1: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:22:30 ID:M86pI4SI



ハンジ「最近視線を感じる」

ナナバ「巨人から?」

ハンジ「壁内なんだけど」

ミケ「壁内からでも視線を感じると言い出しそうだからな」

ハンジ「感じるわけないだろ」

リヴァイ「珍しくまともなことを言っているな」

ハンジ「あんたら私をなんだと……」

ナナバミケリヴァイ「「「巨人狂い」」」

ハンジ「分かった。もういい。仲間にまでそんな風に思われてるなんてがっかりだ」

ナナバ「ごめん、ごめんって。で? 視線の心当たりは?」

ハンジ「…………部下たち」

ミケ「ほう?」



2: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:23:07 ID:M86pI4SI


ハンジ「なんかチラチラ見られるから、何?って聞くんだけどなんでもないって言われるし」

ハンジ「視線感じて振り向くと目を逸らされるし……何かしたかなぁ?」

リヴァイ「しょっちゅう何かしでかしておいて何を言ってやがる」

ハンジ「いやまぁ、そうだけど」

ナナバミケ((それは認めるのか))

ハンジ「最近は何もしてないよ? 巨人は捕獲できてないし、壁外調査はまだまだ先だし」

ナナバ「お風呂にはちゃんと入ってる?」

ハンジ「そこそこ」

リヴァイ「……」シワー

ミケ「…………」

ナナバ「そこそこね。まぁいいよ。研究室は片付いてる?」

ハンジ「いつも通りだよ」



3: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:23:46 ID:M86pI4SI


リヴァイ「…………後で掃除するぞ」

ハンジ「は!? しまった! リヴァイの前で言ってしまった! くそっ! 嵌めたな、ナナバ!」

ナナバ「嵌めてない、嵌めてない。っていうか片付けなさいな」

ミケ「風呂にはしっかり入れ」

ハンジ「……はーい」

リヴァイ「…………風呂や片付けの事で観察されてんじゃねぇのか」

ナナバ「そうなんじゃない?」

ミケ「……明らかにそうだろうな」

ハンジ「そうかなぁ?」

ナナバ「そうだって。気にしなくて大丈夫だよ」

リヴァイ「たまには観察される側に回ってもいいだろ。回れ」

ハンジ「命令かよ」



4: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:24:24 ID:M86pI4SI


ナナバ「そろそろ休憩も終るね」

ミケ「戻るか」ガタッ

リヴァイ「ああ」ガタッ

ハンジ「んじゃ、またね」

タタタタタタタ……

リヴァイミケナナバ「「「…………」」」

ナナバ「あれは忘れてるね」

ミケ「近くになったら思い出すんじゃないか?」

リヴァイ「毎度面倒臭ぇな」

―――
――




5: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:25:01 ID:M86pI4SI


ハンジ「…………」カリカリ

ニファ「……」チラッ

ハンジ「……」カリカリ

ケイジ「……」チラッ

ハンジ「…………」カリカリ

アーベル「…………」ソー

ハンジ「………………」カリカリ

モブリット「…………」ハァー

ハンジ「……モブリット」

モブリット「なんですか?」

ハンジ「今のため息は何?」



6: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:25:36 ID:M86pI4SI


モブリット「ため息吐きました? 疲れてるんですかね?」

ケイジ「無意識にため息吐くなんざ、相当だな」ハハッ

ニファ「ハンジ分隊長はお疲れではありませんか? 肩こりとかありませんか?」

ハンジ「ん? いや、大丈夫だよ」

ニファ「そうですか……」

ハンジ「?」

アーベル「お疲れでないなら何よりですよ」

ニファ「そ、そうだね!」

ハンジ「??」

ケイジ「そろそろペンも古くなってきてますかね?」

ハンジ「ああ、ボロいけどまだ大丈夫だよ」

ケイジ「そうですか……」



7: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:26:08 ID:M86pI4SI


ハンジ「???」

モブリット「ペン先は定期的に交換はしてるけど……」

ケイジ「あ、そうだったな」

ハンジ「…………君たち……」

ハンジ班「「「「!」」」」ギクッ

ハンジ「何か私に隠してないかい?」

ハンジ班「「「「い、いいえ! 何も!!」」」」

ハンジ「…………そう? ならいいけど」カリカリ

ハンジ班「「「「…………」」」」ドキドキ

―――
――




