1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 00:59:06.13 ID:4250HG7o0

―ちひゃーに告白―


P「俺と付き合ってください!」

ちひゃー「くっ?」

千早「プロデューサー、何を言っているんですか?」

P「ちひゃーと付き合いたい」

千早「真顔で冗談は止めてください。流石に面白くありません」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:00:31.95 ID:4250HG7o0

ちひゃー「くっ」

P「え……?」

千早「ど、どうしたんですか?」

P「オーケーだってよおおおおお!!!」

千早「……」ピッピッ

P「何をしている?」

千早「救急車を呼ぼうかと」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:01:55.83 ID:4250HG7o0

P「何故だ?」

千早「頭がおかしい人がいるので」

P「それは大変だな」

千早「はい、それはもう大変です」

ちひゃー「くっくっ!」ぺしぺし

P「おっ、早速愛情表現か」

千早「頭を叩くのはいつもやっていることです」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:03:25.34 ID:4250HG7o0

P「ちひゃー、デートはどこに行きたい?」

ちひゃー「くっ!」

千早「ちひゃー、この人に近づいては駄目」

ちひゃー「くっ?」

千早「変態がうつるわ」

P「おいおい千早、嫉妬か?俺がちひゃーばかりかわいがるから」

千早「頭がPの変態が何を言っているんですか」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:05:52.99 ID:4250HG7o0

―ちひゃーとスーパー―


P「千早、今から俺とちひゃーはスーパーに行くから」

千早「何故?」

P「牛乳が飲みたいらしい」

ちひゃー「くっ!」

千早「……私もついて行きます」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:07:14.69 ID:4250HG7o0

ちひゃー「くっ♪くっ♪」

千早「ちひゃー、牛乳なら私が買ってあげているでしょ?」

ちひゃー「くっ」

P「どうしてついてくるんだ?」

千早「プロデューサーが変なものを買い与えないように見張るためです」

P「小姑千早……」

千早「なっ……!!!」

ちひゃー「くっ!くっ!」

P「おっ、これがいいのかー?早速買おう!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:09:04.22 ID:4250HG7o0

千早「どうして突然牛乳なんか……」

ちひゃー「くっ……」

P「ちひゃー……そんなこと気にしなくていいんだ!」

ちひゃー「……くっ……?」

P「俺は今のままのお前が好きなんだ!」

ちひゃー「くっ……!」

P「ちひゃー……」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:10:39.89 ID:4250HG7o0

千早「盛り上がってる所すいませんが、いったい何を話しているのですか?」

P「え?ちひゃーが胸を大きくするために牛乳をもっと飲むって言うから、
 今のままのちひゃーが好きだって」

千早「そ、そうですか……」

千早(本当に意思疎通しているのかしら……?)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:11:43.84 ID:4250HG7o0

―ちひゃーといちゃいちゃ―

P「ちひゃー」

ちひゃー「くっ?」

P「ふふふ、呼んでみただけ」

ちひゃー「くっ」

千早「とても気持ち悪いので止めてください」

P「酷いな、千早酷いぞ」

ちひゃー「くっくっ」ぺしぺし

千早「ちひゃー、変態から離れなさい」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:13:42.85 ID:4250HG7o0

―ちひゃーとデート―


千早「今度は本当にデートですか」

ちひゃー「くっ!」

P「千早、どうしてついてくるんだ?」

千早「ちひゃー一人で変態の元へ行かせるわけにはいきません」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:14:56.64 ID:4250HG7o0

P「千早……」

千早「何ですか?」

P「ちひゃーに先を越されて悔しいのは分かる。
 今にきっとお前にも素敵な人が現れるさ」

ちひゃー「くっくっ!」

千早「……」

千早「そうですね。その時は頭がPの変態は勘弁願いたいですね」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:16:47.03 ID:4250HG7o0

P「遊園地に来たぞ!」

ちひゃー「くっ!くっ!」

P「え?お化け屋敷に入りたい?もちろんオッケー」

千早「ちひゃー、大丈夫なの?」

ちひゃー「くっ!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:18:29.37 ID:4250HG7o0

P「……」

ちひゃ「……くっ」

千早「……」

P「千早、いいところなんだからついてくるなよ」

千早「あ、お化け」

ちひゃー「くぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」

P「ひゃあああああああああああ!!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:20:28.31 ID:4250HG7o0

―ちひゃーにプレゼント―


P「うーん……?」

千早「何を唸っているんですか?」

P「ちひゃーにどんなプレゼントを贈ろうか悩んでいるんだ」

ちひゃー「くっ」

千早「本人の前で……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:22:23.96 ID:4250HG7o0

P「愛し合う二人のプレゼントはどんなものが良いと思う?」

千早「え?あ、愛し合う……。私は……その……」

ちひゃー「くっ?」

P「ほうほう」

千早「プ、プラチナのリング!!……がいいかと……」

ちひゃー「くっ?」

P「…………千早、重い」

千早「!!」がーん

千早「どうせ私は重い女です……」

ちひゃー「くっ!くっ!」ぺしぺし



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:24:11.96 ID:4250HG7o0

―ちひゃーにプロポーズ―


P「ちひゃー……!」

ちひゃー「くっ……」

P「俺と……」

P「結婚してくれ!!」

ちひゃー「……」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:25:33.15 ID:4250HG7o0

