1: ナナシ 2019/10/21(月) 10:37:34 ID:g.sJhvg2

名曲×ラブライブSSです。オリジナル設定ご容赦ください。では参ります



2: ナナシ 2019/10/21(月) 10:38:26 ID:g.sJhvg2

ねぇみんな・・・・

【この町の景色は貴女たちの目にはどう映るの?】

【今の私はどう見えるの?】



3: ナナシ 2019/10/21(月) 10:39:15 ID:g.sJhvg2

~某大学・6月~

生徒E「ねぇ絢瀬さん」

絵里「何かしら?」

生徒E「もしかしたらだけど・・・スクールアイドルやってた?」

絵里「え?・・・ええそうよ」

生徒E「やっぱり!スゴイずっとファンだったんだ」キラキラ

絵里「そ、そうなの、あ、ありがとう」

生徒E「ねぇ、アイドル時代のこと聞かせて」キラキラ

絵里「う、うん」

ねぇみんな・・・

【誰かの優しさも皮肉に聞こえてしまうの】

【そんな時は、どうしたらいい?】



4: ナナシ 2019/10/21(月) 10:39:52 ID:g.sJhvg2

絵里「はぁ・・・」

~音ノ木坂学園~

絵里「どうして来ちゃったのかしら」

絵里「みんな元気にしてるかしら」

~部室~

絵里「いないわよね・・・当然」

~生徒会室~

絵里「ここにもいない」

絵里「・・・じゃあ【あそこね】」

絵里「・・・」

あの日々は私にとって・・・ううん、私たちにとってかけがえのない時間だった

つい去年のことなのにやけに昔のように思える

【良かったことだけ思い出してやけに年老いた気になる】



5: ナナシ 2019/10/21(月) 10:40:37 ID:g.sJhvg2

~屋上扉~

絵里「ここよね」グッ

ガチャ

ブワッ

絵里「!?」

海未「ステップが遅れていますよ!」

新入生たち「はい!!」

花陽「ここはねこうして・・・」

新入生「なるほど」

穂乃果「雪穂~もしかしてバテた?」ニヤニヤ

雪穂「そ・・んなわけ・・・ないでしょ」ゼェゼェ

凛「肩で息してるね」

真姫「あんまり無理しちゃダメよ」

亜里紗「ハラショー」

ことり「あれ?」



6: ナナシ 2019/10/21(月) 10:41:14 ID:g.sJhvg2

海未「ん?」

花陽「え?」

凛「にゃ?」

真姫「?」

穂乃果「あ、絵里ちゃん!!」

絵里「え、ええみんな・・・久しぶり」

亜里紗「お姉ちゃん!」

雪穂「こ、こんにちは」



7: ナナシ 2019/10/21(月) 10:42:44 ID:g.sJhvg2

新入生たち「こんにちはー!!」

絵里「こ、こんにちは」

海未「随分、久しぶりですね」

絵里「そ、そうね2ヶ月くらいかしら」

凛「どうしたの?なんか変だよ?」

絵里「そ、そうかしら」

真姫「ええ、なんかぎこちないっていうか」

絵里「き、気のせいよ」

ことり「そう?なら良かったよ」

花陽「あ、みんな休憩しても大丈夫ですよ!」

新入生たち「はーい」



8: ナナシ 2019/10/21(月) 10:44:08 ID:g.sJhvg2

穂乃果「それでそれでどう大学は?」

絵里「そ、そうね、概ね順調かしら?友達もできたし」

穂乃果「へぇーすごいな、ああそうだ!合コンは合コン!」

絵里「え?いいえまだだけど」

海未「穂乃果・・・全く」

真姫「ごめんなさいね、穂乃果は大学生はみんな合コンしてると思ってるのよ」

絵里「そうなの?(確かに周りの子たちがそんな話していたような)」

ことり「でも偶には・・・ね」

凛「もう、ことりちゃんまで」

花陽「ピャー、大人です///」

絵里「あはは」



9: ナナシ 2019/10/21(月) 10:44:55 ID:g.sJhvg2

絵里「それよりそっちはどう?」

穂乃果「うん順調だよ。今新しいフォーメーションを試してるんだ」

絵里「す、凄いわね、部員も私たちの頃に比べてかなり増えてるし」

海未「そうですね、にこがいれば泣いて喜びますよ」

絵里「フフフ、そうね」

凛「さてと」スクッ

海未「休憩はこの位にして・・・みなさん始めますよ!」

