8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 15:45:23.60 ID:3kH5sj3HO

雪歩「すぅ…すぅ…」

貴音「雪歩、雪歩」ツンツン

雪歩「ん……」ピクッ

貴音「……ほほう」

ツンツンツンツン

雪歩「んぅ……ひ、あっ……」

貴音「これは…なかなか…」ツンツン



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 15:50:24.56 ID:3kH5sj3HO

貴音「雪歩はなんとつんつんのしがいがあるのでしょうか…」ツンツン

雪歩「…んぅん……」ゴロン

貴音「ふふ、なんとも可愛らしい寝顔です」

貴音「では雪歩の頬を…」ツンツン

雪歩「ん…ふにゃ……」

貴音「…なんと心地好い感触でしょうか…いつまでもふにふにしていたいですね…」ツンツン



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 15:54:47.13 ID:3kH5sj3HO

貴音「ふふふ…楽しいものですね…愛らしいものをつんつんするというのは…」ツンツン

雪歩「んぅ……」

貴音「……綺麗な唇です…」ツンツン

雪歩「…………はむ」

貴音「!」

雪歩「あむ…ちゅ……んぅ…」

貴音「あぁ…雪歩が…っわたくしの指を…!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:01:07.09 ID:3kH5sj3HO

雪歩「ちゅ…ちゅぱ…」

貴音「ゆ、雪歩…わたくしの指は…おしゃぶりでは…!」

雪歩「…はむちゅ…ぺろ…はぁっ……」

貴音「く……わ、わたくしには刺激が強すぎます…!」パッ

雪歩「ぷぁ…………むにゃ…」

貴音「ふぅ…どんな夢を見ているのでしょうか…なんとも幸せそうな寝顔ですが…」

貴音「しかし…わたくしの指を蹂躙したお返しをしなくては…ふふ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:14:15.06 ID:3kH5sj3HO

ツゥー

雪歩「……んっ…!」ピクッ

貴音「反応が大きいですね…やはり首筋はくすぐったいのでしょうか」ツツゥー

雪歩「んぅ…!……はぁ…」

貴音「……可愛らしい…」ツツゥー

雪歩「…っは…っ…はぁ…ん、ふ…」ピクピク



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:17:37.87 ID:3kH5sj3HO

ツゥー

雪歩「……んっ…!」ピクッ

貴音「反応が大きいですね…やはり首筋はくすぐったいのでしょうか」ツツゥー

雪歩「んぅ…!……はぁ…」

貴音「……可愛らしい…」ツツゥー

雪歩「…っは…っ…はぁ…ん、ふ…」ピクピク



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:22:40.92 ID:3kH5sj3HO

貴音「堪能しました。首筋…ときたら次は鎖骨でしょうか」サワサワ

雪歩「……ふぁ…」

貴音「柔らかい雪歩の身体も…ここはやはり硬いのですね…」サワサワ

雪歩「……はぁ…ん…」

貴音「…少々浮き出てるような気もしますね…痩せすぎでは?」

プニッ

雪歩「んふっ……!」ピクッ

貴音「おっと…脇腹はやはりくすぐったいですか」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:29:19.26 ID:3kH5sj3HO

貴音「では…触れるか触れないか程度の力加減で…」サワサワ

雪歩「……すぅ……すぅ……」

貴音「雪歩のおなか…気持ちよいですね…」サワサワ

雪歩「ん……すぅ……」

貴音「……服越しでここまでとは…直接ではどうなるのでしょうか」

貴音「……失礼いたします」クイクイ

シュル

パサッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:35:26.39 ID:3kH5sj3HO

雪歩「……すぅ…すぅ…」

貴音「おぉ…これが雪歩のおなかですか…」

貴音「なんと白い肌でしょうか…きめ細かくてまるでしるくのようですね…」サワサワ

雪歩「…ぅあ…っ…」ピクッ

貴音「そして雪歩が呼吸をするたびに上下していて…いつまでも眺めていたくもなります…」

貴音「……おへそも…とても綺麗で…」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:43:41.27 ID:3kH5sj3HO

クンクン

雪歩「……は…っ…!」ピクッ

貴音「ふんふん……おへそはあまり匂いはしないのですね」

貴音「では……れろ…」チュポ

雪歩「っふぅぅ…ん…っ…!」ビクンッ

貴音「ん、はぁ……わたくし…雪歩のおへそに舌を入れてしまいました…!」ドキドキ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:47:40.02 ID:3kH5sj3HO

雪歩「はぁ…んぅ……」

貴音「ふふ、ふふふ。雪歩…先ほどからよく反応してくれますが…まさか身体を弄られてしまう夢でも見てるのでしょうか?」

貴音「では…ここ、とか」フニフニ

雪歩「んぅ…っ!」

貴音「ちょうどわたくしの手のひらで包み込める大きさですね…」フヨンフヨン

雪歩「ん、あっ…はぁ…んふ…っ…///」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 16:57:00.04 ID:3kH5sj3HO

