SS速報VIP:モバP「愛海が倒れただって!?」



1: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:00:02.28 ID:/7mVQSW80


P「愛海ぃ!」ガチャッ

棟方愛海?「騒がしいな、プロデューサー」

P「愛海、無事だったのか!? レッスン中に雫の胸が顔面にめり込んで、
 さながらジャイアンに殴られたのび太みたいに顔が凹んだって聞いたが……」

愛海?「ああ、愛海なら仮眠室で寝ているよ。まさに『前が見えねぇ』みたいな状態さ」

P「え? いや、愛海はお前だろ? 大丈夫か、雫の胸が脳にまで達したのか?」

愛海?「……ああ、そうか。あっはっは。アタシは愛海じゃあないよプロデューサー」

P「いや、どっからどう見ても……っていうかどうしたんだその格好。着物なんか着流して腰には木刀差して。
 なんか全体的に渋みが……」

愛海?「お、鋭いね。流石はプロデューサーだ」

P「へ?」

愛海?→渋海「アタシは渋海。棟方渋海さ」

P「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383044401




2: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:09:14.60 ID:/7mVQSW80

P「棟方……渋海? 誰だ? 愛海の妹か何かか?」

渋海「あっはっは。家族じゃあないさ。愛海はアタシで、アタシは愛海。そうじゃないとも言える」

P「??」

渋海「アタシは棟方愛海の副人格の一つなのさ。二重人格ってのは知っているだろう?」

P「ああ、まあな」

渋海「実はね、誰でも少なからずああなんだよ。それも二重に収まらず、いくつも人格があるんだ」

P「そ、そうなのか?」

渋海「そう。多数の人格の中から勝ち残って主人格を得たのが、愛海。敗れて副人格に収まったのが、アタシさ」

P「ってことは、たまには渋海が前に出てくることもあるのか?」

渋海「そんな頻繁にはないよ。主人格の愛海の意識が無くなっている時だけさ」

P「へー……ってちょっと待て! じゃあ今愛海は意識がないほど重体なのか!?」




3: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:10:29.85 ID:/7mVQSW80

渋海「命に別状は無いよ、失神しているだけさ。副人格だからね、それくらいは分かるよ」

P「そうか、良かった。……で、渋海は何しにここにいるんだ?」

渋海「じきに分かるよ。お、来た来た」

愛海?「お邪魔します」ガチャ

愛海?「あー、もう疲れたよう……」

愛海?「あー、ぷろりゅうしゃーらぁー」

P「あっ、愛海が増えたぁ!?」

渋海「あっはっは。それも愛海じゃあないよプロデューサー。先頭の眼鏡を掛けているのは棟方慎海だ」

愛海?→慎海「初めまして。こちらの寝巻き姿なのは棟方休海さんです」

愛海?→休海「こんちはー。こっちのとろけてるのは棟方とろ海だよー」

愛海?→とろ海「えへへ、とろ海なのれすぅー」



4: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:12:13.66 ID:/7mVQSW80

P「な、なんか頭がおかしくなりそうだ……」

愛海?「おうおうおうおう! プロデューサーおっはよう!!」

P「なあ、こいつはなに海だ?」

愛海?→凄海「見て分からんかねえ!? アタシァ棟方凄海だ!!」

愛海?「ヒィッ! お、大声出さないでよぉ……」

P「……お前は、棟方怯海か?」

愛海?→怯海「ヒャアッ!? こ、怖い……」

杉坂海「そんな怯えなくてもいいのに」

P「全くだな。なあ渋海、これで全員か?」

渋海「いや、まだ来るはずだよ」

P「まだいるのか……」



5: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:13:02.60 ID:/7mVQSW80

愛海?「のヮの」ガチャ

愛海?「とかちつくちて」

P「…………おい」

渋海「お、その二人知ってるのかい? 棟方天海と棟方双海だよ」

P「知らなきゃこの業界じゃ終わってるぞ……」

愛海?→天海「のヮの」

愛海?→双海「とかちつくちて」

慎海「……そろそろあの子が来ますね」

休海「やっば、隠れなきゃねー」

P「え、あの子って一体……」

愛海?「どぅおりゃあー!!」バリーン



6: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:16:00.19 ID:/7mVQSW80

P「窓割ってきたぁ!?」

愛海?「プロデューサー! 元はといえばアンタだ! もっとアタシに乳を揉ませないからこんな……!!」

P「えーっと……棟方、憎海?」

愛海?→怨海「ああん!? アタシは棟方恨海だ! 文句あんのか!?」

P「そっちかい!」

愛海?「や、やっと着いた……」

P「うお、今度はまた包帯ぐるぐるなのが」

愛海?→痛海「ど、どうも、棟方痛海です」

P「血が滲んでたりしてホントに痛々しいな……」

痛海「えっと、これで、全員……です」

渋海「へ? 棟方強海とか、棟方旨海、あと棟方荒海もいないじゃないか」



7: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:17:01.10 ID:/7mVQSW80

痛海「あ、強海さんはさっき棟方弱海さんとぶつかって対消滅を起こしてました……」

P「対消滅!?」

痛海「はい。旨海さんと荒海さん、それから棟方淀海さんや棟方蔑海さん、棟方丸海さんと棟方苦海さん、
  あと棟方黄ば海さんその他大勢もその対消滅に巻き込まれて消えていました」

