6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:30:05.91 ID:dc4PflwPi

雪歩「や、やよいちゃん・・・?じょ、冗談だよね?」

やよい「じょうだんなんかじゃありません!私、私・・・雪歩さんのことが・・・」カァァ

雪歩「やよいちゃん・・・」




・・・はい



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:32:45.14 ID:dc4PflwPi

やよい「・・・ぅぅー・・・・・・///」カァァ


雪歩「・・・あ!」

やよい「?」


雪歩「ありがとうやよいちゃん!」ニコッ

やよい「ふぇ?」


雪歩「私、告白されたのって初めてだしとっても嬉しいよ!」

やよい「ほ、ほんとですか・・・?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:35:25.87 ID:dc4PflwPi

雪歩「うんうん、それにやよいちゃんみたいな子に告白されてイヤな気持ちになる人なんていないよ」

やよい「!・・・うっうー!ありがとうございます!そ、それじゃあ・・・」

雪歩「?」


やよい「私のおねーさんになって下さい!」


雪歩「えっ?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:38:08.47 ID:dc4PflwPi

やよい「うぅ・・・言っちゃいましたぁ・・・やっぱり恥ずかしいです」

雪歩「や、やよいちゃん?それってどういう・・・」

やよい「え?そのまんまの意味ですよ?」


やよい「これから私の家で一緒に暮らしたいかなーって」


雪歩「」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:41:22.89 ID:dc4PflwPi

雪歩「そそそそんなことできないよぅ・・・」

やよい「どうしてですかー?」

雪歩「どうしてって・・・そんなの・・・」


やよい「や、やっぱり・・・雪歩さんは私のことキライなんですか・・・?」ウルウル

雪歩「そ、そんなことないよぅ!ただ・・・」


やよい「うぅ・・・ごめんなさい、いいんです・・・やっぱり私なんかに告白されたら迷惑ですよね・・・グスッ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:45:49.77 ID:dc4PflwPi

雪歩「ち、違うよやよいちゃん!」


雪歩「私は嘘なんて言ってないよ!やよいちゃんに告白されて嬉しかったのはホントだもん!」

やよい「・・・」

雪歩「やよいちゃんだって『好き』って言われてイヤな気持ちになることある?」

やよい「・・・ないです」

雪歩「それはみんな一緒だよ、何度も言うけど、やよいちゃんみたいな子に告白されてイヤな気持ちになる人なんていないんだから・・・ねっ?」ニコッ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:48:47.92 ID:dc4PflwPi

やよい「・・・だ、だったらどうして・・・」

雪歩「それは・・・ほら、いきなり一緒に暮らそうなんて言われても準備とか色々あるし」

雪歩「お父さんやお母さんにもちゃんと話しないと・・・」


やよい「うーん・・・」

雪歩「やよいちゃん?」


やよい「・・・そっか、そうですよね!」

やよい「雪歩さん!いきなり一緒に暮らしてほしいなんて言ってすみませんでした」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:53:56.97 ID:dc4PflwPi

雪歩「ううん、気にしないで」

雪歩「恋愛っていうのはそうやって経験を積んで学んでいくものだと思うからさ!全然経験してない私が言うのもなんだけどね」

やよい「はい!・・・あっ!雪歩さん、ちょっと耳を貸してもらっていいですかー」

雪歩「耳?いいけどなんかナイショのお話?」スッ




チュッ



雪歩「ふぇ!」


やよい「・・・えへへ・・・//」ニッコリ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 23:58:36.39 ID:dc4PflwPi

雪歩「も、もうやよいちゃん!からかっちゃダメだよぅ!」


やよい「からかってなんかないですよ」ムッ

やよい「いきなり一緒に暮らすっていうのはダメなんですよね?」

雪歩「う、うん」


やよい「だから、今はほっぺたへのちゅーとこれだけで許してあげます」ギュッ

雪歩「う、うわあぁぁぁ、や、やよいちゃん・・・恥ずかしいよぉ」




やよい「えへへ・・・雪歩さん、だーいすきです!」





30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:08:08.69 ID:0urwX3O/i

伊織「ちょっと春香!こっちに来なさい!」

春香「どうしたの伊織?相変わらずツンツンだねぇ、今日もおでこがかわいいよー」


伊織「か、かわ・・・お、おでこは関係ないでしょ・・・」

春香「(・・・あれ、思ってた反応と違う・・・)」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:12:36.42 ID:0urwX3O/i

春香「どうしたの伊織?体調悪いの?顔真っ赤だよ?」


伊織「う、うるさいわね・・・誰のせいだと」ボソッ

春香「ん~?」


伊織「・・・」カァァ

伊織「な、なんでもないの!」プイッ


春香「ふーん、ところでなんの用?」

伊織「えっ?」

春香「だって『こっち来なさい!』って言ったのは伊織の方だよ?何か用があるんじゃないの?」


伊織「そ、それは・・・」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:15:24.96 ID:0urwX3O/i

