1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 21:15:50.98 ID:jSEn+Ye2O

---765プロ事務所---

カタカタカタ…

P「朝一で誰も居ないと、仕事が捗るな」

ガチャ

「プロデューサー、おはようございますぅ」

P「おお、おはよう雪……小鳥さん!?」

小鳥「雪歩ちゃんだと思いました?残念!小鳥ちゃんでしたー!」

P「…………」

小鳥「…………」ピヨッ

P「…………」カタカタカタ…

小鳥「な、何か反応して下さいよー!」ピヨーッ



---真・小鳥篇---



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 21:23:03.07 ID:jSEn+Ye2O

小鳥「え!?これはまた私の流れ!?まさか、”真”って付いたからって真ちゃんが出てきたりしないわよね!?」

P「何のことを言っているかわかりませんが、集中しているんで静かにして下さい。あと早く準備して自分の仕事して下さい」

小鳥「もう、プロデューサーさんったら……私とプロデューサーさんの仲じゃないですか、もっとフレンドリーに話して下さいよー」ピヨッ

P「それは、被害者と加害者の仲だと捉えていいんですか?」

小鳥「そんなぁ!あの夜、あんなに激しくお互いを求めあったのに……」

P「どうやら俺と小鳥さんの記憶には齟齬が発生しているみたいですね」

小鳥「そ、そんなはずないですよ!……あの夜は確か……」



5: お待たせしましたすみません。雪歩デートは多分小鳥さん終わったら 2011/11/30(水) 21:30:28.60 ID:jSEn+Ye2O

~回想~

小鳥「プロデューサーさぁん……私、酔っちゃいましたぁ……」ぴよ~

P「そんな状態で俺の家に来るなんて……覚悟、出来てるんですよね?」

小鳥「…………はい」カァァ

P「じゃあ、してほしい事、ちゃんと言ってみて下さい」

小鳥「わ、私の……私の、初めて……もらって下さい!」

P「よく言えました」ナデナデ

小鳥「うぅぅ……」カァァ

P「俺の為に、今まで初めてを取っておいてくれたんですね……嬉しいです」

小鳥「プロデューサーさん……」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 21:36:20.75 ID:jSEn+Ye2O

P「小鳥さん……全部、俺に任せて下さい」

小鳥「はい……私の全てを……プロデューサーさんに、捧げます……」

もにゅ むにゅ クチュ クチュ

小鳥「ああんっ!そ、そんないっぺんにっ……!」

P「大丈夫だから……任せて……」

クチュ クチュ

小鳥「ぷ、プロデューサーさん、私、もう……!」

P「俺ももう我慢の限界だ……入れるぞ、小鳥……」

小鳥「はい……お願いしますっ……!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 21:42:03.52 ID:jSEn+Ye2O


ツプッ…ズズズ

小鳥「んっ!ぷ、プロデューサーさんのが……入って……」

ズズズ…プチップツツッ

小鳥「いっ……!痛いっ!」

P「大丈夫か、小鳥……!」

小鳥「だ、大丈夫です……続けて下さいっ……」

ズズズ…ズプッ

小鳥「くうぅっ!んっ!」

P「……もう大丈夫だ、全部入ったよ」

小鳥「はい……!プロデューサーさんが、私の中に……!」

P「ああ、嬉しいよ、小鳥と一つになれて」

小鳥「プロデューサーさん……私もです!」



15: >>9だいたい合ってる。あと今朝というか昨日の深夜もなんか書いた 2011/11/30(水) 21:51:20.81 ID:jSEn+Ye2O

P「小鳥、動くぞ……」

ズリュ ズリュ ズプッ

小鳥「んっ!あっ!あっ!いいっ!気持ちいいです、プロデューサーさんっ!」

P「小鳥の中、凄く気持ちいいぞ……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

小鳥「あっ!ああっ!プロデューサーさんっ!んんっ!」

P「小鳥……俺、もうっ……!」

小鳥「だめっ!な、中はっ!中はダメですよぉっ!」

P「小鳥ぃぃぃっ!」

ビュルルルッ ビュルルルッ ビュルルルーーーッ

小鳥「ああああぁぁぁぁぁーっ!!!」



…………





17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 21:57:13.53 ID:jSEn+Ye2O

~回想終わり~

小鳥「プロデューサーさんったら、ダメって言ったのに私の中に……」

P「おい」

小鳥「そのあとのピロートークでは、私を可愛いとか、若々しいとか、アイドルの皆にも負けてないとかおだてちゃって……」

P「おいそこの鳥」

小鳥「もうっ、お姉さんをからかうんじゃありませんっ!て……」

P「おいこら小鳥」

小鳥「ふぇっ!?い、今、私の事、小鳥って……」ピヨッ

P「妄想はその辺にしておいて下さい、小鳥さん」

小鳥「ま、また小鳥さんに戻ってる……」ピヨ…

P「真実はこうでしたよね……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 22:06:27.72 ID:jSEn+Ye2O

~Pの回想~

P(あれは、亜美真美、伊織にやよいと小鳥さん、俺とで焼鳥屋から帰った時だった……)

P(皆は日中の活動が忙しかったのせいか、眠りこけてしまっていた。……俺と小鳥さん以外。そして……)

小鳥「プロデューサーさん……」

P「こ、小鳥さん、何を……」

小鳥「わかってるんでしょ?さぁ……」

P「ちょっ、待っ……」



25: >>20このスレ内でやる予定。あんま期待しないでね 2011/11/30(水) 22:16:14.75 ID:jSEn+Ye2O


チュッ…ムチュゥッ

P「んむっ!?むっ……んんっ……」

小鳥「んちゅ……ちゅ……ちゅうっ……っぷふぅ……」

P「っぷはっ……!こ、小鳥さん……」

小鳥「うふふっ……ごちそうさまでした」

P「小鳥さん、いきなり何するんですか……」

小鳥「い、嫌……でしたか?」ピヨ…

P「そ、そんな事はないですけど……いきなりというか、なんというか……」

小鳥「皆は良くて、私はダメなんですか……?」ピヨ?

P「こ、小鳥さん…………な、何の事、で

小鳥「気づかないはずないじゃないですか。事務所であんなにイチャイチャして」

P「……で、ですよねー」




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 22:24:19.33 ID:jSEn+Ye2O

小鳥「と、いうわけで!私もプロデューサーさんとイチャイチャしたいんです!」

P「……と、言われても……」

小鳥「いいからプロデューサーさんは流れに身を任せて下さい!私が好きなようにしますから」

P「そんな無茶苦茶な……」

小鳥「よいしょっと……」ヌギヌギ

P「ちょっ!?いきなり脱ぎださないで下さい!(”よいしょ”って……)」

小鳥「あ、あれ?普通脱ぐものじゃないんですか?あ、着たままがいいってやつですか?」

P「そ、そういう事じゃ無く……」

小鳥「い、いいんですよ?プロデューサーさんがそういうのが趣味なら、合わせますから……」

P「ああもうっ!会話のキャッチボールをして下さい!」

小鳥「私、キャッチボール苦手なんですよね」

P「そんなことは聞いてませんから!」



33: 見つけた系のAAが恐過ぎる件…… 2011/11/30(水) 22:33:56.40 ID:jSEn+Ye2O

小鳥「じゃあ、間を取って上だけ脱ぎますね?」ヌギヌギ スルッ パサッ

P「なんの間を取ったんですか!?(け、結構大きい……)」

小鳥「……とか言っておきながら、しっかり胸は見るんですね」

P「そ、それは、その……すみません」

小鳥「いいんですよ?見てもらう為に脱いでいるんですから……んっしょ……」プチッ スルッ

P「…………(ゴクリッ)」ムクッ

小鳥「……あ、あの……流石にそんな見つめられると恥ずかしいです……」カァァ

P「す、すみません……」

小鳥「ふふっ、いいんですよ。……プロデューサーさんのも、見せて下さいね?」カチャカチャ ズルッ

P「ぬわぁっ!?こ、小鳥さん!」

小鳥「これがプロデューサーさんのおちん……デカっ!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 22:45:24.71 ID:jSEn+Ye2O

P「そんなに大きくはないかと……ってかまだ半勃ちですし……」

小鳥「う、嘘……こんな大きいなんて……私のイメージだと太いマジックペンくらいだと思ってたのに……」

P「あ、あの……」

小鳥「いいえ小鳥、これはチャンスなのよ!こんな機会、またとないわ!だから、勇気を出して……!」

P「独り言ですか……」

小鳥「小鳥、いきまーすっ!」パクッ

P「はうぁっ!」

ジュポッ ジュポッ

小鳥「んっ……、んっ……(く、口一杯にプロデューサーのが……)」

P「くっ……あっ……」ムクムクッ

小鳥「んぐっ!?んむぅっ!(さ、さらに大きくなった!?あ、顎が……)」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 22:53:59.52 ID:jSEn+Ye2O

小鳥「んっ……!んむっ……!(く、苦し……)」

ジュポッ ジュポッ

P「こ、小鳥さん、もうっ、もういいですから!」

小鳥「んぷはぁっ!……はぁ……はぁ……うぅ……」

P「もう止めましょうよ。皆そこらで寝てますし、こんな事……(バレたら四人全員が求めてくるんだろうなぁ……)」

小鳥「……うふふ、スリルがあっていいじゃないですか」

P「スリルって……」

小鳥「私の方も、覚悟は出来てます!ですから、そろそろ……」クチュ

P「小鳥さん……(覚悟?)」

小鳥「……入れますよ、プロデューサーさん」

チュプッ



42: >>37M属性はもう律子に付属済みなので… 2011/11/30(水) 23:02:27.07 ID:jSEn+Ye2O


ズプッ…ズズズ…ブチッ

小鳥「いい゙っ!?」

P「こ、小鳥さん……?」

ズズズ…ブチッ プチッ

小鳥「ひぐぅっ!ぐっ……!んぐぅっ……!」

P「小鳥さん、まさか……」

…ズプッ

小鳥「ふぅ、ふぅ……は、入り……ましたね……」

P「小鳥さん、まさか初めて……」

小鳥「わ、私の、初めて……奪われちゃいましたね……プロデューサーさんに……」

P「いや、奪わさせられたというか、むしろこっちが犯されたみたいな……」

小鳥「せ、責任……取って、下さい、ね……」

P「なんでそうなる!?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 23:10:49.85 ID:jSEn+Ye2O

小鳥「拒否しようと思えば、出来たはずですよ?」

P「いや、まさかその歳でしたこと無かったなんて思わな

小鳥「ぴよーーーっ!!」ピヨーーーッ

P「っ!?」ビクンッ

小鳥「て、貞操観念がしっかりしてたんです!」

P「……じゃあ、なんで今こんな事になってるんですか?今までのその貞操観念とやらがぶち壊しじゃないですか」

小鳥「そ、それは……プロデューサーさんと生涯共に過ごそうと思ったからですよ!言わせないで下さい、恥ずかしい……」カァァ

P「そんな勝手な……、俺の意思は無視ですか」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 23:18:05.45 ID:jSEn+Ye2O

小鳥「……あ、話してたら少し痛みが引いてきました」

P「もう、いいから止めましょうよ。皆起きたらどうするんですか?」

小鳥「プロデューサーさんを譲る気はありませんよ?」

P「そういう問題ではなくてですね……」

小鳥「動きますねー」ピヨッ

P「人の話を聞いて下さい!」

ズチュッ ヌチッ ズヌッ

P「くっ……ほ、ほんとにっ……」

小鳥「いっ……!んっ……!ひっ……!」

ズリュ ズチュ ズチュ





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 23:29:16.19 ID:jSEn+Ye2O


ズチュ ズチュ ジュリュッ

小鳥「ひぃっ……!ぎっ……!っ……!」

P「くっ……、こ、小鳥さん……、無理しないで……」

ジュブッ ズチュ ズプッ

小鳥「む、むり、なんて……っ!し、してない、ですよ……んくぅっ!」

P「してるじゃないですか……」

ジュプッ ズチュ ズリュ

小鳥「いぅっ……!こ、これがいいんですよっ!」

P「小鳥さん、マゾだったんですか」

小鳥「ち、違いますっ!」ピヨッ

P(……どうだか)



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 23:37:10.89 ID:jSEn+Ye2O


ズプッ ジュプッ ジュプッ

小鳥「あっ、んっ、あっ、あっ……」

P「はっ……はっ……、だ、だいぶ良くなってきたみたいですね」

小鳥「んっ、あっ、は、はいっ……あぁっ!」

ジュプッ ジュプッジュプッ

P「小鳥さん、俺もう……」

小鳥「あっ、くっ、下さいっ!わ、私の……中に下さいっ!」

ジュプッジュプッジュプッ

P「くっ……、ダメですっ、抜きますよっ!」

小鳥「ダメぇっ!抜いちゃダメっ!」ガシッ ギュゥッ

P「んわっ!?(む、胸が密着してっ……!?くっ!!)」

ビュルルルッ ビュルルッ ビュッ

小鳥「ああぁぁぁっ!!」ビクンッ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 23:43:50.90 ID:jSEn+Ye2O

~回想終わり~

P「そのあと何度も無理矢理中出しさせられて……うぅ……」メソメソ

小鳥「まあまあ、元気出して下さい」

P「だ、誰のせいで落ち込んでると思ってるんですか!」

小鳥「あれだけ中に出されたら、もう妊娠確実っ!ってやつかしら?」

P「ううぅ……」メソメソ

ガチャ

春香「おっはようございまーす!」

やよい「うっうー!おはようございますー!」





62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30(水) 23:53:39.23 ID:jSEn+Ye2O

春香「あっ!小鳥さん、またプロデューサーさんを虐めてる!」

やよい「うっうー!駄目ですよー、プロデューサー可哀相ですー!」

春香「そうですよ!それに、プロデューサーさんを虐めて良いのは私だけなんですから!」

やよい「……春香さーん?」

春香「じ、冗談だよ、やよいちゃん……」

やよい「もう大丈夫ですからね、プロデューサー」ナデナデ

Pがソファーに座ってるから手が届く

P「や、やよいぃ~」ギュウッ

やよい「きゃぁっ……もぅ、プロデューサーは甘えん坊さんですねー」ナデナデ



春香小鳥「なんか全部持って行かれた気がする……」ぐぬぬ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 00:02:37.19 ID:9GaAfr72O


