モバマスのお姉さん達がメインのシリーズです。
前回のお話の続きとなってりますので、初見の方はこちらからどうぞ。

前回:篠原礼「大人のおつきあい」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371280650




3: >>2thanks ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:24:59.36 ID:hfPGsU+/0




―山梨県・柊ワイナリー本社広報室にて―



志乃「うん、なかなか良い出来ね……ちょっとウチのワインの宣伝が弱い気もするけど
   今回は瞳子ちゃんだし、落ち着いた雰囲気のポスターでいきましょう」

課長「彼女は正統派の方ですから、あまり派手に酒類の宣伝をするとお互いにマイナスに
   なりますしね。社長はもっと宣伝しろと仰いますが、これ以上やるとMBプロさん
   にも怒られてしまいそうですし」ハハハ

志乃「お父様の説得は任せて。瞳子ちゃんのポスターを控えめにした分、LIVEバトル全体
   のポスターで派手に宣伝するから。そっちはどうなっているかしら?」






4: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:26:06.13 ID:hfPGsU+/0



中堅「はい、こちらになります。まだ草案の段階ですが……」サッ

志乃「本番まで一ヶ月切ってるのよ?ちょっとゆっくりすぎないかしら?」ジロ

若手「す、すみません……なかなか運営本部とアポが取れなくて……」タジタジ

志乃「しっかりしないとスポンサーおろされちゃうわよ?LIVEバトルも年々規模が大きく
   なって他企業もどんどん参入しているし、私達も後れをとるわけにはいかないわ。
   このイベントは私達スポンサーの戦いでもあるのよ」

課長・中堅・若手「「「はい!」」」






5: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:27:27.44 ID:hfPGsU+/0




コンコン



秘書「部長、MBプロダクションの社長様からお電話です」ガチャ



志乃「社長から?珍しいわね、事務所で何かあったのかしら―――――?」






6: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:29:03.59 ID:hfPGsU+/0




***



―翌日夜・会員制高級ワインバーにて―



志乃「こんばんは~♪」ガチャ



楓「こんばんは志乃さん。一週間ぶりですね」ニコ

P「無理を言って東京に戻って来てもらってすみませんでした。ご実家のワイナリーの
  お仕事は大丈夫ですか?」

志乃「うふふ……大丈夫よ、私の部下は優秀だから♪」

礼子「あんたの部下に同情するわ。私だったら、こんな飲んだくれの上司の下では仕事
   したくないわね」フン






7: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:33:36.59 ID:hfPGsU+/0



志乃「あら、ごあいさつね。これでもやる事はやってるわよ?ワイナリーで広報部長の
   仕事をして、MBプロでアイドルをして、それからLIVEバトル運営委員会で役員を
   して。毎日忙しいわ……」ウフフ…

礼子「ウチの事務所ではいつも飲んでるだけじゃない。あんたがウチのメインスポンサー
   なんだから、ウチの将来が不安になってくるわ……」ハア



志乃「うふふ……私を事務所に呼んだのは誰だったかしらねえ……」ニヤニヤ



礼子「…………チッ」









8: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:34:59.47 ID:hfPGsU+/0



P「アイドルが舌打ちするな。それでは志乃さん、午前中に社長から話を聞いていると
  思いますが、改めて今回の『潰し屋』による被害状況を報告させて戴きます」

志乃「堅苦しい話はいいわ。私が知りたいのは、Pさん達がLIVEバトルで何をしようと
   しているかだけ……場合によっては委員会として止めないといけないしね」

礼子「それも合わせて教えてあげるわよ。言っとくけど今回の件は委員会の責任だからね。
   あんた達がだらしないから、この業界にそんなふざけた連中が入り込んだのよ?
   しっかり反省しなさい」ギロ






9: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:36:13.45 ID:hfPGsU+/0



P「何をいらいらしてるんだ礼子。志乃さんと何かあったのか?」

礼子「……何もないわよ。それよりさっさと話しなさい」プイ

P「はいはい。すみません志乃さん、それでは説明させて戴きますね―――――」



楓(ワイン飲みたいけど、まじめな話をしているし我慢しよう……)ショボン










10: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:37:59.85 ID:hfPGsU+/0




―――



P「まさかベテトレさんが狙われるとは思いませんでした。しかしよく考えれば今回の
  LIVEバトルの瞳子さんのメイントレーナーで、かつ事務所のガードが甘い彼女は
  潰し屋にとって恰好の狙いだったんです……」ギリギリ



志乃「トレちゃん達は外部スタッフだし、アイドルとは違ってガードが甘くなるのも
   仕方ないわね。いっそのこと、4人共ウチの専属トレーナーとして雇っちゃう?」

礼子「それはベテを連れ戻してからにしなさい。あの子自分の姉妹にも何も言わずに、
   一人で抱え込んでいたみたい。その結果、瞳子のLIVEバトルのセットリストを
   連中に渡して失踪したんだから。どうしてそうなったかは知らないけどね」フン







11: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:39:40.33 ID:hfPGsU+/0



P「俺達が気付くのが遅かったので、もうリストはかなり業界内に出回っていました。
  このままLIVEバトル本番まで気付かずに瞳子さんを送り出していたらと考えると
  ぞっとしますね。現在大急ぎで新たなリストを作り直しています」

礼子「Pとマスがつきっきりでレッスンつけたら、今からでも本番には間に合うでしょ。
   瞳子はウチのエースだし、この程度で負けるほどヤワじゃないわ」



志乃「さすがPさんと礼子ね。いえ、今回は礼ちゃんのお手柄かしら。これで問題は解決、
   予定通り瞳子ちゃんはLIVEバトルで大活躍して、めでたしめでたしね♪」ウフフ…







