1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:00:40.49 ID:YSAZueXn0

P「いつもなら俺がやられる側だけどたまには俺がやる側でもいいよな!」

P「やりすぎはどうかと思うから軽い感じで・・・」

P「・・・う~ん、少し考えたけど中々思いつかないなぁ」

P「意外とからかう方も難しかったりするのな」

P「だとすると亜美達は意外と凄いことをやってるんじゃ・・・?」

P「ってそんなわけないか」ハハハ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:02:17.02 ID:YSAZueXn0

P「よし!ここは異性を活かしたイタズラ・・・」

P「恋愛系で行ってみるか!」

P「でも俺みたいな魅力0の奴がこんな事しても上手くいくのかな・・・」

P「いや!ここは俺の男としての魅力を試すチャンスでもある!」

P「今は仕事ばかりの毎日でもいつか俺も結婚するような事があるかもしれん」

P「その時のための練習と思ってやってやるぞ!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:04:32.65 ID:YSAZueXn0

P「よしじゃあ・・・」

P「音・・・小鳥さん!」

小鳥「は、はい!な、何か用ですか?それに・・・」

小鳥「今小鳥って・・・」

P「はい・・・小鳥さん、いや小鳥!」

小鳥「ぴよっ!?」

P「いつも思ってたけど小鳥は凄く魅力的で俺の好みのタイプなんだ!」

P「さりげなくしてくれる心遣いやその時々に見せる優しい笑顔」

P「そんな小鳥に何度助けられたことか!」

小鳥「ぴぴぴい・・・」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:07:06.38 ID:YSAZueXn0

P(俺なんでこんなクサイセリフ言ってんだろ・・・)

P(自分でやってだけどなんか恥ずかしくなってきた・・・)

P(・・・ええい!こうなったらとことんやってやる!)

P「こんな冴えない俺だけど・・・」

P「小鳥が良かったら俺と付き合って・・・いや」

P「結婚してくれ!!!」

小鳥「ぴぴ・・・」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:09:11.14 ID:YSAZueXn0

P(・・・俺ってやればこんな事言えるんだな)

小鳥「・・・」

P(あ、あれ。もしかして小鳥さん・・・ドン引きしてる!?)

P(ヤバい、このままだと俺が変な人に・・・)

P(よし、ここらで言っとくしかない!)

P「な、な~んて、じょうだ「嬉しいです!!!」

P「・・・え?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:12:37.98 ID:YSAZueXn0

小鳥「プロデューサーさんが私のことをそんなにも大切に思っていてくださったなんて・・・ ///」

小鳥「私、全然気づかなくて・・・///」

小鳥「あっでもプロデューサーさんの魅力は気づいてましたよ!」

小鳥「特に仕事している時のプロデューサーさんなんかとても素敵で・・・」

小鳥「一生懸命頑張ってるプロデューサーさんの姿が ・・・」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:14:15.26 ID:YSAZueXn0

P(・・・マズい、さっきよりもマズい!)

P(音無さん本気にしちゃってるぞ!?)

P(このままだと音無さんと結婚するはめに・・・)

------

---

--



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:16:28.79 ID:YSAZueXn0

P『今日も疲れたぁ~』ドアガチャ

小鳥『あらおかえりなさい、あなた』

P『ああただいま小鳥』

小鳥『今日もみんなのプロデュースお疲れ様』

P『ホント疲れたよ。特に亜美達がな・・・』

小鳥『あの子達、相変わらずなのね』ウフフ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:19:03.66 ID:YSAZueXn0

P『全くだよ。はぁ、小鳥が事務所に居てくれればなぁ』

小鳥『ウフフ、今の私はあなただけの事務員ですよっ///』

P『小鳥・・・』

小鳥『ささっ!ご飯にしましょ!』

P『そ、そうだな!今日は何かな?』

小鳥『ふふっ、今日はあなたの好きな唐揚げよ』

P『おお!じゃあ早速いただくとするか!』

二人『『いただきます!』』

--

----

------



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:22:43.76 ID:YSAZueXn0

P(・・・・・)

P(アリかもな・・・)

P(・・・ってダメだダメだ!こんな変な感じで進めたらお互いに嫌な思いをするに決まってる!)

P(ここはちゃんと冗談だって・・・)

小鳥「結婚式はやっぱり洋式かしら・・・でも和式も・・・」

P「お、音無さん!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:24:45.03 ID:YSAZueXn0

小鳥「はい!やっぱり子供は2人がいいですかね!?」

P「い、いや子供の話じゃなくて・・・」

小鳥「あっ、マイホームの事ですか?まあまだプロデューサーさん若いですから無理せずに大きいのを買わなくても・・・」

P「いや、家の事でもなくてですね・・・」

P「その、さっきの事なんですが・・・」

小鳥「?」キラキラ

P(うっ、小鳥さん凄く目がキラキラしてる・・・)

P(凄く言いづらいけどここは・・・)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:27:02.25 ID:YSAZueXn0

P(・・・言おう!)

P(もしこのまま言わずに結婚してもうまく行くとは思えない!)