ガチャ

真「おはようございます!」

美希「なのー」

真「挨拶を省略しちゃ駄目だよ、美希」

美希「はーい、なの……あ、ハニー!」

真「おはようございます、プロデューサー!……なんでやよいに撫でられてるんですか?」

P「まぁ、ちょっとな……」ホロリ

美希「ミキもハニーを撫でてあげるね」ナデナデ

真「あっ!じ、じゃあボクも……」ナデナデ

P「あ、ありがとう……(何なんだこの状況は……)」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 00:10:19.07 ID:9GaAfr72O

P「皆ありがとう、もう大丈夫だ」

やよい「元気になってよかったですー!」

真「元気が一番ですよ、プロデューサー!」

美希「やっぱりハニーはミキがいなきゃダメなの!」

P「さて、元気も出たし、今日も張り切っていきますか!」

『おー!』

小鳥「……プロデューサーさん?」

P「こ、小鳥さん、まだ何か……」

小鳥「今夜、また私たち残業ですよね?」

P「ま、まあ、恐らくは……」

小鳥「……今夜もお願いしますね?」ピヨッ☆



---真・小鳥篇、完---



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 00:37:27.58 ID:9GaAfr72O

~その日の夜~

---765プロ事務所---

P「…………」カタカタカタカタ…

小鳥「…………」カタカタカタカタ…

律子「…………」ウツラウツラ

P「……律子、終わったんなら帰っていいんだぞ?」カタカタカタカタ…

律子「んひゃいっ!?」ガバッ

P「何も俺達を待つ事ないんだからな?……あと涎出てる」

律子「んぃっ!」ゴシゴシ

律子「で、でも、私だけ先になんて……」

P「律子の仕事は終わったんだろ?だったら……」

律子「手伝いますよ、プロデューサー殿の分」



小鳥(……律子さん、早く帰らないかしら……)ピヨピヨ



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 00:46:42.01 ID:9GaAfr72O

P「あんまり遅くなると、俺が心配になるんだよ。だから、今のうちに帰ってくれよ」

律子「プロデューサー殿……だったら送ってくれればいいのに……」ボソッ

P「ん?なんだって?」

律子「……なんでもないです!じゃあ、お先に失礼しますね?」

小鳥「はい。お疲れ様でした(やった!これで……)」

律子「……小鳥さん、程々にしておいて下さいね?」

小鳥「う……は、はい……(バレてる……)」ピヨ…

律子「では、また明日!」

ガチャ バタン



小鳥(き、キタ!私とプロデューサーさんの二人の時間キタ!これで勝つるっ!)



---続・小鳥篇---




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 00:52:35.60 ID:9GaAfr72O

P「…………」カタカタカタカタ…

小鳥「…………」カタカタカタカタ…

小鳥(まあ、とは言ってもお仕事片付けるまで何も出来ないのよね……)カタカタカタカタ…

カタカタカタカタ…ターンッ

P「……ふぅ、少し休憩しませんか?」

小鳥「そうですね。あ、コーヒーでも飲みますか?」

P「いいですね。お願いします」

小鳥(来たっ!チャンス到来っ!)



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 01:02:57.31 ID:9GaAfr72O

P「ゴクッ……ふぅ」コトッ

小鳥「お疲れ様です」

P「小鳥さんこそ、お疲れ様です。……以前より格段に忙しくなりましたね」

小鳥「そうですねー。皆、かなり売れっ子になってきましたから」

P「嬉しいやら、大変やら……あはは」

小鳥「これも、プロデューサーさんのお陰、なんでしょうか」

P「いや、俺は皆の魅力を伝える手伝いをしただけですよ。人気なのは、皆が努力した結果です」

小鳥「ご謙遜。……でも、ホントここ最近ですよね、こんなに忙しくなったの」

P「そうですね。皆何かが変わったのかな?」

小鳥「それは……」



98: 馬鹿な……急に眠気が…… 2011/12/01(木) 01:14:26.79 ID:9GaAfr72O

P「ま、皆人を魅了する力がアップしたって事かな?」

小鳥「……そういう事にしておきましょうか」

P「なんかスッキリしませんね、小鳥さん」

小鳥「じゃあホントの事がわかるまで、モヤモヤしていて下さい」クスッ

P「……なんか悔しいな」

小鳥「そんなことより、プロデューサーさん……」

P「な、なんですか……?」

小鳥「朝言った事、覚えてますか……」

P「な、何でしたっけー?」

小鳥「もう、覚えてるくせに……」




103: エロくなってくると眠くなる法則…今夜は頑張るって決めたのに… 2011/12/01(木) 01:28:10.12 ID:9GaAfr72O

小鳥「せっかく二人っきりなんですから、少しだけ……」

P「でも、まだ仕事が……」

小鳥「いいじゃないですか」スルッ パサッ

P「こ、小鳥さん……」

小鳥「わ、私ばかり脱ぐのは不公平です。プロデューサーさんも脱いで下さいよ」

P「そんな勝手な……」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 01:36:02.01 ID:9GaAfr72O


チュッ…チュパッ…レロッ…

小鳥「んむ……んふぅ……っはぁ……はぁ……」

P「ぷはぁっ……小鳥さん、前より上手くなってますね、キス」

小鳥「あ、ありがとうございます」

小鳥「……なんか、事務所で裸でこんな事してるって思うと、興奮しませんか?」

P「……そうですね」

P(まぁ、初めてもここのソファーだったんだけど……)

小鳥「この状況だけで私、もうこんなに……」ヌチュ…



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 01:44:42.44 ID:9GaAfr72O

P「小鳥さんって、えっちで変態だったんですね」

小鳥「そんなっ、変態だなんて……」

P「だってそうじゃないですか。事務所で裸になって濡らすなんて……変態ですよ」

小鳥「わ、私は、その……」

P「普段皆が使ってる事務所でこんな事して、濡れちゃったんですよね?」

小鳥「うぅ……」

P「……小鳥さんは、変態です」ボソッ

小鳥「っ!」ジュンッ



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 01:54:59.03 ID:9GaAfr72O

P「ほら、こんなに濡れて……」クチュ…

小鳥「ひぅっ!?……んっ」ビクッ

P「これなら、すぐに入っちゃいそうですね」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん……?」

P「……小鳥さん、窓に両手をついて下さい」

小鳥「えっ?……冗談、ですよね?外から見えちゃいますよ?」

P「誰も一ビルの窓なんて見ませんから大丈夫です。さあ、早く」

小鳥「プロデューサーさん……」



113: お、俺を眠らせてくれよ…… 2011/12/01(木) 02:04:35.36 ID:9GaAfr72O

小鳥「……これで、いいですか?」カァァ

P「ええ、とてもいい眺めですよ」

小鳥「あ、あんまり見ないで下さいっ!」

P「あんまり大きな声を出すと、外に聞こえて見られちゃうかもしれませんよ?」

小鳥「っ!」ビクッ

P「そう、それでいいんですよ」

ズプウッ

小鳥「ひいぃっ!?」

P「凄い、すんなり入った……興奮し過ぎて、ココとろとろですよ、小鳥さん」

小鳥「い、いわ、言わないでぇっ……」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 02:12:54.21 ID:9GaAfr72O

P「……動きますよ」

ジュプッ ジュプッ

小鳥「んっ!んっ、んっ……」

P「……これだけ濡れてればもう、もっと早くしても大丈夫そうですね」

小鳥「やっ……だめっ……!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

小鳥「ひっ!いっ!あっ!あっ!ああっ!」

P「はぁ……い、いいですよ、小鳥さんの中……」

小鳥「あっ!あっ!だめっ!激しっ!いっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ




117: 眠……寝落ちしそう…… 2011/12/01(木) 02:26:09.26 ID:9GaAfr72O


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

小鳥「あっ!んっ!は、激しっ!すぎっ!あっ!」

小鳥(む、胸が窓に押し付けられてるっ……!)

P「はっ、はっ、はっ……」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

小鳥「あっ!あっ!うんっ!うっ!」

P「くっ、はっ、……ほら、小鳥さん、外に人が居ますよ…」

小鳥「っ!……っ!ぁっ……!」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 02:40:08.22 ID:9GaAfr72O

P「くっ……急に締め付けが……」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

小鳥「……っ!はっ……!あっ!」

P「こ、小鳥さん……俺、もう……!」

小鳥「はっ!はっ!あっ!くうっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「くっ……もう、射精るっ!」

小鳥「い、イクっ!い、いいっ……!」

ビュルルルッ ビュルルッ ビュルルルッ

小鳥「いいいあぁぁぁぁっ!!」ビクッ ビクビクッ



小鳥「はっ……はっ……」トクンッ トクンッ





123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 02:54:17.77 ID:9GaAfr72O

P「…………」

ジュプッ ジュプッ

小鳥「ひぁあっ!?ら、らめれすよっ!つ、続けてなんて……!」

P「……すみません、なんか火がついちゃいました」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

小鳥「あっ!ひっ!らめっ!か、感じっ!過ぎっ、ますっ!」

P「はぁ……はぁ……す、すみません……」

ジュプッジュプッジュプッ

…………
………
……







125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 02:59:56.97 ID:9GaAfr72O

~明け方~

小鳥「ぁ……ぁひ……ぇぅ…………」コプゥッ

P「はぁ……はぁ……、さ、流石に疲れた……」

小鳥「ぁ……ぅ……」

P「小鳥さん?……ダメだ、凄いだらしない顔になってる……」

小鳥「……スゥ……スゥ……」

P「……寝ちゃったのか?」

P「……ていうか、仕事あれから全然進んでない!や、やばい……、小鳥さんも起きて!」ユサユサ

小鳥「うぅん……プロデューサーさん……大好きっ……」



---続・小鳥篇、完---





149: 保守ありがとうございました 2011/12/01(木) 07:43:15.54 ID:9GaAfr72O

~休日、朝~

---P宅---

P「さて、そろそろかな……」

ピンポーン

P「来たかな……はいはーい」

ガチャ

雪歩「お、おお、おはようございますぅ!」

P「おはよう、雪歩」

雪歩「きょっ、きょきょ、今日は、よ、よろしく、お願いしますぅ!」

P「ああ、よろしくな」ポンポン

雪歩「は、はいぃ……」カァァ



---雪歩デート篇---





152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 07:57:25.46 ID:9GaAfr72O

P「さて、じゃあ今日はどうしようか。何するか決めてるのか?」

雪歩「い、いいえ!全部プロデューサーにお任せしますぅ!」カチコチ

P「何緊張してるんだ?ほら、リラックス、リラックス」肩モミモミ

雪歩「だ、だって……で、でで、デート……なんて、初めてで、しかも、ぷ、プロデューサーとなんて……」

P「いつも通りでいいんだよ。楽しむ為のデートだろ?ほら、リラックスして」胸モミモミ

雪歩「ふぁっ……!きゃあぁっ!!」バシンッ

P「へぶぅっ!」ドシンッ

雪歩「あ……ご、ごめんなさい、つい……」

P「い、いや、俺の方こそ調子に乗りすぎた、すまない……でも、いつもの雪歩に戻ったな」




154: 相変わらず遅くてすいません 2011/12/01(木) 08:08:20.70 ID:9GaAfr72O

P「さて、じゃあ俺の決めた場所に行くって事でいいか?」

雪歩「はい、お任せしますぅ」

P「それじゃあ、若干遠出になるから、車で行くか」



---車内---

P「さて、俺も久しぶりだからカーナビ頼りで行くか」ピッピッ

カーナビ「ルートガイドを、開始します」

雪歩「何処に連れていってくれるんですかぁ?遊園地は春香ちゃんと美希さんとだったし、動物園は響ちゃんと……」

P「うっ……(そういや、今までのデート全部知ってるのか……)」

雪歩「楽しみですぅ」

P「ははは……(まだ誰とも行ってない場所にして正解だったな……)」



160: 再開 2011/12/01(木) 08:50:32.64 ID:9GaAfr72O


ブロロロロロ…

P「ラジオでもつけるか」カチ

ラジオ「--て、今日は最近人気のアイドル、星井美希さんに迫ってみましょう」

P「お、美希の話題か。」

雪歩「……いいなぁ」

P「雪歩だって最近人気出てきただろ?」

雪歩「そう……ですけど……」

P「……何か不満か?」

雪歩「いえ、不満というか……、もっと頑張らなきゃって」

P「雪歩は頑張ってるぞ?」

雪歩「でも、他の皆と比べると、私だけ遅れてる気がして……」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 09:02:01.24 ID:9GaAfr72O

P「ま、向上心があるのは良いことだな」

雪歩「私、もっと頑張りますぅ!皆に負けないように!アイドルの事も……プロデューサーの事も」

P「ははっ…………、雪歩も変わったな」

雪歩「そ、そうですかぁ?」

P「ああ、初めはもっと気弱で、アイドルになったのもそんな自分を変える為って理由だったしな」

雪歩「今でも気が弱いのは変わってませんよぉ……ちんちくりんだし、犬も苦手で……」

P「でも、ちゃんとライブも出来るようになったし、男嫌いも治っただろ?」

雪歩「それは、プロデューサーが……」

P「俺?俺がどうかしたのか?」



164: >>161可愛いな、こんなんあったのか 2011/12/01(木) 09:16:20.44 ID:9GaAfr72O

雪歩「プロデューサーのおかげで、男の人が苦手だったのが、そうじゃなくなったんですよ?」

P「俺、何かしたかなぁ……」

雪歩「ふふっ、何もしなかったのがよかったんですぅ」

P「何もしないのが?」

雪歩「はい。プロデューサーはあまり大きな声も出さなかったし、怒ったりもしませんでした。普通に、優しく接してくれたのが、とても嬉しかったんですぅ」

P「ホントに普通に接してただけなんだが」

雪歩「そんなプロデューサーだから、……その、す、すす……ス、キ……に……」ゴニョゴニョ

P「ん?なんだって?」

雪歩「だ、だから、……す、ス

カーナビ「今の交差点、右です」

P「なんで通り過ぎてからアナウンスするんだよ!?……で、なんだって?」

雪歩「うぅ……な、なんでもないですぅ……」



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 09:27:12.67 ID:9GaAfr72O


ブロロロロロ…キィ

P「さ、着いたぞ」

雪歩「ここって……」

---水族館---

P「嫌だったか?」

雪歩「い、いえ、そんな……プロデューサーと一緒なら何処だって……」

P「皆そう言うけど、家でゴロゴロしたいって言うと嫌がるんだよな」

雪歩「うふふ、春香ちゃんとかそうですよね」

P「あー、そういや最初の頃はそうだったな……ってか、あんまり人の過去をのぞき見するような事はやめような」

雪歩「ご、ごめんなさい、つい……」



168: >>167ネタが……無いんです…… 2011/12/01(木) 09:41:05.22 ID:9GaAfr72O

P「さ、入るか。……すみません、大人一枚と中学生一枚で」

雪歩「そんな、プロデュ……もごっ」

P「いいからいいから」



---水族館内---

雪歩「プロデューサー酷いですぅ、いくら私がちんちくりんだからって、中学生だなんて……」

P「あはは、悪かったよ。でも通ったろ?」

雪歩「ううぅ……はい……」

P「安くすんだんだから良いじゃないか。それよりせっかくの水族館を楽しもう、な?」

雪歩「なんか納得できませんよぉ……」



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 09:55:36.45 ID:9GaAfr72O

~数分後~

雪歩「あ、あの魚可愛いですぅ」

P「どれどれ?ああ、カクレクマノミか。アニメ映画の主役になるくらいだし、人気なんだろうな」

雪歩「へぇ……可愛い……」ジーッ

P(あっさり機嫌が治ってしまう辺り、まだ子供っぽいというか、なんというか……)

