1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:15:30.60 ID:JUCUCrlR0

新ジャンルという言葉がすたれて幾星霜



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:21:37.35 ID:JUCUCrlR0

兄「なんぞこれ、妹着色料?」

兄「『妹を一瞬で染め上げる魔法の薬。あなた色に染めてあげて』……?」

兄「面白い。買ってみるか」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:25:15.93 ID:JUCUCrlR0

兄「おい妹」

妹「……なに?」

兄「これでもくらえ! ばばっ」

妹「うわっ! ごほごほっ! なにすんのよ、変態!」

兄「ふーむ、どこかおかしいところはないかね」

赤妹「おかしいのはあんたでしょ! 馬鹿じゃないの!」

兄「うわ赤い」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:31:08.29 ID:JUCUCrlR0

兄「赤いな、実に赤い」

赤妹「何の話よ! 説明して!」

兄「や、妹が赤くなったな、と」

赤妹「……あんた、本当に頭おかしくなったの?」

兄「もうすこし付き合ってくれたまえ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:35:02.84 ID:JUCUCrlR0

兄「しかしこれは、妹の色が変わるだけなのか? 性格とか他に変わったりはしないのか」

兄「『衛生面において人体に影響はありません。そのままおいしく食べられます』……」

兄「だってさ」

赤妹「だから何言ってるのか最初から説明してよ!」

兄「着色してみただけだ。面白そうだから」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:44:04.71 ID:JUCUCrlR0

赤妹「……やっぱり頭おかしいよね」

兄「もっと面白いことになると思ったんだけど、すまん」

赤妹「まず私に変なものぶつけたことを謝れ」

兄「ごめん」

赤妹「……もういい! どっか行け変態!」

兄「そうしよう。申し訳ない」

赤妹「ったく」



赤妹「うわほんとに赤くなってる……落ちるよね、これ?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:47:31.13 ID:JUCUCrlR0

――


赤妹「結局落ちなかった……」

友「おはよう妹ちゃん」

赤妹「あ、友ちゃんおはよう」

友「赤っ!」

赤妹「あ、やっぱ赤く見える?」

友「うん。これが赤じゃなかったらトマトも涙目ってぐらいには赤いよ」

赤妹「そんなにか」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:53:40.22 ID:JUCUCrlR0

友「なるほどお兄さんのせいだったか」

赤妹「ほんとどうにかしてほしいよあの馬鹿」

友「まぁ妹ちゃんのお兄さんは昔から変人で有名だったからね」

赤妹「変人なら許されるという考えはおかしいと主張します」

友「その主張を認めます」

赤妹「はぁ……これ落ちるのかな」

友「ま、そのうち落ちるんじゃない?」

赤妹「簡単に言ってくれるね」

先生「HRの時間だコラァって赤っ!」

赤妹「……はぁ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 06:57:41.48 ID:JUCUCrlR0

――


赤妹「ただいまー」

母「赤っ! おかえり」

赤妹「兄さん帰って来てる?」

母「部屋にいるんじゃない?」

赤妹「ありがと」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:01:14.50 ID:JUCUCrlR0

赤妹「おいこら馬鹿兄」

兄「おう妹よ。今日はいつにも増して赤いな」

赤妹「いつもは赤くねぇ。とっととこの赤色どうにかしろ」

兄「とはいってもな、せっかく色づいたんだし、このままでもいいんじゃないか?」

赤妹「変な暗喩みたいに言うのやめろ」

兄「今日の夕飯は赤飯か」

赤妹「やめろ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:05:45.37 ID:JUCUCrlR0

兄「しかたない。ここに妹脱色剤がある。これを振りまけば着色料も落ちるであろう」

赤妹「昨日のうちに出しなさいよそれ」

兄「せっかくだし一日ぐらいは、と」

赤妹「会う人会う人に『赤っ!』って言われるだけでなんのメリットもなかったよ」

兄「それは残念。 ばばっ」

赤妹「うわっ! ごほっごほっ」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:09:26.46 ID:JUCUCrlR0

黄妹「ちょっといきなりやるのやめてよ!」

兄「おおう」

黄妹「……どうしたの? ちゃんと色は落ちてる?」

兄「黄色いな、実に黄色い」

黄妹「え!? 脱色してないじゃん! というか黄色くなってる!?」

兄「せっかくだし他の色も試してみないともったいないと思いまして」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:13:50.37 ID:JUCUCrlR0

黄妹「あああ」

兄「や、実に黄色い。バナナも真っ青」

黄妹「ふざけないで元に戻してよ!」

兄「しかし、これを見たまえ。今日の夕刊だ」

黄妹「は?」

兄「『妹着色空前のブーム。在庫切れ続出』」

黄妹「うわ。なんだこれ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:19:35.93 ID:JUCUCrlR0