貴音「あぁ…雪歩、あなたがあまりにも良い反応をするので…!」フニフニ

雪歩「ん、あっ…あふ、んふっ…!///」

貴音「わたくしの手がとまりません…!」フヨンフヨン

雪歩「はぁっ…あ、んぅ…ん、ん…あぅ…///」

貴音「…わたくしは…寝ている雪歩の身体をまさぐって…興奮しているのでしょうか…」

貴音「このあたりでやめるべきなのでしょうが…どうしてもわたくしは…この自己主張している突起を…つんつんしてみたいのです」

ツンツン



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 17:05:01.12 ID:3kH5sj3HO

雪歩「…ん、あぁっ…!///」

貴音「」ビクッ

雪歩「はぁっ…はぁっ……」

貴音「驚きました…まさかここまでとは…」

貴音「…ふふ。雪歩は敏感なのですね。では…もっといじめてあげましょう」ツンツン

雪歩「んぅ…!あ、ひゃあっ…!///」

貴音「ずいぶんと切なそうな声を出していますがここは…もっとつんつんして、とおねだりしていますよ」クリクリ

雪歩「あぁ…ふわぁ…!ん、ふっ…うぅぅ……!///」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 17:17:07.01 ID:3kH5sj3HO

貴音「あぁ…悶える雪歩はなんという愛らしさなのでしょう」クリクリ

雪歩「あぁ…!やぁ…っ…ん、あっ…は…///」

貴音「…食べてしまいたいほど…愛しく感じます…」

貴音「……美味しそうなぴんく色で……はむっ…ちゅ…」

雪歩「あぁっ///」ビクン!

貴音「あむ…んはぁ…れろれろ…」

雪歩「や、やぁっ…ん、はっ…あ、あ、あぁ…んぅ…!///」ビクビク



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 17:23:21.38 ID:3kH5sj3HO

貴音「んむ、ちゅっ…ぱ…はぁはぁ…吸い上げると、気持ちいいのですね…」

雪歩「ふぅ…ふぅ…あ、はぁ…///」

貴音「わたくしの…らぁめんを食べて鍛えた…吸い上げで…」

貴音「雪歩の敏感な部分を吸い上げて差し上げますよ…」

雪歩「はぁ…はぁ…」

貴音「雪歩は快感に身を委ねてくださいね…すぅ…はぁ…」

チュッ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 17:31:06.11 ID:3kH5sj3HO

貴音「…ちゅぱっ…!むちゅ…んぅ…ちゅ、ちゅ、れろぉ…」

雪歩「ん…ひ、や、あぁぁ…っ!」ビクンッ

貴音「ちゅ…ぱっ!」

雪歩「ひ、あぁんっ!?」ビクッ

貴音「はぁ…はぁ…先端がぴくぴく動いて…まるでここだけ違う生き物のようですよ…?」

雪歩「あっ…はぁっ…あ、ん…」

貴音「ふふ、疼いているのですね…早く吸ってほしいのですね…」

貴音「では…一番気持ちよくしてあげます……ねちゅ…ぬろぉ…!」

雪歩「ん、うぅん…!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 17:52:37.90 ID:3kH5sj3HO

貴音「…ふふ…さぁ雪歩…高みへのぼりつめてくださいっ…ん、んむちゅぅっ!」

雪歩「あ、あぁぁ…だ、だめぇ…ぷろでゅ…っ!///」

貴音「っ!……むちゅうぅぅっ!」

雪歩「ひ、やぁあああっ……!///」ビクンビクンッ

貴音「ふ、あ…はぁ…はぁ…」

雪歩「はぁ…はぁ…はぁ…っ」ヒクッヒクッ

貴音「……雪歩…プロデューサーの夢を見ていたのですね…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 17:57:06.13 ID:3kH5sj3HO

貴音「なんでしょう…この感覚は…」

貴音「なんだか…もやもやと胸を…蠢いているような…」

雪歩「……ん、ふぅ……すぅ…」

貴音「…………」

貴音「…人として…同じアイドルの仲間として…これだけは越えてはいけない一線だと…思っておりましたが…」

貴音「何故か抑えられそうにありません…許してください、雪歩…」

スルスル



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:03:48.55 ID:3kH5sj3HO

貴音「…!これが…雪歩の…」

雪歩「……ん…」

貴音「……綺麗ですよ、雪歩…」チュッ

雪歩「んぅ…っ…」ピクッ

貴音「ここを見たのは…わたくしが初めてでしょうか」

貴音「……だとしたら、心から嬉しく思います…」

雪歩「ふ、ぅ…すぅ…」

貴音「…申し訳ありません雪歩…ですがあなたが愛しくてたまらないのです…誰にも、渡したくない…!」

クチュッ

雪歩「んんっ……!?」ビクッ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:08:01.58 ID:3kH5sj3HO