雪歩「あ、あっちの水槽、面白い形してますぅ」タッタッタッ

P「雪歩、あんまりはしゃぐと転ぶぞ?」

雪歩「春香ちゃんじゃないんですから、大丈夫で……きゃっ」ツマヅキ

ドシンッ

P「ほら、言わんこっちゃない……雪歩、大丈夫か?」





171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 09:59:53.48 ID:9GaAfr72O


雪歩「いたた……は、はい、大丈夫ですぅ……」

P(あ、白)

雪歩「……?……あっ!きゃあっ!」バッ

雪歩「…………見ましたか?」

P「あ、えっと、その……し、シンプルでよろしいのではないかと……」

雪歩「や、やっぱり見たんですね?うぅ……あ、穴掘って埋まってますぅっ!」ガッガッ

P「こ、こら雪歩!ここは掘れないから!ってか何処から出したそのスコップ!?」



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 10:11:48.93 ID:9GaAfr72O

雪歩「うぅ……穴掘って埋まっていたいですぅ……」カァァ

P「そんな恥ずかしがるなって。それに、もっと恥ずかしい事した仲じゃないか」

雪歩「そ、それとこれとは違うんですぅ!」

P「そんなもんかな?女の子は難しいな……」

雪歩「もう、プロデューサーったら……」

P「お、この先水中トンネルだってよ。面白そうじゃないか」

雪歩「あ、あれですね?早く行きましょう、プロデューサー!」

P(……やっぱり女の子はよくわからないな)



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 10:23:08.59 ID:9GaAfr72O

雪歩「わぁ……トンネルの周りが全部水槽なんですね」

P「水槽にトンネル作ったみたいな感じなんだな」

雪歩「あ、エイですぅ。下に口があるんですね」

P「エイか……えいっ!なんてな」胸ツンツン

雪歩「きゃっ!ぷ、プロデューサー!」カァァ

P「悪い悪い、なんとなくやらなきゃいけない気がして」

雪歩「……もう、プロデューサーじゃなければ今頃一撃ですよ?」

P「い、一撃!?何が!?」

雪歩「……初めてのデートなんですから、あんまりふざけ過ぎないで下さいね?」

P「わ、わかった、悪かったよ……」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 10:30:40.04 ID:9GaAfr72O

ピンポンパンポーン

館内放送『間もなく、イルカ、アシカ達による、ショーが開催されます。ご覧になりたいお客様は、2階、ショー会場入口から、ご入場下さい』

P「……だってよ。どうする?」

雪歩「是非見たいですぅ!」

P「じゃあ行こうか」

雪歩「はい!早くしないと入れなくなっちゃいますよぅ!急ぎましょう!」ギュッ グイッ

P「……!あ、ああ!」

P(雪歩、積極的になって……成長したな)



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 10:44:35.99 ID:9GaAfr72O

---ショー会場---

雪歩「楽しみですぅ!」

P「ああ、そうだな。最前列に座れてよかった」カチャカチャ

雪歩「何してるんですか?」

P「ああ、ビデオに撮影しとこうと思ってな。実は他にも密かに撮影してたんだぞ?」

雪歩「……あ、あの、私が転んだ所とかは……」

P「ど、どうだったかなー……」

雪歩「ぜ、絶対撮影してますぅ!今すぐ消して下さいっ!」

P「まぁまぁ、ほら始まるぞ」

雪歩「もぅ……」



185: 寝落ちてたすみません……まだ睡魔が襲ってくる…… 2011/12/01(木) 11:30:29.89 ID:9GaAfr72O

~ショー開幕中~

飼育員「セクシーポーズ!」

アシカ「オウッオウッ!」ビシッ

ワー パチパチパチパチ

雪歩「凄いですぅ!ちゃんと言ってる事がわかるんですね」

P「さあ、どうなんだろうな」

飼育員「さあ、次はイルカ君達によるショーです!」

P「お、今度はイルカだってよ」

雪歩「イルカ可愛いですよね。楽しみですぅ」




199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:04:07.43 ID:9GaAfr72O

飼育員「イルカちゃん達のご挨拶です!」

イルカ「キュイッ、キュイッ」

飼育員「よし、ジャンプ!」

イルカ「キュイッ」ジャボン

ザッパーンッ

雪歩「きゃあっ!」

P「うわっ!冷たっ」

飼育員「前の方のお客様には、水しぶきをプレゼントでーす」

雪歩「び、びっくりしましたぁ……」

P「ああ、そうだな……ってかモロに水かぶったな、雪歩」

雪歩「びしょ濡れですぅ……」ポタポタ

P「夏だからってこれはやり過ぎだろ……」

雪歩「あ、そういえば入口に水しぶき注意って看板と、カッパの自販機が……」

P「マジか……気付かなかった」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:14:18.17 ID:9GaAfr72O

P「ってか雪歩、白い服だからブラとかパンツが透けて……」

雪歩「えっ……あ、きゃっ!み、見ないで下さいぃっ!」バッ

オイ、アノコ…

スケブラハァハァ…

アレ?オギワラユキホジャネ?

バカ、ハギワラダロ

P「や、ヤバ……色んな意味でヤバいから、いったん会場を出るぞ。ほら、俺の上着羽織って」

雪歩「は、はい……」



---ショー会場入口---

P「はぁ……ありゃバレてたかな」

雪歩「……ふふふっ」

P「どうした雪歩?」

雪歩「いえ、私も意外と知られてるなぁって、嬉しかったんですぅ」

P「……ああ、雪歩が頑張っている証拠だな。……とりあえず、タオル借りて拭くしかないかな」



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:24:47.55 ID:9GaAfr72O

P「タオル借りてきたぞ」

雪歩「あ、ありがとうございますぅ……へくちっ」

P「ああ、早く拭かないと風邪引いちまうな」

雪歩「はい……少し冷えてきましたぁ……」ブルッ

P「まず、顔から……」フキフキ

雪歩「むぃっ……ぷ、プロデューサー、自分で出来ますよぅ」

P「いいからいいから。次は頭だな」ガシガシ

雪歩「プロデューサー、乱暴ですぅ……」

P「そ、そうか?すまん。……次は、首から下に……」ゴシゴシ

雪歩「やっ、ぷ、プロデューサー、そこは自分で……ひゃんっ」

P「任せておけって」ゴシゴシ もにゅもにゅ

雪歩「やっ……プロデューサー、手つきが、いやらしい、ですぅ……」ハァ ハァ



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:35:30.24 ID:9GaAfr72O

P「腕を拭いてっと……」フキフキ

雪歩「あ、あれ?(普通に拭いてくれてる……)」

P「あとは腰周りと……」ゴシゴシ

雪歩「んっ……(考え過ぎだったのかなぁ)」

P「スカートの中も拭いとかなきゃな」フキフキ サワッ

雪歩「やぁっ!そこはぁっ……んんっ!ぷ、プロデューサー、やっぱり変態ですぅ!」ポカポカ

P「し、仕方ないだろ!この状況なら皆やるって!男は皆変態なんだよ!」

雪歩「や、やっぱり男の人って……」ビクビク

P「……だから、あんまり不用意に知らない男に近寄るんじゃないぞ?」

雪歩「プロデューサー、それって……」

P「……さ、とりあえず拭き終わったぞ」

雪歩「……ありがとうございました」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:41:13.71 ID:9GaAfr72O

P「とりあえず拭いたはいいけど、館内は少し冷房が効いてるから寒いだろ」

雪歩「そうですね、まだ少し……へくちっ」

P「もう外に出るか?」

雪歩「はい、すみません…………あ、その前に」

P「なんだ?」

雪歩「お土産屋さんに寄ってからでいいですか?」

P「まぁ、それくらいなら大丈夫だろ」



---お土産コーナー---

雪歩「何にしようかなぁ」

P「俺も皆に何か買って行くか」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:52:11.86 ID:9GaAfr72O

P「お、これなんか真にいいんじゃないかな?」

雪歩「イルカのキーホルダー……(プロデューサー、皆の好きな物知ってるんだ……)……はっ!」

雪歩(真ちゃんにイルカのキーホルダーを渡す→真「ボクの好きな物知ってたんですね」→プロデューサーとより親密に……)

雪歩「そ、それはダメぇ!」

P「え?だって、真は確か、イルカ好きだったよな?」

雪歩「い、いえ、あの、えっと……わ、私がそれを真ちゃんのお土産にしようと思ったんですぅ!」

P「そ、そうか……じゃあ違うのにするよ」

雪歩「あ……(わ、私……最低、かも……)」



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 13:59:37.60 ID:9GaAfr72O

P「み、皆の分って結構大変だな……」

雪歩「あ、春香ちゃんにはこのペンギンのぬいぐるみにしますぅ」

P「春香ってペンギン好きだったっけ?」

雪歩「はい、多分」

P「多分?」

雪歩「多分」

P「……そういや、あれから春香とずいぶん仲良くなったよな、雪歩は」

雪歩「そうですね、ライバルって感じですぅ」

P「それは、アイドルとして?」

雪歩「それもありますけど、ぷ、プロデューサーの……彼女、としてですぅ……」カァァ

P「そ、そうか……よ、喜んでいいのかな?」



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 14:09:48.87 ID:9GaAfr72O

---水族館入口付近---

P「はぁ~……結構散財したな」

雪歩「無理して全員分買うからですよぉ」

P「でも、そうじゃないと不公平だろ?」

雪歩「……プロデューサーらしいですぅ」

P「ほら、雪歩にも」ポスン

雪歩「ふぇっ?な、なんですかぁ?」

P「ペンギン顔の帽子だ。面白いと思ったんだけど……嫌、だったか?」

雪歩「……いいえ、大切にしますぅ」

P「……さて、天気もいいし、着干ししちまうか?」

雪歩「そうですね。じゃあ、水族館前の公園でお散歩しませんか?」

P「そうだな、そうするか」




217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 14:22:23.13 ID:9GaAfr72O

---公園---

雪歩「ふぅ……日光が気持ちいいですぅ」

P「俺は暑いくらいだけどな」

雪歩「……プロデューサー、今までの事、すみませんでした」

P「今までのって、盗撮とかか?」

雪歩「はい……。私、プロデューサーがす、スキ……なのに、勇気がなくて、でも、近くに感じたくて、それで……」

P「……もういいよ。俺は元より、皆も許してくれたろ?」

雪歩「それでも……ごめんなさい」

P「……ああ」ナデナデ

雪歩「ふぁ……」



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 14:34:14.35 ID:9GaAfr72O

雪歩「あと、もう一つ謝らなきゃいけない事が……」

P「なんだ?」

雪歩「さっきの真ちゃんのお土産の時、嫉妬してたんですぅ……」

P「嫉妬?」

雪歩「プロデューサーが真ちゃんの好きなイルカをプレゼントたら、また真ちゃんと仲良くなって、それで……」

P「それは、どっちに対しての嫉妬なんだ?」

雪歩「わ、私にもわからないんですぅ!真ちゃんは大好きで、でも、プロデューサーも大好きで、
大好きな人が大好きな人に奪われるって、それって、どういう事なのか、私にもよくわからなくて……!」ポロポロ

P「お、落ち着け雪歩!わかった、わかったから……」

雪歩「はぁ……はぁ……、あ、あの時もこんな感じでした……」

P「あの時……?」

雪歩「真ちゃんが……プロデューサーと、結ばれた時……」

P「雪歩……そうだったのか……その酷い混乱から自分を守る為に、自分で幻想を創ったのかもな」

雪歩「わかりません……私には、何も……」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 14:42:48.91 ID:9GaAfr72O

P「……どうだ、少しは落ち着いたか?」

雪歩「はい……、なんか、すっきりしました」

P「言いたかった事、全部言ったって感じだな」

雪歩「まだ、言いたいことあるんですよ?」

P「じゃあ、今全部言ってしまったらどうだ?」

雪歩「そうですね……今なら言える気がしますぅ」



雪歩「プロデューサー……あ、愛してますぅ!」カァァ



P「い、意外と直球だな……」カァァ



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 14:50:47.92 ID:9GaAfr72O

雪歩「プロデューサー……んー……」カァァ

P「ん?どうした?目をつぶって。眠くなったのか?」

雪歩「プロデューサー、あの……、なんでもないですぅ……」

P「……冗談だよ」チュッ

雪歩「んっ!…………ん……」

雪歩「んふぅ……、い、いきなりなんて、ずるいですよぉ……」カァァ

P「お、俺だって恥ずかしいんだ。……照れ隠しだよ」

雪歩「もっと凄い事したことあるのに、ですか?」

P「この……さっきの仕返しか?」

雪歩「プロデューサーの言葉ですよ、ふふっ」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 14:57:50.38 ID:9GaAfr72O

