1: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:34:11.26 ID:q2IU2yUY.net

梨子「あら、ルビィちゃんだけなのね」ガチャッ

ルビィ「あ、梨子ちゃん」

梨子「善子ちゃんもいないの?」

ルビィ「小テストの結果に引っかかっちゃって職員室連れて行かれちゃった…」

梨子「あぁ…、あの堕天使らしいわね」

梨子「じゃあ…隣いい?」

ルビィ「うん、もちろんどうぞっ。」

梨子「あ、ありがと…//」

ルビィ「えへへ。」



2: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:35:52.92 ID:q2IU2yUY.net

ルビィ「作曲の方は順調?」

梨子「えぇ、今回はなかなかスムーズに曲が浮かんできてるわ」
  「ルビィちゃんがセンターを務める曲だからかな?」
  「なんだか色々イメージが湧いてきて」

ルビィ「そ、そんなぁ…照れるよ」

梨子「こんなことで照れてたら人前でセンター立つ時どうするの」

ルビィ「そ、それは…うぅ…」

梨子「ルビィちゃんはもっと自信持っていいのよ」

ルビィ「そんなこと言われてもぉ…」

梨子「まあ、私がいえたことじゃないけどw」
  「花丸ちゃんを引き留めた度胸は何処へいったのよ」

ルビィ「それは…!あの時は夢中で…、それに花丸ちゃんのことが気になってたから」

梨子「そういうことは平気で言えるのね…」

ルビィ「な、何か変なこと言ったかな…?」

梨子「何でもないわよ。ルビィちゃんは無自覚タラシなのね」

ルビィ「えへへ、それは喜んでいいのかな?」

梨子「えぇ、そのまま受け取って」

ルビィ「うん、わかったっ」



3: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:37:35.32 ID:q2IU2yUY.net

ルビィ「それで梨子ちゃん、今度の曲はどういう雰囲気なの?」

梨子「そうね、メインのルビィちゃんにはしっかり話しておかないとね」

ルビィ「えへへ、ぜひお願いします」

梨子「ルビィちゃんって、何だかユニットの曲といいソロの曲といいどこか寂しげな曲が多いじゃない?」

ルビィ「メンバが千歌ちゃん・曜ちゃんだから…、元気な曲はそっちのイメージだしね」

梨子「だから今回はとびきり…ってほどでもないけどそれなりに明るい曲調にしたいなって思ってて」
  「花丸ちゃんともそういった方向で話を合わせてるのよ」

ルビィ「静かな曲もそれはそれでルビィは好きなんだけどね。ちゃんと歌えてるかどうかは分からないけど…」

梨子「大丈夫よ、しっかりと歌えてる。ルビィちゃんの歌声は心に直接問い掛けるものがあるもの」

ルビィ「ありがとう梨子ちゃん。でも確かにアイドルたるものどんなジャンルの歌でも歌い分けられるようにならないとっ」

梨子「ルビィちゃんならきっと大丈夫。私達も出来る限りのサポートをさせてもらうわ」

ルビィ「うんっ、お言葉に甘えるね」



5: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:39:11.15 ID:q2IU2yUY.net

梨子「それにしても…暑いわね」

ルビィ「まだまだ残暑って感じだよね」

梨子「夏の終わりって感じじゃないわよね…」
  「まぁ正直暑さがしつこいし、それなのに日が沈むのも早くなってくるから充実した練習時間を過ごさないとね」

ルビィ「今以上に楽しい時間を過ごせるといいよね。でもルビィは秋はお芋のシーズンだから好きなんだぁ」

梨子「お芋って時期を選ばずに美味しいものじゃないの…?」

梨子「…ん?あら、ママから携帯にメッセージきてる」



6: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:40:55.91 ID:q2IU2yUY.net

ルビィ「前から思ってたんだけど梨子ちゃんのスマホかわいいよね」

梨子「そ、そう?こういうシンプルな色合いとデザインが好きなのよね」

ルビィ「梨子ちゃんらしいな。インカメとかって使ってる?」

梨子「い、いんかめ?」

ルビィ「インカメラの略称なんだって。いわゆる自撮り…自分側を撮りやすいように設定できるモードなんだけどね」

梨子「へぇー…。カメラ自体あまり使わないからそっちの方は本当にからっきしだわ」

ルビィ「ルビィもあんまり使わないんだけど…」
   「でも好きなアイドルのSNSとかチェックしてるとみんな自撮りして写真あげてるんだぁ」

梨子「なるほどね。確かにチラッとそういう写真を見かけたことはあるかもしれない…」



