1: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 22:58:42.18 ID:RT7QdDsH0

キャラ崩壊注意



鎮守府――廊下――



瑞鶴「そう! 最近読んだ本にそんなことが書いてあったのよ」

瑞鶴「好きなことは夢中になるから、気付かないうちに口数が増えて、速くなるんだって!」

瑞鶴「加賀は一航戦で先輩なんだから、当然知ってますよねー?!」ニヤニヤ

加賀「いいえ、身に覚えないわ」

瑞鶴「あれれー!? 一航戦ともあろう加賀が、思った以上に人生経験が貧弱だなー!」ニヤニヤ

加賀「ええ、そうかも知れないわね」

加賀「平和になった将来を考えて、もっと世の中を勉強するべきだわ」

瑞鶴「真面目か!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1569851921




2: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 22:59:39.92 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「なんなら私のことを好きになって、いつもよりも優しく私に接すれb――」

加賀「お断りします」

瑞鶴「ぬわんでよ!?」

加賀「なんだか負けたような気がして、気分が悪いわ」

瑞鶴「くっ……そこまでハッキリ言われると、怒りを通りすぎて逆にショック……!」ギリッ



3: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:00:11.82 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「なら翔鶴姉はどう? 自分で言うのもなんだけど、かなり優良物件じゃない?」

加賀「どうして私が五航戦を好きにならなくてはいけないの?」

瑞鶴「ええ!? 翔鶴姉すらゴメンなさい!? 贅沢ー!!」

瑞鶴「じゃあ飛龍や蒼龍は!?」

加賀「いえ、そういう話じゃなくて……」



4: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:00:43.57 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「なんというか、赤城さんでもダメな感じね……」









加賀「いえ赤城さんは最高よなんといってもあの美しいお髪に吸い込まれるような瞳がたまらないわ最近は改二戊になって美しく光るようになったのよそれを見つめているとまるで自分がとても小さな存在であることを思い知らされるわでもそれで良いの私にとって赤城さんという存在はそれほどまでに差があるものだからでもそんな私にいつでも暖かく語り掛けてくれる赤城さんはまさに天上の雲のさらに上のようだわそれでいてとても人間らしい一面も持ち合わせているのあなたも知っているでしょうあの素晴らしい食べっぷりを」ペラペラ

瑞鶴「あっ(察し)」



5: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:01:15.60 ID:RT7QdDsH0

翔鶴型の部屋――



瑞鶴「……だってさ」グデー

翔鶴「それで帰るなり伸びたままなのね」



6: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:01:47.80 ID:RT7QdDsH0

翔鶴「そんなに拗ねなくても良いじゃない?」

瑞鶴「ダメ! これは翔鶴姉ぇでも譲れないよ!」

翔鶴「仕方ないでしょう? 好みは人それぞれなんだもの」

翔鶴「あなたがわがまま言ったって、加賀さんの気持ちを変えられないわ」

瑞鶴「でも……!」



7: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:02:19.82 ID:RT7QdDsH0

翔鶴「もし変えたいって言うのなら、まずは自分から変わること」

瑞鶴「私が……?」

翔鶴「瑞鶴が加賀さんを理解できれば、加賀さんも瑞鶴を理解できるはずよ。少なくとも、今のままよりはずっと」

瑞鶴「そっか……そうだよね、自分ばかりじゃ嫌がられるもの」

翔鶴「うふふ……あなたが良い子で嬉しいわ」ナデナデ



8: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:02:51.74 ID:RT7QdDsH0

翔鶴「……それで、加賀さんのことは理解できそう?」

瑞鶴「うーん……ちょっと自信ないんだけど……」









瑞鶴「加賀さんって一見冷徹な印象だけど会話してみるとすごく人間味溢れる熱い魂を持ってるってのが分かるかな確かに加賀さんは赤城さんの方を推しているみたいだけど私からすれば加賀さんの方が尊敬できると思うのだっていつも冷たく当たってくるけれどいつだって正しいことを言うんだものあれはいつも私たちのことを見てくれている証拠だわそれに加賀さんは私たちだけでなく自分自身の研鑽も忘れることがないのいつも演習場に最後まで残っていつでも出撃できるよう自分を磨き続けるなんてなかなかできることじゃないわ」

翔鶴「あっ(察し)」



9: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:03:23.66 ID:RT7QdDsH0

執務室――



翔鶴「……ということがありまして……」ズーン

提督「それでずっとソファでノビてるのか」カキカキ



10: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:03:55.55 ID:RT7QdDsH0

提督「気持ちはわかるが、仕事はしてくれないか?」

提督「なんのためにわざわざ君を秘書艦に指名したと思ってるのさ?」

翔鶴「艦載機の開発は終わりました……」ハァ...

