1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:44:39.90 ID:0YHcKIyA0

花子「うーおなかすいたー……」

ガチャ

花子「ねーちゃん? 櫻子ー?」


花子「いないのかな……」

花子「どうしよ。お昼なんかないの?」

花子「おっ……?」


花子「サラスパ……」

花子「よし! 今日はこいつにするし!」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:49:40.92 ID:0YHcKIyA0

花子「お湯沸騰させて……えーっとえーっと」

花子「もう、戸棚調べるのにいちいち椅子もってくるの面倒くさい! 早くおっきくなりたい!」

花子「ねーちゃんぐらいになりたいなー……よいしょ」

花子「おっ、ツナにコーンに……いいねいいね」

花子「サラスパってぐらいだし、野菜をいれないと……」

花子「んー……レタスは必須! あとは……キュウリもいいかも!細切りにしてー……」ごそごそ

花子「こんなもんか! よし!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:55:19.55 ID:0YHcKIyA0



花子「むむむ……」

花子「あー、ツナ缶開かない……爪とれちゃうしー」

花子「あっ、そうだ」


花子「これで……テコの原理!」

ぱかっ

花子「開いたー♪ やっぱ花子天才すぎるし……!」


花子「コーン缶も……えい、えい」


花子「ふぅ……あ、お湯大丈夫かな……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 21:59:56.04 ID:0YHcKIyA0

花子「そういえばお湯に塩いれるんだっけ。適当に……よっ」

花子「レタスはなるべく小さくちぎって、冷たい水に」

花子「キュウリは細く……! パスタにいれるのによく混ざる感じにしないと意味ないし」スッスッ

花子「味付けどうしよ……マヨ? 和風ドレッシング?」

花子「どうせならそれも作ってみるし!」


花子「えーっと、醤油と……」

花子「なんだろ、オリーブオイルとか?」

ぽんっ

花子「わっ……においが……」

花子「は、花子にはまだオリーブオイルは早いかもしれない……」

花子「ごま油! こっちの方がいい!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:06:31.20 ID:0YHcKIyA0

花子「あとこれとーこれとー……」カチャカチャ

花子「これを混ぜてみる!」



花子「わっ……!」

花子「これ絶対おいしいし! さすが花子!」

ぐつぐつ!

花子「おっと、パスタの準備もおっけーか」

花子「やけどしないように気をつけて……」

花子「よし、具を投入!」

花子「あとは和えるだけ……!」


花子「できたー!!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:11:56.13 ID:0YHcKIyA0

<花子のサラスパ>

麺は市販、細めのものを使用。適当に入れた塩だが、これが多すぎない程度だったのでちょうどいい。
具はコーン、ツナ、キュウリ、レタス。キュウリは細く切り、パスタの邪魔にならない柔らかさとなっている。レタスはちょっと小さくちぎりすぎてしまった? でも感じ感じ。
ドレッシングを自分で作ってみたが、適当に「入れたらうまくなるかも」と思って調味料を目分量で入れていたのでちゃんとした作り方はよく覚えていない。でも結果的に美味しいから大丈夫。


花子「どれどれ……?」

するっ

花子「わ! うまっ!///」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:16:06.50 ID:0YHcKIyA0

花子「これはツナとキュウリが和風の味付けによく合うし……!」

花子「ん! レタスもうまい!」

花子「んー、レモンちょっとだけいれても良かったかな……でもまあいっか」

花子「やっぱりこういのはフォークより箸で食べるに限るし!」

ガチャ

櫻子「ただいまー」

花子「あれ、どこいってたの?」んむんむ

櫻子「向日葵ん家でおやつもらってこようとおもったのに、なんか向日葵が急に怒り出してさー。怖いから帰ってきたんだよね」

花子「どうせ櫻子がなんかしたにきまってるし」フン

櫻子「いやいや、なんだっけ? スレタイ詐欺だとか、全然ズボラじゃない件とか……まあよくわかんないけど怒っててさー」

花子「ふーん」チュルチュル



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:20:55.47 ID:0YHcKIyA0

櫻子「ていうかそれ何!? いいなー私も!」

花子「これはダメ! 花子が自分のためにつくったんだし!」

櫻子「ひとくち! ひとくち!」

花子「じゃあコーン一粒だけあげるし」もぐもぐ

櫻子「そういうことじゃなくてぇ…………すきありっ!」ぱしっ

花子「んっ!?」

ずるずる

花子「んー! んー!」(勝手に食うなー!)

