1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:28:45.26 ID:/0NEYTfg0

代行

真美「この七色に光る液体、どうする亜美?」

亜美「めっちゃ綺麗だし、捨てるの勿体ないよね」

真美「これ、飲めるのかな?」

亜美「…何入れて作ったんだっけ?」

真美「うーん、いっぱい入れすぎて覚えてないよ→」

亜美「そうだ!兄ちゃんたちをこっそり実験台にするのはどうかなー?」

真美「…んっふっふ~!賛成!」



事務所


亜美「さぁーて、まずは誰を実験台にしようかなー」

真美「じゃあ、>>4にしよう!」

亜美「らじゃー!」



4: ルース ◆KI1bHz2CMo 2013/12/07(土) 23:29:23.55 ID:8YqtXe5O0

くっ



8: 代行サンクス 2013/12/07(土) 23:35:37.36 ID:hue5gTMzP

真美「千早お姉ちゃんのペットボトルみっけ!」

亜美「とりあえず一滴だけ垂らしてみよ→」ポタリ

真美「そして冷蔵庫に戻ーす!」

亜美「さぁこい!千早おねえちゃん!」



数分後

千早「喉が渇いたわね…確か冷蔵庫に飲み物が」ガチャ

真美「来たよ、亜美!」コソコソ

亜美「飲め飲めー!」コソコソ

千早「…んぐっ、んぐ…」ゴクゴク

真美&亜美「飲んだぁー!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:40:22.41 ID:hue5gTMzP

千早「…ぐっ!?」ビクッ

真美「お!?」

千早「な、何か…体が…」ブルブル

亜美「…!」ゴクリ

千早「お、おおぉぉぉぉ!??」ギューン


千早はどうなったか>>13



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:42:03.90 ID:hr2FW4H00

感情に素直

例:高槻さんに直球



14: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/07(土) 23:42:04.69 ID:L4v5I8C30

液状化



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:48:40.80 ID:hue5gTMzP

千早「ゴボゴボ…」ドロドロ

真美「ぎゃああああああああ!??」

亜美「溶けてるぅぅぅぅぅ!!!」

千早「ゴプ…」ドロドロ



真美「…バケツに集めてきたけど」

千早「」ドロドロ

亜美「グロい、グロイよ」

千早「」ドロドロ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:49:40.53 ID:CEq8xGVG0

待て、安価先をよく見直すんだ、今なら引き返せる



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:51:11.97 ID:hue5gTMzP

みすった



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07(土) 23:55:48.80 ID:hue5gTMzP

千早「…ふぅ」バタン

真美「あれ、普通だ」

亜美「今の叫び声は何だったのさ」

千早「さて、今日のレッスンは終了したから…」

真美「なーんだ、効果出てな」



千早「高槻さんをペロペロしに行きましょう」ガタッ

亜美「えっ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:05:08.86 ID:PCacuyZFP

真美「ぺ、ペロペロ…」

千早「高槻さんペロペロが終わったら、次は春香チュッチュで…ンフンフ」ニヤニヤ

亜美「うわぁ…」

千早「そ、想像しただけでも…お、おほぅ」ニヤニヤ

真美(へ、変態だー!)

亜美(キャラ崩壊してるよー)



やよい「おはようございまーす!」ガチャ

千早「たきゃつきさん!!!!!」ヒュン

やよい「はわっ!?」

千早「どこでもいいから舐めさせて!!」ダラー

やよい「うえぇぇ!?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:12:15.42 ID:PCacuyZFP

千早「何でもするから!!!お願い!!!お願いぃぃ!!!」ドゲザー

やよい「そ、そんな事言われてもー…」

真美「…何かよく分かんないけど」

亜美「もう後戻りは出来そうにないね」




真美「次、行ってみよう!」

亜美「おっけー!」

真美「次は>>29の飲み物に…」ポタリ

亜美「今度も引っかかるかな?」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:15:33.80 ID:xVe7tWSE0

貴音



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:22:12.09 ID:PCacuyZFP

亜美「それカップラーメンじゃん」

真美「お姫ちんじゃ、こんなの飲み物だよ」

亜美「…確かに」

真美「お、もうすぐ3分経つからお姫ちん戻ってくるよ!」ソソクサ



貴音「私とした事が…箸を給湯室に忘れてくるなんて」

貴音(…はっ、まさか誰かがつまみ食いを!?)