春香「はやく~、私千早ちゃんと一緒に歌のレッスンに行かないと行けないのー」

伊織「!」

伊織「・・・千早千早って・・・」


春香「えっ?」


伊織「アンタ・・・千早のことが好きなわけ?」


春香「はい?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:18:56.23 ID:0urwX3O/i

伊織「ふん!だってアンタ達いつも一緒じゃない!どうせそういう関係なんでしょ」プイッ

春香「ちょっ、ちょっと待ってよー!どうしていきなりそうなるの?」


伊織「なによ、違うの?」


春香「違うに決まってるでしょ!私と千早ちゃんはただの友達d」
伊織「だったら私と付き合ってよ」


春香「・・・はい?」

伊織「・・・」

春香「あのー、伊織さん?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:24:19.07 ID:0urwX3O/i

伊織「・・・なによ」

春香「よく聞こえなかったんで、もう一度言ってもらえますか?」

伊織「・・・」

春香「よく聞こえn」
伊織「あーもう!うるっさいわね!!わかったわよ!言えばいいんでしょ!」



伊織「私は春香のことが好きなの!!!これでいいでしょ!」



春香「・・・はい?」

伊織「・・・」

春香「よく聞こえなかっt」
伊織「あーもうウザイウザイ!!言うこと言ったから帰るわ!ついてこないでよね!」スタスタ

春香「あっ、待ってよ伊織ー」タッタッタッタッ





43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:31:43.56 ID:0urwX3O/i

あずさ「亜美ちゃんちょっといいかしら~」

亜美「あずさお姉ちゃん?どったの?」

あずさ「竜宮小町のこの前の収録のことでちょっと話したいことがあって、今時間ある?」

亜美「うんいいYO!それにしてもあずさお姉ちゃんがそーゆーこと言うなんて珍しいね!」

あずさ「うふふ、なんだかんだ竜宮小町で1番年上だし、お姉さんしたいのよ~」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:35:11.16 ID:0urwX3O/i

あずさ「・・・・・・だから、あのダンスのタイミングは・・・」

亜美「ふむふむ、う~む、なーるほど、う~む」


あずさ「・・・亜美ちゃん、聞いてる?」

亜美「えっ!き、聞いてるYO!」

あずさ「・・・本当に?」ジトーッ


亜美「うっ・・・ごめんあずさお姉ちゃん、最後の方よく聞いてなかったYO・・・」


あずさ「・・・ふー、じゃあ少し休憩しましょうか」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:38:34.68 ID:0urwX3O/i

亜美「ごめんねあずさお姉ちゃん・・・せっかく色々言ってくれてるのに・・・」

あずさ「いいのよ、突然言い出した私も悪かったわ、こちらこそごめんなさいね」

亜美「うん・・・普段りっちゃんが鬼だからねー、あずさお姉ちゃんは優しすぎるYO!」

あずさ「あらあら~、それはほめられてるのかしらね~」

亜美「ほめてるに決まってんじゃん!亜美も大人になったらあずさお姉ちゃんみたいに優しくてせくちーになりたいな!」

あずさ「あ、あらあら~///」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:41:23.19 ID:0urwX3O/i

あずさ「・・・」

亜美「・・・」

あずさ「・・・ねえ亜美ちゃん?」

亜美「んー?」

あずさ「亜美ちゃんは今、好き子はいるの?」

亜美「えー、どうだろ・・・うーん、亜美まだそういうのよくわかんないな」

あずさ「・・・そう」シュン


亜美「あずさお姉ちゃんは?」


あずさ「えっ?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:46:34.44 ID:0urwX3O/i

亜美「人に聞いたってことは自分が聞かれても答えなきゃダメだよねぃ」ニヤニヤ

あずさ「・・・あらあら、亜美ちゃんはずるい子ねー」

亜美「んっふっふ→、なんとでも言いたまえ!」

亜美「さぁあずさお姉ちゃん!カンネンしてさっさと吐くのだー!」

あずさ「んー、そうねぇ」




あずさ「亜美ちゃん・・・かな?」



亜美「ほうほう、あずさお姉ちゃんは亜美って子にベタ惚れっと」メモメモ

亜美「・・・」

あずさ「・・・」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/29(金) 00:52:23.75 ID:0urwX3O/i

亜美「えええええええええ!!!!!!」


あずさ「あらあらどうしたの~?」


亜美「どうしたもこうしたもないYO!なんで・・・ってか意味わかんないYO!」

あずさ「あらあら、私は亜美ちゃんのことが大好きなだけよ~」

あずさ「ほらほらやわらかーいやわらかーい」ムニムニ

亜美「うあうあ~、亜美のほっぺたプニプニしないでよー」

あずさ「お肌もやわらかくて本当、亜美ちゃんいいわぁ~」プニプニ

亜美「うわーん、あずさお姉ちゃんがこわいよー」




元スレ
やよい「す、すきです!」 雪歩「ふぇ?・・・えええ!!」