12: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:41:47.76 ID:hfPGsU+/0




礼子「……それ本気で言ってるのあんた?それとも酔ってるのかしら?」ギロ



P「落ち着け礼子。志乃さん、これは一時的な解決に過ぎません。今回はひとまず切り抜け
  ましたが、連中はいつまた仕掛けてくるか分からないし、ベテさんも失踪したまま
  です。事件は何一つ解決していないんです」

志乃「LIVEバトルが近いこの忙しい時に、そんな人達を相手にする暇はあるのかしら?
   このまま潰し屋さんに気付かれないように瞳子ちゃんの準備をして、LIVEバトルが
   終わってからにしてもいいんじゃないの……?」ジロ

楓「それでは遅すぎます志乃さん。善は急げ……いや、悪は急いでやっつけないと」






13: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:43:07.38 ID:hfPGsU+/0



P「今、連中は完全にウチの事務所を陥れたと思い油断しているでしょう。この機を逃す
  わけにはいきません。俺達は今回のLIVEバトルを利用して、逆に連中を業界から
  完全に排除するつもりです。今後のアイドル達の事も考えて……」

楓「ベテさんも心配です。みんなも心配しているし、早く助けてあげないと」

志乃「うふふ……優しいわね楓ちゃんは。でもベテちゃんは潰し屋さんに買収されたかも
   しれないわよ?瞳子ちゃんのリストも自分から渡した可能性だってあるし。
   それでもまだあの子を信用出来るの?」

楓「む、そんな意地悪を言う志乃さんは嫌いです。ベテさんはそんな人じゃありません。
  バッカス様に誓ってもいいですよ」プクー






14: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:45:11.41 ID:hfPGsU+/0



礼子「あんたさっき『4人共』ウチの専属トレーナーとして雇うって言ってたじゃない。
   本当は分かってるんでしょ?いつまでもくだらない事聞くんじゃないわよ」フン

志乃「あら、そうだったかしら?うふふ……ごめんなさいね楓ちゃん。みんな良い子ね。
   これもPさんのおかげかしらねえ……?」フフ…



P「俺はプロデュースしかしてませんよ。志乃さんが良い子だと言った彼女達を潰し屋から
  守る為にも、LIVEバトル運営委員会のあなたの協力が必要なんです。どうか俺達に
  力を貸してくれませんか―――――」










15: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:46:23.50 ID:hfPGsU+/0




***



―同時刻・隠れ家的ダーツバーにて―



早苗「ここにいたのね。探したわよ真奈美ちゃん」カランカラン

夏美「うわ、カウンターに突っ伏してる。どんだけ飲んでるのよあんた……」スタスタ

真奈美「……ん?早苗さんと……夏美か。何の用だ……?」ヒック

夏美「『何の用だ……?』じゃないわよ。ベテさんがいなくなってからあんた事務所に
   全然来ないし、みんな心配してるのよ?」

真奈美「私だってたまには一人になりたい時もある……ほっといてくれ……」ゴクゴク






16: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:47:56.10 ID:hfPGsU+/0



早苗「はいはい、とりあえずお酒飲むのやめましょうね。真奈美ちゃんにお話がある子を
   連れてきたの」ヒョイ

真奈美「私に……?」ピク



瞳子「久しぶりね真奈美。あんたでもヤケ酒するのね」カランカラン

菜々「こんばんは~♪」キャハ☆



真奈美「と、瞳子……!? それに菜々さんまで……」ギョッ







17: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:49:47.23 ID:hfPGsU+/0



瞳子「少し良いかしら?あんたが私とベテさんの事で気を病んでるなら、一言だけ言って
   おこうと思って」

真奈美「……そうか。余計な心配をかけてすまなかったな。早苗さん、少し瞳子と二人に
    してくれないか?」



早苗「ん、わかった。じゃああっちでダーツしてるわ。行こっか夏美ちゃん、安部先輩♪」

菜々「『菜々ちゃん』でお願いします!! 敬語も禁止です!! 」ムキー!!

夏美「はいはい行きますよ安部先輩。でも本当に[ピー]歳なんですか?ウサミン星人って
   凄いですね……」マジマジ

菜々「ナナは17歳です!! ウサミンパワーでおしおきしちゃいますよ!! 」ウードッカーン!!









18: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:51:15.80 ID:hfPGsU+/0




―――



真奈美「LIVEバトルの方は大丈夫なのか……?」

瞳子「明日からマスさんとPさんと新しいセットリストでレッスンする予定よ。不安が
   ないと言えば嘘になるけど、私はPさんを信じてるから……」

真奈美「そうか……そこまで瞳子の信頼を得るとは、P君は大したものだな」フフ…

瞳子「Pさんだけじゃないわ。あんたの事も事務所のみんなの事も、私は信頼してるわよ。
   もちろんベテさんの事もね」ニコ



真奈美「……それは人が好すぎるんじゃないか?あいつはお前の情報を売ったんだぞ?
    それどころか自分の姉妹や仕事も全部捨てて、何も言わずに姿を消したんだ。
    私はあいつを許せない!! 」ドンッ!!






