1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:13:49.42 ID:GFshTso/0

美希「別に何もないけど」

伊織「そう」

美希「…………」

伊織「…………」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:16:39.00 ID:GFshTso/0

美希(伊織って、なんかとっつきにくいの)

伊織(美希って、いまいち何考えてるのか分かんないのよね)

美希「…………」

伊織「…………」

美希(でも同い年なんだし、もうちょっと仲良くした方がいいのかな?)

伊織(年同じだし、もうちょっと歩み寄った方がいいのかしら……)

美希「…………」

伊織「…………」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:19:18.93 ID:GFshTso/0

美希「あの」伊織「あの」

美希「あっ」伊織「あっ」

美希「…………」

伊織「…………」

美希「……伊織、先どうぞなの」

伊織「いいわよ。あんたから先言いなさい」

美希「でも別に大したことじゃないし」

伊織「私も別に大したことじゃないわ」

美希「…………」

伊織「…………」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:22:37.37 ID:GFshTso/0

美希「えっと、じゃあ言うね」

伊織「ええ」

美希「伊織って、好きな人とかいるの?」

伊織「ぶふぉ」

美希「わ。伊織ったらばっちいの」

伊織「ああ、あんたがいきなり変なこと言うからでしょうが!」

美希「変なことって……ただ好きな人がいるか聞いただけなの」

伊織「十分変なことでしょうが」

美希「そうかな」

伊織「そうよ」

美希「…………」

伊織「…………」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:24:26.10 ID:GFshTso/0

美希「で? どうなの?」

伊織「え?」

美希「好きな人。いるの? いないの?」

伊織「特にいないわ」

美希「ふーん」

伊織「…………」

美希「…………」

伊織「…………」

美希「…………」

伊織「……え? 終わり?」

美希「え?」

伊織「いや、会話」

美希「んー。だって、いないって言われちゃったらそれ以上続けようがないの」

伊織「あんたねぇ……そこはもうちょっと頑張りなさいよ」

美希「そう言われても困っちゃうの」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:27:45.57 ID:GFshTso/0

美希「えっとじゃあ、伊織は何を言おうとしてたの?」

伊織「結局私のターンになるのね……まあいいわ。えっとね」

美希「うん」

伊織「……何言おうとしてたんだっけ」

美希「ずこっ。なの」

伊織「あんたが変なこと言うから忘れちゃったわ」

美希「ミキのせいにしちゃヤなの」

伊織「ええと、じゃあ……あんたは、どうなの?」

美希「え?」

伊織「さっきの話。誰か好きなやつとか、いるの?」

美希「いないよ」

伊織「そう」

美希「うん」

伊織「…………」

美希「…………」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:31:28.82 ID:GFshTso/0

伊織「会話が終わっちゃったじゃない!」

美希「だからミキのせいにしちゃヤなの」

伊織「はぁ。何か面白いことでもないのかしらね」

美希「あ! そういえばあるの! 面白いこと!」

伊織「え? 何? どんな話?」

美希「伊織のおでこって、広いよね!」

伊織「は?」

美希「……あれ? 面白くない?」

伊織「今の発言のどこに面白い要素があったのよ」

美希「伊織のおでこが広いって、ミキ的には十分面白いと思うな」

伊織「あんたの感性はどうなってるのよ……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:35:37.76 ID:GFshTso/0

美希「ねえねえ、でこちゃん」

伊織「…………」

美希「でこちゃんってば」

伊織「……え? 何?」

美希「無視しちゃヤなの」

伊織「え? いや、無視っていうか……今のは独り言じゃなくて、私を呼んでたの?」

美希「もちろんなの」

伊織「……じゃあもう一回、呼んで御覧なさい」

美希「でこちゃん!」

伊織「…………」ズビシ

美希「いたっ!」

伊織「誰がでこちゃんか!」

美希「……自分から呼ばせておいてチョップするなんて、伊織はドSなの……」

伊織「あんたが悪いんでしょ!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:41:09.56 ID:GFshTso/0

美希「…………」

伊織「…………」

美希(……流石にちょっと馴れ馴れしくし過ぎたかな……)

伊織(……流石にちょっときつく言い過ぎたかしら……)

美希「…………」

伊織「…………」

美希「…………」

伊織「…………」

美希「あの」伊織「あの」

美希「あっ」伊織「あっ」

美希「…………」

伊織「…………」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:47:49.59 ID:GFshTso/0

美希「……でk……伊織、先どうぞなの」

伊織「あ! あんた今またでこちゃんって言いかけたでしょ!」

美希「ちっ、違うの! で……でこのかわいい伊織、って言いかけただけなの!」

伊織「苦しすぎるわ! というかそれ、全然誤魔化せてないじゃない!」

美希「もー! 伊織ったらカッカし過ぎなの! もっとカルシウム摂った方がいいって思うな!」

伊織「あんたがカッカさせてるんでしょうが!」

美希「むぅー……で? 伊織は何を言いかけてたの?」

伊織「え? ええと……」

美希「?」

伊織「……わ、忘れちゃったわ!」

美希「ええ! 伊織、さっきからそればっかなの!」

伊織「う、うるさいわね! じゃああんたから先に言いなさいよ!」

美希「え? えっとね……」

伊織「…………」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:52:22.79 ID:GFshTso/0

美希「い……いおりん」

伊織「ぶふぉっ!」

美希「わ! 伊織ったらばっちいの!」

伊織「ああ、あんたが急に変なこと言うからでしょうが!」

美希「ミキはいおりんって言っただけなの!」

伊織「あ、あんたにそんな呼び方されると違和感どころの騒ぎじゃないわ!」

美希「むー……。じゃあどうすればいいの?」

伊織「……え?」

美希「ミキ的には、伊織ともっと仲良くなれたらな、って思っただけなのに」

伊織「! ……美希……」

美希「…………」

伊織「…………」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:59:16.49 ID:GFshTso/0

伊織「しょ……しょうがないわねっ!」

美希「?」

伊織「あ、あんたがどうしてもそう呼びたいって言うなら、そ、その……いいわよ」

美希「……え?」

伊織「だ、だからその……あ、あんたが好きなように呼んだらいいって言ってんの! 言わせないでよねバカ! もう!」

美希「……伊織……」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:59:46.59 ID:GFshTso/0

伊織「…………」

美希「…………」

伊織「…………」

美希「……ありがとうなの! でこちゃん!」

伊織「そっちかよ!」ズビシ

美希「いたっ!」










元スレ
美希「あ、伊織」 伊織「? 何よ」