――その後、妹着色は本当に大ブームとなり

――色のない妹など妹にあらずと言われるほどに、ムーブメントを巻き起こした。

――はじめは嫌がっていた妹も、それが常識となると

――むしろ積極的に着色されるようになっていった。



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:25:26.21 ID:JUCUCrlR0

ネイビー妹「それじゃ兄さん、お願い」

兄「うむ。そりゃ」

マゼンタ妹「げほげほ……。ありがと、兄さん」

兄「どういたしまして」

マゼンタ妹「どう? 可愛い?」

兄「ああ、このぐらいの色なら可愛いな」

マゼンタ妹「へへ」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:31:10.39 ID:JUCUCrlR0

兄「あんまりけばけばしい色は好きじゃない」

マゼンタ妹「でも、最近はみんな派手な色が多いからね。あんまり地味な色だと目立たないかも」

兄「目立つ必要はないだろ?」

マゼンタ妹「でも、それが流行ってるから」

兄「流行なんて意識しなくていいじゃないか」

マゼンタ妹「……流行を考えなかったら、着色する意味なんてないよ」

兄「あ、おい」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:36:18.90 ID:JUCUCrlR0

――

ラベンダー妹「まったく」

――

アクアマリン妹「兄さんは」

――

ゴールド妹「わかってないよ」

――

ショッキングピンク妹「ごほっごほっ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:39:22.51 ID:JUCUCrlR0

兄「おい、大丈夫か」

ショッキングピンク妹「なにこれ、ごほっ。息が苦しい」

兄「着色料の摂り過ぎだ」

ショッキングピンク妹「だって、体には無害なんじゃ」

兄「いくらなんでもそんな色が体にいいわけないだろう。もういいだろ。脱色するぞ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:42:05.50 ID:JUCUCrlR0

ショッキングピンク妹「……うん」

兄「ごめんな。もっと早く脱色してやるべきだった」

ショッキングピンク妹「ううん、私がしてほしいって頼んだんだし」

兄「とにかく、脱色剤かけるぞ」

ショッキングピンク妹「う、ごほっごほっ」






『あれ?』



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:46:45.31 ID:JUCUCrlR0

兄「おい妹? どこ行った?」

『兄さん、何言ってるの? 私はここにいるよ?』

兄「なんと、脱色剤をかけたら妹が消えてしまった」

『ちょっとちょっと、見えてないの? 私はここにいるって……』

『……ああ、そうか』

『私の色も、全部落ちちゃったんだ』

『仕方ないかもね。着色を、色を重ねすぎて、もう私自身、自分がどんな色だったか思い出せないんだし』

兄「これは困ったな。仕方ない」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:48:54.20 ID:JUCUCrlR0

兄「ほら、出てこい妹。ばばっ」

妹「うわっ」

兄「お、出てきた」

妹「は!? どういうこと?」

兄「や、元に戻ったな。色も、姿も」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 07:54:27.70 ID:JUCUCrlR0

妹「ちょっと、これどういうこと?」

兄「や、妹が見えなくなったから、もう一度色をつけてあげただけさ」

妹「どうやって? 今の姿は色なんてついてないみたいだけど」

兄「それはもちろん。『おれ色に染め上げた』」

妹「はぁ!?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 08:00:50.88 ID:JUCUCrlR0

兄「つまり、おれが望む妹の姿に塗っただけさ」

妹「意味わかんない。今の私があんたの望む姿だってこと?」

兄「そのとおり」

妹「どうやったらそんなことできんのよ!」

兄「……もともと、妹着色料を買ってきた理由は、おれ好みに妹に色をつけるためだったわけさ」

妹「……」

兄「色々回り道したけど、結果として望む色におさまってよかった」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 08:05:23.18 ID:JUCUCrlR0

妹「……それじゃ今の、兄さんが望む私は、昔の私とどこが違うの?」

兄「これまで、いろんな色の妹を見てきたわけだけど」

妹「けど?」



兄「普通の色がいちばんだと思ったね。色つきの妹を見てると飯がまずくなるし」

妹「……あっそ」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 08:13:21.09 ID:JUCUCrlR0

妹「まったく自分勝手なんだから」

兄「昔からそうだろう。そうじゃなきゃ妹を着色しようなんて思わない」

妹「昔から、なら許されるという考えはおかしいと主張します」

兄「妹さえ許してくれれば構わない」

妹「許すか、この変態め」

兄「ごめん」

妹「もう、なんか疲れた……」



兄(本当は妹脱色剤とセットの戻し液をかけただけなんだけど、言わないほうがいいか)

妹「なんか言った?」

兄「や、別に」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 08:13:52.97 ID:JUCUCrlR0

おしまい


元スレ
兄「着色系妹……?」