47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:51:02.313 ID:St1EqwaJr.net

ラフィ「タプちゃん、タプちゃん」

タプリス「なんですか白羽先輩?」

ラフィ「今現在ガヴちゃんは悪魔に心を奪われて居るわけですが...」

ラフィ「私たちでなんとかしてガヴちゃんを昔のガヴちゃんに戻してあげましょう!!」

タプリス「本当ですか!?白羽先輩も手伝ってくれるのであればとても心強いです!」

ラフィ「あ、いえ私は参加しませんので」

タプリス「えぇ!なんでですか!今私たちって...」

ラフィ「ほら 私って優等生じゃないですか?だから直接干渉するのはちょっと~」

タプリス「そ、そんな~...」

ラフィ「でも大丈夫です!直接私は動きませんが助言程度ならできます!」

タプリス「それは心強いです!」

ラフィ「それでは元凶の悪魔もといサターニャさんのおうちにいきましょう!」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:04:30.111 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「どっからはいってきたのよ!」

ラフィ「あ、玄関が開いていたのでー」

サターニャ「なんで開いてたらはいってくるのよ!
ていうか閉めたし!ちゃんと閉めたし!!」

ラフィ「あ、鍵持ってたのでー」

サターニャ「なんで私の鍵持ってるのよ!犯罪じゃない!
ふほーしんにゅーよ!ふほーしんにゅー!!」

ラフィ「まあいいじゃないですか減る物じゃありませんし」

サターニャ「減ったわよ!鍵がひとつ減ったわよ!」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:12:31.690 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「だいたい何しに来たのよ...」

ラフィ(えーと...なんでしたっけ...)

タプリス「し、白羽先輩...そういえば何も策がないまま敵拠点まできてよかったのでしょうか...」

ラフィ「え...?あ、あぁそうでしたガヴちゃんを...」

タプリス「どうしましょう...あの悪魔すごく怒ってますよ...」

ラフィ「大丈夫です!私がついています!!」

タプリス「そうでした!!心強いです!!」

ラフィ「そうですね...まずは相手の体力を削るとしましょう...」

タプリス「そうですね、相手は万全の状態ですし...でもどうやって?刺しますか?」

ラフィ「抱きついてギューっとするんです!!」

タプリス「え?なんで抱きつく...」

ラフィ「あぁ間違えました...悪魔の弱点はタプちゃんの聖なるエキス...じゃなくてエナジーです!
だから胴を掴んでしてそのまま締め上げてください!」

タプリス「なるほど!流石 白羽先輩!」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:19:22.682 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「ちょっと!私を放置しないでよ!」

タプリス「悪魔!観念してください!この天使エナジーであなたを......弱らせます!!」

サターニャ「弱らせるって...滅するとかじゃないのね」

タプリス「行きますよー!おらー!」ギュ

サターニャ「......な、なによ...」

タプリス「参りましたか!このやろー!!」ギュー

サターニャ「だからなによ...あっ」グラッ

タプリス「あっ...」

ゴンッ!

サターニャ「痛っ!!ッー!ちょっと!頭ぶつけちゃったじゃない!」

タプリス「あ、あぁ...ご、ごめんなさい...」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:29:32.357 ID:St1EqwaJr.net

タプリス「白羽先輩ぃ~...助けてください...」

ラフィ「...ププッ......あ、はいそうですね、大丈夫です!グッドです!」

タプリス「ほ、本当ですか~?怒ってますよ...」

ラフィ「いえいえ確実に弱ってますよ」

イッタイワネー...タンコブデキタンジャナイコレ?

