4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:15:11.77 ID:PvwicA1s0

美希「ねえねえハニー、イカスミってなあに?」

美希「書道の時間で使うあれ?ボクジル?」

P「美希、あれはな、ぼくじゅうって読むんだ」

P「『僕の汁』なんて言ったらどこぞの事務員が悦んでしまうだろうが」

美希「わかったの!」

美希「今日ハニーは美希に、イカくさい汁のタンパク質を作ってくれるんだよね?」

P「・・・・」

P「おい事務員、美希の着ぐるみからちょっと出てこい」

小鳥「テヘペロ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:16:21.54 ID:PvwicA1s0

P「本物の美希が出てきたところで再開するか」

美希「あふぅ・・ハニー、おはようなの」

P「よし、もっかい聞くわ。美希、イカスミのパスタ食べるか?」

美希「イカスミのパスタなの?食べたことないの!食べるの!」

P「よし紛れもなく美希だな」

P「今日は仕事も早く終わったからサトイモの煮付けも作ってみるか」

美希「今日のハニーはお母さんみたいなの!あったかいの!」ギュー

P「美希ちょっと待て!危ない!今は抱きつくな!鍋に火をかけてんだってば!!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:18:18.97 ID:PvwicA1s0

P「あらてめてだ」

P「今日のレシピは、イカスミのパスタと、実家の味のサトイモとイカの煮付けだ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:19:39.07 ID:PvwicA1s0

美希「・・・・」

美希「ハニー、さみしいの?」

美希「美希知ってるよ。ハニー、去年のお正月も帰省してなかったよね?」

美希「ハニー、お父さんやお母さんに甘えたくないの?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:22:27.53 ID:PvwicA1s0

P「・・・・」

P「社長とか、律子とか、アイドルのみんなが俺の家族だって言ってるだろ?」

P「美希は余計な心配せずに、キラキラすることだけ考えてろ」

美希「はにぃ・・・」

美希「寂しくないの?」

美希「美希もね、たまにハンパツしちゃうけど、パパやママや、
   お姉ちゃんのこと大好きなんだよ?」

美希「たまにぶつかっても、ほんとにキツいときは何も言わずにギュッとしてくれる」

美希「美希はハニーが大好きだけど、家族のことも大好きなの」

美希「ハニーには、そんな風に元気を分けてくれる人がいないの?」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:26:52.82 ID:PvwicA1s0

P「・・・・・・・」

P「美希」

美希「はい・・・・なの・・・・」

P「その話はまた今度な」

美希「ハニー!!!」

P「とりあえず鍋からサトイモを出してくれ、な?」

美希「はいなの・・・・」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:31:21.23 ID:PvwicA1s0

P「想定外の展開になったところでいったん整理だにょ☆」

P「シリアス美希に流されつつあったが、
  このレシピのポイントはイカをいっぱい(単位)買ってくることから始まる」

P「とりあえずサトイモをそのまま鍋にぶっこんで火をかけようか」

P「ここでは調味料とかは一切考えなくていい。とにかく煮る」

P「ここでさっきの『P「とりあえず鍋からサトイモを出してくれ」』 につながるわけだ」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:34:04.29 ID:PvwicA1s0

P「次にアイドルにふさわしい量のニンニクをスライスして
 弱火のオリーブオイルで炒める」

P「美希、玉ねぎのみじん切りできるか?」

美希「むー。馬鹿にしちゃダメなの!花嫁修行なの!」タンタンタンタン

P「このパスタに玉ねぎは必須ではございません」

P「だって美希のエプロン姿が可愛いの!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:36:05.65 ID:PvwicA1s0

美希「はにぃ!!涙が出てくるの!!」(ウルウル)

P「予想通りなんだよなぁ」

P(でもそれが可愛い)

P「よし美希、みじん切りした玉ねぎをフライパンに入れよう」

美希「はいなの」ジュワー

美希「ねえハニー、美希ね、玉ねぎが目にしみちゃったの」

P(・・・・可愛い)

美希「はにぃ、痛いの、取って?」

P「」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:39:26.27 ID:PvwicA1s0

P(これは処置だ業務だ仕事だ致しかたないんだでも何をどうすればいいんだ)

P「美希、ちょっと目を閉じてろ」

美希「!」

美希「はいなの!」

P(よくわからない展開だが俺も目を閉じればいいのか)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:43:11.85 ID:PvwicA1s0

チュッ

P(!?)メヲアケル


亜美「にいちゃん・・・・」///

P「」

真美「誰もいないからってミキミキにチューするなんて(照)」


P「」

P「予想はできていたがお前らさっさと帰れ」

真美(兄(c)の・・・キス・・・男の子かな女の子かなお父さんに聞かなきゃ)///



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:44:12.90 ID:PvwicA1s0

美希「はにぃ?」

P「ああ美希、もう目を開けていいぞ?」

美希「邪魔が入った気がするけど大丈夫なの」

P「さて」

P「イカスミのパスタに玉ねぎを入れるかどうかは賛否両論ある」

P「美希の涙に報いるためにも今日は投入しようと思う」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:45:17.26 ID:PvwicA1s0