櫻子「おー、うめーうめー」もごもご

花子「ふんっ」ドゴッ

櫻子「ぐはっ」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:27:07.21 ID:0YHcKIyA0

――――――

『おんなのこたちの朝』


サーーッ……

花子「んー……朝シャンさいこー……」

花子「でもまだ眠い……」ウトウト

バン!

撫子「入るよー」

花子「えっ!? な、なんで!?」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:31:47.35 ID:0YHcKIyA0

撫子「今日用事あったの思い出してさ。すぐ行かなきゃいけないんだよね。ちょっと私シャワー使うから花子湯船行って」シッシッ

花子「あーもう勝手なんだから……まだトリートメントしてないのにー」ちゃぷ

撫子「だいたい小学生が土曜の朝からシャワーなんて必要ないでしょ?」しゃわー

花子「そんなことないしー!」

撫子「櫻子なんてまだ寝てるよ。あれがある意味小学生のあるべき姿だよ」わしゃわしゃ

花子「櫻子は中学生だし……小学生から成長してないけど」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:39:20.38 ID:0YHcKIyA0



花子「ふーっ……」ふきふき

花子(今日も櫻子と二人かー……)

花子「……あれ? ってことは朝ごはんは……?」

花子(今日ねーちゃんが作るんじゃなかったっけ……)



かぱっ

花子「わ! ご飯ない!」

花子「うぅ……日本人の主食~……」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:44:14.20 ID:0YHcKIyA0

がちゃ

花子「パンとかないのかな……」


花子「えーこれで何ができるって言うし……あ! 花子の牛乳半分ない!! ねーちゃん飲んだな……」


花子「もー……棚はー?」

花子「あっ、フロスティ……誰だろ買ったの」

花子(フレーク……久しぶりにいいかも!)

花子「誰のかわかんないけどこいつをちょっと貰うし!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:50:34.07 ID:0YHcKIyA0



花子(ただフロスティとミルクだけじゃつまんない……こうなったら合いそうなの適当にいれてみるし)

花子「下は?」がっ

花子「あっ! レディーボーデン!」

花子(うそ……これパフェ的なものが作れちゃうかも!)

花子(朝パフェってやばいし……/// やば、ちょっとテンション上がってきた)

花子「おっきいグラスで本格的なの作ってみよう!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 22:55:20.08 ID:0YHcKIyA0



花子「えーっと……パフェってどうなってるんだっけ。下がフレークだよね」さらさら

花子「次は? もうアイスだっけ? なんか違う気がする……」

花子(あっ、フルーツとか?)


花子「わっ、バナナある……でもバナナかぁ。なんか今日の気分じゃないというかー」

花子「あ! イチゴ発見!」キラキラ

花子(そっか……確か知り合いの人がくれたとか言ってたっけ……)

花子(このタイミングはナイスだし!ストロベリーだけにベリーナイス! 投入確定!)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:00:06.70 ID:0YHcKIyA0

花子「これを……切っていれるんだっけ? ……あれ? コンポート?」

花子(だ、大丈夫……花子流に作ればいいし。おいしければ問題ない!)


花子「あとは……クリームかチョコ的なのが欲しいけどー……あ、これハーシーズ! チョコソースゲットし!」

花子(ん? でも……)


花子(イチゴにチョコって合う……??)


花子(……合うか。ストロベリーチョコって名前を聞いたことがある気がするし。アポロとか)

花子「だから、まずこれを切って……これ入れて、次にアイスで……」

花子(! ひらめきっ!)




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:05:41.04 ID:0YHcKIyA0



花子(やばい……想像しただけでもう……///)じゅるっ


花子(つめたいアイスに熱いチョコをかけるやつ! この前テレビで見てからずっとやってみたかった!)

花子「んーと……チョコソースをあっためるときも湯せんじゃなきゃダメだよね。お湯!」

花子(手間がかかるけど……絶対おいしいし!)

花子「ポイントはたぶん直前までアイスを冷やしておくことだと思うし……でも冷たすぎると今度はうまくとれないから、今のうちに形を作っといて……よっしょ」

花子「うーまだかなーお湯ー」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:09:02.78 ID:0YHcKIyA0

――――――

花子(スピードが命……)

花子(待って。まずイメトレだし)

花子(アイス入れて……あ、違う。先にチョコか。いっぱいあっためて、アイスで、チョコだ! よーし……)


花子(よっ!)

