SS速報VIP:工藤忍「雪だね」モバP「雪だな」



1: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:00:27.51 ID:+Z6nejFDO


「ありがとうございましたー」


ガサ


忍「しょっと」

P「おお。手際がいいな」

忍「へ?」

P「袋に詰めるの苦手なんだ。大抵もたもたやってると、横に来たおばちゃんにものすごい剣幕で睨まれる」

忍「こ、このくらいで大げさだなぁ…」

忍「でもそれ想像つくや。ふふ。プロデューサーさんって、いつもは鈍臭いよね」

P「すいません…」

忍「へへっ。ほらーしょんぼりしてる暇があったら袋を持ちなさいっ」

P「あ、はい」

忍「ちゃんとそっちに飲み物とか、重いもの、入れてあるんだよ♪」

P(…手際がいいな)ガサ


・工藤忍(16)
http://i.imgur.com/LytBkiT.jpg
http://i.imgur.com/ThqbkGF.jpg

冬の話だけど気にしないで


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378494027




2: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:01:49.09 ID:xZrQgoT/o


P「それにしても」

忍「なに?」

P「俺、忍の家に林檎を食いに来たんだったような」

忍「合ってる合ってる。大正解だよ」

忍「ぱぱーん。見事正解したプロデューサーさんにはチャンスタイムです」ゴソゴソ

P「なんだそれ」

忍「はい。これ」パッ

P「なんだこれ」

忍「お昼に買ったジュースのおまけ。不思議なお人形と名付けました」

P(そのネーミングセンスはどうだろうか…)

忍「いらないからあげる」

P(いらないのかよ)

P「どうもありがとう」

忍「礼には及ばないよ!ふふーそれ、ケータイにつけておくときっと、」

P「災いを招きそうだな」

忍「いいことあるよ。選んでくれたの茄子ちゃんだし」

P「よしいますぐつけよう」ゴソ

忍「……」バシ

P「いたい」




3: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:03:30.67 ID:+Z6nejFDO


P「な、なんだよ」

忍「なんでもないけどー」フン

P「なんだよー」

P「…ん、どうするかな…」

忍「??どうかした?」

P「スマホだから付けられないかもしれない」

忍「あーそっか…」

忍「じゃあ…これ」ハイ

P「これは?」

忍「べつのおまけの、……えい。はい、イヤホンジャックのとこだけ、使っちゃおう」

P「あ、なるほど…」カチ

P「おお。忍はかしこいな」

忍「その褒められ方はあんま嬉しくない……ま、まあいいけど」テレ




5: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:05:55.44 ID:xZrQgoT/o



プラン


P「……茄子さんの御利益はともかく、魔除けにでもなりそうだ。ありがとう」

忍「どういたしまして。あ、近いうちにプロデューサーさんになにか不幸があっても、当工藤は一切責任を負いかねますから!」

P「当工藤ってなんだ。というか洒落にならん」

忍(魔除けなんかじゃなくて…赤い糸になってくれると嬉しいなっ…なんて…)ゴソ

P「忍も同じように、スマホになにか付けたりしてるのか?」

忍「ふふっ」バシッ

P「いて」

忍「付けてないよ♪」

P「??そ、そうか。…機嫌よさそうなのに叩かれたのはなんでかな…」

忍「♪」フフー




7: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:06:35.63 ID:+Z6nejFDO


P「しかしこうするとおまけもばかにしたもんじゃないな」プラン

忍「だよね。プロデューサーさんも一緒にどうかなーおまけ集め。楽しいよ」

P「……いやでも…ほら、だいぶ前にさ…」

忍「へ?…ああ、そっか、そうだったね…」

P「二人してチョコ菓子のおまけ集めるのにはまってな」

忍「あんまおいしくないのにね。買ってはだれかにあげてたっけ」

P「俺の机は食玩まみれ」

忍「うちの事務所はちょこまみれ」

P「……ぷ」

忍「あはは」

P「なにやってんだろうな、俺たち」

忍「ばかやってるねー」




8: (>>6 忍ちゃんだけですまんな) ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:07:55.43 ID:xZrQgoT/o


忍「あのとき集めたのって、まだとってあるの?」

P「ああ。家の押し入れに仕舞ってあるよ。今度見に来るか?」

忍「へへ、そうしよーかな。またそのうちね」

P「おう」

忍「……」ヘヘー

P「…」

P「?」

P(そういえばなにか話を逸らされたんだったような?)