---P宅---

雪歩「今日はありがとうございましたぁ」

P「いや、俺も楽しかったよ」

雪歩「それで……このあとお泊りなんですよね?」

P「い、いや、別にそうとは決まってないけど……」

雪歩「両親の許可はとりました。友達の家に泊まるって……」

P「そ、そうなのか……」

雪歩「……泊まらせて、下さい……」

P「は、はい……」



232: >>229このペースだと風邪引くぜ?>>231それで正解 2011/12/01(木) 15:36:14.86 ID:9GaAfr72O

P「さて、晩飯は食べてきたし、あとは……風呂入って寝るか」

雪歩「それじゃあ、お風呂わかしてきますね」

P「ああ、頼むよ」

P「あ、やり方わかるかー?」

雪歩「知ってますぅー」

P「なんで……って、愚問か……なんかなぁ……」

~数分後~

雪歩「お風呂、もう入れますよ」

P「よし、じゃあ入るか」

雪歩「では、私はプロデューサーの後に……」

P「ん?一緒に入るんじゃないのか?」

雪歩「え……ええぇー!?」カァッ



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 15:56:23.20 ID:9GaAfr72O

---風呂---

P「ふんふ~ん♪」

ガラッ

雪歩「し、失礼しますぅ……」ソロ~

P「おお、来た来た……って、バスタオルなんかしなくても……」

雪歩「そ、そんなの、恥ずかしくて死んじゃいますぅ!」

P「まあいっか。背中ながしてくれ」ザバァッ

雪歩「は、はい……(ぷ、プロデューサーの……見えちゃった……)」



雪歩「こ、こんな感じでいいですかぁ?」ゴシゴシ

P「ああ、気持ちいいよ、雪歩」



237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 16:07:39.54 ID:9GaAfr72O

雪歩(私……ここでまた、しちゃうのかなぁ)ゴシゴシ

P「雪歩、もういいぞ?」

雪歩(響ちゃんとかもお風呂でしてたし……お、お尻とかで……しちゃったり……)ゴシゴシ

P「……雪歩?」

雪歩(ゆ、指なら入れてみたことあるけど、あんな……プロデューサーの大きいのなんて入れたら、私……!)ゴシゴシゴシゴシ

P「い、いだだっ!ゆ、雪歩、痛いから!」

雪歩「や、やっぱり痛いんですかぁ!?」

P「わかってたならやめてくれよ……」

雪歩「……へ?」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 16:23:20.48 ID:9GaAfr72O

---リビング---

P「はぁ~、さっぱりした」ホクホク

雪歩「そ、そうですね……(普通にお風呂あがっちゃった……)」

P「ん?どうかしたか?」

雪歩「い、いえ、なんでもないですぅ……(少し、残念……)」

P「じゃあ、少し早いけど、もう寝るか」

雪歩「えっ……あ、あの……」

P「ん?何かしたい事でもあるのか?」

雪歩「あの……えっと……」

P「ん?」

雪歩「あ、穴を掘って埋まってますぅ!(私から言えるわけないよぉ!)」

P「何故そうなる!?」



244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 16:43:47.33 ID:9GaAfr72O

雪歩「ぷ、プロデューサー、あの、私、その……」カァァ

P「……悪い。わかってるよ、雪歩。つい、からかいたくなってな」

雪歩「ぷ、プロデューサー!」

P「怒るなって……ん……」

チュッ…チュルッ…チュパッ…

雪歩「んん……むぅ……ん……」

P「んむっ……っぷふぅ…………これで許してくれよ」

雪歩「んっ……はぁ……ず、ずるいですよぉ、こんなの……」




245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 16:48:13.70 ID:9GaAfr72O

P「雪歩……脱がすぞ……」

雪歩「やあ……は、恥ずかしいですぅ……」

P「恥ずかしがることないぞ。……綺麗なんだから」

雪歩「そんな……そういう事じゃ……あっ」スルッ

P「雪歩……綺麗だ……」

雪歩「うぅ……」カァァ

P「人のを見るのは慣れてても、見られるのは慣れてないんだな」

雪歩「あ、当たり前ですぅ……」

P「……いいこと思いついた」

雪歩「……?」



247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 16:53:56.26 ID:9GaAfr72O

P「じゃーん、これなーんだ」

雪歩「これは……今日使ってたビデオカメラ、ですかぁ?」

P「はーい、笑って笑ってー」ジジッ

雪歩「えっ!?それ、水かぶって壊れたんじゃ……」

P「最近、完全防水仕様のって珍しくないんだぜ?」

雪歩「えっ、じゃあ、それ映って……きゃあぁっ!と、止めて下さいぃっ!」バッ

P「いいね、その恥ずかしがる表情」

雪歩「ぷ、プロデューサー、やっぱり変態ですぅ!」

P「似たような事をこっそりやってた雪歩には言われたくないなぁ」

雪歩「い、いいからカメラ止めて下さいぃっ!」



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 16:58:54.41 ID:9GaAfr72O

P「いや、このまましよう」

雪歩「こ、このままって……そんなの嫌ですよぉ!」

P「じゃあ、これは罰だ。雪歩が今までしてきた事に対するな」

雪歩「そんなぁ……許してくれたんじゃないんですかぁ……?」

P「まあ、口実ってやつなんだけどな」

雪歩「でも、そんな事言われたら……断れないですぅ……」

P「じゃ、いくぞ、雪歩……」

雪歩「うぅ……はい……」



252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 17:10:39.59 ID:9GaAfr72O


もにゅ むにっ むにゅっ

雪歩「んっ……はぁっ……あんっ……うぅんっ……」

P「なかなか煽情的な声を出すじゃないか……」

雪歩「だ、だって、プロデューサー、今日一日中私の胸ばかり触るから……」

P「それで興奮しちゃったのか?」

もにっ ふにっ クリュッ

雪歩「んっ……そ、そんなんじゃ……ぅんっ!あっ……」

P「雪歩も結構、エッチだよな」

雪歩「そ、そんな事……な、ない……ひぅっ!」

クリッ クリュッ キュッ

P「認めないなら、ずっと乳首を責め続けるシーンを撮ってやる。顔も入れてな」●REC

雪歩「あぅっ!んっ!だ、だめぇっ!つ、強すぎ、ですぅっ!いぃっ!いあっ!」

P「どうだ?認めるか?」

雪歩「み、認めますぅっ!わ、私はエッチな娘ですぅっ!だ、だからっ、もうっ……!」



258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 17:18:06.34 ID:9GaAfr72O

P「もう、何だ?イかせてって?」

雪歩「ち、違っ……!」

P「わかったよ」

もにゅ クリッ クリクリッ ギュゥッ

雪歩「ひいぃっ!?いっ!あああぁぁぁっ!!」ピーンッ ビクンビクンッ

プシャッ ピュッ

P「oh……」

雪歩「あっ……ああっ……」ヒクッ ヒクッ

P「雪歩のイキ顔が撮れてしまった」

雪歩「ぅ……うぅ……」ヒクッ

P「……雪歩は乳首が弱い、と」



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 17:24:14.72 ID:9GaAfr72O

P「雪歩、俺ももう……」

雪歩「え……あ……らめ……わ、わらひ、まだ……」

P「……入れるぞ」

チュプッ…ズプウッ

雪歩「ひあああぁぁっ!?」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

雪歩「ああっ!あっ!らめぇっ!ひあっ!あっ!」

P「くっ……雪歩……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

雪歩「ひっ!あっ!あうぅっ!ひぐっ!いぃっ!」



263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 17:32:01.47 ID:9GaAfr72O


ジュプッジュプッジュプッ

P「しっかり撮れてるぞ、雪歩の可愛い姿が」

雪歩「ひっ!ひっ!ら、めっ!あっ!ひぅっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「ほら、こんなに濡れて……俺のをすっかりくわえ込んでるぞ」

雪歩「やあぁっ!そ、そんなっ!んっ!とこ、映さないでっ!くださっ!ああぁっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「雪歩……俺、もう……」

雪歩「ひっ!あっ!ああっ!わ、わたしもっ!ま、またっ!ああっ!」

P「くっ……雪歩っ!」

ビュルルルッ ビュルルルッ ビュルッ

雪歩「ああぁぁぁぁーっ!!!」ビクンッ ビクンッビクンッ



265: 時間が…… 2011/12/01(木) 17:45:46.40 ID:9GaAfr72O

雪歩「っ……ぁ……ぅ……」トクンッ

P「はぁ……はぁ……くっ」

ズルルッ コプッ トロォ…

雪歩「っ!」ビクンッ

P「あ……また中に……だめだ、もう癖になってる……」●REC

雪歩「ゃ……と、撮らな……くださぃ……」

P「どうだ?撮られる側の気持ちがわかったか?」

雪歩「うぅ……も、もう、しませんからぁ……」

P「……でも、少し興奮したんじゃないか?」

雪歩「ち、違……、知りま、せん……」



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 18:01:10.37 ID:9GaAfr72O

~数日後~

---765プロ事務所---

律子「あ、プロデューサー殿、ビデオカメラ借りてもいいですか?ちょっと使いたくて……」

P「いいですよ、どうぞ」

律子「ありがとうございます……あれ?これデータ入ってますよ?」

P「ああ、この前の雪歩とのデート……」

亜美「ほほぅ、それは聞き捨てなりませんなぁ~」

伊織「私にも見せなさい!」

あずさ「あらあら、まあ」ノゾキコミ

ナニナニ? ジブンニモミセテ

ガヤガヤ

P「そんな、面白い物はなにも……はっ!」




270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 18:01:58.51 ID:9GaAfr72O


ガチャ

雪歩「おはようございま

アアァァァァッーッ!

雪歩「み、見ちゃだめですぅーっ!!」





伊織「……これもいいわね」ジュルリ




---雪歩デート篇、完---





315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 21:14:45.25 ID:9GaAfr72O

---意思疎通---

ハム蔵「チュー、チュチュー!」

響「ふんふん、そうかー」

P「響は凄いよな、動物と話せるなんて」

春香「いいなー、私も話してみたいな」

千早「というか、あれはゼスチャーを交えて意思疎通をはかってる、ハム蔵が凄いのでは……」

春香「あれは……お腹が空いてるのかな?」

響「よーし、わかった!すんごく眠いんだな!」

ハム蔵「ヂューッ!」ブンブン

P「……響の動物と話せるってのが怪しくなってきたな」



323: ブラインドぽちぽちするしかないな 2011/12/01(木) 21:26:55.59 ID:9GaAfr72O

---野菜---

伊織「キュウリはだめ。あ、人参やナスなんかはまあまあね」

やよい「へー、そうなんですかー」

P「なんだ伊織、苦手な野菜でもあるのか?」

伊織「まぁ、ある意味苦手ね。あの刺々は痛いもの」

P「……刺々?」

やよい「どれが気持ちいい野菜か教えてもらってたんですよー」

P「気持ちいい……い、伊織ぃぃぃっ!」

伊織「にひひっ」



響「い、伊織……ご、ゴーヤはどうなんだ?」

P「響も何を聞いてるんだよ……」コツン

響「うぅ……」カァァ



328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 21:42:49.56 ID:9GaAfr72O

---その後---

ト、トラナイデクダサイィーッ

雪歩「はぁ……はぁ……わ、私、あんなにはしたない声出して……んんっ……」

ヤッアッアアッ!

雪歩「んっ!はぁ……ああっ!ああぁぁーっ!!」ビクンッ



雪歩「はぁ……はぁ……凄い……癖に、なりそう……」

雪歩「データを消さないで、持ち帰ってよかったぁ……」

雪歩「も、もう一回……あ……んっ!」



335: とりあえず帰宅。飯後本格的に頑張る 2011/12/01(木) 21:58:17.18 ID:9GaAfr72O

---一番はだれ?---

春香「私に決まってるよ!」

美希「ミキが一番なの!」

雪歩「あ、あの、私が……」

『雪歩は黙ってて!』

P「何だ?何の言い争いだ?」

美希「誰がハニーを一番愛してるかって話をしてたの」

P「そ、それはなんというか、男冥利に尽きるというか……」

伊織「私よ!」

律子「いいえ、これだけは譲れませんからね!」

P「おまえらまで……、こっちは何の言い争いだ?」

伊織「どっちがプロデューサーのおちんちんを愛してるかって話してたのよ!」

P「……さ、さいですか……」



350: 真相篇はホント期待せんといて…ただオチ用に思いついただけなんで 2011/12/01(木) 22:51:06.86 ID:9GaAfr72O

---スーパー---

やよい「人参とー、ジャガ芋とー、あ、エリンギが安いですー!」

P「な、なあやよい?本当にこんなのでいいのか?」

やよい「はい!だって、長介達を置いて一日中遊ぶなんて、可哀相ですー」

P「でも、デートがスーパーや、やよいの家って……」

やよい「や、やっぱり嫌でしたか……?」

P「そ、そんなことないぞ?俺はやよいと一緒に居るだけで楽しいからな」

やよい「うっうー!私も、プロデューサーと一緒に居るだけでとっても楽しいですー!」



---やよいデート篇---



355: >>349千早イジメはこの前やりました 2011/12/01(木) 23:02:34.09 ID:9GaAfr72O

やよい「あ、長芋も安いですー」

P「やよいはしっかりしてるなぁ」

やよい「そ、そんなことないですよー。自分に出来る事を精一杯やってるだけですー」

P「自分に出来る事を、か……」ナデナデ

やよい「プロデューサー!ナデナデに心が篭ってませんよー!撫でるならちゃんとして欲しいですー!」

P「わ、悪い……、こう、か?」ナデナデ

やよい「うっうー、気持ちいいですー……」

P「やよいはいい子だなぁ」ナデナデ

やよい「うっうー…………あ!あっちに特売コーナーがありますー!」ガラガラガラガラ

P「……ホント、しっかりしてるよ」



359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 23:11:13.51 ID:9GaAfr72O

---車内---

P「結構買い込んだな」

やよい「はい!値引きイベントの一番多い日に、まとめて買っておくとお得なんですよー」

P「すっかり主婦だな」

やよい「皆の為にやりくりしてたら、いつの間にか身についちゃいましたー」

P「料理も出来るし、家計も心配ない。いいお嫁さんになるよ」

やよい「えぇっ!?プロデューサー、私をお嫁さんにしてくれるんですかー!?」

P「い、いや、そういう話じゃなくて……」

やよい「ぅっぅー……違うんですかー……」

P「違う……って訳でも……あーもう!どうしたらいいんだよ、俺は……」

やよい「……今は、このままでいいんじゃないですか?」

P「……そうだな、まだ先の事だ、どうなるかなんてわからないからな」



362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 23:18:42.10 ID:9GaAfr72O