貴音「…濡れてくれているのですね」クチィ

雪歩「ふ、あぁっ…!?///」

貴音「はぁ…はぁ…雪歩、もっとその声を聞かせてくださいっ…わたくしに、あなたの声を…!」クチュクチュ

雪歩「やっ…あっ!?///」

貴音「好きです…好きです…っ…雪歩…!」クチュクチュ

雪歩「ん、ふ…あ、ああぁぁっ!………………え……?」

貴音「!」

雪歩「し、四条…さん…………?」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:12:52.82 ID:3kH5sj3HO

貴音「…起きてしまいましたか、雪歩」

雪歩「えっ…?これ……えぇっ…!?な、なんでですか…?私、なにを……っ!?」

雪歩「や、あ…私ったらなんて格好を……っ///」

貴音「わたくしがやったのです」

雪歩「…………え?」

貴音「わたくしが…あなたを襲ったのです…」

雪歩「………………」

貴音「……軽蔑、しましたか…?」

雪歩「四条さん…そんな…わ、私なんかを…」

貴音「…貴女が好きです。お慕いしております…」

雪歩「っ…!?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:20:41.79 ID:3kH5sj3HO

貴音「突然でしたね…申し訳ありません」

雪歩「い、いえ…だって私たちは…」

貴音「はい。女性同士です」

雪歩「じゃあ…」

貴音「ですが…わたくしは気付いてしまったのです」

雪歩「……」

貴音「貴女を愛らしく想う気持ち…いつまでも傍で見守りたいという気持ち…これがまさしく、愛情なのだと」

雪歩「四条…さん…」

貴音「貴女に伝えることを我慢出来なかった四条貴音をお許しください…わたくしの一方的な感情で貴女をひどく傷付けてしまったでしょう…」

雪歩「そ、そんなことないですぅ!」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:27:12.14 ID:3kH5sj3HO

雪歩「私…嫌じゃありませんでした…む、むしろ……///」

貴音「……雪歩?」

雪歩「…私、本当は半分起きていたんです…でも身体がふわふわしてて…気持ちいいような感触があって…拒めなかった」

貴音「…………」

雪歩「えと…四条さんはずっと私の憧れで…嫌いになんかぜーったいになれませんよ…っ」

雪歩「私…四条さんが愛してくださって、本当に嬉しいんです…!」

貴音「!」

雪歩「だ、だから……その…私も四条さんのこと…」

雪歩「…………すき、ですぅ…」

貴音「…………ふふ」

雪歩「……はぅ……///」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:32:38.68 ID:3kH5sj3HO

貴音「雪歩、あなたはとても優しいですね…」

雪歩「えっ…?」

貴音「わたくしは雪歩を縛りたいわけではないのです。気を使ってくださらなくとも…」

雪歩「き、気なんて使ってません!私…本当に四条さんが…っ!」

貴音「いえ、そんなはずありません」

雪歩「あります!ど、どうしてそんなこと…」

貴音「…………むぅ」

雪歩「っ?」

貴音「……だって……あなたはプロデューサーが好きではありませんか…」プクー

雪歩「はぅ…っ!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:38:47.83 ID:3kH5sj3HO

雪歩「そ、それはぁっ…///」

貴音「むぅ…」プクー

雪歩「う、うぅぅぅ……じゃ、じゃあ言いますけど…絶対、誰にも言わないでくださいね……?///」

貴音「……ふむ」

雪歩「わ、私…少し人よりも…え、ええええっちな子みたいでっ……だからえっちな妄想とかもよくするような子で…///」

雪歩「でも親しい男の人なんてプロデューサーしかいないから…えっちな妄想しちゃうのもプロデューサーでしかできなくて……っ///」

貴音「……」

雪歩「う、うぅ…だから…さっきはプロデューサーと…しちゃってる…夢を……///」

貴音「…………」

貴音「ふふっ…ふふふふっ!」

雪歩「うぅぅ~…笑わないでくださいぃ~……///」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:44:51.41 ID:3kH5sj3HO

貴音「それでしたら…今度からはわたくしでえっちな妄想をしてくださいね…?」

雪歩「ふぇっ…」

貴音「あんなことまでしてしまったのです。妄想くらい余裕でしょう?」

雪歩「……///」

貴音「ふふ、わたくしは妄想ではなくて…実践してもよいのですが」

雪歩「は、恥ずかしいですよ~…///」

貴音「わたくし…雪歩の大事なところに接吻を…」

雪歩「言わなくていいですぅ!///」

雪歩「…………」

ギュッ

貴音「!…雪歩?」

雪歩「キス……順番が…逆になってましたよね…?」

貴音「……!」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:48:22.36 ID:3kH5sj3HO

雪歩「え、へへ…四条さん、おっきいですね…///」

貴音「雪歩は小さくて可愛らしいですよ」

雪歩「うぅ…ちんちくりんですみません…」

貴音「そこがよいのですが…」ギュッ

雪歩「あっ……」

貴音「雪歩……大好きです…」

雪歩「はい…私…も……」


チュッ



終わり



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 18:51:34.92 ID:3kH5sj3HO

眠いの
エロにするつもりはなかったんやごめんなさい


元スレ
貴音「雪歩、寝ているのですか?雪歩、雪歩」つんつん