提督「いやそれもあるけど……」



11: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:04:27.30 ID:RT7QdDsH0

翔鶴「まさか瑞鶴が、加賀さんのことが好きだったなんて……」

翔鶴「これはもうNTRです……」

提督「加賀にそんなつもりは毛頭ないんだよなあ」

翔鶴「でも、瑞鶴はまだ人生経験が足りませんし、もっと素晴らしい恋愛の形を知るべきであって……」

提督「……なあ翔鶴」

提督「お前はいつまで瑞鶴を子供扱いするんだ?」

翔鶴「……あっ……」

提督「確かに瑞鶴は子供っぽいところも多い、お前たちに比べてそそっかしいところも目立つ」

提督「でも、戦場でのあいつの活躍は、お前が理解しているはずだ」



12: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:04:59.16 ID:RT7QdDsH0

提督「それに最近は葛城という後輩も出来て、ずっと締まった顔をするようになった」

提督「俺たちにいつまでも守られる雛鳥は卒業したんじゃないか?」

翔鶴「……そうですね」

翔鶴「ちょっと過保護になっていたようですね」

翔鶴「時間はかかるかも知れませんが、瑞鶴を一人前の艦娘として扱っていこうと思います」

翔鶴「あの子の人生は、あの子のものですから」

提督「そうそう、その意気だよ」



13: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:05:31.04 ID:RT7QdDsH0

提督「……ということで、さ? ホラ、素晴らしい恋愛の形というものをだな……なあ?」チラッ

翔鶴「あっ……もう、提督ったら……///」テレテレ









翔鶴「まず瑞鶴の素晴らしいところはなんといってもあの妹感なんです人懐っこい言動で私のことを全力で慕ってくれる姿はまるで子犬のようですねいえ飼ったことはありませんがきっとそうでしょう間違いありませんそれに私の言うことをなんでもかんでも聞いてしまう無防備さは姉であってもゾクゾクしますねだって考えてみてくださいあの瑞鶴が言いなりなんですよ襲って欲しいと言っているようなものじゃないですか私が姉妹でなければリアルで襲ってますよもはや征服したいですそうだ今夜はお風呂に一緒に入ったところを狙って」

提督「あっ(察し)」



14: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:06:02.80 ID:RT7QdDsH0

弓道場――



提督「……ということがあってな」グデー

葛城「あーその気持ち分かるなー」ウンウン

提督「分かってくれるか!?」ガバッ









葛城「だって瑞鶴先輩は日常と戦場のギャップがたまらなく愛おしいんだもの海では果敢に深海棲艦と張り合う瑞鶴先輩が帰って来たらまるで長年の親友みたいにじゃれついてきてそれがたまらなく愛おしいのあの憧れの瑞鶴先輩のそばにいるだけでどうにかなりそうなのにゼロ距離どころかあちこちの柔らかいのがムニュムニュ押し付けられるなんて襲って欲しいって言ってるようなものだわでも私はお義姉さんと違って他人だからずっと可能性があるのそうだ今夜一緒に食事に誘ってみようっと天城姉ぇがいつも雲龍姉ぇに盛ってる薬を」

提督「あっ(察し)」



15: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:06:34.68 ID:RT7QdDsH0

食堂――



提督「……疲れた……」

赤城「さっきからうなだれて、どうしましたか?」モグモグ

提督「いや、ちょっと……」

提督「正規空母の子たちって、ちょっと個性が過ぎるなーと思って……」

赤城「ああ、それは分かります」モグモグ

赤城「私たちみたいな無個性は着いていくだけで精一杯ですよね」モグモグ

提督「ほんとぉ~?」

提督「……お前、いつもカツカレー大盛食べてるな」

赤城「美味しいんです」モグモグ



16: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:07:06.55 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「あ、提督と赤城さんだ!」

