1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:18:22.39 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」コト

P「お、ありがとう」ズズ…

雪歩「…」

P「あ~美味い」

雪歩「あの…なんでしょうか?」

P「いや雪歩の淹れたお茶が飲みたいと思ってたんだ」

雪歩「そうだったんですね!ちょうどよかったですぅ」ニコ

P「ああ、最高のタイミングだったよ…ありがとな雪歩」

雪歩「えへへ…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:22:24.92 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「お茶…熱くないですか?」

P「いやちょうどいいよ」

雪歩「よかったですぅ」

P「ああ、飲みやすい」ズズ

雪歩「…」

P「…」ズズ

雪歩「…」

P「あ~…」

雪歩「ふふ…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:26:46.30 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「随分寒くなってきたな」

雪歩「そうですね」

P「風邪とか引いてないよな?」

雪歩「大丈夫ですよ」

P「そうか…体調管理が出来てこそプロだもんな」

雪歩「はい…でも…あの」

P「どうした?」

雪歩「今、少しだけ寒いので…」スッ

P「…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:31:19.25 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「プロデューサーは寒くないんですか?」

P「いや寒くないよ」

雪歩「そうですか…」

P「こうやって雪歩と手を繋いでるからな」

雪歩「…はい」

P「…」

雪歩「プロデューサーの手…とっても温かいですぅ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:38:24.32 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「はは」

雪歩「?」

P「雪歩をプロデュースしたての頃を思い出してさ」

雪歩「あまり思いださないでくださいぃ…」

P「最初は避けられてどうしたもんかと思ったよ」

雪歩「うぅ…すみません…」

P「こうやって手を繋げれるようになるなんてな」

雪歩「あぅ」カァ

P「雪歩の手も温かくなったな」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:44:43.62 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「…」

P「?」

雪歩「よ…」

P「よ?」

雪歩「呼んでみただけですぅ」

P「…」ナデ

雪歩「ひゃぅ…どうして撫でるんですか…?」カァ

P「ダメだったか?」

雪歩「いえ…少しびっくりしただけ…ですぅ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:50:04.37 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「…」

雪歩「プロデューサー?」

P「呼んでみただけだ」

雪歩「!」

雪歩「プロデューサー…私のマネはダメですよ!」

P「そうか…じゃあもう呼ばない」

雪歩「え…」

P「嘘だよ」

雪歩「もうっプロデューサー!ひどいですぅ!」

P「ははは」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:03:38.09 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「プロデューサーは休みの日はどうやって過ごしてるんですか?」

P「雪歩の事を考えて過ごしてる」

雪歩「え…あの…」カァア

P「これも嘘」

雪歩「うぅ…ひどいですぅ!穴掘って埋まってますぅ」

P「手…離すのか?」

雪歩「…ずるいです…プロデューサー」

P「大人はずるいのさ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:07:49.04 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「かわいいな」

雪歩「はぅ…そ、そんなことないですぅ!私なんか…」

P「雪歩」

雪歩「あ…はい…そうでした」

雪歩「ありがとうございますぅ」ニコ

P「よし」

雪歩「うぅ…恥ずかしいですぅ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:17:37.82 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「やっぱりいつまで経っても慣れません…」

P「かわいいって言われることか?」

雪歩「はい…」

P「アイドルなんだから謙遜したらダメだ」

P「ファンはお前の事が本当に可愛いと思って言ってるんだ、それを否定するのは」

雪歩「失礼にあたるぞ…」

P「…そうだ もちろん謙虚であることも大事だがな」

雪歩「プロデューサーは…」

P「どうした?」

雪歩「あ…なんでもないですぅ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:31:02.59 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「お前は本当に成長したよ」

雪歩「…」

P「男が苦手なのも犬が苦手なのも克服できた」

雪歩「それはプロデューサーがいてくれたから…」

P「いや、俺がいなくても雪歩なら克服できたよ」

雪歩「そんなことないですぅ!」

P「…」

雪歩「プロデューサーのおかげで…ここまでこれたんです」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:35:05.87 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「もう少しそっちによっていいですか?」

P「ああ」

雪歩「…」

P「…」

雪歩「…」

P「…」

雪歩「私…まだ全然自信がないんです」

雪歩「本当に成長出来てるのか…実感できないんです」

P「…」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:43:08.84 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「お前の強みってなんだかわかるか?」

雪歩「…わかりません…私に強みなんて」

P「確かに雪歩はそうやってすぐに自分を卑下する」

P「大きな舞台の役を取って来た時も途中で挫折しそうになってた」

雪歩「うぅ…やっぱり私なんかダメダメで…」

P「だが最後は絶対にやり遂げる…挫けそうになっても立ち直る芯の強さがお前の強みだ」

雪歩「プロデューサー…」

P「俺はそう思ってる」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:50:42.17 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「私はダメダメで…自信がないのも自分を信じることが出来なくて…」

P「…」

雪歩「でもそんな私をプロデューサーは導いてくれて」

雪歩「まだ私に…強みがあるなんて信じられないですけど」

雪歩「プロデューサーが言うんですから私…信じます!」

P「…そういう実直なとこも雪歩の強みだよ」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:55:47.24 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「明日の単独ライブ…絶対成功するよ」

雪歩「…はい!」

P「…」

雪歩「…」

P「…そう緊張するな」

雪歩「す、すみません…でもやっぱり私だけの単独ライブだと思うと怖くて…」

P「…」

雪歩「あ…」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:57:30.80 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「…」

P「…」

雪歩「…」

P「…」

雪歩「…」

P「…」

雪歩「…」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:59:50.47 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「…」

雪歩「…」

P「…」

雪歩「…」

P「お茶…冷めちゃったな」

雪歩「はい…でも…」

P「…」

雪歩「…温かいですぅ」

P「…そうだな」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:08:55.62 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「…明日は絶対成功します」

P「ああ、必ず」

雪歩「はい…こうやってプロデューサーに抱き締めてもらって力をもらったから」

P「…雪歩の力になれて嬉しいよ」

雪歩「ふふ…」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:13:10.38 ID:7aysosZc0

P「なぁ雪歩」

雪歩「はい」

P「暑くないか?」

雪歩「もう少しだけ…このままで…」

P「…俺も同じ気持ちだ」

雪歩「んっ…安心します」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:19:14.31 ID:7aysosZc0

雪歩「あの…プロデューサー」

P「なぁ雪歩」

雪歩「!」

P「!」

雪歩「ふふ」

P「はは」

雪歩「どうしたんですか?プロデューサー」

P「雪歩こそどうしたんだ?」

雪歩「私は呼んでみただけですぅ」

P「俺もだよ」


おわり


元スレ
P「なぁ雪歩」雪歩「はい」