1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 02:49:21.12 ID:JrUBKeCZ0

トントントン……

P「……真美」

真美「んー?」

P「いつもありがとうな。愛してるよ」

真美「……何言ってんの兄ちゃん、なんかヘンなものでも食べちゃった?
   あんまり道に生えてるキノコとか食べちゃダメだよって、真美ずっと前から言ってるのに」

P「ち、違うって。ただ俺は、真美に感謝の気持ちをだな……」

真美「はいはーい。ご飯もーすぐだから、もちっと待っててね」

P「はい……」


P(おかしいな……)

P(妻にこう言えば泣くって、2chで見かけたんだけど)



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 02:56:23.56 ID:JrUBKeCZ0

真美「……んっふっふ~♪」

P「……」

トントントン……


P(あれから十年……)

P(真美もすっかり美人さんになったな。
 出会った頃はまだ小学生で、こーんなちんちくりんのちびっ子だったのに)


  *  *  *


真美「さ、食べよ食べよっ!」

P「あ、ああ」

真美「どったの?」

P「……いや、なんでもないよ。いただきます」

真美「うん! いただきまーす!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:04:01.18 ID:JrUBKeCZ0

 
真美「……でさでさ! はるるんったらね、またお尻が……」

P「へぇ……」

真美「……」

P「そっか……」

真美「……あ・な・た~ん?」

P「!? ゲホッ、ゴホ! な、なんだ!? 急にヘンな声だすなよ」

真美「むぅ……ヘンなのはそっちっしょ?
   なんでさっきから、テキトーな返事ばっかしてんの~!?」

P「テキトーって……そ、そんなにボーッとしてた?」

真美「してた」

P「……悪い。ちょっと昔のこと思い出しちゃってさ」

真美「昔のこと?」

P「うん。出会ったばかりの……そう、真美がまだおねしょしてた頃のこと」

真美「出会った頃──って、真美はおねしょなんてしてないもん!
   してのは亜美だかんねっ!」

P「それは知らなかったな……」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:11:31.45 ID:JrUBKeCZ0

P「あの頃に比べてさ、真美、すごく綺麗になったなって思ったんだよ」

真美「……。……真美はあの頃から可愛かったっしょ?」

P「ん? ああ、まぁ、そうだね」

真美「……」

P「でも、今はもっとだよ。だから、幸せだなーって思って」

真美「……」モジモジ

P「……真美?」

真美「……もーらいっ!」ヒョイッ

P「あぁっ! おい返せ、俺のエビフライ!」

真美「律っちゃんはもう真美の口の中だもーん」モグモグ

P「ったく……そういうところは変わんないよな」

真美「んっふっふ~……♪」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:18:02.05 ID:JrUBKeCZ0

 
「「ごちそーさまでした!」」

P「さて……」カチャカチャ

真美「兄ちゃん、今日は真美が食器洗いやるよ」

P「え? でも、今日は俺の番だろ? 前が真美だったし……」

真美「やっと北海道のロケから帰ってきたんだもん、疲れてるっしょ?」

P「だけど……」

真美「いーからいーから! ほらほら、あっちでテレビでも観てて!」

P「あ、ああ……それじゃあ、お言葉に甘えるかな」


  *  *  *


ジャー……カチャカチャ……

P「……真美」

真美「んー?」

P「ありがとな。お前と結婚できて、幸せだよ」

真美「……真美もだよ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:27:08.50 ID:JrUBKeCZ0

 
『……私最近、食器集めにはまってるんですよ!
えへへ、やっぱりこんな年になったし、そういうオシャレな趣味もいいかなーって』

『へ~素敵じゃない。どんな食器集めてるの?』

『まぁまだティーカップ一個なんですけどね』

『一個ォ!? それでよく趣味って言えたもんだなぁ!』

アハハハ……


P「あはは……春香のやつ、相変わらずだなぁ」

真美「ん」

P「ん? ああ」スッ

真美「……んっふっふ~」ポフン

P(真美が隣に座ってきた。まるでネコみたいだな)

真美「何観てんの?」

P「春香が出てるバラエティ番組」

真美「はるるん、すっかりバラドルになっちゃったね~」

P「ああ……楽しそうだ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:34:20.21 ID:JrUBKeCZ0

アハハハ……


真美「……」

P「……真美、アイドルに戻りたいか?」

真美「……んーん」フルフル

P「……そっか」

真美「真美はいま、メッチャ幸せだから、それでいいよ」

P「大人になったな」

真美「真美は前からオトナっしょ?」

P「……ああ、たしかにそうだった」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:40:25.94 ID:JrUBKeCZ0

『……それじゃ、そろそろ歌っていただきましょうか』

『うわぁ~、緊張しちゃうなぁ。ドキドキ』

『絶対緊張してないでしょ。はい、それではいきますよ!
天海春香さんで、今週発売される新曲──』



真美「……ね」クイクイ

P「どうした?」

真美「さっき兄ちゃん、『真美が綺麗になったから幸せ』って言ったっしょ?」

P「あー、うん」

真美「……じゃあさ」

真美「真美が、可愛くなかったら……幸せじゃなかった?」

P「……そんなわけないだろ」

真美「……だよね! えへへ……」



『……「さよならをありがとう」です、どうぞ……』



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:48:58.71 ID:JrUBKeCZ0

 
……みんな不安抱えながら進み続けるの
夢を語った日々が今 宝物だね
ずっとずっと……♪


真美「……っ」

P「……」


「いつもありがとう」
「大好きよ」
照れた顔が浮かんだ……♪


真美「……っ、……」

P(……真美が、泣いている)


