 ID:WtrWKBbI0

P「お菓子? えっと……あぁ、ちょどう飴が1つあるな」

千早「高槻さん、どうぞやって」

やよい「いいんですか?」

千早「えぇ、さっき高槻さんに嫌な思いをさせてしまったから」

やよい「ありがとうございます千早さん! じゃあ──トリック・オア・トリート?」

P「はい、この飴をあげよう」

やよい「うっうー、ありがとうございますプロデューサー」

P「どういたしまして」

千早「これでプロデューサーはお菓子を何を持ってないですよね」

P「そうだな」

千早「トリック・オア・トリート!!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:20:51.08 ID:WtrWKBbI0

P「だからもうお菓子はないんだって」

千早「じゃあ悪戯ですね、決定です」

P「え!?」

千早「お菓子が無ければ悪戯……これ常識ですよ」

P「ちょっと待て、おかしくないか?」

千早「おかしくありません、お菓子だけに……くくっ」

P「……」

千早「さぁ、そろそろ悪戯をはじめましょう」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:27:13.52 ID:WtrWKBbI0

千早「そうですね、じゃあ……」

千早「……く、く、唇を頂きます!」

P「!?」

やよい「!?」

千早「こ、小悪魔的な意味も込めてですね……その、下心とかではなくて……」

P「さすがに唇はダメだろ!」

千早「ハロウィンだから大丈夫です」

P「ハロウィンだから大丈夫の意味が分からない」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:33:23.05 ID:WtrWKBbI0

千早「ダメです、逃がしませんよプロデューサー」

P「や、やめっ、やめてくれえ」

千早「ん、んー……」
チウ

やよい「わ、わぁ……///」

千早「……ふぅ///」

P「くっ……」

千早「あ、あの……どうでしたか? わ、私初めてで上手く出来たかわからなくて」

P「……け、結構なお手前でした」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:40:49.77 ID:WtrWKBbI0

千早「ふふ、嬉しいです///」

P「そ、そうか……」

やよい「……ト、トリック・オア・トリート」

P「んあ!?」

やよい「え、えへへ、プロデューサーお菓子持ってないですよね?」

P「ちょっとまってやよい、まさか……」

やよい「わ、私もプロデューサーに悪戯しちゃいますー」

千早「!?」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 11:48:21.63 ID:WtrWKBbI0

やよい「プ、プロデューサー」

P「やばいよやばいよ、それはさすがにやばいよ」

やよい「あーん……」

P「!?」

はむっ

P「ふわあぁあ、耳が!?」

やよい「あむあむ///」

千早「高槻さんがプロデューサーの耳を……AMAGAMI!?」

P「ぅぁぁぁ///」

千早「プロデューサーのあの顔……正に──」

imas-006722-036
 



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 12:04:09.77 ID:WtrWKBbI0

やよい「えへへ///」

P「   」

千早「さすが高槻さん、恐ろしい子……」

P「         はっ!? なんだ!? 夢か!?」

千早「落ち着いてくださいプロデューサー」

P「て、天使に弄ばれる夢を見てたぜ」

千早「いや、それは現実です! 天使に弄ばれていました」



やよい「うぅ、ちょっと恥ずかしいです///」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 13:08:39.01 ID:WtrWKBbI0

千早「じゃ、じゃあ私もトリック─ー」

P「うわあああああ」

千早「プロデューサー、喋っている時に叫ばないで下さい」

P「言わせねぇ!! 絶対にだ!!」

千早「むっ、トリック・オ──」

P「んああああああああ」

千早「チィ!」

P「ふぅ……ふぅ……」

千早「私の口元を見て喋りだす瞬間を覗っている!?」

やよい「トリック・オア・トリート」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 13:17:07.45 ID:WtrWKBbI0

P「やよいがノーマーク!?」

やよい「もう一回悪戯しますよ」

千早「高槻さんずるい! トリッ」

P「言わせん!! 破ァ!!」

千早「くっ……私には鉄壁のマーク……」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 13:23:06.67 ID:WtrWKBbI0

やよい「じゃあ私の悪戯は……」

P「やよい、さっきみたいなのはダメだぞ」

やよい「うぅ、ダメなんですか?」

P「さすがにな」

やよい「じゃあ……千早さんみたい唇にします!!」

P「!?」

千早「!? トリ──」

P「破ァ!!!!!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 13:39:38.90 ID:WtrWKBbI0

やよい「プロデューサー」

P「わ、わかった、わかったから」

やよい「うー、顔逸らしちゃダメです」ガシッ

P「そんな顔をつかまなくても逃げないか……ん」

やよい「はむっ……」
ちうちう

小鳥「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」

千早「んあ!?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 13:45:46.08 ID:WtrWKBbI0

