1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:16:38.52 ID:9faM3sSs0

暦「と、言うわけで今回はわらしべ長者式に物々交換していきドデカイものを手に入れたいと思う!」ドヤァァ

忍「あれじゃの、幼稚園児の発想じゃぞお前様よ」

暦「ふっふっふ…忍よ…だがな外国では物々交換で家を手に入れた奴だっているんだぜ?僕だってがんばれば女の子のパンツくらい手に入る!」

忍「趣旨が変わっとるぞお前様よ」

暦「と、いうわけで始めの品はこの火憐ちゃんの使用済み歯ブラシだ」

忍「お主は兄としてどうなのじゃ…」

暦「お!あれは>>5じゃないか!じゃあ>>5にこの歯ブラシと何かを物々交換してもらおう!」





5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:17:17.93 ID:md3K4lZK0

キモオタ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:24:09.08 ID:9faM3sSs0

キモオタ「デュフフフフフwwwヤハリコンキハソードアートオンラインデゴザルナwww」

暦「あの~ちょっといいですか?」

キモオタ「ぴょっ!!なななななんでござるか?」

暦「今僕物々交換をしているんだけどもしよかったら僕の持っているコレと何交換して貰えないだろうか」

キモオタ「それは…歯ブラシ…でござるか?しかも使用済みと見た」

暦「ほほう…使用済みというのを見抜いたか……ならもう解る筈、この歯ブラシは僕が妹の歯を磨いた時に使用したものだ!」ドカーン

キモオタ「なんですとぉぉぉぉ!!!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:26:21.06 ID:9faM3sSs0

暦「因みに僕の妹はこれです」ケータイシャメチラッ

キモオタ「これは素晴らしい美少女でござる!相分かった!拙者の宝物である>>16をもっていくでござるよ!」

暦「なにぃ!>>16だって!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:32:00.74 ID:ALr3z70H0

あららぎ×おしの のBL同人誌



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:36:18.46 ID:9faM3sSs0

暦「僕と忍野のBL同人…だと…」

キモオタ「拙者がコミケの激戦区を駆け抜け手に入れた激レアものでござるよ!では!健闘を祈るでござる!」スタコラサッサー




暦「………」ペラッ






暦「…………次…いくか」

忍「お前様、大丈夫か?」

暦「お!あれは>>24じゃないか!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:38:08.69 ID:rTHdn96e0

千石撫子



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:48:27.66 ID:9faM3sSs0

暦「おーい!千石ーー!」

撫子「こっ、暦お兄ちゃん?!なんでこんなとこにいるのかなっ?!」アセアセ

暦「いや、その今物々交換しててさ」かくかくしかじか

撫子「なるほど、撫子も暦お兄ちゃんと何か交換したらいいのかな?」

暦「いや~でも僕今、千石と交換できるものが無いんだよな~」

撫子「その本…なぁに?」

暦「い、いやっ!千石!この本はまだお前には早いというか できればこの先も知るべきでは無いものと言うかっ!」スルッ

撫子「あ、落ちてページが…」


『ねぇ…阿良々木君…この塾屋上あるんだけど…焼いてかない?』
『アーーーーッ!!!!』












30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:48:59.30 ID:9faM3sSs0

撫子「あ、あわわわわ!こっ、この本は危ないから撫子が預かっておくね!代わりにはいっ!これをあげるから!」ピューー

暦「あっ!おい!千石!その本は!」
暦「いっちまった…これは…」

忍「>>37じゃのう…」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:53:31.30 ID:ALr3z70H0

エッチな本



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 22:58:34.07 ID:9faM3sSs0

暦「これは…エロ本!しかも僕部屋にあった奴じゃねーか!何故ッ!」


忍「あれじゃろ、囮物語のときに一冊くすねてたんじゃろ」

暦「なるほど…時系列グッチャグチャだな…」

忍「で、お前様は自分のエロ本を誰かに差し出す気かの」

暦「舐めるんじゃねーよ忍、僕はこの程度じゃ諦めない!お前が舐めていいのは僕の耳たぶくらいのもんだぜ!」

忍「お前様の性癖とか知らんのじゃが」

暦「お、次のターゲットは>>50だな」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:00:00.67 ID:ROs58W5+0

貝木



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:08:58.92 ID:9faM3sSs0

貝木「ん、お前は…阿良々木か」

暦「貝木!?お前がなんでこの街に!」

貝木「ぶっちゃけ恋物語で来てるし細かいことはいいんだよ」

暦「お前に関わるとロクなことがないから僕としては今すぐここを離れたいんだけどよ、悲しいかな僕は物々交換をしなきゃいけない、さぁ貝木!取引だ!このエロ本と何かを交換しやがれ!」