19: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:53:02.95 ID:hfPGsU+/0




瞳子「ベテさんがそんな人じゃない事はあんたも知ってるでしょ?だから私や事務所に
   隠れて、ベテさんが抱えていた顧客のレッスンをしていたのよね?マスさんも
   あんたに申し訳ないって言ってたわよ」



真奈美「全部お見通しか。隠し通せるとも思ってなかったが。ベテとはこの業界に入った
    頃からの仲でな。時には親友として、時にはライバルとして互いに競い合って
    いたんだ。昔からプライドが高くて融通が利かない奴だったよ……」フッ…

瞳子「似た者同士ねあんた達。礼さんが教えてくれたから、事務所の皆はベテさんの事を
   責めていないわよ。怒っているのはあんただけだと思うけど?」ジロ







20: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:55:07.69 ID:hfPGsU+/0




真奈美「怒っている?いや、少し違うな……私はただ、あいつが勝手にいなくなった事が
    悲しいんだ……あいつがアイドルと一線引いて付き合う奴なのは知っていたが、
    せめて私にくらいは……相談してくれてもいいじゃないか……」ポロポロ


    
瞳子「あんたも怒ったり泣いたり忙しいわね。昔はトレーナー仲間だったかもしれない
   けど、今のあんたはアイドルじゃない。ベテさんはトレーナーとして、誇りを
   持って自分の仕事をしてるだけよ」ヤレヤレ

真奈美「だがそれももう終わりだ……あいつの信用は地に落ちた……私に出来る事は……
    あいつがいつでも復帰出来るように、あいつの居場所を守ってやる事だけだ……
    それももう無意味かもしれんが……」グス






21: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:57:12.64 ID:hfPGsU+/0



瞳子「誰がベテさんを信用してないって言ったのよ。今皆でベテさんを連れ戻そうと
   色々やっているのよ?それに潰し屋にも、ただやられっぱなしじゃないわ。
   LIVEバトルで反撃する計画が進行中よ」

真奈美「だ、だが一体どうやって……」

瞳子「あんた何も知らないの?てっきりレナさんと連絡を取り合ってると思ってたわ。
   あの人今、ラスベガスに行ってるのよ?」



真奈美「ラスベガス……?どうしてそんな所に……」キョトン










22: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 16:58:57.35 ID:hfPGsU+/0




***



志乃「簡単に言ってくれるけど、私も色々大変なのよ?元々アイドル側は運営の介入を
   快く思ってないし、委員会からも事務所と仲良くしすぎると怒られちゃうし……」

礼子「そんなの知らないわよ。健全で公平なLIVEバトルの開催と、アイドルを守るのが
   委員会の仕事でしょ?だったらあんたもしっかり働きなさい」フン

P「志乃さんはいつも通り、委員会の仕事をやって戴くだけで結構です。つまり言い方は
  悪いですが、俺達の計画を見て見ぬふりして委員会に黙っていて欲しいんです」

楓「志乃さんは酔っていて何も知らなかったんです。その間にクーデターが起こって、
  LIVEバトルがえらいこっちゃになるだけですから」






24: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:01:40.36 ID:hfPGsU+/0



志乃「いくら私でも仕事中は飲まないわよ。それに委員会の人間としては、クーデターが
   起ころうとしてるのを黙って見てるわけにはいかないわねえ……」ウフフ

P「社長も説明されたと思いますが、俺達が壊そうとしているのはLIVEバトルを取り巻く
  しがらみや業界関係者の既得権益で、ステージとアイドルはしっかり守ります。ただ
  ウチの事務所と柊ワイナリーも無傷では済まないと思いますが……」オソルオソル



礼子「潰し屋を排除しても連中を雇った人間が業界にいれば意味がないし、そもそもこの
   業界は余計なしがらみが多すぎるわ。一回全部ぶっ壊して浄化した方が、あんたの
   ワイナリーもこれからの事を考えるといいんじゃない?」










25: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:03:51.11 ID:hfPGsU+/0




志乃「たしかにイメージは良くないかもしれないけど、しがらみも既得権益も悪いこと
   ばかりじゃないのよ?私達だって、それに助けられる事もあるんだから。それを
   壊しちゃったら、今後の仕事が減るかもしれないわよ?」ジロ



P「志乃さんの仰ることもごもっともです。ですが俺達は今までそういうものに出来る限り
  頼らずに、アイドルを育ててきた自負があります。それにウチのアイドル達はみんな
  ファンに愛されてますから、そう簡単に仕事を失う事はないでしょう」

楓「柊ワイナリーのワインも大好きですよ。私達に負けないくらい、世界中にファンも
  沢山いるでしょう。もし運営委員会を外されても、みんなひーらぎ(贔屓)にしてくれ
  ますよ。ただ私としては、もうちょっと安いと嬉しいですけど……」ボソッ







26: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:05:43.69 ID:hfPGsU+/0



志乃「ありがとう楓ちゃん。そう言ってくれると嬉しいわ。今若い人達がもっと気軽に
   買えるように価格を抑えたワインを作ってるから、楽しみにしててね」ウフフ…

礼子「あんたがウチの事務所にいるのは、委員会の人間としてMBプロを見張るため
   でしょ?今までウチが間違った事があったかしら?今回のクーデターだって、この
   業界の為にやるの。ウチだけ余計な労力を割いて馬鹿馬鹿しいと思うけど、あんた
   もウチのスポンサーなら腹を括りなさい」ギロ



志乃「ちょっと違うわよ礼子。私が見張っているのはMBプロじゃなくてあ・ん・た♪
   それにスポンサーをやっているのは、MBプロとPさんにアイドル業界の未来を
   託したからよ。私だってアイドルの子達を守りたいんだから……」ウフフ…







27: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:07:34.37 ID:hfPGsU+/0




礼子「だったらあんたはスポンサーらしく、黙って金だけ出しときなさいよ。どうして
   委員会に怒られてまでアイドルをやる必要があるのよ……」ゴゴゴゴゴ…



志乃「うふふ……どうしてかしらねえ…… Pさんに、じゃなくてPさんのプロデュースの
   腕に惚れちゃったからかしらぁ……」ウフフフフ…



P(どうして俺の前だとこの二人はこんなに険悪なんですか?本当に普段は、四天王の
  メンバーで仲良く飲んでるんですか……?)ヒソヒソ

楓(アイドルの王様と運営委員会のお姫様ですから色々あるんですよ。それから鈍感な
  プロデューサーは、ワイン樽の中でじっくり熟成されて死ねばいいと思います)ニコ

P(なぜ!? )ギョッ!