翔鶴「ご一緒してもよろしいですか?」

提督「げっ五航戦!」

赤城「どうぞどうぞ」モグモグ

翔鶴「では、私は右に」スッ

瑞鶴「それじゃあ五航戦オセロにしよーっと」スッ

翔鶴「きつねうどん大盛りですか、美味しそうですね」

赤城「美味しいです」モグモグ

瑞鶴「あ、また一升オムライスだ!」

赤城「美味しいんです」モグモグ



17: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:07:38.60 ID:RT7QdDsH0

葛城「あ、瑞鶴先輩!」

提督「げっ葛城!」

葛城「赤城先輩、ここ良いですか?!」

瑞鶴「なぜわざわざ私の隣なの?」

赤城「どうぞどうぞ」モグモグ

葛城「ありがとうございます!」ギュー

瑞鶴「なぜわざわざ私に抱き着くの?」

葛城「うわあ! 大盛鮭定食じゃないですか!」

赤城「美味しいです」モグモグ



18: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:08:10.49 ID:RT7QdDsH0

加賀「あら、五航戦の挑発に乗る方」

瑞鶴「げえ! 一航戦の急に歌い出す方!」

加賀「赤城さん、隣良いかしら?」

瑞鶴「ちょっと、隣って私なんだけど!?」

赤城「どうぞどうぞ」モグモグ

加賀「失礼します」ベイン!

瑞鶴「ヒップアタックすな!」ドタッ

葛城「流れ弾!」ドタッ

加賀「今日も大盛チャーシュー麺大盛半チャーハンセット肉マシマシですか」

赤城「美味しいんです」モグモグ



19: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:08:42.27 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「赤城さん、さすがに食べ過ぎじゃないですか?」

加賀「ハッ、これだから五航戦は」

加賀(食べる姿すら見目麗しいのが赤城さんなのよ、これから至近距離で楽しむのだから黙っていなさい)

瑞鶴「何よ口を開けば五航戦五航戦って! 本当は五航戦のファンなんじゃないの!?」

瑞鶴(だったら嬉しいんだけどなー! 私だったらもっと嬉しいんだけどなー!)キャーキャー///

翔鶴(ああっ! 瑞鶴が加賀さんとあんなに楽しそうにおしゃべりするなんて……!)

翔鶴(でもダメよ翔鶴! 私はお姉ちゃん! 瑞鶴の意志を尊重する素敵な女性なのよ!)グヌヌ...!

葛城(瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩)ギュー///



20: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:09:14.15 ID:RT7QdDsH0

加賀「そういうあなたこそ、やたら私につっかかってくるじゃない」

加賀「本当は一航戦のファンではなくて?」

加賀(確かに赤城さんのカリスマは世界レベルだわ、私と違って)

瑞鶴「はぁー!? 誰が一航戦のファンだっていうのよ!?」

瑞鶴(あなたのファンに決まってるじゃないのンモーッ!!)キャーキャー///

翔鶴「瑞鶴、落ち着いて」

翔鶴(そんなに可愛く怒ってたら、この場で私に襲われるわよ!?)

葛城(瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩)ギュー///



21: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:09:45.97 ID:RT7QdDsH0

加賀「まったく、五航戦は落ち着きがなくて困るわ」

加賀「赤城さんを見習ったらどうかしら?」

加賀(そう、今生に舞い降りた赤城さんのように)

瑞鶴「フンッ! あんたが見習うべきじゃないの!?」

瑞鶴(それで加賀さんが振り向いてくれるかな!? くれるかも!?)キャー///

加賀「どうして私にその必要があるのかしら?」

加賀(むしろ私が赤城さんの爪の垢を煎じて飲みたいわ、精神的にも物理的にも)

翔鶴「瑞鶴、それは失礼よ」

翔鶴(どうしてすぐ挑発に乗っちゃうの!? 私にアレコレ折檻されたいの!? そういうことなの!?)

