1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:31:11.90 ID:JrUBKeCZ0

P「いつも頑張ってくれてるアイドル達に何かご褒美をあげたい」

P「でも俺センスないからな……ということで、安価に頼ろう」

P「とりあえず、>>4がターゲットだ!」

>>4
>>765プロの女の子でお願いします



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:35:17.40 ID:mTfBUhhT0

雪歩



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:41:33.48 ID:JrUBKeCZ0

P「よし、雪歩に決定だな」

P「苦手なことも多くて、泣き虫だけど、
 気合いと根性で毎日誰よりも頑張ってくれてる子だ」

P「雪歩はえーっと……この時間、レッスンをしてるな。待ってろよ~!」タタッ


……

レッスンスタジオ

雪歩「コスモスコスモス飛び出していく~♪」

P(雪歩が歌を練習しているレッスンスタジオにやってきた。可愛いなぁ)

P(さてと……まずはどうしようかな?)


1 突入して抱きつこう
2 差し入れの飲み物でも買ってこよう(何の飲み物かも指定)
3 その他

>>9



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:44:20.66 ID:5Z/7O8TB0

3
バラの花束



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:50:14.85 ID:JrUBKeCZ0

P「……!」ティン

P「飲み物を差し入れする、なんて甘いこと言ってちゃダメだ。
 俺は今日、雪歩に感謝の気持ちを伝えにきたんだから」

P「時間は……まだあるな。よーし……」

タッタッタ……

……

先生「……今日はこのくらいね。お疲れ様、雪歩ちゃん」

雪歩「はい! ありがとうございましたぁ!」


【ロッカールーム】

雪歩「えへへ……先生に褒められちゃった。今日はなんだか調子がいいですぅ!
   えっと、このあとは……着替えたらまず事務所に寄って、それからそれから……」

ガラッ

P「雪歩!」

雪歩「え」

P「レッスン、お疲れ様!」

雪歩「ぷ、ぷぷ、プロデューサーっ!!?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:56:41.14 ID:JrUBKeCZ0

雪歩(あ……ありのまま今起こったことを話します)

雪歩(ロッカーで着替えてたと思ったらバラの花束を持っているプロデューサーが現れました。
   しかもなぜか、タキシード姿で……)

雪歩(……な、何を言っているかわからないと思いますけど、私にもさっぱりで……)


雪歩「な、なな……!?」ガクガク

P「?」


P(雪歩が震えている。どうしたんだろう?
 最近は昔と違って、俺には普通に接してくれるようになったんだけどなぁ)

P(よしここは、雪歩の心をリラックスさせるために、こう言ってみよう!)


1 結婚しよう
2 いつもありがとう、雪歩
3 その他

>>15



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 17:58:32.84 ID:7dVCpwti0





18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:05:30.35 ID:JrUBKeCZ0

P「……いつもありがとう、雪歩」

雪歩「え……」

P「俺、雪歩に感謝の気持ちを伝えたくて……ほら、これ買って来たんだ」

ファサッ

雪歩「バラ……プロデューサーが持ってる、そのバラ、私に……?」

P「ああ。真っ白なイメージの雪歩には、こんな綺麗な赤色のバラが映えると思ってさ。
 まぁでも……、ちょっとキザすぎたかな? へへっ……」

雪歩「プロデューサー……」

P「受け取ってくれるか?」スッ

雪歩「……はいっ!」ギュッ


P(下着姿の雪歩がバラの花束を抱きしめている。とっても喜んでくれているようだ)

P(……ん? あれ?)

P(下着姿?)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:09:32.98 ID:JrUBKeCZ0

P「!」

P(ま、マズイ! 喜んでくれたはいいけど、
 ちょっと場所とタイミングを間違えてしまったみたいだ!)

P(……しかし雪歩、以外と良い身体して──じゃなくて!)


雪歩「良い香りですぅ……」


P(雪歩は今、俺がここに現れたことなんかより、
 バラの花束に夢中になっているみたいだ)

P(ここは……)


1 携帯で写真を撮ろう
2 「ご、ごめん!」と言って退室しよう
3 今ならいける! 抱きしめよう
4 その他

>>22



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:10:42.36 ID:PW0KlrzA0

4記念撮影



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:18:14.26 ID:JrUBKeCZ0

P「……雪歩」

雪歩「どうしたんですか? えへへ……」

P「今の雪歩、とても良い顔をしてるよ。
 雪歩はやっぱり、泣き顔もかわいいけど、笑顔が一番素敵だ」

雪歩「えっ、ええ!? きゅ、急に何を……」カァァ

P「だからさ……俺と一緒に、写真、撮らないか?」

雪歩「写真?」

P「ああ。今日この日を、記念日にしよう」

P「雪歩の笑顔をハッキリとした形に残すことで……決して、忘れないようにするために」

雪歩「……で、でも写真なんて……」

P「こんなこともあろうかと、ちゃんとカメラは持ってきてある。ほら、行くぞ!」

雪歩「ちょ、ちょ……わ、わかりましたから、その、せめて着替──」

P「ハイ、ターッチ!」

雪歩・P「いぇい!」

パシャッ!