28: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:10:07.01 ID:hfPGsU+/0



志乃「まぁ最初から止めるつもりはなかったけどね。午前中の会議で、社長にも許可を
   出したわよ。それに私が反対しない事を見越して、もうとっくに色々準備して
   動いているのでしょう?礼ちゃんはどこに行ったのかしら……」ジロ

P「礼さんは潰し屋が過去に日本の社交ダンス界で行った悪事の証拠を集めて、イギリスの
  社交ダンス協会に行きました。そちらから連中と当時の関係者を糾弾するそうです。
  今回の件が起きる前から、礼さんは一人で潰し屋を調べていたそうですから」



礼子「あの子の恨みは相当なものよ。連中さえいなければ、礼は日本を代表する社交
   ダンスのダンサーになってたんだしね。いわゆる7年越しの復讐ってやつかしら。
   このクーデターに乗じて連中を必ず潰すって言ってたわ」フン









29: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:11:43.15 ID:hfPGsU+/0




志乃「うふふ……今の礼ちゃんはさながら復讐に燃えるジャック(騎士)かしら。私が
   クィーンで礼子がキングで、なかなか洒落が利いてるじゃない……」ウフフ…



楓「ええふだ(良い札)揃ってますね、絵札だけに。ふふっ……」

P「なんの事ですか?」キョトン

礼子「あんた本当に鈍いわね。それでよくアイドルのプロデューサーが務まってると
   思うわ。さてと、それじゃお姫様の許可も下りたし私は帰るわ」スクッ






30: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:12:42.10 ID:hfPGsU+/0



志乃「あら、飲んでいかないの?もうちょっとゆっくりしていきなさいよ」

礼子「私も色々やる事があるのよ。それにあんたとPが揃うと昔話になるからうんざり
   するわ。あんた達もさっさと帰りなさいよ」スタスタ

P「一応言っておくが、お前はやりすぎるなよ。むしろ今回は俺と志乃さんに任せて、
  じっとしていてくれると助かるんだが……」

礼子「それは無理ね。ウチの事務所に手を出した事を、死ぬほど後悔させてやるわ」スタスタ






31: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:14:17.95 ID:hfPGsU+/0




バタン



P「ありゃ相当怒ってるな。またどこかで大暴れしなければいいが……」

楓「礼子さんは優しい人ですから。プロデューサーもわかってますよね?」ニコ

志乃「礼子もそのあたりは弁えているわよ。この件はLIVEバトル全体に影響するしね。
   私も礼子を見張っているし、Pさんは事務所とみんなを守ってね♪」ウフフ…






32: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:15:13.88 ID:hfPGsU+/0




バタン



P「ありゃ相当怒ってるな。またどこかで大暴れしなければいいが……」

楓「礼子さんは優しい人ですから。プロデューサーもわかってますよね?」ニコ

志乃「礼子もそのあたりは弁えているわよ。この件はLIVEバトル全体に影響するしね。
   私も礼子を見張っているし、Pさんは事務所とみんなを守ってね♪」ウフフ…






33: >>31>>32連投スマン ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:17:40.03 ID:hfPGsU+/0




P「『見張っている』ですか。懐かしい言葉ですね。礼子がいなければ志乃さんとこうして
  飲むこともありませんでしたよね」キュ、キュ、キュ……ポンッ!



志乃「そうねえ。私もまさか自分がアイドルをやるなんて思わなかったわ。でもPさんや
   楓ちゃんのおかげで毎日楽しいわ。皆で飲むお酒も美味しいしね……」トクトクトク…

P「そう言って戴けるとこちらも助かります。この件が片付いたら改めて飲み直しましょう。
  四天王全員が相手でも朝まで付き合いますよ」ス…

楓「ふふっ、それは楽しみです。酔いつぶれても寝かせてあげませんよ?」ス…

志乃「うふふ……祝勝会ね。瑞樹ちゃん達やレナちゃん達も呼んで盛大にやりましょう。
   ウチのワインも沢山準備するわ……」ス…



P・楓・志乃「「「カンパイ」」」カチン










34: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:22:20.40 ID:hfPGsU+/0




***



P(ここで俺達と志乃さんの出会いについて少し話そう―――――)



P(MBプロが設立して4年目のある日、礼子が社交界のパーティーで大暴れをして
  謹慎処分となり、委員会の方が事務所に来ることになった―――――)







35: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:23:20.78 ID:hfPGsU+/0



ちひろ(?歳)「ど、どうぞ……粗茶ですが……」コト

志乃(26歳)「お気遣いなく。私はマイボトルを持って来ているから……」ゴト

P(26歳)(ワインボトル……?)

志乃「Pさんもいかが?ウチのワインだけど」サッ→ワイングラス

P「いえ、結構です。まだ仕事中ですので……」

志乃「あらそう?残念……」キュッキュッキュッ…ポン!