---やよい家---

やよい「ただいまー」

P「よっと……重い……ホントに買い込んだな……」

かすみ「おかえりなさい」

長介「お帰り!もやしは?」

やよい「それが、一足遅くて売り切れてたの……」

長介「そっか……」

やよい「そのかわり、今日はカレーにしようかなって」

かすみ「カレー好き!」

P「やよい、俺も作るの手伝うよ」

やよい「お願いします、プロデューサー」



366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 23:27:14.92 ID:9GaAfr72O

やよい「まずは、お湯を火にかけて、その間にお野菜を切っていきますー」

P「俺は何をすればいいんだ?」

やよい「じゃあ、プロデューサーはジャガ芋を適当な大きさに切って下さい。私は人参と玉葱を切りますー」

~数分経過~

P「やよい、切れたぞ」

やよい「じゃあ、沸騰したお湯の中に入れちゃって下さいー」

P「炒めたりしないのか?」

やよい「炒めると、ガスと油を余計に使うので、このまま茹でていいんですよー」

P「そ、そうなのか」

やよい「あとは、切った鶏肉も入れて、しばらく煮込みますー」

P「豚肉じゃないのか?」

やよい「チキンカレーも美味しいんですよー?」

P「そ、そうか……(鶏肉の方が安いもんな……)」



373: かすみちゃんは流石に良心の呵責に苛まれるから…個人的にはアリだけど 2011/12/01(木) 23:37:17.93 ID:9GaAfr72O

やよい「そろそろいいですねー。ルーを入れて、よーく掻き混ぜて出来上がりですー!」

P「おー」パチパチパチパチ

やよい「ウチは人数が多いから、ルーを2箱入れなきゃいけないんですよー」ポチャンポチャン

P「ん?なんで違う種類のルーを入れるんだ?」

やよい「その方が、味にコクが出て美味しくなるんですー」

P「やよいはなんでも知ってるなぁ」

やよい「うっうー、なんでもは知りませんよー。知ってる事だけですー」

P「さて、皆お待ちかねだろうし、早速食べようか」

やよい「はい!」



378: 5都県で買い物したけどだいたい鶏モモ肉が一番安いかと 2011/12/01(木) 23:48:27.98 ID:9GaAfr72O

やよい「皆お待たせー!」

『わーい!』

P「それじゃ」

『いただきます!』

モシャモシャ

モグモグ

かすみ「おいしい……」

やよい「今日はプロデューサーに手伝ってもらったから、特別に美味しいんですよー」

P「そんな、俺は殆ど何もしてないよ」

やよい「プロデューサーの愛情が篭ってますー」

P「そ、そんなもんか?」



381: バサ姉の台詞使えそうなタイミングだから使っただけさー 2011/12/01(木) 23:58:10.57 ID:9GaAfr72O


キャッキャ ウフフ

長介「あ、あの……プロデューサーさん!」

P「ん?どうしたんだい、長介君」

長介「ね、姉ちゃんとの結婚はいつですか!」

P「ぶふぅっ!?」

やよい「こ、こら長介!」カァァッ

長介「だって、将来はプロデューサーさんのお嫁さんになるって、前に台所で……」

やよい「聞いてたの!?」

P「やよい……」

やよい「ち、違うんですプロデューサー!あれは、その、ただの独り言で……!」アタフタ




391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 00:07:06.16 ID:ncjpp+tqO

P「……やっぱり、今みたいな宙ぶらりんな状態はよくないよなぁ……」

やよい「プロデューサー……、さっきも話ましたけど、まだいいんじゃないですか?」

P「でも……」

やよい「多分、今プロデューサーが誰かを選んでも、誰も幸せになれないと思いますよー」

P「やよい……」

やよい「幸せなら、今のままでいいじゃないですかー」

P「……そう、なのかも、な……」

やよい「……と、言う訳で、まだ結婚はしないよ、長介」

長介「なんかよくわからないけど……これからも姉ちゃんをよろしくお願いします!」

P「ああ、頼りないかもしれないけど、任せてくれ」



398: もしもし、もしもしですみません……ガチャ 2011/12/02(金) 00:17:00.57 ID:ncjpp+tqO

P「ふぅ……、食った食った」

やよい「も、もうお腹いっぱいですー」

長介「じゃあ、洗い物は任せて、プロデューサーさんと姉ちゃんはテレビでも見ててよ」

P「あ、俺も手伝うよ」

長介「いえ、プロデューサーさんは姉ちゃんの相手していて下さい」

長介「かすみは皆を寝かしつけて、そのまま一緒に寝ちゃっていいよ」

かすみ「え?でも、まだ早いよ?」

長介「いいからもう寝なって。それじゃあプロデューサーさん、ゆっくりしてって下さい」



やよい「も、もう、長介ったら……」

P「な、なんか気をつかわせちゃったな……」



401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 00:25:13.58 ID:ncjpp+tqO

テレビ「その時、特派員の見たものは……!」

やよい「…………」

P「…………」

やよい「あ、あの、プロデューサー……」

P「ん?なんだ?」

やよい「あ、甘えても……いいですか?」

P「あ、ああ、もちろん!」

やよい「……じゃあ、お膝の上、座りますね」

P「ああ、あぐらの上でよければ、どうぞ……」

やよい「それじゃあ……えへへ」トスン



403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 00:34:05.77 ID:ncjpp+tqO

テレビ「そこには、確かに勝手に走り出すバイクが映りこんでいた……」

やよい「ぅっぅー……こ、怖いですー……」ギュウッ

P「そ、そんなに腕にしがみつかなくても……」

やよい「だって、プロデューサー……」ギュゥッ

P「参ったな……、あ、ほら、次の話題にいったぞ?」

やよい「ほ、本当ですかー?」チラッ

テレビ「そこには、動く市松人形の姿が……」

やよい「ま、まだ怖い話じゃないですかー!意地悪ですプロデューサー!」

P「ははは、悪い悪い、やよいがあんまり可愛い反応するからつい」

やよい「ぅっぅー……」ギュウッ



409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 00:45:22.92 ID:ncjpp+tqO

P「さて、結構いい時間だし、そろそろお暇させてもらおうかな」

やよい「プロデューサー、泊まっていかないんですかー?」

P「いや、流石にそこまでお世話になっちゃなぁ……」

やよい「駄目、ですか?」

P「そ、そんな顔されても……また今度な」

やよい「ぅっぅー、わかりましたー……」

P「じゃあ、おやすみ、やよい」

やよい「おやすみなさい、プロデューサー」



416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 00:58:07.68 ID:ncjpp+tqO

~深夜~

---P宅---

P「もうこんな時間か……そろそろ寝るかな」

ピリリリリッ ピリリリリッ

P「誰だ?こんな時間に…………やよいの家から?」ピッ

P「もしもし?」

電話「ぷ、プロデューサぁ~っ!」

P「やよいか?」

電話「た、たす、助けて下さいー!」

P「どうした!?何があったんだやよい!」

電話「あっ!ああっ!ううっ……」

P「やよい!今すぐそっちに行くからな!待っててくれ!」

電話「は、早く来て下さいぃっ!」プツッ

P「くそっ!やよいに何があったんだ……!」



426: 特ホウ王国のつもりだた番記者だと確かに社長ナレーターだなwww 2011/12/02(金) 01:10:53.39 ID:ncjpp+tqO

---高槻家---

P「やよい、無事か!」

やよい「プロデューサー……ああっ!」

P「やよ、い……?何やってんだ?」

やよい「た、助けて下さいプロデューサー!とっても、痒いんですー!」

P「今日買った、皮を剥かれた長芋……下半身裸のやよい……痒い……って、まさか」

やよい「うっうー!うっうー!!」

P「叫んでも誤魔化されないよ。ちゃんと説明してくれなきゃわからないだろ?……まぁだいたいわかるけど」

やよい「が、頑張って説明しますー」

やよい「この前伊織ちゃんとお野菜の話してる時に、長芋が凸凹してていいって聞いたんですー……」



432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 01:19:29.80 ID:ncjpp+tqO

P「あの時か……ん?凸凹?」

やよい「はい、さっき気付いたんですけど、皮剥かないでやるみたいだったんですー……うぅ……」

P「やよい……でもなんでこんな……普段からしてるのか?その、野菜、とかで……」

やよい「し、してないですー!でも、今日はプロデューサーが、泊まると思ってたのに帰っちゃったから……」

P「それって、俺のせい、なのか?」

やよい「な、なんでもいいから、ここ、なんとかしてくださいー!もう、痒くて……あああっ!」

P「なんとかって……」

やよい「ぷ、プロデューサーのおちんちんで、私のココ、奥までかいて下さいぃー!」

P「やよい、シーッ!もう少し静かにしないと、皆起きちゃうだろ?」

やよい「し、静かにしますから、早くお願いしますー……!」



436: 数多のエロ本見てきてDTを拗らせた結果が、これです 2011/12/02(金) 01:28:42.57 ID:ncjpp+tqO

P「じゃあ、入れるぞ、やよい」

やよい「は、早く、早く入れて下さいぃー!」

…ズプウッ

やよい「ひああぁぁぁぁっ!?」

P「くっ……相変わらず、キツいな……」

やよい「う、動いて下さいー!」

P「あ、ああ……」

ズプッ ズプッ ズプッ

やよい「あはぁぁ……き、気持ちいいですー……」

P「なんか、違うベクトルの気持ち良さみたいだな」

ズプッ ズリュ ジュプッ

やよい「もっと、速くして下さいー」

P「ああ、わかったよ」



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 01:37:01.88 ID:ncjpp+tqO


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

やよい「んっ!はっ!はあぁっ!いいっ!気持ちいいですっ!プロデューサー!」

P「ああっ……俺も……くっ、きっつ……」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

やよい「ああっ!い、いいっ!いぁあっ!あっ!も、もっとぉ!」

P「くっ……これじゃ、俺がもたないっ」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

やよい「き、きもひいっ!いいっ!いぃっ!あっ!ああっ!」

P「すまんやよい、もうっ……!」

ビューーッ ビュルルッ ビュルルルッ

やよい「ううぅぅぅっ!!」ビクンッ



445: ……ですよねー 2011/12/02(金) 01:44:58.31 ID:ncjpp+tqO

P「はぁ……はぁ……あ、ああ……か、痒いっ!はは……そりゃそうか……あああぁぁぁっ!!」

やよい「ぷ、プロデューサー!もっと、もっとかいて下さいーっ!」

ジュプッ ジュプッ

P「お、俺の方こそ!か、痒くて仕方ないっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

やよい「ああぁ……いいです、プロデューサー!」

P「か、痒っ!もっとはやくっ!」

パンパンパンパン

やよい「ひあぁぁあっ!!奥まで届いてますー!」

P「ああっ……いいっ、いいぞやよいっ!」

パンパンパンパン



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 01:53:33.76 ID:ncjpp+tqO


パンパンパンパン

P「くぅっ!ま、また……!」

やよい「ま、まだ射精しちゃだめですー!」

P「すまんっ、……もうっ!」

ビュルルルッ ビュルッ ビュッ

やよい「ふあああぁぁっ!!」



~数分後~

P「ほら、レモン汁をつければ痒みが治まっただろ?」

やよい「本当ですー!うっうー!すっかりよくなりましたー!」

P「他にも、お酢なんかも効果があるみたいだぞ」

やよい「へぇー、勉強になりましたー」

※効果には個人差があります



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 02:01:15.22 ID:ncjpp+tqO

P「まったく、もうこんな事はするなよ?」

やよい「はい、もう長芋で遊んだりしませんよー。長芋はこりごりですー」

P「……で、その長芋はどうするんだ?」

やよい「それは……」

~翌朝~

やよい「朝ご飯ですよー」

長介「おはよう姉ちゃん……あれ、プロデューサーさん、帰ったんじゃ……」

P「いやぁ……あははは……」

かすみ「あ、朝ごはん、長芋の煮付けだー」

やよい「…………」カァァッ

P「…………あ、あはは……」



---やよいデート篇、完---





469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 02:56:06.98 ID:ncjpp+tqO

---765プロ事務所---

伊織「ちょっと!ちゃんとやりなさいよ!」

真「そ、そんな事出来るわけないよ!何考えてるんだよ!」

P「伊織、真、いったいどうしたんだ?」

真「助けて下さい、プロデューサー!」

伊織「あ、ちょっと!卑怯よ!」

P「何があったんだ、真」

真「そ、それは……」

伊織「真が賭けに負けたら、私の言うことを一つ聞くって約束したのよ!」

P「……で、負けてしまった、と」

真「……はい」



---真受難篇---





470: >>467あー、それでもよかったかも…>>468成る程試してみるthx 2011/12/02(金) 03:05:08.40 ID:ncjpp+tqO

P「はぁ……なんでそんな馬鹿な約束をしたんだよ」

真「だって……」

P「……ちなみに、どんな賭けだ?」

真「……プロデューサーが、小鳥さんとするかどうかって……」

P「え゙っ」

真「プロデューサー、信じてたのに……」

伊織「馬鹿ねー真、プロデューサーが小鳥を落とさなくても、その逆だって有り得るのよ?」

P「そ、そうなんだ!俺は襲われて……!(まぁその後普通にしたけど……)」

伊織「ま、どうにせよ賭けは私の勝ちだから、言うことを聞いてもらうんだから!」



472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 03:14:59.29 ID:ncjpp+tqO

真「で、でも……こんなの絶対おかしいよ!」

伊織「あらぁ?皆の王子様、真様が約束を破るのかしらぁ?」

真「そ、そんな事は言ってないだろ!?」

伊織「私はさっきの命令を変える気はないわよ」

真「ぐっ……」

P「真、いったいどんな命令をされたんだ?」

真「それは、その……、い、言えませんよそんなこと!」カァァ

P「……口に出せない程恥ずかしい命令を出されたのか」

伊織「何よ、たいした事ないじゃない。ただ、」



伊織「下半身裸で夜の公園をランニングするだけじゃない」



478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 03:22:30.19 ID:ncjpp+tqO

真「じ、十分恥ずかしいよ!」

P「伊織、お前……」

伊織「何よ、わざわざ夜に指定してあげたのに。両さんなんか、罰ゲームで真昼間に下半身裸で町内ランニングしたことあるのよ?」

P(……こち亀?)

