1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:55:51.81 ID:s4JVb2WT0

~喫茶店~


結衣「綾乃、こっち」

綾乃「あ……船見さん、おひさしぶりね……」

結衣「うん、中学卒業して以来だよね」

綾乃「そ、そうね……」

結衣「座ったら?」

綾乃「……ええ」

結衣「……」

綾乃「……」

結衣「実はさ、こないだ、京子に会ったんだ」

綾乃「……!」ビクッ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:03:37.39 ID:s4JVb2WT0

結衣「京子の方から連絡してきたんだ、私の家にお泊りしたいって」

綾乃「……そう」

結衣「……正直言うと、私、嬉しかった」

結衣「京子とは、高校に進学してから、何だか疎遠になっちゃってたしね」

綾乃「……仕方ないわよ、私と歳納京子は、船見さんとは別の高校に進学したんだし」

結衣「……うん、そうだね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:05:35.11 ID:s4JVb2WT0

結衣「けど、京子に会って、びっくりしたんだ」

綾乃「……」

結衣「中学に比べて、何か痩せてたし」

綾乃「……そうね、中学の頃に比べると、少し痩せたかしら」

結衣「手や足に包帯巻いてたし」

綾乃「……階段から、落ちたのよ」

結衣「……」

綾乃「……」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:12:05.68 ID:s4JVb2WT0

結衣「私もね、京子からそう聞いた」

結衣「だから、心配だったけど、深くは聞かなかったんだ」

綾乃「……そう」

結衣「けどね、その後、一緒にご飯食べたり、ゲームしたりしたんだけど……」

結衣「その時の様子は、明らかにおかしかった」

綾乃「……」

結衣「表面上は、明るく、普通に振舞ってるんだけどね」

綾乃「……」

結衣「ふとした拍子に、凄く虚ろな目になるの」

結衣「何の感情も浮かんでない目に」

綾乃「……気のせい、よ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:13:09.73 ID:s4JVb2WT0

結衣「……本当に、気のせいだと思う?」

綾乃「……ええ」

結衣「……」

綾乃「……」

結衣「綾乃」

綾乃「なに」

結衣「……単刀直入に聞くけど……京子に、何かあったでしょ」

綾乃「……!」ビクッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:14:07.44 ID:s4JVb2WT0

綾乃「な、なにも、ないわよ……」

結衣「うそ」

綾乃「ほ、ほんとうよ、何もない、何もないわ……」

結衣「綾乃、正直に……」

綾乃「わ、私は!」

結衣「綾乃?」





10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:17:14.69 ID:s4JVb2WT0

綾乃「私は、ちゃんと止めたの、歳納京子にも注意したわ、皆が過敏になってるから、あんまり変な態度はとらないでって」

綾乃「けど、けど、歳納京子は全然態度変えなくて」

綾乃「それで、それで、クラスの子たちも、騒ぎ始めちゃって……」

綾乃「止めたの、止めたのよ、クラスの子達も止めたの」

綾乃「けど、けど止まらなかったのよ、私が見てない所でされてら、止めようがないじゃないっ」

綾乃「私は、私はちゃんと努力したの、努力したのよ……」

結衣「……綾乃」

綾乃「私が悪いんじゃないわ、私は、私は……ちゃんとやったわ、止めたのよ……」ブツブツ

結衣「……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:19:52.75 ID:s4JVb2WT0

綾乃の態度を見て、私は中学一年の頃の出来事を想いだしていた

多分、あの時と同じ事が高校でも起こったのだろう

あの、吹奏楽部での出来事と、同じ事が……



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:22:23.78 ID:s4JVb2WT0

~中学一年の頃~


結衣「京子~、そろそろ帰ろうよ」

京子「あ、ごめん、私はちょっと部活があるから、結衣は先に帰ってて~」

結衣「ん、判った、じゃあ……って」

結衣「……待って京子」

京子「ん、どったの?」

結衣「ぶ、部活って、なに?」

京子「あ、言ってなかったっけ、わたし、吹奏楽部に入ったんだ」

結衣「え……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:25:01.77 ID:s4JVb2WT0

