1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:25:59.24 ID:RZjbNqL7O

---765プロ事務所---

ガチャ

真「ただいまー」

美希「あ、真くん!」

春香「おかえりなさい」

美希「でね、ハニーがね……」

春香「えー、プロデューサーさんは……」

真(……またプロデューサーの話してる……)



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:34:08.89 ID:RZjbNqL7O

真「あ、響と貴音さんも居たんだ」

響「おかえり!」

貴音「お疲れ様でした」

響「でな、プロデューサーってば……」

貴音「まあ、そのような……」

真(またプロデューサーの……)

ガチャ

亜美「たっだいま→!」

伊織「んもう!あったまきちゃう!なんであのへっぽこビンビンプロデューサーは来なかったのよ!」

あずさ「しかたないわ、お仕事で千早ちゃんと真美ちゃんについていったんだから」

律子「そうそう、我慢しなさい(ビンビン?)」

真(あっちでもプロデューサーの話……)



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:38:21.16 ID:RZjbNqL7O

真「最近皆プロデューサープロデューサーって、全然話しも出来ないや……」

真「……そういえば、皆前より可愛くなってるような気がする」

真「これはきっと、プロデューサーに秘密があるに違いない!」

真「よーし、ボクもプロデューサーに可愛くしてもらおう!」









---真篇---



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:47:20.49 ID:RZjbNqL7O


ガチャ

千早「ただいま」

真美「たっだいま→!」

P「おい、歩きにくいから二人とも腕に絡まるなって……」

春香「あ、プロデューサーさん!」

美希「ハニー、おかえり!」

響「帰ってきたぞ!」

貴音「お帰りなさいませ、あなた様……」

伊織「ちょっと!アンタが来なかったせいでねぇ……!」

亜美「いいな→真美、亜美も亜美も→!」





真「ち、近付けない……」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:57:30.15 ID:RZjbNqL7O

真「よ、よーし、じゃあ帰る時に……」



P「さて、そろそろ帰るか」

美希「じゃあミキも!」

春香「わ、私も!途中まで一緒に帰りましょう、プロデューサーさん♪」

貴音「春香、あなたは帰る方向が違うでしょう」

千早「ほら、春香は諦めて早く帰って勉強しないと。この前の試験もギリギリだったんでしょ?」

響「じ、じゃあ、春香の代わりに自分が一緒に……」

春香「うー、皆が虐めるぅ~」

P「ははは、まぁ皆気をつけて帰れよ。じゃ、お先に」

ガチャ バタン

真「じゃあボクも帰るね!バイバイ!」

ガチャ バタン

春香「うぅ~…………」

春香「…………」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:02:29.36 ID:RZjbNqL7O

美希「……ハニーに置いてかれたの……」

春香「……ねえ、美希」

美希「なに?」

春香「……ううん、なんでもない!大丈夫だよね、多分……真だし……」

美希「?……変な春香」



---帰り道---

P「今日も疲れた……必要以上に……」

真「プロデューサー!」タッタッタッタッ

P「ま、真!?どうしたんだ?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:08:17.13 ID:RZjbNqL7O

真「プロデューサー、あ、あの……」

P「どうしたんだよ、わざわざ追いかけて来るなんて」

真(ど、どうしよう、なんて言えばいいのか考えてなかった……)

P「なんだ?何か相談か?」

真「えっと、その……」

P「ん?」

真(あーもう、なんか言わなきゃ!何か……!)

P「用がないなら帰りたいんだけど……」

真「ま、待って!」

真(あー!と、とにかく、何か……そうだ!)



真「ぼ、ボクを女にしてください!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:13:39.46 ID:RZjbNqL7O

P「ま、真!いきなり何言って……」

真「い、いやっ、ち、違います!そういう意味じゃなくて!」カァァ

P「そ、そういう意味って……」

真「だから違いますって!」ブンブン

真「あ、あの、ボク、可愛くなりたいんです!」

P「可愛く?」

真「はい!なんだか、最近プロデューサーの近くに居る春香達が可愛くなっている気がして、それでプロデューサーが何かしてるんじゃないかって……」

P「あ、はは……なるほどね……(まぁ、ナニかはしてるけど……)」

真「だから、ボクも可愛くして下さい!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:22:07.40 ID:RZjbNqL7O

P「いや、そう言われてもな……」

真「ボクじゃ無理って事ですか?」ウルッ

P「いや違う!断じて違うぞ!」

真「じゃあ可愛くしてくれるんですね!?」パァァ

P「う、うーん……」

真「よろしくお願いします!」ペコリ

P「……よし、わかった!でも、今日は遅いから、そうだな……来週の月曜からでもいいか?」

真「はい!ありがとうございます、プロデューサー!それじゃさようなら!」タッタッタッタッ



P「はぁ……、とりあえず対策を練るか」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:33:12.74 ID:RZjbNqL7O

~翌日、夜~

---P宅---

P「……という訳なんだ」

美希「へぇ、真くんがねぇ……」

春香「つまり、真も仲間に入れるって事ですよね?」

P「違うって!俺は別に……」

貴音「わたくしは構いません。誰が来ようとあなた様のお側に居ると近いましたから」

伊織「私は、いや……またプロデューサーと二人だけの時間が減っちゃう……」ボソッ

響「じ、自分はプロデューサーがそうしたいなら……」

千早「皆落ち着いて。プロデューサーはそういうつもりではないみたいよ。そうですよね?」

P「あ、ああ。真はただ可愛くなりたいだけなんだ。だから皆協力して、可愛くしてやってくれ」

亜美「まこちんカッコイイもんね→」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:42:01.45 ID:RZjbNqL7O

~数日後、月曜~

---765プロ事務所---

真「おっはよーございまーす!」

小鳥「あら、おはよう真ちゃん。今日は早いのね」

真「だって今日はプロデューサーと……いひひっ」

小鳥「ま、またプロデューサーさん!?もしかして、私乗り遅れてる……?」ピヨッ!?

ガチャ

P「おはようございます」

小鳥「あ、おはよ

真「おはようございます!今日はよろしくお願いします!」

P「ああ、任せておけ」





小鳥「うぅ……」ピヨ…



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:51:31.14 ID:RZjbNqL7O

P「真、一日で変わるなんて事はなかなか難しい。だから、今日から一週間、皆に協力してもらって真を可愛くしていく」

真「皆に……」

P「ああ。まずは、可愛くなる為の基本。お化粧からだな。これは美希に教えてもらうんだけど……」

真「まだ来てませんよ?」

P「……みたいだな。よし、どうせ時間あるし、少し散歩でもしながらこれからの事を詳しく説明するか」

真「はい!」

ガチャ バタン



小鳥「行ってらっしゃ~い……って、もう居ないや……クスン……」ピヨリ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:03:26.04 ID:RZjbNqL7O

---道路---

P「結構今の時間、車通りが多いな」

真「ちょうど通勤とかの人が多いんじゃないですか?それより、これからの一週間の事教えて下さい!」

P「そうだな……」



~回想~

P「つまりは、皆で色々真に教えてほしいんだ」

美希「じゃあ、ミキ、化粧のやり方を教えるね?」

伊織「私は可愛い仕草や動きを教えるわ」

真美「真美達は可愛い服を選んじゃおっかな→」

貴音「わたくしは、可愛いなどとは縁遠いゆえ、ご協力出来そうにありません……」

P「そんな事ないぞ?貴音は十分可愛いよ」

貴音「あなた様……」ズイッ

春香「貴音さん、プロデューサーに近寄りすぎ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:16:13.98 ID:RZjbNqL7O

P「……じゃあ、そんな感じで、皆で真を可愛く仕立てて、最後に皆で『可愛くなった』って言って終了だ」

千早「なんで真の為にそこまでするんですか?」

P「だって、本当の事言うわけにもいかないだろ?こうして上手くやれば真も満足するだろうし」

伊織「仕方ないわね。ま、真が仲間になるよりはマシだわ」

響「伊織、なにもそこまで嫌わなくても……」

伊織「だってそうじゃない!一人増えるだけでプロデューサーのデカマラおちんぽをえろろり伊織ちゃんのぐちゅぐちゅおまんこにじゅぽじゅぽハメハメするチャンスが減るのよ!?」

貴音「水瀬伊織……最近、春香よりもあたなを正す方が困難だと知りました……」

P「と、とにかく!そういう事でよろしく頼むよ……」

~回想終わり~

P(……さ、最後の辺り以外を説明すればいいか)

真「……?プロデューサー?」キョトン

P「あ、ああ、悪い。説明だったな」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:30:05.55 ID:RZjbNqL7O

~説明中~

P「……というスケジュールだ」

真「皆が、ボクの為に……」ウルッ

P「泣くのはまだ早いぞ?全てはこれからなんだから」

真「プロデューサー……はい!ボク、頑張って可愛くなります!」

P「よし、そのいきだ」

真「えへへ……嬉しいなっ」タタタッ

P「おい真、あんまり歩道の端を歩くなよ」

真「大丈夫ですって!これくらい……うわっ!」グラッ

P「真っ!」ダッ ガシッ グイッ

真「わぷっ」ギュッ

P「ったく、だから言ったろ?」ギュゥッ

真「ご、ごめんなさい……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:37:33.22 ID:RZjbNqL7O

P「元気なのはいいけど、そういうところは治していかないとな」ギュッ

真「は、はい……あの、プロデューサー……」カァァ

P「ん?どうした?」ギュッ

真「そ、そろそろ放してほしいかなって……」カァァ

P「あ、わ、悪い!つい……」バッ

真「あ……」

P「すまん、なんか放すタイミング逃した……」

真「いえ……助けてくれてありがとうございました(……ちょっと残念……)」ドキドキ

P「さて、そろそろ美希も来てる頃だし、事務所に戻るか」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:42:40.97 ID:RZjbNqL7O

---765プロ事務所---

ガチャ

P「ただいま~」

美希「あ、ハニー!遅いの!」

P「美希、お前が遅いから少し散歩してたんだよ。な?」

真「は、はい……」カァァ

美希「……?なんか怪しい……、ま、いっか!さ、真くん、ミキがばっちり可愛くなるメイクを教えてあげるの!」

真「よ、よろしくお願いします!」

美希「まっかせてー♪」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:51:36.28 ID:RZjbNqL7O

美希「ここをこうやって、ここはグロスで……」

真「ふんふん、なるほど……」



P「真のやつ、いつに無く真剣だな」

小鳥「女の子はいつでも、より可愛くなりたいと思ってるもんですよ」

P「あ、居たんですか小鳥さん」

小鳥「ひ、酷いですよプロデューサーさん!」ピヨ!

P「冗談ですよ。でも、小鳥さんが女の子って言うと、なんか違和感が……」

小鳥「そ、それってどういう意味ですかぁ……?」ウルッ

P「嘘っ!嘘嘘!冗談ですって!小鳥さんは今でも可愛い女の子です!」

小鳥「え!?そ、それって、つまり……私の事を女の子として

美希「出来たのー!」

P「おお!見せてくれ!」



小鳥「……ま、どうせこんな事だろうと思ってましたよ……」ピヨ…



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:00:22.99 ID:RZjbNqL7O

真「ど、どうですか?プロデューサー……」

P「か、可愛い……」

真「本当ですか!?」パァァ

P「ああ、真、なんか輝いてるよ……」

真「そ、そんなぁ……」テレテレ

美希「ラメ入りのグロスをサッと使って、うるさくないくらいに全体的に薄く化粧してみたの」

P「美希も凄いな。よくやってくれたよ」

美希「ハニー、もっと褒めて褒めて♪」

P「ああ、ありがとうな」ナデナデ

美希「えへへ……」





小鳥「あ、あのー、美希ちゃん?私にもそのやり方教えてほしいなーって……美希ちゃん?聞こえてる?」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:09:51.25 ID:RZjbNqL7O

真「プロデューサー、ボク、今日はずっとこのままがいい!」キラキラ

P「えー、でも今日は特番『今流行りの王子様』って番組の収録が……」

真「えーっ!またそっち系ですかー!?」ヤダー

P「だって、なぁ……仕方ないだろ?化粧のやり方も覚えたんなら、また今度、一人でも出来るだろ?」

真「それは……そう、ですけど……」

P「な、仕事なんだ、我慢してくれよ……」

真「……はい、わかりました……、化粧落としてきます……」トボトボ

P「美希も、もうそろそろ取材の時間じゃないか?」

美希「うん!それじゃ、行ってきます!」チュッ

P「んぷっ!っはぁ、ああ、行ってこい!」



51: あ、私事ですがアイマス2限定版届きました。でもまだ1やってます 2011/11/02(水) 12:17:53.46 ID:RZjbNqL7O

真「化粧落としてきました……」

P「そうか。じゃあ収録に行くか!」

真「あれ?プロデューサー、今日はついて来てくれるんですか?」

P「ああ、今週いっぱいはなるべく真と行動を共にしようと思ってる」

真「本当ですか!?」

P「もちろん。真につきっきりで可愛くしてやるよ」

真「ありがとうございます、プロデューサー!今週はプロデューサーを独占かぁ……いひひっ」

P「ほら、変な事言ってないで早く行くぞ」

真「ま、待って下さいよー!」

ガチャ バタン





小鳥「皆ー!お茶入れまし……た…………誰も居ない……」ピヨ…



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:26:05.30 ID:RZjbNqL7O

P(それから、真を可愛くする作戦が日々続けられた)


---伊織の仕草レッスン---

真「こう?」キャピ?