P「ニンニクの匂いがオリーブオイルに移ったころに玉ねぎの微塵切りを投入」

美希「いい匂いなの!」

P「美希、ちょっと離れてろな。
  玉ねぎは水分を多めに含んでいるから油っぱねが強いんだ」

美希「あはっ☆ハニーが守ってくれるの!」

P「そんな漫談をしているうちに火が通ったサトイモを取り出す」

美希「熱っ!熱いのハニー!!」ギュ

サトイモ「落とされた」

P「よしよし、大丈夫だぞ美希、俺が守って。。。。じゃない!!」

P「美希、熱いのはわかったから、サトイモさんをちゃんと拾おうな?」

美希「あはっ!3秒ルールなの!」

P「いい子だ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:47:15.60 ID:PvwicA1s0

P「火が通って柔らかくなったサトイモの皮をむくぞ」

P「あつっ、あつっ、あっ。。。」

美希「ハニーがホモビみたいに喘いでいるの!駄目なの!}

P「美希、それは、アッー、アッー、だからな?」

美希「まちがえちゃったの☆」

P「ったく。どこでそんな知識を手に入れたんだか」

美希「小鳥がDVDを貸してくれたの!やじゅうせんpP「黙ってサトイモの皮をむいてろ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:48:11.79 ID:PvwicA1s0

P「さて」

P「サトイモの皮がむけましたー」

美希「むけましたー!」

P「玉ねぎを炒めましたー」

美希「炒めましたー!なの!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:49:44.02 ID:PvwicA1s0

P「しばらく放置していたイカさんに手を付けます」

美希「イカさんなの!目が大きいの!」

P「イカの正しい裁き方は正直俺もわからん」

P「だからここからも適当な?」

美希「らじゃーなの!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:51:14.16 ID:PvwicA1s0

P「左手で頭を持って、右手で足の方を持つ」

P「軽く引っ張る。あくまで軽くな?んで抵抗があったらアゴの下から手を入れて、
 頭のてっぺんの引っ掛かりを手掛かりにしてだな」

美希「ドキドキなの!」

P「背骨らしきものを頼りにして優しく髄を剥がしていく!」

美希「ハニー?」

P「そうだ、疲れたフリをした春香をタクシーの座席から引っぺがすがごとく!」

美希「ハニー・・・!?」

P「『しかたないなー』というセリフをお互いの言い訳のきっかけにして!」

美希「ハ・ニ・イ・・・!?」

P「収録の後に足をくじいている伊織を抱きかかえる瞬間のごとく!」

美希「ハ・・・ニ・・・・イ・・・・!?」

P「抵抗する気力をも奪うがごとく優しい手つきでエスコートするのがコツだ!!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:52:14.74 ID:PvwicA1s0

<回想>

いおりん「家族っていいわね。。。お兄様たち卒論で忙しいって言ってたけど
 お正月くらい一緒に過ごせるのかしら。だって家族じゃない。。。。」

P「伊織・・・・」ギュ

いおりん「!!???なに!?なにあんた急に!?
 何で抱きついているのよこのヘンタイ大人!離しなさいよ!」

P「あ・・・すまん伊織、急に愛おしくなったというか」

いおりん「愛おし。。。バッ、バカ、何言ってるのよ?」

P「ごめんな伊織、でも年末って町中が楽しそうなのに、何か寂しくってな」

いおりん「・・・・今だけは許してあげるわよ。変なところ触ったら殺してやるんだから」///


<回想終わり> ポワンポワンポワン・・・・



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:55:34.92 ID:PvwicA1s0

P(ニヤニヤ)


美希「・・・」

P「美希?あれ?どうした?

美希「ハニーのバカ!!!!!!!!!!!!!!!
   浮気者!!!!スケベ!!!!!犯罪者!!!!」ドカバキグシャ

P「美希!やめ!痛!!ちょ!!待て!!!」

美希「待たないの!!何なの!?何なのなの!!??」

美希「なんで春香の分かりやすい色仕掛けに騙されるの!?」

美希「でこちゃんもあざといの!普段ハニーのこと悪く言ってるのに!
   でこちゃん収録の次の日元気だったの!一緒に叛逆の物語を見に行ったの!!!」

P(プシュー・・・・・)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:58:06.54 ID:PvwicA1s0

P「イカの髄と内臓を引っ剥げしたところから再開する」

美希「ふーっ、ふーっ」

P「美希、これでも食べて落ち着きなさい」

美希「ふーーーーーーっ」

P「モンサンクレールのケーキだ」

美希「・・・・分かったの」

美希「人気店のケーキで機嫌を取るなんてハニーはチャラいの」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 22:59:56.84 ID:PvwicA1s0