8: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:26:44 ID:M86pI4SI


ニファ「ば、バレるかと思った」ドキドキ

ケイジ「まぁ、追求されてもしらばっくれれば……」

モブリット「ハンジ分隊長相手にそれできるか?」

ケイジ「…………無理だな」

アーベル「すげぇ目で追求されそうだ」ハハ…

モブリット「結局、どうする? 日にちも近づいてきてるけど」

ニファ「これ! っていうものが無いね」



9: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:27:15 ID:M86pI4SI


ケイジ「ハンジ分隊長=巨人って考えから脱け出せねぇ」

アーベル「それはあるな」

ニファ「うーん……じゃあ、もうこれしかないかなぁ」

モブリット「? 何か案があるのかい?」

ニファ「ええーっとね……」

―――
――




10: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:27:58 ID:M86pI4SI


ハンジ「うわぁ、何これどうしたの?」

モブリット「あ、ハンジ分隊長」

ニファ「積んでいた本が雪崩を起こしました」

ハンジ「あちゃぁ」

ケイジ「あ、気を付けてください。滑りますよ」

モブリット「そうだ、ハンジ分隊長」

ハンジ「なんだい?」

モブリット「この間頼んでおいた資料が本屋に入荷されたそうなんですが」

ハンジ「ああ」

モブリット「こういう事態なので、大変申し訳ないのですが取りに行ってもらえませんか? 量は少ないので」



11: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:28:33 ID:M86pI4SI


ハンジ「いいけども……」

モブリット「私が取りに行ってもいいですが……替わりにここを」

ハンジ「本を取りに行ってくるよ! ここは頼んだよ!」

モブリット「…………」

ケイジ「まぁ、予想通りだな」

アーベル「今回はこれでいいんだ」

モブリット「今回は、ね」ハァー

ニファ「さて、始めますよ!」

―――
――




12: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:29:14 ID:M86pI4SI


ハンジ「いい天気だなぁ」

ハンジ「たまにはこうして街を歩くのもいいね」

子供「きゃはははは!」

ハンジ「…………ふふっ」

ハンジ「壁の中は平和、だな……」

ハンジ「…………平和、か」

ハンジ「…………」

ハンジ「早く資料を持って帰らないと」

―――
――




13: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:29:52 ID:M86pI4SI


ハンジ「ただいまー。まいったよ、本屋の親父さんに引き留められちゃって――」

シーン……

ハンジ「あれ?」

ハンジ「みんなどこに行っちゃったんだ?」

ハンジ「トイレかな?」トサッ

ハンジ「ん?」

ハンジ「書置き?」

ハンジ「“食堂に来てください”?」

ハンジ「そういやもう夕食の時間か」

ハンジ「結構長く話し込んでしまったな」

ハンジ「資料を読みたいところだけど……行かないと責められそうだな」

―――
――




14: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:30:28 ID:M86pI4SI


モブリット「ハンジ分隊長、資料読み耽ったりしないかな」

ケイジ「うわぁ、充分ありえるな」

アーベル「そん時は迎えに行くしかないな」

ニファ「アレの準備はどう?」ヒソッ

ケイジ「大丈夫だ」ヒソッ

モブリット「…………」ハァー

アーベル「ため息吐くなよ」

モブリット「いろいろと疲れたな、と思ってね」ハハ…

アーベル「まぁな、本屋の親父さんにまで協力してもらったりな」

ケイジ「あの会議から頑張ったもんなぁ」

―――
――




15: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:31:03 ID:M86pI4SI


――1ヶ月前――

ニファ『では! ハンジ分隊長の誕生日会の会議を始めます!!』バンッ!

ケイジ『今年も出たよ。たんじょーびおばけ』

アーベル『よせ、喰われるぞ』

モブリット『ニファは巨人か』

ニファ『コソコソとなんですか?』アアン?

ケイジ『リヴァイ兵長なみのメンチ切りだぞ、おい』

モブリット『リヴァイ兵長意外とメンチ切らないよ』

アーベル『いや、リヴァイ兵長がメンチを切ったらってことだろ』

ニファ『ちゃんと聞いてますか!?』バンバン!

