7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 01:17:26.67 ID:5IHJfLJv0

結衣「それは、何の真似だ?」

京子「えっ、何って――結衣のペットだけど? …ワンッ!」

結衣「……」

京子「腹減った、寿司くれ~すき焼き食わせろ~……ワンッ♪」ニコッ

結衣「そんな犬が居るか!!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 01:33:14.97 ID:5IHJfLJv0

京子「ちぇ~ただのうどんかよ~?」

結衣「ただのうどんって、私うどん屋じゃ無いんだけど」

京子「!!」グゥ~

京子「へへへ。まぁ、いっか♪ いっただーきぃ――」

結衣「待て!」

京子「ふぇ……なに?」

結衣「犬なら犬らしく食べる前に1つくらい芸をして見せろ」

京子「にゃんと! …じゃなかった。ワワンッ!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 01:43:29.53 ID:5IHJfLJv0

京子「いきなり芸と言われても……あっ、そうだ」

京子「はい、じゃあ今から喋る犬やりま~す!」

京子「う~…ワンッ ワンッ……ワ、ワンッ、ツー、さん、しーっ、イエイ!!」

京子「…どぅ?」

結衣「なにがだ」

京子「駄目かぁ~」

結衣「むしろ、それのどこが芸なんだ?」

京子「滑り芸!」スクッ

結衣「おすわり」

京子「ワンッ」ペタン



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 01:53:07.25 ID:5IHJfLJv0

京子「今のは?」

結衣「だからどうして座っただけでエサが貰えると思うんだよ」

京子「あ~、今エサって言ったなぁ~?」

結衣「えっ、だって犬なんだろ?」

京子「犬だけど」

結衣「じゃあ、エサだよな? エサで合ってるよな?」

京子「…はい」

結衣「違う」

京子「ワンッ!」

結衣「よし」

京子「~♪」ズルズル

結衣「ったく…」フッ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 02:08:34.77 ID:5IHJfLJv0

結衣「さて、食器片付けるか」スクッ

京子「クゥ~ンクゥ~ン」スリスリ

結衣「…それはなんだ?」

京子「甘えてる」

結衣「邪魔」

京子「クゥ~ンクゥ~ン」スリスリ

結衣「はぁ…」

結衣「今ラムレーズン出してやるから大人しく待ってろよ、おすわり」スタスタ

京子「ワンッ!」ペタン



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 02:23:27.97 ID:5IHJfLJv0

京子「ラムレーズンうめぇ~」

京子「やっぱ食後はラムレーズンに限る!」

結衣「おいこら、犬はどうした?」

京子「……」

京子「」ペロペロ

結衣「うわっ、こいつフタの裏舐めやがった!」

京子「犬ならペロペロしてもいいでしょ?」ペロペロ

結衣「お前なぁ…」

京子「へへへ。最後までラムレーズンを堪能出来るんなら、犬も悪くないか♪」

結衣「…いいも悪いも、京子が勝手に始めたことなんだけど」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/19(木) 02:58:36.48 ID:5IHJfLJv0

京子「ふぅ~……お腹いっぱいになったら眠くなって来ちゃった」

京子「結衣、そろそろ寝ようぜ!」

結衣「お前ホント自由だなー」

京子「犬ですから」

結衣「いつもだよ!」

京子「ふ~ん。なら、わざわざ犬の真似しなくても自然体でいいじゃん」

結衣「はぁ?」

京子「という訳で、明日からも京子ちゃんを愛犬のように可愛がるように!」

京子「じゃ、おやすみー」ゴロン

結衣「…なんだよそれ、意味分かんないし」

結衣「私は別に京子を飼育してるつもりなんか無いんだよ」

結衣「ただ、私はお前の側に――」

京子「すやすや」

結衣「って、もう寝てるし!!」


お わ り !


元スレ
結衣「今日は4月19日、つまり飼育の日だな」京子「ワ……ワンッ!」