1: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 00:50:12.36 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「ことりちゃーん、迎えに来たよー」

ことり「ヒック……おはよ、穂乃果ちゃん」ヨロヨロ

穂乃果「…こ、ことりちゃん、もう夜の8時だからね…?」

ことり「あれぇ?携帯の時計間違ってんのかなぁ…おらっ、直れっ」ゴスッ

穂乃果「ちょ、ちょっと!ことりちゃん!!画面割れちゃうから!!」

ことり「えぇ?あぁー、それもそうか~……ちょっと玄関で待っててね、準備してくるからねー」ヨロヨロ

穂乃果「こ、ことりちゃん…」

ガシャーン!

穂乃果「ことりちゃん!?大丈夫!?」

ことり「痛ッッッッ!!!」

穂乃果「大丈夫!?どうしたの!?…ってうわ、部屋きったな!!」

ことり「足の小指ぶつけちゃって……って、ちょ、穂乃果ちゃん!?なんでいるの!?」

穂乃果「え、なんでって…迎えに来たんだよ!?数秒前に玄関で話してたよね!?」

ことり「えぇ!?覚えてないよ!?」

穂乃果「!?!?!?」



2: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 00:52:20.35 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「はー、朝まで1人でお酒飲んでて記憶が飛んでるらと…」

ことり「あはは…ごめんね、迎えに来てもらってたんだよね…」

穂乃果「それはいいんだけど…ことりちゃん、大丈夫?」

ことり「え?」

穂乃果「いや、お部屋すっごい汚いけど…ていうか大学ちゃんと行ってるの?」

ことり「あー、あはは」

穂乃果(行ってないな…)

ことり「海未ちゃんがいないと、なんか腑抜けちゃってさ」

穂乃果「この部屋見たら海未ちゃんが泣くよ…」



4: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 00:55:23.25 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「だって酷いよ!急に地方の大学に行っちゃうなんて!!」

穂乃果「ひ、酷いも何も…海未ちゃん、弓道で引き抜かれたんだが仕方ないよ」

ことり「でもことりと穂乃果ちゃんは海未ちゃんがいないとダメなんだよ!?それも知ってて私たちを置いていくなんて…」

穂乃果「いや、穂乃果は自立してるからね??」

ことり「バカなことする穂乃果ちゃん、それを咎める海未ちゃん、ヒートアップした海未ちゃんをなだめることり…」

ことり「この完璧なバランスが崩れちゃったんだよ!?」

穂乃果「サラッと穂乃果の悪口言ってない?」

ことり「海未ちゃんがいないと、ことりの存在意義が薄れるよ…」

穂乃果「ことりちゃん……どう考えても大袈裟だよ…」



6: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 00:59:38.32 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「とにかく早く着替えて!続きは海未ちゃんの家でやればいいから!」

ことり「わかった……え?どこ行くって?」

穂乃果「海未ちゃんの家だよ?」

ことり「え?なんで?海未ちゃんはもういないんだよ?」

穂乃果「いやいや死んだわけじゃあるまいし…戻ってくるんだよって話、先週電話で話したじゃん」

ことり「海未ちゃんが…戻ってきた…?」

穂乃果「うん、もう集合時間過ぎてるから多分怒ってるよ、また遅刻ですか!って」

ことり「………ど、どうしよう…」

ことり「ことりのこんな姿、海未ちゃんに見られたくない!!ことりは家にいます!!!」ガバッ

穂乃果「えぇ!?ことりちゃん!?」

ことり「ことりは元々スタイルがいいから穂乃果ちゃんにはわからないかもしれないけど、10キロも太ったの…!!」

穂乃果(言わないだけでさすがにわかるよ…)

ことり「こんなぶくぶくの姿で海未ちゃんの所に行けないよ!!今日中に痩せるから穂乃果ちゃんは先に行って!!」

穂乃果「いや無理だから!!バカなこと言ってないで行くよ!?」



7: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:03:22.51 ID:iHNeDnVJ.net

15分後

ことり「来てしまった…海未ちゃんの家に…」

穂乃果「いいから早くピンポンしてよ…」

ことり「…ほ、穂乃果ちゃん、ほんとに大丈夫?ことり、体型誤魔化せてる?」

穂乃果「うん…その為に厚着してるんだもんね…そんな事よりことりちゃん、めちゃくちゃお酒臭いんだけど」

ことり「そりゃ飲んでなきゃ海未ちゃんに会えないよ!!」

穂乃果「着替えてる時に飲んだの?」

ことり「そうだよ、ストロングを2缶ほど」

穂乃果「……」

ことり「…海未ちゃんのおうちって、こうやって見ると古いよね」

穂乃果「まぁ…歴史ある道場だし…」

ことり「…美味しいお酒、多分あるよね」

穂乃果「……こ、ことりちゃん」

ことり「未成年の頃はそんな事考えもしなかったけど……あるよね、絶対」

穂乃果「ことりちゃんが少し見ないうちにオジさんみたいになっちゃった…」



8: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:07:54.84 ID:iHNeDnVJ.net

「あら、穂乃果、ことり」

ことり「うぃ!?」ビクッ

穂乃果「あー!!海未ちゃん!!」

ことり「う、うみちゃ…」

海未「お久しぶりです、2人とも」ニコッ

ことり「ひいいいいぃ!!」シュバッ

海未「え、ことり?なんで隠れるんですか?」

穂乃果「ほっといてほっといて…海未ちゃん、久しぶりだねぇ」

海未「えぇ、本当に…穂乃果は変わりませんね」

穂乃果「海未ちゃんも変わらないねぇ、髪伸びた?」

ことり(ことり1人だけ悪い方向に変わってる…!!ていうか海未ちゃんめっちゃ変わってる…!!くっそ可愛くなってる…!!!)

海未「ことり?」

ことり「ひゃいぃ!!」ビクッ

海未「そんな所に隠れてないで、出てきてください」



10: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:11:21.46 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「…え、えぇ?別にこの状態でもお喋りできるんじゃないかなぁ?」

穂乃果「…はっ!?」

穂乃果(長らく忘れてたこの可愛い声…最近のことりちゃんの死にかけの牛みたいな声ばかり聞いてたせいで違和感が…)

海未「ふふ、まったく何を言ってるのですか…ずっとそこにいるわけにもいかないでしょう?今から私の部屋に行くのですから」

ことり「こ、ことりはここでいいよ!?ことりにはここがお似合いじゃないかな!?」

海未「ことり…あなたには光のあたる場所が似合ってます、ほら、出てきてください」グイッ

ことり「あぁあん!!やめて海未ちゃん!!引っ張らないでえええぇ!!」ズボズボ

穂乃果「出荷前の豚みたいだ…」



12: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:15:10.30 ID:iHNeDnVJ.net

海未の部屋

海未「……で、ことり」

ことり「…はい」

海未「さっきはどうして隠れていたんですか?」

ことり「…だ、だってことり…えっと…」チラッチラッ

穂乃果(なんでこっちをチラチラ見るの!?穂乃果何もできないよ!?)

海未「…まさか」

ことり「うぅ」

海未「……久しぶりに会うから、恥ずかしかったのですか?」クスッ

ことり「………そ、それだよ!!それ!!」

海未「まったく…私たちはこのくらいで恥らうほどの仲ではないでしょう?」

ことり「うん!!そうだよ海未ちゃん!!」

ことり(まぁ実際別に恥ずかしくはないし…)

穂乃果「……ことりちゃん…」

海未「…しかしことり、なんだか少しふっくらしましたか?」

ことり「あがっ!!?」

穂乃果「ううう海未ちゃん!!!それ地雷!!ダメなやつだから!!!」

海未「す、すいません、つい…」



14: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:18:55.01 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「実は海未ちゃんが向こうに行ってから…なんだか調子狂っちゃって」

海未「…」

ことり「最初の頃は辛うじて頑張ってたんだよ?でもやっぱりしっかり者の海未ちゃんがいないと…たるんじゃって」

海未「待ってくださいことり、私の記憶が正しければ私がいない事でダレるのは穂乃果なんですが…バカですし」

穂乃果「ねぇ、穂乃果ってバカなの?」

ことり「ううん、穂乃果ちゃんは確かにバカだけど…海未ちゃんがいなくなったんだししっかりしなきゃ!って頑張ってたんだよ」

穂乃果「しっかりしてたのに言われようが酷くない?」

海未「穂乃果…そうだったんですね、偉いです」ナデナデ

穂乃果「海未ちゃん//」

ことり「でもことりは…海未ちゃんがいたからこそしっかり者のフリができてただけで…いなくなってからはこんな感じで…」

海未「こんな感じと言われても、ただ太ってしまっただけではないのですか?」

ことり「…えっとね」



15: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:23:51.27 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「朝は14時に起きるの」