葛城(瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩瑞鶴先輩)ギュー///



22: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:10:17.77 ID:RT7QdDsH0

加賀「……どうやら、決着をつける日が来たようね」ガタッ

加賀(そして圧勝する姿を赤城さんに見せつければ……ふふふ……)ニヤニヤ

瑞鶴「望むところよ!!」ガタッ

瑞鶴(ここで私が勝てば加賀さんの私を見る目が……ふふふ……)ニヤニヤ

翔鶴「二人が争うのなら、私も参加するしかないわ……!」ガタッ

翔鶴(ここで姉の威厳を見せつければ、瑞鶴は私の者……ふふふ……)ニヤニヤ

葛城「え、ちょ、瑞鶴先輩!?」

葛城(どうしよう、何が起こったのか全然分からない……)

葛城(分からない……けれど、ここでモタモタしていたら、瑞鶴先輩が盗られちゃう……!)



23: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:10:49.55 ID:RT7QdDsH0










葛城「瑞鶴先輩!! 大好きです!! 付き合ってください!!」



「「!?!?!?!?」」












24: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:11:21.39 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「え、付き合ってって、え、何、え、え?!」

葛城「第一印象から決めていました!! お願いします!!」つ

瑞鶴「そんな、急に、え、なにこれ?!」

加賀「何しているの? 早く返事なさい」

加賀(よく分からないけれど、面白いからこのままいきましょう)ウンウン

瑞鶴「そう言われても、突然、え、その、え?!」

翔鶴「だ、ダメよ瑞鶴!!」

瑞鶴「翔鶴姉ぇ!!」パァァ

翔鶴「あなたを愛しているのは私もなのよお願いします私と付き合ってください!!」つ

瑞鶴「翔鶴姉ぇ!?」ガーン



26: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:11:53.16 ID:RT7QdDsH0

葛城「お義姉さん……!!」

翔鶴「あなたにお義姉さんと呼ばれる筋合いはありません!!」

葛城「あります!! だって瑞鶴先輩と結ばれるのは私なんだから!!」

翔鶴「いいえ!! 瑞鶴のハートを掴むのは私です!!」

葛城「お義姉さんは瑞鶴先輩のお姉さんじゃないですか!! ダメです!! 不純です!!」

翔鶴「不純じゃありませんー!! 純粋な愛なんですー!!」

葛城「私だって純粋な愛なんですー!!」



27: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:12:25.13 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「やめて!!」

瑞鶴「私のために争わないで!!」

加賀(うはwwwそのセリフwww本当に言う人いるのねwww)

葛城「でも……!!」

翔鶴「だって……!!」

瑞鶴「それに私にだって、自分の意志があるの!!」

瑞鶴「私は私の意志に従って生きていきたい!!」

加賀(よっしゃwwwもっと言ったれwww)

瑞鶴「私が愛しているのは加賀さんなのよ!!」

「「!?!?!?!?」」



28: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:12:56.88 ID:RT7QdDsH0

加賀「え、ちょ、あ、え、その、え?!」

瑞鶴「加賀さん!! あなたのことが好きだったの!!」

翔鶴「う、嘘でしょ!?」

葛城「そんな様子、微塵も無かったのに!?」

瑞鶴「さあ加賀さん!! 私の気持ちに応えてよ!!」

加賀「そ、そんなこと言われても……!?」

瑞鶴「さあ!! さあ!! さあ!! さあ!!」

加賀「む、無茶言わないでちょうだい!!」

加賀「私は……赤城さんのことが好きなのよ!!」

「「!?!?!?!?」」



29: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:13:28.71 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「う、嘘……!?」

