1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:06:15.18 ID:5G9b6cNq0

P「最近はコンビニ弁当ばかりだから、たまには自分で作るか」

千早「そうですよ。そのほうが安くすみますし」

P「それにしても、一人暮らしが長いから独り言が多くなったな」

千早「ストレスがたまっているのでは?」

P「さて、何作ろうかな」

千早「勝手に上がりこんだのは謝ります、だから無視しないでください」

P「……お前な?これで今月三回目だぞ」

千早「猛打賞ですね」

P「やかましいわ、ていうか猛打賞なら一日三回だろ」

千早「一日三回きていいんですね!?」

P「あ、…あー。だめって言ってもくるもんね、ちーちゃんは」

千早「よくわかりましたね。私たち、通じ合ってますね」

P「うん。そうだな」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:08:44.97 ID:5G9b6cNq0

P「で?お前は何がしたいんだ」

千早「通い妻的なあれです」

P「……飯食ったら帰ろうな?つか帰ってください。明日期限のAVまだ見てないから」

千早「私とAVどっちが大事なんですか!?」

P「AVはオレにとっては息抜きなんだよ」

千早「イキ抜きですか」

P「下ネタやめろ、仮にもアイドルでJKだろお前!」

千早「普通、この年だとその辺り奔放なのでは?」

P「いや、そうだけど……」

P「あー、もうっ。ご飯作ってくるから、そこで座って待っててくれ」

千早「何を言ってるんですか?手伝うに決まってるじゃないですか」

P「あ、そう?じゃあ、頼むわ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:13:08.72 ID:5G9b6cNq0

P「そうだな、じゃあまな板とってくれ」

千早「くっ……、やっぱりそうですか。なんだかんだでプロデューサーもその気なんですね」

P「えっ」

千早「ええ、わかりました。このようなシチュエーションは少々不本意ですが……」

P「えっ、ちょ、おま、えっ。何脱ごうとしてんの!?」

千早「……まな板がほしいのでは?」

P「そのまな板じゃなくて、本物のまな板だからな?」

P「っていうか、自分の胸自分でまな板っていってむなしくない?」

千早「……くっ」

P「もういいわ。自分でとるから」

千早「あっ、私がとります、とらせてください」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:17:40.07 ID:5G9b6cNq0

P「それじゃ、オレは調理にとりかかるから……」

P「千早は食器だしてくれないか?」

千早「私も調理したいです」

P「いいよいいよ、気にすんな」

千早「気にします、私にももっと具体的なお手伝いをさせてくださいっ!」

P「あ、こらっ。今オレ包丁もってるんだから、こっちくんな、抱きつくな!」

千早「私が切ります、何を切るんですか?切らせてください!」

P「お前は料理に興味持ち始めた幼女かっ、あぶないって!」

千早「お願いしますっ、後生ですから……!」

P「危ないって言ってるだろ、ガリッガリガリガリ肋骨いてぇんだよ洗濯板!」

千早「……!」

P「あ」

千早「……くっ!」

P「ごめん、ちーちゃん」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:21:34.14 ID:5G9b6cNq0

千早「私はただ、プロデューサーと一緒に夕食の準備がしたいだけなのに……」

P「わ、……わかったよ。だったら豆腐きってくれないか?ちょい大きめに」

千早「……いいんですか?」

`P「ああ。頼む」

千早「はい!」

P「指切るなよ?」

千早「子ども扱いしないでくださいよ、いくらなんでも包丁で指を切るなんて…痛っ!」

P「おい」

P「おい!」

千早「……すみません」

P「絆創膏はったげるから、こっちきなさい」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:27:55.95 ID:5G9b6cNq0

P「……これでよし。幸い、キズもそこまで深くなかったし。消毒もしたから大丈夫だろ」

P「まだ痛いか?」

千早「少しだけ痛みますが、大丈夫です」

P「まあ、だったら大丈夫なのかな」

千早「あの」

P「ん、どうした?」

千早「私、大人しくここでまってます……」

P「なんだよ。コレくらいの傷でしゅんとなって」

千早「これ以上プロデューサーに迷惑かけたくないです」

P「だったらいます……、……迷惑なんて思わないさ」

P「でもまあ。さすがに絆創膏はって料理もあれだし……、待っててもらうか」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:34:33.55 ID:5G9b6cNq0