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:21:30.13 ID:JrUBKeCZ0

 
──────
────
──

ペラッ

雪歩「……ふふ」

P「ん? 雪歩、何を見てるんだ?」

雪歩「これですよ。思い出の写真……」

P「写真? ああ……あの時撮ったあれか」

雪歩「えへへ……懐かしいですぅ」

ペラッ ペラッ……

P「……ふふふ。あれから、もう十年か」

雪歩「あっと言う間でしたね……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:26:20.53 ID:JrUBKeCZ0

雪歩「あなたったら、私が下着姿なのも関係なく、無理矢理……」

P「ハハハ……いやぁ、あのときは俺もちょっと、気が動転しててな」

雪歩「……でも、そのおかげで、今の私達があるんですよね」

P「……ああ、そうだな」


P(十年前のあの日──)

P(あのあとふと我に返り、状況を理解した雪歩は、
 もうこれでもかというくらい泣きじゃくってしまった)

P(そんな雪歩に対し、俺は……)


『下着を見てしまった責任は取る。雪歩、結婚しよう』


P(──と、言ったのであった)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:33:00.98 ID:JrUBKeCZ0

P「なぁ、雪歩……」

雪歩「なんですか?」

P「君を、写真に撮っていいかな?」

雪歩「え? でも、別に今日は、記念日でもなんでも……」

P「今の雪歩の顔、とても綺麗だよ。それだけで、写真を撮る理由としては十分だろ?」

雪歩「はぅ……」カァァ

P「ほらほら、行くぞ! 笑って笑って!」

雪歩「も、もう……いつも強引なんですから……」

雪歩(……でも私は、そんなあなただからこそ……)


P(……こんな風に、毎日を写真に撮っていこう。
 君の笑顔を、一瞬たりとも見逃さないように……)


P「ハイ、ターッチ!」

雪歩「ふふ……イェーイ!」

パシャッ……

HAPPY END



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:35:53.52 ID:JrUBKeCZ0

~リスタート~


P「あーあ。いつも頑張ってくれてるアイドル達に何かご褒美をあげたいなぁ」

P「でも俺センスないからな……ということで、安価に頼ろう」

P「とりあえず、次は>>35がターゲットだ!」

>>35
>>765プロの女の子でお願いします



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:36:11.30 ID:2DeU2o8N0

真美



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:41:27.36 ID:JrUBKeCZ0

P「よしっ、真美にしよう!」

P「いっつも亜美と一緒になってイタズラばっかりしてる真美だけど、
 影で色んな努力をしていることを、俺はちゃんと知っているぞ」

P「えっと、この時間なら……真美が事務所にやってくるまでもう少し、ってところだな」

P「フフフ……驚かせてやろう」


……

ガチャッ

真美「おっはよーだぴょーん!」


P(きた……っ!)

P(まずは先取攻撃だ。真美に何をしてみよう?)


1 後ろから抱きしめる
2 実はイタズラをしかけてあったのさ(イタズラの内容も指定)
3 その他

>>40



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:42:22.62 ID:0iWmA1Lg0


感謝の正拳突き10回



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:46:55.56 ID:JrUBKeCZ0

P「シュッ!」

真美「へ?」

P「シュッシュッ!」

真美「……兄ちゃん、何やってんの?」


……プロデューサー 2X歳 冬
己の肉体と武術に限界を感じ悩みに悩み抜いた結果
彼がたどり着いた結果(さき)は……


P「見ればわかるだろ?」

シュッシュッ!

P「正拳突きだよ……っ!」

真美「うあうあー! それは見ればわかるよー!」


感謝であった……!
自分自身を育ててくれたアイドル達への限りなく大きな恩
自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが

一日十回 感謝の正拳突き!!



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:51:13.02 ID:JrUBKeCZ0

P「コォォ……!」


気を整え 拝み 祈り 構えて 突く


P「シュッ!」シュッ


一連の動作を一回こなすのに当初は5~6秒
十回突き終えるまでに初日は18時間以上を費やした
突き終えれば倒れる様に寝る
起きてはまた突くを繰り返す日々


真美「……」

P「……シュッ!」


アイドルプロデュースを始めて1年が過ぎた頃 異変に気付く
十回突き終えても 日が暮れていない
齢2Xを越えて 完全に羽化する


真美「……んっふっふ~! 真美もやる!」

P「おお、そうか! よしこい!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:55:37.27 ID:JrUBKeCZ0

P「シュッ!」

真美「しゅっ!」


感謝の正拳突き 1時間を切る!!
かわりに 祈る時間が増えた


P「あーあ。金持ちになりてぇなあ」シュシュシュ

真美「そだね~」シュシュシュ

P「それにしても、腹減ったな。なんか食べにいこうか。奢ってやるぞ」

真美「いいの? やったぁー!」


事務所を出た時 Pの拳は
音を……置き去りにした


──パシィィィン……!