穂乃果「それ朝じゃないよね」

ことり「朝ごはんにカップヌードルと缶チューハイ…その後はパチンコ、買ったら夜は焼肉、負けたら牛丼特盛を食べて…コンビニで缶ビール(1ケース)を買って帰るの、それで4時までゲームして…寝る」

海未「……お、思ったより…その」

穂乃果「酷いよ…」

ことり「わ、私だってこんなのダメだってわかってるんだよ!?でも…でも…うばあああああん」ボロボロ

海未「…穂乃果、少しいいですか?」コソコソ

穂乃果「うん」コソコソ

海未「これ、本当にことりなんでしょうか?ことりとは女の子らしさの擬人化みたいなイメージだったのですが」

穂乃果「海未ちゃん、人は変わるんだよ」

海未「…はぁ…」

ことり「うええええええええん!!!ウッグ…あ、ゲロでそう…」



18: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:26:54.97 ID:iHNeDnVJ.net

海未「…私がいる間にことりをなんとかしなければいけないようですね」

ことり「海未ちゃんのスパルタはやだ…」

穂乃果「ことりちゃんは文句言える立場じゃないからね!?」

海未「穂乃果の言う通りですよことり、あなたは変わらなくてはいけません!!」

ことり「…でも、パチンコはやめないよ?」

穂乃果「…」

海未「…ことり…?」

ことり「昨日負けたから明日は勝てると思うんだよね~、海未ちゃん明日もいるでしょ?焼肉行こうよ!」

海未「ことりィッ!!!!!」ドン!

ことり「ぴいいぃ!?」ビクッ

海未「……あなたは性根から腐ってしまったようですね…」

穂乃果(ことりちゃん…南無三)



19: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:31:53.99 ID:iHNeDnVJ.net

海未「とにかく。明日からは私と穂乃果がことりの家にお邪魔して、徹底的にやらせて頂きます」

ことり「…あ、明日から…」

穂乃果「なんで穂乃果も…」

海未「まったく…こんな事になっているとは思っていませんでした、大体ことり!私は一生あなたと共にいるわけではないのですよ?ほんの数年でこんな事になってしまっては…この先どうなっていたやら…」

ことり「……海未ちゃんと…一生、ずっと一緒だと思ってたんだもん」

海未「…え?」

ことり「ことりの前から消えちゃう海未ちゃんだって悪いよ!!」

穂乃果「こ、ことりちゃん」

海未「……」

ことり「…ごめんなさい」

海未「…ことり」ギュッ

ことり「あぅ//…うみちゃ…」

海未「………すいませんことり、抱き締めて何かいい事を言おうと思ったのですが…あまりにもアナタがお酒臭くて忘れてしまいました」パッ

ことり「」ガーン



21: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:37:05.80 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「海未ちゃんに臭いって言われた…海未ちゃんにキモいって言われた…」ブツブツ

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃんだいぶキてるよ…?」

海未「仕方ありません、事実ですから」

ことり「…………あっ」

穂乃果「おっ?」

ことり「ねぇ海未ちゃん、明日からはよろしくね?」

海未「…なんだ意外に乗り気じゃないですか…こちらこそお邪魔する事になりますし明日からよろしくお願いします」

ことり「うん!じゃあ今日はお酒飲んでいいよね?」

海未「は?」

ことり「で、海未ちゃんの家ってお酒あるの?さっき穂乃果ちゃんと話してたんだ~、高そうなお酒がありそうって………海未ちゃん?」

海未「……………」

穂乃果「ことりちゃん、泣いて馬謖を切ろうよ…」

ことり「え?ことり、また何かやっちゃいました?」テヘペロ



24: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:41:55.70 ID:iHNeDnVJ.net

チュンチュン

ことり「…うっ…ふぁああ…なんか目覚めが良い…ていうか空気が綺麗…あれ?」

海未「んぅ…zzz…」スースー

ことり「…あっ、海未ちゃん」

ことり「………海未ちゃん…海未ちゃんだ」

モゾモゾ

ことり「…えへへ…海未ちゃん」ギュッ

海未「んっ………zzz…」

ことり「ほんとに久しぶりだね、海未ちゃん…またちょっとおっぱい大きくなった?」モギュモギュ

ことり「昔はよくこうやって2人で寝たよね…でも今は…ことり、こんなになっちゃって…」ギュー

海未「…うぐ……」

ことり「あっ、ごめんね海未ちゃん、強く抱き締めすぎちゃった」パッ

ことり「…海未ちゃん……いいにおい…」

海未「…こ、とり…」

ことり「う、海未ちゃん!?ごめんね、起こしちゃったよね」

海未「酒臭い………zzz……」

ことり「」ガーン



26: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:45:39.87 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「海未ちゃん、海未ちゃん起きて」ユサユサ

海未「んぅ…ほのか…ふふっ、まさか穂乃果が私を起こす日が来るとは」クスッ

穂乃果「そっ//そういうのは後!!ことりちゃんに何かしたの?」

海未「え?ことりなら…昨日ふざけた事を言っていたので手刀で気絶させてそのまま布団に押し込んだじゃないですか、穂乃果も手伝ってくれたでしょう?」

穂乃果「その後だよその後!」

海未「その後は…あなたとお話した後お風呂に入ってそのまま寝ましたが」

穂乃果「…うーん……海未ちゃん、見て、あれ」

ことり「」ポケー

海未「……寝てるんですか?」

穂乃果「死んでるんじゃないかな」

ことり「シンデナイヨ…」

穂乃果「死んでないみたい」



31: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:48:48.19 ID:iHNeDnVJ.net

海未「ことり、私がなにかしたのなら謝ります…」

ことり「ウミチャンハナニモシテナイヨ…コトリガワルインダヨ…」

海未「……イカれちゃってますね」

穂乃果「それがね、穂乃果がトイレに行って帰ってきてからずっとこの調子で…」

海未「何時頃ですか?」

穂乃果「5時くらいかな…今は7時半だよ」

海未「2時間半も!?」

ことり「…太陽って、綺麗だね」ポケー

海未「…穂乃果、ことりは本当にアルコールだけですか?クスリとか…葉っぱとか」

穂乃果「ないよ!?…ないよね!?」

ことり「……」

穂乃果「何か言ってよ!?」



32: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:52:00.30 ID:iHNeDnVJ.net

海未「…穂乃果、穂乃果は右からお願いします」

穂乃果「え?何を?」

海未「こーとーりっ!」ギュッ

ことり「…海未ちゃん!?」

穂乃果「えっと…こーとりちゃん!」ギュッ

ことり「穂乃果ちゃん!?」

海未「おはようございます、ことり」

穂乃果「そ、そうだよ!朝だよ!ことりちゃん」

ことり「……朝……」

ことり「ことり、早起きできたの!?」パァッ

海未(チョロいですね)

穂乃果(ここで成功体験を与える…やり手だね海未ちゃん)

ことり「2人ともありがとう!!」ギューッ

穂乃果(やっぱり酒臭いなこいつ…)

海未(吐きそうです)



33: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:54:24.60 ID:iHNeDnVJ.net

海未「とりあえずことり、お風呂に入ってきなさい」

ことり「お風呂…一緒に入る?」クネクネ

海未「……」

ことり「何その目は!?」

穂乃果「ことりちゃん、いいの?海未ちゃんに見せても」

ことり「な、なんのこと…?」

穂乃果「…ぷよぷよ」

ことり「…………ことり、お風呂行ってくるね!!」ドシドシドシ

海未「…穂乃果、ことりはそんなに太ってしまったのですか?見た目がアレなので聞かずとも、なのはわかりますが…」

穂乃果「自称10キロ増えたらしいよ」

海未「自称、ですか…」



35: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 01:58:21.48 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「おまたせ~」

海未「上がりましたか」

穂乃果「おぉ!いいにおい!!」

ことり「えへへ~、海未ちゃんのにおいに包まれてるよぉ…」クネクネ

海未「…ことり、そのジャージは…」

ことり「うん!着替えがなかったから…海未ちゃんのスクフェスの時のジャージ、勝手に着てごめんね?」

海未(はち切れそうなのですが)

穂乃果「…それじゃあ行こうか」

海未「…そう、ですね」ゴクリ

ことり「2人とも、人の家を魔王の城みたいな扱いにしてないかな?」



36: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:02:21.06 ID:iHNeDnVJ.net