貴音「っ!…無事でしたか」ホッ

高根「冷めぬうちに…頂きます」ズズーッ



33: >>30 最後間違えた 2013/12/08(日) 00:27:17.03 ID:PCacuyZFP

貴音「美味しゅうございました」

真美「…全部食べちゃったね」コソコソ

亜美「食べんの早過ぎっしょー」コソコソ

貴音「っ、な…何か今、体が」ブルッ

真美「来た来た!」コソコソ

貴音(まさか、私のいない間に誰かが毒を…!?)

貴音「あぁぁぁっ!!!??」ギューン




貴音はどうなったか>>37



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:27:59.93 ID:hkrYzrY60

響に直球



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:39:52.70 ID:PCacuyZFP

響「貴音!そんなに叫んでどうしたんだ!?」ダッ

貴音「…っ」フラッ

響「貴音ぇ!!!」

貴音「ひ、響…私はもう…」

響「しっかりしろ貴音ぇ!!」





貴音「ふんっ!」ブンッ

響「うわぁっ!」ヒョイ

貴音「それっ!!」ブンッ

響「ひ、人に向かって物投げちゃいけないんだぞ!!」

貴音「か、体が…勝手に…動くので、すっ!!」ブンッ

響「うぎゃー!!」ヒョイ



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:46:41.22 ID:PCacuyZFP

真美「なんて美しい投球フォーム…」

亜美「…!?ひびきんがこっち来るよ!」

響「誰か助けてくれぇー!!」ダッ

貴音「だあっ!」ブンッ

真美「ひ、ひびきんこっち来ないでぇぇぇ!」

亜美「あだっ」ゴン




真美「さっきは酷い目にあったよ…」

亜美「頭いてー…」サスサス

真美「でもまだまだ行くよー!次は>>48!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:48:40.03 ID:/+2syONr0

春香



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 00:58:35.43 ID:PCacuyZFP

真美「次ははるるんだよ!」

亜美「あれ、飲み物無いけど…どうすんの?」

真美「飲み物は無くてもお菓子はある!という事で、はるるんのシュークリームに…」ポタリ

亜美「なるほど→」



春香「…あ、まだ残ってるー、良かったぁ」

春香(これ、自信作だったんだよねー!)

春香「あむっ」

真美「よし、食べた!」

春香(…あれ、いつもより美味しい)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:02:50.54 ID:PCacuyZFP

春香「美味しかったけど、味見したときあんな味しなかった気が…」

春香「あうっ!?」ビクッ

春香(ま、まさかシュークリームの中に何か…!?)

春香「あうぅぅぅぅっ!!!?」ギューン

亜美(あの叫び声は一体何なんだろう…)


春香はどうなったか>>54



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:05:30.96 ID:ysnX8BTk0

宇宙の真理を知った



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:13:51.36 ID:PCacuyZFP

春香「…そうか」

春香「この脳内に映る、美しいビジョン…それは紛れもなく宇宙」

春香「何万、何億、何兆と輝く星…銀河…」

春香「見える、見えるぞ」



春香「…これが」





春香「            宇宙か           」カッ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:19:37.92 ID:PCacuyZFP

真美「…はるるん何言ってんの?」

春香「宇宙とは緻密な計算によって生み出され…」ブツブツ

亜美「何か受信してるよー…」

春香「それは偶然が重なって起きた奇跡であり…」ブツブツ




真美「付いていけない…」

亜美「何か後光差してたね」

真美「まぁマシな方かな、次は>>63に仕掛けちゃうよー」

亜美「いえっさー!」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:22:04.88 ID:oIaBceo70

誤って飲んでしまう



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:31:51.49 ID:PCacuyZFP

真美「んっふっふ~次は…このコップに、っと」

亜美「あ!真美危ないっ!」

真美「え」

ゴスッ

真美「わぷっ!」バシャ

響「ご、ごめん真美!自分、避けるのが精いっぱいでー!」ヒョイ

貴音「ふっ!」ブンッ

真美(ヤバっ…口に入ったの飲んじゃった!)

