SS速報VIP:P「まゆをキレさせてみる」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:22:00.87 ID:8vU2v6VGo

~CGプロ事務所~
卯月「……はぁ。なぜそんなことを?」

P「世間一般的にはまゆってヤンデレのイメージあるだろ? でも俺はそれが不服なんだよ」

P「まゆはヤンデレじゃなくて一途なだけなんだ。イロモノ扱いしてほしくない」

P「そこで調べてみたんだが、ヤンデレというのはキレると刃傷沙汰に発展するらしい。
 つまりまゆがキレても人を傷つけなければヤンデレじゃない、と証明できるのではないだろうか」

卯月「そうですか、体張ってますね……頑張ってください」

P「なに他人事みたいに言ってんだ。卯月にも協力してもらうからな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385796120




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:22:36.37 ID:8vU2v6VGo

卯月「ええーっ!? 嫌ですよ、それって下手したら殺されるんじゃないですか!?」

P「大丈夫だって。まゆはヤンデレじゃないから、そんなことにはならない」

卯月「根拠はあるんですか?」

P「え、だって……まゆ可愛いし。天使だし。あんなに可愛い子がヤンデレのはずがない」

卯月「いやいや! その理屈はおかしいですよ、可愛くてヤンデレの人もいますよ、たぶん!」

P「そもそも卯月はまゆをヤンデレと思っているのか?」

卯月「よく分かりませんけど……Pさんと話してるときに虚ろな瞳で睨まれたことは何度か」

P「それは単なるヤキモチだ。もしくは卯月の自意識過剰」

卯月(さり気なくひどい!)



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:23:08.33 ID:8vU2v6VGo

P「頼むよ、しまむー。俺とまゆのためと思って」

卯月「えぇー……私が協力するメリット無いですよね? リスク高すぎですよ」

P「まゆがヤンデレじゃないと判明する。もう怖がらなくて良い。ほらメリット」ドヤァ

卯月(イラッ)

卯月「……もし本当に、私が何かされそうになったら絶対止めてくれますか!?」

P「バッキャロー、あたりまえだよ!
 たとえどんな理由があろうと、まゆを前科者にさせるわけ無いだろ」

卯月「私よりまゆちゃんが優先なんですね……」

卯月(一瞬でもキュンとしたのが悔しい)

卯月「はぁ、もう……分かりました、協力しますよ。
   そのかわり、何かあったら本当に、わ・た・し・を! 守ってくださいよ!?」

P「うづきちは心配症だなぁ」

卯月「ちょいちょい呼び方変えないでください」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:23:53.76 ID:8vU2v6VGo

※作者よりお詫び

 まゆの心を抉る過程を書くのがあまりにも辛かったので割愛します

 そーゆーのを期待していた人はそっとブラウザを閉じるか、脳内補完してください



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:24:33.57 ID:8vU2v6VGo

卯月(……というわけで修羅場なう!)

卯月(Pさんの話に合わせていたら、私が誘惑したことになってしまいました!)

卯月(心が痛いよぅ~、早く帰りたいよぅ~)

まゆ「卯月ちゃん……? 卯月ちゃんが、Pさんを変えてしまったんですか?」

まゆ「まゆの好きなPさんは、もういないんですか?」

卯月(はわわ……、私に矛先が向いている……っ!)

まゆ「ねぇ、卯月ちゃん。答えて……ねぇ?」

卯月「……」アワアワ (どう答えて良いか分からない)



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:25:03.39 ID:8vU2v6VGo

まゆ「う、うう……」

まゆ「うわあぁぁん、Pさぁん……」

P「……!」

卯月(泣かせちゃった!)