伊織「こうよ!」キャピ☆

真「あれ?こんな感じ?」キュルンッ

伊織「こうだってば!」キュルリンッ☆

真「何処が違うのさ!」

伊織「全部よ全部!まったく、物覚えが悪いったらありゃしないんだから!」

P「まぁまぁ、落ち着いて……」







57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:32:29.96 ID:RZjbNqL7O

---亜美真美のメチャイケコ→ディネ→ト---

亜美「これど→お?」

真美「こんなんもあるよ→?」

真「こ、こんなフリフリで短いスカートなんて……」

亜美「ほ→ら、こんなブラとかパンツもあるよ?」

真美「す、スケスケだぁ→」カァァ

真「そ、そんなの無理だよー!」

亜美「い→からい→から!」

真美「とりあえず来てみてよ!」

真「うわっ、ふ、二人とも、押さないで!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:39:03.80 ID:RZjbNqL7O

~真試着中~

亜美「ねぇ真美……」

真美「うん、いいねぇ……」

亜美真美「「兄ちゃん!」」

P「お、終わったか?」

亜美真美「「それ→!」」シャーーーッ

真「わっ!ちょっと、ボクまだ着てない……」

P「ま、真、胸……」

真「へ?プロデューサー…………き、きゃぁぁぁぁっ!」バッ

亜美真美「「大成功!」」

ゴチンッ

P「な、何やってんだお前らは!」

亜美真美「「いった→い!」」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:52:57.46 ID:RZjbNqL7O

P(他にも、女の子らしくなるよう、皆から指導してもらい、そして……)

~5日後~
---765プロ事務所---

P「さて、これで可愛くなる作戦終了だ」

真「はい!ありがとうございました!」

P「最後に、皆の前で今までの成果を披露してもらう」

真「じゃあボク……じゃない、私、着替えてきますね!」タッタッタッ

小鳥「真ちゃん、前より断然可愛くなりましたね」

P「はい、皆のおかげですよ」

小鳥「いえ、プロデューサーさんが頑張ったからですよ」

P「そんな……、俺はただ、真の願いを叶えたくて……」

小鳥「いいなー、私もプロデューサーさんにプロデュースしてもら

真「準備できました!」

P「お、じゃあお披露目といきますか」



小鳥「早っ!なんなの!?私嫌われてるの!?」ピヨピヨッ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 13:01:17.44 ID:RZjbNqL7O

真「皆さん、どう、ですか……?」スッ…

皆『おぉー……』

春香「可愛いよ、真!」

千早「見違えたわ」

亜美「まこちん、イケイケじゃん!」

真美「さすが真美達のコ→ディネ→ト!」

美希「お化粧もバッチリなの!」

貴音「言葉遣いもよろしいようですね」

響「うわぁー……とっても可愛いぞ……」

伊織「ま、この私が指導したんだから当然よね!」

P「ああ、とっても可愛いよ、真」



真「皆……プロデューサー……」ウルッ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 13:07:23.62 ID:RZjbNqL7O

真「皆のおかげで、ボク……」ウルウル

伊織「な、何よ、いきなり泣いちゃって……」

千早「ほら、言葉遣いが戻っているわよ」

真「だって、嬉しくて……」クスン

P「真も凄く可愛くなったし、大成功だな!」

皆『おー!』



真「あ、あの、プロデューサー……後で少しお話が……」ボソッ

P「ん?なんだ?帰る時でもいいか?」

真「はい。帰りに下の入口で待ってて下さい」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 13:15:18.79 ID:RZjbNqL7O


---765プロ入口---

真「お待たせしました!」

P「ああ、なんだ、化粧とか着替え戻したのか」

真「はい。あのスカート、短くてヒラヒラしてるので……」

P「で、話って?」

真「その、明後日の日曜、確かプロデューサーもボクもお休みですよね?」

P「まぁ、そうだけど……」

真「……あの!……うー……」

P「どうした?言いにくい事か?」

真「い、いえ!ちゃんと言います!」

真「スゥー……ハァー……スゥー……」



真「日曜日、ボクとデートして下さい!」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:00:29.14 ID:RZjbNqL7O

---駅前---

P「……結局、OKしてしまった……なんでこう、押しに弱いんだろうな」

真「あ、プロデューサー!」タッタッタッタッ

P「おう、真。おはよう」

真「おはようございます!」

P「朝から元気だな。でも、その格好で走ると、その、見えちゃうぞ?」

真「わっ、忘れてたっ」カァァ

P「普段はズボンだもんな。……それ、この前の服だな。あと、化粧も……」

真「はい。一度こういう格好で、女の子らしくデートしてみたかったんです」

P「でも、相手が俺なんかでよかったのか?」

真「いいんですよ!ボクを可愛くしてくれたお礼です!」

真「むしろプロデューサーじゃなきゃだめっていうか……」ボソッ

P「なんだって?最後の方が聞こえなくて……」

真「な、なんでもないです!早く行きましょう!」



84: あ、保守ありがとうございました 2011/11/02(水) 14:06:47.96 ID:RZjbNqL7O

P「で、何処に行くんだ?」

真「あれ?こういうのって大抵男の人が決めるんじゃ……」

P「いや、すまん、特に考えてなかった……」

真「えぇー!そんなぁ……」

P「あ、あのな?普通のありきたりな感じでよければ、あてがあるんだけど……」

真「全然いいです!それでお願いします!」

P「じゃあまず、映画にでも行くか?」

真「いいですね、デートっぽい。行きましょう」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:16:19.44 ID:RZjbNqL7O

---映画館---

P「さて、どれを見る?」

真「あ、あれ!」

[燃えよ!沈黙のキル・マトリックス]

真「…………じゃなくて、あれがいいなぁ……」

[愛と恋空の秒速イズ・ビューティフル]

P「す、凄い恋愛物みたいだな……」

真「やっぱり、こういう時は恋愛映画ですよ」

P「まぁ、いいけどな」

真「さ、行きましょう!」フンス

P「なんでそんな気合い入ってんだよ……」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:25:52.21 ID:RZjbNqL7O

~映画鑑賞中~

タカシ、シナナイデッ!

オレハモウダメダ…

ジャア、サイゴニオモイデヲチョウダイ…

真(こ、ここであれを、手を握るイベントをやっておかなきゃ……)

キヨミ…

タカシ…

真(い、今がチャンスだ!えいっ!)ギユッ

P「!ま、真……?」

真(キャー!握っちゃったー!)カァァ

~10分後~

パンパンパンパン

アンッ、タカシ…

クッ、キヨミ…

真(ど、どうしよ……なんか放すタイミング逃したし、エッチなシーンは長いし、手に汗かいてきたし……)



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:32:39.71 ID:RZjbNqL7O

~映画終了~

真「…………」ポケー

P「な、なんか凄い映画だったな……」

真「……はっ!はい、そう、ですね……」

P「あの……そろそろ手を離してもらえると助かるんだけど……」

真「うわわっ、す、すみません!」バッ

P「いや、いいって」

真「あ、あの……ごめんなさい、手、汗ばんじゃってて、その……」

P「だからいいって、気にすんな」ナデナデ

真「んわっ……、はい……」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:38:10.86 ID:RZjbNqL7O

P「さて、そろそろ昼メシにでもするか」

真「何処に行くんですか?」

P「最近見つけたイタメシ屋にでも行こうかと……」

真「無理しなくていいんですよ?そんなにお洒落じゃなくても、普通の……」

P「じゃあ、行きつけの屋台にでも……」

真「すみません、イタメシ屋で……」

P「ばか、冗談だよ。んじゃこっちだ」




97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:44:16.89 ID:RZjbNqL7O

~食事中~

真「これ、おいしいですよ」

P「こっちのも結構いけるぞ?」

真(はっ!ここは、あーんイベントのチャンス!よ、よし……)

真「……プロデューサー、あーんっ」

P「ま、真……?」

真「あーんっ!」

P「いや、それは……」

真「は、早くしてください!落ちちゃいますよ!」カァァ

P「わ、わかった!」パクッ

真「……どう、ですか?」

P「おお、中々いけるな!」

真「ですよね!(か、間接キス……)」パクッ



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:48:38.96 ID:RZjbNqL7O

P「じゃあこっちのも、あーん」

真「ぷ、プロデューサー!?」

P「ほら、おいしいぞ?」

真「で、でも、その……(これは想定外っ)」

P「ほらほら」

真「い、いただきます!」パクッ

P「どうだ?」

真「お、おいひいれふっ!(味なんてよくわかんないよ……)」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:55:28.88 ID:RZjbNqL7O

カチャンッ

真「あっ……」

P「どうした?」

真「フォーク落としちゃって……」

P「俺が落ちたの拾うから、店員呼んでおいてくれ」

真「はい」

P「さて、フォークは……ブフッ!(ま、真、パンツがまる見え……)」

真「プロデューサー?どうかしたんですか?」

P「あ、いや、その……真、スカートの時はもう少し脚を閉じた方が……」

真「え?……!…………プロデューサーの、エッチ……」カァァ

P「わ、わざとじゃない!不可抗力!不可抗力だって!」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:03:08.87 ID:RZjbNqL7O

---街中---

P「ふぅ……食ったー。さて、次は何処に……」

真「…………」

P「ま、真?まだ怒ってるのか?悪かったって……」

真「いえ、そうじゃなくて……いや、それもまだ許してませんけど!……さっき落とした拍子にソースが服に……」

P「あ、ホントだ……」

真「せっかく、皆に選んでもらった服なのに……」

P「早くしないとシミになるな……、よし、真、服買いに行こう!」

真「え?でも、ボク今日そんなに手持ちが……」

P「買ってやるよ。こういう時くらい、俺に華持たせろよ」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:10:41.17 ID:RZjbNqL7O

---服屋---

真「これなんてどうですか?」

P「悪くないけど、こういうのもいいんじゃないか?」

真「そ、そんな可愛い服、ボクには似合いませんよ……」

P「そんなことないぞ?ほら、これ買ってやるから」

真「そ、そこまで言うなら……」



---服屋前---

アリガトウゴザイマシター

ウィーン

真「あっ!試着してそのまま買えばよかった!」

P「そういやそうだな。仕方ない、コインランドリーで着替えるか」

真「そ、そんなぁ……」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:21:50.96 ID:RZjbNqL7O

---コインランドリー---

真「だ、誰も居ませんよね?」

P「ああ、大丈夫だ。それに俺がガードしといてやるから、隅っこで着替えて」

真「……プロデューサーも見ないで下さいよ?」

P「わ、わかってるって……」

プチッ プチッ プチッ…

シュッ スルッ パサッ

真「んっと……」

P(な、なんか布擦れの音がエロいな……)

ガサガザガサ

P「…………」チラッ

真「な、なかなか開かない……」

P「……スポブラ……」

真「!?み、見ないでってば!」

P「すまん!ついっ!」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:29:10.77 ID:RZjbNqL7O


ゴウンゴウンゴウン…

真「もうっ」プクゥ

P「ご、ごめんって……男のサガなんだよ、こういうの……」

真「……それって、ボクの事、女の子として見てるって事?」

P「当たり前だろ?じゃなきゃ、誰がこんな事……」

真「……んー……じゃあ、許します!」

P「ふぅ……助かるよ。ホント、悪かったな」

真「いいえ、いいんですよ♪」ニコニコ

P「怒ったり笑ったり、ホント女の子はわからないな……」

真「そういうものなんですよ!へへへっ」



115: いつも通り考えながらの不規則投下なんで遅ければ叱咤激励兼ねて保守願います 2011/11/02(水) 15:38:52.02 ID:RZjbNqL7O

P「さて、次は……ゲーセンにでも行くか!」

真「何処でもついて行きますよ♪」



---ゲーセン---

真「凄い大きなゲーセンですね……」

P「だろ?結構お気に入りなんだ」

真「あ、あの人形可愛い!」

P「どれどれ……あ、あのデカイのか……」

真「プロデューサー、取れますか?」

P「あれは取れにくいタイプだけど……よし、俺に任せろ!」

真「さっすがプロデューサー!」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:49:31.66 ID:RZjbNqL7O

P「よっ……ここだっ!」

真「そこっ、もう少し右!」

P「大丈夫だ、ここで。ほら、こっちから見れば……」

真「え?そっち?」ムギュッ

P「ま、真、胸が……」

真「いいから集中して!ほら、早くボタン押さないと!」ムギュッ ムギュッ

P(む、胸押し付けられて集中出来るかぁっ!……ああ、小さくも柔らかい……)

真「ねえプロデューサー、早くっ!」



120: 保守兼ねて叱咤激励の間違いだったし>>116-118が叱咤激励なのかよくわからんしwwwwwthx 2011/11/02(水) 15:55:37.92 ID:RZjbNqL7O

P「なんとか取れた……」

真「ありがとうございます、プロデューサー!」

P「い、いえ、こちらこそ……」

真「……?あ、あれも可愛い!」

P「今度はどれだ?」

真「次は自分でやってみますよ」

P「お、じゃあお手並み拝見といきますか」

真「あ、小銭が無いや……両替してきますね」

P「俺も両替しとくか」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:04:11.70 ID:RZjbNqL7O

真「千円を百円にっと……」

ウィーン… ジャラジャラジャラ

真「よし……あっ」ポロッ

チャリーン コロコロ…

真「百円が隙間に……」

P「取ってやろうか?」

真「いえ、腕の太さ的にプロデューサーじゃ入りませんよ」シャガミ

真「よっ……んっ……あれ、もう少し……」フリフリ

P「……!ま、真っ!見えてる見えてる!」

真「いや、見えてるんですけど、あと少し届かなくて……」ベター フリフリ

P「そ、そうじゃなくて、パンツが!」

真「え?きゃぁっ!うわぁあっ!」バッ ドテーン

P「だ、大丈夫か?」

真「えへへへ……、なんとか」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:10:27.86 ID:RZjbNqL7O

店員「はい、どうぞ」

P「ありがとうございます」

真「初めから店員の人にお願いすればよかった……」

P「まあ、幸い誰にも見られてなかったし……」

真「……プロデューサーに見られた……」クスン

P「あ、ん……すまん」

真「……ふふっ、プロデューサー、今日は謝ってばっかりですね」

P「……そうだな。あはは……」

真「プロデューサーがいやらしいのが悪いんですよ?」

P「そうだな、すまん……あ」

真「あははっ、また謝ってる」

P「参ったな、あははは……」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:23:52.94 ID:RZjbNqL7O

~数時間後~

---駅前---

P「いやー、今日は遊んだなー」

真「今日はありがとうございました。デートに付き合ってくれて」

P「いや、俺の方こそ、真の新しい一面を沢山見れてよかったよ」

真「それって、パンツとかブラの事ですか?」カァァ

P「ち、違っ!そうじゃなくて!」

真「へへっ、冗談ですよ」

P「まったく……そうだ、晩飯はどうする?」

真「えっと……(そうだ!手料理イベントのチャンス!)、プロデューサーの手料理が食べたいです!」

P「……え?」

真(……あ、逆だった……)



