SS速報VIP:P「神埼のあ……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568375562/



1:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 20:52:42.59 ID:Cd++/3xA0

※設定ガバガバなショートSSです。お暇潰しにでもどうぞ

飛鳥「P、ちょっといいかな?」

P「ん?どうした飛鳥」

飛鳥「ちょっと蘭子を止めてあげてほしいんだ。」

P「蘭子を止める……って、何があった?」

飛鳥「……うーん……説明するよりも実際に見てもらった方が早いかな。とりあえずレッスンルームへ向かってほしい」

P「レッスンルーム?…レッスンルームの蘭子を止める?
正直状況がさっぱりなんだが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1568375562




2:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 20:55:02.86 ID:Cd++/3xA0

~レッスンルーム~

蘭子「ククク……我こそは神崎のあ!神崎のあなる者ぞ!」フラフラ

ルキトレ「蘭子ちゃん!頑張るのは良いけど少しは休まないと!」

蘭子「否!魔界の門の開放は最早目の前也!今こそ我が血肉を生け贄とし祭壇に捧げん時!(ごめんなさいもっとやらせて下さい!もう少しで何か掴めそうなんです!)」

ルキトレ「それでもそろそろ休まないとダメだよ!どれだけぶっ通しでやってるの!」




P「……えーと、どういう状況?これ」

ルキトレ「あっPさん!蘭子ちゃんに休むように言ってあげてください!」

蘭子「我が眷属よ!我の野望阻止せんとするならば貴様とて容赦はせぬぞ!(いくらPさんのお願いだとしてもこれだけは聞けません!)」



3:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 20:56:39.36 ID:Cd++/3xA0

P「……俺でもオーバーワークって一目で分かるほどふらついてるじゃないか。少し休みなさい」

蘭子「目の前に立ちはだかるは更なるバベルの塔……!(嫌です!どうか止めないで下さい!)」

P「……汗のかきすぎで正直目のやり場に困るんだが」

蘭子「ジハードの再来!?(えっ……きゃあああああ!?)」

フラッ……コテン

P「限界超えてたみたいだな……」

ルキトレ「あ、ありがとうございますPさん!」

P「えーと、とりあえず仮眠室に運ぶか……着替え用のウェア持ってきてくれるかな?」

ルキトレ「わかりました!」

飛鳥「……流石はP、汚れの無い無垢な女の子の落とし方を心得てるね全く」

P「着いてきてたのか……まあ、結果オーライだしあの程度のリアクションは許してくれ。」

飛鳥「ちなみに蘭子の体はどうだった?」

P「正直ドキッとしたよ。……痛い痛いつねらないで」



4:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 20:58:19.70 ID:Cd++/3xA0

P「しかしあんなになるまでレッスンするって……何があったか教えてくれるか?
っていうか『神崎のあ』とか言ってたけど……関係あるの?」

飛鳥「先日新しい楽曲のお披露目があったのを覚えているかい?」

P「……ああ、あの神秘的且つデジタルっぽい感じの不思議な曲か。
確かに蘭子がいれこみそうだなーとは思ったが……」

飛鳥「それがPの想像以上に気に入っちゃったみたいでね。一度聞いてからもう自分があれにふさわしいって張り切っちゃって……」

P「ただあれを歌い上げて且つふさわしい振り付けで踊るとなると……いくら蘭子でも相当難しいんじゃないかと思ったけどなあ」

ルキトレ「それがたまたまレッスンルームで、のあさんが凄く綺麗に振り付けを踊っていたのを蘭子ちゃんが見ちゃったみたいで……」

飛鳥「ボクも違うタイミングで見せてもらったけど、正直ボクでさえ見惚れてしまうほどの踊りと曲だったな……うん、凄かったよ」

P「……なるほど、それで自分でも踊れるようになりたいと思ったわけか。」

ルキトレ「そうみたいです。正直私でもこれはすぐに身に付けるのは難しいんじゃないかなって……」



5:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 20:59:59.94 ID:Cd++/3xA0

P「……うーん、やる気があるのは良いことなんだけど、あそこまで必死になるのはちょっと不味いかもな……体壊しかねないぞ。
そもそものあさんが踊った振り付けって蘭子に合ってるの?」

飛鳥「うーん、何とも言えないね。ミスマッチとは言い切れないと思うけど……もし完璧に踊れても、のあさんのそれとはちょっと違うかもしれないね。」

ルキトレ「一応、より蘭子ちゃんに合った振り付けを考える時間があれば……とも思いますけどね。」



6:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 21:01:36.33 ID:Cd++/3xA0

P「うーん、折角ならそれだけ気に入ったものを身に付けさせたいってのも正直なところだからなあ……
そういえば飛鳥はあの曲に合わせて踊ってみたいと思うか?」

飛鳥「ボクかい?まあやりたくない、ってわけではないけど……」

P「飛鳥が上手く蘭子に合わせてくれれば、良い感じに練習のペースも落ち着きそうだしな。
試しにのあさんにも参加してもらってやってみるか。」

ルキトレ「あ、確かに3人であの曲を踊って歌い上げたら凄くキマりそうですね!」

飛鳥「本気かい?……まあ、折角だし乗らせてもらおうかな。」

P「本当か?流石飛鳥だな。ご褒美に暫く撫でてやろう。」わしゃわしゃ

飛鳥「ちょっ……まったく、不意打ちが過ぎないか君は……  ♪」



8:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 21:03:06.49 ID:Cd++/3xA0

蘭子「(がばっ)カオス!神崎のあよ! ……って、あれ?」

P「おー起きたか。もうしばらく横になって休んでおきなさい。」

蘭子「我が同胞よ!そのような施しは目に余るぞ!(大丈夫ですPさん!まだまだやれます!)」

トン フラァ

P「疲労と筋肉痛が酷いだろ?今日はもう帰るまでずっと休むこと。業務命令です。」

蘭子「は、破滅への序曲を奏でようというのか……(ひ、ひどいです……まだ練習したいのに……)」

P「そもそもそこまで必死にならんで良いから。今回俺の権限で飛鳥とのあさんとの3人で正式にユニットであの曲歌ってもらうことにしたからさ。」

蘭子「え、ほんとうに!?(パラドックスの呪縛を解放しようというのか貴様……!?)……はっ!?」

P「そこまでのリアクションされるようなケースだもんなあ。ま、折角だし皆で良いものにしよう。明日から正式にスケジュール組むから今はゆっくり休みなさい。」

蘭子「はいっ!」



9:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 21:04:39.76 ID:Cd++/3xA0

~後日、レッスンルーム~

蘭子「ぜぇぜぇ……ククク、我こそは神崎のあであり神崎飛鳥也……!?」




P「おーい、現実逃避はやめてもう1回ステップの練習なー。」

蘭子「何故だ……何故我の前の顎門は一向に開く気配を見せぬのだ……(うう……二人とも先に振り付け身につけてるのに何で私だけ中々覚えられないの……)」

のあ「ちょっと入れ込みすぎよね。もっとリラックスしないと」

飛鳥「のあさんの言う通り、力んで失敗が多いね。折角の3人でやる催しなんだ、楽しむ心を持とうよ」

蘭子「我が試練!最上の混沌也!(うぅー、頑張りますー……)」




とりあえずおしまい



10:   ◆3pHu1p0hUc 2019/09/13(金) 21:05:49.01 ID:Cd++/3xA0

以上です。いやあ我ながらツェストビィエンなクオリティだと思いました


元スレ
SS速報VIP:P「神埼のあ……?」