7: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:42:52.57 ID:q2IU2yUY.net

ルビィ「それで…ですね。あの、一応…一応というか梨子ちゃんもルビィもアイドル、というかスクールアイドルなわけでして…」

梨子「…い、一緒に写る…?」

ルビィ「えへへ…ごめんね?なんか強引だよね」

梨子「い、いや別に全然そんなことないわよっ。何というかその話を聞いたら少し試してみたくなったしw」

ルビィ「ありがとう、梨子ちゃん」

梨子「…//」

ア,アレ?ルビィウツッテナイナァ...
ヤ,ヤッテミルトナカナカムズカシイネ...
モットチカヅイタホウガイイノカナ...?
チョッ...//アッ!フタリトモウツッテル!



8: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:45:16.98 ID:q2IU2yUY.net

……

ルビィ「えへへ、ありがとう梨子ちゃん。友達とこうやって自撮りして写るの実は憧れてたんだ」

梨子「何というか…気恥ずかしいけど、それが今しか出来ないことでもあるものね」

ルビィ「うんうん。確かに梨子ちゃんと2人きりな今だからこそお願いできたことかもっ」

梨子「あ、そっちの意味なのね…。じゃあ今の写真チャットで送るね」

ルビィ「うん、ありがとう」

梨子「思い出の1つとして残るものって良いわね」

ルビィ「思い出かぁ…。また梨子ちゃんとの思い出が1つ増えたってことだねっ」

梨子「そ、そうね//」

ルビィ「えへへ。この写真、Aqoursのグループチャットにも貼っちゃおっか?」

梨子「…ふふっ」

ルビィ「何て送ろうかなぁ」



9: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:46:30.73 ID:q2IU2yUY.net

……

Aqours(9)

紅玉【先に活動始めちゃったっ。《添付:りこルビ自撮り2ショット》】



10: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:48:42.95 ID:q2IU2yUY.net

……


梨子「…それで、ルビィちゃんが最近追いかけてるっていうそのアイドルはどういう人なの?」

ルビィ「あれ、梨子ちゃん興味持ってくれたの?」

梨子「あの、何というか…さ、参考までにね、他のアイドル知っておくのもいいかと思って…」

ルビィ「えへへ。ちょっと待ってね、えーと…この人!」

梨子「確かに…これは可愛い…」

ルビィ「でしょ?梨子ちゃんにそう言ってもらえると嬉しいなぁ」

梨子「どうしてルビィちゃんが嬉しがるの?」

ルビィ「あ、つい…」
   「この娘はね、まだ高校卒業したばかりなのにメディアに引っ張りだこですごく売れっ子なアイドルなんだぁ」

梨子「これほどの容姿ならテレビに映したくもなるかも…」



11: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:51:29.18 ID:q2IU2yUY.net

ルビィ「うふふ。実は最近ルビィ、将来できればプロのアイドルになりたいなぁなんって考えてて…」
   「この娘みたいに上手くはいかないと思うけど…」
   「でもやっぱり目指す以上はみんなから愛してもらえるようなアイドルになりたいし…」
   「ってごめんね!急に関係のないこと話し込んじゃって…」

梨子「ルビィちゃんならなれるわよ」

ルビィ「え?」

梨子「絶対…という保証は確かにないけれど、でもスクールアイドルの今でも多くの人を魅了している…」
  「私も魅了された人のうちの一人だし?」

ルビィ「梨子ちゃん…」

梨子「このまま歩んでいけば…私は、ルビィちゃんは絶対的なアイドルになれると思うわよ」
  「それに目指してるみんなから愛してもらえるアイドルっていうのもルビィちゃんにはうってつけなものだと思う」

ルビィ「そ、そこまで梨子ちゃんに言ってもらえたら…やっぱり照れるな…///」

梨子「え…?あっ、あの、私…!ご、ごめんなさい///……色々とお節介だったわよね…」

ルビィ「ううん、そんなことない!とっても嬉しいよ」
   「こんなルビィでもがんばろうって自信が付いた…。ありがとね…」

梨子「えぇ…ふふ」

ルビィ「えへへ…」



12: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:52:54.71 ID:q2IU2yUY.net