千早「とんとん拍子に進み過ぎです」

P「義姉さん、茶化さないでくれ。俺は真剣なんだ」

千早「誰が義姉さんですか」

ちひゃー「くっ!!」

P「……」

千早「プロデューサー?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:27:20.17 ID:4250HG7o0

P「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

千早「きゃっ!」

ちひゃー「くっくっ!」

P「よっしゃああああああああああああああああああ!!」

P「あ、義姉さん、ちひゃーはな……」

千早「まあ、反応を見れば分かりますけれど……」

千早「ちひゃー、本当にいいの?」

ちひゃー「くっ!!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:29:12.31 ID:4250HG7o0

―ちひゃーと結婚―


千早「えー、病めるときも健やかなる時も……」

千早「いついかなる時も互いを愛し慈しみ、ともに歩むことを誓いますか?」

P「誓います」

千早「えー、死が二人を分かつまで」

千早「喜びを分かち合い、苦しみを分かち合い、ともに歩むことを誓いますか?」

ちひゃー「くっ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:31:30.43 ID:4250HG7o0

千早「それでは誓いのキスを……って、何をしてるんですか!!」

P「結婚式」

ちひゃー「くっ」

千早「真顔で言わないで下さい」

千早「大体、私のセリフ、適当過ぎでしょう!」

P「いいのいいの、雰囲気出てたぞ」

ちひゃー「くっ!」

千早「そういう問題では無いような気が」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:34:14.38 ID:4250HG7o0

P「さあ、誓いのキスだってよ」

千早「あ、まだ」

ちひゃー「くっ」ちゅ

P「うひょおおおおお!!」

ちひゃー「くっ!」

千早「……」

P「さ、次は指輪を交換しよう」

千早「結局プラチナのリングなんですね」

ちひゃー「くっ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:35:57.20 ID:4250HG7o0

―ちひゃーと初夜―


P「ちひゃー……」

ちひゃー「くっ……」

P「先に布団のところへ行っていてくれ……」

ちひゃー「くっ……」

P「何、こわがらなくていい。天井のシミを数えてるうちに終わるさ……」

ちひゃー「くっ……」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:36:58.77 ID:4250HG7o0

千早「何を言っているんですか何を」

P「義姉さん、新婚初夜を覗くのはいい趣味とは言えないな」

千早「変態だ変態だと思っていましたがここまでとは」

P「愛し合う二人を邪魔立てするならば、義姉さんとて容赦はできん」

千早「何を馬鹿なことを。大体、サイズが違いすぎます」

P「サイズって?」

千早「か、体の大きさです」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:38:20.67 ID:4250HG7o0

P「体って具体的にどこ?もしかして、ここー?」チラリ

千早「……あ、大丈夫そうですね」

P「」

千早「って、そんな問題じゃありません!!」


――――――――

 ―――――

  ―――

   ―



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:39:45.67 ID:4250HG7o0

千早「正気に戻って下さいプロデューサー……」

P「おいおい、俺がどうしたんだ?」

P「寝言か……。そろそろ起きなさい、千早」

千早(あ、プロデューサーのやさしい声がする……)

千早(そうか……アレは夢……悪い夢……)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:40:57.87 ID:4250HG7o0

千早(ちいさな生き物に欲情する頭がPの変態なんていなかったんだわ……)

千早(早く起きなきゃ……)

P「おーい、千早ー」

千早「プロデュー……サー……?」

千早「Pヘッド!!」バタリ

P「ち、千早ー!冗談だって、この被り物、ドッキリ、ドッキリなんだよー」

P「千早ー!起きてくれー!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:42:28.30 ID:4250HG7o0

千早「うーん……」

P「お、起きたか!良かった!」

千早「プロデューサー……」

P「気を失ったからびっくりしたよ……」

千早「それはもう、驚きましたからね」

P「悪かったよ。埋め合わせはしよう」

P「あ、それとほら、番宣の人形出来てきたぞ。千早モデル」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:44:41.20 ID:4250HG7o0

千早「人形……?これは……」

P「かなりデフォルメされてるけどかわいいだろ?」

千早「ちひゃー……」

P「ちひゃー……って、コイツの名前?」

千早「はっ!わ、忘れてください」

P「いや、いいよいいよ。この子はこれからちひゃーな」

千早「……はい」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:46:58.38 ID:4250HG7o0

  ―――――くっ――――――


千早「!!」

P「千早、どうした?」

千早「ふふっ、いえ、何でもありません」

千早「それじゃあプロデューサー、スーパーに牛乳でも買いに行きましょうか」

P「え?お、おう」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:48:57.91 ID:4250HG7o0

千早「あ、今度遊園地に行きましょうね」

P「え?あ、ああ、オフの時にな」

千早「それから……」

P「ま、まだあるのか?」

千早「くくくく~」

P「な、何だ?」

千早「ふふっ、何でもないですよ、プロデューサー」


  ―――――くっ!――――――


終わり



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:51:48.70 ID:4250HG7o0

ちひゃーといちゃいちゃしたくて書きました
読んで下さった皆さん、ありがとうございました


元スレ
千早「ちひゃーと付き合うなんて正気ですか?」