SS速報VIP:まゆ「まゆ…?いいえ、違います。私は病みのオーラに目覚めたまゆ…その名も――」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 13:35:07.95 ID:pHdHV3rK0


まゆ「――やむゅむゅ、です!」

P「(……言い難い……)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385613307




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 13:36:06.35 ID:pHdHV3rK0

P「えーと……その、まゆ?」

まゆ「まゆじゃありません!やむゅむゅ、です!」

P「や……やみゅみゅ?」

まゆ「や・むゅ・むゅ! です!」

P「発音し難いなぁ……えーと、やむゅむゅ……でいいのか?」

まゆ「はぁい、そうですよPさぁん」

P「えっと……普段のまゆとやむゅむゅ?って何が違うんだ…?」

まゆ「マントがついてます」

P「ん……ああ、ハロウィンイベントの時のか可愛いよな、それ」

まゆ「うふ…Pさんに誉められちゃいましたぁ…」

P「…………」

まゆ「…………」

P「え!? もしかして変わった部分そこだけ!?」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 13:37:05.34 ID:pHdHV3rK0

まゆ「そんなことありませんよぉ…ほぅら、よく見てくださいPさぁん」

まゆ「瞳のハイライトがいつもの3割り増しで消えているでしょう…?」

P「え、嘘。マジで?」

まゆ「ほぅら、近くによってよぅく見てください……」

P「えぇ…本当かなぁ…?」ズズイ

まゆ「んーー」キス顔

P「ぬおおおっっ! どっせーい!!」ブリッジ

まゆ「あんっ…なんで避けるんですかぁ、Pさぁん」

P「避けるわ!? 躊躇なく唇狙いにきおって…そういうのはダメだって言っただろう!」ブリッジ

まゆ「うふ……立派なアーチを描きつつお説教するPさん…すてき…」

P「まったく油断も隙もない……ヨッコラセット…というか、本当にハイライトは消えているのか?」

まゆ「うふ……今のはほんの冗談ですよぉ…」

まゆ「実はぁ…やむゅむゅは、通常のまゆと>>8が違うんです!」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 13:46:05.36 ID:REh/FhHPo

洗浄力



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 14:02:26.48 ID:pHdHV3rK0

まゆ「実はぁ…やむゅむゅは、通常のまゆと洗浄力が違うんです!」

P「まさかの洗浄力とな!?」

まゆ「はい、どんな汚れも立ちどころにピカピカにしてみます!」

まゆ「脅威の洗浄力なんです!洗浄力の違うただひとつのアイドルなんです!」

P「ふむぅ……まぁ、それはわかったけど、具体的には何を洗浄するんだ?」

P「洗濯物?それとも食器とか…?」

まゆ「違いますよぅ…まゆ――じゃなくて、やむゅむゅが洗浄するのはそう――」

まゆ「穢れた人々の心そのもの、なんです…」

P「いや、病みのオーラに塗れた人間が言っても説得力が無いんだが…」

まゆ「ええい、問答無用です!」

まゆ「今からPさんの穢れた心を病みのパワーで洗浄し、まゆちゃん好き好き状態にしちゃいます!」

P「物凄い勢いで穢れていってるじゃないかそれー!?ていうかそれは洗脳だ!!」

まゆ「ハァハァ……いいからPさぁん、まゆに身を任せてくださぁい」

P「ぬおっ!? う、動けん!? ま、待てまゆ! やむゅむゅって設定何処いったんだ!?」

P「いや違う!? スーツを脱がすな!? ワイシャツのボタンを外すなぁー!?」

まゆ「うふふふ……大丈夫ですよぉPさぁん……すぐに気持ちよくしてあげますからねぇ……」

>>14「待ちなさい!!」(モバマスアイドル)