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:33:38.76 ID:RZjbNqL7O

---スーパー---

P「えっと、肉と野菜と……」

真「すみませんプロデューサー、無理言って……」

P「いや、いいんだよ。俺もそれなりに料理は得意なんだ」

真「そうなんですか?なんか意外だなぁ……」

P「何か嫌いなものとかあるか?」

真「いえ、…………えへへ、なんかこうしてると、新婚さんみたいですね」

P「そうか?どちらかというと兄弟だろうな」

真「……それって、ボクが弟って事ですか?」

P「そんなわけないだろ?こんな可愛い男が居てたまるか」

真「……えへへっ、プロデューサー♪」ギュッ

P「うわっ、腕に絡みつくなって!」

真「いいじゃないですか♪」



141: 今回の書く為に17話先に見た…… 2011/11/02(水) 16:49:28.37 ID:RZjbNqL7O

---P宅---

P「適当にくつろいでいてくれ」

真「手伝いますよ?」

P「そ、そうか?なら、頼もうかな……」

真「はい、頑張ります!」

P「じゃあまず、ネギ切ってくれ」

真「はい!」

P「じゃあ俺は肉を……」


…………

真「終わりました」

P「なら次は……痛っ!」

真「大丈夫ですか!?」

P「あ、ああ、少し切っただけだ……」




146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:56:36.04 ID:RZjbNqL7O

真「ゆ、指から血が……」

P「大丈夫だって……」

真「指、貸して下さい」パクッ

P「ま、真っ」

真「ちゅっ……ちゅぱっ……」レロ チューチュー

真「っぷはっ、あとは、絆創膏を……」

P「あ、ああ、そうだな……」タタタッ



P「やべっ、少し勃った……」



148: >>144ごめんね、ずっと見てくれてる人だよね、でもりっちゃんまだまだなんだ…… 2011/11/02(水) 17:01:12.93 ID:RZjbNqL7O

~30分後~

P「さて、なんとか出来たな」

真「これ、なんて料理なんですか?」

P「んー、わからん」

真「えぇ!?」

P「あえて言うなら肉野菜炒め?」

真「そ、そのまんまだ……」

P「まぁ美味ければいいじゃないか」

真「そうですね。じゃ、いただきます!」





152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:10:59.99 ID:RZjbNqL7O

~食後~

P「ふぅ……腹いっぱいだ」

真「ごちそうさまでした。ホントに美味しかったですね」

P「だろ?……さて、外もだいぶ暗くなってきたし、送って行くよ」

真「え、えっと……もう少しお邪魔しちゃダメですか?」

P「でも……」

真「お願いします!」

P「…………遅くならない程度にな」

真「ありがとうございます、プロデューサー!」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:19:14.45 ID:RZjbNqL7O

テレビ「アハハハハハ…」

P「はははっ、いいなこれ……」

真(ど、どうしよう……まだやってない乙女イベントが結構残ってるや……)

真(お姫様抱っこでしょ?ラブラブストローでジュースを飲むでしょ?あと……き、きき、キス、とか……)

P「真?どうした、黙りこくって。眠くなったか?」

真(キス、かぁ……ぷ、プロデューサーと!?……プロデューサーと、キス……)

P「真?……真って!」

真「キス!!…………はっ!」カァァ

P「真……大丈夫か?」

真「あははははは、大丈夫!大丈夫です!」カァァ



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:28:36.33 ID:RZjbNqL7O

P「さぁ、もうだいぶ遅いから、そろそろ

真「プロデューサー!」ドンッ

ドシンッ

P「いっつつつ……、ま、真、どうしたん……だ……(ま、また押し倒されてる……)」

真「プロデューサー……最後に、キス……して下さい……」カァァ

P「い、いや、それは好きな人の為に取っておいた方が……」

真「好きです!…………プロデューサーが、好き、です……」

P「な、なんで俺なんか……」

真「だって!……ボクを女の子だって……ちゃんと、女の子として扱ってくれたじゃないですか……」

P「そりゃ、真は女の子だから……」

真「皆、そんな風には見てくれないんですよ。仕事もイケメン関係ばかりじゃないですか……」

P「た、確かにそうだけど……」



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:38:00.09 ID:RZjbNqL7O

真「だから、プロデューサー、お願いします……」

P「ま、待った!俺は!……俺を好きになっちゃいけないんだ……」

真「なんでですか!?アイドルとプロデューサーだから!?そんなの関係ないですよ!ボク、プロデューサーと一緒になれるなら、アイドルなんて……」

P「ダメだ!……ダメだろ、そんな簡単に……、それに、それだけじゃないんだ……」

真「え?……まさか、もう付き合ってる人が……」

P「まぁ、ある意味そんなとこかな……」

真「誰、なんですか?765プロの誰かなんですよね?春香?美希?」

P「いや、えっと……」



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:48:23.55 ID:RZjbNqL7O

真「誰と付き合ってるか教えてくれたら、スッパリ諦めます。だから、教えて下さい、プロデューサー!」

P「いや、ん……はぁ、どうしたものか……」

P「…………わかった。これから話す事は他言無用だ。その上で、真実を伝える。いいか?」

真「……はいっ」ゴクリッ



~説明中~



P「……と、いう事なんだ」

真「そ、そんな……皆が、プロデューサーと……」

P「失望しただろ?軽蔑しただろ?……俺は、真が望んでいるような、白馬の王子様じゃ、ないんだ……」

真「……いやだ……せっかく、見つけたのに……いやだよぅ……」ポロ ポロ

P「真……」

真「うわぁぁぁぁぁぁっ!」ダッ ガチャッ バタンッ

P「真っ!」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:59:44.58 ID:RZjbNqL7O

P「……すまない、真……」

P「嘘、ついとけばよかったかな……」

P「……いや、なんかの拍子に知った時、今以上に絶望させるだけだ」

P「……明日の準備、するか……」



~1時間後~

P「…………ちゃんと帰った、よな……?」

P「…………出るかな」ピッピッ

プルルルルルル プルルルルルル プルルルルルル プルルル チャッ

P「ま、真!……あの、帰った、か?」

真「…………」

P「ま、真……?」

真「……まだ外、です……」



191: ちょいミス、適当に脳内補完よろ 2011/11/02(水) 18:13:26.09 ID:RZjbNqL7O

P「今、何処に居るんだ?」

電話『……わかりません……適当に走ってきたから……』

P「そこから何が見える?」

電話『……なんか、凄くピカピカしてて、色んな看板があって……』

P「ピカピカ……看板……まさか、飲み屋街にいるんじゃ……!」

電話『……もう、放っておいて下さいよ!どうせボクは、女の子として幸せになんてなれないんですから!』

P「そ、そんな事は……」

電話『……グスッ……ヒック……』

電話『……ヘイラーメンイッチョウッ!……』

P「真……(この声、やっぱりあの辺りか!)」

電話『とにかく、今は一人にしてください!』プツッ ツー ツー

P「ま、真!……まずいぞ……あの辺り、今の時間は治安がすこぶる悪い……」



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 18:22:39.41 ID:RZjbNqL7O

P「真に限って何かあるとは思えないが、何かあってからじゃ遅い……!」ダッ

ガチャッ バタンッ



---飲み屋街---

真「……グスッ……うぅ~……」グシグシ

屋台のおやじ「おっ、嬢ちゃん一人かい?ここらは危ないから、さっさと帰んな!」

酔っ払い「そうそう、おじちゃんみたいのに襲われちゃうよ~?」ウィック

おやじ「ほら、馬鹿言ってねぇでさっさと食いな!へいラーメンお待ち!」ドンッ

酔っ払い「おぉ~きたきた、いっただっきまぁす~」

おやじ「嬢ちゃんも一杯どうだ……って、もう居ねえや……」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 18:32:25.72 ID:RZjbNqL7O

真「……グスッ……クスン……」ドンッ

ヤンキーA「って!ってーなごるぁ!」

真「……クスン……」スタスタ

ヤンキーA「てんめぇ!ぶつかっといて無視してんじゃねえぞごるぁぁ!」ガシッ

真「なんだよ!うるさいなもう!」ガシッ クルン ドゴォッ

ヤンキーA「!!?」ガクッ ドスン…

ヤンキーB「や、ヤンキーA!」

ヤンキーC「い、一撃で沈んだ……」

真「……うぅ……グスッ……」スタスタ

ヤンキーB「ち、ちょっと待ちな!こんなことしといてただで済むと思うなよ!」

ヤンキーC「ちょいと面貸しな……」

真「グスッ…………いいよ、ちょうどムカついてたんだ。相手になってやる!」



211: 勝手に社長入れんなwwwwwそっちのケはねぇよwwwwwでも、涼ちんちんなら… 2011/11/02(水) 18:38:23.62 ID:RZjbNqL7O

---路地裏---

真「さあ、こい!」

ヤンキーB「そんじゃあ相手してもらおうか……」

ヤンキーD「お、なんだ?」

ヤンキーE「こいつが今日の獲物か?」

ゾロゾロ

真「嘘……10人どころじゃない……」

ヤンキーC「さっきのを見てるからなぁ、仲間をよんでおいた」

真「くっ!卑怯だぞ!」



218: >>212そんな時にまでありがとう。金曜まではあるかもね? 2011/11/02(水) 18:50:03.14 ID:RZjbNqL7O

真「はあっ!」ゴッ

ヤンキーE「ぐぇぁっ!」ドスン

真「てやぁっ!」ドガッ

ヤンキーM「はぁんっ!」ドシーン

真「ほあたぁっっ!」ビシィッ

ヤンキーJ「ひでぶっ!」ピキィーッ



真「はぁ、はぁ、た、倒しても倒してもキリがない……」

ヤンキーB「おら、どうした?バテてきたのか?」

真「くっ……まだまだぁっ!」ダッ



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 18:57:50.31 ID:RZjbNqL7O

真「ったあっ!」ブンッ

ヤンキーO「うおっ、危ねっ」スッ

真「は、外した!?」

ヤンキーC「どうやら疲れてきたみたいだな」

真「そ、そんなこと……」

ヤンキーQ「コソー……捕まえたっ!」ガシッ

真「なっ!?は、離せよっ!」ブンブン

ヤンキーO「今だっ!」ガスッ

真「ぐっ!」

ヤンキーB「今だ!全員でかかれ!」

ヤンキー達『うおぉぉぉ!』

真「くっ、くそぉっ!」



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 19:05:01.35 ID:RZjbNqL7O

~一方その頃、Pは……~

ブロロロッ キィッ ガチャッバタンッ

P「着いた!あの屋台は……あった!」

おやじ「おう兄ちゃん、この前はすまなかったな」

P「いえ、その事より……」

おやじ「女の子の事か?それならしばらく前にあっちの方に行っちまったみたいだぜ」

P「な、なんでその事を……」

おやじ「兄ちゃんが血相変えて来たんだ、どうせそんなこったろうと思ってな!」

P「……ありがとう、恩に着ます!」ダッ

おやじ「……へっ、これだからモテんだろうよ」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 19:13:39.61 ID:RZjbNqL7O

---再び路地裏---

ガシッ ドカッ

真「あぐっ!ぐほっ!」

ヤンキーK「おら、もっと苦しめよ!」ドゴッ

真「ぐあっ!……くそっ!」ヒュッ

ヤンキーK「おっと」ガシッ

真「あ、足を離せよ!」

ヤンキーH「へっへっへ、いい眺めだなぁ」

真「み、見るなぁぁっ!!」カァァ

ヤンキーC「なんだ、狂暴なくせに、こういうのは恥ずかしいんだな!」

ヤンキー達『はっはっはっはっ!!』

真「や、やめろ!……やめろよぉ……」ポロポロ



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 19:21:59.46 ID:RZjbNqL7O

ヤンキーT「お前、そっちの足持てよ」ガシッ

ヤンキーH「ふひひっ、たまんねぇな……」ガシッ

真「やっ、やめっ……グスッ……」ジタバタ

ヤンキーH「さーて、ご開張~」グイッ

真「やめっ……パンツ見えちゃうっ……」

ヤンキーH「パンツだけじゃすまねぇよっ、ふひひっ」

真「ぐっ……くそぉっ……こんな奴らに……」



真「助けて……助けてよぉ…………プロデューサー!!」



247: >>233噴いたわ馬鹿wwwwww 2011/11/02(水) 19:30:17.67 ID:RZjbNqL7O


オマワリサン、コッチデス!

ハヤクハヤク!

ヤンキーB「チッ、誰か通報しやがったか……ずらかれっ!」

ヤンキーH「B、この女は!?」

ヤンキーB「うるせえ!急がねえと捕まんぞ!」ダッ

ヤンキーH「ま、待てよ!」ダッ

ダダダダダダダダ……



真「ふぁ……?……た、助かった……?」

P「真っ!!」タッタッタッタッ

真「プロ、デューサー……?」

P「真、大丈夫か?……怪我してるじゃないか!」

真「プロデューサー……どうしてここに……?」



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 19:38:49.02 ID:RZjbNqL7O

P「電話でだいたい場所がわかったからな、急いで来てよかったよ」

真「あれ?お巡りさんは……?」

P「あんなの狂言だ。あいつらが馬鹿でよかった、あんな古典的な手に引っ掛かるなんて……」

真「プロデューサー、ボクは……」

P「真っ!」ギュッ

真「プロデューサー……」

P「すまなかった……こんな事になるなんて……、でも、嘘はつきたくなかったんだ、許してくれ……」

真「……ううん、ボクの方こそごめんなさい。勝手に混乱して、飛び出して……ボクが、いけないんだ……」

P「いや、それでも……すまない」

真「っへへ……やっぱり、プロデューサー、今日は謝ってばっかりだね……」

P「そう……だな…………すまん」

真「ほら、また……」



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 19:47:04.20 ID:RZjbNqL7O

P「……さて、そろそろ帰らないと、親御さんも心配してるんじゃないか?」

真「それは大丈夫ですよ。今日は友達の家でお泊り勉強会って事にしてるんで」

P「こいつ……、この不良娘め」コツン

真「へへへっ……、もう帰れる時間じゃないし、出来れば泊めて欲しいなー、なんて……」

P「お前なぁ……、はぁ、わかったよ。今日だけ泊めてやる」

真「へへっ、やっりぃ~」

P「じゃ、帰るとするか。よいしょっと……」ギュッ スタッ

真「えっ!?ぷ、プロデューサー!?(こ、これって、お姫様抱っこ!?)」




260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 19:53:38.33 ID:RZjbNqL7O