ことりの家

ガチャッ

海未「……こ、これは」

穂乃果「うん、ここはね」

ことり「お掃除頑張ってるんだぁ」

ピカピカー

海未「…わ、私はてっきり…そこら中にゴミが溢れていて…虫が這いつくばって、天井にはクモが絶好の狩場だと言わんばかりに巣を張っているのだと思っていました…」

ことり「玄関は人に見られるからね~、アマゾンとかアマゾンとか、あとアマゾンとか」

穂乃果「海未ちゃん、穂乃果は昨日見たからもう驚かないけど…問題はこっちだよ」

ことり「あっ、そこは」

ガチャッ

穂乃果「………」

海未「こ、これは…」

ことり「み、見ないでえぇ」

海未「そこら中にゴミが溢れていて…虫が這いつくばって、天井にはクモが絶好の狩場だと言わんばかりに巣を張っているではないですか…」

ことり「普段天井とか見ないからあんなに大きいクモがいるなんて知らなかった…」



38: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:05:04.49 ID:iHNeDnVJ.net

海未「ど、どうするのですかこれは…ゴミを運ぼうにも、袋をどかして下から何が這い出てくるか…」

穂乃果「…想像しちゃったよ…」

ことり「…わ、私こんな部屋に住んでたの?」

海未「酔っ払いの目にはここが天国に映っていたのでしょう…」

ことり「…ちょっと汚いかなぁとは、思ってました…」

穂乃果「…と、とにかく!穂乃果はこのゴミ袋を…」

グイッ

穂乃果「……………」

海未「…穂乃果?」

穂乃果「…………………戻す」ソッ

ことり「ほ、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「………見たことない、キモい虫、いっぱいいた」

海未「」

ことり「」



40: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:08:15.92 ID:iHNeDnVJ.net

ことりの家の前

穂乃果「ゴキブリ…じゃなかった……」

海未「……特徴は、特徴はありますか」

穂乃果「…銀色だった」

ことり「銀マカロン…」

穂乃果「銀色!!!指の第1関節くらいの大きさ!!!触覚は2本!!!」

海未「…ご、ゴキブリなのでは」

穂乃果「ゴキブリじゃなかったよ…絶対ゴキブリじゃなかった」

ことり「…こ、ことりはそんな未知の害虫と暮らしてたの…?」

穂乃果「…調べよう、ググろう…その前にバルサン買ってこよう」



43: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:13:11.92 ID:iHNeDnVJ.net

ことりの家

プシューーーー


ことりの家の前

海未「……私はバルサンを炊いた後のこの部屋を歩きたくないです」

穂乃果「海未ちゃんダメだよ、覚悟決めないと…」

ことり「……ことりはこんなところに住んでたの?」

穂乃果「……あ、これ!!これだ!」

海未「謎の虫、ですか?」

穂乃果「うん!紙魚…かみさかな?」

海未「シミ…シミ虫ですね」

ことり「しみむし…?」

海未「本やダンボールなどを放置しておくと湧く虫です、ことりはアマゾンの箱を処理していましたか?」

ことり「……」

海未「それが原因ですね」

穂乃果「海未ちゃん…この虫…ゴキブリより速いんだって」

海未「…ひえぇ」



44: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:15:49.00 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「…ゴミ袋の下にいたんだよね?」

穂乃果「…うん」

ことり「バルサン、効いてるのかな?」

海未「……」

ことり「…ことり、あの家捨てるよ」

穂乃果「……」

海未「……できればそうしてほしいのは山々なのですが…」

穂乃果「そろそろバルサン終わるよ」

ことり「やだぁあああ!!入りたくないよぉおお!!」

海未「ことりィ!!アナタの城でしょう!!腹を決めてください!!!行きますよ!!!」

ことり「やだあああああぁぁあああ!!!!」ジタバタ



46: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:19:37.85 ID:iHNeDnVJ.net

ことりの家

海未「まずは換気です」

穂乃果「…海未ちゃん、足元でゴキブリ死んでる」

海未「うおおぉぉぉ!?!?」バッ

ことり「…こ、この袋を…どかしたくない…」

穂乃果「ことりちゃん…大丈夫、上からガムテープを貼り付けて潰せば大丈夫だから…」

ことり「穂乃果ちゃん…うん……えい!!」バッ

シミの大群「」

ことり「おええええええええええ!!!!!」

海未「ことり!?ことりからこんな声が出るのですか!?」

穂乃果「……」シュバババババ(無言で死骸をゴミ袋に詰める音)



49: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:22:19.85 ID:iHNeDnVJ.net

3時間後

海未「…やっと…」

穂乃果「うん…やったんだね…やり遂げたんだね、私たち」

ことり「ことりの部屋だあぁ!!」ピョーン

キラキラ

海未「…もう…疲れました」

ことり「ことりのベッド~!」

ポロ

ことり「ん?…んぎゃああああああああああ!!!!!」

海未「何かと思えば…ゴキブリの死骸ですね」ヒョイッ

穂乃果「海未ちゃん…手付きがプロのそれになったね」

海未「地獄を見てますから」

ことり「ハァ…ハァ…ハァ…」

穂乃果「はは…ことりちゃんはゴミ袋を外に運ぶ係だったもんね…」



51: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/10/22(火) 02:27:04 ID:iHNeDnVJ.net

海未「念の為バルサンをもう一度焚きます」

穂乃果「だね…オーバーキルしとかないと」

ことり「ねぇ、ことりお腹空いた」

海未「むっ…いつからそんなわがままな子になったんですかこの子は」

ことり「だってぇ…」

穂乃果「食意識も改善しなきゃだよね、だって今のままだと…」ジロッ

ことり「うわっ、目付きがエロいよ穂乃果ちゃん」

穂乃果「…鳥じゃなくて豚だよ」

ことり「酷い!?」

海未「…ことり」ギュッ

ことり「ひゃっ//う、海未ちゃん?//」

海未「…私は…豚肉より鶏肉が好きです、なので痩せましょう」キリッ

穂乃果「海未ちゃん!?」

ことり「…海未ちゃん……はぁい//」トローン

穂乃果「ことりちゃん…」



52: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/10/22(火) 02:30:27 ID:iHNeDnVJ.net

海未の家

海未「ということで私がヘルシーな昼食を作りました」

穂乃果「わーい!!海未ちゃんのチャーハンだあ!!」

ことり「久しぶりだね!海未ちゃんのチャーハン…美味しいんだよね…」

海未「どうぞ召し上がってください」

ことり「…海未ちゃん?」

海未「はい?」

ことり「なんかことりのだけ少なくない?」

海未「えぇ、少ないですよ?だってことりのお腹には栄養タンクが付いてるじゃないですか」

ことり「………」



ことり「ウッグ…あああぁぁ……オイシイ…」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃんが泣きながらチャーハン食べてるよ…」

海未「偉いですよことり」

ことり「おいしいよおおおおお…うわあああああん」



53: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/10/22(火) 02:34:32 ID:iHNeDnVJ.net

グウウウゥ

ことり「…お腹空いた」

海未「ことり、さっき食べたばかりでしょう」

ことり「あんなのつまみ食いと変わらないよぉ」

穂乃果「並くらいだったよ?」

ことり「普段のことりのご飯はアメリカナイズされた量なの!」

海未「…さてことり、次は大学へ行きますよ」

ことり「無視!?」

穂乃果「そっか、ことりちゃん今日は夕方に一コマだけだったよね」

ことり「む、無理だよ…もう半年は大学行ってないよ…」

海未「…ことり、それは進級できるのですか?」

ことり「ことりは3年生だよ…」

穂乃果「留年してるからね…」

海未「…こ、ことり…」

ことり「その思ったより救いようないなこの子って顔、すごく効くよ」



54: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:38:58.38 ID:iHNeDnVJ.net

大学

ことり「来てしまった…」

キャッキャウェイウェイ

ことり「死ね…リア充大学生死ね…」

海未「ことり、変なこと言ってないで行きますよ。穂乃果はもう自分の授業に行ってしまいましたし」

ことり「だって海未ちゃん見てよ!勉学に励む為の場所であんなイチャついて…」

海未「ことりだって、大学に入ってすぐの頃はモテモテで何十人からも告白されていたではないですか…ああなりたかったら誰か1人でもOKをしておけば…」

ことり「だって皆別にことりの事好きじゃなさそうだったもん」

海未「そうでしたか?μ'sの頃からファンだったという人もいたでしょう」

ことり「ことりは海未ちゃんみたいにことりの事を好きでいてくれる人じゃないとお付き合いしないの!」

海未「そ、そうですか…」

ことり「…今のってもしかして恥ずかしいセリフ?」

海未「肉だるまになったアナタの体の方が恥ずかしいですよ、さぁ行きましょう」

ことり「酷いよ海未ちゃん!?」



55: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:41:46.06 ID:iHNeDnVJ.net

