1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 06:26:30.16 ID:H1QIO/p80

亜美「あんね、あんね、亜美のいちごがね」

真美「うんうん、亜美の苺が?」

亜美「おちちゃったの……」

真美「大丈夫だよ、洗えば食べられるよ?」

亜美「きちゃないよー!」

真美「汚くないない、もったいない。ほら、綺麗になったっしょ?」

亜美「きちゃない……」

真美「苺さんも亜美に食べて欲しいって言ってるよ。タベテー、アマクテワタシオイチイヨー。ほら」

亜美「やぁっ……」

真美「んもーわがままばっかり言ってちかたないなぁ、じゃあ私の苺一つあげる。もう落としちゃダメだよ?」

亜美「ん!」

真美「ありがとうは?」

亜美「ありがとう!」

真美「よちよち、いいこいいこ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 06:35:39.93 ID:H1QIO/p80

真美「亜美ー、ご飯だよー」

亜美「はーい! ……ゔっ」

真美「何その顔」

亜美「やさいばっかり……」

真美「お菓子ばっかり食べてたら大きくなれないかんね」

亜美「あみおなかいっぱいかもー」

真美「お腹鳴ってるよ? まぁまぁ騙されたと思って食べて食べて」

亜美「……にがーい」

真美「あ、あれ? ここで美味しー! おかわりー! ってなるはずだったんだけど」

亜美「ごちそうさまでしたー」

真美「だーめ、出されたものはちゃんとキレイに食べなきゃ」

亜美「だってー……」

真美「んじゃ頑張って全部食べたら今度お菓子買ったげる、約束」

亜美「うーん……ゆ、ゆーびきーりげーんまーんうーそつーいたーら」

真美「もうお菓子買ってあーっげない、ゆーびきった♪ はい、頑張ろうね」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 06:44:57.90 ID:H1QIO/p80

P「しかし何度見ても慣れないなぁ……本当にこの子が亜美?」

真美「そだよー、会う度同じこと聞くね。亜美、ご挨拶は?」

亜美「こんちはじーちゃん!」

P「じじじじいちゃ!? こ、こんにちは亜美ちゃん」

真美「んっふっふ~、にーちゃんどころかじーちゃんですかー」

P「俺、そんなに老けて見えるのかなぁ……」

真美「うあうあ~!? ガチへこみしないでよー!?」

P「はぁ……いいよなぁ、亜美は若返って。俺も子供に戻りたいよ」

真美「何じじくさいこと言ってんの、ますます老けて見えるよん?」

P「誰がハゲだ!」

真美「言ってないよ!」

亜美「けんかー、めっ!」

P「ごめんなさい」

真美「ごめんちゃい」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 06:50:29.88 ID:H1QIO/p80

亜美「これー」

真美「うんうん、約束だったもんねー」

亜美「これもー」

真美「えっ」

亜美「あとこれー」

真美「あ、亜美さん? ちょっち多くない?」

亜美「やくそくしたっしょー」

真美「いや、あれは一つだけって意味でねぃ?」

亜美「そんなのいってなかった!」

真美「とにかく一つだけ! こんなに買っても食べ切れないっしょ?」

亜美「やだ、やだやだー!」

真美「だーめ! ほら、一つだけ残して後は返すの!」

亜美「やー! うえーんうえーん!」

真美「泣いてもダメだかんね!」

亜美「うえーんうえーん!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 06:57:04.84 ID:H1QIO/p80

真美「機嫌直せよぅ……ほら、今日は亜美の好きなハンバーグだよー?」

亜美「あみハンバーグきらい」

真美「涎垂れてんじゃん、我慢すんなよー」

亜美「やっ!」

真美「……亜美が食べないなら亜美の分も全部食べちゃおっかなー!」

亜美「あっ……!?」

真美「ね、お腹空いてるんだから一緒に食べよ」

亜美「うぅー……」

真美「ちゃんと言ってなかった私が悪かったよ。ごめんなさい。亜美、許して?」

亜美「……ぅん」

真美「ありがとう、亜美。それじゃハンバーグ食べよっか」

亜美「ん」

真美「食べる前にいただきますっしょー? はい、おててぱっちん」

亜美「いただきまーす」

真美「いただきまーす」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:04:19.12 ID:H1QIO/p80