ラフィ「ほら!聖なるエナジーの効果覿面ですね!」

タプリス「ほ、本当ですね!弱ってます!」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:30:44.217 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「ちょっと なんなのよこれ...」

ラフィ「えっとこれは...儀式です!」

サターニャ「儀式...なんのよ?」

ラフィ「えっとサターニャさんを大悪魔にするためにここにいる天使を生け贄に捧げるんです!!」

タプリス「えぇ!?私死ぬんですか!?」

ラフィ「あ、えーっと...天使のエナジーで内側からこう...」

タプリス「なるほど!流石です!白羽先輩!!」

サターニャ「なるほどね!エネルギーでということね!!」

ラフィ「^^」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:37:35.308 ID:St1EqwaJr.net

ラフィ「もうそろそろ〆に入りましょう」

タプリス「トドメということですね!」

サターニャ「ついに完成するのね!」

タプリス「え?」

サターニャ「うぇ?」

ラフィ「あぁ...えーっと お二人は少し静かにしてもらえますか」

ラフィ「最後に愛の口づけを...これで最後です!」

タプリス「これで天真先輩が...」

サターニャ「これで最強になれるのね...」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:42:53.661 ID:St1EqwaJr.net

タプリス「いきますよー!」

サターニャ「なーはっはっは!!かかってくるがいいわ!天使!」

ラフィ「あぁそうでしたカメラカメラ...」

タプリス「うーっ!」

サターニャ「うーっ!」チュ

タプリス「やってやりましたよ!白羽先輩!」

サターニャ「これで私が最強に!」

ラフィ「え?あぁちょっと待ってください もう一回お願いします」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 01:54:43.150 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「な、なんでよ今ので完成じゃないの...」

ラフィ「あぁいえちょっと見てなかった...じゃなかったもうちょっと長くお願いします」

タプリス「長くないと効かないんですね!わかりました!」

サターニャ「まあいいわ...」

タプリス「うーっ!」

サターニャ「うーっ!」ムチュー

ラフィ「あぁ...タイマーじゃなくて...えっと...」

タプリス「ンーっ!」ムチュー

サターニャ「ンーっ!」ムチュー

ラフィ「あぁこれでオッケーですね...」ピピッパシャ!



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:01:27.128 ID:St1EqwaJr.net

ラフィ「あー...間違えてフラッシュが...」

タプリス「い、今の光はなんですか!?」

ラフィ「え、えーっと...成功です!今のが成功の合図です!目的は達成されました!!」

タプリス「そうなんですか!なら早く天真先輩の許へ急ぎましょう!」

ラフィ「そ、そうですね!撤収です!!」

サターニャ「うぇ!?ちょちょっと待ちなさいよー!」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:09:47.192 ID:St1EqwaJr.net

ラフィ「ガヴちゃーん?居ますかー?」ピンポーン

タプリス「......い、いないんですかね...?」

ラフィ「...ガヴちゃーん?居ますねー?」ピピピピピンポーン

ガヴ「なんだよ!うるさいな!今忙しいんだよ!」

ラフィ「あぁ、やっぱりいました」

タプリス「天真先輩ぃ~!」ダキッ

ガヴ「...?なんだこいつどうしたんだ?」

ラフィ「会いたかったんじゃないんですか~?」

ガヴ「そ、そうかってあっ!イベントがっ!」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:53:27.654 ID:St1EqwaJr.net

ガヴ「あ~もう死んじゃったじゃん!」

タプリス「......な、直ってるんですかね これ?」

ラフィ「うーんと、あっ最後に抱きついてみたらいいんじゃないでしょうかー」

タプリス「えぇ!?天真先輩に抱きつくんですか!?」

ラフィ「はい!今はもう悪魔の手はかかっていません!ですがまだ汚れているのです...
そこでタプちゃんの力で浄化させましょう!!」

タプリス「な、なるほど...天真先輩を救うためですねし、仕方ありませんね...」



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:56:12.837 ID:St1EqwaJr.net

タプリス「天真先輩お覚悟を!!」ギュー

ガヴ「うぉ!」

タプリス「」ギュー

ガヴ「なんなんだよ...ゲームがやりにくいから離れてくれ...」

タプリス「いいえ!離れません!天真先輩が目を覚ますまでは!!」

ラフィ「^^」パシャー

ガヴ「いやお前が目を覚ませよ...ラフィに弄ばれてるじゃないか...」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:56:48.501 ID:St1EqwaJr.net

