1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:25:24.58 ID:DM/8FCgr0

P「何故今まで気付かなかったんだ!」

小鳥「ど、どうしたんですか?」

P「あいつらの能力があればうちの人気もたちまち急上昇じゃないか…」

小鳥「あの子たちって何か特技ありましたっけ」

P「なにいってるんですか、まず春香ですが…」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:30:28.70 ID:DM/8FCgr0

スタッフ「はい撮り直しー」

ディレクター「このシーン何時間経ってるんだよ」

スタッフ「そうですね…ただこけるシーンなんですが自然な演技ができないみたいで」

ディレクター「しょうがない………春香ちゃん!」

春香「お呼びでしょうか?」

ディレクター「あの女優さんの代役、頼めるかい?」

春香「お任せ下さい!」

スタッフ「よーいスタート!」

春香「わわわ!」ドンガラガッシャーン

ディレクター「こける専門のスタントなんて前代未聞だな」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:34:07.20 ID:DM/8FCgr0

小鳥「あれって能力なんですかね」

P「何もないところでこけるなんて誰にも真似できませんよ」

春香「その日は他の出演者の方のスケジュールも押してたんで助かったみたいです」

P「それになんと写真集の仕事まで来たんだもんな」

小鳥「え!?ほんとですか!」

P「ええ、「こけるシーンだけを集めた」写真集の」

小鳥「…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:38:58.59 ID:DM/8FCgr0

P「これがさっき届いた写真集です」

小鳥「は、はあ」ペラ

「富士山火口で転ぶ春香」

小鳥「…」ペラ

「獰猛なピラニアが棲むアマゾンの川で転ぶ春香」

小鳥「…すごくスケールが大きいですね」

P「極めつけはこれです」

「ミサイル発射ボタンの前で転ぶ春香」

小鳥「いやいや危機一髪すぎるでしょ!!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:42:37.08 ID:DM/8FCgr0

春香「本当は水着とか着たかったんですけど、受けがよくて」

P「そのうちスタント系アイドルなんて言われたりしてな」

小鳥「それ、多分春香ちゃん1人ですね」

春香「765プロの知名度アップに貢献できるのは嬉しいですよ」

P「能力……やよいなら…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:48:10.56 ID:DM/8FCgr0

社長「君!!どうしてくれるんだ!私の命の次に大切な花瓶を!!」

社員「す、すみません!つい手が滑って…」

社長「君にはそれ相応の罰を与えないといけないようだな」

社員「ひいぃ…」

やよい「社長さん!このおじさんを怒らないであげてください」

社長「!?」

やよい「誰にだって間違いはあるんです……わたしも弟を叱りますが、最後はちゃんと仲直りできます」

やよい「だから…」ウルウル

社長「………そうだな、わたしも大人げなかった」

社員「え?」

社長「そもそもこの花瓶も鑑定してもらったら二束三文だったからな」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:52:06.31 ID:DM/8FCgr0

社長「骨董品の価値も分からず金をはたいてその有様だったから、つい意地になって大切にしてたものさ」

社長「だから…もう君を責めたりしない」

社員「ありがとう…ございます」

P「ってな具合で」

小鳥「随分前にあった「怒られ侍」……それを思い出しました」

P「あれって一緒に怒られてもらう企画ですよね」

小鳥「緊迫した場面でBGM流しながら登場するんですから…、もう見てるだけで胃が痛くて」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:54:59.12 ID:DM/8FCgr0

P「えーと、次は伊織ですかね」

小鳥「金にものを言わせる、なんてことはないですよね」

P「もはや能力じゃないでしょそれ…。全然違います」

小鳥「となると一体…」

P「つまりですね…」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:00:09.59 ID:DM/8FCgr0

工場長「最近食品の偽装が世間を騒がせてるな…」

社員「わが社も例外なく目を向けられてます」

工場長「確かな品質を提供している自負はあるが…これから厳しくなるだろう」

社員「うちは○×農園から直送されるみかんを使っています」

工場長「だが質の悪いみかん、その農園以外のみかんも混じってる可能性も捨てきれない」

社員「一体どうすれば…」

伊織「お困りのようね」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:04:55.44 ID:DM/8FCgr0