P(……まぁ、そんなわけで、心身ともに鍛え心地よい汗を流した俺達は、
 何か食べにいこうってことになった)

P(真美は>>56を食べたいらしい。さっそく行くぞ!)



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 18:56:53.69 ID:0iWmA1Lg0

Pの童貞



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:01:25.21 ID:JrUBKeCZ0

テクテク……

P「さーて、真美。それで、何が食べたいんだっけ?」

真美「んっふっふ~! それはね……」

P「ふんふん」

真美「……──てい、だよ」ボソッ

P「え? ご、ごめん、よく聞こえなかったんだけど……」

真美「さー行くぞ兄ちゃ~ん!」タッタッタ

P「お、おい!? どこに行くんだ!?」


……

【Pの家】

P「って、ここは……俺の家?」

真美「うん!」

P「こんなところに来て、一体何を食べるっていうんだ?」

真美「……いいから、はいろ?」ニコッ

P「あ、ああ……」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:10:24.62 ID:JrUBKeCZ0

P(気が付けば、俺の部屋の中で真美とふたりっきりになっていた)

P「そもそもなんで真美は、俺の家の住所を知っていたんだ?」

真美「兄ちゃんのことなら、真美、なんでも知ってるよ」ニタァ

P「そっかそっか! あはは、こりゃあプロデューサー冥利に尽きるなぁ!

P(……ここに連れてきたってことは、きっと真美は、
 俺の手料理が食べたいってことなんだろう。よぉし、そうと決まったら……)

P「よし、それじゃあ、さっそく作るよ」

真美「作るって、ナニを?」

P「ナニって……まぁ、チャーハンとか?」

真美「チャーハンなんて、真美、いらないよ?」

P「チャーハンは好みじゃないのか? それじゃあ……」

真美「……真美はね」

ガシッ……

P「え」

真美「真美は……」

P「ま、真美? どうした、目が怖いぞ……」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:19:14.65 ID:JrUBKeCZ0

真美「兄ちゃん……」グイッ

P「……!」

トサッ

真美「真美はね、もう……中学生になったんだよ?」

シュルシュル……

パサッ……

P(突然俺の上に馬乗りになったかと思うと、
 真美は、頭を結んでるゴム紐を外し、髪をおろした)

P(真美の頭から垂れるさらさらの髪が、俺の鼻に当たってくすぐったい。
 それに、なんだか良い香りがする……)


P「あ、ああ……そうだな、もう小学生じゃ、ないんだよな……」


P(──真美の身体は、とても軽かった。それに力だって、決して強くはない。
 だから振り払うことは簡単だろう)

P(でも……このときの俺は、
 吸い込まれそうになる真美のブラウンの瞳を見るのに夢中で)

P(他のことは一切、何も考えられないのであった……)



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:26:35.39 ID:JrUBKeCZ0

真美「……兄ちゃん。真美はね……──が、食べたい」

P「え……?」

真美「兄ちゃんの……童貞が、食べたいんだ……」

P「!」


P(……そう言った真美の身体は、少し、震えていた)

P(真美の本心はわからない。それはつまり、俺とわっほいをしたいという意味か?
 普段はそんな気を見せないけれど、真美は、俺に対して、好意を持っていたんだろうか?)

P(それとも……ただ、そういうことに興味を持っただけ?
 だから、身近にいる大人の男性である俺に、こんなことを……)


P(──いや、そんなことはどうでもいい!)

P(目の前で真美が震えている。それが、今の俺にとって、一番の問題だ!)

P(俺は……!)


1 抱きしめる
2 振り払う
3 その他

>>74



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:28:42.47 ID:lqzzpx1K0

3.吸い込みからのスクリューパイルドライバー からの和解



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:35:56.93 ID:JrUBKeCZ0

P「真美、俺は──」

ザンギエフ「待てい!!」

P・真美「!?」

ザンギエフ「お前達、そこで何をやっている!」

P「あ、あなたは……?」

ザンギエフ「オレのことなどどうでもいい!
       見たところ、女はまだガキのようだが……?」

P「くっ……」

ザンギエフ「むぅぅん? しかしお前……なかなか素晴らしい肉体をしているな!」

P「あはは、まぁこれでも、一日十回の正拳突きを欠かしていませんからね」

ザンギエフ「ううむ、すばらしい肉体だ! オレの筋肉に勝るとも劣らん!」

P「……ふふ。いいでしょう。真美と俺のジャマをするなら……容赦はしません」

ユラァッ……

ザンギエフ「そうこなくてはな! ではいくぞ!」


────ファイッ! カーン!