「あれ?海未ちゃん!?」

海未「ん?」

凛「海未ちゃん!!戻ってきてたの!?」

海未「凛!お久しぶりです」

凛「お久しぶりです、じゃないよ!戻ってきてるなら連絡してよぉ!」

海未「しましたよ?」

凛「え?……あ!ほんとだメール来てる」

海未「ほら…メールを確認しない凛が悪いのです」

凛「今どきメールで連絡してくる海未ちゃんが特殊過ぎるんだよ…海未ちゃん、後ろに隠れてるみたいな隠しきれてない人は?」

海未「あぁ、ことりですよ」

凛「ことりちゃん!?ことりちゃんも帰ってきてたの!?」

海未「帰ってきてた?」



57: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:45:42.08 ID:iHNeDnVJ.net

凛「え?だってことりちゃんは留学したんじゃないの?」

ことり「えっ」

海未「りゅ、留学…?留年の間違いではなくて…?」

凛「留年!?ことりちゃん留年してたの!?」

ことり「凛ちゃん!!大きい声で言わないで!!」ガバッ

凛「うわっ!?ことりちゃんふっと!?!?」

ことり「うごっ」ガーン

海未「凛、ことりが留学というのは…」

凛「最近ことりちゃんに会わないからどうしたんだろうって話になった時誰かが「ことりちゃんは留学したらしいよ」って」

ことり「留年を…留学と間違えられてる?」

海未「…なるほど」

凛「で、でもまさか留年してたとは思わなかったに…思わなかったよ」

海未「……そういう事ならチャンスですよことり、いっそ留学から帰ってきたという事にしてシレッと授業に復帰しましょう」

ことり「う、海未ちゃん…いつからそんなずる賢くなったの…?」



59: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:49:47.79 ID:iHNeDnVJ.net

凛「じゃあ海未ちゃん!今度希ちゃんも誘って行くからね!」

海未「はい、ではまた」フリフリ

ことり「……うぅ……」

海未「ことり…授業に行きますよ」

ことり「…ほんとに行くの?」

海未「当たり前です」

ことり「……帰国子女?」

海未「えぇ、あなたは帰国子女です」

ことり「でもことり、日本語しか話せないし…」

海未「大丈夫です、イルクーツクに行ってましたとでも言っておけば誰も興味を持ちません」

ことり「なんでイルクーツクなの…」



61: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:52:45.75 ID:iHNeDnVJ.net

2時間後

教授「今日の授業は終わり!閉講!」

ことり「何言ってるのかサッパリだったよ」

海未「それでいいんです、出席したという事実が大事なのですから…それよりことり」

ことり「ん?」

海未「帰国子女設定はいらないみたいですね」

ことり「だ、だってことり、そんなに友達多くないし…ていうかいないし」

海未「それもありますが、容姿が変わったせいであなたが南ことりだと気付かれていないようです」

ことり「そんなに太った?」

海未「デブです」

ことり「…デブのことりは嫌い?」

海未「ことりだから好きなんです、ただのデブは嫌です」

ことり「嬉しいような悲しいような」



63: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 02:56:21.54 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「2人とも~!」

海未「穂乃果、お疲れ様です」

ことり「穂乃果ちゃ…ぴっ!?」ビクッ

「へえ~?ことり、お尻が大きくなったわね?」

ことり「この大人なエロい手付きは…絵里ちゃん!?」

「ことりちゃん、胸はそんなに大きくなってないんやね」

ことり「そしてこのエセ関西弁は…希ちゃん!?」

「おっほっほ!!ニコのスリムな体型とは大違いねことり!」

ことり「うっざ、にこちゃん!?」

にこ「ちょっとお!?」

海未「3人とも、お久しぶりです」

絵里「海未、会いたかったわ」

希「海未ちゃんはことりちゃんと違って変わらんなぁ」

にこ「ことり…ぷくく…」

ことり「やめて…見ないでぇ…」



65: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 03:00:23.57 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「授業前に連絡してみたら3人とも暇してたらしくって…」

絵里「わざわざ海未に会いに来たのよ?まさか行方不明のことりがいるとは思ってなかったわ」

希「海未ちゃんには悪いけど、ことりちゃんの方を質問責めにしたいなぁ」

にこ「何食べたらそんなに太れるのよ!プークスクスw」

ことり「私…そんなに醜いの…?」

にこ「えっ、ちょ、醜いとか言ってないわよ?」アセアセ

海未「にこ、ことりは精神的に不安定なんです」

にこ「そうだったのね…謝るわ」

海未「なので気にしないでドンドン言ってやってください」

にこ「アンタ鬼なの?」



67: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 03:03:46.86 ID:iHNeDnVJ.net

希「で?ことりちゃんは今までどこで何してたん?」

ことり「え、えっとぉ…」チラッ

海未「…」コクッ

ことり「…りゅ、留学…」

海未(今の頷きは本当の事を言えという意味だったのですが)

にこ「へぇー留学先のご飯が美味しかったって訳?」

ことり「ま、まぁそんな感じ…かな?」

希「どこに留学してたん?」

ことり「い…イルクーツク…」

穂乃果「…いるくーつく…?」

絵里「……へぇ、ことり…イルクーツクとはねぇ…」

海未(まずいですね)



68: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/10/22(火) 03:06:33 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「どうだった?イルクーツク」

ことり「た、楽しかったよぉ?」

絵里「キツかったでしょう?一年中暑くて暑くて…」

ことり「う、うん!エアコン必須って感じで…」

絵里「ダウトォ!!!」

ことり「ぴぃ!?」

絵里「ロシアがそんなに暑いわけないでしょうが!!」

ことり「えぇ!?イルクーツクってロシアだったの!?」

海未「そのくらい知っておいてください…」

穂乃果(知らなかった…)

にこ「何よ、嘘って訳?」

希「それで、ホンマは何してたん?」

ことり「……ニート、してました」

にこ「クズね」



81: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:06:32.88 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「別にニートしてようが構わないけど、私たちに嘘をつくのは頂けないわね」

ことり「ひいぃ、ごめんなさい…」

にこ「どうせ毎日呑気に過ごしてた所を帰ってきた海未に引っ張られてるんでしょ?」

海未「まぁ…そんな感じです」

穂乃果「ことりちゃんを社会に復帰させるんだよ!」

希「じゃあまずはことりちゃんの家で作戦会議やね」

絵里「そうね!」

ことり「えっ」

にこ「可愛い後輩の人生相談に乗ってあげようじゃない…暇だし」

海未「しかし良いのですか?平日の昼ですが…3人とも仕事は」

絵里「…」

希「…」

にこ「…」

穂乃果「…あーっと…」

ことり「…もしかして…!」

海未「…あなた達、普段は何をしているのですか」


絵里希にこ「「「ニート、してます」」」



82: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:09:44.39 ID:iHNeDnVJ.net

ことりの家

海未「…それで?いつからμ'sはダメ人間の巣になったのですか?」

絵里「…面目ないわ」

希「…う、ウチは商店街とかで、占いやってちまちま稼いでるし…」

にこ「ニコはアイドルの卵なのよ!!」

海未「にこ、孵化しない卵は死んでいます」

にこ「にごぉ」ガーン

ことり「海未ちゃん!お風呂場が…お風呂場が虫の墓場に…」

海未「穂乃果と協力して掃除してください、私はこの3人と大事なお話があります」

ことり「は、はい…」



83: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:14:57.76 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「海未、就職氷河期なのよ」

海未「はぁ」

希「ウチらだって頑張ったんよ?でも日本が…社会がそれを拒んだんや」

海未「はぁ」

にこ「私はスカウトが来るだろうから就活はしなかったわ、就活ってそんなに難しいのかしら」

海未「で、スカウトされたんですか?」

にこ「にぐぉ…」ギクッ

海未「あなた達3人は割としっかり者のキャラで通ってたんですよ?そんな事では1年生…凛達に示しがつきません」

希「だって凛ちゃんは女子陸上界の星…真姫ちゃんは医者の卵やし」

絵里「花陽はもう田舎に土地買ってお米を作ってるらしいわよ」

にこ「花陽がお米をお裾分けしてくれるから矢澤家の出費が浮くにこ」

海未「完敗してるじゃないですか、あなた達」

絵里「ウッ」



84: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:19:10.02 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「ほ、穂乃果は!?それを言うなら穂乃果はどうなのよ!?就活なんてしてないように見えるけど!?」