P「だって、怪我してんだろ?ならこうするしかないじゃないか」

真「い、いや、怪我はそんな……(普通に歩けるけど、でもせっかくだし……)」

P「ん?どした?」

真「……いえ、お願い、します……」



---飲み屋街---

ミテアレ

オヒメサマダッコシテルゼ

ナンダ、カップルカヨシネ

真「や、やっぱり恥ずかしいから降ろして下さい!」バタバタ

P「んー?聞こえないなぁー?」

真「もうっ、プロデューサーの意地悪!」カァァ



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 20:04:46.12 ID:RZjbNqL7O

ブロロロロロ…

---車内---

真「あー恥ずかしかった……」

P「なんだよ、嫌だったか?」

真「嫌じゃ……なかったけど……」

P「じゃあいいじゃないか。恥ずかしがる真も可愛かったよ」

真「可愛い……だったら…………それでもやっぱり意地悪だっ」

P「あはは、ホントだぞ?」

真「もう…………、夜景、綺麗……」

P「そうだな…………、でも、夜景は遠くから眺めてるだけで十分だ。だろ?」

真「そうですね……近付けば危ない事もある、って事ですね」

P「そういう事だ」

真「……プロデューサー、そこにちょっと停めて下さい」



296: 保守ありがとうございました相変わらず遅めなので危なかったら保守お願いします 2011/11/02(水) 20:36:05.51 ID:RZjbNqL7O

---道端---

真「んーっ!夜の空気ってなんかいいな……」

P「どうしたんだ?」

真「なんか、少しプロデューサーとお話したくて……」

P「そうか……」

真「……プロデューサー、皆と、その……付き合ってる、んですよね?」

P「……まぁ、そうなる……のかな?」

真「それは、プロデューサーから……?」

P「い、いや、自分から行った事は……そういや無いな……」

真「じゃあ、皆がプロデューサーの事を……」

P「ん、まぁ……そうなるのかな……」



302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 20:46:06.02 ID:RZjbNqL7O

真「プロデューサーは、なんで皆と付き合ってるんですか?」

P「それは、まぁ…………俺が優柔不断だからだ。どんな言い訳をしても、結局原因はそこだ」

真「プロデューサー…………、でも、皆幸せ、なんですよね?」

P「それは……皆に聞いてみないとな」

真「聞かなくてもわかります。だって、最近皆可愛くなってたから」

P「そうか……だったら嬉しいな……」

真「絶対そうですよ、ふふっ…………やっぱり、プロデューサーはボクの王子様だ」

P「真……?」

真「だって、ちゃんとピンチの時、助けに来てくれたじゃないですか」



306: >>299どんだけお仕置きしてもご褒美にしかなんねぇ 2011/11/02(水) 20:51:21.97 ID:RZjbNqL7O

P「いや、でもなんか情けない助け方だったしな……」

真「いいんですよ、そんなの。助けに来てくれた。それだけで十分です!」

P「そんなもんか?」

真「そんなもんです!」



真「……改めて言います。ボクは、プロデューサーがどんな人だろうと、」









真「プロデューサーが大好きです!」ニコッ









314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 20:59:04.93 ID:RZjbNqL7O

P「真…………でも、俺は……」

真「言ったはずですよ、プロデューサー。どんな人だろうとって!」

P「…………」

真「あ、あの、それで返事は……」カァァ

P「え?あ、ああ……、その、真さえよければ……あ、でも、皆とも話さないと……」

真「それはつまり、OKって事ですよね!?」

P「ま、まぁ……」

真「……ぃやったぁぁぁっ!!」ピョーン

P「ま、真?」

真「つ、ついに……ついに彼氏が出来たっ!しかも最高のっ!」

P「あ、いや、そんな、俺は……」

真「なんですか?プロデューサーと言えどプロデューサーの悪口は許しませんよ?」

P「な、なんかそれおかしくないか?」



320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 21:07:15.53 ID:RZjbNqL7O

真「やっぱり、ボクだけの王子様って居たんだなぁ~……」ポワーン

P「ま、真?」

真「あ、でもボクだけのじゃなくて、皆の王子様か……うーん、まあいっか!それだけ魅力的って事だし……」

P「おーい、真ー、帰ってこーい」

真「あ、そうだ!プロデューサー!…………目、つぶって下さい」

P「真……」

真「早くして下さい!」

P「あのな真、普通女の子の方が目をつぶるんだぞ?」

真「えっ?あ……」カァァ

P「ほら、目つぶって……」

真「……うん……」




チュッ





330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 21:22:38.75 ID:RZjbNqL7O

---P宅---

P「さて、夜も遅いしもう寝るか」

真「あ、あの!プロデューサー!」

P「ん?どうした?ベッドは真が使ってくれ。俺は床で……」

真「そうじゃなくて……その、しないんですか?…………エッチな事……」

P「なっ、い、いや、俺は別に……」

真「だって、皆とはしたんですよね?……やっぱり、ボクは男みたいだから、そういう事したくないんだ……」

P「そんなわけないだろ!?真は十分可愛いって!」

真「じゃあ、ボクにも……」

P「こういうのは、大切にだな……」



335: >>328ホントだ……これただのエロSSなのに本番無いとか終わってる…… 2011/11/02(水) 21:30:28.90 ID:RZjbNqL7O

真「今じゃなきゃいつするんですか!?明日からはまた、皆に囲まれて、中々近付けない日々が……」

P「あー、まぁ、確かに……」

真「多分、今以外に良いタイミングなんて無いと思うんです……だから!」

P「……真は良いんだな?」

真「あ、当たり前です!大好きな人に初めてをあげられるなんて、最高ですよ!」カァァ

P「……言ってて恥ずかしいなら無理してテンション上げて言わなくていいぞ」

真「……うぅ……」



347: なんか特殊性癖考えてたけど思いつかなかったんで普通に 2011/11/02(水) 21:41:33.08 ID:RZjbNqL7O

真「と、とにかく!ボクは!……したい……です……」

P「そうか……、真ってけっこうエッチだったんだな」

真「そ、そそ、そんなこと!」カァァ

P「だって、そんなにしたいんだろ?」

真「いや、違っ……わない、です、けど……」

P「ははっ、可愛いな、真は……」チュッ

真「んむっ!…………んっ」

チュッ…チュルッ…レロ…




349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 21:47:44.76 ID:RZjbNqL7O


チュッ…チュパッ…チュポン

真「んはぁっ……はぁ……はぁ……」トローン

P「真、これが大人のキスだ」

真「はぁ……大人の……」

P「真、脱がすぞ……」

真「やっ、は、恥ずかしいですよ……」

P「でも、脱がさないと出来ないしな……」

プチッ プチッ スルスル…パサッ

真「ぷ、プロデューサー……なんか脱がし慣れてる……」

P「そうか?」

ジィィィィッ スルッ パサッ



354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 21:53:25.05 ID:RZjbNqL7O

P「ほら、ブラも脱がすぞ」

真「いやっ、やっぱり恥ずかしいよっ!」

P「でもなぁ……」

真「い、いいんです。どうせボクなんて、ブラだってスポブラだし、上下ともグレーで色気も無いし、どうせ……」ズーン

P「なんか落ち込んじゃったよ…………。真、そんなことないぞ?」

真「クスン……プロデューサー?」

P「恥ずかしいなら、そのままするか?」

真「で、できるんですか?」

P「まぁ任せとけって」



360: エロ無しも考えたけど、それだとこのSSのアイデンティティーが…… 2011/11/02(水) 22:01:28.40 ID:RZjbNqL7O

P「じゃあ、ここに座って」ポンポン

真「プロデューサーの膝の上ですか?……し、失礼します」カチコチ

P「そんな緊張するなって。……じゃあ、触っていくぞ」

真「お、お願いしますっ」

P「まずは胸……」スッ サワッ

真「っ!」ピクッ

サワサワ むにっ むにっ

真「んっ!……ふぁっ……!」



366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 22:07:12.65 ID:RZjbNqL7O


むにむにっ サワッ

真「んんっ!……うぅ……」

スッ スルッ

真「わっ!ぷ、プロデューサー、手が中にっ!」

P「直接触るぞ」

もにゅ もにゅ むにっ

真「ふあぁぁっ!ああっ!」

もにゅ クリッ

真「ダメっ!そ、そこぉっ!」

クリッ クリッ

真「ダメ、だってばぁっ!」



375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 22:15:13.05 ID:RZjbNqL7O


クリッ クリクリッ もにゅっ

真「だ、だめっ!おかしくなるっ!」ビクンッ

P「そろそろ下もいいかな……」クチュ

真「んいっ!?やっ!そこはぁっ!」

P「すごいな、パンツの上からでも濡れてるのがわかるよ」ヌチッ ツー

真「やだっ、見せないでよぉ……」カァァ

P「もっと気持ち良くしてあげるよ」クチュ ヌチャ

もにゅ クリクリ

真「ダメっ!一緒はダメぇっ!」



381: >>368ふぅ……、もう皆これで抜いとけばいいんじゃね? 2011/11/02(水) 22:25:14.46 ID:RZjbNqL7O


真「ひぁっ!ぷ、プロデューサっ、な、なんか、くるよぉっ!!」ビクンッ

P「そのままイっちゃいな」クチュ グチュ

クリクリクリッ

真「わぁぁぁぁぁぁぁっ!!」ピーンッ ビクッ ビクンッ ビクンッ



真「はぁ……はぁ……はぁ……んっ……はぁ……」

P「真、大丈夫か?」

真「らい……んんっ、大丈夫、です……」

P「じゃあ続き、してもいいか?」

真「はい……」トローン



387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 22:34:40.52 ID:RZjbNqL7O

P「やっぱり脱がないのか?」

真「こ、このままお願いします……」

P「……わかったよ。じゃあ、ずらすぞ」スッ

真「はいっ……んっ……(プロデューサーの指が、あそこに触れたっ……)」

P「……真、入れるぞ」

真「はいっ……来て、下さいっ」

チュプッ ズプププ

真「うあっ!……は、入ってきた……」

ズプププ

真「ま、まだ入ってきてるよぉ……」



390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 22:39:58.40 ID:RZjbNqL7O


ズプッ

真「ん!……は、入っ、たぁ……」

P「真、痛くないか?」

真「っへへ……、結構、大丈夫みたいです……」

P「そうか……じゃあ動くぞ」

ズプッ ズプッ ズプッ

真「あっ、あっ、あっ……」

ズプッ ズプッ ズプッ

真「な、なんかっ、これっ、ふわふわ、するっ」



398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 22:47:06.74 ID:RZjbNqL7O


ジュプッ ジュプッ ジュプッ

真「あっ、あっ、んっ、も、もっとっ!」

P「ああ、わかった」

ジュプッジュプッジュプッ

真「あっあっあっこれっいいっ!」

P「なんだ、やっぱり真はエッチな子じゃないか」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

真「ご、ごめんなさっプロデューサっボクっエッチだっあっ!」

P「じゃあ本気で行くか……!」

ジュプジュプジュプジュプ

真「あっあっあっだっだめっ壊れるっ!壊れるよぉっ!!」



406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 22:55:01.66 ID:RZjbNqL7O


ジュプッジュプッジュプッジュプッジュプッジュプッ

真「あっあっぼっボクっまたっ!」

P「俺も、もう……」

真「ぷっプロデュっああっああああっ!」ビクンッ キュゥッ

P「締め付けが……くっ!」

ビューーーーッ ビューーッ ビュルルッ

真「ふぁっ!ああっ!ああああぁぁぁぁっ!!!」ビクッビクッビクンッ



P「ま、真……大丈夫か?」

真「へへへ……プロデューサー……もう一回……」コプゥ ドロォ

P「……ホントにエッチな奴だったとは……」

真「なんか、癖になっちゃいそう……へへへ……」トロッ



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 23:04:50.29 ID:RZjbNqL7O

P「はぁ……結局何回やったんだ……?真は10回はイッてたな……」

真「クゥ……クゥ……」

P「まったく、気持ち良さそうに眠りやがって……」ナデナデ

真「んん……クゥ……」

P「さて……また春香達に報告しとかなきゃな……」

P「ははっ……ほんと、どうしてこうなったんだよ……」

P「……ふぅ、俺も寝るか……」

P「おやすみ、真……」



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 23:13:28.76 ID:RZjbNqL7O

~翌朝~

P「さあ、そろそろ事務所行くぞ」

真「…………プロデューサー、ボク、もっと……」

P「ん?なんだ?」

真「可愛くなりたいな」

P「真……。可愛いよ。真は十分可愛い。俺が保障する」

真「そうじゃないんです。もっと可愛くなって、他の皆よりプロデューサーに好きになって欲しいなって……」

P「真……」

真「ほら、早く行かないと遅れますよ!プロデューサー!」








---真篇、完---



507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 02:19:53.50 ID:zj/35me9O


[10月31日]

---P宅---

P「さて、今日はお休みだし、久々に羽を伸ばして!…………二度寝するか」

ピンポ→ン

P「……そして狙ったかのようなチャイム、か……嫌な予感しかしないが……」タ タ タ

ガチャ

P「はいはいどなたさ



亜美真美「「兄ちゃん!トリックアンドトリ→ト!」」







---ハロウィン篇---



513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 02:31:28.76 ID:zj/35me9O

P「なんだ、亜美と真美か……」

亜美「なんだとはご挨拶だね→兄ちゃん」

真美「そだよ→、せっかく二人で仮装して来てあげたのに→」

P「それ仮装なのか?どちらかというとコスプレのような……」

真美「まぁい→じゃん。似合ってるっしょ?」

亜美「どうどう?二人とも小悪魔系で揃えてみました☆」

P「まぁ似合ってはいるけど、ピッチリしたミニスカに短いタンクトップにマントって……まんま小悪魔だな」

亜美「ヤリもあるよん」

真美「刺しちゃうぞ→」

P「あと、トリック”アンド”トリート、じゃなくて、トリック”オア”トリートな。なんでお菓子あげた上で悪戯されなあかんねん」ビシッ

亜美「おおう、関西風ツッコミ!」

真美「ほら、違うって言ったじゃん」



515: >>511この前ガキ共とハロウィンイベントやったから覚えてる 2011/11/03(木) 02:41:11.27 ID:zj/35me9O

P「ところで、お前達その格好でここまで来たのか?」

亜美「そだよ?」

P「……注目されなかったか?」

真美「メチャメチャ見られてました!」カァァ

P「はぁ……そりゃそうだろう……。帰りは送ってくよ」

亜美「ちなみにこの角カチューシャとマントは100円ショップで買ったよ→」

P「んなこた聞いてねぇよ!」

真美「まぁいいや、それより兄ちゃん、」

亜美真美「「お菓子ちょ→だい!」」

P「……やっぱそう来るのか」




518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 02:46:43.77 ID:zj/35me9O