結衣「す、吹奏楽部って、何でいきなり!?」

京子「いやあ、部活勧誘で演奏してたのを見て、かっこいいな―って思っちゃって!」

結衣「な、なにそれ、相談してよそういうのは……!」

京子「えへへ、ごめんごめん!」

結衣「も、もう……仕方ないなあ、じゃあ、私も吹奏楽部に……」

京子「あ、もう募集は打ち切ったらしいよ、私がラスト」

結衣「……!?」ガビンッ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:26:43.25 ID:s4JVb2WT0

結衣(う、うそ、てっきり京子と二人で帰宅部だと思ってたのに……)

結衣(最悪でも、同じ部活に入りたかったのに……)

京子「結衣?どったの?」

結衣「……あ、う、うん、何でも無いよ、京子、あはは……」

京子「もー、変な結衣……じゃ、私はそろそろ部活行くね~」

結衣「あ、ああ……頑張って」

京子「おう!」トテトテトテ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:28:57.14 ID:s4JVb2WT0

結衣(はあ……どうしようか、これから……)

結衣(私も何か部活に……陸上部とかから誘われてたし、入ろうかな……)

結衣(……いや、それだと更に京子と過ごす時間が少なくなりそう)

結衣(……あ、そうだ、京子の部活が終わるまで何処かで時間をつぶそう)

結衣(そうすれば、帰る時は一緒に居られるし)

結衣(そうしよっと……)



ガヤガヤガヤ



結衣(あ、誰か来た、先輩かな)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:32:48.00 ID:s4JVb2WT0

ガヤガヤガヤ

「……吹奏楽部……新入部員が……」


結衣(ん……吹奏楽部?)

結衣(もしかして、吹奏楽部の先輩なのかな……)

結衣(そっか、今から部活に行くんだろうな)


ガヤガヤガヤ

「あの新入部員、本気で邪魔だよね~」


結衣「……!」

結衣(え、なに、何の話してるの……)

結衣(気になる……ちょっと近づいて聞いてみよう……)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:35:33.87 ID:s4JVb2WT0

モブA「他の新入部員はいいんだけど、あの楽譜読めない子は何なの、楽譜の読み方くらい小学校で習うでしょ」

モブB「へたくそな癖に妙にハイテンションだしね、正直、ヒク」

モブC「あの子追い出して他の子入れた方がいいんじゃないでしょうかー」

モブD「ああ、いいかもね、ちょっと突っついてみる?」

モブA「いや、無理でしょ、かなり鈍感そうな性格してるみたいだし」

モブB「やるだけやってみたら?見てるだけでイラッとするし」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:37:26.32 ID:s4JVb2WT0

結衣(……え、なに、何言ってるのこの人達)

結衣(楽譜が読めないって、もしかして、京子のこと?)

結衣(違うよね?京子は人に恨まれるような性格じゃないし)

結衣(クラスでも、友達多いし……)

結衣「……ちがう、よね」

結衣「……」

結衣「ね、念のために、帰る時にちょっと聞いてみよう……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:39:03.54 ID:s4JVb2WT0

けど、この日、京子と一緒に帰ることはできなかった

京子から「部活で歓迎パーティーをして貰う」というメールを貰ったからだ

私は悪い予感がしたけど、京子の言葉を信じて、そのまま帰宅した


もしかしたら、この段階で京子を無理やりにでも退部させておけば

京子はあんな目に合わなくて済んだのかもしれない



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:41:54.78 ID:s4JVb2WT0

~翌日~

京子「おっはよ~♪」

結衣「あ、きょ、京子、おはよう……」

京子「結衣、昨日はごめんね、一緒に帰れなくて」

結衣「い、いや、いいよ、部活の歓迎会だったんでしょ?なら仕方ないよ」

京子「うん」

結衣「……」トコトコ

京子「……」テコテコ

結衣「あのさ、京子」

京子「んー?」

結衣「歓迎会、楽しかった?」

京子「あー、うん、まあ、楽しかったよ~、色々為になること教えて貰えたし!」

結衣「そっか……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:44:03.32 ID:s4JVb2WT0

京子「けど、私はまだまだ下手糞だからね、先輩達の足を引っ張らないか、それがちょっと心配だなあ……」

結衣「……京子なら、きっと上手くできるよ」

京子「ん、ありがと、結衣」ニコ

京子「よーし、今日の放課後も、いっぱい頑張るぞー!」

結衣「……うん、頑張って、私も陰ながら応援してるからさ」

京子「おーう!百人力ですなっ!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:45:53.78 ID:s4JVb2WT0

~放課後~


結衣(京子は、昨日と同じ時間に部活に行った……)