チュッチュ

千早「音無さんがなんでここに!?」

小鳥「私はエッチなことがありそうな所ならどこにでもいるわ」

チュ……チャプ……

千早「ど、どこから見てたんですか? いや、どこまで知っているんですか?」

小鳥「どこまでど言われても、プロデューサーさんがなんでも言う事を聞いてくれる所までかな」

千早「全体的に見てたんですね……」

はぁ……んっ……チュパチュパ……



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:07:36.76 ID:WtrWKBbI0

ハァ……モウイッカイイイデスカ?……アァ……

千早「もしかしてカメラで撮ったりしてます?」

小鳥「もちろん撮ってあるわ」

千早「か、買います」

チュッ……クチュ……

小鳥「お金なんていいわ、タダで千早ちゃんにあげるわ」

千早「本当ですか!?」

小鳥「えぇ、だけど条件があるわ……」

ンクッ……ハァ……エヘヘ♪

小鳥「私も混ぜてください」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:13:07.92 ID:WtrWKBbI0

千早「……」

小鳥「どうか私も混ぜてください」

<すっごく気持ち良かったです

千早「でもハロウィンて子供がお菓子貰う行事じゃ……音無さんはもう年齢が……」

小鳥「大丈夫!! 多分、なんとかセーフ」

<元気が無い時にまたやって欲しいかなーって

千早「それならいいんですけど……」

小鳥「っしゃ!! っしゃ!!」

<えへへ、プロデューサー♪

千早「……そこぉ!! いつまでもイチャイチャしないで下さい!!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:22:37.85 ID:WtrWKBbI0

小鳥「プロデューサーさん次は私ですよ」

P「何言ってるんですか」

小鳥「えっと、まずはトリック・オア・トリート♪」

P「……」

小鳥「……トリック・オア・トリート♪」

P「……」

小鳥「トリック・オア・トリート! トリック・オア・トリート! トリック・オア・トリート!」

P「……」

千早「すごい!! 圧倒的無視……小鳥さんを視界にすら入れてない」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:27:04.53 ID:WtrWKBbI0

小鳥「……トリック・オア・トリート」

P「……」

小鳥「……うぅぅ、聞いてくださいよ」グスッ

P「……」

小鳥「なんでもしますから無視は止めて下さい……」グスッ

P「……」

小鳥「うぇ……ふぇ……」ポロポロ

P「……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:33:14.28 ID:WtrWKBbI0

小鳥「うわぁん……うっ……うっ……」ポロポロ

P「……はぁ、わかりましたよ音無さん」

小鳥「うっ……ひぐっ……悪戯受けてくれますか?」

P「えぇ」

小鳥「やったー!!」

P「!?」

小鳥「でへへへ、じゃあ私の悪戯いいますね」

千早「とんだ嘘泣きですね」

やよい「すごい演技ですー」

小鳥「私の悪戯は──セックス」

P「おい」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:39:19.14 ID:WtrWKBbI0

P「それは悪戯でもなんでもない」

小鳥「まぁ確かに、悪戯と言うより本気ですね」

P「……」

小鳥「本気と書いてガチと読むみたいな……悪戯と書いて種付けセックスと読むみたいな」

P「ねーよ」

千早「ないですね」

やよい「?」

小鳥「くそっ、ダメか……」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 15:48:56.70 ID:WtrWKBbI0

小鳥「じゃあBまで」

P「んー……」

小鳥「なんでそこで嫌な顔するんですか!! 泣きますよ? 本気で泣きますよ?」

P「でも千早ややよいもいますし……」

小鳥「か、帰しましょう! 今すぐ家に帰しましょう」

P「俺も気分がそんなに乗らないですし……今度、高級のお菓子持って来るんで勘弁してもらえませんか?」

小鳥「……うわああああああああん」ポロポロ

小鳥「泣いてやるぅぅぅ!! 力の限り泣いてやるうう!!」ポロポロ

小鳥「ばかあああああああああああ」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 16:12:25.86 ID:WtrWKBbI0

小鳥「グスン……うぇぇん……」チラッ

P(嘘泣きだ)

千早(嘘泣き)

やよい(小鳥さん可愛そうだな……)

小鳥「ひっぐ……ぐしゅんぐしゅん……」

小鳥「ぐしゅ……やっぱりダメですか?」

P「はい」

小鳥「うわああああああああああああああああああああああああんんんんんんんん」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 16:27:23.88 ID:WtrWKBbI0

P「はぁ……そんなに過激な事じゃなければいいですよ」

小鳥「……ほ、本当ですか?」

P「えぇ」

小鳥「それじゃあ……セッ……キ、キスがいいです」

P「……わかりました」

小鳥「で、出来れば大人の濃厚な奴を」

P「……まぁ、それくらいなら」

小鳥「……でへへ、えへへへ」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 16:40:46.46 ID:WtrWKBbI0

P「いきますよ?」

小鳥「……はい」

チュ……ジュルルルルルッルルルルルッル

やよい「わ、わ///」

千早「ふわ///」

ジュルル……グジュルルル……チュ

小鳥「ふぅ……えへへ、キスしちゃいましたね///」

P「…………そうですね」グッタリ

やよい「……あ、あの次は私が……」

千早「まって高槻さん、私が先よ」

小鳥「あの……連続ですけど私も」

P「……はぁ、アイドルのプロデューサーはお菓子のように甘くはないな」ドヤァ

おわり

すまん、ちょっと無理っぽいから誰か続きやっといて


元スレ
千早「ごめんなさい高槻さん、今お菓子を持ってないの」