ダイヤ「あぁーーーーー!!!!!梨子さん!!!ルビィ泣かせましたね!!!!!」

ルビィ「ふぇっ?お、お姉ちゃん?」

梨子「ちょ、何言ってるんですか。ダイヤさん、誤解です」

ダイヤ「問答無用です!!!大丈夫ですかルビィ?」

ルビィ「うん、大丈夫だよ。ありがとうお姉ちゃん」

梨子「ちょっとは否定してよ…ルビィちゃん…」



13: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:54:20.06 ID:q2IU2yUY.net

善子「あなた達!!いつの間にそういうこと覚えたのよ」つドアバーン

梨子「よ、善子ちゃん…!そ、そういうことって…//」

ルビィ「は、ルビィ達は別に…//」

善子「何を動揺してるのよ…グループチャット見たわよ。自撮りならヨハネも混ぜなさいよっ」

梨子「あ、そ、そっちね…」

ダイヤ「ルビィも梨子さんも顔真っ赤にしてどうしたのですか?」

ルビィ「な、なんでもないよぉ!」

善子「ほらほら、撮るわよ」



14: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:56:11.33 ID:q2IU2yUY.net

梨子「善子ちゃんはこういうの手慣れてそうね」

善子「まぁ堕天使たるものこれくらいね。この4人ショットは…さしずめ、堕天使と忠実なリトルデーモンってあたりかしら」

ダイヤ「どちらかって言うとこのメンバーなら黒澤姉妹+よしりこって感じでしょうか?」

ルビィ「みんなルビィにとっては大事なお姉ちゃんだから黒澤4姉妹でも通りそう」

ダイヤ「ルビィ…」

善子「…私は同級生よ」

ルビィ「うふふっ」



15: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:57:39.64 ID:q2IU2yUY.net

鞠莉「ごめんなさい、理事長の仕事で遅れたわ!」

果南「なになにー?ルビィちゃんと梨子ちゃんそういう関係だったの?写真見たよ」

梨子「そういうのじゃないってば//」

ルビィ「グループチャットに写真載せたのは軽率だったかも…//」

千歌「なんか楽しそうなことやってるー!!写真撮ってるのー?」

曜「千歌ちゃん…部室入って第一声がそれ?」

花丸「あははっ。でも確かに楽しそう、マルも混ぜて欲しいずら」



16: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 01:59:58.46 ID:q2IU2yUY.net

ダイヤ「はいはいっ。着替え持って屋上向かうのが先です!ただでさえ練習時間押してるのですから!」

善子「それに屋上の方が日光で写真も盛れそうだし…。練習着ショットってのもまたリア充感あって…」

鞠莉「何呟いてるのよ?善子?」

善子「な、何でもないわよ!ほら行くわよ屋上!」

果南「なになに、焦ってるのかなん?剥ぐする?」

善子「うるさいわね!焦ってない!」

千歌「ダイヤさんも写真撮ったの?」

ダイヤ「はい、屋上行ったらみんなで撮りましょう。ただし、1枚だけですからね!」

千歌「うんっ!」

曜「ほんとだぁ、ルビィちゃんと梨子ちゃんの2ショット送られてる。ねぇ花丸ちゃん、私達もこんな感じに撮ろうよ?」

花丸「い、いえ、マルは写真は…でも、曜ちゃんの頼みなら…」

曜「花丸ちゃん…お願いっ!」

花丸「…っ!い、1枚だけ…ね…!」



17: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 02:01:55.19 ID:q2IU2yUY.net

梨子「…ルビィちゃん?みんな行っちゃったわよ?」

ルビィ「…今日もいい天気だね」

梨子「…えぇ、そうね」

ルビィ「こんな気持ちのいい日に素敵な仲間のみんなと同じことに夢中になってがんばって…」

梨子「…」

ルビィ「ルビィ、スクールアイドル始めてよかった」

梨子「…私も同じこと思った」

ルビィ「…」

梨子「…」

ルビィ「…ぷっ…」

梨子「ふふっ…」



18: 名無しで叶える物語 2019/09/22(日) 02:03:36.34 ID:q2IU2yUY.net

ルビィ「あはははっ」

梨子「うふふふっ」

梨子「さて、屋上に向かいましょうか」

ルビィ「うん、そうだね。……ねぇ梨子ちゃん」

梨子「どうしたの?」

ルビィ「これからもよろしくね!」

梨子「…えぇ、こちらこそ!」


窓から流れ込んだ淡い南風が日射に照らされた二人の髪を仄かに撫でた

fin


元スレ
りこルビの何気ない日常のお話