結衣(という事は……例の先輩達も……)


ガヤガヤガヤ


結衣(来た……やっぱり、待ちに居同じ時間にここを通るみたいだな……)

結衣(京子はああ言ってたけど……やっぱり、ちょっと気になる……)

結衣(どうせ、京子が部活終わるまで暇なんだから……)

結衣(ちょっと、探偵の真似事でもしようかな)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:51:00.00 ID:s4JVb2WT0

モブA「いやあ、けど昨日の歓迎会は面白かったねえ」

モブB「Aはやり過ぎ、まあ、いい気味だったけど」

モブC「けど、顧問の先生に泣きつかれたら厄介ですよ?」

モブD「そういうCだって、めちゃくちゃ怒ってたじゃん、へたくそーって」クスクス

モブC「だって、事実ですから」クスクス

モブA「あの子、今日も来ると思う?」

モブB「来ると思う、全然目が死んでなかった」

モブC「おー、何処まで頑張れるか楽しみだねえ~」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:56:06.71 ID:s4JVb2WT0

結衣「……」ギリッ

結衣(やっぱり、京子は……苛められてるんじゃないか)

結衣(どうしよう、先生に言った方が……けど、けど証拠はないし)

結衣(中途半端に騒ぎ立てると、京子の立場が……)

結衣(そうだ、京子に証言して貰えば……いや、だめか、京子はそう言う事が出来る子じゃないし)

結衣(いっそ……あの先輩達を脅して、止めさせようか……)

結衣(四人くらいなら、どうとでも……)

結衣(京子を苛めたんだから、それくらい……)

結衣「……」

結衣「いや、それは最後の手段かな」

結衣「……取りあえずは、もう少し様子を見よう……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 22:59:01.92 ID:s4JVb2WT0

~帰路~

京子「ふー、部活やってると、色々と充実しますな!」ノビー

結衣「……そっか」

京子「結衣も何か部活はいればいいのに~」

結衣「私は、いいよ……」

京子「一度しかない青春だよ?もっと積極的に動こうぜ~!」

結衣「……京子」

京子「んー?」

京子「部活、楽しい?」

京子「もっちろん!先輩達はちょっと厳しいけど、その分やりがいがあるしね!」

結衣「……そっか」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:01:57.12 ID:s4JVb2WT0

私は毎日、吹奏楽部の先輩達の会話に耳を澄ませた

先輩達がいじめをしているという決定的な証拠さえあれば、あとは先生達が何とかしてくれる

もし彼女たちが度を越したいじめをするようなら、吹奏楽部に乗り込んで京子を救いだす事も出来る

出来れば、そんな日は来なければいいと思っていた

だって、どちらの結末になったとしても、京子は悲しむだろうから


けれど、先輩達の会話は、日に日に過激になってきていた



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:17:55.69 ID:s4JVb2WT0

~1日目~


モブA「昨日はあの子、夜の7時くらいまでずーっと居残り練習してたらしいよ」クスクス

モブB「命令したのは部長のAでしょ」

モブC「そんだけ練習しても全然楽譜覚えられないんですけどね、笑いました」クスクス

モブD「けど、一生懸命頑張ってる姿はちょっと見なおしたなあ、てっきり冷やかしだと思ってたし」

モブB「ただ馬鹿なだけでしょ」

モブA「そうそう、あー、今日もあの脳天気な顔見ると思うと憂鬱だなあ……」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:18:22.15 ID:s4JVb2WT0

~2日目~

モブA「昨日はびっくりしたねえ、いきなりおやつ持ってくるんだもん」

モブB「まあ、ゴミ箱に捨てたけどね」

モブC「あれ美味しそうだったのになあ……」

モブD「そうだよ、可愛いもんじゃん、気を使ってくれてるんだし」

モブA「あんな安いおやつで機嫌とれると思ってる甘い考えが気にくわないなあ」

モブB「私甘い物嫌いだしね」

モブA「よし、今日はあの子には楽器に触れさせないようにしよっか、流石にそこまでされれば嫌われてるって気付くでしょ」





34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:18:58.31 ID:s4JVb2WT0

~3日目~

モブA「あー、本気でイライラする、何だあいつ、毎日毎日ニコニコニコニコして、精神通ってないのか」

モブB「けどあの子に笑いかけられると何か元気出る」

モブC「ですよね、可愛いですよね」

モブD「昨日も、楽器触れないって言ったのに、凄く頑張って私たちを応援してたしね~」

モブB「キュート」

モブA「いやいや、今日こそはガツンと言ってやるって、もう部活来なくていいよって」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:19:17.54 ID:s4JVb2WT0

