SS速報VIP:花音「千聖ちゃんとの、ちょっとだけ長い帰り道」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569075037/



1: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:10:37.78 ID:Du4y4HqP0

千聖(この前見つけたばかりのカフェに寄って、ゆっくりとお茶した帰り道)

千聖(もう外も暗くなってきていて、私と隣にいる花音の足音だけが響く)

千聖(夜は少し冷えるけれど。花音と繋いだ手が、私の冷えた身体を温めてくれている)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1569075037




2: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:11:21.81 ID:Du4y4HqP0

千聖(カフェから数十分も歩いた頃、大きな木が見えてくる。私の家の近くにある公園に生えた、大きな一本の木)

千聖(すっかり紅く色付いた葉を見て、『もう秋ね』なんて感じていた時。ふと、握られた手に力が掛かるのを感じる)

千聖(何かあったのかと隣を見れば、花音が少しだけ寂しそうな表情をしていた)




3: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:11:49.90 ID:Du4y4HqP0

千聖「花音?」

花音「あっ、ごめんね。急に強く握ったりして……」

千聖「……何かあった?」

花音「ううん、なんでもないよ」


千聖(そこで会話が止まり、ゆっくりと歩き始める。公園に近づくにつれて、手に込められる力が徐々に弱くなっていく)

千聖(ゆっくりと景色が流れていき、公園の目の前に着いた時。また手がぎゅっと強く握られる)




4: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:12:19.95 ID:Du4y4HqP0

花音「……」


千聖(分かりやすくしゅんとした花音の姿が視界に映る)

千聖(なんとなく隣の恋人が考えていることに察しが付いていた私は、軽く花音の腕を引っ張って公園の中に入る)

千聖(ベンチの側で足を止めて、花音をベンチに座らせた)




5: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:12:59.67 ID:Du4y4HqP0

千聖「花音?言ってくれなきゃ分からないわ」


千聖(ベンチに座りながら声を掛けてみるも、花音から返事はない)

千聖(その代わりに、勢い良く抱き着いてきた)


千聖「今日の花音は甘えん坊ね」

花音「……ん……えへ……」


千聖(胸に顔を埋めて頬擦りなんて、まるで親に甘える子供みたい。そんなことを思って、子供をあやすように優しく頭を撫でる)

千聖(気持ちがよかったのか、さっきまでの寂しそうな顔は笑顔に変わっていく。そんな花音の変化が可愛くて、少しだけ意地悪をしてみる)


花音「……ぁ」


千聖(撫でる手を止めると、すぐに寂しそうな表情に戻って。物欲しそうな目でこちらを見上げてくる)




6: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:14:14.89 ID:Du4y4HqP0

千聖「どうしたの?」


千聖(花音が何を言いたいかは分かっているけれど。花音の口から聞きたくて、意地悪な問いを投げかける)


花音「……もっと、してほしいな……」

千聖「何をかしら」

花音「……千聖ちゃんのイジワル」

千聖「ふふ、怒った顔も可愛い。意地悪でごめんなさいね」


千聖「花音から言ってほしいわ。花音は私に何をしてほしいの?」


千聖(ぷくりと頬を膨らませる花音が愛らしくて、敢えて花音から言ってくれるように仕向けてみる)

千聖(私は本当に意地悪な女ね……なんて思いながら、花音の返答を待つ)

千聖(恥ずかしいのか、花音はしばらく私の胸に顔を埋めていた。少ししてから顔を離して、意を決したように口を開く)


花音「……もっと強く、抱き締めて。もっといっぱい、頭を撫でて……?」




7: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:14:42.81 ID:Du4y4HqP0

千聖(潤んだ瞳でねだってくる花音に私も耐えきれなくなって、抱き締める腕を強める)

千聖(青い髪に手を添えると、表情が期待に染まる。頭を撫でてあげると、笑顔を浮かべてくれる)


花音「わ……えへへ……」




8: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:15:29.50 ID:Du4y4HqP0

千聖(心が満たされていくのを感じながら、そのまま頭を撫で続ける)

千聖(数秒か数分か、撫で続けた頃。何かに気付いたかのように、花音の表情が少し曇る)

千聖(……誰よりも優しいこの子のことだから、きっとまた何かを我慢しているのでしょうね)


千聖「何かまだ、したいことがあるのでしょう?」

花音「で、でも……」

千聖「大丈夫。花音のしたいことを、なんでも言っていいの」

花音「……いいの?」

千聖「えぇ」

花音「すごくワガママなこと、言っちゃうかも」

千聖「そのくらい、なんでもないわ。だから……ね?」


千聖(少し躊躇っていたようだけど。私の言葉で決心がついたのか、ついにその願いを口にした)


花音「……ずっと一緒にいたいよ……離れちゃ、イヤなの……」




9: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:15:56.02 ID:Du4y4HqP0

千聖「……もう、仕方のない子ね」


千聖「大丈夫。離れたりなんてしないわ。私と花音は、ずーっと一緒よ」



10: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:16:21.99 ID:Du4y4HqP0

花音「えへへ……♪」


千聖(私のその答えに安堵したのか、不安が消え去った彼女の顔はまるで満開の桜のよう)