忍「…んしょ」ガサ

P「そっちも持つよ」

忍「あ…ありがと。助かったかも…ふふ」

P「それはよかった」

忍「…へへ」ニコ

P「…」

P(まあ…いいか)




9: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:08:53.18 ID:+Z6nejFDO



ハー…


忍「うう…ビニール袋を持つと、この季節は手がいたくなっちゃうよね」

P「重いと尚更な。手袋はどうしたんだ?」

忍「な、失くしちゃった」

P「そうだったのか。また買っておくんだぞ。手だって大切な忍の一部だ」

忍「はーい」




10: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:09:41.08 ID:xZrQgoT/o


忍「でも…プロデューサーさんこそ」

P「ん?」

忍「手袋してないね。手、いたくない?大丈夫?」

P「こんなに冷えるとは思ってなかったからなー」

忍「えい」パシ

P「っと」

忍「えへ…これでちょっとくらい、暖かくなる、かな」

忍「ほ、ほら。アタシも…手袋ないし…そ、それに手先は器用なんだ!」

P「手を繋ぐのに手先の器用さは関係ないと思うが」

忍「……あ、あはは…。そ、そーだね」




11: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:10:38.62 ID:+Z6nejFDO


P「でも、たしかに暖かいな」

忍「……ね」

P「うん」

P「…まあさっさと屋内に入った方が暖かいだろうけどな。ちょっと急ぐか」

忍「……」バシバシ

P「さっきから無言で叩くのはやめてくれ」

忍「ばーか」バシ

P「…、やっぱ無言でいいです…」

忍「……」ゲシゲシ

P「ちょ、足は、いた、ちょ」




12: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:11:58.38 ID:xZrQgoT/o


忍「……」

忍「手袋さ」

P「?」イテテ…

忍「ま、まだこっちで、買い物するの慣れてないから。今度一緒に買いに行ってくれる?」

P「おう。いいぞ。ついでに俺も新しいのにしようかな」

忍「!」パアア

忍「ありがと!じゃあアタシがプロデューサーさんの、選んであげるね」ゲシゲシ

P「お、おう。じゃあもう蹴らなくてもいいんじゃないかな…ってっ…」イデデデ




13: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:12:47.16 ID:+Z6nejFDO








P「着いた」ゼェ

忍「お疲れさま。重かったよね。ごめんね、全部持たせちゃって」

P「気にしないでくれ」

P(それよりもローキックのダメージの方が大きかったからな)