希「えりち…穂乃果ちゃんの実家は…」

絵里「…くっ…親の七光りじゃない…」

海未「何を言ってるんですか…みっともないですよ絵里」

絵里「…海未、弓道とか、日舞とか…今からでも遅くないかしら?」

海未「私の道場に浅知恵の師範は要りません」

絵里「仕事が欲しいのよぉぉ…」

希「…まさか生きるのがこんなに難しいなんて…人生はスピリチュアルやね…」

海未「この状況でそんな事を言っていられるあなたの頭がスピリチュアルですよ」

にこ「…じゃあにこはスカウトされてくるから、この辺で失礼するわ!」

絵里「にこぉ!!そう言って毎日街をほっつき歩いて、ご近所さんに見られて恥ずかしいってこころちゃんが言ってたわよ!!」

にこ「にっぐぉ!?」ガーン

海未「……」



85: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:23:23.71 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「海未ちゃん…終わったよ…」

穂乃果「…もう今日だけで5年分の虫を見たかな…」

海未「ことり、あなたもそこに座りなさい」

ことり「えっ?ちょっと寝かせてよ…疲れたよ、今日はお酒も飲んでないし」

海未「……」ギロッ

ことり「ぴいいぃ…」

穂乃果(この後海未ちゃんのお説教は夜まで続きました。)

海未「大体絵里!にこ!あなた達は兄妹がいるでしょう!!長女として今の状況が恥ずかしくないのですか!!」

穂乃果(途中で寝てしまったことりちゃんのお腹を海未ちゃんがつまんで、絶句していたのが印象的でした。)



88: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:28:51.72 ID:iHNeDnVJ.net

海未「すっかり夜ですね」

絵里「私、今からでもハローワークに行くわ…」

穂乃果「絵里ちゃん!?ハローワークは24時間営業じゃないからね!?」

ことり「そうだよぉ、お金を稼ぐならパチンコがいいよぉ」

穂乃果「ことりちゃんは黙ってて」

にこ「お腹空いたわねぇ」

海未「そうですね…あなた達はどうします?食べていきますか?」

希「そうやね、ウチは帰ってもどうせ1人やし」

にこ「今日はこころが夕飯の当番だから私はどっちでもいいわよ」

絵里「せっかく海未も帰ってきているんだし、私もご一緒していいかしら」

海未「では皆で食べられる量の物を作らなければいけませんね」チラッ

ことり「…ん?どうかした?」

海未「…いえ、皆で食べられる量かつ、健康的な物といえば…」

ことり「気遣ってくれるのは嬉しいけど傷つくなぁ」



89: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 04:31:36.08 ID:iHNeDnVJ.net

海未「ではことり、行きましょう」

ことり「海未ちゃん…ことり、疲れたから家出たくない」

海未「…ことり、あなたの部屋に招いた客人ですよ?あなたが動かなくてどうするのですか」

ことり「だってぇ!ことり、スーパーあんまり行かないからわかんないんだもん」

海未「その為に私が着いていくのでしょう」

ことり「…うぅ…本音はただ家から出たくないだけ…」

海未「知っています。さぁ行きますよ、鍋の具材を買いに!」

ことり「海未ちゃん、楽しそうだね」



122: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 12:39:34.21 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「海未ちゃん、ネギあったよ」

海未「ありがとうございます、あとは豆腐と…」

「トマトとチーズを入れると美味しいわよ」

海未「いえ、今日は皆でつつけるお鍋なので、尖ったものはちょっと…」

真姫「何よ、トマト鍋は別にマイナーじゃないでしょう」

海未「少なくとも私の家では出た事がないのですが…」

ことり「う、海未ちゃん?自然に話してるけどそれ真姫ちゃんだよ?」

海未「…わぁ、真姫ではないですかー!偶然ですね!」

真姫「何よその棒演技は…アンタが呼んだんでしょうが」

ことり「海未ちゃん!?呼んだの!?」

真姫「私が来ちゃいけないかしら?」

ことり「そ、そんなことないけど…」モジモジ

真姫「…へぇ…」



124: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 12:44:08.38 ID:iHNeDnVJ.net

真姫「…確かに、これは酷いわね」

ことり「うぅ」

海未「えぇ、健康の事なら真姫を呼ぶのが手っ取り早いと思ったので」

真姫「そうは言ってもねぇ…1日2日で直るものじゃないし」

海未「大丈夫です、ことりにその意識があればきっとダイエットだって上手くいきます」

ことり(ダイエット前にポテチ食べたいよ…)

真姫「まぁ、こんな所で立ち話もなんだし早く買い物済ませましょ」

海未「そうですね、真姫の分も見積もって具材は買ってあります」

ことり「えぇ!?ちょっと多めに買ってたのって…」

海未「まさかあなたが食べる分だとでも思っていたんですか?」ニコ

ことり「ぴえぇ…」



126: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 12:50:42.33 ID:iHNeDnVJ.net

ことりの家

海未「ただいまかえりました」

穂乃果「あ、おかえり海未ちゃん!…あれ?ことりちゃんの後ろに誰かいる?」

真姫「ことり…背中が大きくなったわね」

ことり「お腹も大きくなったよ」

真姫「開き直ってんじゃないわよ」ビシ

絵里「真姫じゃない!久しぶりね」

真姫「久しぶりぃ?つい先週会ったでしょうが…ニートは時間の感覚がおかしいって本当なのね」

絵里「うぐぅっ!?」グサッ

海未「では料理のできる人はキッチンへ。何もできない人達は何もしないで待っててください」

「「「はーい」」」

ゾロゾロゾロ

ことり「……」

絵里「………惨めね、私たち」

ことり「…ことり、カップラーメンなら作れるよ?」

絵里「下を見て安心してしまう自分が嫌いだわ」



127: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 12:56:39.11 ID:iHNeDnVJ.net

にこ「真姫、次ネギ取って」

真姫「はいはい…やっぱり手馴れてるわね」

海未「本当に、にこは料理で生きていけそうなものですが」

にこ「なーに言ってんのよ、こんなに可愛い娘が店開いたら客が殺到して潰れちゃうじゃない」

希「なんで客が殺到して大儲けの考え方ができないん??」

海未「穂乃果、鍋はどんな感じですか?」

穂乃果「にんじんが柔らかくなってきたかな~、んまい!」

海未「堂々とつまみ食いしないでください」

ワイワイワイ

ことり「絵里ちゃんは卒業してからずっと無職なの?」

絵里「え、えぇ…バイトも何もしてないわ」

ことり「…なのにそんなにスタイルいいの?」

絵里「そ、そうかしら?これでも数字は増えたのよ?」

ことり「ことりだって数字は増えたよ?」

絵里「そりゃ見てわかるわよ」



129: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:01:26.87 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「食生活には気を使っちゃうのよね、小さい頃からやってるし、もうクセなのよ」

ことり「絵里ちゃんって昼間から高そうなワイン飲んでオジさんみたいに映画見てるタイプだと思ったよ」

絵里「ことり、それあなたが安い缶ビールでやってる事でしょ」

ことり「映画は疲れるから見ないかな~、2時間も画面見てられないよ」

絵里「辛抱強さのカケラもないわね…」

ことり「まぁ絵里ちゃんなら大丈夫だよ、きっと仕事も見つかるよ!頑張って!」

絵里「似たような状況のあなたになんで励まされなきゃいけないのよ…」

ことり「似たような状況?フフ、天と地の差だよ?」

絵里「はぁ?」

ことり「ことりは学生、絵里ちゃんは無職」

絵里「…確かに」



131: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:06:50.09 ID:iHNeDnVJ.net

海未「そこのニート2人、道をあけてください」

ことり「わぁ、おいしそう!」

絵里「めちゃくちゃ大きいわね…」

海未「帰りしなに私の家から宴会用の大きな鍋を持ってきました。なんせ7人いますから」

真姫「ことりには豆腐だけ食べさせとけばいいから本当は6人分でいいんだけど」

ことり「豆腐だけ!?」

希「いやー、今日は楽しいお鍋になりそうやね!」プシュッ

にこ「…希、何よ今のプシュって音は」

希「え?希パワーやけど…はい、にこっちも」

にこ「缶ビールじゃない…アンタのパワーはいつからそんな下等な物になったのよ…」プシュッ

ことり「あーー!!それ、ことりが自分用に買ったやつ!!コンビニに冬季限定で売ってたやつ!!」

穂乃果「ことりちゃん、禁酒だよ、禁酒」

ことり「せめてお金返して!!」

真姫「デブはケチね」



132: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:12:27.30 ID:iHNeDnVJ.net

