1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:22:26.42 ID:6ckaW4EN0

やよい「あ、伊織ちゃん…それがその…小鳥さんのパソコンが開いちゃってて、画面に『やよいおり』って書かれたフォルダがあって…」

伊織「やよいおり…どういう意味かしら」

やよい「やよい…おり…やよい織り?」

伊織「そんな織り方あるの?」

やよい「さぁ…どうなんだろー」

伊織「もう…考えてもわかんないから、小鳥に聞いてみましょ」

やよい「あ、そうだよね!それが一番だよ!」

伊織「まーわかんなくてもプロデューサーにでも聞けばいいでしょ。そうと決まれ ば行くわよやよい」

やよい「うんっ!」

小鳥()ガクガク



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:27:53.28 ID:6ckaW4EN0

小鳥(ピヨ…これは非常にマズイことになったわ…まさかトイレに行っているすきにたまたま見られるなんて…迂闊ッ!!)

小鳥(…いや本当にどうしよう)

小鳥(まさか本当の事を言う訳にもいかないし…でもはぐらかしたらプロデューサーさんに聞きに行ってしまう可能性も…)

小鳥(これは小鳥ピーンチ!)

やよい「あ、小鳥さーん!」

小鳥「ピョヘェ?!」ビビクン

伊織「まったく…探したわよ小鳥…って、どうしたの?」

小鳥「なななななんでもなななないわよよよよ」ガクガク

伊織「いや…なんでもあるでしょその様子…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:33:02.95 ID:6ckaW4EN0

伊織「まぁいいわ…小鳥、聞きたいことがあるんだけど…」

やよい「あのぅ…『やよいおり』って、なんですか?」

小鳥「あ、あー!!ごめんなさい二人とも!!私ちょっと外回りする用事ががががが!!」ダッ

伊織「あっ、ちょっと!」

小鳥「さらばアデュー!!子猫ちゃんたち!!」ガチャ

やよい「行っちゃいました…」

伊織「むむ…様子がおかしかったわね…」

やよい「むー…やっぱり私たちで突き止めるしかないのかな」

伊織「よし…やってやろうじゃないの!この伊織ちゃんの名にかけて、『やよいおり』の正体を暴いてみせるわ!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:41:45.51 ID:6ckaW4EN0

伊織「とは言ったものの…」

やよい「うーん…手がかりが少なすぎてよくわかんないよ」

伊織「やよいおり…やよ…いおり…」

やよい「うーん…あっ!」ピーン

伊織「なにか分かったの?!」

やよい「もしかしてだけど…二人羽織の別名かなーって」

伊織「な、なるほど…その線はありそうね!!」

やよい「あ、でもそれが合ってるかどうか確かめる方法が…」

P「ただいまー」ガチャ

伊織「!!…いいところに帰ってきたわね」

P「おう、やよいに伊織。ただいま。…なにしてんだ?」

やよい「それがですね、『やよいおり』っていうのがどういう意味かを考えてて…」

P「」

P(ま、またあの鳥か…!!余計なことを吹き込みやがって!!)

P「へ、へー…それでその、分かったのか?やよいおり」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:45:43.27 ID:6ckaW4EN0

やよい「いえ、まだちょっと…プロデューサーは、『やよいおり』ってなんの事か分かります?」

P「ゴホッゴホッ…え、いやそのっ」

伊織「その反応…あんた知ってるわね」

P「いやいやいやいや!知らん!いやマジで!」

伊織「あやしいわ…」ジーッ

やよい「え?プロデューサーは知ってるんですか?!?」キラキラ

P「あぁ」キリッ

P(…しまったぁぁぁぁぁちくしょおおおおお!!!でも天使には嘘は付けねぇぇぇぇぇ!!)

やよい「わー!!すごいです!!じゃあ教えてください!」

伊織「待ってやよい」

やよい「え?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:48:06.44 ID:6ckaW4EN0

伊織「私は…自分の力で真実を確かめたいわ」

やよい「伊織ちゃん…!!!」ズキューン

伊織「だからプロデューサー!私たちがやよいおりの意味を言っていくから、あってるかどうか判定してちょうだい!」

P(どうしてこうなった)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:51:34.72 ID:6ckaW4EN0

やよい「やよいおり」

伊織「その1」

やよい「伊織ちゃん!!」

伊織「えぇ!」バッ

やよいおり「「二人羽織!!」」ドンッ

P「・・・」

やよいおり「「判定は?!」」

P「・・・あ、いや、いいセンいってるけどちょっと違うかな」

やよい「えー、違うのかぁ・・・」

伊織「むむ・・・惜しかったわね・・・」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:53:47.12 ID:6ckaW4EN0

やよい「やよいおり」

伊織「その2」

やよい「ガチャガチャガチャ」

伊織「やよい織り」

P「・・・」

やよいおり「「判定は?!」」

P「まぁ・・・違うかな」

P(でもかわいいからゆるす)

やよい「これもダメかぁ・・・」

伊織「むむ・・・以外に長期戦になりそうね」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 16:57:28.93 ID:6ckaW4EN0

やよい「むー・・・全然わかんないよ」

伊織「こうなったら誰かに聞くしか・・・」

P(おい、やめろ・・・)

千早「おはようございます」ガチャ

やよい「・・・!!!」

伊織「来たわね・・・」

P(千早か・・・だ、大丈夫だよな?)

千早「え?な、なに?ふたりとも・・・」

やよい「千早さん!!」

伊織「やよいおりの意味を教えて!!」

千早「」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:01:16.87 ID:6ckaW4EN0

千早(高槻さんかわいい)

千早(じゃなくて!!やよいおり?!?!なにそれ?!なにそのカップリング?!)