ラフィ「タプちゃんコチョコチョをしてみてはいかがですか?多分浄化が速まりますよ」

タプリス「そうなんですか!では!!」コチョコチョ

ガヴ「あははは!!ちょ!ちょっとやめろ!!死ぬ!キャラが死ぬ!!」

ラフィ「^^」パシャー

ガヴ「はぁはぁ...もー死んじゃったじゃんか!やめろよ!」

タプリス「す、すみません......」

ガヴ「だいたいラフィが連れてきたんだろ!ラフィのせいだ!!」

ラフィ「私に言われてもー...」

ガヴ「もういい!寝るっ!!」

ピンポーン...

ラフィ「はーい!」タッタッタッタッ

ガヴ「勝手に出るなよ...」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:12:21.480 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「なーはっはっは!!最強になったこの私がきてやったわよ!!」

タプリス「なっ!後をつけてきたんですか!この悪魔めっ!」

サターニャ「あら?さっきの生け贄の天使ね、だけどあなたなんかには用はないわ!」

タプリス「まさか!また天真先輩を狙って!!」

サターニャ「そのまさかよ!ガヴリール!私と勝負なさい!!」

ガヴ「パース...あっそこの天使が戦うってー」

タプリス「わ、わたしですか!? いえ...せっかく魔の手から逃れた先輩を助けなくては!
いいでしょう!受けてたちましょう!」

サターニャ「望むところだわ!」

ラフィ「あーじゃあ相撲で決着をつけましょう!」

サターニャ「なんであなたが仕切るのよ...」

タプリス「はっ!怖じ気づいたんですね!!」

サターニャ「なっ!そんなことないじゃない!いいわ やってやろうじゃない!」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:28:02.731 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「ところですもうってなによ」

タプリス「すもう...日本のスポーツだったような...」

ラフィ「あ、知らないんですね...えーとまず両者胸を掴んでー」

サターニャ「......つかめないわ」

タプリス「なっ!こっちだってつかめませんよ!!」

サターニャ「私はまだあるわよ!あんたなんて壁じゃない!」

タプリス「そっちこそ何もないですよ!天真先輩ぐらいにまっ平らですよ!」

サターニャ「ガヴリールよりあるわよ!あんなペッタンコじゃないわ!」

ラフィ「ちょ、ちょっと待ってください......あー...じゃあお腹をつかみましょう」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:37:45.513 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「つかむってこう?」

ラフィ「はいそうです、胴をつかむ感じですね」

タプリス「ちょっと!くすぐらないでください!!」

サターニャ「くすぐってなんかないわよ!」

タプリス「こ、これをくすぐってるというんです!」

ラフィ「あーもうハッケヨイノコッター」

サターニャ「うぇ?な、なんていったのよ!」

ラフィ「え?あ、そうでした...スタートです!始め!」

タプリス「こ、このやろー!!ってだからくすぐらないでください!」

サターニャ「だからくすぐってないっていってるでしょ!」

タプリス「だからくすぐって...ふふっ...あは...あはは!!あっ」グラッ

サターニャ「あっ」グラッ

ガヴ'sPC「」メキョ



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:49:51.262 ID:St1EqwaJr.net

サターニャ「あー...」

タプリス「どどどど、どうしましょう!」

ラフィ「あらー」

ガヴ「...ん?なんか嫌な音が...ってあーー!!」

タプリス「すす、すみません!天真先輩!!」

サターニャ「わ、私じゃないわよ!この天使が勝手に崩れて...」

ガヴ「うるさーーい!だいたい何、人の家で暴れてんだよ!ばーーか!!!あぁ...こんなに滅茶滅茶に...」

タプリス「ご、ごめんなさい~!!」

サターニャ「わ、私は...ェッグ......悪く...ズズー......ないもん...」

ガヴ「もうこんなの直らないじゃないか......」

ラフィ「^^」パシャー


~ひぃん~


元スレ
ラフィ「タプちゃん!ガヴちゃんをあの悪魔から救いましょう!」タプリス「そうですね!そうしましょう!」