P「黄ば海とかどんな性格してるんだ……」

渋海「そうか、全員揃ったか……」

怨海「…………」

凄海「へへへっ……」

P「な、何だ何だ? 急に空気が……」

慎海「プロデューサー、アタシ達が何故集まったかはご存知ですか?」

P「いや、何も……」



8: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:17:59.77 ID:/7mVQSW80

慎海「今、アタシ達の主人格である棟方愛海は意識が無い状態です」

P「うん」

慎海「主人格の意識が無ければ、別の人格がそれにとって変われるのです」

P「なっ!?」

慎海「しかし、当然ながらその座に収まれる人格は一人のみ……」

P「ま、まさか……」

慎海「そう、そのたった一つの座を賭けた生き残り合戦。その名も……」

P「その名も……?」

慎海「『バトルオパイヤル』!」

P「最っ低なネーミングだな!!」

慎海「さあ、バトルオパイヤルの開幕と行きましょう!」



9: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:19:55.04 ID:/7mVQSW80

渋海「貰った!」モミモミ

休海「ひええええええ!」シュウウウウ

P「や、休海が消えた!?」

とろ海「副人格はねぇー、同じ副人格に胸を揉まれりゅと……消えひゃうのー」

P「んなバカな……」

凄海「とりゃあ!!」モミモミ

天海「のヮの」シュウウウウ

双海「とかちつくちて」モミモミ

凄海「しまった油断しぎゃあああああ!!」シュウウウウ

双海「とかちつくちて」モミモミ

怯海「うひゃあああ!?」シュウウウウ



10: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:20:41.45 ID:/7mVQSW80

とろ海「しゅきありー」モミモミ

双海「とかちつくちて」シュウウウウ

慎海「常人格の倍速で動く双海さんを……!」

渋海「人の心配してる場合かい?」モミモミ

慎海「しまっ……きゃあああ!?」シュウウウウ

怨海「くっ、このっ!!」スカッ

とろ海「背後とったー」モミモミ

怨海「うぎゃあああああ!!」シュウウウウ

とろ海「勢いのままー」モミモミ

痛海「ひええええええ!」シュウウウウ

渋海「…………あとはアタシととろ海だけか」



11: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:21:26.07 ID:/7mVQSW80

とろ海「……とぉー」

渋海「あまいっ!」

とろ海「ふわっ」

渋海「そこだぁっ!」モミモミ

とろ海「あふぁああー」シュウウウウ

渋海「ふーっ、ふーっ……か、勝った……」

P「す、すげえ……よく分からん……」

渋海「新たな棟方愛海は、このアタシ――」

??「ひゃははっ!」モミモミ

渋海「なっ……うあああああ!!」シュウウウウ

P「し、渋海!?」



12: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:22:16.08 ID:/7mVQSW80

愛海?「ひゃははは! やったやった! 漁夫の利いただいちゃったよ!」

P「お、お前は……?」

愛海?→潜海「アタシ? アタシは棟方潜海。最初っからロッカーに隠れてチャンスを待ってたんだよ」

P「…………」

潜海「我ながら賢いよねー。これで棟方愛海の主人格いただきー……って、お?」

P「?」

潜海「なんだ、まだ一人残ってたのか。よっと」モミュン

P「お、おい……」

潜海「あ、あれ? 消えない? 何で!? 何で消えないの!?」モミモミモミモミ