千早(王道?!王道が好きなの?!)

千早「そ・・・そうね・・・少なくとも『ひびちは』よりかは現実味があると思うわ・・・」

伊織「は?」

やよい「?」

P(千早・・・その反応ということは知っているのか・・・aa・・・)

P(てかなに余計なこと吹き込んでんだよただでさえややこしいのに)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:05:35.53 ID:6ckaW4EN0

春香「おっはよーございまーす!」

千早「春香ァ!!」

春香「うわぁ!・・・って千早ちゃん?」

千早「あなたはひびたか派なの?そうなの?!」

P(いきなり72言ってんのコイツ?!)

春香「え・・・?な、なに言ってるの?」

P(春香・・・この反応・・・知らぬな、奴は知らぬ)

春香「ひびちは派だよ!!」

千早「だから現実味が無いって言ってるでしょう!!!」

P「おい」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:09:33.00 ID:6ckaW4EN0

P「二人とも、いいかげんに」

雪歩「おはようございますぅ」

春香「雪歩!!!」

雪歩「ふぇっ?!」

千早「萩原さん!!あなたはひびまこ派よね?!そうよね?!?!」

P(そんなの雪歩に聞いても・・・)

雪歩「は?真ちゃんは真美ちゃんとだろ、ふざけんなよ」

P「」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:12:59.76 ID:6ckaW4EN0

ギャーギャーワーワー!!!

やよい「結局わかんないね…やよいおり…」

伊織「うん…」

小鳥「ただいま戻りましたー」

やよい「あ、小鳥さん!」

伊織「おかえり、小鳥」

小鳥「えぇ、ただいま…って、みんなどうしたの?」

P「お、音無さん!!」

小鳥「プロデューサーさん。一体どうしたんですか?」

P「それがその…アイドルたちの中で百合カプ戦争が始まっちゃって…」

小鳥「…!!!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:20:25.50 ID:6ckaW4EN0

千早「王道のなにが悪いのよ!!奇抜さを狙ってもネタが少なすぎるわ!!」

春香「ふだん絡みが少ないからこそ萌えるんだよ!!なんでその辺りがわかんないかなぁ!!」

雪歩「765プロはみんな仲良しですぅ!!絡みが少ないとかマイナーとか、そんなこと言うのはニワカですぅ!!」

貴音「いえ…全ては王道にこそ答えがあるというものです…それが分からなければ語る資格などありません」

響「貴音のどこが王道なんだ!自分のはるまこの方がまだ信憑性あるぞ!!」

真「ちょ、ちょっとみんな…どうしたのさ」アタフタ

小鳥「みんな!!争うのはもうやめて!!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:23:25.22 ID:6ckaW4EN0

アイドルたち「「「!!!」」」

小鳥「百合カプに限界は無いわ…」

小鳥「どのカップリングも素晴らしい、どのカップリングにも他のカプに負けない萌えを持っているわ…」

小鳥「思い出して、初めて百合カプを妄想した時のワクワクを…」

アイドルたち「…」

小鳥「そう…みんなちがってみんないいのよ!!!百合カップリングに限界は無いわ!!」

アイドルたち「・・・!!!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:25:58.20 ID:6ckaW4EN0

千早「そうね・・・私、なんでこんなに必死になってたのかしら・・・」

春香「そう・・・そうだよ!!マイナーとかなんとか、そんなの関係無いよ!!みんな素敵なカップルだよね!!」

雪歩「うぅ・・・わたし間違ってましたぁ・・・」

貴音「やはり仲良きことが一番ですね・・・」

響「うん・・・自分、もう一度よく考えてみるよ」

小鳥「良かったよかった・・・」

P「おい、鳥」

小鳥「」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:28:49.93 ID:6ckaW4EN0

P「まぁ他のことはいいとしよう、だがな」

小鳥「ピヨピヨ」

P「天使やよいおりに不純なことを教えるなど・・・許されがたき悪行」

小鳥「いやそれは偶然で・・・」

P「言い訳は無用だ・・・あとでお仕置きな」ボソッ

小鳥「ピョヘェェェ…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:32:33.57 ID:6ckaW4EN0

やよい「結局わかんなかったね、やよいおり…」

伊織「くぅ…悔しいわ…!!」

やよい「…伊織ちゃん」ギュッ

伊織「や、やよい?!///」

やよい「結局分からなかったけど、久しぶりに伊織ちゃんと一緒に色々できて楽しかったかなーって」

伊織「やよい…」

やよい「えへへ…伊織ちゃん大好き!」

伊織「私も…私も好きよ、やよい」ギュッ

おわり



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:37:16.21 ID:6ckaW4EN0

小鳥「も、もう許してぇぇぇっ///」

P「ダメだ…許さん」パンパン

小鳥「いやぁぁぁもうムリ!!イってる!!イってるからぁぁぁぁ」ビクンビクン

P「く…締め付けヤバい…っ」パンパン

小鳥「いゃぁぁぁおかしくなるぅぅぅんぁぁ///」

P「…っ!!も、もう」パンパンパンパン

小鳥「あんっ、きて、きてぇ、なかに出してぇっ」キュンキュン

P「くっ!!」ビュルルル

小鳥「あ、…あぅぅ…」ビクンビクン

小鳥「…生で出しちゃいましたね、プロデューサーさん…」

P「ふぅ…さて、もう一回戦」

小鳥「ピヨ?!?!!」

本当におわり


元スレ
やよい「やよいおり?」 伊織「なによそれ」