1: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 22:57:38.24 ID:4xpi818l.net

ルビィ「ちょっと。」

善子「…zzZ」

ルビィ「…善子ちゃん」

善子「…zzZ」

ルビィ「ねぇ、起きてるんでしょ。」ユサユサ

善子「……」

ルビィ「……」イラッ

ルビィ「ふんっ!」ベシッ

善子「ちょっ!地味に痛い蹴りいれるのやめて!」

ルビィ「ほら起きてる!」

善子「はぁ……」



3: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 22:59:15.81 ID:4xpi818l.net

ルビィ「あのね善子ちゃん。」

善子「おやすみー」

ルビィ「……」ツネッ

善子「いたっ!」

ルビィ「ルビィの話を聞いてください。」ムスッ

善子「はいはい。」

ルビィ「あのね善子ちゃん。」

善子「はいはいなんですか…」



4: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:00:02.75 ID:4xpi818l.net

ルビィ「ルビィ達付き合ってるよね。」

善子「…そうね。」

ルビィ「今日は善子ちゃんの家にお泊まりだよね。」

善子「えぇ、そうね。」

ルビィ「そして誰もいないよね。」

善子「えぇ、今日はパパとママの結婚記念日だから2人とも旅行に出かけてるわ。」

ルビィ「そして今は何時ですか?」

善子「…そろそろ11時ね。」



5: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:01:13.91 ID:4xpi818l.net

ルビィ「そして目の前にはシャンプーのいい匂いがした下着姿の彼女がいるね。」

善子「……まぁね。」

ルビィ「んもぅ♡わかるでしょ?」クネクネ

善子「うん、わかってるわ。」

ルビィ「えっ///」ドキッ

善子「わかってるから無視するのよ。」

ルビィ「………」イラッ



6: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:03:15.08 ID:4xpi818l.net

善子「んじゃあ明日は日曜日だから12時ぐらいまで寝るわ。ふぁ…眠い……」

ルビィ「むぅ~!!」イライラ

ルビィ「善子ちゃんのわからず屋!!せめてルビィになにか言うことあるでしょ!」

善子「あぁ、あったわね。」

ルビィ「さ、さぁ…はやく言って……///」

善子「ルビィ…」

ルビィ「…///」ドキドキ

善子「プリ○ュアと仮面ライ○ー予約しといて。」

ルビィ「……は?」



7: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:04:22.82 ID:4xpi818l.net

ルビィ「そこは『そんな格好じゃあ寒いでしょ?ヨハネの隣においで…』でしょ!」

善子「うわ…こっちが寒いわ……」ブルッ!

ルビィ「善子ちゃんのバカ!バカバカ!」

善子「……」ブチッ!

善子「バカはどっちよ…」ゴゴゴゴ…

ルビィ「へ?」

善子「そもそもヨハネはママ達の旅行について行く予定だったのよ…?」

ルビィ「う、うそ…」



8: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:05:22.27 ID:4xpi818l.net

善子「それがなによ…ウキウキしながら荷造りしてた矢先にルビィが家に来て……」

善子「『善子ちゃん!明日善子ちゃんのうちにお泊まりしてもいい?』よ!」

ルビィ「うゆゆゆゆゆ…」ガクガクブルブル

善子「はぁ!?普通家先まで来てその約束する!?」

善子「ママがそれ聞いてなにかを察したかの如く『じゃあ旅行は2人で行くから!』って言うし!」

善子「なんかパパは『善子…大きくなったな……』って言って泣いてたし!」

ルビィ「ち、ちなみに旅行先は……」

善子「札幌よ札幌!!函館じゃなくて札幌!!」

善子「ママが配慮してくれたのよ!『善子は函館行ったことあるよね。』って言って!」

善子「2人の記念日なのによ!粋な計らいよ!」

善子「それなのに…それなのに……」ワナワナ

善子「畜生めぇぇぇええぇえ!!!」ボロボロ

ルビィ「うわ…ガチ泣き……」



9: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:07:41.27 ID:4xpi818l.net

善子「行きたかった…札幌……」ウルウル

善子「はぁ…札幌に行ってたら今頃味噌バターラーメン食べたり、辺り一面のラベンダー畑を見ていたり…」

善子「楽しみが白い○人とじゃがポ○クルしかなくなったじゃない!この悪魔!!」

ルビィ「ピギッ!」ビクッ

ルビィ「で、でも本物の恋人がここにいるよ♡」

善子「はぁ!?この腹黒い恋人でどうこの不満を解決すればいいのよ!」

善子「胸も十勝平野みたいにペッタンコ…」

ルビィ「……」イラッ

ルビィ「で、でも善子ちゃん!」

善子「ん?」

ルビィ「ルビィの下着姿を見て…善子ちゃんのじゃがポ○クルも…♡」

善子「あいにく今はフィット○ーネグミみたいにしなしなよ。」

ルビィ「うそぉ!」



13: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:13:20.29 ID:4xpi818l.net

善子「あまりに札幌行きたすぎてYouTubeで水曜○うでしょうみたんだからね!」

ルビィ「それ北海道テレビが制作しただけであんまり関係ないんじゃ…」

善子「はぁ!?それぐらい行きたかったってこと!」

善子「挙句の果てには普段見ないYouTuberの投稿みてたんだからね!北海道に住んでるってことだけで!」

ルビィ「ち、ちなみになんですか?」

善子「教えるわけないわ!ウィッキー!」

ルビィ「ウィッキー!?」



14: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:14:49.59 ID:4xpi818l.net

善子「と言うわけです。それを踏まえて…おやすみ。」

善子「はーあ、めんどくさい彼女を持ったわね…」

ルビィ「えっと…ごめんね……もし迷惑だったらルビィ帰るから…」

ルビィ「…くしゅん!」

ルビィ「あ、ごめんね!ちょっと冷えちゃった……」

善子「はぁ…仕方ないわね…」グイッ

ルビィ「ピギッ!」ガバッ

善子「一緒に寝れば寒くないでしょ?」ギュッ

ルビィ「善子ちゃん…///」

ルビィ「大好き♡」ギュッ

善子「うっ…///」

善子「はぁ…///」ナデナデ

ルビィ「えへへ…///」テレテレ



16: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:15:45.97 ID:4xpi818l.net

善子「……ねぇルビィ。」

ルビィ「ん~?」ウトウト

善子「さっきはごめん…」

ルビィ「ふぇ?」

善子「旅行行けなかったのは残念だったけど…」

善子「ルビィと楽しい時間を過ごせてよかったわ…///」

ルビィ「えへへ…善子ちゃん……///」ウトウト

ルビィ「…zzZ」

善子「…おやすみ。」ニコッ

おわり。



18: 名無しで叶える物語 2019/09/09(月) 23:17:39.99 ID:4xpi818l.net

よしルビはやはりエッチするかしないかぐらいのがいいんだな。これが我が美学。


元スレ
ルビィ「ここに下着姿のルビィがいます。」善子「おやすみー」