工場長「君は……確かアイドルをやってる……」

伊織「要は○×農園のみかんというのを証明すれば良いんでしょ?」

社員「ええ、まあ…」

伊織「あたしに任せなさい。その農園のみかんはあたしの家の食事でも提供されてるわ。味はこの舌が覚えてるもの」

工場長「これが……今製造したオレンジジュースだが」

伊織「うん、香りはよし…」ゴク

社員「…」

伊織「……大丈夫よ。これは100%○×農園のオレンジジュースよ」ニコ

工場長「そ、そうか!それは安心した」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:09:14.11 ID:DM/8FCgr0

小鳥「食品業界ひっぱりだこですね」

P「伊織の舌が経済を救うなんてワクワクしませんか?」

小鳥「いやあ…現実味がわかなくて」

伊織「まあオレンジジュース専門だけどね」

P「でもすごいじゃないか。産地偽装を暴いてるんだからな」

伊織「まあ、みんなの笑顔が生まれるなら悪い気はしないわね」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:14:17.11 ID:DM/8FCgr0

P「あ、あと俺ってよく伊織からののしられてるじゃないですか」

小鳥「ええ」

P「それを逆手にとって「伊織の罵倒CD」の発売にこぎつけまして」

小鳥「ば、罵倒…?」

P「年下の女の子に説教されるシチュエーションがドMのファンに大好評でなんと50万枚のヒットですよ」

小鳥「今の時代50万枚って大ヒットですよ!?」

P「聴いてみますか?」ポチ

「このドアホ!変態!あんたなんか生きてる価値なんてないのよ!!」

「……でも、守ってあげたくなっちゃうのよ」ギュ

小鳥「…ほお」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:18:37.09 ID:DM/8FCgr0

伊織「これの収録は恥ずかしかったわよ」

P「スタッフの反応は?」

伊織「「いおりんに怒られるなんてご褒美です」とか「これでまた明日頑張れます」とかね」

小鳥「ファンからのメッセージ…「ありがとうございます!ありがとうございます!」とありますね」

伊織「まったく、とんだ変態がいるもんね」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:22:35.70 ID:DM/8FCgr0

P「はてさて雪歩ですが…」

小鳥「男の人が苦手な雪歩ちゃんの活かせる能力って…」

P「言わずもがなですよ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:27:44.82 ID:DM/8FCgr0

救助隊長「これはひどい土砂崩れだな…」

救助隊員「この下に人の反応がありました!」

隊長「見つかったか!間に合いそうか?」

隊員「既に生き埋めになってから時間が経ち過ぎています……応援を待ってられるかどうか」

ゴト…

隊長「な、なんだ君は!?ここは危険だから下がってなさい!」

雪歩「こ、こんなちんちくりんな私でも…」グ

隊員「…?」

雪歩「人の役に立ちたいんですー!!!」ザッザッザッ!



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:31:59.39 ID:DM/8FCgr0

隊長「なんだこの子は……どんな重機よりも早く穴を掘っている」

隊員「め、目にもとまらぬ速さです」

雪歩「あっ……い、いました、人がいましたー!!」ガサッ

隊長「なに!?」

「うう…」

雪歩「意識があります!早く運んであげてください!」

隊員「は、はい」

隊長「凄まじい子だ……スコップひとつで人命救助とは」

P「これは感動ものですよ」

雪歩「でも、そのあとが大変だったんです」

小鳥「え、これ実話なの!?」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:35:03.81 ID:DM/8FCgr0

雪歩「たくさん人がいる前で表彰されて……倒れちゃうかと思いました」

P「アイドルと二足のわらじを履いて観みないかとも誘われたみたいです」

小鳥「で、返事は…?」

雪歩「も、もちろん断りました…。とても両立できないですぅ」

P「興味はあったのか」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:41:00.61 ID:DM/8FCgr0

P「で、あずささんなんですが」

小鳥「もう何が来たって驚かないですよ」

P「人当たりが良くて、すごく愛されてるあずささん、だがそんな彼女にも秘められた能力が…」

小鳥「ま、まさか」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:45:42.92 ID:DM/8FCgr0

ナレーター「今回三浦さんは500m先の待ち合わせ場所に向かってもらうのですが…」

あずさ「あら~、なんだか薄暗い道ね~」

ナレーター「なんと開始早々正反対の道へ!目的地の方向は教えたはずなのですが…」

あずさ「歩いているうちに河川敷に来たわ~」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:49:48.93 ID:DM/8FCgr0