加賀「驚いたでしょうね……私の想い人が、赤城さんだったなんて……」

瑞鶴「そんな……信じられない……!!」

翔鶴「落ち着いて瑞鶴!! それは薄々気付けたでしょう!?」

葛城「まだ新人の私でもそれにはすぐ気付きましたよ瑞鶴先輩!?」

加賀「だから、あなたの気持ちに応えることはできないの」



30: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:14:00.49 ID:RT7QdDsH0

瑞鶴「そ……そんなの関係ない!!」

瑞鶴「私は加賀さんを愛しているの!!」

瑞鶴「だからぜひ私を選んでくださいお願いします!!」つ

葛城「ちょっと待って!! それなら私だって関係ないんだから!!」

葛城「加賀先輩よりも幸せにしてみせますお願いします!!」つ

翔鶴「それなら私にだって資格はあるはず!!」

翔鶴「これまでの実績を考えたら私が選ばれるべきお願いします!!」つ

加賀「勝手なことをしてもらっては困るわ!!」

加賀「まずは私が先よだから赤城さん返事をお願いします!!」つ

赤城「……」



31: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:14:32.37 ID:RT7QdDsH0










赤城「はい、皆さんのことは大好きですよ」ニッコリ



「「いやいやいやいや」」












32: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:15:04.12 ID:RT7QdDsH0

加賀「そういう流れじゃなかったでしょう!?」ガバッ

瑞鶴「私と加賀さんの関係が進展するタイミングなんですよ!?」ガバッ

葛城「私と瑞鶴先輩こそお似合いのカップルじゃないですか!?」ガバッ

翔鶴「鶴姉妹こそ至高、ピクシブ百科事典にもそう書いているでしょう!?」ガバッ









提督「えっなんだこいつら」

提督「そうです、ずっといたんですよ俺」



33: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:16:09.97 ID:RT7QdDsH0

赤城「……私は、この世界を愛しています」

赤城「みんなと一緒にご飯を食べて、訓練して、一緒に出撃して、一緒に戦果を喜んで、一緒に祝杯を挙げて……」

赤城「そんな世界を、大事にしていきたいと、そう願っています」

赤城「私には恋とか愛とか、そういうオシャレなものはよく分かりません」

赤城「だから、大事なものはすべて大事……それで良いと思います」

「「……」」



34: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:16:41.65 ID:RT7QdDsH0

加賀「そうね、赤城さんの言う通りだわ……」

瑞鶴「大切なのは『好き』という気持ち……」

葛城「誰かの『好き』を奪ってはいけない……」

翔鶴「みんなで喜びを共有していかなければ……」

赤城「はい……それで良いんじゃないでしょうか」



35: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:17:13.48 ID:RT7QdDsH0

加賀「……赤城さんには、学んでばかりね」

瑞鶴「本当、今日は大切なことを学べたわ!」

葛城「翔鶴先輩……今日のところは一時休戦ということで……」アクシュ

翔鶴「こうして一つの戦争が平和に向かっていくのね……」アクシュ

赤城「はい、これで解決ですね」モグモグ

提督「なーんか煙に巻かれたような……」ウーン...



36: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:17:45.34 ID:RT7QdDsH0

加賀「揉め事が解決した後のご飯は美味しいわ」モグモグ

瑞鶴「今日を生きてるって感じがするのよねー」モグモグ

葛城「出撃に備えてたくさん食べなくちゃ」モグモグ

翔鶴「健康に良いからと、最近めかぶを食べてるんです」モグモグ

提督「それにしても、赤城は本当に美味しそうに食べるな」モグモグ

赤城「うふふ……褒めても何も出ませんよ」モグモグ



37: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:18:17.11 ID:RT7QdDsH0

赤城「それはご飯が美味しいからですこのカツとカレーのバランスを見てくださいカツの量がしつこくないから最後まで食べきれるんですそれにきつねうどんの油揚げにはじっくり出汁が染みていて喉を通るたびに幸せを感じますそれにオムライスはこれだけのライスを使っているのにふっくら卵が全てを包み込んでいるなんてこの世の楽園がここにあると思いませんかいつでもジューシーな鮭を食べられるのは世界中でもここだけですよ獲ってくれる方を想えば感謝でお箸が止まりませんね肉汁たっぷりのチャーシューをたっぷり十枚使ったチャーシュー麺のタレにはチャーシューを漬けたタレが使われているんですそのタレも欠片肉も使ったチャーハンの上にも五枚のチャーシューがのるというお肉の宝箱が私の胃を幸せにしてくれるんですこの後のデザートはパフェボウルかバケツあんみつかで悩んでいますがどうせなら両方という選択肢もありますね」

加賀「あっ(察し)」

瑞鶴「あっ(察し)」

葛城「あっ(察し)」

翔鶴「あっ(察し)」



おわり



38: ◆ag9TZfREZs 2019/09/30(月) 23:18:48.97 ID:RT7QdDsH0

以上です、ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:【艦これ】加賀「『好きなものを語る時だけ早口になる』?」