P「そりゃ消えないだろ……だって」

潜海「へ?」



13: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:22:52.74 ID:/7mVQSW80

杉坂海「…………」

P「そいつは『棟方○海』じゃなくて、『杉坂海』なんだから」

潜海「」

海「それっ」ガシッ

潜海「ひっ、捕まった!」

海「ねえPサン、このヘンな愛海は清良サンに突き出しちゃっていいの?」

P「まあ待て海。それは専門の方にお願いしよう」

潜海「専門の方…………ま、まさか!?」

愛海「…………」ガチャ

潜海「あ……あつ、み……」ガクガクガクガク

P「そう、そいつは…………」



14: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:24:39.83 ID:/7mVQSW80






P「棟方愛海の主人格そのものだ」




愛海「いっただっきまぁーす!!」モミモミフニフニクリクリペロペロポインポイン




潜海「ひいいいいいいい!!」シュウウウウ








15: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:25:42.80 ID:/7mVQSW80

海「……ねえ、未だによく分からないんだけど」

P「心配するな、俺もだ」

愛海「いやぁー、ご迷惑をおかけしました、ウヒヒ♪」モミモミ

海「あんまりあくどい揉み方したら怒るからね、愛海」

愛海「はぁーい♪ 海さん大好きー♪」モミモミ

P「『のおっぱい』、を忘れてないか?」

愛海「訂正、節度を守れば揉ませてくれる海さん大好きー♪」モミモミ

P「全くこいつは……」

海「しかし、よく顔面陥没から復活したね愛海」

愛海「有香さんが『反対から思い切り押せば戻るんじゃ!?』って後頭部に正拳突きを繰り返した結果だよ」モミモミ

P「よく生きてたなお前」



16: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:26:23.42 ID:/7mVQSW80

愛海「まあ、その後もちろん有香さんのも堪能させてもらったけどね!」モミモミ

P「あんな形とはいえ褒めるんじゃなかった」

海「もしかして、『これが済んだら揉める』とか考えながら正拳突き耐えたとか……?」

P「ありうるな」

愛海「……殺気!」バッ

柳清良「愛海ちゃんの悪さの気配を感じてやって来ました」ガチャ

愛海「ひぃぃー!!」ダッ

海「あ、清良サン。あの、ウチは別に揉まれても困ってないから……」

清良「逃げられないわよ、愛海ちゃん」シュバババ

愛海「助けてぇー!! 直腸検査は嫌だぁー!!」ガタガタ

海「聞いて無いし……」



17: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:27:05.65 ID:/7mVQSW80

P「……でもまあ、アレだな」

海「……そだね」

P「なんだかんだ言って、アイツがいると……」

海「うん、事務所全体が……」

清良「それっ」ズッポシ

愛海「んほおおおおおおっ」ビクンビクン




P・海「「賑やかだよな(ね)」」




終わり



18: ◆JZ7iYv4mkA 2013/10/29(火) 20:28:58.29 ID:/7mVQSW80

終わりです
今気付いたけど『前が見えねぇ』はドラえもんじゃなくてクレヨンしんちゃんだね!(白目)

愛海のSR化を祈りながらHTML化依頼してきます


元スレ
SS速報VIP:モバP「愛海が倒れただって!?」