P「何かあったかなー、と……」ガサゴソ

亜美「わくわく」

真美「どきどき」

P「お、あったあった」

P「ほい、揚げ煎餅」

亜美「え→!」

真美「お煎餅……」

P「だ、だって仕方ないだろ!?急に来るもんだから……」

亜美「亜美、チョコレートがよかったな→」バリバリ

真美「真美、クッキー食べたかった……」ボリボリ

P「あ、文句言いながらも食べるんだ……」



520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 02:53:28.23 ID:zj/35me9O

真美「さて、お菓子も貰ったし」

亜美「もう兄ちゃんには用はない!って事で……」

亜美真美「「兄ちゃんを食べちゃうぞ→!」」ガバッ

P「うわっ、お前らっ」

ズルッ

亜美「兄ちゃんの棒キャンディ発見!」

真美「亜美、まだ柔らかいよ?」プニプニ

亜美「これから棒になるからい→の!」パクッ

P「うっ、や、やめろっての!」

亜美「ん?ふぁんへ?」

P「く、くわえながら喋んな!」



523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:01:03.50 ID:zj/35me9O

亜美「ん……んむ……」レロレロ チュプ

真美「あ→、真美も→!」はむっ

P「ま、真美、そこはタマ……」

真美「んー……れろっ……」レロレロ コロコロ

亜美「んむ……っぷは、お→、棒キャンディ……」

真美「っぷう……お→、ホントだ……」

亜美「じゃあ二人で」

真美「舐め舐めしよ→」

チロチロ レロレロ チュッ

亜美「ぺろっ……ん……ちゅ……」

真美「んちゅ……れろ……ぺろ……」

P「ぐっ……この、小悪魔どもめ……」



525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:06:46.27 ID:zj/35me9O

P「あ、亜美、真美、そろそろ……」

亜美「ん……よ→し……れろれろっ」

真美「んむ……ちゅちゅ……ぺろっぺろっ……」

P「……出るっ!」

ビューーッ ビュッ ビュルッ

亜美「出た→!」

真美「きゃん!」

P「はぁ……ふぅ…………」

真美「髪ベトベト→……」

亜美「沢山出たね→、顔中せーえきだらけだよ→」



527: Pが早いのは若干時を飛ばしてたり飛ばしてなかったり…… 2011/11/03(木) 03:15:27.28 ID:zj/35me9O

亜美「じゃあ次はっと……」ヌギヌギ

P「ま、まだやるのか……」

亜美「あったりまえ→!せっかくの衣装だしね。ほら、パンツだけ脱いだよ→」クパァ

P「わ、わかった、わかったから見せ付けるな……」

亜美「うしししし……じゃあ入れるよ?」ツプッ

P「いきなりかよ……」

ズプププッ

亜美「んはっ……はぁ……入ったぁ……」

P「やっぱ、キツいな……」

真美「兄ちゃん、真美の、舐めて……?」ピラッ

P「ま、真美、いつの間にパンツ脱いっぷ」



528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:21:50.28 ID:zj/35me9O


ジュプッジュプッジュプッ

亜美「んっ、あっ、あっ、擦れて、気持ちい→!」

P「れろれろ……ちゅ……ぺろっ……」

真美「に、兄ちゃ、鼻息、くすぐったい……」

ジュプッジュプッジュプッ

亜美「兄ちゃん、んっ、兄ちゃん!」

真美「ああっ、んっ、いいよぅ……」

P「れろっ……ぷはっ……くっ……」



529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:27:19.40 ID:zj/35me9O


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「ぺろっ……くっ、亜美、真美、もう……!」

亜美「んっあっ亜美もっ!」

真美「兄ちゃんっ真美もっ!」

P「うぅっ……!」

ビュルルルッ ビュルルッ

亜美「ふあぁぁぁっ!」ビクンッ

真美「んんん~~っ!!」ビクッビクッ



…………



真美「次は真美が亜美と交代ね」

P「げ、まだやるのか……」

真美「だって、兄ちゃん……」ウルウル



531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:33:11.12 ID:zj/35me9O

ブロロロロ…

---車内---

P「結局、ホントにトリックアンドトリートになってしまった……」

亜美「い→じゃんい→じゃん!気持ちよかったんだし→!」

真美「兄ちゃん、いつもより凄かった……」

P「べ、別にコスプレ好きって訳じゃないからな!」

亜美「あれれ→?誰もそんなことは言ってませんぞ→?」

P「くっ……墓穴掘ったか……!」

真美「あ、そうそう、今日中に皆も来るみたいだから、お菓子用意しといた方がいいよ→」

P「皆って……マジか……」



535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:38:42.95 ID:zj/35me9O

---P宅---

P「さて、亜美真美も送り届けたし、お菓子も用意した。……次は誰が来るんだ?」

ピンポーン

P「……来たか」

ガチャ

壁「…………」

P「…………え」

壁「…………と、トリック、オア、トリート……」

P「…………」

壁「…………」

P「……その声、千早か?」

壁「…………」コクン

P「…………(き、器用に頷いた)」



538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:46:17.89 ID:zj/35me9O

壁「…………」

P「…………」

壁「……と、トリック、」

P「あ、ああ!すまん。今持って来るから……」タッタッタッ…

壁「…………」

…タッタッタッ

P「お待たせ、はい、お菓子」

壁「……あ、ありがとうございます」ヌッ

P「(あ、手が出た)…………それ、……あ、いや……」

壁「…………なんですか?」

P「えっと…………それ、自虐ネタ、か?」

壁「………………くっ」

P「…………(嫌ならやらなきゃいいのに……)」

壁「…………失礼、します……」ドシーン ドシーン ドシーン …

P「…………そのまま帰るのかよ……」



542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 03:55:49.72 ID:zj/35me9O

P「…………千早にもう少し、優しくしてあげよう。うん……」

P「……さて、次は誰が」

ピンポーン

P「早ぇよ!ったく、はいはい……」

ガチャ

伊織「トリックオアトリックぅっ!」ハァハァ

P「伊織っ!って、なんだよその格好」

伊織「見てわからない!?てるてる坊主よ!てるてる坊主!」

P「てるてる坊主って……なんか違わないか?なんか穴空けた布に頭通してるだけっぽいし……」

伊織「そんなのいいから、犯してちょうだい!」

P「ん?あ、ああ……(お菓子ちょうだいって言ったんだよな?)」

伊織「犯してくれなきゃ犯すわよ!」

P「やっぱ犯してって言ってたのかよ!」



545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:03:00.18 ID:zj/35me9O

伊織「早く、早くぅ……」ハァハァ

P「ん?伊織、その格好、まさか……」

伊織「にひひっ、気付いた?そう!下には何も着てないのぉ!」バサァッ

P「おまっ!ま、まさかその格好で……」

伊織「その通り!家からずっとこの格好よ!」ハァハァ

P(へ、変態だぁ~!AA略)

伊織「さぁ!もう我慢の限界なんだから早くじゅぽじゅぽしなさい!」ハァーハァー

P「い、伊織、一旦落ち着け」

伊織「なんならこのまま外で……んんんっ!」ビクンッ

P「い、伊織……?」

伊織「あはぁ~……また、イッちゃったぁ~……」ヒクヒク



549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:09:59.78 ID:zj/35me9O

P「と、とりあえずまずは中に入れ!」

伊織「な、中に入れる……?」

P「あーもう、いいから入る!」グイッ

伊織「やんっ♪」

P「はぁ……ホント、どうしてこうなった……」

伊織「ちんぽ♪ちんぽ♪」ゴソゴソ

P「うわっ!人の股間をまさぐるな!」

ギンギン

伊織「あはぁっ!生ちんぽぉ♪もうビンビンになってるぅ!」

P「し、仕方ないだろ!?お前が、その

伊織「いただきまぁす♪」パクッ

P「聞けよ!?」



550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:18:38.22 ID:zj/35me9O


ジュポッ ジュルッ ジュルジュルッ

伊織「んちゅ……ちゅぽ……ちゅるるる……」

P「い、伊織ぃ……」

伊織「ちゅぱちゅぱ……ちゅる……ちゅぅぅ……」

P「くぁっ、ま、前より格段に上手くなってるっ」

伊織「ちゅっ……じゅるっ……じゅぽじゅぽ……」

P「い、伊織、もうっ!」

伊織「!……じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ」

P「射精るっ!」

ビューッ ビューッ ビュルルッ

伊織「♪……ごくっ……ごくっ……んっ……ぷはぁっ!にひひっ!最っ高!」



554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:28:28.06 ID:zj/35me9O

P「はぁ……はぁ……なあ、伊織、お前

伊織「ちんぽ……生おちんぽ……」ヌチッ ズプゥッ

P「うぁっ……ひ、人の話を聞けって!」

ジュポッジュポッジュポッジュポッ

伊織「あぁん♪んんっ!きたぁっ♪」

P「い、伊織っ!はや、速いって!」

ジュポッジュポッジュポッジュポッ

伊織「あはっ♪いいっ!やっぱり本物が一番いいっ!」

P「や、ヤバいっ!出たばっかなのにまたっ!」

ジュポッジュポッジュポッジュポッ

伊織「ほらっ!早く出しちゃいなさいよ!このビンビンおちんぽごしゅごしゅされて、特濃おちんぽ汁垂らしちゃいなさいっ!」



559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:37:42.96 ID:zj/35me9O


ジュポッジュポッジュポッジュポッ

P「い、伊織っ!もうっ……!」

伊織「いいわ!出しなさい!全部受け止めてあげるわぁっ!!」

P「伊織っ!」

ビュルルルッ ビュルルッ ビュッ

伊織「きっ……たぁぁっ!!お腹あちゅいぃぃっ!!」ビクンッ ビクンッビクンッ



…………

伊織「あーすっきりした!他の皆の分もあるし、今日はこれくらいで勘弁してあげるわ!」

P「さ、さようで……」ゲッソリ

伊織「じゃあまたね、プロデューサー♪」ガチャ バタン

P「か、帰った……、ってか、ホントにトリック(悪戯)だけして帰ったよ……」

P「……あ、あいつ、あの格好のまま帰りやがった……」



560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:42:47.83 ID:zj/35me9O

P「はぁ……あ、嵐のようだったな……」

P「しばらく休みた

ピンポーン

P「……俺に死ねというのか……、はいはいどちらさまー」

ガチャ

春香「あの、プロデューサーさん……トリック、オア、トリート♪」



P「…………終わった……」

春香「あ、あれ?プロデューサーさん?」

P「…………」チーン



562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:49:46.30 ID:zj/35me9O


春香「そうだったんですか、伊織ちゃんが……」ズズー…コトッ

P「もう、どうしたモノか……あ、お菓子出すよ」

春香「あ、おかまいなくー」

P「はいどうぞ。お菓子あげたんだから、悪戯はしないでくれよ?」

春香「どーしよっかなー」

P「春香ぁ……」

春香「ふふっ、冗談ですよ」

P「ところで、春香のその格好は?」

春香「これですか?これはパンプキングです!」

P「パンプキング?」

春香「カボチャの王様でパンプキング」

P「パンプキング……」



563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 04:55:01.52 ID:zj/35me9O

P「そういうキャラなのか?」

春香「いえ、私が考えました!」

P「お、おう……」

春香「ポイントは、カボチャの帽子にカボチャの胸当て、さらにはカボチャパンツというパンプキンコンボです!」

P「……なあ、一ついいか?」

春香「なんですか?」

P「春香は女の子だから、パンプキングというより、パンプキンクイーンじゃ……」

春香「それじゃあゴロが悪いじゃないですか」

P「んー、じゃあ間を取ってパンプキングクイーンって事で」

春香「男なのか女なのか……」



567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 05:01:56.73 ID:zj/35me9O

春香「さて、お菓子も貰ったし、そろそろ帰りますね」

P「お?春香はいいのか?アレ」

春香「はい。この前ばっちりお仕置きされたばかりだし、プロデューサーさん、疲れてるみたいだし……」

P「……そっか、ありがとうな」ナデナデ

春香「えへへ……、でも、これくらいは許して下さいね」



チュッ



春香「それじゃあさようなら、プロデューサーさん!」ノシ

春香「わわっ、うわぁあっ!」バタッ

春香「いたた……スタッ、さ、さようならー!」タッタッタッ…

P「じゃあなー!……はははっ、春香も成長したって事かな……なんにせよ、助かった……」



578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:07:41.92 ID:zj/35me9O

P「はぁ……とりあえず少し回復した……」

P「さっ、次は誰が来る?」

ピンポーン

P「はーい」タタタ

ガチャ

美希「トリックオアトリートにゃのー」ニャーン

P「お、次は美希か」

美希「ハニー、とりあえずお部屋に入りたいにゃー」

P「ああ、どうぞどうぞ」




579: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:14:12.86 ID:zj/35me9O

P「美希は化け猫か?」

美希「そうにゃのー」ニャンニャン

P「はは、すっかり成り切ってるな」

美希「ハニー……」

P「な、なんだ?」

美希「にゃー……かぷっ」

P「ひゃわっ!?み、耳を噛むなっ!」

美希「にゃはははっ」

P「ったく……そういやこのしっぽはどうなってるんだ?」グイッ

美希「きゃんっ!」

P「……まさか……」グイッ グイッ

美希「は、ハニーっ、引っ張っちゃ、ヤにゃのー……」カァァ



581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:21:17.34 ID:zj/35me9O

P「お前、これ……」

美希「うん……お尻に……」

P「どこでこんなものを……」

美希「あのね、でこちゃんに勧められて……」

P「……やばい、伊織に毒されはじめてる……」

美希「これ、力を入れると動くんだよ?ほら、んっ」ウニョンウニョン

P「うわぁ……って、そういやこれ、ずっと着けて……」

美希「…………」カァァ

P「あははー……(ダメだ、伊織の奴を早くなんとかしないと……)」

美希「ね、ハニー……」

P「ど、どうした?」

美希「……ハニー!」ニャーン!