モブケイアーベル『『『はい!!』』』



16: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:32:23 ID:M86pI4SI


ニファ『以前の反省を踏まえて、何か案はありますか?』

モブリット『以前か……』

ケイジ『あの時の原寸大巨人はハンジ分隊長には大好評だったけど周りからは大不評だったからなぁ』

アーベル『エルヴィン団長にも叱られたな……』

モブリット『今回はごく普通でいいんじゃないかなぁ』

ニファ『やだ!』

ケイジ『やだって、ガキか』

ニファ『だって! 年に一回しかないお祝いだよ? 何かしたいじゃない!』

アーベル『あれか、サプライズ好き?』

モブリット『しっ!』



17: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:33:04 ID:M86pI4SI


ニファ『悪いですか?』ゴゴゴゴ

アーベル『……いいえ』

アーベル『ニファ、酷くね?』ヒソヒソ

モブリット『ま、まぁ、特別な日ではあるし』アハハ…

ケイジ『別にサプライズしなくてもいいと思うんだがな。お祝いしたいって気持ちが大事だろ?』

ニファ『それは……そうだけど…………』

アーベル『なるほど、そういう言い方か』フム

モブリット『言葉の使い方や選び方って大事だからね』

ニファ『さぷらいず……』

モブリット『ハンジ分隊長の欲しいものを探そうか。巨人以外で』

ニファ『きょじん以外………………禁書?』

モブリット『うん、捕まるね』



18: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:33:41 ID:M86pI4SI


アーベル『でも巨人以外って言ったら禁書しか浮かばないな』

ケイジ『ハンジ分隊長が欲しいものってヤバいもんが多いな』

モブリット『日用品とかなら使ってもらえるんじゃないかな?』

ニファ『じゃあ、花の香りの石鹸とシャンプーとか』

ケイジ『あの人たまにしか風呂入らねぇだろ』

アーベル『酷い時は兵長に気絶させてもらわないといけないレベルだぞ』

ニファ『だからこそ! プレゼントしたら入ってくれるかもしれないじゃない!』

モブリット『そうまでされないと入らないなんて……』ハァー

ニファ『じゃあ、何か他にある?』

モブケイアーベル『『『…………』』』



19: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:34:20 ID:M86pI4SI


ニファ『反対するなら何か案出してよ』

モブリット『うーん……まだ日にちあるし何か欲しがってないか聞いてみようか?』

ニファ『聞いたらダメ。大きなサプライズは諦めるけどプレゼントを聞いちゃうのはダメ』

ケイジ『プレゼントはサプライズしたいのか』

ニファ『せめてそれだけは』

アーベル『せめてか』

モブリット『それじゃあ、しばらく観察かなぁ』

ニファ『気付かれないようそれとなくね!』

―――
――




20: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:35:08 ID:M86pI4SI


ケイジ「あれから何か欲しがってないか、必要なものはないかハンジ分隊長を観察したり」

アーベル「それとなーく、訊ねてみたり」

モブリット「怪しまれたら誤魔化してみたり大変だったな」

ニファ「ハンジ分隊長、ご自分の誕生日忘れてるみたいだったけど」

モブリット「結果としてサプライズにはなるね」

ニファ「プレゼントはみんな用意した?」

ケイジ「そりゃもちろん」

アーベル「こっちはもう普通だな」

モブリット「みんなそれぞれハンジ分隊長にあげたいものをあげるってことになったからね」



21: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:35:57 ID:M86pI4SI


ニファ「みんなのセンスが問われるね」

ケイジ「げっ、そういうことになるのか」

アーベル「やべー、俺めちゃくちゃ普通だぞ」

モブリット「奇を衒(てら)わなくてもいいと思うけど」

ニファ「あ、ハンジ分隊長来た。皆さん、ご協力お願いします!」

食堂にいるみんな「「「「「おう」」」」」

―――
――




22: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:36:37 ID:M86pI4SI


ハンジ「今日の夕飯はなっにかなー?」

「「「「「誕生日おめでとう(ごさいます)!!」」」」」

ハンジ「うおっ!?」

ニファ「おめでとうございます、ハンジ分隊長」

ハンジ「ニファ」

アーベル「ハンジ分隊長の席はこちらですよ。外が見える窓の前です」

ハンジ「……え? 誕生日?」

ケイジ「やっぱり忘れてるんですね」

モブリット「興味なさすぎですよ、ハンジ分隊長。今日は9月5日ですよ」

ハンジ「あ、あー! うわぁ……ありがとう……嬉しいなぁ」



23: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:37:32 ID:M86pI4SI


ニファ「はい、分隊長、プレゼントです」スッ

ケイジ「あ、お前、先に」

ニファ「やったもん勝ちです!」

アーベル「ここに来て抜け駆けか」

モブリット「これは私からです」スッ

ケイジ「モブリット! 隙をついてきやがった! これは俺からです!」スッ

アーベル「くそっ、最後かよ! どうぞ!」スッ

ハンジ「あはは! そんな先を競うようなことじゃないだろう。みんな、嬉しいよ、ありがとう」

ニファ「開けてください、開けてください!」ワクワク

ケイジ「自分以外が何を買ったか興味津々だな」

アーベル「俺も興味はある」