真美「うああっ…」ブルッ

亜美「まさか、飲んじゃったの!?」

真美「うああぁぁぁぁっ!!」ギューン



真美はどうなったか>>70



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 01:34:07.12 ID:ThsVL1Eai

えっち



75: 風呂行ってきます 2013/12/08(日) 01:47:42.07 ID:PCacuyZFP

真美「何か、服がキツいよ」

亜美「おぉ~…めっちゃセクシーになったね、真美」

真美「えっ…うわっ、ほんとだ!おっぱいでっかくなってる!」

亜美「お尻も何かエロい形になってるし、身長も伸びたんじゃない?」

真美「んふふ、使って良かったよー」

亜美「いいなー…」

真美「亜美も使ってみれば?」

亜美「んー…まだいいや」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 02:27:40.59 ID:PCacuyZFP

真美「じゃあ次は誰にしようかぁ」

亜美(何か喋り方もセクシーになってる)

真美「>>86なんかいいんじゃなぁい?」

亜美「上手くいくかなー」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 02:30:53.80 ID:gBSxo1xQ0

小鳥



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 02:38:01.86 ID:PCacuyZFP

真美「じゃあ真美は隠れてるからよろしくねー」

亜美「まぁピヨちゃんならいけるっしょ」



小鳥「ぐーすかピヨー」zzz

亜美「寝てるし…」

亜美(…口開けながら寝てる、これはチャンスだね!)

亜美「そのまま口の中に…えいっ」ポター

小鳥「…あぐ!?」ガバッ

亜美「あ、起きた」

小鳥「い、今口の中に何か入れなかった!?」

亜美「入れたよーん」

小鳥(の、喉の奥が…熱い…!)

小鳥「あがぁぁぁぁ!??」ギューン



小鳥はどうなったか>>92



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 02:42:07.04 ID:uUf3S30B0

できる女になる



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 02:52:48.20 ID:PCacuyZFP

小鳥「…さて、仕事しないと」サッ

亜美「あれ?」

小鳥「何?亜美ちゃん、今仕事中なの、遊ぶのは後にしてね」ニコッ

亜美「どーしたのピヨちゃん…そんな急に真面目になって」

小鳥「真面目って、そりゃ社会人だし…お仕事が本業だから」カチャカチャ

亜美(何かりっちゃんみたいになった…)

小鳥「このペースで進めれば、残業しないでスムーズに帰れそうね」カチャカチャ



律子「…小鳥さん、どこか頭でも打ちました?」

小鳥「どうしたんですか律子さん、そんなに驚いて…」

律子(書類のミスも一切ないし、それどころか改良して読みやすくしているなんて…)

律子「いったい何が起きたの…?」

小鳥「もう、変な律子さん、疲れてたらお仕事変わりますよ?」

律子「えええっ!?」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:02:46.91 ID:PCacuyZFP

小鳥「律子さん達は、プロデュース業に専念してください、雑務は私がすべて引き受けますから」

律子「そこまでしなくても…」

小鳥「効率良く進めればすぐ終わる仕事ですし、簡単ですよ」

律子(いつもは私達が手伝って、やっと終わらせてる仕事なのに…)

律子「完璧すぎる…!」



亜美「何かつまんなくなったね」

真美「出来る女になったのにねぇ」

亜美「でもこれは当たりだね」

真美「>>101はどうなるかな」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:06:16.22 ID:gBSxo1xQ0

P



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:19:49.77 ID:PCacuyZFP

亜美「兄ちゃんにイタズラだー」

真美「でも最近イタズラしまくってるから、警戒されそうだね」

亜美「んー…あ、そうだ!真美、良い手があるよ…んっふっふ~」

真美「良い手?」


P「何だー真美、俺に用事って…」

真美「んふふ、来てくれたんだね」

P「あれ、なんか…あれ、目の錯覚か…?真美がセクシー美女に見えるんだが…」

真美「錯覚じゃないよぉ、ほらっ」ムギュ

P(うおぉぉ!?な、なんか柔らかいものが…!)