忍「今のお主は詐欺師よりゲスいぞ…」

貝木「ふぅむ…俺は自分の無い行動はしたくないんでねそんなモノはいらんのだ」

暦「くっ……ならっ!俺はこの忍の生写真を付けよう!」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:13:58.30 ID:9faM3sSs0

貝木「悪くない取り引きだな、俺はこの写真で10万は稼げる」

貝木「……よし交渉成立としといてやろうほら受け取れ>>61だ」

暦「よっしゃ!じゃあな!貝木」

貝木「あー因みにさっき貴様が女子中学生とエロ本のやり取りをしていたのを写メで戦場ヶ原に送っておいた」

暦「なん…だと…」

貝木「お前が今回の行動から学ぶべきことは白昼堂々女子中学生とエロ本とBL同人のやり取りなどするな、ということだ」

暦「ちくしょおおおー!!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:15:47.52 ID:OM5L2A/N0

駿河のスパッツ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:20:39.16 ID:9faM3sSs0

暦「クソっ!やっぱりあいつと関わるとロクなことがないぜ!」

忍「で、このスパッツどうするんじゃ?お前様が履くのか?」

暦「僕は底まで女性用の衣服を身に纏うことで興奮覚えるような性癖を持ち合わせてはいない」

忍「もう儂はつっこまんぞ…」

暦「お、あれは>>70ィィィ!!会いたかったぞー!!このっ!このぉ!」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:22:29.22 ID:CA9IjH340

八九寺



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:31:52.32 ID:9faM3sSs0

暦「はっっっっっちくじィィィ!!!」ガバァ

八九寺「キャアァァァァァ!!」

暦「こらこら暴れるな!タンポンが入れにくいだろうが!」

八九寺「ギャァァァァァァ」ブワァァァ

暦「いだだだだだ、おっ落ち着け!僕だ阿良々木だ!お前の親愛なる隣人阿良々木暦だよ!」


八九寺「あ、貴方は…ガガガギさん」

暦「僕を遊戯王新シリーズの主人公が使うモンスターシリーズの新モンスターみたいに言うな、僕の名前は阿良々木だ」

八九寺「失礼噛みました」

暦「絶対わざとだ」

八九寺「かみまみた!」

暦「わざとじゃない!」

八九寺「Come my here」

暦「ネイティブな発音!」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:41:44.38 ID:9faM3sSs0

八九寺「で阿良々木さんどうしたんですか?こんなところに、スパッツ片手に
私が警察だったらブタ箱にぶち込んでますよ」

暦「なんでスパッツ片手に持ってただけで刑務所に行かなきゃならないんだよ!」

八九寺「それで極刑を求刑しますね、変態に対しては死をもって臨むべしです」

暦「八九寺裁判長お前のその変態にたいする憎しみは分かるんだが、このスパッツと何か交換して貰えないか?」

八九寺「分かるんだがってこの憎しみの9割は阿良々木さんによって植え付けられたものですよ…そうですね…>>85をあげましょう」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:46:37.43 ID:saJHJ+mX0

善吉の眼鏡(武器)