新入生たち「はい!」

穂乃果「みんな、ファイトだよ!」

新入生たち「はい!!」

絵里「・・・」



10: ナナシ 2019/10/21(月) 10:45:54 ID:g.sJhvg2

穂乃果「そうだ絵里ちゃんにフォーメーションについて意見をもらおうよ」

海未「いいですね。いかがですか?」

絵里「・・・ごめんなさいね。ちょっと用事ができたからこれで失礼するわ」

ことり「そうなんだ・・・」

絵里「ええ、みんな頑張ってね」

新入生たち「ありがとうございます」

絵里「」スタスタ

バタン

真姫「エリー何かあったのかしら?」



11: ナナシ 2019/10/21(月) 10:46:34 ID:g.sJhvg2

絵里「・・・」

穂乃果たち最上級生として立派にやっている

真姫たちも上級生として後輩の指導もしている

あの頃は、みんなあどけなく子供だと思ってたのだけれど

絵里「立派に成長したのね」

どこか誇らしくもあり寂しくもある

みんなそれぞれの道を歩んでいる

【引き返しちゃいけないよね・・・進もう】

絵里「私の道を」



12: ナナシ 2019/10/21(月) 10:47:29 ID:g.sJhvg2

そう思った初・・・

生徒E「あれ?絢瀬さん?」

絵里「え?貴女は」クルッ

生徒E「やっぱり!何してるの?」スタスタ

絵里「と、特に何も」

生徒E「そうなんだ、あ、じゃあ今暇かな?」

絵里「え?ええ」

生徒E「実はね、今わたしと数人でサークルを作ろうと思って」

絵里「サークル?部活のようなものかしら?」

生徒E「うん、それでね絢瀬さんに入って貰いたいんだ」

絵里「え!?」

生徒E「いこ」グィ

絵里「ちょっと(力つよ!?振りほどけない)」



13: ナナシ 2019/10/21(月) 10:52:33 ID:g.sJhvg2

絵里「サ、サークルってどんなものなの」

生徒E「う~んとね【アイドル同好会】」

絵里「え!?」

生徒E「今はね【読モっていうモデルさん】の子と【おっとりマイペース】な子がいるんだ」

絵里「そうなの(大丈夫なの!?そのメンバー)」

生徒E「あ」

絵里「な、何?」ビクッ

生徒E「そういえば、絢瀬さんはどこかサークルに入ってるのかな?」

絵里「え?いいえ特には(ていうか今更確認なの!?この子ちょっと天然ね)」

生徒E「良かった。じゃあ大丈夫だね♪」

絵里「(なにが!?)」



14: ナナシ 2019/10/21(月) 10:57:06 ID:g.sJhvg2

絵里「(よく見るとこの子結構・・・その恵体よね。胸とか)」

絵里「ねぇ」

恵体の子「うん?」

絵里「貴女・・・その【外国の?】」

恵体の子「うん、【スイスから来たんだ】よろしくね♪」

絵里「ええ、よろしく」

恵体「フフフ♪あ、着いたよ」

オンボロ教室「」ドヨーン

絵里「ハラショー・・・」

恵体の子「えへへ♪ごめんねこんな所しか用意できなかったんだ」

絵里「・・・」

恵体の子「絢瀬さん?」



15: ナナシ 2019/10/21(月) 10:58:26 ID:g.sJhvg2

【どんなことが起こるんだろう】

この扉の先には何が待っているのだろう

強引に無理やりに、ここまで連れてこられたけど

今の私はそんなことよりも好奇心?の方が勝っていた

穂乃果たちも最初はこんな感じだったのかしら?

今度は私の番・・・でいいのよね



16: ナナシ 2019/10/21(月) 10:59:57 ID:g.sJhvg2

絵里「」スッ

ガチャ!!

フワッ

読モの子「あら、お帰りな・・・?その人は?」

おっとりマイペースな子「ん~どこかで見たことがあるな~」

恵体の子「うん!紹介するね♪この人は・・・」

【新しい私がここから始まる。そう感じた初夏のことだった】

~終わり~



17: ナナシ 2019/10/21(月) 11:00:49 ID:g.sJhvg2

以上になります。今回参考にしたのはMr.Childrenの「くるみ」でした。絵里ちゃん、お誕生日おめでとうございます!では!


元スレ
SS深夜VIP:絵里「くるみ」【ラブライブ】