なみなみ……

花子(チョコ オン!)


花子(お次はアイス! たっぷりね! )

花子(んー……このバニラエッセンスも好きだけど、悪いけど今回はストロベリーチョコに染まってもらうし!)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:13:33.42 ID:0YHcKIyA0

花子「やば! もううまそう!」


花子(だめだめ……チョコソース……)

花子「チョコソースさんあったまりましたか?」

花子「わ! とろとろ! すごっ!」とろー

花子(いくよ!)


なみなみ……

花子「わはー♪ やばい! これはやばい!」

花子(だってほら……もうこことか溶けて混ざっていい感じになってるし……///)

花子「す、すぐ食べなきゃ!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:17:10.30 ID:0YHcKIyA0

花子(とりあえずアイスから……)

あむっ


花子「!!!」


花子(んー♪ あまっ! あったかつめたい!)

花子(なるほどこういうことかー……アイスの外側はチョコで熱いけど、口の中で溶けてって冷たい中心が残ると! これは確かに面白いしおいしい……///)

花子「あとはやっぱりチョコソース! チョコアイスよりもバニラonチョコソースの方が絶対おいしいと花子いつも思うし……!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:21:26.20 ID:0YHcKIyA0

花子(で、ここにイチゴが入ると……??)

はむっ

花子「ん~~♪ このイチゴ甘い! あんまり酸っぱくないからすごいチョコバニラに合う~!」

花子「あぁ……こんなの作れちゃう自分に涙がでてきちゃうし」

花子「そうだ! フレークも……」サクサク


ガチャッ!

櫻子「なにごと!? 超いいにおい!」

花子「うわっ、櫻子起きた……」




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:26:10.88 ID:0YHcKIyA0

櫻子「花子~何食べてんのそれぇ……」ニシシ

花子「来んなし! これだけはやれないし!」


櫻子「何、パフェ!? 作ったの!?」

花子「これくらい普通だし」フーン

櫻子「ひとくち! ひとくち!」

花子「あっちいけ! つーか自分で作れば?」

櫻子「えーめんど……うわっ、なにこれ!」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:30:21.45 ID:0YHcKIyA0

ぐちゃぁ……

花子「あーそれまだ片付けてないだけ。櫻子片付けてくれたらこのフレーク一個あげるよ」

櫻子「一個かよ! まったく食べるなら少し片付けてからにしなよ……」

花子「だってこれすぐに食べないと意味無いしー」

櫻子「この有様を写真に撮ってねーちゃんに送っちゃおっかなー!」

花子「そんな手には乗らないし。だいたい食べ終わってからちゃんと片付ければねーちゃん何も言わないもんね」


櫻子「うう~……ねーほんとにおいしそうだからくれない?」

花子「何度言われようとだめだしー。あーうまっ♪」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:34:18.62 ID:0YHcKIyA0

櫻子「……ん? あーそれ!!」

花子「大きい声出すなし……なに?」

櫻子「フロスティ! それ私のなのにー!」

花子「えっ」


櫻子「昨日買い物のときに、そういえば家に牛乳あったなーって思い出して買ったの! うわぁ花子うわぁ人のもの勝手にうわぁぁ……」バタッ

花子「へ、変ないいがかりやめてよ! だいたいその言ってる牛乳ってたぶん花子のだし!」

櫻子「それとこれとは話が別! さあ……そのパフェには私のものが使われているんだ……一口といわず、半分くれるがよい」フハハハ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:39:34.73 ID:0YHcKIyA0

花子「…………」


花子「…………」ぱくぱくぱく!

櫻子「こら! ペースを早めるんじゃない!」

花子(渡すもんか!)

櫻子「はぁ……まあいいや。向日葵ん家行ってパフェ作ってもらおーかな」

花子「 ∵ 」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:43:36.61 ID:0YHcKIyA0

花子(そ、そんなのより絶対花子の作った方がおいしいし……)

花子「花子が一番おいしく作れるんだし!///」

花子「櫻子には食べさせてやんないけどー!!」

櫻子「すきありっ」ぱしっ


花子「あっ……あああ~~~!!!」

櫻子「ほわぁ♪ うめぇぇええええ!!」

花子(くっ……!///)


花子「か、返せー!!」ドゴッ

櫻子「ぐわっ」


~fin~


元スレ
櫻子「花子のズボラ飯?」