亜美「んー……」

真美「亜美、お風呂入るよー」

亜美「うー……」

真美「寝るのは体キレイにしてからっ、ほら起きた起きた!」

亜美「ぐぅ」

真美「寝るなー! 寝たら太るぞー!」

亜美「……むにゃ」

真美「せめておトイレ行ってから寝れー!」

亜美「くぅ、くぅ……」

真美「ああ、大丈夫かな、大丈夫じゃないっしょ、さっきあんなにジュース飲んでたもんね、やばいやばいやばい」

亜美「んぅー、おといれぇ……」

真美「!! よし行こうすぐ行こう今行こう!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:09:29.49 ID:H1QIO/p80

亜美「うえーんうえーん!」

真美「ああ、もう……あとちょっとだったのに、ぐすん」

亜美「うえーんうえーん!」

真美「泣いててもちかたないよね……亜美、脱ぎ脱ぎー」

亜美「う、うぅ……」

真美「はい上手に脱げまちたー、いい子いい子」

亜美「うえーんうえーん!」

真美「うんうん、お股気持ち悪いねー。お風呂入ってキレイキレイしようねー。ほら上も脱ぎ脱ぎー」

亜美「ぐすっ……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:15:31.99 ID:H1QIO/p80

真美「明日雨だったよねぃ……部屋干しかなぁ」

亜美「あひるががーがー!」

真美「亜美、肩まで浸かって百数えなきゃだめっしょー」

亜美「かぞえたよ!」

真美「数えてなかった。嘘吐きはドロボーの始まりだよ?」

亜美「あみドロボーじゃないし」

真美「知ってるし。はい、肩までちゃっぷん。いーち、にーい」

亜美「さーん、しーち」

真美「飛んでる飛んでる。しーい、ごーお」

亜美「あついー」

真美「我慢我慢、ろーく、しーち……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:20:27.20 ID:H1QIO/p80

亜美「こく、こく」

真美「ごきゅっ、ごきゅっ」

亜美「ぷはー! ふろあがりのこのいっぱいがいきがいだぜー!」

真美「ぷはー! 五臓六腑に染み渡るぜー!」

亜美「ごぼう?」

真美「ごぞーろっぷ。んーと、体中とかそんな感じ」

亜美「ごぼーろっぷにしみしみだぜー!」

真美「だからごぞー……いいか。ごきゅっ、ごきゅっ」

亜美「ぷはー!」

真美「ぷはー!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:26:48.74 ID:H1QIO/p80

真美「よっ、ほっ……」

亜美「そこいたいー」

真美「あっとめんごめんご……おー、取れた取れた」

亜美「みせてー」

真美「ほい」

亜美「うあうあー! ばっちいー!」

真美「亜美の耳小っちゃいから大変だよ、はい反対」

亜美「んー」

真美「よっ、ほっ……」

亜美「いたいー」

真美「めんごめんご」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:31:40.69 ID:H1QIO/p80

亜美「くぅ、くぅ……」

真美「竜宮城ではムネムネがどたぷ~んなお姉さんや、おでこがピカピカ光るお嬢さん、髪を結んだ超キュートな……あ、寝てら」

亜美「すぅ、すぅ……」

真美「幸せそうな寝顔しやがって、くぬくぬ」

亜美「むにゃ……」

真美「あはは、かわいいなあ」

亜美「くぅ、くぅ……」

真美「ね、亜美」

亜美「すぅ、すぅ……」

真美「……早く大きくなんなよ」

亜美「んぅー……」

真美「おやすみ、亜美」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 07:46:24.60 ID:H1QIO/p80

亜美「おはおはー! にーちゃんいるかい? せくちーぷりちーな亜美様のお通りだぜぃ!」

真美「おはおはー! にーちゃんいらないかい? あだるときゅーとな真美様のお通りだぜぃ!」

P「要るよ! っていうか亜美戻ったのか! すっかり元通りだなー亜美が子供になったって聞いた時はどんなSFだよと」

亜美「は? 戻る? 子供? 何言ってんのにーちゃん頭ダイジョビ?」

P「え? あれ? あ、ははーん……さては覚えてないんだな? 一週間くらい前までお前はこんなに小っちゃくて可愛くて」

亜美「いや一週間前も普通に仕事してたし。ほんとにどうしちゃったのにーちゃん?」

P「仕事っていったって……あ、もしかして子役の?」

亜美「いやいや、20もとうに越えて子役とかありえないっしょ。真美もなんか言ってやんなよ」

真美「んっふっふ~、そうだよにーちゃん。若返るなんてファンタジーやおとぎ話じゃあるまいし」

P「!? もしかして、だ、騙した!?」

亜美「えーなになにどういうことー? 亜美にも教えてよー」

真美「んっふっふ~! 実はねぃ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 08:03:20.32 ID:H1QIO/p80

