794: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:00:41 ID:HPI

ぷちかれ「カレンガハテテー!」加蓮「果ててない果ててない」

更新します。



795: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:01:20 ID:HPI

~浜辺~

※水着の撮影に南の海へとやってきた加蓮。
前回のPの営業の成果ですね。

【休憩時間・ぷちかれ編】

加蓮「ふぅ………暑いね……」

ぷちかれ「カレン アツアツ?」

加蓮「そうだね~、ちょっと体が火照って来てるかも」

ぷちかれ「マッテテー」

加蓮「あ、ぷちかれ? どこ行くのー、おーい」



796: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:01:36 ID:HPI

ぷちかれ「サクセンカイギ!」

「「「「ナマイモー!」」」」オーッ

ぷちかれ「カレン アツアツ タイヘン」

ぷちかれB「オネツ アル?」

ぷちかれ「ナイヨ」

ぷちかれB「アナホレバ スズシイヨ」

ぷちかれC「モグレバ カイテキ」

ぷちかれ「プチカレ ホッテー!」

「「「「ナマイモー!」」」」オーッ



797: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:01:57 ID:HPI

ぷちかれ達「ポテテテテ!」ホリホリホリ

ぷちかれC「……ポテェ?」ピチョン

ぷちかれB「ポテェ!タイヘン!」ワタワタ

ぷちかれ「アナノナカ ビシャビシャ!」

ぷちかれE「ポテェ……コレ オンセン?」

ぷちかれ「「「「チガウヨ」」」」

ぷちかれE「ツマランヨ…」シュン

加蓮「なーにしてんの、皆集まって」



798: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:02:20 ID:HPI

ぷちかれ「カレン アツイカラ ヒヤスノ」

ぷちかれB「アナノナカ スズシイヨー」

加蓮「あ~、それで穴掘りしてたんだ、あはは、ここビーチだから、掘ったらすぐに海水がしみ出てきちゃうんだよ」

ぷちかれ「「「「「ポテー」」」」」ホエー

ぷちかれ「カイスイ カレン シズム」

ぷちかれB「カレンガハテテー」

「「「ハテテー」」」

加蓮「ちょっと、「加蓮が果てた~!」って……こらー、どこでそんな言葉覚えたの~!」

ぷちかれ「ポヒャア」「ニゲテー」「マッテー!」



799: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:02:34 ID:HPI

※笑いながらぷちかれと鬼ごっこを繰り広げる加蓮。
そうしてぷちかれ達としばらく遊んだ後、再び撮影が再開。
つかの間のふれあいに、心癒やされる加蓮なのでした。



800: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:03:02 ID:HPI

【休憩時間・Pさん編】

P「加蓮~、パラソル入らないのかお前、9月になったとは言え、流石にまだ暑いだろ」テクテク

加蓮「うん、確かに暑いけど、蒸し暑いって感じでもないしさ。カラッとした暑さだから、ちょっと気持ちいいんだよね、ふふっ」

P「ほう。満喫だな、海」

加蓮「誰かさんが諦めずにお仕事とってきてくれたおかげ…かな。新人の子達のお仕事や、事務所のアニバーサリーだってあるのに無理しちゃって」

P「そりゃ、他ならぬお前の担当Pだからな。諦めの悪いのはまぁ、お互い様だろ」

加蓮「あはは、確かに…それ言われちゃうと、何も言い返せない…かな」

P「お互い無理するな、って言われて無理をやめるタイプでもないしなぁ…」



801: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:03:25 ID:HPI

加蓮「まぁでも、Pさんの場合は自分から仕事増やしに行ってるんだし、半分くらいは自業自得な気もするけどね~」

P「オイオイ、結局言い返すのかよ」

加蓮「言ったでしょ、諦め悪いから、私」

P「さいですか…」

加蓮「それにしてもPさんさ、さっきからチラチラ見てたよね、どことは言わないけどさ」

P「……見るなって方が無理だろ、流石に…目のやり場に困るというか、だからって目をそらすのも不自然というか…」

加蓮「ならもっと見ちゃえばいいんじゃないの?私は大丈夫だよー、今日のために一生懸命頑張って調整してきたんだから」

P「調整……? 確かに心なしか、体が普段より引き締まった感じだが……」

加蓮「1日ポテトを断ちました!」エヘン

P「いや1日断っただけでそんな痩せるもんかい!!」