36: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:24:51.73 ID:hfPGsU+/0



P(真昼間から出先で堂々とワインボトルを空けるなんて、一体何者だこの人……)

ちひろ(委員会の中でもとびきり厄介な人が来ましたね。彼女柊志乃ですよ)ヒソヒソ

P(ご存知なんですかちひろさん?)ヒソヒソ



ちひろ(LIVEバトル運営委員会のスポンサー『柊ワイナリー』のお嬢様で、ご自身も
    役員をしておられるとか。委員会には最近入ったそうですけど、その美貌と
    振る舞いから『運営委員会のクィーン』と呼ばれている大物です)ヒソヒソ



P(マジですか……胃が痛くなってきました……)キリキリ








37: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:25:54.98 ID:hfPGsU+/0



志乃「社長さんは委員会本部で聴取を受けているから、事務所の案内はPさん達がして
   くださるのよね?安心して、私は話を聞きに来ただけだから……」ウフフ…

P「ひゃ、ひゃいっ!! どうじょ納得しゃれるまで思う存分聞いてくだしゃい!! 」カチコチ

ちひろ「う、うちは清廉潔白、一点の曇りもないクリーンな企業です!! 私は生まれてから
    一度も嘘をついたことがありませんから!! 」ギクシャク

P(怪しさ満点でしょう!? 何ですかその胡散臭さ百点満点のセリフは!! )ヒソヒソ

ちひろ(噛みまくってるプロデューサーさんに言われたくありませんよ!! )ヒソヒソ

志乃「うふふ……面白いわねあなた達……」クスクス






38: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:28:10.09 ID:hfPGsU+/0




―――



志乃「さて、今回の『高橋礼子がアメリカの大富豪に一本背負い事件』だけど、かなり
   深刻な事態になってるのよ。MBプロどころか日本のアイドル業界が潰される……
   いえ、国際問題になりかけてるわ」ゴクゴク



ちひろ「」バタッ

P「ちひろさ―――――ん!? しっかりしてくださ―――――い!! 」ユサユサ

志乃「ただあの人、不思議と社交界のお偉いさんに人気があるからかばってくれてる人も
   いるわ。そもそも事件の発端は、そのぶん投げられた大富豪が礼子さんにしつこく
   愛人にならないかって迫っていたからみたいだし……」ゴクゴク

P「あのバカ……なんでもかんでも荷物みたいにぶん投げやがって…………」ハア






39: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:30:34.20 ID:hfPGsU+/0



志乃「そういえばPさんは礼子さんとは幼馴染みでしたっけ?そのまま大人になって
   アイドルとプロデューサーになるなんて、ロマンチックねえ……」ウフフ…

P「ただの偶然ですよ。俺だって好きであんなじゃじゃ馬のプロデュースしてるわけじゃ
  ありません。あれじゃ嫁の貰い手がなくなるぞあいつ。もう26なのに……」ハア

志乃「あら、私も26なんだけど、Pさんから見れば行き後れになるのかしら……?」ジロ

P「い、いえいえ!そんな事は全然ありません!柊さんは美人でお淑やかだし、引く手も
  数多でしょう!礼子とは雲泥の差ですよ!」アタフタ

志乃「そうでもないのよ。私に近づく男は、みんな私と一緒に飲むと離れてしまうのよね。
    『お前と一緒にいると早死にする』って言うの。ひどいと思わない……?」ゴクゴク

P「は、ははは……ソウデスネ……」(目を逸らしながら)







40: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:32:12.27 ID:hfPGsU+/0




志乃「でもPさんが礼子さんの事を好きじゃないって聞いて安心したわ。これで委員会も、
   安心して礼子さんを業界から追い出す事が出来るわね」サラリ



P「え……?ど、どういう事ですか……?」ピク

志乃「言葉通りの意味よ。今回の事件の落としどころとしては、高橋礼子のアイドル業界
   からの追放で落ち着きそうよ。あ、MBプロとPさん達はお咎めなしだから」ウフフ…

P「そ、そんな……!どうして礼子だけが追放されるんですか!! だったら俺と社長も
  連帯責任でしょう!? 」ガタッ






41: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:34:23.85 ID:hfPGsU+/0



志乃「もちろん。アイドルの不始末はプロデューサーの責任だし、社長とPさんにも責任
   を取らせようって意見もあったわ。でもそれは礼子さんが断固として反対したの。
   もしMBプロに手を出したら、絶対に許さないって息巻いてたらしいわよ」

P「なんで……どうしてあいつはそんな事を……」ヨロ…



志乃「礼子さんを下手に刺激して怒らせたら怖いから、Pさん達は不問になったのよ。でも
   誰も責任を取らなくて済む問題じゃないのは礼子さんも分かっているから、1人で
   全部背負い込むつもりみたいねえ……」ゴクゴク







42: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:36:19.46 ID:hfPGsU+/0




P「それで礼子は……これからどうなるんですか……?」



志乃「さあ?私も詳しく知らないけど、件の大富豪と略奪婚してやるって言ってたとか。
   40も年上みたいだし、腹上死させて遺産をぶんどってやるって笑ってたみたいよ。
   あ、そうすれば礼子さん結婚出来るわね。良かったわねえPさん……」ウフフ…

P「良くありません……全然笑えませんね……」ギリリリリ…

志乃「いいじゃない。良い機会だし、もう礼子さんを自由にしてあげたら?ここ数年
   あの人は仕事をしていないし、もうアイドルに未練もないんじゃないの?」






43: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:38:11.07 ID:hfPGsU+/0




P「黙れっ!! お前らがあいつの事を知ったふうな口利くなっ!! 」ドン!!



 ゴトン、ゴロゴロゴロ……ガシャーン!!