P「うわっ!」

ドシーン



583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:28:56.59 ID:zj/35me9O

美希「ハニーが早くお菓子をくれないから、ミキ、悪戯しちゃうよ?」

P「ま、まて、お菓子ならそこんむっ!?」

チュッ チュル…レロ…チュウゥ…

美希「ん……む……んちゅ……」

美希「ん……ぷはっ」

P「っは……み、美希……」

美希「えへへ……ハニーのココ、もうおっきくなってきてる」シュッ シュッ

P「うっ……だ、だってお前……」

美希「これ、興奮した?」ペロン

P「し、尻を見せるなよ……」

美希「あ、また大きくなった」

P「ぐ……身体は正直っ!」



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:37:20.86 ID:zj/35me9O

美希「もう入れれるかな?」シュッ シュッシュッ

P「もうって、お前の方は……?」

美希「……えへへ」クチュ

P「……その尻尾で興奮してたのはお前の方じゃないか」

美希「い、いいから入れるの!」ツプッ

ズプププ

美希「っ……!くぅっ……!」

P「み、美希……なんかキツくないか……?」

美希「お、お尻の……と、ハニーの、で……苦しいっ」ズプププ

P「む、無理するなって!」

ズプッ

美希「んっ!……はっ……はっ……ふぅ……、は、入ったよ……?」



585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:44:43.24 ID:zj/35me9O

P「……動くぞ」

美希「ま、待って、ハニっ、あっ!」

ズプッ ズプッ ズプッ

美希「はっ……はっ……」

ズプッズプッズプッ

美希「ハニーっ……っ……!」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

美希「っ……んっ……」

P「……そうだ」グイッグイッ

美希「んんっ!?は、ハニーっ!尻尾っ!だめぇっ!」

ジュプッジュプッジュプッ

グイッ グイッ

美希「ダメっ!なのにっ!んんあっ!」



589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:52:25.62 ID:zj/35me9O


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

美希「ハニーっ!ミキっもうだめぇっ!」キュンッキュンッ

P「くっ、締め付けが……」

美希「ミキ、もうイッちゃうよぉ!」

P「俺も、もう……射精るっ!」

ビュルルルッ ビュルッ

美希「やあぁぁぁぁぁっ!」ビクンッ



…………

美希「じゃあね、ハニー!また明日!」

P「ああ……気をつけて帰れよー」

P「……とりあえず尻尾だけは回収しといてよかった……」



590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 06:58:03.46 ID:zj/35me9O

P「さて、あとは貴音と響か……」

ピンポーン

P「お、来た来た」

ガチャ

毛玉「…………」

P「…………(え?タワシ?蓑?)」

毛玉「……トリック、オア、トリート、だぞ……」

P「…………響、か?」

毛玉「……うん」コクリ

P「…………」

毛玉「…………」



595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 07:04:31.44 ID:zj/35me9O

P「い、一応聞こう。それは何の仮装なんだ?」

毛玉「キジムナーだぞ」

P「キジムナー?」

毛玉「キジムナー知らないのか!?沖縄の有名な精霊なんだぞ!?」

P「す、すまん、知らない……」

毛玉「……水木先生画風の……」

P「なんか、ごめん……」

毛玉「……な、なんくる……」

P「……すまん……」

毛玉「……うぅ……」



597: ま、真もやりますかそうですか……ですよねー…… 2011/11/03(木) 07:13:17.36 ID:zj/35me9O

P「な、なあ、それってちゃんと見えてるのか……?」

毛玉「……すごく見づらいぞ……」

P「そうか……。あ、ああ、お菓子、だったな!」タタタ…

…タタタ

P「ほら、お菓子だ」

毛玉「……手が出せないから、キジムナーに突っ込んでくれ」

P「わ、わかった……」ずぼっ

むにょ

毛玉「んっ!…………プロデューサーのエッチ……」

P「す、すまん……(どこに触れたかわからんし、一切エロスを感じなかった……)」

毛玉「ん、受け取ったぞ」

P「そうか、じゃ、気をつけて帰れよ……」

毛玉「…………」もっさもっさ

P「…………」



601: じゃ、真はもう仲間入り認証済みって事で…… 2011/11/03(木) 07:29:18.82 ID:zj/35me9O

P「さて、あとは貴音と……そういや真もか……」

ピンポーン

P「はいよ」

ガチャ

真「プロデューサー!トリックオアトリート!」

貴音「とりっく、おあ、とりぃと」

P「ブフッ、ま、真、貴音その格好は……」

真「これ?なんか、ボクでも似合う女の子のコスプレがあるって聞いて……」

貴音「わたくしも、勧められるままに……」

P「た、確かに二人とも似合ってるよ……(モリガンとリリスとは……)」

貴音「あの、よろしければ、あがらせていただきたいのですが。この様相では少々肌が冷えてしまいます……」

P「そ、そうだな、あがってくれ」



605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 07:38:21.26 ID:zj/35me9O

真「ううぅ~、寒かったー」ブルブル

P「お前ら、まさかここまでその格好で来たんじゃ……」

貴音「まさか!そのような良識をわきまえぬ事をするわけがありません」

真「下に着てきて、陰で着替えてきたんですよ」

P「だ、だよなー……(あいつら、特に伊織がおかしいだけだよなー……)」

真「う~、まだ寒い……プロデューサー、腕借ります!」ガシッ ギュゥッ ムニッ

P「ほあぁっ!?ま、真!?」

貴音「では、わたくしも……右腕を拝借いたします」ヒシッ ギュッ むにゅうっ

P「た、貴音まで!?」



607: >>602直後じゃない。少し?だいぶ?後くらい 2011/11/03(木) 07:46:07.42 ID:zj/35me9O

真「プロデューサー暖かい……」ムニッ

貴音「心まで暖まります……」むにゅっ

P(左にちっぱい、右におっぱい、左にちっぱい、右におっぱい……)

真「あれ?どうしたんですかプロデューサー?」ムニムニッ

貴音「お顔が赤いようですが……」むにゅむにゅっ

P(と、飛ぶ……理性が飛んじゃう……)

P「……?変なプロデューサー……」

貴音「まっこと、面妖な面持ちに……」



614: やべwwwwwミスったwwwwwP→真で。携帯でPとマが同じボタンなんだよ、と言い訳 2011/11/03(木) 07:55:38.05 ID:zj/35me9O

真「あ……!プロデューサー……エッチ……!」

P「やば、ばれたか……」ギンギン

貴音「まぁ、こんなにご立派に……」サワッ

真「ぼ、ボクも触りたい!」ニギッ

P「はうぅっ!?お、お前ら、やめっ!」

貴音「ふふふ……ひくひく動いてかわいらしい……」

真「ねえ、出しちゃっていいですか?」

P「ダメって言っても出す気だろ?」

真「……っへへへ……」



629: 保守thx時間なくなったのでできるだけハイスピードでいきます 2011/11/03(木) 08:30:48.73 ID:zj/35me9O


ギンギン

真「うわっ、相変わらずすごい……、あーん」パクッ

P「真っ!?」

真「ふぇらひお、はっへひはふ……んっ……んむ……」

貴音「では、わたくしは……ん……」

チュゥ…チュ…レロ…

P「たかんむっ!……ん……ちゅ……」

真「んちゅ……ちゅぱっ……ちゅぱっ……」

貴音「ん……ふぅ……ん……」



632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 08:37:08.87 ID:zj/35me9O

真「ちゅぱっ……ちゅぅ……」

貴音「んん……んむ……」

P「んむっ!んんん!」

ビュルルルッ ビュルッ

真「んぶぅっ!?っけほっ!えほっ……もう、プロデューサー!」

P「んっぷはぁ……、すまん、口塞がれてて……」

貴音「わたくしの責任だと?」

P「いや、そういう訳じゃ……」

貴音「では、お詫びの印しに、ぱいずり、というものを……」

P「どこでそんな……」

貴音「亜美と真美に教えていただきました」

P「……あいつら……」



633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 08:42:51.23 ID:zj/35me9O


ずりゅ ずりゅ

貴音「い、いかがでしょうか、あなた様……」

P「こ、これは……(おっぱいの柔らかさと貴音の上目遣いだけで……)」

貴音「なかなか、難しい、ものですね……ん……」

ずりゅ むにゅ

P「くっ……貴音……」

真「いいなぁ、ボクにはできないや……」ポムポム



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 08:48:07.17 ID:zj/35me9O

P「貴音っ……そろそろ……」

貴音「あなた様……ちろっ」

ずにゅ むにゅ ずりゅ

P「くっ、出るっ!」

ビュッ ビュルルッ

貴音「んっ!……ふふ、顔にかかってしまいました……」

P「貴音……すごくよかったよ……」

貴音「嬉しい……」

真「ねえ、プロデューサー……ボクも……」

P「ああ、悪かったな。今度は真だ」

真「……はいっ!」



635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 08:53:06.96 ID:zj/35me9O


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

真「はっはっはっはっ……」

P「ま、真、速いって」

真「ご、ごめんなさい、でもボク、我慢できないよっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「くっ……これじゃ持たない……」

真「プロデューサー、気持ちイイっ!いいよぉっ!!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ





637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 08:56:32.20 ID:zj/35me9O


ジュポッ ジュポッ ジュポッ

貴音「んっ……んっ……」

P「いいぞ、貴音……」

貴音「あなた様ぁ……あっ……」

ジュポッ ジュポッ ジュポッ

P「貴音……」もみゅっ

貴音「あんっ!……ああっ……」

ジュポッ ジュポッ ……



640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 09:01:27.04 ID:zj/35me9O


~2時間後~

真「それじゃプロデューサー、また明日!」

貴音「今日はとても充実していました。ありがとうございました」

P「あ、ああ、気をつけて帰れー……」

バタン

P「…………ふぅ~~~~、これで全部だな……」



P「……俺、今後もう休日無いのかなぁ……」ホロリ





---ハロウィン篇、完---





674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 12:38:01.30 ID:zj/35me9O

---765プロ事務所---

律子「それじゃ、行ってきます」

伊織「ほら、プロデューサー、いつものアレ!」

亜美「あ、亜美も→!」

P「はいはい、頑張ってこい!」ナデナデ

伊織「にひひっ、行ってきます!」

亜美「よーし、頑張っちゃうからね→!」

P「ああ、行ってこい!」

あずさ「…………」

P「あれ、あずささんは行かないんですか?」

あずさ「あら?私にはしてくれないんですか?」

P「え!?……あー、こほん。が、頑張ってきてください」ナデナデ

あずさ「はい、行ってきます」ニコッ

バタン

P「はぁ……ビックリした……」



680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 12:46:04.10 ID:zj/35me9O

小鳥「あら?あずささんまでプロデューサーさんのトリコですか?」

P「小鳥さん。違いますよ。あの人は天然なだけです」

小鳥「ホントですかぁ?」

P「ほ、本当ですって!っていうか、誰もそんなんじゃ……」

小鳥「まだそんなこと言ってるんですか……ま、そういう事にしておきます」

ガチャ

春香「ただいまー!」

やよい「うっうー、ただいまですー」

雪歩「プロデューサー……私また失敗しちゃいましたぁ……」

P「お、お帰り。どうしたんだ雪歩?」



683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 12:52:16.42 ID:zj/35me9O

やよい「違うんです、あれは私が……」

春香「まぁまぁ、あれは仕方ないよ」

P「なんだ、たいしたミスじゃなかったんだろ?気にするなって」

春香「そうだよ。私なんか、20回もNG出したんだから!」

P「春香、お前は少し気にしろ」コツン

春香「いたっ、えへへへ……」

小鳥「皆お疲れ様。お茶どうですか?」



688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 13:03:09.17 ID:zj/35me9O

やよい「あー!忘れてましたー!」

P「どうしたんだ?」

やよい「今日は特売があるんでしたー!皆、力を貸してください!」

雪歩「ごめんね、今日は予定が……」

春香「ごめん、私もちょっと……」

P「俺でよければ手伝うよ」

やよい「本当ですかー?うっうー、ありがとうございます!さっそく行きましょう!」グイッ

P「あっ、ちょ、やよい、引っ張るなよ……」

バタン

小鳥「……行っちゃった……」




---やよい篇---





697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 13:14:46.12 ID:zj/35me9O

---スーパー---

やよい「ま、間に合いました!今から整理券が配られるので、プロデューサーはお肉のコーナーに並んで下さい!」

P「わ、わかった……」

放送『ピンポンパンポーン 只今より、タイムセールの整理券を……--』


…………

P「やよい、これ、お肉の整理券だ」

やよい「じゃあこれで、ハムと冷凍豚肉を割引してもらって下さい。こういうのは普段割引されない商品に使うといいんですよー」

P「へー……わかった、行ってくる」タッタッタッタッ

タッタッタッタッ

P「やよい、値引きしてもらったぞ」

やよい「じゃあ、それにこれとこれを追加して、10パック卵も持って会計してください」

P「まとめて会計しないのか?」

やよい「卵は一家庭に一つ限定で、千円以上買えば98円になるんですよー」

P「そ、そうなのか……わかった、会計してくるよ」



699: >>695ゆっくりだしスレはあとでまとめて見ればいいから楽しんでこいよwww 2011/11/03(木) 13:23:56.53 ID:zj/35me9O

---スーパー前---

やよい「うっうー!ありがとうございました!プロデューサーのおかげで安く沢山買えました!」

P「いや、やよいの指示が的確だったからな。ユニットのリーダーも務まるんじゃないか?」

やよい「そ、そんなー……」

P「あと凄いな、家庭的で。将来は良いお母さんになるんじゃないか?」

やよい「そんなことないですよー」テレテレ

P「さて、無事買い物も出来たし、俺はそろそろ……」

やよい「プロデューサー!……よければ晩御飯、ウチで食べませんか?」

P「やよいの家で?い、いいのか?」

やよい「はい!買い物手伝ってくれたお礼です!」

P「じゃあ、お言葉に甘えて……」

やよい「うっうー!ありがとうございますー!」

P「……?い、いや、こちらこそ……」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 13:30:14.49 ID:zj/35me9O

