SS速報VIP:亜里沙「Pくん、おおきいのとちいさいの、どっちがいい?」モバP「巨乳」



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:43:50.48 ID:1tD23S7jo

亜里沙「え?」

P「ん?」

亜里沙「……お歳暮で余ったゼリーのことなんだけど」

P「あっ」

亜里沙「……Pくん?」

P「えーっと……あっ、この牛乳ゼリーってのがね……」

亜里沙「……」ゴゴゴゴ

P「じゃなくって、き、巨峰ゼリーが……」

亜里沙「そこに正座しなさい」

P「はい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389012230




2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:44:54.20 ID:1tD23S7jo

ごめんなさい。



3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:45:36.58 ID:1tD23S7jo

亜里沙「Pくん、先生は悲しい」

P「お、俺は貧乳も好きだから!」

亜里沙「(そういう問題じゃないウサ!)」モフー

P「うわぶ!」

亜里沙「普段からそんなえっちなことを考えてること、知ってるんだからねっ!」

P「な、何を根拠に……」

亜里沙「事務所にえっちな本を隠してたでしょう!」

P(バレてる)

亜里沙「しかも、お、おっぱいを使ってえっちなことする……」ゴニョニョ

P(中も読まれてる)



4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:46:06.05 ID:1tD23S7jo

亜里沙「ちひろさんと相談して、これはまずいねって話したんですよ」

P「いや、アレはな、資料だよ!」

亜里沙「……何の?」

P「沙理奈のやつが、自分の武器をもっと活かしたいということで、下品になりすぎない程度に胸を使ったやつをだな」アセアセ

P「やっぱりセクシーポーズは、ただ脱ぐだけ、見せつけるだけのエロスでは得られないということで」アセアセ

亜里沙「(下衆はちょっと黙ってるウサ!)」モフモフー

P「もがもごっ!」

亜里沙「もし、小さい子がこれを見つけたらどうするつもりだったのっ」

P「そ、それは……」

亜里沙「あと、あれを、つ、つつ、使ったのか、先生に正直に言いなさい」

P「五回くらい使いました」

亜里沙「今、先生の信頼度が5ポイントくらい下がりました」

P「正直に言ったのに!?」



5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:47:04.59 ID:1tD23S7jo

亜里沙「とにかく! そんな……えっちな目をしているプロデューサーさんは信用できません!」

P「まさかそんな! アイドルで抜いたりしてないぞ!」

亜里沙「(そういう発言が下衆だって言ってるウサ!)」モフモフモフー

P「むぐぐぐっ!」

亜里沙「……ま、おっきいのが好きなPくんは、先生には欲情しないと想いますけどぉ」

P「そんなことはないっ!」

亜里沙「ふぇ?」

P「ちゃんとLO-LI系も買ってる!」

亜里沙「先生、永眠させるの得意なんですよぉ♪」コキコキ

P「助けてください!」



6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:47:36.96 ID:1tD23S7jo

P「と、とにかくですね……さっきのは言葉の綾ですよ」

P「俺は確かに巨乳は好きですけど」

亜里沙「好きなんだ……」ショボ

P「……そ、それで、プロデュースを変えたことはありませんし」

P「そう! おっぱいが好きなのは男性心理上仕方ないことで」

亜里沙「男性はみんなそうなんだ……」ガクリ

P「それに! 亜里沙さんはそんな小さいってほどじゃないですし!」

亜里沙「(余計なお世話ウサ)」

P「ほ、ほら、よく言うじゃないですか!」

P「好きになった人のおっぱいがマイ・ベストおっぱいだって」

亜里沙「聞いたことないです」



7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:49:01.73 ID:1tD23S7jo

P「ですからね、大きければなんでもいいのかってわけじゃないんですよ!」

亜里沙(いつのまにか敬語になってる)