志乃「あら……まだ残っていたのに……」ビッショリ







44: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:39:53.69 ID:hfPGsU+/0




P「そもそも委員会のお前らが礼子をあんなにしたんだろうが!! 日高舞のかませ犬みたいに
  対決させるだけさせといて、日高舞が引退したら用済みだと捨てやがって!! もちろん
  バカみたいに突っかかってたあいつも悪いが、もっとやり方があっただろうが!! 」



志乃「へぇ……例えば?」フキフキ







45: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:42:20.01 ID:hfPGsU+/0




P「礼子はアイドルとしてもっと色々やれたんだ!! 曲がった事は大嫌いだし筋はきっちり
  通すし、意外と優しくて、その、か、可愛い所だってあるんだ!! どうしてそっちを
  活かしてやらずに、日高舞の敵役ばかりで傲慢で高飛車な面ばかりを売り出した!!
  そんなところも……なくは……ないが……いっぱい……ありますけど……」ボソボソ



志乃「うふふ……なにかしら?よく聞こえないのだけど……?」ニヤニヤ







46: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:45:26.77 ID:hfPGsU+/0




P「と、とにかく!! 礼子は俺のプロデューサー人生の始まりのアイドルで、そして絶対に
  トップアイドルにすると誓ったアイドルなんです!! アイツをプロデュース出来ないと
  俺はこの業界にいる意味がないんです!! 」バンッ!!



志乃「そうなの?Pさんの腕は業界でも評判よ?今までプロデュースしたアイドルは全員
   業界での評価も高いし、別に礼子さんにこだわらなくてもいいと思うけど」



P「礼子だけ特別扱いするつもりはありませんよ。プロデュースしている子は全員トップ
  アイドルにするつもりでやってますし、みんな俺の大事なアイドルです。俺と社長は
  『女の子は誰でもシンデレラ』という理想を実現する為にここで働いているんです。
  礼子だってシンデレラになれるはずです。いえ、俺が必ずしてみせます!! 」キッパリ







47: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:47:29.44 ID:hfPGsU+/0



志乃「あら素敵。それじゃあPさんはガラスの靴を持ってくる王子様なのかしら?」ウフフ…

P「まさか。俺はせいぜいシンデレラをお城まで運ぶ馬に化けたネズミか、よくて魔法使い
  でしょう。プロデューサーってのはそういうもんです」ハハハ



志乃「……興醒めしたわ。そこで王子様ですって言えば、私もPさんに惚れていたかも
   しれないのに。礼子さんもさぞかし苦労しているでしょうねえ……」ハア…



P「な、なんですか……?何かおかしい事言いましたか……?」アタフタ







48: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:49:35.05 ID:hfPGsU+/0




***



P「懐かしい話ですね。とは言っても俺はあの後目を覚ましたちひろさんに、志乃さんを
  ワインまみれにしたのを目茶苦茶怒られた事しか覚えてないですけど……」ポリポリ

志乃「あの後も大変だったわねえ。結局礼子がアメリカまで行って、大富豪の奥さんを
   連れて来て収まったけど。奥さんから今まで旦那に意見できる人はいなかったから、
   よくぶん投げてくれたって逆に感謝されたとか……」ゴクゴク

P「それだけじゃないでしょう。志乃さんも委員会とかけあって、礼子の追放を止めて
  くれたじゃないですか。今後礼子の不祥事は柊ワイナリーが全部責任を取るって
  約束してくれて、スポンサーにまでなって戴いたし」






49: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:51:17.12 ID:hfPGsU+/0



志乃「私はただ、Pさんが礼子を本当にシンデレラに出来るのか見たくなっただけよ。
   この私に向かってあんなに大口を叩いて怒鳴り散らしたのは、今までPさんだけ
   だしね。礼子を再デビューさせるまで時間がかかったけど……」ウフフ…

P「勘弁してくださいよ。俺もあの時の事は本当に申し訳ないと思っています。そもそも
  悪いのは当時の礼子の事務所とプロデューサーで、志乃さんに八つ当たりするのは
  お門違いだったのに……」



志乃「そんな事ないわよ。LIVEバトルで起きた事は当然として、全てのアイドルを見守る
   のが運営委員会の仕事ですもの。事務所が間違った事をアイドルにさせていたら、
   私達はそれを正さないといけないし、それだけの責任があるのよ」ゴクゴク







50: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:52:50.73 ID:hfPGsU+/0



楓「志乃さんも礼子さんも強いですね。私も二人を見習いたいです」

P「いやいや、楓さんはどうぞそのままでいて下さい。こんなに強い女性ばかりだと俺も
  身が持ちませんよ。礼子一人だけでも持て余しているのに」グビ

志乃「あら、そんな弱気で大丈夫なの?私と礼子よりもっと強烈な子達はいっぱいいる
   じゃない。Pさんが礼ちゃんの事を苦手なの、私知ってるのよ……?」ウフフ…

P「別に苦手という事はありませんが、あの人は事あるごとに俺に卑猥な言葉をかけて、
  自分の胸を押し付けてきますから。初めて出会った時からそうですけど、未だにあの
  過剰なスキンシップには慣れませんね……」ハア






51: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:54:00.45 ID:hfPGsU+/0



楓「プロデューサーのおっぱい星人……エロデューサー」ジト…

志乃「そういえば、Pさんが最近スカウトしたレナちゃん達も大きいわねえ。それから
   拓海ちゃんだっけ?大きければ誰でもいいのかしら……?」ウフフフフフフフフフフフフフフフフ…

P「ち、違いますよ!? 確かに大きい胸は嫌いじゃありませんが、ですが女性の魅力はそれ
  だけじゃないでしょう!? たまたまですよたまたま!! 」アタフタ






52: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:56:18.01 ID:hfPGsU+/0



志乃「まぁ、Pさんのアイドルの基準は礼子だから仕方ないわね……あんなのが昔から側に
   いれば、女性を見る目が肥えるのも無理ないわ……」ゴクゴクゴクゴク…

P「好きな女性のタイプはトップシークレットです。発表すると色々恐ろしい事になりそう
  なので勘弁して下さい……ただ苦手ではないですが、扱いに困る人は確かにいますね。
  礼子や礼さんはまだ分かりやすい方ですよ」グビ