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 14:07:26.99 ID:HC+xyWzfo

わくわくさん



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 14:15:01.12 ID:pHdHV3rK0

留美「そこまでよ、まゆちゃん…!」

まゆ「……!? 貴方は、和久井さん!?」

留美「和久井? いいえ違うわ、私は>>18に目覚めた孤高のアイドル」

留美「その名も――>>21よ!」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 14:17:14.73 ID:7xuppe69o

BL



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 14:18:18.16 ID:E2mXgtMXo

行かず後家



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 14:57:56.37 ID:pHdHV3rK0

留美「私はBLに目覚めた孤高のアイドル!その名も行かず後家よ!!」

まゆ「…………」

P「…………あ、あの、和久井さん? 泣いて――」

留美「泣いてなんかいないわ」

P「いや、あの……でm」

留美「泣いて!無いわ!」

まゆ「……え、えーっと。私の邪魔をするつもり、なんですかぁ……い、行かず後家、さん?」

留美「(……ぶわぁっ!!)」

P「泣くほど辛いならなんでそんな通り名を選んだんですかアンタ!?」

まゆ「わ、私の邪魔をするつもりなんですかぁ、和久井さぁん」イイナオシ

留美「グスッ……ゴシゴシ……ふふ、そうよまゆちゃん。Pさんを貴方に渡すわけには行かないわ」

P「(あ、立ち直った)」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 14:58:46.43 ID:pHdHV3rK0

まゆ「うふ…それで、どうするつもりなんですか? 自分の結婚相手にでもするつもりなんですかぁ?」

留美「フフ…以前の私ならそうしていたかもね……けど今は違う!」

留美「BLに目覚めた今の私が望むのは、Pさん総受けによるボゥイズラァヴ!!」

まゆ「ボ、ボゥイズラァヴ!? しかもPさんが総受け、ですって…?」

P「アンタいったいなに口走ってんだよ!? まゆも! 影響を受けちゃいけません!」

留美「フフ…手始めに、まずは765P×モバPなんかいいわね。その次は社長とあんなことやこんなことよ!」

P「イヤァーッッ!!?? ま、まゆ! 今だけはおまえだけが頼りだなんとかしてくれ!?」

まゆ「――ハッ!? そうです!思わず想像しちゃいましたが、そんなこと、させません…」

まゆ「例え男の人であろうともPさんを渡すわけにはいきませんからね!」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 14:59:16.27 ID:pHdHV3rK0

まゆ「和久井さん。私の洗浄力で、あなたを浄化してみせます!」

留美「フフフ……さぁ、きなさいまゆちゃん! 実は私は一回浄化されただけで元に戻るわ!」

まゆ「えやぁー!!」

バシューン!!

留美「うっ……ぐふっ!!」ガクリ

P「よわっ!? よっわー!!??」

留美「フフ……Pさん、貴方とはもっと別の形で出逢えていたら結婚できていたかもしれないわね……」

まゆ「あ、大丈夫ですよぉ。それだけはありえませんからぁー」

留美「フフ……ねぇPさん。最後のお願い聞いてくれないかしら……こ、この書類に印鑑を……」

まゆ「えい」グシャグシャポイッ

留美「フフ……儚い、夢だったわね……」ガクッ

P「わ、和久井さァーんッ!!??」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 14:59:46.61 ID:pHdHV3rK0

P「とまぁ、そんなこんなで和久井さんは気絶しちゃったんだが、一体これはどういうことなんだ?」

P「まゆ…はいつもとそんなに変わらないけど、和久井さんがここまで変になるなんて…」

P「いったいどういうことなんだ!? 何か知らないかまゆ!」

まゆ「Pさぁん……さぁ、そんなことよりさっきの続きをしましょう……」

P「話をズラそうと思ったがやっぱりダメだったー!?」

P「お、落ち着け!落ち着くんだまゆ!やっぱりまゆも何かがおかしくなっているんじゃないか!?」

まゆ「そんなことありませんよぉ……まゆはぁ、ちょーっと>>30なだけですよぉ?」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 15:05:06.15 ID:VvW2nbD50