P「おっぱいで好きな人選ばないですよ!」

P「ただね!? 好きな人におっぱいがあったらもっと嬉しいでしょ!?」

P「ただそれだけなんですよ!!!」

P「はぁ、はぁ……」

亜里沙「……」

P「はぁ……はぁ……」

亜里沙「Pくん」

P「な、なんですか」

亜里沙「みんな見てますよ」

P「みんな……?」



8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:49:38.32 ID:1tD23S7jo

菜々「うわぁ……」

卯月「えっと……私は……」

幸子「プロデューサーさん! どういうことですか!」

みく「やったぜ」

ちひろ「やってしまいましたね」ニッコリ


P「Oh……」

亜里沙「それで、おおきいのとちいさいの、どっちがいい?」

P「……残ったのでいいです」



9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:58:31.06 ID:1tD23S7jo

――
P「はぁー」

ちひろ「どうしたんですか、プロ……ああ、変態さん」

P「誰が変態ですか! って、ちひろさん」

ちひろ「四六時中おっぱいのことばかり考えてる人はさすがに変態だと思いますよ」

P「そ、それは……ちゃんとお尻のことも考えてますよ」

ちひろ「もっとダメじゃないですか」

P「と、とにかく、おっぱいのことしか考えてないわけじゃないんで」

ちひろ「かなりおっぱいのことを考えていることは確かなんですね」

P「男ですから」

ちひろ「開き直っても傷は消えませんよ?」

P「うぐっ……」



10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:58:58.26 ID:1tD23S7jo

ちひろ「それで、変態さんはどうしたんですか、ため息なんかついて」

P「いえ、あの場にいた連中には、いろいろと誤解を解いたんですよ」

ちひろ「誤解……?」

P「俺がいやらしい変態だという誤解ですよ!」

ちひろ「真実じゃないですか」

P「と、とにかく、納得してもらったわけです」

ちひろ「ほほう」

P「菜々には体が疲れてるっていうからマッサージ機を買ってあげて……」

ちひろ「エログッズですか」

P「違います」



11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:59:28.39 ID:1tD23S7jo

P「卯月は、ちょっとお高いレストランでごちそうして……」

ちひろ「そのままお持ち帰りですか」

P「してないよ! ……コホン、で、みくとは猫カフェめぐりをして」

P「幸子は随分ご立腹だったんで、買い物に付き合いながら、お前はもっと美人になるってコンコンと説いたわけですよ」

ちひろ「この年始に……」

P「だって視線が痛いんだもん!」

ちひろ「あれ? そういえば私には何もないんですか?」

P「買ったでしょ。超得ショップ」

ちひろ「福袋第4段、1月8日まで♪」

P「ひっ」



12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 21:59:58.87 ID:1tD23S7jo

ちひろ「まあ、とにかく、モノで強引に女の子の口を塞いだんですね」

P「言い方はアレですが……まあ、そういうことです」

ちひろ「じゃあ、何をため息をついているんですか?」

P「亜里沙さんが拗ねてしまって……誘っても全然なんですよ」ハァ

ちひろ「ノロケですか? MC取りますよ?」

P「どこがノロケなんですか! 困ってるんですよ!」

ちひろ「どう困ってるんです?」

P「その、仕事の打ち合わせとかも、ツンとしちゃって……いや、話は聞いてくれるんですけど」

P「海外で水着ロケを今度こそやろうって言っても」

P「『ふーんだ、どうせ先生はPくんの胸の期待には応えられないからいいですよ~だ』」

P「……とかね」

ちひろ「そうなんですか」



13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:03:25.85 ID:1tD23S7jo

P「……まあ、拗ね亜里沙はとってもレアなんで、すごく可愛いんですがね」

ちひろ「き、気持ち悪いですよ? プロデューサーさん」

P「だって拗ね亜里沙ですよ!」

ちひろ「よく分かりませんけど、まあ、あまり拗ねたりはしない人ですよね」

P「貴重なんです! ほらコレ!」バッ

ちひろ「なんですか? 『亜里沙パターン表』……?」