30分後

絵里「だぁいたい国が悪いのよぉ!国ぃ!!」デロンデロン

真姫「うわぁ…」

絵里「こんんんな!ロシアンハーフの美人を採用しない企業側にも問題あるわぁ!!げふっ」

海未「絵里、はしたないですよ」

希「えりちはお酒弱いのにいっぱい飲むからなぁ」ポワポワ

にこ「クールな生徒会長の頃が懐かしいわ」

ことり「いいなぁ~、お酒いいなぁ~」チラッチラッ

海未「ことり、その皆集まってるんだし今日は特別飲んでいいよねって視線をこっちに送らないでください」

ことり「海未ちゃんのケチ」

穂乃果「ことりちゃん……」

真姫「で?海未は向こうでどうなのよ」

海未「私ですか?」

穂乃果「そうだよ!ことりちゃんが衝撃的すぎて海未ちゃんの話なんにも聞いてないよ!」

海未「そうですね…私は…」



135: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:22:55.82 ID:iHNeDnVJ.net

海未「…というような感じで、向こうでお友達もできましたし、弓道とは別に日舞の方でも結果を残せています」

真姫「すこぶる順調ね」

絵里「ヒッグ…海未ぃ!彼氏はどうなのよ!」

海未「いませんが…」

絵里「あっはっは!!海未も完璧じゃなかったってことね!!」

希「えりちもおらんやろ…」

にこ「あら、希だっていないじゃない」

真姫「にこちゃんもいないでしょ」

穂乃果「真姫ちゃんだって」

ことり「穂乃果ちゃんも男の気配ゼロだよね」

海未「これ、流れ的に私はことりになんて声をかければいいんですか?ことりはいるわけありませんよね、ですか?」



137: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:28:48.72 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「まぁさか、μ'sが全員独り身とはねぇ」

真姫「私は作ろうと思えばいつでも作れるわよ」

にこ「真姫ちゃあん、ニコを置いて行かないでぇ」

真姫「あら、就職したら連れてってあげるわよ?」

にこ「先行っていいわよ」

海未「ことりは痩せていた頃ならモテモテだったんですが…」

ことり「いいもん!どうせ大学生の恋愛なんてその場その時の感情の延長戦で人生を添い遂げる相手が見つかるわけじゃないってことり知ってるよ!!」

希「嫉妬の塊やね」

穂乃果「ことりちゃん、今日大学に行って悔しい思いをしたんだね…」

ことり「同情するならお酒をください」

海未「ことり、炭酸水ですよ」プシュッ

ことり「この際これでいいや…」



138: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:33:36.23 ID:iHNeDnVJ.net

ピンポーン

ことり「えぇ?誰?」

真姫「出なさいよ、アンタの家でしょ」

ことり「えぇええ…めんどくさ…」ノソノソ

ことり「んっ、誰だろ…」ノゾキアナ

?「ねぇ、ほんとにここであってるのかな?」

?「大丈夫、この部屋だって連絡きたし」

ことり(なんか手繋いだカップルが立ってるんだけど…)

穂乃果「ことりちゃん?どうしたの?」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん、なんか部屋を間違えてるカップルが来てるみたいで…」

穂乃果「どれどれ…」ノゾキアナ

穂乃果「…あぁ!入って入って!」ガチャッ

ことり「穂乃果ちゃん!?」



140: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:37:31.32 ID:iHNeDnVJ.net

凛「あっはっは!!凛、そんなに男の子っぽいかなぁ」

花陽「そんな事ないよ!凛ちゃんは可愛いよ!!」

海未「ことり、大学で凛と会ったでしょう…どうして見間違えるのです」

ことり「だって!凛ちゃんがこんなに背伸びてるって気づかなかったし!2人が手繋いでたし!!」

凛「急に伸びたからね~、170センチはあるよ」

希「さすが、女子陸上界の希望の星!やね」

花陽「自慢の幼馴染だよぉ、お豆腐美味しいね」

にこ「で?なんで2人がここに来たわけ?」

真姫「私が呼んだのよ」

穂乃果「まぁそうだよねぇ」



141: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:42:22.17 ID:iHNeDnVJ.net

凛「だってズルいよ皆!!私達抜きでこんな楽しい集まりしてるなんて!!」

海未「まぁ、元々成り行きでこうなったものですから…」

花陽「凛ちゃんったら、アルバイトサボって来たんだよ」

凛「ふふん!」

ことり「凛ちゃん!!」ガシッ

凛「わっ、ことりちゃんどうしたの!?」

ことり「わかるよ…ことりもね、パチンコが当たったからメイドカフェのアルバイト飛んだら…クビにされちゃって
…」

凛「そんな理由の人にわかられたくないよ…」

希「…あれ、えりち?どうしたん?」

絵里「へっ!?いや、なにも??」

にこ「やけに静かじゃない」

絵里「…か、肩身が…狭くて…」

穂乃果「あはは…」



142: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:47:49.52 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「あの頃は私が年長者として一番しっかり者で…生徒会長でかっこよくてかわいくて、身長もグループで一番高かったわ」

真姫「自分で言うのね」

絵里「でも今では無職!かっこよくてかわいいのは変わりないけど、身長すら凛に抜かれてしまったわ」

海未「絵里、無職はかっこよくないです」

絵里「私は…私はどうなってしまうの…」ボロボロ

にこ「始まったわね、絵里の泣き下戸が」

希「えりちはお酒が完全に回ると泣き始めるんよ」

穂乃果「何そのめんどくさい人…」

絵里「わだじだっで自分が面倒だどおぼってるわよお!!」ボロボロ

希「あーあーよしよし、ほら、ちょっと夜風に当たろうな~」

絵里「希ぃ~!」ギュッ


海未「行ってしまいましたね」

ことり「ことり、ああはなりたくないよ」

真姫「もう腰までアレになりかけてるわよ」



143: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:51:51.76 ID:iHNeDnVJ.net

花陽「あ、そうだ海未ちゃん、これあげる」

ドスッ

海未「あぁ、噂のお米ですね!ありがとうございます」

花陽「美味しいって評判なんだぁ」

にこ「花陽はいいわねぇ、お米作って、お米売って、お米食べて生きてけるじゃない」

花陽「えへへ、将来安泰です!」

凛「凛はかよちんのお嫁さんになって陸上で生きていくよ!」

花陽「り、凛ちゃん//」

穂乃果(あれ?なんか)

ことり(この2人…)

海未「ありがたく頂きますね、それはそうと凛」

凛「ん?」

海未「もうアレはやめたんですか?」

凛「アレ?」

海未「にゃーと言うのは、やめたんですか?」

凛「ぐぇっ」



144: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:54:49.23 ID:iHNeDnVJ.net

にこ「そうよ凛!アンタ、最近になって急に恥じらいだしたわね!」

凛「ち、違うよ~!いつの間にか使わなくなったというか、一種の流行りみたいなものだったというか」

にこ「嘘おっしゃい!!明らかに言わないように意識してるでしょうが!!」

真姫「その辺にしといてやりなさいよ」

穂乃果「でも穂乃果も聞きたいな~、凛ちゃんの鳴き声」

凛「鳴き声!?」

ことり「そうだねぇ、凛ちゃんといえばあれだよね」

海未「皆こう言ってるじゃないですか、久々に聞きたいです」

凛「で、でも…」

花陽「凛ちゃん、頑張って!」

凛「かよちんまでぇ~…」



145: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 13:59:03.62 ID:iHNeDnVJ.net

凛「うぅ…」

凛「み、皆がそこまで言うなら…特別だよ?」

海未「あら可愛らしい」

花陽「凛ちゃん可愛いよ!」

凛「は、恥ずかしいからやめて…//」

にこ「さっさと鳴きなさいよ!ホラ!ホラ!」

凛「うううぅ……にゃ…」

凛「にゃあ……//」


真姫「なんか違うわね」

穂乃果「違うね」

ことり「かわいこぶっちゃって」

海未「恥を捨てなさい、凛」

凛「皆ひどいにゃ!!!」



146: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:03:00.37 ID:iHNeDnVJ.net

絵里「おまたせ~、心配かけちゃってゴメンなさいね」

希「あはは…」

真姫「絵里、そのキャラで入ってきても過去は変わらないわよ」

絵里「ヴゥッ」グサッ

凛「希ちゃあぁん!!」ダキッ

希「あわわ、凛ちゃんどうしたん!?」

凛「皆が酷いんだよ!!凛が頑張ったのにぃ!!」

希「あーあー、よしよし…」ナデナデ

凛「うあああああぁぁぁん」

希「ちょっと外行こっか…」


海未「行ってしまいましたね」

にこ「2回目の鳴き声は自然で良かったと思うけど」



147: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:07:49.75 ID:iHNeDnVJ.net