Pを監禁調教したい危険な変態



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 15:48:02.93 ID:pHdHV3rK0

まゆ「まゆはぁ、ちょーっとPさんを監禁調教したい危険な変態なだけですよぉ?」

P「…………」

まゆ「あらぁ? どうしたんですかぁPさぁん?」

まゆ「もしかして、観念しちゃった、とかぁ?」

P「んー……なぁ、まゆ? (ピーーー)って知ってるか?」

まゆ「ふぇ…? (ピーーー)って……!!?? P、PPP、Pさん!? いきなり何を!?」

P「もしくは(放送禁止)とか?(バキューン!)しながら(見せられないよ?)は?あとは(ズガガガガガ)も」

まゆ「Pさん!Pさぁん!ダ、ダメです、そんなこと口走っちゃあダメですぅ…!」ぺちこんぺちこん

P「うーむ……やっぱりなぁ…自称変態って、真の変態を前にすると案外大した事ないんだよなぁ…」

まゆ「そ、そりゃあPさんが望むのならまゆはなんでも受け入れますけど、いくらなんでもそんなの早すぎますぅ!」

P「はっはっは、よしよし無理する事はないんだぞ、まゆ? なにせ俺は――」

P「変態に目覚めたプロデューサー……その名も変Pだからなっ!」

まゆ「えやぁーっっ!」ジョウカ

P「ナバーーッッッ!!!!」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 15:49:09.30 ID:pHdHV3rK0

P「――ハァッ!? あ、あれ? 俺はいったい今まで何を…? ん……まゆ?」

まゆ「ふ、ふぇっ!? あ、お、起きたんんですねPさぁん。だ、大丈夫、なんにもありませんでしたよ、ええ!」ジリッジリッ

P「え、あの…まゆ?」

P「(まゆが俺から距離を取ろうとしている……い、いったい何があったんだ…?)」

まゆ「そ、それよりPさぁん。どうやらなにかおかしな事が起こっているみたいなんですよぅ」

まゆ「早急に……出来る限り早急に問題を解決しないとトンデモないことになりますよ」

P「お、おう…そうなのか。でも確かに皆何かしらおかしくなっているみたいだな…」

P「俺もいつ変な風になってしまうかわからないしな!」

まゆ「エ、エエ、ソウデスネ…」

P「けど、こうなんの手がかりも無くちゃなぁ……」

>>39「お困りのようですね」(モバマスアイドル)





39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 15:59:25.17 ID:XINQSWyDO

幸子



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 16:11:36.41 ID:pHdHV3rK0

幸子「ふふーん。お二人ともどうやらお困りのようですね!」

P「お、おまえは幸子!?」

幸子「幸子……ちがいますよプロデューサーさん。私は>>45に目覚め、更に可愛くなった幸子、その名も――」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 16:16:12.84 ID:VvW2nbD50