忍「??」

P「なんでもない」




14: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:13:52.06 ID:xZrQgoT/o



カン カン


忍「早くお鍋で暖まろー」

P「そうだな」

P「……、そうだ思い出した」

忍「うん?」

P「うん」ガサ

P「林檎を食いに来たはずが、なぜか鍋の材料を買って忍の家へ来ていた――なんでだろ」

P「……って…思ったんだった。さっき」

忍「ふむふむ」




15: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:14:30.14 ID:+Z6nejFDO


忍「ま、いつものことだし、いいんじゃないかなっ」

P「まあそうだけどな」

忍「一人暮らしだからって、心配していつもお節介を焼くのはプロデューサーさんだもんねー」

P「う、……悪いな。いつもじゃまして」

忍「あ……えと…ううん。べつにそんなつもりじゃ…」フルフル

忍「……、でも…気にはなってたんだよね…」

P「なにが?」

忍「うん」




16: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:15:05.57 ID:xZrQgoT/o



ズイ


P「っ…お、おい。顔が近い」

忍「ふふ、近づけてるから」

忍「…プロデューサーさんって、どーしていつも…こんな風にアタシにやさしくしてくれるのかなって」

P「…………」

忍「……これって…あ、アタシの、自意識過剰とかじゃ、ないよね?」

P「……う、うん。ええと」

P「め、面と向かって言うのは、その…照れ臭いんだが」

忍「う、うん」ドキ




17: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:15:34.51 ID:+Z6nejFDO


P「俺も一人暮らしだからさ」

忍「はい」

P「ほ、ほら。ご飯は…一人よりも、だれかと一緒に食べた方がおいしいだろ?」

忍「…………」

忍「それだけ?」

P「も、もちろん!なにかやましい気持ちなんてちっとも――」

忍「えいやぁ!」ガツッ

P「いってぇ!?」




18: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:16:42.12 ID:xZrQgoT/o


P「……ぉぉ……。ず、頭突きで来るとは……」シュウウ…

忍「はあー…はー…。そうだよねー…プロデューサーさんだもんねー…はー…」

P「な、なんだよ」

忍「なんだよはこっちの台詞だよ!」ガゴ

P「お、おう。すいません」

忍「もー…なんだよー……」

忍「はあ…まあいいや。うん」

P「いいですか」

忍「いいです。そうだね。ご飯は二人で食べた方がおいしいよね」

P「そ、そうだよな。よかった……」ホッ




19: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:17:14.90 ID:+Z6nejFDO


P「その方が忍が楽しいかと思ってたんだ。俺の思い込みじゃなくてよかった」

忍「……、?」

忍「あ、そういう」コクン

P「ん?」

忍「あ、ううん。なんでもないけど」




20: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:17:50.85 ID:xZrQgoT/o


忍(ふ、不意打ちか。油断してた。もうこの人、いっそ暗殺者にでもなった方がいいんじゃないかなっ)ドキドキ

忍(ま、まったく…いつもは鈍臭いくせにいざってときだけこんなだし…ずるいぞー…もー)

P「??」

P「どうかしたかー」

忍「ど、どうもしないよ。忍は今日も元気です」ハイ

P(お母さんへ送る手紙みたいだな)




21: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:18:28.97 ID:+Z6nejFDO


忍「はー…もう。これだからプロデューサーさんは…」

P「さ、さっきも言ってたな…それ。なあ、それってどういう――」

コツン

P「ん」

忍「大好きだよ。大好きですよ」

P「…………」

P「……ああ…う、うん。ありがとう。…どういたしまして…?」

忍「なにそれ」アハハ

P「……なんだろう…」ハハ…




22: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:19:05.54 ID:xZrQgoT/o


忍「うー。冷えて来たね…早く部屋に入ろ」

P「そうだな。階段でなにやってんだか」カン カン

忍「……あっ…ねえ、プロデューサーさん。あれ」クイ

P「ん?…ああ」


忍「雪だね」

P「雪だな」




23: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:19:39.01 ID:+Z6nejFDO


忍「……ほわー…」

P「…………」

忍「…あれだね」

忍「初雪もだれかと見るとお得感がある感じだね」

P「お得感て」

忍「ちょっと幸せかも」

P「……、そっか」

忍「うんっ。これきっと、不思議なお人形さんのおかげだよ!」

P「それはない」




24: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:20:17.42 ID:xZrQgoT/o


忍「…えへへ」

忍「それじゃあーお鍋にしよっか!」

P「そうだな」



・・・・おしまい




25: ◆9A08jC1.oE 2013/09/07(土) 04:21:48.04 ID:+Z6nejFDO

めでたく>>1の画像で忍ちゃんの足の裏がよく見えるようになりまして
これはその記念SSです。べつに足裏の話してないけど

深夜にお疲れさまでした。楽しかったです。ありがとうございました


元スレ
SS速報VIP:工藤忍「雪だね」モバP「雪だな」