2時間後

希「はぁー、喋った喋った」

絵里「いっぱい喋って疲れたわ」

にこ「そろそろ帰るとしますか」

凛「えぇ~、もう帰るの?泊まっていこうよぉ」

真姫「こんな狭い部屋で9人も寝れるわけないでしょ」

海未「皆さん今日はありがとうございました」

絵里「いいのよ、久しぶりに海未に会えてよかったわ」

ことり「み、みんな、あの…」

絵里「ことりにも、ね」

ことり「…ありがとう」

花陽「凛ちゃん、ほら行くよ」

凛「むぅう~わかったよ…」ヒョコッ

穂乃果「皆、またね!」

「「「おじゃましました~」」」



149: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:10:34.00 ID:iHNeDnVJ.net

海未「…さて、片付けをしましょうか。ことり…ことり?」

ことり「…んぅ…zzz…」スピー

穂乃果「…寝ちゃったみたいだね」

海未「…まったく…穂乃果みたいですね」

穂乃果「穂乃果ここまで怠け者じゃなかったよ!?」

海未「アルコール依存症なのに皆に乗せられて飲まなかったご褒美です、今日は寝かせてあげましょう」

穂乃果「甘いなぁ海未ちゃん…穂乃果が寝てたら叩き起すくせに」

海未「穂乃果は穂乃果ですから」フフン

穂乃果「意味わかんないよ」



150: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:16:17.77 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「…ん…んん?」パチッ

ことり「…寝ちゃってた……まだ7時かぁ」

ことり「もうちょっと寝よ…」

ことり「……………………」

ことり「…寝れない」モゾモゾ

海未「ことり、おはようございます」

ことり「海未ちゃん!?帰ったんじゃ…」

海未「何言ってるんですか、穂乃果も私も泊まりましたよ…目覚めの気分はどうですか?」

ことり「なんか、二度寝したいのにできない」

海未「それはアルコール抜きで寝たのでシャキッと起きられた証拠です、さぁベッドから出てください」

ことり「はぁい…」ノソノソ



151: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:18:18.68 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「朝ごはんできたよ~」

海未「いただきます」

ことり「いただきます…朝ごはん、一年ぶりかもしれない」

穂乃果「ふっふっふ、じゃあしっかり味わって食べてよね!」

ことり「目玉焼き潰れてる…」

海未「穂乃果、まだまだですね」

穂乃果「あちゃー…」

海未「味はイケますね」

穂乃果「でしょー?」フフン



152: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:21:29.32 ID:iHNeDnVJ.net

大学

ことり「相変わらず何言ってるかわからなかったけど、起きてられたよ…」

海未「その調子ですよことり、お昼ご飯を食べましょう」

ことり「じゃあラーメンがいい!!!」

海未「…もう、しょうがないですね」

ラーメン屋

ことり「…うぷ…全部食べられない…なんで…」

海未「朝ごはんを食べたからです」

ことり「えぇ…?」

海未「朝ごはんを食べたので胃の空き場所が少なかったんでしょうね、さぁ、お会計に行きますよ」

ことり「で、でも残しちゃ悪いよ!?」

海未「お店に居座る方が悪いですよ、お客さんも並んでますし」

ことり「…はぁい…」



153: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:24:19.92 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「疲れた…一日中大学ってキツいね…」

穂乃果「ことりちゃん、お疲れ様!」

海未「さて、夕飯はどうしますか?」

ことり「ゆ、夕飯!?もう!?」

海未「えぇ、もう夜の7時ですから」

ことり「嘘!!起きてから12時間も経ったの!?」

海未「ふふっ…えぇ、キッチリ12時間です」

ことり「ま、まだお昼のラーメンが残ってるよ…」

海未「それでいいんですよ」

穂乃果「今日は穂乃果の家で食べていきなよ!」

海未「いいですね、是非お願いします」

ことり「こ、ことりまだ食べれないよ…」



155: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:26:55.10 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果の家

雪穂「……こ、ことりちゃん?」

ことり「雪穂ちゃん久しぶり~、大きくなったねぇ」

海未「雪穂は大人になりましたね、穂乃果の姉って感じです」

穂乃果「穂乃果が姉だからね!?」

雪穂「海未ちゃん!久しぶり!!…で、これことりちゃんなの?」

ことり「どうして皆ことりの事をこれ、それって言うんだろう…」

雪穂「に、肉だるまからことりちゃんの声が…」

ことり「ことり、そんなに肉だるまかなぁ」

海未「気にしないでください、いずれ戻りますよ」



156: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:30:10.81 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「それじゃ、パパっと作っちゃうから待っててね!」

雪穂「はーい」

海未「雪穂、今日はご両親は…」

雪穂「2人で旅行行ってるんだよ…仲良いよねぇ」

ことり「海未ちゃん…やっぱりお腹空かないよぉ」

海未「ことり、それでいいですから」

雪穂「…ねぇことりちゃん、なんでそんな事になっちゃったの?」

ことり「んー、大人の遊びを覚えたから、かな?」

海未「主にパチンコとお酒ですね」

雪穂「ドロップアウトしちゃったんだね…」



157: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:33:20.54 ID:iHNeDnVJ.net

雪穂「ようし、海未ちゃんことりちゃん、久しぶりにゲームしようよ!」

海未「あぁ…あのヒゲオヤジのレースゲームですか?」

ことり「いいね、ことり最近おうちでずっとやってるんだぁ」

雪穂「へぇ…じゃあ強くなったんだ?」

ことり「まるで昔のことりが弱かったみたいな言い方だねぇ…」

海未「…さ、早くやりましょう」

雪穂「お、燃えてるねぇ海未ちゃん」



158: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:36:19.18 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「ご飯できたよ~、ん?」

ことり「あぁぁぁ!!また最後の最後に負けたぁあ!!」

雪穂「あっはっはっは!2人ともよっわ!」ケラケラ

ことり(あれ?私、なんで負けたのに笑ってるんだろう…)

海未「もう1回…もう1回です…!!」メラメラ

穂乃果「…ふふっ、皆ズルいよ!穂乃果も混ぜて~!!」

ことり(なんか…楽しいかも)クスッ



160: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 14:57:45.53 ID:iHNeDnVJ.net

海未「美味しかったです、ご馳走様」

穂乃果「ふふ、園田家に嫁入りできるレベルまで達してるでしょ」

海未「それが目標なら、もっと精進してもらわなければいけませんね」クスッ

ことり「ううう…もう食べられないよ…」ウップ

雪穂「ことりちゃん…その見た目の割にあんまり食べないんだね」

海未「ことりは今日はしっかり三食食べましたからね」

ことり「お昼も夜もあんまりお腹に入らなかったよ…」

海未「ことり、毎日3食食べるだけであなたは痩せますよ」

ことり「えぇ!?」

穂乃果「えぇー、ズルい!!」



162: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:00:14.74 ID:iHNeDnVJ.net

海未「あなたは不規則な生活を送っていたせいでそんな肉だるまになってしまったんです」

ことり「海未ちゃん、肉だるまって結構傷ついてるからね?」

海未「つまり元の規則正しい生活習慣に戻れば、自然と体型は元に戻ります」

穂乃果「なるほど…じゃあ規則正しい生活を送ってるのに最近ちょっと太った穂乃果は?」

海未「ただの怠慢です、運動しなさい」

穂乃果「ええぇ…」



163: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:03:49.45 ID:iHNeDnVJ.net

海未「さて、ことりの問題も片付いたみたいですし…私はそろそろ家に帰ります」

ことり「えぇ!?まだ何も解決してないよ!?」

海未「しましたよ」

ことり「だってまだぽちゃぽちゃだよ!?」

海未「そりゃあ…すぐには痩せませんよ、あなたが毎日私の言った事を守って規則正しく生活すればいい、それだけです」

穂乃果「ことりちゃん、ファイトだよ」

海未「ファイトです、ことり」

ことり「そんなぁ…」

雪穂「あれ?海未ちゃん帰っちゃう感じ?」

海未「はい、そろそろ…」

雪穂「お風呂湧いてるよ?」

海未「…」

雪穂「布団も敷いてるよ?」

海未「……はぁ」

穂乃果「決まりだね!」



164: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:08:03.45 ID:iHNeDnVJ.net