腹パンされる快感



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 17:57:28.15 ID:pHdHV3rK0

幸子「ボクは腹パンされる快感に目覚め、更に可愛くなった幸子、その名も――マゾ子です!」

P「そのままだな」

まゆ「そのままですね」

幸子「な、なんですかお二人ともそのリアクションは!? 折角こんなにも可愛いボクがやってきたんですよ」

幸子「そこはもっとこう、現れたボクにすかさず腹パンすべきでしょう!? ホラッ! ホラッ!」

P「(シャツを捲ってお腹を見せてくる幸子カワエエェェ……)」鼻血

まゆ「むー。Pさぁん。なに中学生のお腹なんかみてドギマギしてるんですかぁ?」

P「い、いや、してない!そんなこと全然してないぞ!?」

幸子「ほら、そんなことよりもPさん。はやくボクに腹パンしてくださいよ! さぁ! さぁ!!」

P「ううむ……やはりこれも変な影響が原因なんだろうなぁ…えっと、どうしようかまゆ?」

まゆ「ふん、他の女の子に見蕩れちゃうPさんの事なんて知りません! 腹パンしてあげればいいんじゃないですかぁ?」

幸子「そうです、佐久間さんの言うとおりですよ! ほら、Pさん遠慮なく!」



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 17:58:40.28 ID:pHdHV3rK0

P「え、ええぇ……仕方ないなぁ……それじゃあ……えいっ」ぷにっ

幸子「うひやああああっっ!!?? P、Pさん!? なにおへそに指を入れてるんですか!?」

P「え? いや、だって可愛かったからつい」

幸子「ついでおへそに指を突っ込むなんて変態ですかあなたは!? ボクは腹パンしてくださいと頼んだんです!」

P「腹パンを全力で所望している人間に変態とか言われたくないなぁ……」

幸子「まったく、本当に気が効かないプロデューサーさんですねえ……ん、佐久間さん? なんで上着の裾を持ち上げてるんですか?」

まゆ「え!? い、いえ別にぃ……ちょっと暑いなぁと思ってぇ(パタパタ」おへそチラチラ

P「おいおい、まゆ大丈夫か? 体調を崩したりしないように気をつけろよ?」

まゆ「…………むぅ、大丈夫ですよぅ……」

P「……? ええと、それで幸子、結局お前は何しに来たんだ? 腹パンされに?」

幸子「それもありますが本題は違います。実は今回のこの騒動なのですが…」



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 17:59:24.50 ID:pHdHV3rK0

幸子「実は晶葉さんの発明による「秘められた可能性を覚醒させるマッシィーン」が暴走して起きた現象のようで」

P「幸子……その困ったらとりあえずアキえもんの発明の所為にしとけばいいやって風潮はどうかと思うぞ?」

幸子「ボクに言わないでくださいよそんなこと!? これが事実なんですからぁ!」

P「うん…まぁ、その辺りはいいや。ええと、それでどうすればこの状況を元に戻せるんだ?」

幸子「聞いた話によると、暴走の原因を取り除けばいいとの事です」

P「暴走の原因……? それはいったい…?」

幸子「それは……佐久間さん! あなたですよ!」バァーン

まゆ「…………どきぃっ!?」

P「ま、まゆが…? しかしいったい何故……?」

幸子「おかしいとは思いませんでしたかプロデューサーさん。なぜ佐久間さんにだけこの異常現象の浄化能力があるのか」

P「そ、そういえば確かに!?」

幸子「更に言えば、佐久間さん。貴方自身の言葉によれば貴方は『病みのオーラに目覚めた』と言ってましたが……」

幸子「今の貴方は明らかにヤンでいません! むしろそう…いまの貴方は――ぽんこつです!」m9バーン




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 18:00:14.17 ID:pHdHV3rK0

まゆ「……ぐっ!? 油断しましたね…まさか幸子ちゃんに見破られるだなんて」

P「あ…いや、言い難いが今日のまゆは大分その……アレだったぞ?」

まゆ「……え、ええっ!?」

幸子「開花した才能を貴方は認められず、無理矢理システムに干渉した……それが今回の事件の原因です」

幸子「佐久間さん!認めるんです、自分がぽんこつである事を!そうすれば全ては元に戻ります!」

まゆ「……い、いやです! そんなの絶対に認められない!!」

P「ま、まゆ……どうしてなんだ? そんなに自分が……その、アレだと認めたくはないのか?」

