1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:20:13.30 ID:tFa/pk7p0

真美「すぅ……」

美希「そこ、ミキの特等席なの! なんで真美が寝ちゃってるの? ねーえー!」ユサユサ

真美「……むにゃ」

美希「……むー、ホンカク的にジュクスイなの。これはもう、ミキの手におえないってカンジ」

真美「……くぅ」

美希「あふぅ……もう、ミキだって眠いのに~……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:25:59.29 ID:tFa/pk7p0

美希「まーみー、いい加減起きないとぉ……チューしちゃうよ? あはっ♪」

真美「……」

美希「……ダメなの、ドーセーにこれは通じないの」

真美「……すぅ」

美希「それにしても、ぐっすり寝てるの……」

美希「……そういえば、真美の寝顔って今までじっくり見たことなかったかも」

真美「……んぅ」

美希「こーなったら、このキカイにじっくり観察してやるの!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:31:20.90 ID:tFa/pk7p0

美希「……」

真美「……」

真美(え、なにこれ……)

美希「じーっ」

真美(目が覚めたらミキミキがめっちゃ近くにいる、なにこれ、どういうジョーキョーなの!?)

美希「……あれ、起きてるの? 真美?」

真美(よくわかんないけど……ちょっと面白そうだし、寝たフリしてみよっかな)

美希「おーい、まーみー」ツンツン

真美「……くぅ」

美希「むー、起きない……気のせいだったみたいなの」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:36:49.77 ID:tFa/pk7p0

美希「……」

真美「……」

美希「今まで気にしたことなかったけど……」

真美「……?」

美希「真美って、けっこうカワイイ顔してるの」

真美「……!」

美希「って言っても、まだまだお子ちゃまなの。大きくなったら、もっと美人さんになるかもね」

真美「…………」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:40:45.70 ID:tFa/pk7p0

美希「お肌もキレイなの、ちゃんと手入れしてるんだね」

真美「……」

美希「ほっぺ、柔らかそうなの」

真美「……」

美希「えい、えい」プニプニ

真美「……んぅ」

美希「あはっ、やっぱり柔らかいの!」

真美(……ミキミキ、ちょっと楽しそう)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:46:19.90 ID:tFa/pk7p0

美希「髪もサラサラでいい匂いなの」

真美「ん……」

美希「すんすん」

真美(なんか恥ずかしい……)

美希「……こうして見ると、真美って意外と髪長いんだね」

真美「……」

美希「ちょっとシュシュ取ってみるの」スルッ

真美「んー……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:51:51.33 ID:tFa/pk7p0

美希「んー、肩よりちょっと下くらい? 思ってたより長いの」

真美「……」

美希「でも、長さが違うだけでちょっと大人っぽく見えるね」

真美「……」

美希「これで、コーデも整えてちゃんとお化粧したら、すっごくキレイになるって思うな」

美希「キャラもちょっとだけカブってるし……うー、こりゃーミキもウカウカしてられないかも……」

真美「……♪」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 15:57:44.69 ID:tFa/pk7p0

美希「あふぅ……それより真美、まだ起きないの? ミキ、いいかげん眠いの」

真美(そっか、ここっていつもミキミキが寝てる場所だったよね……)

美希「ねえ真美、そろそろ起きないと、ホントにチューしちゃうよー?」

真美「!?」

美希「なーんちゃってなの……さっきもダメだったし、こんなので起きるわけ……」

真美「ふ、ふあー、よく寝たなぁー! あっ、ミキミキおはよう!」

美希「ナノッ!?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 16:02:37.88 ID:tFa/pk7p0

真美「えへへ……ごめんねミキミキー、場所取っちゃって」

美希「ううん、別にいいの。真美にだってそこを使うケンリはあるの」

真美「でもミキミキ……さっきまで真美のこと、起こそうとしてたじゃん」

美希「えっ……真美、なんで知ってるの?」

真美「えっ……あーいや、なんでだろうねーえへへへ……」

美希「あふぅ……まあ、なんでもいいの……それよりミキ、もうゲンカイなのぉ……」

真美「あ、わかったよミキミキ、今どくから……」

美希「ナノォ……」ガバッ

真美「うあうあー!?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 16:06:14.63 ID:tFa/pk7p0

真美「ちょ、ちょっとミキミキー、離れてよう……」

美希「ナノ……」

真美「だめだー、もうすっかりジュクスイだよー!」

真美「これじゃ真美、ちっとも動けないっしょ……」

美希「ぐぅ……おにぎりなの……うれしいの……」

真美「あはは……ミキミキ、おにぎりの夢みてるんだ」

美希「んん……まみと……いっしょにたべるの……むにゃむにゃ」

真美「ミキミキ……」

真美「……もうちょっと、このままでもいいかな」





18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23(木) 16:07:11.95 ID:tFa/pk7p0

短いけど
まみきという新提案


元スレ
美希「まーみー、そろそろ起きてよー!」