802: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:03:49 ID:HPI

ぷちかれ「ポテェ! ピーシャー!」スタタタタ

P「お、ぷちかれ? 姿が見えないと思ったら、どこ言ってたんだ」

ぷちかれ「コレ!」ハイッ

加蓮「わ、きれいな貝殻!ぷちかれが見つけたの?」

ぷちかれ「イロイロ アッタヨ♪」ハイッ

加蓮「へぇ~…あ、これ面白い…」

P「ほう、シーグラスじゃないか。いいもん見つけたな」

加蓮「シーグラス?」

ぷちかれ「ナニソレ」

P「浜辺とかに流れ着いたガラス片だよ。波に揉まれるうちに尖った部分が削れて、そんな風に丸くなるんだ」

加蓮「へえ~……自然が作り出した海の宝石、かぁ」

P「ぷちかれ、これ、どこにあったんだ?」

ぷちかれ「アッチ プチカレ サガシテタ」



803: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:04:12 ID:HPI

P「なるほど、それで他のぷちかれ達はまだ向こうにいるのか…よし、それじゃ俺も綺麗な奴、探してみるとしよう」

ぷちかれ「ポーイ! ピーシャ アソボー!」

加蓮「そう言えば最近、Pさんと遊べてなかったもんね、ぷちかれ。今日くらいは皆でのんびり……」

P「とったどー!」オッシャー!

加蓮「早っ……っていうか貝殻やガラス片でそのおたけびはどうなのPさん」

P「いや、こんなん獲った、ぷちかれと」ホレ

ぷちみゆき「カニダヨ!」ジタバタ

加蓮「美由紀ちゃんのぷち!?」

※カニのぷち、新発見。



804: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:04:40 ID:HPI

ぷちかれ「アナノナカニ イタヨ」ポッテン

加蓮「結局まだ掘ってたんだ…穴……」

※諦めの悪さ。

ぷちみゆき「カニダヨー」チョキチョキトテトテ

P「横歩きしてやがる……」

※因みに、砂に潜るのとカニの殻剥きが特技です。

P「共食いじゃねえか」

ぷちみゆき「タシカニ!」チョキチョキ

加蓮「微妙にうまいこと言ってるし……」

ぷちみゆき「カニダケニ?」チョキチョキ

加蓮「や、その美味いじゃなくてね……」

P「まぁ、たこ焼き焼いてるタコのキャラだって割とよく見るし、そんなノリだろ多分」

ぷちかれ「アッチデ アソボ」クイクイ

ぷちみゆき「アソビ? カーニバル!」ワーイ

ぷちかれ「ヤッポー!」ワーイ

※あっという間にお友達。また事務所が賑やかになりそうですね。




805: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:05:01 ID:HPI

【プレゼント】

ザザーン……

※夕方、浜辺。

ぷちかれ「ポヒュー……」「ナマイモー…」スヤスヤ

加蓮「遊び疲れて寝ちゃったか。今日は畑じゃなくて私の家に連れて帰ろうかな…」

P「…なぁ、加蓮、少しいいか」

加蓮「ん? どうしたの、改まって」



806: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:05:24 ID:HPI

P「色々考えたんだけどな、誕生日のプレゼント、とか」

加蓮「え………この撮影のお仕事がプレゼントじゃなかったの? 私、てっきりそれでPさん張り切っちゃったのかなって…」

P「ちひろさんに言われたんだけどな。そこは俺の甲斐性次第だって」

加蓮「私、これでも充分過ぎるくらい色々貰ってるんだよ…? それに、そもそもPさんには、昔、命だって救って貰ったし……」

P「…スカウトした時はお前は9歳だったな。思えばアレから7年間の付き合い…いや、もう8年か? いかんな、最近どうも忙しいせいか物忘れが」ハハハ

加蓮「私をアイドルにするって言ってくれて…それで私は、生きることを望んだ……あの日のこと、ずっとずっと覚えてるよ…あなたにはあの日、何より大切な、生きる意味を貰ったんだから…」



807: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:05:43 ID:HPI

P「最初は、直感みたいなものだったけどな。死神の奏に命をとられそうになってた時に、たまたま俺が居合わせて…」

加蓮「……私、こんな性格だしさ。努力もあんま、上手じゃなかったと思うし。…迷惑も心配もたくさんかけて………傷付けたりも、したよね」

P「…いいんだよ加蓮。それでもお前は、諦めなかったじゃないか」

加蓮「違うの…そうじゃないの、Pさん。あなたは、それでもそんな私と一緒に歩いてくれた!ボロボロになる私を心配しながら、でも挑戦をさせてくれた。だから………諦めないで、ここまで来られたんだよ」