まゆ「だって……だって、私がぽんこつになんてなったら…Pさんに嫌われちゃう……」

まゆ「ずっと…ずっとヤンデレキャラでやってきたんですよぉ? そうやって今までコツコツ親愛度を溜めて……」

まゆ「それでようやく総選挙でも6位に喰いこむ事ができたのに……それなのに今更大幅なキャラ変更だなんて……ッ!」

まゆ「ヤンデレサイコー!ヤンデレままゆハァハァ!って言っていたPさんに、見捨てられちゃうじゃない!」

幸子「……プロデューサーさん、あなたいったい何を……」

P「ま、まて幸子!? おまえは今いろいろと誤解をしている……ッ!?」




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 18:00:55.16 ID:pHdHV3rK0

P「そ、そんなことよりも――まゆっ、聞いてくれ!」

まゆ「いやぁ! 聞きたくありません!」

P「お願いだ!お前に聞いて欲しいんだ……確かに、確かに俺はヤンデレなままゆが大好きだ!」

まゆ「……ッッ!!」

P「他の女の子に過度に嫉妬しちゃうところとか!いつのまにか背後に現れて驚かされるところとか!全体的にセリフに篭められた愛が重いとことか……そんなおまえが大好きなんだ!」

幸子「プ、プロデューサーさん!? プロデューサーさん!? ちょっと落ち着いてください。ホラ、腹パンしていいですから!」

まゆ「やっぱり……まゆ……」

P「でもな、聞いてくれまゆ! 俺はおまえのぽんこつなところも大好きなんだ! 愛してしまったんだ!」

まゆ「……ッ!!??」

P「お化けネタで涙目になるところとか!風呂場に先回りしたのにのぼせちゃうところとか!なんかもう全体的にこう空回りしているところとか……可愛くて仕方ないんだ!!」

P「どっちか、じゃあないんだ! どっちもまゆなんだ。俺の……俺の大好きなまゆなんだ!」

まゆ「P……さん……ッ!」




56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 18:01:24.40 ID:pHdHV3rK0

P「だから、否定しないでやってくれ……ヤンデレなままゆも、ぽんこつなままゆも、どちらもおまえのステキな魅力なんだから!」

まゆ「…………Pさぁん!」タタッ

P「まゆっ!!!!」ダキッ

まゆ「Pさん……私…私、ぽんこつでもいいんですか?」ギュウ

P「ああ、ぽんこつがいいんだ。ヤンデレもいいんだ……どっちもまゆなんだから」ヒシッ

まゆ「Pさん……大好きっ……」

幸子「え、なんですかコレ!? ボク置いてけぼりですか!? ちょっとPさん!? 佐久間さん!?」





57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 18:01:54.64 ID:pHdHV3rK0

幸子「その後、なんやかんやあってマッシィーンの暴走は収まりました」

幸子「ボクもすっかり腹パンに快感を覚える事もなくなりました。というかそのような事実はありえません」

幸子「まぁ、カワイイボクの魅力は引き出さずとも既に誰よりもカワイイんですけどね!」

幸子「それで、Pさんと佐久間さんはといえば……」

まゆ「Pさぁん……ほら、私のおへそ……触っていいんですよ…?」プルプル

P「ま、待て!俺にそんな性癖はないぞ!いいから、見せ付けなくていいから!」

まゆ「幸子ちゃんにはしたのに…? 私にはしてくれないんですか? 私以外の女の子が、いいんですか……?」

P「ま、待て!まゆ、落ち着くんだまゆっ!」

幸子「――相変わらず、イチャイチャしているみたいですね。ヤレヤレ」

幸子「まぁ、一番カワイイのは勿論ボクですけどね!」ドヤッ







58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/28(木) 18:04:48.94 ID:pHdHV3rK0

ヤンデレなままゆの方がかわいい
ぽんこつなままゆの方がかわいい
そんな議論、虚しくはないですか?
だって、どっちもままゆだもの
どっちもカワイイ天使なままゆだもの

そんな思いを皆さんに伝えたくて、今回は筆を取った次第です。

嘘です。

最終的には自分でもちょっと何を言っているのかわかりませんでした。
ただ、なんとかして終わらせなければならないという使命感だけが僕のなかにはありました。
ごめんなさい。安価SS難しいです。


元スレ
SS速報VIP:まゆ「まゆ…?いいえ、違います。私は病みのオーラに目覚めたまゆ…その名も――」