真「知らないよそんな事!誰だよ両さんって!やっぱり伊織は変態だぁ!」

伊織「褒め言葉として受け取っておくわ!」

P「いや、褒めてないし……」

伊織「あ、立会人としてプロデューサーにも公園に来てもらおうかしら」

P「えぇー……」

真「だ、駄目!絶対!」



481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 03:29:26.33 ID:ncjpp+tqO

伊織「仕方ないわねぇ……、じゃあ、最大限に妥協して……真、耳貸しなさい」

真「な、なんだよぉ……」

伊織「ごにょごにょ……」

真「え……えぇ!?」

伊織「ごにょごにょ……ぺろっ」

真「きゃあぁっ!?さ、最後の必要ないだろ!」カァァ

伊織「にひひっ、ちょっとしょっぱかったわね」

真「ううぅ~っ!」

伊織「じゃあ、プロデューサーは明日の夜10時、あの噴水の公園に来なさい!面白い物を見せてあげるわ!」

P「あ、結局俺も参加なんだ……」



482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 03:38:15.01 ID:ncjpp+tqO

~翌日、22時~

---公園---

P「久しぶりだな、ここも」

伊織「あ、ようやく来たわね!」

P「お、居た居た。伊織、真」

真「…………」カァァ

P「……?どうした、真」

伊織「にひひっ、ほらね?気付かないでしょ?」

真「で、でも……こんな……」カァァ

P「なんの話をしてるんだ?」



483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 03:45:04.83 ID:ncjpp+tqO

伊織「プロデューサー、真の服装、何か気付かない?」

P「何かって……白いロングTシャツにスパッツだけど……」

伊織「はっずれー!もっと近寄って見てみたら?」

P「……?ああ、わかった」

真「あ、あんまり見ないで下さい、プロデューサー!」

伊織「気にしないでいいわ。ちゃんと見なさい!あと、真は動いちゃ駄目よ?」

P「うぅーん……」ジーッ

真「ううぅ……」カァァッ

P「…………え、もしかして……」

伊織「にひひっ、気がついた?」



伊織「下はボディペイントよ!」



486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 03:55:29.64 ID:ncjpp+tqO

P「い、伊織っ、これっ、おまっ」

伊織「何よ、言葉になってないわよ」

P「すぅーっ、はぁーっ…………よし」

ゴチンッ

伊織「痛った!……何すんのよ!」

P「やり過ぎだバカ!」

伊織「そ、そんなことないわよ!実際アンタは全然気付かなかったじゃない」

P「ぐっ……その通りだけど……」



509: おはよう、保守thx、スローでとりあえず再開 2011/12/02(金) 08:29:52.51 ID:ncjpp+tqO

伊織「とにかく、真にはこの格好で1時間、この公園をランニングしてもらうわ」

真「い、1時間も!?無理だよそんなの!」

伊織「これでもかなり温情をかけて、譲歩したのよ?これくらいはやってもらうんだから!」

真「そ、そんなぁ……」

伊織「それに、プロデューサーがあんなにしっかり見ないとわからないくらいのペイントよ?チラ見されたくらいじゃ気付かれないわ」

P「確かに凄いけどなぁ……」

伊織「水瀬グループが総力を挙げて開発したボディペイント用の塗料よ、当たり前じゃない!」

P「何をやっているんだ、水瀬グループは……」

伊織「さあ、諦めて走りなさい!」



513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 08:49:11.38 ID:ncjpp+tqO

真「わ、わかったよ……走ればいいんだろ!走れば!」タッタッタッタッ

伊織「スタート!」

[1:00]ピピッ

P「真……不敏な……」

伊織「安い挑発に乗る真が悪いのよ!」

P「まぁ、真は乗せられやすいからなぁ……」

伊織「一周ごとに、どういう風に表情を変えていくか、見物ね」

P「……ちなみに、あのペイントは誰が?」

伊織「そんなの、私直々にやったに決まってるじゃない!真のイヤラシイ喘ぎ声と身もだえにはゾクゾクしちゃったわぁ……」

P「そ、そうですか……」

伊織「ちなみに、その様子を隠し撮りしといたけど……見る?」

P「…………是非」



517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 09:07:42.37 ID:ncjpp+tqO

---真サイド---

タッタッタッタッ

真(うぅ……やだなぁ……なんでこんなことしてるんだろ、ボク……)

タッタッタッタッ

真(あ、アソコがスースーする……)

タッタッタッタッ

/カアァッ\

真「ひっ!」ビクンッ

真「……な、なんだ、カラスか……」

タッタッタッタッ

\ガサッ/

真「ひゃぁっ!?」

ニャーン

真「ね、猫……」

真「やだよぉ~!もう帰りたいよぉ~!」ウルウル



519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 09:22:28.27 ID:ncjpp+tqO

---伊織サイド---

チョット、アンマリウゴカナイデヨ

ダ、ダッテ…ンッ!

伊織「どう?中々いい声出すのよね、真も……」

P「あ、ああ……」

伊織「うふふ……興奮してきちゃったかしら?」

P「そ、そりゃ……」

ジィィィィッ

P「い、伊織!?」

伊織「にひひっ、私がヌイてあげるわ……あむっ」

ジュポッ ジュロォッ

P「くはっ……こ、こんなトコで……うぅっ……」



521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 09:34:46.44 ID:ncjpp+tqO


ジュロォ ジュポッ レロレロレロ…

P「くぅっ……はぁっ……はぁっ」

伊織「んむっ……ちゅうっ……ちゅぱっ……んっ……」

P「い、伊織、そろそろ真が一周する頃じゃ……」

伊織「ちゅぽっ……んふふっ、そうね……あーむっ……ちゅぱっ……」

P「お、おい……くっ……」

タッタッタッタッ

真「ぷ、プロデューサぁー……、なっ、何してるんですか!」

P「ま、真、これは……」

真「プロデューサーの……バカーーーっ!!」

ダダダダダダッ

P「い、いってしまった……」



523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 09:43:54.34 ID:ncjpp+tqO

---真サイド---

タッタッタッタッ

真「ううぅ……プロデューサーの、バカ……」

真「ボクがこんな思いしてるのに、伊織とあんな事して……」

真「……いや、きっとあれは一時の気の迷いだ。伊織が誘惑したから押しに弱いプロデューサーが折れて……」

真「……きっと、2周目の頃にはちゃんとボクを応援してくれるはず!」

真「……よーし、頑張ろうっ!」

タッタッタッタッ



真「あ、二人が見えてきた…………え?べ、ベンチで69して……」

P「ま、真、これは……」

真「ぷ、プロデューサーの…………バカーーーーっ!!」

ダダダダダダッ



524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 09:56:16.45 ID:ncjpp+tqO

---伊織サイド---

伊織「真ったら、また走っていっちゃったわね」

P「誰のせいだ、誰の」

伊織「さあ?アンタのせいじゃない?」

P「…………そうなのかなぁ」

伊織「そろそろいいわよね?さあ、プロデューサーの極悪おちんぽをスーパーアイドル伊織ちゃんの子供おまんこにぶっさしなさいっ!」

P「ま、またそんな台詞言って……、ファンが聞いたら自殺するぞ」

伊織「そう?むしろ群がってくるんじゃないかしら?まぁ、相手にはしないけど」

P「まったく、お前ってやつは……」

ツプッ…ズプウッ

伊織「きたあぁんっ!……なんだかんだ言って入れるのね、このエロエロ変態プロデューサー!」



527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:12:08.16 ID:ncjpp+tqO

---真サイド---

タッタッタッタッ

真「うぅ……プロデューサーのバカっ!なんでさっきより進んでるのさ!」

真「……いや、きっとあれも伊織だ。伊織がいけないんだ!全部伊織のせいなんだ!」

真「まずい、このままじゃプロデューサーが犯されちゃう!」

真「い、急がないと!」

タッタッタッタッ



真「よし、見えてきた!…………ぷ、プロデューサー!」

P「ま、真……」

ジュプッジュプッジュプッ

真「くっ……遅かったか……、必ず助けてみせますからね、プロデューサー!」

ダダダダダダッ

P「…………え?」



528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:20:56.55 ID:ncjpp+tqO


タッタッタッタッ

真「……っていうか、走る時間が指定されてるから、急いでも仕方ないんだった……」

真「急いだから、少し汗かいてきたや……ペイント、落ちてないよな?」ヌルッ

真「!?う、嘘!?色が落ちてきてる!?」



---伊織サイド---

ジュプッジュプッ…

P「な、なあ伊織……」

伊織「あんっ!な、何よっ!動かしなさいよ!」

P「あのペイントって色落ちたりしないのか?汗とか水とかで」

伊織「あれは本物の肌着みたいに見せる事に心血を注いだ物よ。水で簡単に落ちるわ」

P「……それって、まずくないか?」



530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:30:47.28 ID:ncjpp+tqO

真「ど、どうしよう……汗と一緒に、少しずつ色が……」

タッタッタッタッ

真(う、嘘っ、こんな時に前から人が……)

タッタッタッタッ

真(ばれませんように……ばれませんように……)

男「こんばんわ」

真「っ!こ、こんばんわ……!(な、なんで話かけてくるんだよー!)」

男「あの……もしかして、菊地真さん、ですか?」

真「は、はい!(も、もしかしてファンの人!?)」

男「やっぱり!俺、ファンなんです!765プロの中で一番好きなんです!」

真「あ、ありがとう、ございます……(お、男の人のファンなんて凄い嬉しいのに、今は素直に喜べないよー!)」



532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:36:54.89 ID:ncjpp+tqO

男「俺、ランニングを始めたのも、真さんがきっかけで……どうかしたんですか?元気ないですよ?」

真「そ、そんなことないですよ!ボクはいつでも元気です!(は、早く話し終わってよぉ!)」

男「あ、そうだ……よかったらこのジャージにサイン下さい!今そこのコンビニでペン買ってくるので、ちょっと待ってて下さい!」タッタッタッタッ

真「えっ!あ、あのっ……いっちゃった……」

真「もーっ!こんなのってないよぉ!」



533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:42:36.45 ID:ncjpp+tqO

真「は、早くしてよぉ……こんな長い間止まってたら、もしかしたらバレちゃうじゃないか……」

タッタッタッタッ

男「お、お待たせしました……このジャージの背中にお願いします!」

真「は、はい……」カキカキ

真「どうぞ(も、もういいだろ?早く解放してよぉ!)」

男「わぁ……ありがとうございます!一生大切にします!」

真「そ、そんな……(い、いいから立ち去ってよ……お願いだから……)」

男「それじゃあ、お話し出来て嬉しかったです!ありがとうございました!」タッタッタッタッ



真「…………はあぁ~……あ、危なかったぁ~……」



534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:49:02.38 ID:ncjpp+tqO

真「また色が落ちて、薄くなってきてる……」

真「……え?なんで……」

クチュ

真「んっ!……そ、そんな……なんでボク、濡れてきてるの……?」

クチュ クチュ

真「んっ!はぁっ!だ、だめ……色が落ちちゃうよ……んっ!」

クチュ クリッ

真「んんっ!そ、そんな……ボク、変態なんかじゃ……伊織みたいに変態じゃないのに……!」

クリッ クチュ

真「だめっ……い、一番大事なトコ、見えちゃう……んっ!」



536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 10:58:59.66 ID:ncjpp+tqO

※伊織とPは既に事後

P「……真のやつ、遅いな…………あ、噂をすれば」

タッ タッ タッ タッ

P「真、大丈夫か?……って、それは……!」

真「ぷ、プロデューサー……ボク、おかしくなっちゃいましたぁ……!」

P「一番隠すべき場所がほとんど丸見えじゃないか……」

伊織「よし、いい感じね。まだ早いけど、終わりでいいわよ、真」

真「プロデューサー……ボク……」

P「真、お前……」

伊織「いいわよ真!プロデューサーを貸してあげるから、好きなように使いなさい!」

P「貸すって……物かよ俺は」



537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 11:08:15.39 ID:ncjpp+tqO

真「プロデューサー!お、お願いしますっ!もう、我慢出来ないんです!」クパァ

P「真、お前……わかった。そこの木に手をついてくれ」

真「はい……こう、で……あああぁぁっ!」ズプウッ

P「……結構すんなり入ったな。そうとう濡れてたみたいだな、真……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

真「あっ!あっ!くぅっ!い、いい!気持ちいいです、プロデューサー!」




538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 11:13:55.67 ID:ncjpp+tqO


ジュプッジュプッジュプッ

真「あんっ!あっ!あっ!もっと!もっと突いて下さいっ!」

P「ああ、突いてやるよ」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

真「んっんっあっあっあっ!ああっ!」

P「ふっ……はっ……ど、どうだ……?」

真「き、きもちいいですプロデューサー!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ



539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 11:20:24.54 ID:ncjpp+tqO


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「ま、真……もう、射精るっ!」

真「あっあっ、ぷ、プロデューサー!ボクも、もうっ……!」

P「くぅっ!」

ビュルルルッ ビュルッ ビュッ

真「んんっ~~!!」ビクンッ



P「はぁ……はぁ……、ほ、ほとんど色、落ちちゃったな……」

真「はぁ……はぁ……はぁ……」



540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 11:29:54.00 ID:ncjpp+tqO

~数日後~

---765プロ事務所---

伊織「でね、真ったら……」

真「もうその話はやめろよ!」

P「まぁまぁ、真も伊織も……」

小鳥「あ、真ちゃん、これ真ちゃんの分のファンレターよ」

真「あ、ありがとうございます……あれ、これ男の人からだ!」

P「へぇ、珍しいな。良かったじゃないか」

真「っへへ…………あれ、この人って……」



真「この前の男の人だ……orz」



---真受難篇、完---




562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 14:34:44.37 ID:ncjpp+tqO

~8月終わり~

---765プロ事務所---

ガチャ

P「すみません、遅れました!」

ガヤガヤ

P「あれ?皆何に群がってるんだ?」

春香「あ、プロデューサーさん!慰安旅行ですよ、慰安旅行!」

P「……慰安旅行?」



---夏の旅行篇---





566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 14:47:10.14 ID:ncjpp+tqO

P「すまん、俺にもその紙見せてくれ」ズイッ

P「これは……社長からの手紙か?」

『皆、元気にしてるかね?久しく事務所に戻れていない事を心苦しく感じているよ。さて、今私は順一郎ちゃんと一緒にハワイに居る。いやー、年中暑くて--』

P「……読み飛ばそう」

『--そこで、皆に夏休みをプレゼントしようと思う。2泊3日という短い旅行ではあるが、存分に楽しんでもらいたい。詳しくは音無君に伝えてある。では、存分に楽しんできてくれたまえ』