---高槻家---

ドサッ

P「ふぅ……」

やよい「すみません、荷物、もってもらっちゃって……」

P「なーに、こういうのは男の仕事だろ?」

やよい「プロデューサー、頼りになりますー」

P「おお、どんどん頼ってくれ!……ま、普段は頼りないけどな」

やよい「そ、そんなことないですよー!……でも、中々頼れないのは本当です……」

P「やっぱり、頼りないからか?」

やよい「皆がプロデューサーを囲んでて、近寄り難いんですー……」

P「そ、そういう意味ね……」

やよい「……さ、立ち話もなんですから、まずは中にどうぞー」

P「ああ、お邪魔します」



718: 保守thx続けます 2011/11/03(木) 14:25:20.64 ID:zj/35me9O

かすみ「あ、お帰りなさい」

長介「お帰り。お客さん?」

P「おお、なんかいっぱいいる」

やよい「紹介しますね。妹のかすみに長男の長介、次男の浩太郎と、末っ子の浩司ですー」

やよい「皆、こちらは私のプロデューサーです。いつもお世話になってるんですよー」

皆『こんばんわ!』

P「や、やあ、よろしくな」

やよい「さーて、それじゃあ晩御飯の準備、はじめますよー」

P「あ、俺も手伝うよ」



721: >>716やめてくださいしんでしまいます 2011/11/03(木) 14:34:02.54 ID:zj/35me9O

やよい「あ、プロデューサー、そのホットプレート用意して下さい」

P「これか?よっと」

やよい「テーブルの上にセットお願いしますー」

P「ああ、わかった」

やよい「~~♪」

P「やよい、セット出来たぞー」

やよい「じゃあ次は、これ全部開けて下さい」

P「これ全部もやしか?」

やよい「うっうー!今日はもやしパーティーですー!」



724: >>720マジで!?ごめんなさいミスです…… 2011/11/03(木) 14:46:12.18 ID:zj/35me9O

やよい「さー、準備が出来ましたー!」

P「ホントにもやしだらけだな……」

やよい「今日は奮発して豚肉も入ってるんですよー?」

長介「すげー!」

かすみ「豪華だねー」

やよい「プロデューサーが来たから特別ですよー?」

P「や、やよい、お前……」ホロリ

やよい「さぁ、もやしパーティー始まりですー!」



727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 14:54:52.50 ID:zj/35me9O


~食事中~

長介「お肉取った!」

かすみ「あ、それ狙ってたのに……」

やよい「ほら、このお肉あげるから」

かすみ「ありがとー」

ワイワイガヤガヤ

P「たまにはこういうのもいいな。よっと」ヒョイ

やよい「あ……」カチャ

P「あ、ああ、すまん。やよいが食べてくれ」

やよい「い、いえ、プロデューサーが先に取ったので、プロデューサーが……」ポッ

長介「姉ちゃん赤くなってる!」

かすみ「プロデューサーさんの事、好きなの?」

やよい「え、ええぇ!?長介!かすみ!」カァァ



731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:01:20.82 ID:zj/35me9O


~食後~

P「ふー、食ったー」

やよい「どうでしたか?」

P「凄い美味かったよ。めやしがあんなに美味く食べれるなんてな」

やよい「もやしは最高の万能食材ですよー」

P「そこまで言うか……あははっ」

やよい「…………プロデューサー、さっきの……」

P「ん?ああ、気にしてないよ。小さい子はすぐそういうのに結び付けたくなるからな」

やよい「そ、そうですかー……」

やよい「……ぅっぅー、ちょっとは気にして欲しいですー……」ボソッ

P「ん?なんか言ったか?」

やよい「い、いえ!なんでもないですー……」



733: ×めやし ○もやし 2011/11/03(木) 15:06:28.36 ID:zj/35me9O

P「それじゃあ今日はこれで帰るよ」

やよい「あ……もう少しくらい……」

P「これ以上居るとやよいに迷惑だろ?ほら、もう寝てる子も居るし」

やよい「ぅっぅー、わかりましたー」

P「じゃあ、また明日な」

やよい「今日は本当にありがとうございましたー!」

P「こちらこそ、ごちそうさま!」





やよい「行っちゃいました……もう少しお話ししたかったなー……」



735: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:13:16.92 ID:zj/35me9O

~翌日~

春香「プロデューサーさーん♪」

伊織「ちょっと春香、もっと離れなさいよ!」

春香「伊織ちゃんこそ、最近ベタベタし過ぎだと思うな」

伊織「私はいいのよ!」

春香「そ、そんなわけないよー!」

P「どーでもいーから二人共離れてくれ、仕事が出来ない……」

ガチャ

やよい「うっうー!おはようございますー!」

P「おお、やよい、おはよう。昨日はごちそうさま」

やよい「いえ、こちらこそありがとうございましたー」

春香「昨日……?」

伊織「ごちそうさま……?」



741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:19:42.73 ID:zj/35me9O

春香「もしや、昨日買い物の後……」

伊織「嫌がるやよいを無理矢理に……」

…………

やよい「いやぁっ!やめてください、プロデューサー!」ジュプッ ジュプッ ジュプッ

P「やよい、お前の身体をごちそうさま……」

…………

P「んなわけないだろ」ゴツン ゴツン

春香「いたっ、ですよねー」

伊織「ふひひ……い、いいわね……」ジュルリ

P「おーい、伊織ー、戻ってこーい……」

やよい「……?なんの話ですかー?」

P「ああ、やよいは気にしないでくれ、ホント、うん」



750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:29:09.02 ID:zj/35me9O

やよい「あ、プロデューサー!今日の予定だと、一日私と一緒ですねー!」

P「そうだったか?……お、ほんとだ」

春香「いいなー、やよい」

伊織「私は!?私は一緒じゃないの!?」

P「お前は竜宮小町だから律子が担当だし、そもそも今日は竜宮小町はお休みだろ?」

伊織「ぐっ、そうだった……」

P「そんじゃあ春香もこの後のレッスン、遅れずに行けよー。伊織は春香の邪魔はするなよー」

やよい「うっうー!行ってきますー!」

バタン

伊織「な、なんなのよ!頭きちゃう!……せっかく、会いに来てやったってのに……」

春香「伊織ちゃん、よしよし」ナデナデ



751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:37:10.89 ID:zj/35me9O

---車内---

P「えーっと、まずは……料理番組だな」

やよい「うっうー、テレビのお仕事ですー」

P「お昼過ぎまで収録で、そのあとは……お、次は子供番組か」

やよい「私にピッタリなお仕事ばかりですね!流石プロデューサーですー!」

P「まあ、それが俺の役目だからな。……さ、着いたぞ」

キィ



753: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:43:29.45 ID:zj/35me9O

~料理番組収録中~

ココデチュウビニスルンデスヨー

ソノアト、ハチミツヲチョットイレマスー

ヘーー



P「うん、順調だな」

やよい「次はー」チラッ ニコッ

P「ははっ……」ノシ



…………

やよい「終わりました、プロデューサー!」

P「うん、ちゃんと出来てたな」

やよい「はい!」



756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 15:54:25.37 ID:zj/35me9O

---廊下---

やよい「うっうー!次のお仕事に行きましょうー」

P「ああ、えっと、次の場所は……」



冬馬「……でな、そいつが」ペチャクチャ

ドンッ

冬馬「いって、なんだよ」

やよい「す、すみません!」

冬馬「ぶつかっといてそれだけかよ。くそっ、結構いてぇ……」

やよい「ご、ごめんなさい、怪我とか……」ソッ

冬馬「触んな!」ドンッ

やよい「きゃぁっ!」ドシンッ

P「ちょっとあんた、何すんだよ!」



761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 16:03:24.50 ID:zj/35me9O

冬馬「あん?なんだよあんた」

P「この子のプロデューサーだ。突き飛ばすなんて酷いじゃないか!」

やよい「いたた……ぷ、プロデューサー、私は大丈夫ですから……」

冬馬「だってよ。第一はじめはそっちからぶつかってきたんだ」

P「そうかな。君が話に夢中で前を見てなかったように見えたけど」

冬馬「んだよ、喧嘩売ってんのか!?」

やよい「ひっ!」コソッ

P「そうじゃない。ちゃんとさっきの事、やよいに謝ってほしいだけだ」

冬馬「誰がっ……チッ、面倒くせぇ。行くぞ!」

北斗「じゃあねぇ~」

翔太「ごめんねー」



P「……ふぅ、行ったか……」

やよい「プロデューサー、怖かったです~」フエーン



763: 冬馬っても少しまともでいい人だよね、多分 2011/11/03(木) 16:10:04.89 ID:zj/35me9O

P「やよい、大丈夫か?」

やよい「はい、だいぶ落ち着きました……」クスン

P「まったく、なんなんだよあいつは。人気が出て天狗になっちまってるのかね」

やよい「……守ってくれてありがとうございました」

P「え?ああ、当たり前だよ。俺はやよいのプロデューサーだからな」

やよい「…………」ギュッ

P「や、やよい!?」

やよい「……少し、このままでいて下さい……」ギュゥッ

P「このままでって、誰かに見られたら……、はぁ、わかった、好きなだけしていていいよ」ナデナデ



764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 16:13:27.02 ID:zj/35me9O


やよい「……よーしっ」バッ

P「やよい、もういいのか?」

やよい「うっうー!これでもういつもの私ですー!」

P「……そうか」

やよい「さーて、次はどこですかー?」

P「次は……--」



765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 16:19:42.73 ID:zj/35me9O

~数時間後~

---765プロ前---

P「はぁ~、なんか疲れたな」

やよい「プロデューサー、子供達に大人気でしたねー」

P「いやー、皆元気なんだもんな。体力が持たないよ」

やよい「ダメですよー?まだまだ若いんだから、体力つけてくださいー」

P「ははっ、考えておくよ」

やよい「…………もう、終わっちゃうんですね」

P「何がだ?」

やよい「今日が、です」



768: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 16:27:30.11 ID:zj/35me9O

やよい「今日はプロデューサーと一緒で、凄く嬉しかったです。プロデューサーを独り占め出来て……」

P「やよい……」

やよい「プロデューサー……んーっ……」ノビー プルプルプル

P「やよい?何してんだ?」

やよい「何って、えっと……んーっ……」ノビー プルプルプル

P「ほら、変なことしてないで、事務所に入るぞ」

やよい「ぅっぅー……こうなったら!」ピョーン ガシッ ヨジヨジ

P「なっ、やよい!背中をよじ登るな!」

やよい「プロデューサー……」

チュッ

P「なっ……!」

やよい「よいしょ、さようならー!」トスン タタタタタ



773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 16:35:05.37 ID:zj/35me9O

P「…………」ポカーン

P「……な、なんだったんだ……」

P「……ほっぺに……」サスサス…

ガチャ

伊織「ちょっとこのヘッポコプロデューサー!いつまでこの伊織ちゃんを待たせる気!?」

P「うわっ、伊織!?まだ居たのか!?」

伊織「なによ!居ちゃ悪いわけ!?ずっとあんたを待ってたんだから!」

P「ただ、その為だけに居たのか?」

伊織「そ、そうよ!何か文句ある!?」

P「……待たせて悪かったな」ナデナデ

伊織「ふぁっ……、べ、別に、そんなに待ってないわよ……」



790: な、なんとか復活、再開します…… 2011/11/03(木) 17:25:28.94 ID:zj/35me9O

~数日後~

---765プロ事務所---

ガチャ

P「ただいまー……あれ、誰もいないのか?無用心な……」

やよい「プロデューサー?」

P「お、やよいが居たか」

やよい「お疲れ様ですー、お茶入れますねー」

P「小鳥さんは?」

やよい「買い出しに行きました。色々足りなくなってたみたいです」

P「そっか。まぁいいや」

やよい「はい、どうぞ」コトッ

P「ありがとう」ズズー

やよい「……あのー、プロデューサー?」

P「ん?」



795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:33:04.20 ID:zj/35me9O

やよい「少し、お願いしてもいいですか?」

P「あ、ああ、俺が出来る事なら……」

やよい「あの……暇な時だけでいいので、一緒に居てください」

P「え?それだけでいいのか?」

やよい「はい。だって、それ以上は、プロデューサーが迷惑かなって……」

P「そのくらい全然いいよ。やよいが一緒に居たいと思ったら、いつでも俺のトコに来い」

やよい「で、でも皆さんが……」

P「気にすることないさ。俺はあいつらのプロデューサーでもあるけど、やよいのプロデューサーでもあるんだから」

やよい「プロデューサー……」



797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:38:51.80 ID:zj/35me9O

やよい「じゃあさっそく……プロデューサー、お膝に乗ってもいいですかー?」

P「ああ、おいで」

やよい「お邪魔しますー」ポスン

P「なんか納まりいいな」

やよい「落ち着きますー」

P「あはは……」ナデナデ

やよい「~♪」

やよい「プロデューサー」ニコニコ

P「なんだ?」

やよい「うっうー、呼んでみただけですー♪」

P「なんだそれ、はははっ」



803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:46:06.74 ID:zj/35me9O

P(その後、やよいはたまにウチに遊びに来るようになった)

P(しばらくはやよいと話をしたり、遊んだりしながら、まるで兄妹のような関係になっていった)



P(そしてそれは、起こるべくして、起こった……)






---P宅---

P「今日はちょい早めに帰れたな」

P「やよいも来る事だし、少し片付けでも……」

バタン

伊織「超絶スーパー美少女アイドル、伊織ちゃん登場!!」ババーン

P「い、伊織!?なんで来たんだ!?」



806: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 17:53:39.74 ID:zj/35me9O