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:53:23.68 ID:9faM3sSs0

八九寺「はい、このメガネをあげましょう」

暦「嬉しいんだが、お前メガネとかしてたっけ?」

八九寺「いえ、この前なんか学ランの中にジャージ着たダッサイお兄さんが『君にこのデビルかっけぇメガネをやろう』っていってくれましたね」

暦「彼も大変なんだろう…2期もやってるし」

八九寺「じゃあ阿良々木さん私はここらへんで」

暦「おう、八九寺また話そうな」

八九寺「またですか…そうですね…ではまた」ノシ



暦「さて…やっと始めてマトモ物になったわけだが」

忍「歯ブラシは異常だということには気付いとったのか」

暦「あれは…>>95か!」







95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:55:15.20 ID:D+M3Lco60

エピソード



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:05:40.86 ID:9faM3sSs0

エピソード「んだァ?あの時のガキじゃねぇか…… また殺りにきたのか?」

暦「いやいやいや別に戦いにきたんじゃなくてさ、その 物々交換をしてほしいんだ」

エピソード「物々交換んん?なんでお前がそんなことやってんだよ超ウケる」

暦「僕はこのメガネと何か交換したいんだが」

エピソード「メガネか…そういやドラマツルギーの旦那がメガネ欲しがってたな」

暦「あいつ近眼なのかよ!」

エピソード「しゃあねーな…んじゃあ俺は>>109をやるからよメガネよこせ」





109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:08:21.19 ID:940rlUE50

マックフライポテトL×10



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:15:05.70 ID:QbwYFLSH0

エピソード「ほらよマックのポテトL10個」ドサァ

暦「なんでこんなに…」

エピソード「全サイズ150円だから調子のって30個注文したら食い切れなかったぜ…超ウケる」ゲップ

暦「ウケねーよ…迷惑だろ…」

エピソード「て、ことで俺ァは仕事があるからよ あばよ」ヒュン

暦「霧になりやがったポテトが湿るだろうが」


暦「このポテトどうするか…」

どうする?>>125





125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:18:14.22 ID:FTsVZiXS0

メメにあげる



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:26:31.90 ID:QbwYFLSH0

メメ「どうしたんだい阿良々木君そんなマックのポテトを抱えて
何か良いことでもあったのかい?」


暦「お前は、忍野!!!お前この街出てったんじゃ?!」

メメ「なぁにマックのポテトの匂いに釣られてきたら阿良々木君が居ただけさ、僕は見ての通り極貧生活だからね」

暦「なら丁度いいやこのポテトお前にやるよ」

メメ「おやおやいいのかい?阿良々木もポテト食べたいんじゃないのか?」

暦「いいんだようちはアホな妹がロッテリアのタワーバーガー買って食べてるから」

メメ「それじゃあまぁ遠慮なくいただくよ」

暦「お前がいない間大変だったんだぜ?友達が神様になっちゃったりさ」

メメ「阿良々木君、バーベキューソースないかい?」

暦「ほんと遠慮ねぇな!」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:34:18.10 ID:QbwYFLSH0

メメ「まぁでも僕はやれるべきことはやったさ、それ以上の事がおこっちゃってるんなら僕の管轄外だな」モッサモッサ

暦「適当だなあ」

メメ「でも阿良々木君は僕がいなくなってもなんとかやってきたんだろ?彼女と協力して」モッサモッサ

暦「まぁ忍には洒落にならないくらい助けられたな」

メメ「まぁそれなら僕の見たて通りさ、これまでが大丈夫ならこれからだってどうにかなるさ」モッサモッサ





137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:44:25.04 ID:QbwYFLSH0

メメ「じゃあ阿良々木君、これをやるよ」

暦「え?」

メメ「え?って君は物々交換してるんだろ?物語が終わらないじゃないか」

暦「なんでお前が物々交換してるの知ってるんだ?」

メメ「まぁ最初からずっと物陰で阿良々木君の行動を観てたからねえ」

暦「とんだストーカー野郎じゃねえか!」

メメ「さ、腹も膨れたし僕はそろそろこの街をでるからさその>>146で物々交換してしなよ」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:47:57.25 ID:FTsVZiXS0

アロハ(ヴィンテージ物)



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:51:02.75 ID:QbwYFLSH0

メメ「ほらアロハシャツ ヴィンテージ物だ中々良いもんだよ」

暦「マックのポテトから第出世だな」



暦「あれは>>154!良し物々交換だ!」

すまんこれラスト安価な



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:54:19.22 ID:FTsVZiXS0

ガハラさんのパパさん



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 00:59:01.47 ID:QbwYFLSH0

暦「戦場ヶ原のお父さん!」

ガハラパパ「君は…阿良々木君だったか」

暦「はい、お久しぶりです」

ガハラパパ「娘とは上手くやってるか?」

暦「ええ…まぁそうですね…とても個性的な部分もありましたけど…」

ガハラパパ「そうか、よかった、それで?阿良々木君、何か私に用事があるのかい?」

暦「はい、僕は今物々交換をしてまして」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:05:59.47 ID:QbwYFLSH0

ガハラパパ「物々交換か…すまないな今は得に交換できるような物は持ち合わせていないんだ」

暦「じゃあこのアロハシャツ、貰ってくれますか?」

ガハラパパ「これは確かに良さそうなヴィンテージアロハだが…これに見合うような物家にもないよ」

暦「いえ、もうお父さんの娘さんにはこれ以上の物を貰ってますから」

ガハラパパ「これ以上のもの?」

暦「昔、家族で共に観た星空…あれに釣り合うような物は僕の方こそ持ち合わせていません」






166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:12:41.50 ID:QbwYFLSH0

暦「こんな物でもよければ、貰っていただけますか?」

ガハラパパ「………阿良々木君 娘を頼んだよ」

暦「はい」





結末というか今回のオチ
僕のロマンティックなプレゼントにより幕を閉じたかと思われた今回の物々交換だったが結局貝木の写メ上書きすることは出来ず戦場ヶ原から折檻(拷問)をうけることとなった。
だがまぁそのとき父のアロハ姿の事を笑顔で話す彼女を見ると 物々交換も悪くないなと思えたのだった。


おわり






170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 01:16:10.39 ID:QbwYFLSH0

うーむ、最後眠くて適当感がいがめない感じになってしまってスマヌ(´・ω・`)
八九寺のとこが1番書いてて楽しかった

お目汚し失礼しました
ありがとうです


元スレ
阿良々木暦「安価でわらしべ長者!」