P「できたぞー、ほら、たんとお食べ」

千早「……なんですか、これ?」

P「唐揚げと湯豆腐」

千早「なんですか、これ」

P「だから、唐揚げと湯豆腐」

千早「当てつけですか!?」

P「何をバカな事を……、意味がわからないんだが」

千早「どちらも豊胸効果があるといわれてるものじゃないですか……」

P「えっ、そうなの?」

千早「……まさか、知らずに出したんですか?」

P「うん」

千早「……いただきます」

P「ゆっくり噛んで食べろよ?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:42:46.64 ID:5G9b6cNq0

P「ごちそーさま」

千早「ごちそうさまでした」

P「さて。それじゃあ、飯も食べたことだしそろそろ……」

千早「AV見ましょうか」

P「そうだな。……いや、お前は帰ろうな?」

千早「私も興味があるので。後学のためだと思って……」

P「だめだ。子供がみるようなもんじゃないから……ってちーちゃん!カバン漁らないで!」

千早「これですか?……くっ」

P(あー、まためんどくさそう)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:45:07.47 ID:5G9b6cNq0

千早「なんですか、これは」

P「AVです」

千早「なんなんですか?」

P「AVです。2枚借りてきました」

千早「どっちをみようと思ってたんですか?」

P「千早が右手にもってるほうです」

千早「タイトルを音読してください」

P「爆乳天国」

千早「ついでに、左手のこっちは?」

P「極上爆乳ソープ」

千早「割ります」

P「やめて!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:49:24.90 ID:5G9b6cNq0

千早「なんでよりによって胸の大きな人の作品なんですか!?」

P「いやあ、その女優さん好きでさあ」

千早「なるほど、御贔屓さんですか」

P「……ほら、顔もかわいいだろ?胸は大きいけどかといって太ってもないし」

P「それにな、声もかわいいんだぞ、すげー…その、…捗るっていうか」

P「ちーちゃんごめん」

千早「貧乳モノを借りるのなら許します」

P「あ、うん。そっちもイケるから」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:55:37.16 ID:5G9b6cNq0

千早「では、見ましょうか」

P「本気で言ってるの?ぶるんぶるん揺れるぞ?」

千早「何か、ヒントになるようなものがあるかもしれませんし」

P「これヒントになったら日本中の男はみんな福山雅治だよ」

千早「……そうやって私の淡い希望を踏みにじるんですね」

P「ごめん……」

千早「それに。一緒にホラー映画を見るかのようで、ドキドキしません?」

P「それ別のドキドキだよ……」

P(AV見るのに抜いちゃだめって酷い拷問だな)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:01:27.37 ID:gm6cLwGw0

P「……」

千早「くっ」

P「……」

千早「くっ」

P「なあ」

千早「くっ」

P「だから言ったじゃん」

千早「ぐすっ……」

P「もうっ。消すぞ?」

千早「はい……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:07:32.71 ID:gm6cLwGw0

千早「…あの、プロデューサー」

P「どうした?」

千早「いいニュースと悪いニュースがあります」

P「欧米か!……いや、ごめん。これちょっと古いな」

千早「どちらから聞きますか?」

P「悪いほうで」

千早「終電逃しました」

P「何っ!?……いいニュースは?」

千早「私と添い寝できます」

P「…………わかったよ、泊まっていきなさい」

千早「お世話になります」

P「三つ指つかなくてよろしい」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:14:22.37 ID:gm6cLwGw0

P「……千早」

千早「……ふぅ」

P「千早」

千早「……ふぅ」

P「ちーちゃん!」

千早「何ですか?」

P「首に息吹きかけるのやめて…、寝れない」

千早「ドキドキしてるからですね」

P「むしろ物理的な話なんだけど」

千早「プロデューサーが、こっち向いてくれたらやめます」

P「何もしない?」

千早「善処します」

P「……もうっ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:24:40.97 ID:gm6cLwGw0