伊織「なんでって、来ちゃいけないみたいな言い方ね!」

P「いや、あの協定とかはどうしたよ!?」

伊織「あらぁ?突然プロデューサーの家に押しかけちゃダメなんて無かったんじゃないかしらぁ?」

P「いや、あの、ほら独占どうのこうのって……」

伊織「もう!細かい事をグチグチグチグチ!男だったらそんなの気にしない!」

P「いや、でも……」

伊織「ぶっちゃけもう我慢出来ないのぉ!最近ずっとプロデューサーに触れてなくておかしくなりそうなのよぉ!!」

P「あー、最近竜宮小町忙しそうだったもんな……」

伊織「だから……ね?しましょう?」ピラッ

P「おまっ!またパンツはかないで……」



810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:00:57.85 ID:zj/35me9O


P「いや、でも今日は……」

伊織「もう!いい加減に諦めなさい!」ドンッ

ドタッ

P「いたっ」

ジイィィィィ ボロン

伊織「ひっさしっぶり~、おちんぽぉ♪」キラリンッ

P「こ、こらっ」

伊織「いっただっきまーす!」パクッ

ジュポッ ジュポッ ジュポッ

P「伊織っ、やめろって!」



814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:07:31.31 ID:zj/35me9O


伊織「さぁ、ハメハメちまちょうね~」ヌチュ ズプププププ

P「い、伊織、今日は……」

ジュプッジュプッジュプッ

伊織「あんっあっあっな、何なのよ!今日何があるっての!?」

P「くっ……や、やよいが……来るんだ……」

ジュプッジュプッジュプッ

伊織「へぇ~、いいじゃない!見せ付けてあげましょう!」

P「お、お前、正気か!?」

ジュプッジュプッジュプッ

伊織「正気でこんなことできるわけないじゃない!」

P「……ですよねー……」



817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:13:27.03 ID:zj/35me9O


ジュプッジュプッジュプッ

伊織「ここでしてれば、玄関からは丸見えね!」

P「や、やめろっ……」

ジュプッジュプッジュプッ

ピンポーン

伊織「来たっ!来たわよっ!」

P「ダメだやよいっ!入るなっ!」

ガチャ

やよい「お邪魔しますー」

伊織「きたぁぁぁぁぁぁんっ!!」ビクンッ ビクンッ

P「やよいぃぃっ!!」

ビュルルルッ ビュルッ ビュルッ





やよい「…………え?」



823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:21:03.80 ID:zj/35me9O


やよい「え?……伊織ちゃん?……プロデューサー?二人とも、裸で何を……」

P「やよい、見るなっ!」

伊織「もう手遅れよ!にひひっ、何も知らない無垢な子に無修正ポルノを見せ付けた気分だわっ」

P「まさにそのまんまだよ!」

伊織「あらぁ?そっちのツッコミも出来るのね。こっちだけ凄いのかと思った」

ジュプッ ジュプッ

P「くっ……動かすなっ!」



やよい「あ、伊織ちゃんとプロデューサー、繋がってる……」



829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:30:39.04 ID:zj/35me9O

伊織「やよい、これは別に変な事じゃないのよ?」

やよい「え?」

伊織「私はプロデューサーが大大大好きっ!だからこうしてるの!」

やよい「大好き、だから……」

伊織「好きな人とは最後には結局こうなるのよ。それが早いか遅いかってだけ」

やよい「好きな人……」

伊織「あんたはどうなのよ、やよい!プロデューサーが好きなんでしょ!?」

やよい「私は……プロデューサー……」



P(それ、入れながらじゃなければ、良い雰囲気なんだけどな……)



831: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:38:48.88 ID:zj/35me9O

伊織「さ、あとはやよいに任せるわ……んっ」ズルルッ コプッ ドロッ

P「くっ……」

伊織「じゃ、私は帰るわね!」

P「お前、まさかやよいの気持ちを知ってて、それで……」

伊織「べ、別にやよいを一押ししてあげようなんて思ってないんだから!ただプロデューサーのをハメたかっただけなんだから!」

P(……なんか、ホントにしたかっただけなんじゃ……)

伊織「じゃあね!やよい、しっかりしなさいよ!」

ガチャ バタン

P(……あいつ、拭きもせずそのまま帰ったぞ……)



836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:48:02.25 ID:zj/35me9O


やよい「あ、あの……プロデューサー……」

P「なんか、その……悪かったな、いきなりこんなの……」

やよい「……プロデューサー!私、プロデューサーの事が……好きですー!」><

P「やよい……」

やよい「はじめはお兄ちゃんみたいな感じでした。頼れるお兄ちゃん」

やよい「でも、庇ってくれたり、一緒に居るうちに、どんどん好きになっていって……」

やよい「今ではプロデューサーが大好きになっちゃったんですー!」カァァ

P「やよい……、ありがとう、でも……」

やよい「ふぇ……」ウルッ

P「い、いや!やよいは好きだぞ?」

やよい「うっうー!」パァァ

P「いや、でも……」

やよい「ふぇ……」ウルッ



840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 18:59:40.52 ID:zj/35me9O

P「あーもう!最後まで聞けって!」

やよい「ぅっぅー……」

~説明中~

P「……というわけだから……、やよい?」

やよい「うっうー!凄いですー!」キラキラ

P「え?なんだこの反応……」

やよい「だって、プロデューサーは皆さんと仲が良いって事ですよね?」

P「ま、まあ、そうとも言える、かな?」

やよい「だったら、皆さんとも仲良くなれるし、プロデューサーとももっと一緒にいれるじゃないですかー!」

P「そうなる、のか?」

やよい「やっぱり、プロデューサー大好きですー!」



848: ゴメン隣で貴音攻略してるの見てた 2011/11/03(木) 19:14:12.62 ID:zj/35me9O


---そして……

P「……なぁ、無理しなくてもいいんだぞ?」

やよい「うっうー、皆してるなら、私もしたいですー」

P「でもな……」

やよい「少し恥ずかしいけど……」ヌギヌギ

P「やよい!?」

やよい「んっしょ……ふぅ」パサッ

P(ぷ、プリントパンツ……)

やよい「あ、あんまり見ないでくださいー……」カァァ

P「す、すまない……」



856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:20:54.47 ID:zj/35me9O

P「なあ、今からやることの意味、わかってるのか?」

やよい「……?」

P「やっぱりよくわかってないか……」

やよい「で、でも、私……」

P「そう焦るなって。今はまだ時期じゃないんだよ」

やよい「ぅっぅー……」

P「そ、そう落ち込むなよ……」



P「……じゃあ、少しだけって事で、やってみるか?」

やよい「うっうー!さすがプロデューサーですー!」パァァ



860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:27:53.10 ID:zj/35me9O

P「じゃあ、いつもみたいに、膝の上に乗って」

やよい「全部脱がなくてもいいんですかー?」

P「ああ。恥ずかしいんだろ?なら、とりあえずそれでいいよ」

やよい「うっうー、プロデューサー優しいですー」トテトテ ポスン

P「それじゃ、やよいの身体をあちこち触るけど、いいか?」

やよい「はい、プロデューサーにならいいですよー」



865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 19:36:12.59 ID:zj/35me9O

P「胸、触るぞ……」サワッ

やよい「あははっ、くすぐったいですー」

むにむに……クリッ

やよい「ひゃあっ!ぷ、プロデューサー、なんかキュンてしましたー……」

クリッ クリクリッ

やよい「それっ!あっ!だ、だめですー!摘んじゃだめぇっ!」

ピタッ

やよい「……あ、あれ?やめちゃうんですか?」

P「だって、ダメなんだろ?」

やよい「うぅ、それは……」



882: 保守thx再開しますこのスレで終わらせますたぶん>>873アイマス2 2011/11/03(木) 20:15:05.14 ID:zj/35me9O

P「……もっと触って欲しいのか?」

やよい「…………」コクン

P「じゃ、続けるぞ」

むに…クリッ クリクリッ

やよい「ひぁっ!うぅ……んぅっ!」ピクン ピクッ

P「……こっちも触るよ」シュッ

やよい「ひぅっ!?そ、そこはぁ……!」

シュッ シュッ

やよい「やっ!ぴ、ぴりぴりしますぅー!」ヒクッ ヒクッ



888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:23:46.60 ID:zj/35me9O


クリクリ…クニュッ

シュッ シュッ シュッ

やよい「ひゃぁっ!あうっ!うぅっ!んっ!」

P「やよい……可愛いよ」

クリッ クリッ

シュッ ヌチッ ヌチッ

やよい「やんっ!あっ、んっ!んんっ!」

P「濡れてきたな……」

ヌチュ …ツプッ

やよい「ひあぁっ!?ゆ、指、入ってますぅー!!」



891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:31:16.59 ID:zj/35me9O


ツプッ…ヌルゥ ツプッ…ヌルゥ

やよい「ひあっ!あああっ!くうぅっ!き、きついですぅーっ!」

P「小指でこれか……」

シュッ シュッ ツプッ ニュプッ

やよい「んんっ!はぁっ、あっ!やっ!」

P「これは、入らないかな……」

ニュプッ ニュプッ クリクリッ

やよい「つあっ!つ、摘んじゃあっ!ああっ!」



894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:38:19.98 ID:zj/35me9O


ニュポンッ

やよい「んやっ!……はぁ……はぁ……や、やめちゃうんれすかー?」

P「……やよい、最後まで、してみるか?」

やよい「はぁ……はぁ……、んっ……はぁ…………や、やりますぅー!」

P「……じゃあ、これ、舐めてくれるか?」

やよい「ぷ、プロデューサーの、おちんちん……」

P「しっかり濡らさないと痛いからな」

やよい「わ、わらひ、頑張りますぅー!」



896: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:45:25.11 ID:zj/35me9O


レロッ チロチロッ ペロッ

P「くっ……そ、そうだ、アイスバーを舐めるように……」

やよい「れろっ……ん……ぺろぺろ……」

P「やよい、くわえて……」

やよい「ぺろっ……ん、はいっ…………あむっ」

もごもご レロッ チュパッ

P「くうっ……つたない感じがまた……」

やよい「んむ……、むう……んも……」



897: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:51:49.92 ID:zj/35me9O

P「やよい、もういいよ」

やよい「んぐ……ぷはっ……うぅ、あごが痛いですー……」

P「さ、また膝の上にまたがって」

やよい「わ、わかりましたー……」トスン

P「じゃあ、これを、やよいに入れるぞ」

やよい「私のここに……プロデューサーの、おちんちんを……」

P「きっと、かなり痛いぞ?……いいのか?」

やよい「私……、やりますー!」



899: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 20:59:17.38 ID:zj/35me9O

P「じゃあ、俺が下になるから、やよいは自分の好きなように入れてくれ」

やよい「は、はいっ!」

やよい「ぅっぅー……(そーっと、そーっと……)」

ピトッ

やよい「ひぅっ!(私のに……プロデューサーの、おちんちんが……)」

ツプッ

やよい「うううっ!!?(太いぃっ!?)」

やよい「は、入らないぃ……」

やよい(う、動けないですー!)

ググッ…

やよい「痛ぁっ!!む、無理ですー!」

P「やよい、無理はするな」



900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:06:54.47 ID:zj/35me9O


やよい「はぁ……はぁ……(あ、足が痺れて……)」

P「やよい、やっぱり今日は……」

やよい「も、もう少しだけ……」プルプルプル

P「でも、きつくないか、その体制」

やよい「う、うっうー、大丈夫ですー……」

やよい(あ……力が抜けて……)

ツプッ ズ…ブチッ

やよい「やああああっ!」

ズズ…ブチブチッ

やよい「ひぐぅっ!ぐっ、ひぎぃっ!!」

P「やよいぃ!」



905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:15:18.45 ID:zj/35me9O

P「もう中止だ!」ガシッ

やよい「んくっ!……ま、まだ、半分も……」ポロポロ

P「やよい、泣いてるじゃないか!やっぱり無理だったんだ……」

やよい「ぐっ……じゃあ……せめて、しばらくこのままで……」ポロポロ

P「やよい……」

やよい「う、うっう~、嬉しいんですよー?これで、皆と一緒ですぅー……」ポロポロ

P「やよい……」ギュゥッ

やよい「プロデューサー…………やっぱり、優しいですー……」



909: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:21:36.49 ID:zj/35me9O

P「……もう、いいだろ?そろそろ抜こう」

やよい「で、でも、さっきより痛くなくなって……」

P「それでもだ。今日はここまでにしよう、な」

やよい「んっ……!」

ズズ… プチ

P「やよいっ!」

やよい「ほら、だ、大丈夫ですよー?」

P「まったく、やせ我慢して……」

ズズズ…

やよい「んぐぅっ……!くうっ!」



910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:27:54.19 ID:zj/35me9O


やよい「ふぅ……ふぅ……、ぜ、全部……入り、ましたぁー……」

P「……無理しやがって」ナデナデ

やよい「うっうー……、プロデューサーに、撫でられましたー……んっ……」

P「ほら、まだ痛むんだろ?下手に動くな」

やよい「えへへ……プロデューサーの、おちんちん……ここに入ってるの、わかりますー……」サスサス

P「やよい……」ギュッ

やよい「ぷ、プロデューサー……?プロデューサー、あったかい……」




914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:35:04.24 ID:zj/35me9O

P「さ、もう満足したろ?抜くぞ」

やよい「うっうー、わかりましたー」

P「続きはまた今度な」

やよい「はいっ!」

P「……じゃ、抜くからな」

ズルル…

やよい「ひぐぅっ!?」

P「い、痛かったか?」

やよい「だ、大丈夫ですー……」

ズルルルっ ヌポンッ ツー

やよい「ひあぁんっ!?」

P「やよい……血が……」



915: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:42:15.55 ID:zj/35me9O

P「……綺麗にしてやるよ」ペロッ

やよい「ひゃんっ!……プロデューサー……」

P「ぺろっ……れろ……ちゅぅっ……」

やよい「んんっ!あんっ!な、なんか、痛いのと、気持ちいいのが……ぅんっ!」

P「れろっ……れろれろ……ちゅぱっ」

やよい「やっ!な、なんか!……きちゃいますぅー!」ビクビクッ

P「ちゅぱっ……ぷぅ、やよい、イッたのか……?」

やよい「き、気持ちよかったれすぅー……」



917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:48:38.09 ID:zj/35me9O


やよい「プロデューサー、また今度って、いつですかー?」

P「んー、そうだなぁ……」

やよい「私、必ずリベンジして、プロデューサーにも気持ちよくなってもらいますー!」

P「た、楽しみにしとくよ」

やよい「期待していて下さい!うっうー!」

P「じゃあ、もう遅いし、送ってくよ」

やよい「あー!忘れてましたー!」

P「なんだ?どうした?」

やよい「長介達のご飯、用意してませんでしたー……」

P「そ、それは……、あー!わかったよ!今日は皆でファミレスだ!奢ってやるよ!」

やよい「本当ですかー!?うっうー!プロデューサー太っ腹ー!」



922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 21:54:25.43 ID:zj/35me9O

P(そうして、高槻家に晩飯を奢るはめになり、手痛い出費に頭をかかえながら自宅へと戻った)

---P宅---

P「はぁー…………つ、疲れた……」

P「…………は、犯罪、だよな……」

P「……あ、そういえば亜美と真美の方が年下か……」

P「…………もういい、考えない。寝る。寝よう」








---やよい篇、完---






931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/03(木) 22:00:11.02 ID:zj/35me9O

とりあえずやよい篇終わりますたー!
途中色々ぐだったりするのはもう仕様って事で……
相変わらず保守沢山お願いしたし……ありがとうございました

ホントはあと一人このスレで出す予定だったのに、途中でハロウィンネタなんて入れるから……
なんだかんだで続けられたのは皆様のおかげです。マジで。

次はまた来週の水曜辺りにスレ立てると思います
そろそろ大詰め?まだまだこれから?その時の流れ次第です

それでは、保守、支援、ご愛読あじゅじゅしたー


元スレ
真「可愛くなりたいな」P「可愛いよ」