P「音無さん!実はさっきの話は嘘なんです!」

小鳥「・・・え?」

P「ちょっとからかってみようと思ってあんな事を言ったんです!」

小鳥「・・・」

P「今思うと女性に対してこんな形で冗談を言うのは本当に失礼だったと思います!」

P「すみませんでした!!」ガバッ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:29:53.67 ID:YSAZueXn0

小鳥「・・・」

P「・・・」

小鳥「・・・顔を上げてください、プロデューサーさん」

P「・・・え?」

小鳥「私、ホントはわかってますよプロデューサーさんの気持ち」

P(俺の気持ち・・・?)

小鳥「プロデューサーさん、オーケーされてびっくりしちゃってそんな嘘を言っちゃってるんですよね?」

P「え?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:32:42.10 ID:YSAZueXn0

小鳥「だってあんな真剣な顔で私の事好きだって言ってくれたじゃないですか」

P「いや、だからそれは・・・」

小鳥「言いましたよねプロデューサーさん?」

小鳥「私の事世界で1番愛してるって言いましたよね?結婚して欲しいって言いましたよね?どんな事があっても私を離さないってずっと側にいるって言いましたよね?」

P「ちょ、音無さん!?俺そんなこと・・・」

P(これもしかして・・・)

P(あっ、あかん奴や)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:35:16.75 ID:YSAZueXn0

小鳥「ありえないですもんあの優しいプロデューサーさんが私にこんな乙女の心を踏みにじるような事をするわけがないです」

P「音無さん!落ち着いて!!」ガシッ

小鳥「私は落ち着いてますよ落ち着いてないのはプロデューサーさんの方じゃないですか?いきなり変な事言い出して」

P(本格的にマズくなってきたぞ!・・・ ここは仕方ない)

P「すいません音無さん!!」ドンッ

小鳥「ッ!」

ドサッ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:38:40.94 ID:YSAZueXn0

P「ふ、ふぅ・・・」

P(よく漫画とかで見る首を後ろから強く叩いたら気絶するアレ・・・)

P(初めてやったけど上手くいったな・・・)

P「とりあえずソファに寝かせて・・・」

P「社長に連絡しよう」









33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:40:04.91 ID:YSAZueXn0

社長「そうか、音無君とそんな事が」

P「あの、社長・・・」

P「本当にすみませんでした!」

社長「いやいや謝らないでくれたまえよ」

社長「誰も冗談からこんな事になるとは想像がつかないだろう」

社長「ま、その冗談が少々キツかったかもしれんがね」ハハハ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:42:01.80 ID:YSAZueXn0

P「・・・はい、その事についてはホントに・・・」

社長「まあまあKONO話はこの辺にして、彼女をどうしようかねえ」

P「そうですね。目が覚めてまたさっきみたいなことになったら大変ですもんね」

社長「・・・ここで1つ提案が有るんだが」

社長「寝ているのを上手く使うのはどうだい?」

P「寝ているのを上手く・・・?あ、なるほど!」

社長「ハハハ、わかったかね。まあそしたら後は君に任せて大丈夫そうだね」

P「上手くやってみせます!」









35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:45:03.21 ID:YSAZueXn0

小鳥「・・・ん?」

P「・・・・・」カタカタ

小鳥「あれ?なんで私ソファで寝たり・・・」

P「あ、音無さん目が覚めましたか!」

小鳥「ぷっ、プロデューサーさん!」

P「いやぁ、いきなり倒れるもんだからビックリしましたよ!」

P「まああんなところにペットボトルを置いてた僕が悪いんですけどね」ハハハ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:49:33.03 ID:YSAZueXn0

小鳥「ペットボトル・・・?」

P「あれ?音無さん覚えてないんですか?」

P「音無さん僕が床に置いてあったペットボトルを踏んづけて転んじゃったんですよ」

P「それで頭を強く打ったみたいで気絶してたんですよ」

小鳥「・・私・・・」

P「ホントにすいません、自分があんな所にペッドボトルなんか置いてたからこんな事に・・・ 」

小鳥「そうですか・・・」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:52:29.06 ID:YSAZueXn0

P(・・・・・)

P(よし、上手くいってるみたいだぞ)

P(さっきあった本当の出来事を夢と思わせることでなかったことにする・・・)

P(名付けて夢オチ大作戦!)

P(・・・まんまだな)

P(ネーミングセンスは置いといて、こうする事で事件解決一件落着!なんとかなるはず!)

P(高木社長もうまいこと考えるもんだなぁ)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/26(木) 22:56:11.55 ID:YSAZueXn0

P(・・・ にしても今回の事で恋愛にちょっとトラウマ的な物が生まれたかも)

P(まあ冗談だったから困っただけだからちゃんと真面目にすれば大丈夫か)

P(とりあえず今度からはこういう事はやめとこう!)

小鳥「・・・プロデューサーさん?」

P「はい!音無さんどうしました?」




小鳥「・・・また私に嘘つくんですね」



おわり


元スレ
P「音無さんをからかってみよう」