P「旅行か……あ、まだ続きが」

『追伸、帰る頃までにはと期待しているよ、敏腕プロデューサー君』

P「あ、ははは……」

P「……とりあえず、詳細を小鳥さんに聞くか」



567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 14:56:55.50 ID:ncjpp+tqO

小鳥「旅行についてですか?」

P「はい。詳細は小鳥さんにって……」

小鳥「朝から皆そればかり聞いて来るんですよね。いい加減疲れました……」ピヨ…

P「す、すみません……で、詳細は?」

小鳥「では、簡単に説明しますね。まず、旅行の間はアイドル活動は全員無しです。社長と綿密に相談して日取りを決めました」

P「小鳥さんが社長と?」

小鳥「はい。皆にサプライズでプレゼントしたかったみたいで、プロデューサーさんや律子さんには内緒にって」

小鳥「場所は、とりあえず海の近くの旅館です。海水浴も出来るし、2日目にはお祭りもやるみたいですよ?」

P「いいですね、夏っぽくて」




570: すみませんしばらくスローダウンします 2011/12/02(金) 15:16:35.91 ID:ncjpp+tqO

P「あとは……」

美希「ハニー!」ギュウッ

P「うわっ!み、美希!」

美希「ミキ、ハニーと一緒の部屋がいい!」

貴音「なりませんよ、星井美希。ここは公平に……」

雪歩「プロデューサー、よ、よかったら、お祭り、私と一緒に……」

春香「雪歩!抜け駆けはだめだよ!」ギュウッ

伊織「とか言いながら、ちゃっかりプロデューサーの腕にしがみついてんじゃないわよ!」

亜美「兄ちゃんモテモテですなぁ~」

真美「兄ちゃん、真美、新しい水着買っていくね?」

P「し、詳細が聞けない……」



573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 15:42:08.68 ID:ncjpp+tqO

小鳥「まあ、細かい事は私に任せて、プロデューサーさんは皆と楽しんで下さい」

P「すみません、小鳥さん」

小鳥「そのかわり、今度私とデート、して下さいね?」

P「はい、約束します」

小鳥「ふふっ、期待しないで待ってますよ」

伊織「小鳥もあんまりプロデューサー独占しないでよね!皆のプロデューサーなんだから!」

小鳥「はいはい、ごめんね伊織ちゃん。伊織ちゃんもヤキモチ焼きなんだから……」

伊織「なっ……い、いいじゃない!プロデューサーが、好き……なん、だから……」

P「伊織、時々凄く可愛いよな」

伊織「わ、私はいつだって超絶可愛いわよ!目が腐ってんじゃないの!?」

P「まったく、すぐこれだよ……」



580: やっぱ勉強教えながらSSは流石に厳しいかも…… 2011/12/02(金) 16:19:53.24 ID:ncjpp+tqO

P(そんなこんなで、慌ただしく準備をしているうちに、旅行当日となった……)

~旅行1日目~

---駅前---

『ジャン、ケン、ポン!』

『あいこでしょ!』

千早「か、勝っちゃった……」

春香「おめでとう、千早ちゃん!」

響「次は自分が勝つぞー!」

P「た、たかが席順で……ってか目立ってる……」



611: お待たせしました保守ありがとうございました続けます 2011/12/02(金) 18:32:03.27 ID:ncjpp+tqO

---電車内---

貴音「貴方様と一緒の席に座る事が出来、わたくしは幸せです……」

美希「ハニー、ミキもそのみかんほしいなー」

P「ああ、ほら」

美希「ありがとうなのー」

千早「…………」

P「ん?どうした千早(まだ胸がコンプレックスなのか……)」

千早「い、いえ、なんでも……」

美希「千早さん、ハニーの隣なのにあんまり楽しそうじゃないのー。ミキと場所交換して?」

千早「い、嫌よ」ギュウッ

美希「あー!ずるいのー!」

P「千早……成長したな。……精神的に」



616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:45:31.06 ID:ncjpp+tqO

春香「いいなぁ、千早ちゃん……」

律子「まあまあ、当たりは3人しかなかったんだし、仕方ないわよ」

伊織「ふんっ……」

雪歩「…………」

春香「あれ?雪歩は何聞いてるの?誰の曲?」

雪歩「あ、これは……」

伊織「ちょっと貸しなさいよ」バッ

雪歩「あぁっ!」

伊織「……こ、これはこの前の……」

雪歩「あ、あの……」

伊織「自分とプロデューサーのを録音したもので、一人でするなんて……やるわね、雪歩!」

雪歩「あ、ありがとうございますぅ」

春香「えぇー……」

律子「ち、ちょっと引くかも……」




622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 18:58:56.23 ID:ncjpp+tqO

亜美「んっふっふ~、たまりませんなぁ~」

真美「どうやったらあんなにおっきくなんのかなぁ~」

やよい「やっぱり牛乳ですかー?」

あずさ「あらあら、困ったわぁ。大きくても邪魔なだけよ~?」

亜美「くぅ~っ!一度はそんなこと言ってみたいよ→!」

真美「真美も、大きくなるのかなー」

やよい「大丈夫ですー!プロデューサーに揉んでもらえば大きくなるって伊織ちゃんが言ってましたー!」

亜美「えぇ!?それホント→!?」

真美「じ、じゃあ、真美も、兄ちゃんに……」カァァ

あずさ「もう、伊織ちゃんったら、またそんな事言って……本気にしたらだめよ?」

『えぇーっ!』



628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:12:10.23 ID:ncjpp+tqO

響「なぁ真、次はどんな勝負をするんだ?」

真「んー、じゃあ、可愛いコーディネート勝負ってのは?プロデューサーに判定してもらうんだ」

響「えぇー、なんかつまんなそうだぞ」

真「そ、そんなことないよ!」

響「自分、遠泳勝負とか、ビーチフラッグとかの方がいいぞ!」

真「た、たまにはこういうのもいいじゃないか!」

響「あ、あと、プロデューサーを何回、い、イかせられるか……とか……」ゴニョゴニョ

真「そ、それは……また、ボクもやりたいなって……」カァァ

小鳥「うふふっ、若いっていいわね~。その勝負、次は私も混ぜてくれないかしら?」ピヨ?

『えぇ~』

小鳥「だ、だめ?やっぱり?」



630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:23:57.59 ID:ncjpp+tqO

~到着~

---海岸沿い---

亜美「夏だーーーっ!」

真美「海だーーーっ!」

千早「潮の匂いがする……」

小鳥「さあ皆、旅館はこっちよー」ピヨー

律子「ほら、さっさとチェックイン済ますわよ!」

『はーい』

P「くっ……お、重い……流石に全員分の荷物は……き、厳しい……」

響「や、やっぱり自分、手伝うぞ」

やよい「うっうー、私も……」

P「い、いやいいよ。俺が頑張るから……」



633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:37:24.23 ID:ncjpp+tqO

P「はぁ……はぁ……重っ……」

春香「よっと」ガシッ

P「は、春香?」

春香「このくらいしか持てませんけど、少しはマシですよね?」

P「い、いや、俺が言い出した事だし、手伝わなくても……」

春香「意地張っちゃダメですよ。フラフラじゃないですか、プロデューサーさん」

P「で、でも……やっぱり俺が!」ガシッ

春香「手伝わせて下さいよー!」グイッ

P「そ、そんなに引っ張ると……うわっ!」

春香「えっ?うわわわっ!?」

ドシーンッ

春香「いったたた……って、プロデューサーさん、どこに顔突っ込んでんですかぁ!」カァァッ

P「も、もごっ……」



635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:47:32.90 ID:ncjpp+tqO

春香「ちょっ、あ、あんまり息を吹き掛けないでくださいよ!……あんっ……」

P「むぐっ……う、動けないっ……」

伊織「ちょっとアンタ達!こんな公衆の面前でなんてことしてんのよ!」

雪歩「へ、変態ですぅー!」

律子「ほら、手を貸してあげるからさっさと立って下さい」

P「あ、ありがとう、律子……」

春香「……もう、こういうことは、夜になってからですよ?」

P「い、いや、遠慮しておくよ……」

伊織「遠慮はいらないわ!今日は皆期待してるんだから!」

P「え゙っ……」



638: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 19:58:33.69 ID:ncjpp+tqO

---旅館---

小鳥「さ、ここの部屋ですよー」

ガラッ

亜美真美「「おおーっ!」」

あずさ「まあ、とっても広いのね~」

響「真、後で枕投げしような!」

真「やるやる!一度やってみたかったんだ」

貴音「枕投げ、とは?枕を投げ捨てるのですか?」



P「あれ?も、もしかして、皆で一部屋……なのか?」

律子「そうみたいですね」

P「……普通、男だけ隔離するだろ……」

伊織「逃げようったって、そうわいかないわよ?覚悟を決めなさいっ!」



640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:10:50.58 ID:ncjpp+tqO

小鳥「じゃあ、手荷物を置いたら皆で海にいきましょうか」

美希「ミキが一番乗りなのー!」ダッ

亜美「あっ!ミキミキ、はっや→い!亜美もまっけないよ~!」

真美「あ、亜美!水着忘れてるよ→!」

あずさ「走ったら危ないわよ~」

春香「プロデューサーさんもいきましょう!」

P「俺はもう少し休んでからにするよ」

小鳥「あ、それじゃあ、鍵お願いしてもいいですか?私も泳ぎたいので……」

P「こ、小鳥さんも泳ぐんですね……」

小鳥「……何かいけませんか?」

P「い、いえ、何も……」



647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:25:28.01 ID:ncjpp+tqO

---海---

P「はぁ……やっと着いた」

美希「ハニー、遅いの」

P「美希、もしかして待っててくれたのか?」

美希「……ハニーに見て欲しいものがあるの」

P「な、なんだよ改まって」

美希「……見て、ハニー!」ババッ

P「こ、こら!こんな所で脱ぐなっ!」

美希「ふふっ、ハニー、騙されたのー!下に水着着てきたんだよ?」

P「あ、本当だ……(なんかデジャブだな……)」

美希「さ、行こうハニー!」グイッ

P「こ、こら、引っ張るなって」





654: キャラが多くてまとまらねぇ…… 2011/12/02(金) 20:45:03.07 ID:ncjpp+tqO

亜美「あ、兄ちゃんだ→!おーい!」

響「こっちだぞ、プロデューサー!」

P「ああ、今行くー!」

雪歩「ぷ、プロデューサー!……あの、どうですか?この水着……」

P「お、おお……雪歩にしては大胆だな。布が少ないというか……」

雪歩「や、やっぱり着替えてきますぅー!」

P「あ、いや、似合ってると思うぞ?」

雪歩「ほ、本当ですかぁ?」

P「ああ、本当だ」

雪歩「あ、ありがとう……ございますぅ……」

亜美「あ!ゆきぴょんばっかりずるいよ→!亜美のも見て~!セクシーっしょ?うっふ~ん」

響「じ、自分だって新しい水着なんだぞ!?プロデューサー、見てほしいさー!」



657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 20:57:44.26 ID:ncjpp+tqO

あずさ「私もプロデューサーさんに見てもらおうかしらぁ」

P「あ、あずさ……相変わらずでかいというか……」

あずさ「もう、どこを見てるんですか?プロデューサーさんったら……」

貴音「あ、貴方様……わたくし、この水着は少々面積が少ないのではないのかと……」

P「おぅふっ……(紐ビキニ……)、い、いや、よく似合ってるよ、貴音」

貴音「あ、貴方様がそのようにおっしゃるなら……」

千早「プロデューサー……」ギュウッ…ペタッ

P「ひゃあっ!?ち、千早か!?(背中に密着して……)」

千早「うふふ……胸の大きさは関係ないんですよね……?」ギュウッ

P「は、はい……、この密着感がたまりません……」

千早「胸の小さい者の特権ですね……」

P「そ、そうですねー……」



661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:16:11.16 ID:ncjpp+tqO

真美「兄ちゃん……真美の水着、どーかな……?」

P「あ、ああ、いいんじゃないか?」

真美「……それだけ?」

P「あ、えっと……」

真「プロデューサー!ボクのも見てよ!」

P「おお!真のはこの前のフリフリだな!」

真「っへへ……、プロデューサーが似合ってるって言ってくれたから……」

雪歩「真ちゃん!なんでそんなの着てるの!?」

真「ゆ、雪歩!?」

美希「真くんはもっとカッコイイのが似合うの!」

真「美希まで……い、いいんだよ!プロデューサーが似合ってるって言ってくれたんだから!」

雪歩「プロデューサー!」
美希「ハニー!」

P「お、俺かよ!?」



真美「…………兄ちゃんの、バカっ……」



667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:28:44.77 ID:ncjpp+tqO

律子「プロデューサー殿♪」

小鳥「プロデューサーさん」

P「律子、小鳥さん」

小鳥「どうですか?楽しんでますか?」

P「いやぁ、なんか慌ただしくって」

律子「まあ、そうだろうと思ってましたよ」

小鳥「プロデューサーさんですからねぇ」

P「ところで、この海水浴場、人が少なくないですか?」

小鳥「ええ。実はここ、基本的にあの旅館に泊まった人だけが使えるビーチなんですよ」

P「ああ、それで……」

律子「……やりたい放題、できますね」ボソッ

P「い、いや、流石にそれは……」



671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:39:27.83 ID:ncjpp+tqO

P「はぁー……さて、皆適当に楽しんでるみたいだし、俺も少し泳ぐか」

春香「プロデューサーさん、プロデューサーさん」コソッ

P「ん?春香?」

春香「こっちですよ、こっち」グイッ ザブザブ

P「お、おい、どこに行くんだよ……」

春香「いいとこですよ、い・い・と・こ♪」

P「……なんか、悪い予感しかしないんだが……」



674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:48:31.43 ID:ncjpp+tqO


ザプッ ザプッ

春香「どうですかプロデューサーさん?水中での手コキは」

P「くっ……は、春香……どうしてこんな……」

春香「だって、プロデューサーさんがさっき、あんな事するから疼いちゃって……責任取って下さいよね?」

P「あ、あれは事故で……」

春香「じゃあ、私の疼きはどうするんですか?」

P「そ、それは春香が勝手に……」

春香「もう、たまにはいいじゃないですかー!私もプロデューサーさんとしたいんですよー!」

P「そんな、身も蓋も無い……」



678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 21:56:23.56 ID:ncjpp+tqO