24: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:38:07 ID:M86pI4SI


ハンジ「これは石鹸だね」

ニファ「手作りで花の香りにしてます」

ハンジ「手作り! 大変だったろう? 大事に使うよ、ありがとう」

ニファ「いいえ!」

モブリット「手作り……」

アーベル「さすがニファ」

ケイジ「俺たちは俺たちだからいいんだよ」

ハンジ「えーっと、これはペン軸だね」

ケイジ「あ、それ俺ッス。頑丈そうなの見つけたんで」

ハンジ「これは使いやすそうだね、ありがとう」

ケイジ「へへっ、いえ」



25: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:38:50 ID:M86pI4SI


ハンジ「これは、眼鏡拭き?」

アーベル「それかなりいいですよ。拭きやすいんですよ」

ハンジ「いいねぇ、そろそろ買おうと思ってたんだよ、ありがとう」

アーベル「それはちょうど良かったです」

ニファ「そうか、眼鏡仲間だった」チィッ

モブリット「羨ましがらないでいいと思うよ」

ハンジ「これは分かりやすいね。お酒か」クスッ

モブリット「前にハンジ分隊長が好きだと言っていたので」

ハンジ「覚えててくれたのか、ありがとう」

モブリット「いいえ」



26: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:39:36 ID:M86pI4SI



ナナバ「今回はまともだね」

ミケ「良いことだ」スンッ

リヴァイ「おい、エルヴィン、今回は何も申請されてねぇよな?」

エルヴィン「そうだな、特に何も。食堂を使わせてほしいと言われただけだ」

ナナバ「……」キョロキョロ

ナナバ「特に食堂内に何かあるわけじゃないね」

ミケ「前は食堂に巨人の模型を持ち込んでいたな」

リヴァイ「あのバカでけぇやつか」

ナナバ「内臓までリアルに再現してたね。血まで再現して……」ゲンナリ

リヴァイ「掃除が大変だった」

ミケ「確かに、血糊を取るのは大変だった」

エルヴィン「まぁ、それは叱っておいたから大丈夫だろう」



27: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:42:45 ID:M86pI4SI



ニファ「ハンジ分隊長、もうひとつ良いものがあるんです」

ハンジ「良いもの?」

ニファ「はい。これだけでは、と思いまして……食堂の外を見ていてください!」

ハンジ「外」

「うおぉぉぉおぉ!」

食堂のみんな「「「「「!?」」」」」



28: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:43:25 ID:M86pI4SI



リヴァイ「……………………おい」

エルヴィン「……許可は出していない」

ミケ「無断か?」

ナナバ「食堂じゃないならいいと思ったんじゃない?」

ミケ「……なんと言って叱ったんだ?」

エルヴィン「いろいろだが……食堂であれは無いだろうと言ったかもしれん」

ミケ「都合よく受け取ったか」スンッ

リヴァイ「さすがクソメガネの部下だな」




巨人模型(ケイジ)「うおぉぉぉおぉ」ガッショガッショ

アーベル「動かせ動かせ」ガッショガッショ

モブリット「やっぱ、動かすのキツいな、コレ」ガッショガッショ



29: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:44:49 ID:M86pI4SI



ナナバ「内臓は作ってないみたいだね」

ミケ「血糊もない」スンッ

ナナバ「一応、反省はしたみたいね」

リヴァイ「反省してんのか? 窓の外に巨人なんざ縁起でもねぇ」

エルヴィン「悪趣味だな」

ナナバ「みんなドン引きだよ。ハンジ以外」



ハンジ「うっひょおおぉぉ! チカチローニじゃないかぁぁ!!」



ナナバ「あ、あれ昔捕獲した被験体なんだ」

ミケ「前のと顔が違うのか?」

リヴァイ「分からん」

エルヴィン「模型としては立派なんだがな」フム



30: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:45:25 ID:M86pI4SI



ハンジ「あっりがとおぉぉ!! みんなぁぁあぁぁぁ!!!」

ハンジ班「「「「これくらい屁でもないです!!」」」」

モブリット「ハンジさん! 動きはどうですかー!?」ガッショガッショ

ハンジ「最っっ高だよ!! あ、強いて言えばたまにびっくりする動きがほしい」

アーベル「こうッスか?」ガッショガショ

ハンジ「いいね!」

ケイジ「叫び声いいですか!?」

ハンジ「ああ! 問題ない!」

ニファ「ハンジ分隊長、凄く喜んでる」ウフフー



31: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:46:15 ID:M86pI4SI



ナナバ「いや、問題しかないんだけど」

リヴァイ「……とりあえず、片付けはアイツらだけで出来そうだな」

ナナバ「前回は黙認してたから許したけど今回はさすがに庇わないよ。勝手にやったんだから」

ミケ「同じく」スンッ

エルヴィン「ははっ、どうやって絞ろうかな?」

ナナバ「……エルヴィン、笑顔で凄く怒ってない?」ヒソッ

ミケ「だいぶ怒ってるな」

リヴァイ「自業自得だ。こってり絞られろ」シワー


ハンジ班「「「「動かせー!」」」」

ガッショガッショ

ハンジ「うっひょおおぉぉ!」



おしまい



32: ◆uSEt4QqJNo 2019/09/05(木) 20:46:54 ID:M86pI4SI

一応註釈。アーベル(公式の名前)はヒゲゴーグルの人です
話の中で書いてはいるけど念の為、ハンジ班は以前リアル巨人模型を作ってプレゼントしたことがあるという設定

ハンジさん、おめでとうございます


元スレ
SS深夜VIP:ハンジ「おや? 私の班の様子が……」