□亜里沙パターン表!
◯先生亜里沙:保育士の資格柄、自分を先生という。引率等を引き受ける頼もしい亜里沙。指導をしたり、お願いを言う時に出てくる。

◯姉亜里沙(仕事):歌のおねえさん等、仕事上のお姉さんキャラ。動きが大ぶりでかっこいい。亜里沙の基本形。

◯女王亜里沙:クイーンキャラ。ノリノリで二人組を作らせたりするが、自分では似合わないと思っているらしい。お仕事用と言いつつ、ちょっと楽しそう。

◯姉亜里沙(私用):膝枕や添い寝をしてくれるお姉さん亜里沙。お姉さんでいたいな、と言ってよく撫でてくれる。二人きりになるときはこれが好きなようだ。

◯酔いどれ亜里沙:酔っ払うと相手が潰れるまで自分も飲み続ける。面倒を見ているのかなと思っていたら沙理奈と早苗さんが潰れていた。

◯照れ亜里沙:ウサコちゃんを使って、照れ隠しをしたりする。褒めるとよく出てくる。

◯甘え亜里沙:ウサコちゃんを外して積極的にスリスリしてくることがある。自分から甘えるのは苦手らしく、極稀に出てくる。

◯拗ね亜里沙:珍しい。めったに見れない。かわいい。



ちひろ「……気持ち悪いんですけど」

P「照れますね」



14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:03:55.42 ID:1tD23S7jo

ちひろ「あっ!? っていうか、仕事しながらこれを書いてたんですか!?」

P「あっ、バレた」

ちひろ「何やってるんですか! 減給ですよ、減給!」

P「ち、ちょっと待っていただきたい!」

ちひろ「なんでしょう」

P「これは、いわば、プロデュース用の資料ですよ!」

ちひろ「巨乳のエロ本についても同じようなことを言ってましたね」

P「それはそれ、これはこれ」

ちひろ「もう、今度からヒールしてあげませんよ!」

P「そんなッ!」



15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:04:26.34 ID:1tD23S7jo

P「ま、まあ、とにかくですね。こう、何か仲直りするきっかけがほしいんです」

P「いくらかわいくても、これじゃ仕事にならないですし」

P「そんな冷戦状態で過ごすのは、お互いにとって良くないでしょ?」

ちひろ「ふーむ」

P「何かいい案はないですかね」

ちひろ「巨乳を捨てればいいんじゃないですかね」

P「お、俺は乳なんて持ってないですよ」

ちひろ「いえ、乳に対するこだわりを捨てるんです」

P「何言ってるんですか、おっぱいに惹かれるのは自然の摂理ですよ」

ちひろ「甘いっ!」

P「何がっ!?」



16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:04:52.32 ID:1tD23S7jo

ちひろ「プロデューサーさんは、自然に任せて、ただ欲望のままに巨乳が好きですと言ってしまったんです」

ちひろ「それがそもそもの始まりで、誤りなんですね」

P「そんな……」

ちひろ「おっぱいについて、漫然と大きければいいやって思ってたんじゃないですか?」

P「そ、それは……」

ちひろ「もちろん、プロデューサーさんがそれだけに流されず、ちゃんと仕事をしてきたことは私も知っています」

ちひろ「ただ、自分が本当は何を選ぶべきなのかを、曖昧にしてきたのではないですか?」

P「……」

ちひろ「大きくしたくてもなかなかならない娘だっているということを、分かっていますか?」

P「確かに……」

ちひろ「本当におっぱいを愛するなら、何が最も大切なのか、考えないと」

ちひろ「何かを選ばなくてはいけないことが、人生には必ずあるはずです」

P「そうですね……」



17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:05:19.67 ID:1tD23S7jo

ちひろ「まあ、とにかく、今度の一件での自分の言葉を思い出してみては?」

ちひろ「いくら怒らせるようなおっぱい話をしたとしても、長引くにはそれなりの理由があるはず」

ちひろ「何か亜里沙さんに引っかかることを言ったんじゃありませんか?」

P「なるほど、それも確かにそうだ」

ちひろ「かくいう私も、学生時代は乳揺れ研究会に所属し……」

P「ん?」

ちひろ「い、いえ、なんでもありません」

P「そういや、なんかさっきから愛海みたいなセリフを」

ちひろ「なんでもありません!」

P「あ、ちょっと」



18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:05:51.16 ID:1tD23S7jo