あずさ「まあ、可愛いチワワね」ナデナデ

ナレーター「しばし子犬と戯れる三浦さん」

あずさ「……ええと、わたしさっきまで何してたんでしたっけ」

ナレーター「挙句の果てに企画自体を忘れる始末!カメラマンも苦笑するしかありません」

あずさ「でも今日はお日さまが気持ちいいですから土手でお昼寝しましょうか?」

P「…和むなあ」

小鳥「どんなことになっても許されますね」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:53:02.70 ID:DM/8FCgr0

P「あずささんって初対面の人とすぐ仲良くなれるじゃないですか」

小鳥「ですね。こういう下町をぶらりと散歩する番組もいいですよね」

P「気ままに歩くだけでも絵になるし、何よりお年寄りに人気出ます」

あずさ「そう考えると、迷子もわたしの長所かもしれないですね」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 23:56:57.11 ID:DM/8FCgr0

P「響の能力といきますか」

小鳥「ずばり!沖縄力ですね!」

P「いつ発揮出来るんですか…」

小鳥「クイズ番組とか」

P「それより、もっと有意義なことですよ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:04:47.04 ID:L189tHHz0

女「この子、どうも具合が悪くって…」

獣医「ふむ、見せてみなさい」

フェレット「くぅ…」

獣医「んー………何かの病気ではなさそうですが原因はなんとも」

女「そんな!このまま放っておけと!?」

響「先生、どうかしたのか?」

獣医「ああ響ちゃん、このフェレットが苦しんでるみたいでね」

響「ちょっといい?」

獣医「あ、ああ」

響「ふん、ふんふん……」

響「先生、この子喉に餌を詰まらせたみたいだぞ」

獣医「そうなのかい?」

響「うん、「それでも医者かよこのポンコツ」ってこの子は言ったみたいだけど」

獣医「そ、そうかい」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:08:31.99 ID:L189tHHz0

P「動物の声が分かるお医者さん…大繁盛ですね」

小鳥「面倒な検査しなくても分かっちゃいますもんね」

響「そういうことに遭遇すると獣医さんに憧れることがあるぞ」

小鳥「白衣の響ちゃん……いい、わね」

響「涎出てる出てる」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:10:38.56 ID:L189tHHz0

P「さてそろそろ本命のアイドル行っちゃいますか」

小鳥「本命?」

P「千早です」

小鳥「…敢えて言いませんよ?」

P「予想の斜め上ですよきっと」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:15:30.89 ID:L189tHHz0

千早「こちら千早……876プロに潜入成功しました」

P「よし、目指すは更衣室だ」

千早「ところで…なんでこんなことを…」

P「今をときめく事務所の秘密を探るためだ」

千早「それで何故わたしが」

P「適任だったから、それだけだ」

千早「……壁の気持ちになるだけで人が素通りしていきますが、なんでバレないんでしょうか」

P「アドバイスどおり出来てるな」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:19:52.82 ID:L189tHHz0

P(壁と一体になることで誰にも怪しまれずに探れる……まさにうってつけだ)

ウ…

千早「…?女子トイレからうめき声のような声が聞こえます」

P「病人か?そりゃ大変だ」

千早「個室がひとつだけ閉まってます。隣から登って見てみます」

P「そうだな」

千早「よいしょ…」

涼「はあ、はあ………愛ちゃぁん」シコシコ

千早「」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:25:12.63 ID:L189tHHz0

千早(え?この子、確か律子の……。何でおちんちんが生えて…)

涼「ごめんね…愛ちゃん。でも……あのパンチラは卑怯だよ///」シコシコ

千早(あばばばばばばば)

涼「ああ出る、出る………ううっ!!!」ビュル

千早「…」

涼「……はあ、またやっちゃった」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/21(木) 00:29:18.44 ID:L189tHHz0

P「どうだった千早」

千早「…………史上最大のスキャンダルです」

P「なに?」

千早「あのアイドル秋月涼が………ふたなりだったんですよ!!」

P「……んなまさか」

小鳥「そ、それは妄想が捗るピヨォ!!」ムハー




涼「え、この記事……!?ぎゃおおおおおおおん」

FIN


元スレ
P「アイドルたちの能力はすごい」