P「再度、料理を再開する」

P「鍋ではサトイモを煮ている。柔らかくなってるだろうから味をつける」

P「みりんとか、しょうゆとか、酒を適量。麺つゆでもいい。麺つゆマジ万能。」

P「ポイントは二つ」

P「弱火を徹底すること。醤油は適量を少し残しておくこと」

P「ぼちぼちパスタを茹ではじめるか」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:00:48.79 ID:PvwicA1s0

美希「ハニー!」

P「ああ美希、ケーキは美味しかったか?」

美希「すごく美味しかったの!社長の差し入れより好きなの!!」

P「まあそういうな。社長も、美希たちに気を使っているんだぞ」

美希「ハニーは昔のカノジョにモンサンクレールのケーキを買ってあげたの?」

P「・・・」

美希(ジトー)

P「よし美希、さっきのケーキは小さかったから、
  パスタができるまでレーズンケーキ食べるか?」

美希「ハニーのバカなの!!美希は大人のレディーなの!」

美希「もう食べ物じゃ騙されないの!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:02:40.88 ID:PvwicA1s0

P「・・・・神奈川のケーキランキング年間ナンバー1?」

美希(ピクッ)

P「毎月限定生産?」

美希(ピクッピクッ)

P(ガサッ)「うわーいい焼き色だなークリームたっぷりだー」

美希(ガタン!!!)

美希「仕方ないの!ハニーがそこまで言うなら美希が食べてあげるの!」(モグモグ)

P「よしよし、美希は可愛いなあ」ナデナデ

美希「ハニー!?美希は騙されないんだからね!?
   美希を可愛がるか撫でるか、どっちか・に・・す・・・る・・の・・・・!」

P(ちょろい美希可愛い)ナデナデナデナデ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:04:04.29 ID:PvwicA1s0

P「とりあえず料理を再開する」

P「イカ臭いとか言われているがイカ料理だから許してほしい」

P「玉ねぎが炒まったフライパンにトマ缶を投入する。」

P「ポイントは、とにかく弱火な。ここまででできたソースだけを冷凍しといても
 またあとで使えるぞ」

美希「はいなの!」

P「美希の可愛い嫉妬に狂わされたが、パスタソースと煮物の味付けは
  同時にスタートするくらいでいいと思う」

美希「褒められてるか馬鹿にされてるか分からないの!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:04:53.18 ID:PvwicA1s0

P「ここで今まで温存したイカさんの出番である。」

P「パスタに半分、煮物に半分な。」

P「もちろん引っぺがした内臓はパスタのソースに使う」

P「なのでまずはイカの臓物をトマトソースに投入」

美希「何かグロテスクなの」

P「そう言うなよ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:05:38.15 ID:PvwicA1s0

P「美希、イカスミの役割って知ってるか?」

美希「知らないの!」

P「イカが天敵に襲われた時、スミを吐き出して逃げるんだよ」

P「天敵の興味を引き付けられるように、
 スミには美味しい匂いとか旨みが詰まっているんだってさ」

美希「ハニーは物知りなの!」

P「俺みたいな、意外な物知りとか抜け目のない人間を
 『スミにおけない人』って言うだろ?」

P「これは、美味しいイカスミを食べさせたくない人、って
 意味なんだってさ」

美希「すごいの!美希、かしこくなったの!」

P「ちなみに最後のは今適当に考えた」

美希「台無しなの!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:06:49.54 ID:PvwicA1s0

P「さてパスタソースもいい感じで黒光りしてきたところで」

P「煮物にイカをぶっこむ」

P「食べやすい大きさに切れば特に問題なかろう」

P「準備があれば落し蓋をするのが望ましい」

P「美希が失望している間にパスタが茹で上がったのでイカスミとトマトソースに投入」

P「あまりフライパンをガチャガチャせずに、さっと合えるくらいでいい」

P「火を止めてみじん切りにしたパセリを散らして完成」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:08:09.66 ID:PvwicA1s0

美希「ごちそうさまでしたなの!」

P「どうだった?」

美希「美味しかったの!」

P「それはよかった。」


美希「ねぇねぇハニー」

P「ん?」

美希「今日は何で美希にパスタ作ってくれたの?」

P「ああ、なんとなく、な」

美希「嘘なの!ハニーは嘘つくとき必ず左下を見るの!」

美希「本当のこと言うまで許さないからね!」

美希「社長に言いつけるの!ハニーが美希をイカ臭くしたの!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/31(木) 23:08:47.60 ID:PvwicA1s0

P「わかったよ。。。美希には勝てないな」

P「パスタソースにトマ缶入れる時に俺とまどっただろ?」

美希「・・・そうだったの?」

P「美希も最近仕事に迷いを感じることが多いだろ?」

美希「・・・・はいなの」

P「だから俺は決意したんだ、美希のためにも」

P「トマドったら駄目だ!ってな」

美希「今日もドン引きなの・・・・」


終われ


元スレ
P「美希、イカスミのパスタ食べるか?」 美希「いただくの!」