P「追い出されてしまった」

P「……う~ん、まあ、仕方ない。少し考えてみるか」

P「あの時、俺は『おっぱいがすべてじゃない』的なことを言ったはずだ」

P「そのことについては、怒ってなかった、と思う」

P「むしろえっちなことを考えてたことを怒られたような……」

P「い、いやいや、普段の仕事中はエロスを排除してやってたわけで」

P「事務所にうっかり持ち込んでしまったことはちゃんと反省して謝ったし」

P「いや、でも、えっちなことを考えるのは男なら当然……」ハッ

P「男なら当然、というところが癪に触ったのか?」

P「し、しかし、おっぱいが嫌いなんて言えないし」

P「それに、おっぱいが好きであっても、俺は好きな人自体はおっぱいでは選ばない!」

P「そもそも自分が選択できるほどの男だなんて思ってないし……」



19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:06:27.64 ID:1tD23S7jo



亜里沙『Pくん、おおきいのとちいさいの、どっちがいい?』


P「……」


亜里沙『どっちがいい?』


P「……」


亜里沙『どっち……?』


P「……!」


亜里沙『おおきいのとちいさいの、どっちがいい?』

P『……残ったのでいいです』


P「そうか……」



20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:07:12.35 ID:1tD23S7jo

――
亜里沙「……う~ん、胸、胸かぁ」

亜里沙「ウサコちゃん、どうして男の子はおっぱいが大きい人が好きなの?」

亜里沙「(男はみんなドスケベ変態野郎だからウサ!)」

亜里沙「じゃあ、そんな男の子はどうしたらいいのかな?」

亜里沙「(この世から抹消すればいいウサ!)」

亜里沙「……」

亜里沙「まあ、抹消しても仕方ないよね」

亜里沙「前の仕事の時は全然気にしなかったんだけどなぁ」

亜里沙「今もそこまで気にしてるわけじゃないけど……」

亜里沙「……」



21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:08:24.38 ID:1tD23S7jo

亜里沙「大体、プロデューサーさんが人を怒らせるようなことを言うから」

亜里沙「むー」

亜里沙「……でも、私がおねえさんぽく、許してあげないと」

亜里沙「うーん……」ゴロゴロ


ダダダダダッ……


P「亜里沙!」

亜里沙「は、はい?」

P「ごめんなさい!」

亜里沙「……あ、は、はい」



22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:09:05.02 ID:1tD23S7jo

P「俺が間違ってました!」

亜里沙「えーと、そ、そう」

P「俺は、聞かれたことにちゃんと答えず、ただおっぱいについても受け身だった」

亜里沙「…………そう」

P「残ったもの、余ったものが自分にくればいいや、なんて思っていたんだ」

亜里沙「んん?」

P「はっきり言うよ、俺はオレンジゼリーが好きなんだって」

P「大きいか小さいかじゃなくって、ほしい物をほしいって言う」

亜里沙「う、うん」

P「これからも、俺に亜里沙をプロデュースさせてください!!」

亜里沙「あ……」


亜里沙「……はいっ」



24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:09:53.18 ID:1tD23S7jo

P「……」

亜里沙「……えへへ」


菜々「ヒューヒューだよっ」

卯月「なんかプロポーズみたいでしたね~」

幸子「(憤怒)」

みく「なんでにゃ!」

ちひろ「仲直り記念に撮っておきましょう」パシャリ


P「ちゃうねん」

亜里沙「全然誤解じゃないですよっ」だきっ



その後、Pは事務所引き回しの上、見られた四人に一人ひとり「プロポーズ」させられたという。

なお、亜里沙さんは暫くの間、「なんか久しぶりにデートしてきたお母さんみたい」と評されるほど上機嫌だった。



25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:12:02.23 ID:1tD23S7jo

おしまい。

みなさん、イベントお疲れ様です。
21歳なのにお母さんの風格がある亜里沙さんが好きです。


元スレ
SS速報VIP:亜里沙「Pくん、おおきいのとちいさいの、どっちがいい?」モバP「巨乳」