P「ちーちゃん」

千早「なんでしょうか?」

P「顔、ちかい」

千早「そうですか?」

P「鼻触れてる、鼻」

千早「それは大変ですね、では鼻ではなくて……」

P「ちょ、まって、ホント、寝れないから……」

千早「知らぬ生娘でもあるまいに」

P「生娘ではないけど知らないんだよ!」

千早「えっ……ぷっ」

P「てめっ、ベッドから蹴り落とすぞ!」

千早「できるものなら」

P「てめっ、こんにゃろっ、このっ、このっ!」

P「もうっ!……抱きつかれたら蹴落とせないだろ!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:32:54.55 ID:gm6cLwGw0

千早「そう簡単にこのぬくもりを手放すわけには……!」

P「ちーちゃん、痛い、抱きつきすぎ」

千早「ふふ、プロデューサー、暖かいですか?」

P「ぢーぢゃん、いだい…、ぐ、ぐるじい……」

千早「……締めすぎましたか?」

P「締めてるって自覚あったのね……」

千早「服を脱げばいいんじゃないですか?衣服による締め付けが緩和される分楽に……」

P「お前クッション外せって殺す気かよ……」

千早「殺す気はありませんが、死ぬほど好きにさせるつもりです」

P「色々と手遅れね……」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:39:53.77 ID:gm6cLwGw0

P「……千早」

千早「はい?」

P「隙間できると寒いから、もっと引っ付いて」

千早「……わかりました」

P「ちーちゃん」

千早「はい」

P「おやすみ」

千早「おやすみなさい、プロデューサー」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:43:52.35 ID:gm6cLwGw0

千早「プロデューサー」

P「ん」

千早「明日は早起きして、一緒に朝ごはんつくりましょうね」

P「そだな。だからもう寝ような」

千早「プロデューサー」

P「ん」

千早「それから、みんなに怪しまれないように時間差で事務所にいきましょうね」

P「そだな、もう寝ような」

千早「プロデューサー、おやすみのキスを……」

P「キスでもなんでもしてやるからさっさと寝ろよ!」

P「あ」

千早「……ふふっ、それでは遠慮なく」

P「お前さ、オレの扱いうまいよな」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:49:49.27 ID:gm6cLwGw0

翌朝

P「ちーちゃん、ベッドの上でいいから正座しようか」

P「AVをちゃんとケースに入れておいたのがまたプレイヤーに入ってるよね」

千早「やっぱり気になりまして」

P「結局泣いてオレの服で涙と鼻水ふいたよね」

千早「ティッシュがどこにあるかわからなくて……」

P「……ちーちゃん?」

千早「すみません……」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:51:17.72 ID:gm6cLwGw0

千早「あの、怒ってます?」

P「ああ。盛大にな」

P「だから、仲直りの印に……」




チュッ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:54:17.16 ID:gm6cLwGw0

千早「……」

P「……千早?」

千早「……」

P「黙るなよ、恥ずかしいだろ。どんだけ意を決したと……」

千早「……プロデューサー」

P「な、何?」

千早「も、もう一回だけ、もう一回だけ!」

P「おまっ調子のんな、唇つきだすな、こっちくんな!」

千早「大丈夫です、唇だけですから、あと一回だけですから!」

P「やめ、あ、ちょ、ほんと、やめっ!あ、………んぅ……、んっ。」

P(……)

P(……)

P(長い!)



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:59:14.47 ID:gm6cLwGw0

P「ゼー、ハーッ、……げほっ」

千早「ふう、ごちそうさまでした」

P「ツヤツヤしやがって……、お前というやつは」

千早「照れてます?」

P「ばっ、……・照れて……るよ!照れるにきまってんだろ!」

千早「プロデューサーって、案外かわいいですね」

P「大人をからかうんじゃありません!」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 01:03:10.35 ID:gm6cLwGw0

P「…ったく、もうっ。……さて、そろそろ朝飯にするか」

千早「そうですね」

P「一緒につくるだろ?」

千早「そういう約束ですから」

P「さて、じゃあいくか」

千早「そうですね……あ」

P「キッチンまで、手繋ごうか」
千早「キッチンまで、手を繋ぎませんか?」

P「あ」

千早「ふふっ……」

P「な、何にやついてんだ……、ほら、いくぞ」

千早「顔、真っ赤ですよ?」

P「ちーちゃんうるさい!!」







71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 01:08:05.98 ID:gm6cLwGw0

見てくれたりレスくれた人ありがとう。
おやすみなさい。


元スレ
P「さてと、そろそろ夕食にするか」千早「そうですね」