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:42:22.32 ID:JrUBKeCZ0

ザンギエフ「ウォォ!」ガシッ

P「──ッ!?」

ザンギエフ「ふんぬらばっ!」

ドガァァン……!

P「カハッ……!」

P(なんてことだ……あの距離からスクリューパイルドライバーを決めてくるなんて。
 まさに、吸い込まれるようだ……)

P(ぐ……肋骨が二、三本、持ってかれた……!)

真美「兄ちゃん!」

P「──来るな、真美っ!」

真美「っ!」

P「これは……俺の戦いだ。真美は黙ってみてろ!」

真美「う、うん……」

ザンギエフ(この男……)



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:49:29.78 ID:JrUBKeCZ0

 
──────
────
──

ザンギエフ「どぉぉりゃああっ!」

P「ウーワウーワウーワ……!」

カンカンカーン!

ザンギエフ「ダァァァ! ロシアンレスリングは世界ィィィ!」

P「ゲホッ……ゴホッ……」

真美「兄ちゃん!! だ、大丈夫!?」

P「……コー……ホー……ま、まみ……無事、か……?」

真美「うんっ、うん……! 真美は、元気だよ……!」ポロポロ

ザンギエフ「……よくぞ最後まで立ち続けた! お前の心は肉体よりもずっと強い!」

ザンギエフ「お前とは、またどこかで戦いたいものだな!」ザッ

真美「行っちゃった……」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:56:27.93 ID:JrUBKeCZ0

P「ま、み……よか、った……」

真美「! ま、真美のことなんてどーでもいいよ! はやく病院に行かないと……!」

P「イヤ……俺はもう、ダメだ……」

真美「……!」

P「はは……十回じゃ、足りなかったのかな。せめて──ゴフッ!」

真美「兄ちゃん!」

P「一万回はやらないと……ネテロ会長のよう、には……」

真美「もう、いい……もういいよっ! しゃべらないで、兄ちゃん……!」

P「あぁ……もう、ダメ、だ……目の前が、暗く……」

真美「……兄ちゃん!! 兄ちゃぁぁん!!」

P「……真美、最後にひとつ、聞いて……くれ。俺は、これを真美に言うために……」

真美「え……?」


1 抱きしめさせてくれ
2 いつも、ありがとう
3 その他

>>88



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 19:57:14.76 ID:9NOvG/wA0

名前を…名前を読んでくれ…



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 20:03:39.74 ID:JrUBKeCZ0

 
P「名前を……名前を、よんでくれ……」

真美「名前……?」

P「ああ、俺の、名前……」

P「兄ちゃん、じゃなくて……真美に名前を呼んでもらえることが、
 俺の……最大の夢、だったから」

真美「……うん、わかった……!」

P「あ、あはは……」


真美「……────」


P(……意識が暗闇に包まれる最後の瞬間に、俺が見たものは……)

P(真美が、涙を流しながら、口をパクパクと動かしている姿だった)

P(きっと、俺の名前を呼んでくれているんだろう。
 残念ながら、もう耳も聞こえないけど……)

P(でも、俺は……それだけで──)


「……兄ちゃぁぁぁぁぁぁん!!!!!」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 20:08:38.45 ID:JrUBKeCZ0

 
──────
────
──


真美「……兄ちゃん、久しぶり」

真美「ごめんね! 最近忙しくて、あんまり時間がなかったんだ」

真美「えっと……そうそう、真美達ね、こないだIUって番組に出たんだよ」

真美「そんで、社長が言ってたんだけど、
   これでもう、真美達もトップアイドルの仲間入りだって……」

真美「……んっふっふ~! 兄ちゃんも見に来てくれればよかったのに!」

真美「……」

真美「……え、えへへ」

真美「でも、そんなの……無理だもんね」

真美「ごめんね、兄ちゃん。真美、またワガママ、言っちゃった……」

真美「……」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 20:13:32.28 ID:JrUBKeCZ0

 
ミーンミンミン……

      ミーンミンミン……


真美「……そんじゃ、真美はもう行くね。
   ずっとサボってるってバレたら、また律っちゃんに怒られちゃうから」スック


 ……真美 ……──とう


真美「え?」


ミーンミンミン……

      ミーンミンミン……


真美「……今、兄ちゃんの声が……ありがとう、って……」

真美「気のせい、かな……」

真美「……」

真美「……バイバイ、兄ちゃん……」

TRUE END



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 20:16:40.27 ID:JrUBKeCZ0

お腹減ったので、以上でおわりです
お付き合いありがとうございました


元スレ
P「安価でアイドルに感謝の気持ちを伝えよう」