涙で目の前 霞んでいく
でも幸せ……


P(涙は見えないけれど、きっと……泣いている)

P(……色んなこと、思い出してるのかもしれないな)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 03:54:11.39 ID:JrUBKeCZ0

 



真美「……」ゴシゴシ

真美「な、泣いてないもん」

P「……うん」

真美「ホントだもん!」

P「わかってるよ」

真美「うー……」

P「……あのさ、真美」

真美「え?」

P「さっきな、俺……真美を泣かせてやろうって、思ってたんだよ」

真美「泣かせる? な、なんで……?」

P「……真美の泣き顔、最近ずーっと、見てなかったから」

真美「……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:00:39.06 ID:JrUBKeCZ0

 
P「我慢、してたんだろ?」

真美「そ、そんなこと……」

P「真美は昔、泣き虫だったじゃないか」

真美「……そうだったっけ?」

P「そうだよ。嬉しいときには思いっきり笑って、悲しいときには思いっきり泣く子だった」

真美「……」

P「……今日、俺が北海道から帰ってきたときだって」

真美「……!」

P「真美、あんなに目を赤くしてたくせに──」


『お帰り、兄ちゃん!』


P「って言って、笑ってた」

真美「……今の、真美のマネ? 全然似てないっぽいよ~」

P「茶化すなって」

真美「……うん。ごめん……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:06:26.09 ID:JrUBKeCZ0

 
真美「……」

P「……」

真美「……ほんとは、さみしいよ。おうちで、ひとりでいるの」

真美「亜美とかが、たまに遊びに来てくれるけど……」

真美「で、でも……!」

P「……真美、こっちおいで」


ぎゅぅ……


真美「……、……!」

P「……」


P(真美は元来、明るい子だ。周りを巻き込んで、無理矢理笑顔にするくらい)

P(そして……、これは、結婚してから気付いたことだけど)

P(その明るさと同じくらい、真美は……さみしがりやなんだ)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:16:23.27 ID:JrUBKeCZ0

 
P(……こうして真美と結ばれるまで、俺達の間には、本当に色々なことがあった)

P(親や仲間達を、泣かせることもあった)


P(あの頃いた、ファンの皆だってそうだ。
 突然、こんな形で消えていくことになった『双海真美』……)

P(『双海亜美』の片割れではない、他でもない真美自身を愛したファンのことを……)

P(結果として、俺達は裏切ることになった)


P(──だから俺は……、真美を、絶対に幸せにしてやりたい)

P(自分を責めて流した涙の分だけ、真美を幸せにしてやりたい)

P(それこそが、この道を選んだ俺の……責任だから)


P(……でもきっと、真美は)

P(俺がそう考えている、と、知っているんだろうな)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:23:58.16 ID:JrUBKeCZ0

 
P(だから真美は、涙を流さない)

P(自分が泣くことで……。自分が今幸せじゃないと……、俺に思われることで)

P(俺に、余計なことを考えさせまいとして……)



P「……っ」


ぎゅぅぅ……


P「……真美。大丈夫だよ」

真美「え……?」

P「泣いてもいい。俺は、わかってるから」

真美「……っ」

P「そんなことで、勘違い、したり……、しないから……!」

真美「……う、う……!」



「うぇぇぇぇええ゛ん……!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:26:47.12 ID:JrUBKeCZ0

 


  *  *  *



真美「……ね、兄ちゃん。ぎゅってして」

P「……」

真美「……っ……そ、そんで、あたま、撫でて」

P「ああ……」

真美「……」


真美「えへへー……」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:30:38.38 ID:JrUBKeCZ0

 
真美「……泣き顔は、かわいくないよね」

P「そんなことないよ。真美はどんな顔だって可愛いさ」

真美「ま、まーたそんなこと言っちゃって……」

P「……なぁ、真美」

真美「ん?」

P「いま、幸せか?」

真美「……んー……」

真美「……」

真美「……うん。メッチャ幸せだよ」

P「……そっか」

真美「でもでも! こうしたら、もっと幸せになれるかもねっ!」

P「え? 何をするんだ?」

真美「んっふっふ~! 耳、貸して!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:40:46.06 ID:JrUBKeCZ0

真美「ごにょごにょごにょ……」

P「……」

真美「……だめ?」

P「……いいや、だめじゃないよ。そうだな、俺達も、もうそろそろ……、いいかもしれないな」

真美「ホント!? やったぁ~!」


P(……たとえ涙を流したって、こうしてすぐに、笑顔を咲かせる)

P(こんな風にコロコロと表情を変える真美のことを、
 これからもずっとずっと……、俺は、守ってやりたい)


真美「んっふっふ~! そんじゃ兄ちゃん、もっかい!」

P「え!? ちょ、ちょっとインターバルが欲しいんだけど……」

真美「うあうあー! そんなこと言ってたら、赤ちゃん来てくんないっしょ!」



P(それは、責任なんていう言葉ではなくて)

P(何より……真美のことを、愛しているから)

おわり



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 04:43:43.02 ID:JrUBKeCZ0

おわりです。読んでくれた方支援してくれ方、ありがとうございました
二十代の真美もかわいいよ真美


元スレ
P「真美を泣かせてやる」