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:22:45.86 ID:PCacuyZFP

真美「兄ちゃん、これ…飲んでみてよ」

P「お、おう…頂きまーす…」ゴクゴク

真美(兄ちゃん流されやすいなぁ)

P「うごっ!?な、何か体が変…にっ!?」

P「ぐうぅぅぅぅっ!?」


Pはどうなったか>>107



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:27:07.20 ID:HAIV3hor0

地上最強の生物



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:35:28.76 ID:PCacuyZFP

Pだったもの「グオォォォォォォ…」

亜美「兄ちゃんが…化物になっちゃった…」

Pだったもの「グルルルルル…」

真美「おーよしよし…」ナデナデ

Pだったもの「クゥーン」

亜美「でも中身は兄ちゃんだね」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:46:39.97 ID:PCacuyZFP

真美「兄ちゃんどこに隠そうか…」

Pだったもの「ガウウ」

亜美「何か羽っぽいの生えてるし、飛んでみるのは?」

Pだったもの「ギュガガ」バサッバサッ

真美「おー飛んだ飛んだ」

Pだったもの「グァァァ!!」バサバサ

亜美(…何かRPGのゲームに出てくるラスボスみたい)

真美「アルテマとかマダンテとか使えそう…」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:51:58.09 ID:PCacuyZFP

春香「…世界の調和に大きな乱れを観測した…」ボソボソ

亜美「あ、やっぱり分かるんだ」

春香「乱れを戻すにはもう一つの強大な力を…」ボソボソ

真美「言わないとは思うけど、まだ皆には秘密にしてねーはるるん」



真美「バレるのも時間の問題だね」

亜美「ぱぱっとやっちゃおう」

真美「じゃー次は>>117だ→」

亜美「うい」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 03:57:11.04 ID:6/Fc1lRU0

あらあら



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 04:10:11.53 ID:PCacuyZFP

あずさ「あらあら真美ちゃん、ずいぶん大人になったわねぇ」

亜美「あずさお姉ちゃん!…いつからそこに?」

あずさ「プロデューサーさんに、何か不思議な物を飲ませた所あたりかしら」

真美「…み、皆にはまだ秘密にしておいて…」

あずさ「えぇ、もちろんよ」

真美「良かったぁー…」

あずさ「その代わり、私にその不思議な物を頂戴」

亜美「ええっ!?これ、欲しいの?」

あずさ「うふふ、何だか面白そうだなぁって」

真美「別に良いけど…どうなるか分かんないから、気をつけてね」

あずさ「…あら、意外と美味しい……わぁっ!?」

あずさ(な、何…この感覚…!?)

あずさ「きゃあああああっ!??」ギューン



あずささんはどうなったか>>122



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 04:18:37.86 ID:l/7r5elw0

嘔吐



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 04:25:30.57 ID:PCacuyZFP

あずさ「き、気持ち悪い…」

真美「あちゃー…あずさお姉ちゃんには合わなかったかぁ」

あずさ「うえっぷ…ご、ごめんねぇ」

亜美「この変なの、個人差激しいね」

あずさ「ごほっ…これ、何が入ってるの?」

真美「うーん…全部は覚えてないけど…サソリとか入れてたような…」

亜美「あやしく発行するキノコとかも入れたよねー」

あずさ「サ、サソ…うえっ…」ブルブル

亜美「ああぁ…再発しちゃったよー」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 04:33:40.88 ID:PCacuyZFP

真美「疲れたから一時休戦しよう、亜美」

亜美「そだねー」

真美「…にしてもあの液体凄いね」

亜美「作ってる時はもっと凄かったけどね」

真美「この虹色の液体、まだまだ遊べそうだね」

亜美「んっふっふ~!第二回戦が楽しみだよー!」




おわり



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08(日) 04:36:34.51 ID:PCacuyZFP

寝ます


保守してくれた人、見てくれた人ありがとうです


元スレ
真美「化学の実験したら」亜美「何か変な物出来た」