まゆ「Pさん、Pさん……あぁぁ」ボロボロ

卯月(まゆちゃん……)

まゆ「まゆの何がいけなかったんですか? Pさんに嫌われたら、まゆはぁ……っ」

卯月「Pさん、もうやめましょう! やり過ぎですよ!
   これ以上続けるなら私怒りますよ!」

P「……」コク

P(土下座)「まゆ、ごめん。今までのは全部嘘だ」

まゆ「え……」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:25:33.84 ID:8vU2v6VGo

P「ちょっとした実験、というか……その、とにかく卯月とは何もない。
 俺はずっと変わらずまゆが好きだよ!」

まゆ「……」

卯月(まゆちゃん、ここはキレて良い場面ですよ……
   かと言ってPさんに刺されてほしいわけじゃないけど)ゴクリ

まゆ「本当ですか? 信じて、いいんですか?」

P「もちろん」

まゆ「……顔を上げてください」

P「はい」




   ぺちっ




まゆ「ばかぁ」ポロポロ



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:26:05.93 ID:8vU2v6VGo

P「……もっと強くビンタしてもいいぞ」

まゆ「出来ません。Pさんにそんなこと、出来ませんよぉ」

卯月(私には)

卯月(あんな、撫でるような優しいビンタできない)

卯月(Pさんの言葉、全く大げさじゃなかったんですね……
   まゆちゃんは紛れも無く天使です)

P「ごめんな、本当に、ごめん」ギュッ

まゆ「もっと強く抱きしめてください」

P「苦しくないか?」

まゆ「ちょっと苦しいです。でも、今は嬉しいです」

まゆ「さっきまで、南極の氷に閉じ込められたみたいでした。
   氷が溶けるまで、抱きしめて温めてください」

P「仰せのままに」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:26:35.30 ID:8vU2v6VGo

卯月(あれから一時間ほど経過)

卯月(この二人まだ抱き合ってイチャついています……)

P「まゆ可愛いよ、世界一かわいいよ」

まゆ「そんなに褒めたら恥ずかしいですよぉ」

卯月(まゆちゃんの機嫌はすっかり良くなったようです)

卯月(雨降って地固まる、と言えばまだマシですが、
   結局私を振り回してイチャついてるだけです)

卯月「(振り回された私だけ損している気がします……)



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:27:08.07 ID:8vU2v6VGo

まゆ「今度こんなことしたら、まゆ本気で怒りますからねぇ」

P「まゆが本気で怒ったらどうなるんだ?」

まゆ「うふ……知らないほうが幸せかもしれませんよぉ」

P「それは残念。でもふくれっ面くらいなら見てみたいかな」

卯月(ついでに、お邪魔にならないうちに帰りたかったけど、タイミングを逃しました)

卯月(こんなときに限って他に誰もいないし、
   私はいつまで二人を見守れば良いのでしょう……?)

P「卯月」

卯月「は、はいッ!」

卯月(と思っていたら声かけられたー!)



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:27:41.70 ID:8vU2v6VGo

P「まだいたの?」シレッ

卯月「な……っ! ~~っ! 今帰るところです!!」プンスカ

P「何怒ってるんだ?」

まゆ「さあ……。あ、もうこんな時間。まゆ達も帰りましょうか」

P「そうだな。お詫びに今日の夕飯は俺が作るよ」

まゆ「えー、ダメですよぅ。
   Pさんに手料理を食べてもらうのは、まゆの一番幸せな時間なんですから、奪わないでください♪」

P「それじゃ仕方ないなぁ。でも何かお詫びしたいんだよ」

まゆ「だ、だったら……Pさんのご両親に紹介していただけますか?」///

卯月(そういえば通い妻するほどの仲なんだっけ……
   末永く爆発すればいいのに)



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:28:14.36 ID:8vU2v6VGo

以上で投下終了です

どうしてもラブラブなPまゆになってしまいますが、まゆが可愛いから仕方ない




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 16:53:29.85 ID:TplzTnTAO

まゆがうるうるした目で見つめたり信じていたPさんに裏切られたと思い込んでハイライトさんが完全に消えたり
出そうとした言葉が怖くて出ない自分に気づいて怯えたり気がつかない内にこぼれていた涙に指摘されて気づいてあれ?ってなるのが可愛いんだろうが
結果より過程と描写が大事なこともあるだろ!
>>1乙。まゆかわいい


元スレ
SS速報VIP:P「まゆをキレさせてみる」