楓「プロデューサーにもそんな人がいるんですか。どんな女の子でも立派なアイドルに
  するから、てっきり女性の扱いになれていらっしゃると思っていました」コクリコクリ

P「俺だって完璧じゃありません。アイドルのみんなの事を知っているわけじゃないし、
  プロデュースに迷う事もあります。ウチの事務所の権利書持って、一人でラスベガス
  に乗り込むような人をどうやってプロデュースすればいいんですか……」






53: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 17:59:11.23 ID:hfPGsU+/0



志乃「うふふ……レナちゃんの事ね。ウチの事務所を担保にして、あの子はラスベガスで
   何を手に入れるつもりなのかしらねえ。Pさん達も大胆な事するわ……」ゴクゴク

P「スカウトした手前しっかりプロデュースはさせて戴きますけど、正直あの人がどこまで
  行くのか想像出来ません。少なくとも日本だけに収まる人じゃない事は分かっている
  ので、俺はあの人にふられないように頑張るしかありませんね」ハハハ…

楓「モテモテですねレナさん。さすが真奈美さんを口説き落としただけの事はあります。
  私もレナさんは面白いから好きですし、あの人はみんなの人気者ですね」コクコク






54: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:01:26.58 ID:hfPGsU+/0



志乃「茄子ちゃんも色々凄いけど、本当に事務所に幸運を運んでくれるのはあの子かも
   しれないわね。でもPさんもレナちゃんに負けないくらい素敵よ。昔と比べて
   ほどよく熟成されて、いい味わいになってきたしね……ふふ……」

P「ありがとうございます。ラスベガスの事は専門家のレナさんに任せて、俺達は俺達で
  しっかりやりましょう。志乃さんも楓さんもよろしくお願いします。最後に笑うのは
  MBプロと柊ワイナリーですから!」ス…

楓「もちろんです。私も皆さんのお役に立てるように頑張ります。ベテさんも絶対に
  連れ戻しましょうね」ス…

志乃「私も久しぶりに心が躍るわ。これだからアイドルは止められないのよね。Pさん、
   アイドルもだけど、私の事もこれからもよろしくね……」ス…



三人「「「カンパイ」」」カチン



END







56: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:25:35.60 ID:hfPGsU+/0




―おまけ―



―志乃が東京に戻る3日前・とあるアパートにて―



 ピンポ~ン♪



『はい』ピッ

レナ「こんにちは~♪ こちらにベテちゃんがいるって聞いてるんですけど、会わせて
   もらえませんか~?私ベテちゃんの友達のレナって言いま~す☆」キャハ☆

『……本人が会いたくないと言っているので、お引き取り下さい』ブツ

レナ「…………」イラッ







57: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:26:49.99 ID:hfPGsU+/0



レナ「アンタは会いたくなくてもこっちは用があんのよ!! いるのは分かってるんだから
   出て来なさい!! さもないとカレシには悪いけどこのドアぶっ壊すわよ!! 」ドンドン!!

あい「私は女だ!! 」バンッ!!

レナ「ぶっ!? 」バチーン!!

あい「あ、すまない……ドアの前にいる事を失念していた……」オロオロ



レナ「あいたたた……ハナ打った……それでロメオちゃん、ベテに会わせてくれない
   かしら?むりやり連れ帰ったりしないから……」ヒリヒリ







58: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:29:12.92 ID:hfPGsU+/0




***



ベテトレ「2ヶ月前になる。最初はレッスンスタジオの更衣室で、ルキが着替えている写真が
    私に送られて来たんだ。同封されていた手紙には『この写真をばら撒かれたく
    なければ指定の口座へ1万円を振り込め』と書かれていた。私は悩んだが、
    ルキの事を思って言う通りにした」



レナ「払っちゃったの?バカねあんた、そんなのすぐ警察に言えばいいじゃない。大事に
   したくなければ早苗さんに相談しても良かったのに」







59: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:31:03.67 ID:hfPGsU+/0



ベテトレ「今考えればそうすれば良かったと後悔している。しかし私だって、ただ黙って
    やられていたわけではない。写真からどのレッスンスタジオか割り出して、
    あいと一緒に脅迫相手を特定しようとしたんだ……」

あい「自己紹介が遅れたな、東郷あいだ。普段はサックスを吹いたり舞台役者をしたり、
   食っていくために色々やってる。この手のトラブルの解決も何度か経験している。
   ベテさんにはたまに仕事を紹介してもらっているんだ」

レナ「……なんかあんた初めて会った気がしないわ。真奈美に似てるからかしら?」






60: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:32:31.94 ID:hfPGsU+/0



あい「木場真奈美さんの事かい?あの人の事もよく知ってるよ。そういえばあの人は今、
   アイドルをしているらしいな。随分会っていないが元気にされているか?」

レナ「ベテがいなくなってからあの子も行方不明よ。何してるのか知らないけど、ベテの
   顧客の所をうろついているらしいわ。あんた達は揃いもそろって、誰にも言わずに
   一人で抱え込むのが趣味なの?」ジロ

ベテトレ「そうか……真奈美にもう私の事は放っておいてくれと伝えてくれないか……?」

レナ「そんなの自分で言いなさい。あんたも大人なんだし面倒かけさせないでよ」プイ








61: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:34:43.05 ID:hfPGsU+/0


ベテトレ「……話を戻そう。スタジオは特定出来たが、脅迫相手まではたどり着けなかった。
    元々レンタルスタジオで人の出入りが多い場所だったし、難しい話だったが。
    それから少しして、今度はトレの盗撮写真が送られてきた。それでまた1万円を
    要求されて支払った」