P「加蓮。それは俺だって同じだよ。俺が挫けそうになる度、一番側で励ましてくれたのは…いつだって、お前だったじゃないか」

P「お前がいなければ、俺だって或いは……とっくに折れて、逃げ出していたかもしれない。俺はそんなに立派な人間でも、強い人間でもないんだよ」

加蓮「Pさん…」



808: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:06:04 ID:HPI

P「だからさ、加蓮。俺はお前に、渡さなきゃならないものがあるんだ」

※Pはスマホの画面を差し出した…。

加蓮「これ……新しいステージ衣装…?」

P「出来上がりはまだだけど……な」

※燃え上がる炎の様な、赤い衣装が映っている…。

P「加蓮、お前はあの日、死の淵から蘇った。病に蝕まれる運命と知ってもなお、夢を掴むためにイチかバチかの道を選んだ」

P「この衣装は、お前の生き様だ。不死鳥の様に、気高く、熱く、何度苦境に晒され倒れようと、必ずまた蘇る……」

加蓮「Pさん……」

P「加蓮、冗談抜きで言うぞ。死ぬな。最後まで何があろうと走り抜け。不死鳥の翼は、頂へと上り詰めるためにあるんだから」



809: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:06:28 ID:HPI

加蓮「じゃあ……Pさんの、プレゼントって…」

P「決まってるだろ。二人で行くんだ。アイドル達のピラミッドの頂点………トップアイドルって場所に、さ」

加蓮「じゃあ、一つだけ、私からもお願いしていい…かな」

P「ああ、俺にできることなら、全力を尽くすよ」

加蓮「……なら……私の道の、果てのその先まで……私から、目を離さないでいてほしいな」

P「加蓮、それって…」

加蓮「……ずっと見ていてほしいの。私の道は、トップアイドルになっておしまいじゃない。死ぬなって言ったのも、私をここまで引っ張って連れてきてくれたのも、Pさんだよ。だったら、その先の未来も、一番近くで見ていて欲しいの」



810: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:06:49 ID:HPI

P「加蓮…」

加蓮「……だめ、かな」

P(……つくづく、俺は甲斐性って奴に縁遠いらしい。…ここまで加蓮に言わせちまうなんて、な…)ハァ

P「いいさ。こっちから頼みたいくらいだよ、加蓮……俺は、お前を見続ける。この先…何があったとしても」スッ

※Pは手を差し出した…。

加蓮「本当はハグがよかった、なんて言ったら……Pさんはハグ、してくれる?」

P「できないさ。お前はアイドルなんだろ、加蓮。俺はお前のプロデューサーだ。そして……」

P「その道の先も、お前と共に歩む男だ」



811: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:07:07 ID:HPI

加蓮「……比翼の鳥、だね、私達」

P「雌雄一体になって飛ぶっていう伝説の鳥……だっけな」

加蓮「私、死なないから。Pさんも死んじゃダメだよ? 比翼の鳥は、雄雌どっちか片方だけじゃ、飛べないんだから…だからさ」

※加蓮は、Pの手を強く握った…。

加蓮(何かがほしいって言える自分が好き。そうなれたのは、貴方のおかげ)

加蓮(教わったのは、アイドルだけじゃなくて…私自身の生き方なんだ。……だからさ)

加蓮「私はもう……諦めないよ。この手は絶対に、離さないから…!」




812: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:07:19 ID:HPI

※夕焼けの海に誓う、頂への道の、更に先。

※二人から伸びた長い影が、交差するように1つに重なっていた……。


続く。



813: ◆6RLd267PvQ 19/09/05(木)00:10:38 ID:HPI

誕生日ということで、後半は真面目に。

やれる範囲で追いかける、が自分のモットーです。
体を壊したら何にもなりませんしね。

とは言え、ご報告も。
https://i.imgur.com/mmyReWW.png

来てくれました。本当にありがとう…。

では、今回はこのへんで。

お目汚し、失礼をば。


元スレ
未央「今日も事務所は波乱万丈!」ぷちみお「ナンテジダイダー」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1549942443/