P「む、娘ぇ!? お前母親になってたのか!? っていうか結婚してたの!? 俺式に呼ばれてないよ!?」

真美「いやーめんごめんご、真美も全部終わった後に呼び忘れてたことに気付いて。ついでだしそのままドッキリ仕掛けちゃおう、と」

亜美「そういや真美の子も亜美っていうんだっけ。フツー自分の娘に妹の名前は付けないっしょー」

真美「いやー、亜美みたいな立派な人になって欲しいって思ったからねぃ」

亜美「いやんばかん照れるぅ」

P「なんということでしょう……」

真美「あれ、にーちゃんが真っ白になってる」

亜美「ほんとだ、少ない髪も真っ白に」

P「ハゲてねぇよ!」

真美「ハゲてるよ?」

亜美「ハゲてるねぃ」

P「おお……」

真美「あ、今度はダークサイドに堕ちて真っ黒に。高木社長を思いだすねぃ」

亜美「やっぱり社長は真っ黒じゃないと社長らしさが出ないよねぃ。亜美、兄ちゃんが事務所作るって聞いた時はそれが心配です心配で」

P「おおおお……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 08:11:53.63 ID:H1QIO/p80

P「……はっ!? ここは俺の事務所!? 俺は社長兼プロデューサー!?」

真美「うんうん、合ってる合ってる」

P「真美! お前、け、結婚なんてしてな」

真美「私は結婚したし娘いるし名前は亜美だよん」

P「」

真美「亜美は用事あるからって先に帰っちゃって……って、にーちゃん聞いてる?」

P「」

真美「ダメだこりゃ、私も帰ろうかな」

P「……はっ!?」

真美「あ、起きた。現実受け入れられた?」

P「どうにか。そうかー、あれ娘だったかー……」

真美「まだ辛そうだね、私お茶淹れるよ」

P「……」

真美「? どったの?」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 08:25:42.25 ID:H1QIO/p80

P「……『私』」

真美「もう大人だし。自分のこと真美って呼ぶのは亜美といる時ぐらいだよ」

P「大きくなったなぁ」

真美「にーちゃんじじくさいよ?」

P「はは、俺も年を取るわけだよ」

真美「? ま、なんでもいいけど。はい」

P「ありがとう、ずずっ……美味いな」

真美「練習したかんね」

P「旦那さんの為に?」

真美「……んっふっふ~!」

P「はは、幸せそうで何よりだ」

真美「超幸せだよ、同じくらい大変だけどね」

P「……俺も子供、作ろうかなー」

真美「ピヨちゃんは今か今かと待ち侘びてるっぽいよー?」

P「散々苦労かけて来たしな、そろそろ……うん、話してみるよ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 08:29:38.18 ID:H1QIO/p80

真美「もうこんな時間、私も帰るね」

P「おう、また娘と一緒に顔見せに来い。なんなら再デビューでも……」

真美「無理無理、今は家族の面倒見るので手一杯! 亜美が手のかからない年頃になったら考えるよ」

P「その時は親子でアイドルか?」

真美「さあ、どうだろうねぃ?」

P「ははは……元気でな」

真美「ん、にーちゃんも。じゃーねぃ!」

P「おうっ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 08:39:03.23 ID:H1QIO/p80

真美「ただーいま」

亜美「おかえり、まみー」

真美「良い子にしてた? パパは遊んでくれた?」

亜美「うん、いいこだったよー。ぱぴーはずっとねてた」

真美「お疲れなんだねぃ。さ、ご飯の準備準備……ね、亜美」

亜美「?」

真美「アイドルって知ってる?」

亜美「何それ?」

真美「テレビに出て、歌ったり踊ったりする楽しいお仕事のこと」

亜美「やりたいー!」

真美「やりたいかー、じゃあ亜美は将来アイドルになる?」

亜美「なるー!」

真美「んっふっふ~! 実はママも、昔はアイドルやっててね……」

おわり


元スレ
亜美「うえーんうえーん!」真美「どったのー?」