レナ「なるほど、連中の作戦はお金に見せかけてあんたをじわじわと精神的に追い詰める
   事だったのね。しかもあんた自身じゃなくて立場の弱いルキちゃんやトレちゃんを
   狙うなんて、なかなか狡猾なやり方だわ」フムフム






62: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:36:26.65 ID:hfPGsU+/0



ベテトレ「それに気づいたのはもっと後になってからだがな。その後も何度かルキとトレの
    写真が送られてきて、私達は必死で相手を特定しようとした。しかし逆に連中は、
    今度はあいが自宅でくつろいでる写真を送ってきたんだ。このままではあいまで
    狙われると思い、私は一人で相手を探すことにした」

あい「私は別に構わないと言ったのだが、ベテさんが私まで危険な目に遭わせる事は
   出来ないと言って協力を断ったんだ。この時点で私はベテさんに内緒で探偵に
   調査を依頼したのだが、彼も脅迫者の足取りをつかむ事は出来なかった」ハア

レナ「どこのヘボ探偵よそれ。それとも連中の方が一枚上手だったのかしら。礼の話では
   奴らは相当のプロらしいし、立ち向かうには相手が悪かったわね」






63: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:37:44.18 ID:hfPGsU+/0




ベテトレ「マス姉さんに相談しようとも思ったが、あの人はすぐに警察に駆け込むだろうと
    思って出来なかった。連中の写真はどんどんエスカレートして、コンビニで
    買い物しているルキや、喫茶店で本を読んでるトレの写真にまで及んだ。私は
    いつ二人が襲われるか気が気ではなかったよ……」ブルブル



レナ「……それで最後に、瞳子のLIVEのセットリストを要求されたのね?」ギラリ







64: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:39:56.96 ID:hfPGsU+/0




ベテトレ「ああ…… 一週間前の話だ。PCの捨てアドにリストを送るように指示された。
    リストさえ送れば、もうルキとトレをつけ回すのは止めるとも書いていた。
    私は既におかしくなっていたんだろうな。ルキとトレの写真に比べたら
    リストくらいと思って、言われるままに送信したんだ……」ギリギリ



レナ「で、それから自分がとんでもない事をしたのに気付いて、失踪してあいちゃんに
   匿ってもらってたのね。アンタを探すの苦労したわよ」

あい「私も共犯だよ。事務所の皆さんに迷惑をかけてすまなかった。しかしベテさん、
   やはり投降しよう。これ以上隠れ続けるのは無理だよ」






65: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:41:27.58 ID:hfPGsU+/0




ベテトレ「そうだな…… 事務所も既に事態を把握している様だし、瞳子にも謝罪しないと
    いけない。それからトレーナーを辞めて、どこか遠い所へ引っ越すよ……」グスッ



レナ「あんたがどうしようが勝手だけど、トレーナー辞めるのはLIVEバトルが終わって
   からにしてくれない?今ここであんたに敗北宣言されると、私達の頑張りも無駄に
   なるのよ。あんたの負けは私の負けにもなるんだから」ギロ








66: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:42:52.31 ID:hfPGsU+/0




ベテトレ「……まさかレナさん、あの連中と戦うつもりなのか?」ビクッ



レナ「私だけじゃないわよ。瞳子もプロデューサーさんも事務所のみんなも、潰し屋と
   戦うつもりよ。もうキングなんてカンカンなんだから♪」フフッ

ベテトレ「む、無理だ……相手はカタギじゃないんだぞ……そんな事をしたら私やトレ達
    どころか、事務所やアイドルにまで犠牲者が……」ガタガタ

レナ「ちょっと見ない間に随分弱気になっちゃったみたいねあんた。いつもレッスンで
   偉そうに私達をしごいていたのに調子狂うわ。まずはその負け犬根性を叩き直す
   必要があるわね」ニヤリ






67: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:44:12.54 ID:hfPGsU+/0



あい「私からもよろしく頼む。私の知ってるベテさんは、もっと自信に満ち溢れた強い
   女性だからな。こんな弱弱しい彼女は見たくない」キッパリ

ベテトレ「あい!? 裏切るのかお前!? 」ギョッ!

レナ「先に私達を裏切ったのはあんたでしょ?ちょうどいいわ、今から私ラスベガスに
   行くんだけど、あんたもどう?ていうか最初から連れて行くつもりだったけどね。
   あいちゃんも一緒に行く?」ニヤリ







68: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:48:05.66 ID:hfPGsU+/0




あい「確かにしばらく仕事は入ってないが……しかしレナさん、事務所が大変な時に
   悠長にカジノで遊んでいていいのかい?」



レナ「確かにカジノに行くけど、賭けるのはチップじゃなくてMBプロとLIVEバトルよ。
   あんた達には私の伝説の証人になってもらうから、近くでしっかり見てなさい。
   勝負の勝ち方を教えてあげるわ―――――」



つづく







69: 1 ◆713cWWIFjI 2013/06/15(土) 18:59:00.94 ID:hfPGsU+/0



ここまで。タイトルの「ホーリー」は「holy(聖なる)」ではなくて「holly(ヒイラギ)」
です。志乃さんのクーデターです。業界を浄化するという意味でholyともかけていますが。
白魔法懐かしい。志乃さんは女王様のイメージです。何気に育ちも良さそうな。

さて、次回がこのシリーズの最終回、それからエピローグでもう一本くらい予定してます。
久しぶりにカッコいいレナさんが書けそうですw では。






元スレ
SS速報VIP:柊志乃「ホーリークーデター」