海未「明日向こうへ帰らなければいけないというのに…」

穂乃果「いいじゃんいいじゃん!昔みたいに穂乃果の部屋で川の字になってさぁ」

ことり「そうだよぉ!懐かしいねぇ」

海未「川にしては棒が1つ太すぎるのですが…」

ことり「海未ちゃん酷いよ!?」

海未「しかしそうですね、懐かしいです…あの頃はまだことりが細かった」

穂乃果「だね~」

海未「えぇ、可愛くて頑張り屋のことりが大好きでした」

ことり「う、海未ちゃん…//」

海未「今はわかりませんが」

ことり「海未ちゃん!?」



165: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:10:27.92 ID:iHNeDnVJ.net

海未「なんにせよ楽しかったです、帰ってきてよかった」

穂乃果「うん、穂乃果も海未ちゃんに会えてよかった」ニコッ

ことり「こ、ことりも!」

海未「ふふっ、ありがとうございます…では寝ましょうか」

穂乃果「うん、電気消すよ~」

ことり「おやすみ、2人とも」

穂乃果「おやすみ!」

海未「おやすみなさい」



穂乃果(翌日、海未ちゃんは向こうへ帰っていきました)



166: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:12:02.01 ID:iHNeDnVJ.net

ピピピピピピ

ことり「んんぅ…もう朝…」

チュンチュン

ことり「…7時かぁ…ほわあぁ…」

ことり「……二度寝しよう」

ことり「………」

ことり「………」

ことり「……寝れない…」

ことり「…朝ごはん食べよう…」



167: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:13:20.03 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「…うわ、冷蔵庫に卵しかないよ…」

ことり「…目玉焼きとパンでいっか」



ことり「……ふぅ、ご馳走様でした」

ことり「……さて、と」

ことり「………」

ことり「………パチンコ行くか!!!」



168: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:17:08.51 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「負けっぱなしじゃよくないもんね~、朝から並んで打つぞ~」ルンルン

開店待ちのおっさん達の列「100人いるぞ」

ことり「…………」

ことり「……なんか途端に面倒くさくなってきたよ…」

ことり「…今は…8時半かぁ…」

ことり「……間に合うなぁ、どうしよう…」

ことり「………」

『出席したという事実が大事なんです』

ことり「……んうう…」



169: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:18:58.04 ID:iHNeDnVJ.net

大学

ことり(やっぱり先生が何言ってるのかサッパリわからないよ…)

ことり「………」

ことり(早起きしたから寝れない…)

ことり(これがお昼まで続くのかぁ…)

キャッキャウェイウェイ

ことり(講義中もイチャつきやがって、死ねリア充)



170: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:22:24.53 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「ふああぁ~…やっと講義終わった…」

ことり「お昼ご飯…安くて美味しい物食べよう…」

ことり「…牛丼だね!!!」

牛丼屋

ことり「……うわ」

ことり(他のお客さんが食べてる牛丼見てたら食欲が失せてきたよ…牛丼ってあんな茶色かったっけ…)

ことり(ていうかよく考えたら朝ごはんが残っててまだ牛丼食べれるだけの胃が………ん?)

ことり「…これは…」

ことり「すいません!ざるうどんください!」



171: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:24:26.86 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「ふぅ、量も少ないし美味しいし、ちょうどよかった~」

ことり「…さて、今日は午後は授業も無いし……」

ことり「…今度こそ行こう!パチンコへ!!」

パチンコ屋

ことり「うっっっっるさ!!!」

ことり「出よう…正気を保てないよ…」ドシドシドシ



ことり「パチンコ屋ってこんなにうるさかったっけ…ていうかタバコくさっ!!」

ことり「二度と行かないよこんな地獄…」



172: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:25:54.15 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「帰りにコンビニに寄ろうっと…」

イラッシャイマセー

ことり「…今日は大学頑張ったんだし、海未ちゃんも許してくれるよね…お酒♡」


ことりの家

ことり「ただいまー!ひゃー綺麗なお部屋!」

ことり「さてと、ゲームしながらお酒飲むぞ~!!」



173: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:28:25.51 ID:iHNeDnVJ.net

ゲーム「!!!…!!!!……!?!?!!!」

ことり「……うーん、なんか…」

ことり「勝ったのにつまんない」

ことり(穂乃果ちゃんのおうちでやった時の方が楽しかった…)

ことり「………お酒飲もう!!」

プシュッ

ことり「…んっぐ…ごく…ごく…」

ことり「ぷはぁあ!!!うまい!!!」

シーン

ことり「……なんか静か…」

ことり「…皆がいた時はお酒飲んでなかったけど楽しかったな…」

ことり「……今日はお酒はいいや」ポイッ



174: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:31:44.48 ID:iHNeDnVJ.net

ことり「……やる事ないなぁ…」

ことり「…スーパー行って夜ご飯なんか買おう」

スーパー

ことり「うーん、何作ろうかな…」

ことり「……チャーハンにしよう、海未ちゃんが作ってくれたやつ美味しかったし」

ことり「お米は花陽ちゃんがくれたのがあるから…ねぎと…お肉と…」

ことり「…ん?なんか…」

ことり(楽しいかも)



176: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:34:34.91 ID:iHNeDnVJ.net

数ヶ月後

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「穂乃果、お久しぶりです」

穂乃果「こんなにすぐにまた帰ってくるとは思わなかったよ~」

海未「すぐと言っても半年以上は経ってるでしょう?…ことりは?」

穂乃果「それが家から出たくないって…」

海未「はぁ…まさかとは思いますが…」

穂乃果「わかんない、電話はしてくれるけど会ってくれないんだよねぇ」

海未「…行きましょう、ことりの家へ」



177: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:37:51.70 ID:iHNeDnVJ.net

ピンポーン

海未「ことり?あけてください」

『はーい♡』

海未「む」

穂乃果「この声は…」

ガチャッ

ことり「おまたせっ!」ニコッ

海未「…………なっ」

穂乃果「…こっ、ここ…」

海未「…ことり!!!ことりではないですか!!!」

ことり「そ、そりゃことりの家だし…」

穂乃果「ことりちゃん大丈夫!?ちゃんとご飯食べてるの!?痩せすぎると逆に危ないんだよ!?」

ことり「もう…1日3食、ちゃんと食べてますっ!」ピシッ

海未「ことりいいぃぃ!!」ギュッ

ことり「やんっ♡海未ちゃんったら//」クスッ



179: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:41:00.07 ID:iHNeDnVJ.net

海未「…コホン…先程はつい取り乱してしまいましたが…ことり、何があったのですか?」

ことり「な、何がって…海未ちゃんの言った通りにしただけだよ?」

海未「…私は元に戻るのに3年ほどかかると踏んでいたのですが」

穂乃果「穂乃果は10年くらいかかると思ってたよ…」

ことり「あはは…実はね、海未ちゃんの指示通りの生活をしてたら…どうしても暇な時間ができちゃって」

海未「パチンコやゲームの時間ですか?」

ことり「うんっ、その時間でジムに行ったり、お料理の勉強したりして…そしたらどんどん痩せていってね?」

海未「ほう…」

穂乃果「運動…やっぱり運動なのか…」



180: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:45:11.08 ID:iHNeDnVJ.net

海未「ことり…よく頑張りましたね、あなたは立派です」ナデナデ

ことり「も、もう海未ちゃん!恥ずかしいよぉ//」デレデレ

穂乃果「ひゃー、しかし凄いねほんと…下手したら前のことりちゃんより綺麗かも」

ことり「筋肉ついたからねぇ、引き締まったのかも」

海未「素晴らしいですことり…私は今感動しています」ボロボロ

ことり「う、海未ちゃん!?泣かないで!?」

穂乃果「でもホントによく頑張れたよね、穂乃果は絶対どこかで諦めると思ってたよ…」

ことり「えへへ、だって海未ちゃんが言ってくれたから…」

海未「え?私がですか?」

ことり「うんっ、豚肉より鶏肉の方が好き、って…//」クネクネ

穂乃果(それで頑張れるの…)



181: 名無しで叶える物語 2019/10/22(火) 15:49:34.26 ID:iHNeDnVJ.net

海未「では今日はお祝いです、私の家に行きましょう」

ことり「わーい!」

穂乃果「じゃあ穂乃果は皆を呼ぶね!」

海未「ことり、私の家ですが…」

ことり「?」

海未「お父様が大事にしている1級品のお酒があります、それを1本拝借しましょう」ニコッ

ことり「ふふ、海未ちゃんったら悪い子だぁ~」クスッ

おわり


元スレ
ことり「で、海未ちゃんの家ってお酒あるの?」