千聖(季節外れでも美しく咲く夜桜を見ながら、自分の心臓の鼓動が早くなっているのを自覚する)

千聖(高揚、しているのかも。離れたくないと言われ、求められることに)




11: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:16:48.40 ID:Du4y4HqP0

千聖(離れないと誓ったはいいものの。このままずっとここに居るわけにもいかない)

千聖(このままずっと二人きりで居たいのは山々だけれど、お互い親が心配するだろうし。それとは関係なく、花音のようにか弱い女の子をこんな場所に居させては危険があるかもしれないわ)

千聖(数秒の思案の後。この状況にピッタリな言い訳を思い付く)


千聖(ーー道に迷ったことにしてしまおう、と)




12: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:17:14.73 ID:Du4y4HqP0

千聖(私は電車の乗り継ぎが苦手、花音は方向音痴で迷いがち。普段なら悩みの種となるそれが、今に限っては味方となる)

千聖(花音のせいにするのは嫌だから、電車を乗り間違えたことにしてしまえばいい。私が電車を乗り間違えるのはよくあることだから、きっと誰も疑わない)

千聖(我ながら悪いことを思い付くわね。でも、この笑顔を今だけは私だけのものにしたいから)


千聖「花音、ちょっとスマホ借りるわね」


千聖(耳元で囁くように言って、肩に下げていた鞄から花音のスマホを取り出す。慣れた手付きでロックを解除して、開いたメッセージアプリに文字を打ち込んでいく)

千聖(打ち込む内容は『千聖ちゃんが電車を乗り間違えた』『遅くなったから千聖ちゃんが泊めてくれる』の二つ。一つ目は嘘で、もう一つは半分嘘だけど)


花音「千聖、ちゃん……?」


千聖「……これで、ずっと一緒に居られるわ」




13: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:17:45.15 ID:Du4y4HqP0

花音「……千聖ちゃん、何送ったの」


千聖(察したらしい花音が、ムッとした表情でこちらを見つめてくる)

聖(不満げなその顔も素敵だけれど、見ているよりも機嫌を直すのが先かしら。そう思い、彼女の唇にそっと口付けをする) 

千聖「んっ…………」


千聖(唇と唇が触れ合うだけの、軽いキス。それだけでも脳を掻き乱すほどに甘美で、もっと先を求めてしまう)


花音「んむ…………ぷぁ……うぅ……」

千聖「ふふ」


千聖(花音も同じ気持ちだったみたいで、手を絡ませながら舌を入れようと私の唇を軽く叩いてきたけれど。ちょっとだけお預け)


千聖「もう少しの辛抱だから……ね?」

花音「……うん」


千聖(なんとか納得してくれた可愛い恋人に今夜たっぷり愛を捧げることを誓いながら、繋いだままのその手を軽く引く)

千聖(それだけで全てを理解したらしい花音は、ギュッと握る力を強めて私に囁いた)




14: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:18:11.13 ID:Du4y4HqP0

花音「ずっとずっと、離さないで……ね?」



15: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:18:48.90 ID:Du4y4HqP0

ーーファストフード店

彩「えっ、今朝学校に遅刻したのってそれが理由だったの!?」

千聖「えぇ。あんなに可愛い姿を見せられたら、放っておけるわけないじゃない」

花音「ノートまで見せてもらってごめんね、彩ちゃん……私も遅刻はダメだって言ったんだけど」

彩「ううん、それはいいの。こっちのクラスの内容と同じで良かった。……だからって千聖ちゃん、その場でホテルに連れ込まなくても……」

千聖「寝ぼけて甘えてくる花音が可愛くて、つい。気付いたらチェックアウトの時間ギリギリだったわ」




16: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:19:22.49 ID:Du4y4HqP0

花音「私それ、全然覚えてないんだけど……ど、どんな風に甘えてたの?」

千聖「そうね……私は先に目が覚めていたのだけど。花音の背中を撫でたら、花音が手をギュッて掴んで離してくれなくて。私の腕を抱き締めたり、匂いを嗅いだり、頬擦りしたりしてたわね」

彩(あっ、やば)

千聖「そのまま腕にキスとかしてくれたりして。ちょっと強くて跡が残っちゃったけど、花音のものって印を付けられたと思うと嬉しくて……」




17: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:19:49.71 ID:Du4y4HqP0

花音「ち、千聖ちゃんっ。もうやめてよぉ」

彩「あのー、私、このあとシフト入ってるんだけど……」

千聖「彩ちゃんはこのままここでバイトでしょう?移動時間を考慮しなくていいのだからまだ時間はあるわ。それで、目覚めた時の花音の反応がねーー」

花音「千聖ちゃん、そんなに細かく説明されたら恥ずかしいから……っ」


彩「…………長くなりそうだなぁ」




18: ◆bncJ1ovdPY 2019/09/21(土) 23:22:18.49 ID:Du4y4HqP0

終わりです。
あやちさかのんはあやちさ・ちさかの・あやかのんの3つの派閥がありますが、皆さんはどれを推しますか?私は全部ですが


元スレ
SS速報VIP:花音「千聖ちゃんとの、ちょっとだけ長い帰り道」