~4日目~


モブA「可愛いなあ、あの子、抱っこしてあげたいなあ……」

モブB「こうやって吹くんだよって言ってちゅーしてあげたい」

モブC「いや、チューとか無いです、もっと、こう、お人形さんみたいに着せ替えごっこしてあげたいです」

モブD「変態だ、この人達変態だ、私が守ってあげないと」

モブA「おっと、そろそろあの子が部室についてる時間だ、急ごう!」

「「「おー!!」」」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:23:22.09 ID:s4JVb2WT0

~5日目~


モブA「部長の権限使って今日は深夜の0時まで練習できるようにしたよ!」

モブB「グッジョブ」

モブC「じゃあ、とうとう誰も居ない校舎で吹奏楽部の夜の演奏会を始められるわけですね!」

モブD「楽器はあの子だけどね!」

モブA「ど、どうしよう、わたし、興奮して来ちゃった……」

モブB「部長なんだからへんたい衝動は抑えるべき」

モブC「ああ、けどあの子が可愛い声でひゃんひゃん鳴いてくれると思うと、私も、もう、もう///」ゾクゾク

モブD「けど、無理矢理には駄目だよ?ちゃんと、あの子の方から受け入れるように誘導を……」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:25:55.50 ID:s4JVb2WT0

~深夜~

~吹奏楽部部室~


「え、あの、部長さん、どうして服を……」

「あ、ちょ、やめてください、くすぐったいですってっ///」

「ふあっ、ひゃっ……だ、だめっ……///」

「こ、これも練習って、どんな練習!?」

「ふ、腹式呼吸って……」

「ひっひっ、ふー……ひゃんっ///」

「だ、だめ、気持ち良くて、ちゃんと腹式呼吸できないよぉっ……///」


結衣「そこまでだー!」バーンッ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:28:52.26 ID:s4JVb2WT0

こうして、わたしはいじめの証拠をゲットした

音声データだけでなく、録画データもばっちりだ

これで京子の嬌態……じゃなくて、吹奏楽部のいじめの実態を先生に報告できる


けど、結局、先生に報告する事は無かった

京子が「可哀そうだからやめて」と言ってきたからだ

あんなに苛められてたのに、京子は何て優しいんだろう


だから、私は吹奏楽部を脅迫して二度と京子に近づかせないようにするに留めておいた



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:31:31.77 ID:s4JVb2WT0

~現在~


結衣「……きっと、高校でも、あの時と同じことが……」

綾乃「私は、ちゃんと止めたの、歳納京子に、誘い受け行為は止めなさいって」

綾乃「けど、歳納京子は全然自覚してなくて、だから、だから……」

綾乃「クラスの子達も、我慢できずに、歳納京子に抱きついたりチューしたりひゃんひゃんひゃんと鳴かせたり……」ブツブツ

結衣「綾乃……」

綾乃「私だってしたいのに、中学の頃からずっとしたかったのに……悔しいっ!」ウルッ





54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:42:36.54 ID:s4JVb2WT0

綾乃の姿を見て、私は自覚できた

私は、あの先輩達が京子をひゃんひゃん言わせてるのを見て、羨ましかったのだ

私の手で京子をひゃんひゃん言わせたかったのだ

だから、私は決意した


結衣「綾乃……私、京子と綾乃の高校への編入試験を受けようと思う」

綾乃「え……」

結衣「だから、私と綾乃で、京子を守ろう……」

綾乃「ふ、船見さん……」

結衣「わたし、頑張るから……!」

綾乃「え、ええ……私も手伝うわ!」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:43:55.64 ID:s4JVb2WT0

こうして、翌年の編入試験で私は京子と同じ高校に入ることが出来た

クラスの色んな子からいっぱい触られて弱っていた京子も、私が来た事でちょっとは元気になってくれたみたいで

今では前よりも大きな声でひゃんひゃん鳴いてくれています








60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 23:49:21.85 ID:s4JVb2WT0

手足の包帯はキスマーク隠す為でしたー
モブばっかりですみません―


元スレ
綾乃「いじめは無いわ」