春香「さあ、プロデューサーさん、続きを……」

雪歩「春香ちゃん!」

春香「ゆ、雪歩……」

P「た、助かった、雪歩……」

雪歩「春香ちゃん、抜け駆けは駄目だよ!」

P「…………え」

春香「仕方ないなぁ、じゃあ、二人でどっちかプロデューサーさんを気持ちよく出来るか、勝負しよっか」

P「…………え」

雪歩「プロデューサー、わ、私が気持ちよくしてあげますぅ!」



P「…………どうしてこうなった」



681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:10:04.80 ID:ncjpp+tqO


ザプッ ザプッ ザプッ

雪歩「ど、どうですか?プロデューサー……」

春香「私の方がいいですよね?プロデューサーさん」

P「そ、そんな、一緒にやられたらわからないよ……」

春香「じゃあ……」ザプンッ

P「……は、春香?……ふあぅっ!?」

春香「じゅぽっ……じゅぽっ……」

P「す、水中でフェラして……ぐっ……」

雪歩「は、春香ちゃんずるい!」



685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:22:19.75 ID:ncjpp+tqO

雪歩「そ、それなら私は……プロデューサー、わ、私のココ、つ、使って下さいぃっ!」カァァ

P「ゆ、雪歩……」

雪歩「春香ちゃん、どかすね?」グイッ

春香「もごっ!?ごぽおっ!」

雪歩「さ、さあプロデューサー、ど、どど、どうぞ!」クパァ

P「……微妙に春香が可哀相だけど……、入れるぞ、雪歩」

ズ…ズプッ

雪歩「んんんっ!っは、入っ……、あっ!」



687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:33:34.84 ID:ncjpp+tqO


ザプンッ ザプンッ ザプンッ

雪歩「ぷ、プロデューサー!は、激し過ぎですぅ!」

P「ゆ、雪歩っ、あんまり暴れるなっ」

雪歩「だ、だって……くぅんっ!」

P「はっ……はっ……」

雪歩「だ、だめ、ですぅっ!んんっ!ぷ、プロデューサーのが、お、奥までっ!奥まで届いてますぅーっ!」

P「雪歩……雪歩っ!」



のヮの「…………」プカーッ



690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:43:11.66 ID:ncjpp+tqO


ザプンッ ザプンッ ザプンッ

P「ゆ、雪歩っ……俺、もうっ!」

雪歩「プロデューサーっ!わ、私もぉっ!」

春香「…………はっ!ちょっと雪歩!死ぬかと思ったじゃない!」ドンッ

雪歩「ひぎぃっ!?」ズプウッ

P「うぐあっ!?い、一番奥に……ぐっ……!!」

ビューーーッ ビュルルルッ ビュルルルッ
雪歩「ひいぃぁぁぁぁっ!?」ビクンッ ビクビクンッ



春香「あ………、や、やっちゃった☆」てへぺろっ



695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 22:55:27.97 ID:ncjpp+tqO

P「まったく、お前ってやつは……」

雪歩「そうですよぉ!お腹破れたかと思いましたぁ……」

春香「も、元はと言えば雪歩が悪いんじゃない!アイドルが溺死なんて、死んでも死に切れないよ!」

雪歩「そ、それは……」

P「……まあ、もういいじゃないか」

春香「あーっ!プロデューサーさん、雪歩の味方するんですかー!?」

P「そ、そんなつもりじゃあ……」

春香「プロデューサーさん酷いです……死にかけてたのに、雪歩としてるし……」グスン

P「春香……」

響「大変だぞプロデューサー!!真美が溺れたぞー!!」

P「なんだって!?今行く!!」



春香「……ちっ、もう少しで同情をかえたのに……」

雪歩「は、春香ちゃん……」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:15:14.09 ID:ncjpp+tqO

P「真美、大丈夫か!」

亜美「兄ちゃん、真美が……真美がぁ!」

P「落ち着け、亜美!……こういう時は……」

亜美「人口呼吸だよ、兄ちゃん!」

P「いや、まずは気道を確保して、口内の異物を……」

亜美「そ、そんなのすっ飛ばしていーから、早く人口呼吸してよー!」

P「いや、よくないだろ!あ、まずは意識の確認だな、真美!おい真美!」

真美「うーっ……」カァァ

P「…………」

亜美「に、兄ちゃん!早くキス……じゃなかった、人口呼吸したげてよー!」

P「…………」

デコピンッ×2

亜美「いたっ!」

真美「いたいっ!」



710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:26:07.55 ID:ncjpp+tqO

P「まったくこの双子姉妹ときたら……本気で心配したんだからな!」

亜美「ご、ごめんなさい……」

響「ほらな?だから自分はやめようって……」

デコピンッ

響「いだっ!?ぷ、プロデューサー、自分は!」

P「止めきれなかった上に手伝った響も同罪だ」

響「ゔぅ……」

真美「……元は、兄ちゃんが悪いんだよ……」

P「ま、真美……?」

真美「兄ちゃんが真美の事、ぞんざいにするから!だから、真美が兄ちゃんを困らせちゃおうって……」

P「そうだったのか……」

真美「……グスッ……ヒック……ご、ごめんなさいっ……し、心配かけて、ごめんなさい……!」

P「……いや、俺の方こそごめんな?ぞんざいにしたつもりはなかったけど、そう感じたなら謝るよ。ごめん」

真美「うぐっ……、に、兄ちゃんっ!」ギュウッ




717: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:31:57.72 ID:ncjpp+tqO

亜美「いやぁ、雨降って地下足袋丸って感じですなぁ~」

響「多分それ、間違ってるぞ」

亜美「ん?あれは……はるるん?」

響「そんなとこにねっころがって、何やってるんだ春香?」

春香「ここに寝て目を閉じてれば、プロデューサーさんとキス出来ると聞いて……」ウーッ

亜美「は、はるるん……」

響「……怒られないうちに止めた方がいいとおもうぞ?」



721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:48:54.80 ID:ncjpp+tqO

~夕方~

P「さてと、そろそろ旅館に戻るとするか」

律子「そうですね。皆ー!帰るわよー!」

小鳥「あそこにシャワールームがありますから、そこで海水を洗い流して下さい」

P「わかりました」

小鳥「あ、あの、プロデューサーさん?今日の私、どうでしたか?」

P「どうって……皆と遊んでたのが新鮮でしたね」

小鳥「ょっし!まだまだ私も若い子に負けてないってことよね……!」ピヨッ

律子「その発想が既に……」



723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 23:59:09.92 ID:ncjpp+tqO

---シャワールーム---

ジャー…

P「ふぅー……温水が出るのは嬉しいな」

コンコン

P「ん?」

美希「ハーニぃーっ♪」

P「み、美希!?こ、ここは男子用のシャワールームだぞ!?」

美希「知ってるよ?ハニーに会いに来たんだもん」

P「お、お前、そんな水着姿のままで……誰かに見つかったらどうするんだよ」

美希「大丈夫なの。人が少ないからここまで誰にも会わなかったよ?」

P「い、いいから女性用の方に戻るんだ」

美希「おじゃましますなのー」ガチャ

P「おぉいっ!?入ってくんなって!」



728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:06:50.39 ID:TW3QKrzoO


ジャー…

美希「ふぅ~、あったかいのー……」

P「なあ美希、そろそろ向こうに帰らないか……」

美希「ねえ、ハニー……」

P「何、んむっ!?」

美希「ちゅうっ……ちゅぱっ……ちゅるるっ……」

P「んっ……んちゅ……」

美希「ちゅっ……っぷぁ……ふふっ、ハニー……」

P「み、美希……やめるんだ……」



732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:15:58.89 ID:TW3QKrzoO

美希「ハニーのここ、もうこんなにおっきくなってるの……」シュッ シュッ

P「うぁ……み、美希……」

美希「ミキの水着姿見て、興奮しちゃった?」

P「あ、その……まあ……」

美希「ふふっ、嬉しいな。じゃあ、少しサービスしてあげるの」ピラッ

P(ぴ、ピンク色の先っぽが……)ビンッ

美希「あ、また大きくなったの……」

P「くっ……し、仕方ないじゃないか……」



738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:25:15.00 ID:TW3QKrzoO

美希「ハニーの……舐めてあげるね?」

チュッチュッ…チュポッ…ジュポッ

P「ううぅっ……」

美希「ちゅうぅっ……れろ……ちゅっ……」

P「はっ……はぁ……ぐっ……」

美希「ちゅ……ぷはぁ……、ハニーの、もう苦しそう……」

P「はぁ……み、美希……」

美希「……ハニー、えっち、する?」

P「こ、ここまでして、その質問は、卑怯だぞ……」



742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:36:08.36 ID:TW3QKrzoO

P「美希、壁に手をついてくれ」

美希「こう?」

P「そう、そのままだ……、美希……入れるぞ」

美希「ハニー……」

ズズ…ズップッ

美希「うぅんっ!」

P「っ……はっ……ふっ……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

美希「は、ハニーっ!あっ!い、いきなり激しいのっ!」

P「はぁ……はっ……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ



747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:41:05.93 ID:TW3QKrzoO


ジュプッジュプッジュプッ

美希「ハニーっ、ハニーっ!」

ガチャ

ガヤガヤ

P「だ、誰か来た……!美希、喋るなよ?」

美希「……」コクン

デサー、ミンナカワイイコバッカ

マジカヨ!?ウワー、ミタカッタナー

P「…………」

美希「…………」



753: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 00:54:49.57 ID:TW3QKrzoO

P(これは、一旦抜くしかないな)

ズルルッ

美希「っ……!」ビクンッ

美希「…………」クルリッ

ツプッ…ズプッ

P(ば、ばか!美希のやつ、こっち向いて自分から入れやがった……!)

海パン男A「でな?俺は金髪の子が1番可愛いと思った訳よ」

海パン男B「えぇ?金髪とかビッチくせぇじゃん」

海パン男A「あ゙ぁ゙!?喧嘩売ってんのかてめぇ!?」

P(やばっ……このシャワーの個室、足元が丸見えだ……)

P「美希、腰を支えてやるから、足を上げて俺の腰にまわせ」ボソッ

美希「……」コクン



757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:05:13.77 ID:TW3QKrzoO


ジュプッ ジュプッ

P(み、美希!この状況で動くなよ……)

美希「っ……、ぁっ……!」

P(た、頼むから声だけは出すんじゃないぞ!?)



海パン男A「あー、でもショートカットの、胸のでかい子もよかったし、銀髪の胸のでかいお嬢様っぽいのも……」

海パン男「……お前、胸ばっか見てたんだな」



P(今この個室の前辺りに、二人居るな……)

ジュプッ ジュプッ

美希「っ!……っ……!」

P(だ、だから動くなって……!)



762: 納める……しかないです。Lv下がってスレ立てれなくなったし 2011/12/03(土) 01:14:23.75 ID:TW3QKrzoO


ジュプッジュプッジュプッ

美希「っ……ぁ……」

P(や、やばっ、もう……)

ジュプッジュプッジュプッ

P(くっ……、で、射精そうだっ!)

美希「っ!~~っ!」キュウゥッ

P(ぐあぁっ、し、締め付けがっ!)

ビュルルルッ ビュルッ ビュルッ

美希「っ!」ビクンッ





772: >>763>>764マジでか、じゃあ甘えちゃおうかな 2011/12/03(土) 01:24:20.52 ID:TW3QKrzoO

P「はぁ……はぁ……っ!?」

ジュプッ ジュポッ

美希「っ!……ぁっ!」

P(ま、まだやるつもりかよっ!?)

ジュプッジュプッジュプッ

P(くっ……シャワーの音で掻き消されてるとはいえ、扉一枚隔てて人が居るんだぞ……!)

美希「っ……!ぅっ……!」







778: そんじゃ、お言葉に甘えて、省こうと思ってたのも全部書くわ 2011/12/03(土) 01:33:39.52 ID:TW3QKrzoO

~数分後~

P「はぁ……、やっと行ったか」

美希「ハニー!ハニー、ハニー!やっとお話し出来るの!」

P「ああ、もうわかったから少し落ち着け」

美希「ハニーっ!」ギュウッ

P「はいはい……、美希ももう着替えてこい。皆は旅館に帰っちゃってるだろうしな」

美希「はーいなのー。また後でね、ハニー♪」



P「……はぁ~、疲れた……」



781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:42:50.16 ID:TW3QKrzoO

---旅館への帰り道---

P「はぁ、はぁ……来る時はよかったけど、帰りの上り坂は疲れた身体に堪えるな……」

美希「ハニー!遅いのー!」

P「み、美希は元気だなぁ……」

美希「旅行は始まったばかりだよ?まだまだこれからなのー!」

P「そ、そうか……っていうか、美希、そんな短いスカートだと、見え……

ぴゅうっ

美希「きゃあっ!」バッ

P「!?」

美希「……ハニー、見たでしょ」

P「美希、なんで……」



P「なんでパンツ履いてないんだよ……」



787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 01:50:48.88 ID:TW3QKrzoO

美希「あ、あのね?ミキ、水着を下に着てきたでしょ?それで……」

P「……下着を忘れてきた、と」

美希「そういう事、なの」

P「なんともありがちというか……」

美希「あ、また垂れてきてる……」トロッ ポタッ

P「美希、お前それ……」

美希「ハニー、ごめんね?せっかくもらったのに、ちょっとこぼしちゃったの」

P「入れたままかよ……」



795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 02:06:22.52 ID:TW3QKrzoO

---旅館---

P「ただいま」

美希「ただいまなのー」

律子「遅いですよ、プロデューサー殿」

亜美「亜美、待ちくたびれて、お腹がぺっちゃんこだよー」

小鳥「さあ、皆揃ったし、お夕食にしましょう!」

律子「はーい、皆席についてー」

ガヤガヤ

美希「ミキ、ハニーの隣ね!」

貴音「美希、席順は既に決まっているのです」

やよい「プロデューサーの隣は、私と貴音さんですー」

美希「そ、そんなのってないの……」

律子「どうせ抜け駆けしてたんでしょ?その罰よ」



801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 02:21:04.77 ID:TW3QKrzoO

律子「皆席に着いた?飲み物もあるわね?」

小鳥「えー、では、僭越ながらわたくしが乾杯の音頭を……。思えばここまで平坦な道ではありませんでした。長く険しい道を手探りで模索しなが

P「カンパーイ!」

『カンパーイ!』

小鳥「ええぇっ!?ひ、酷いですよプロデューサーさん!皆までっ!」

亜美「だって、ピヨちゃんの挨拶長そうだったし~」

P「俺も皆もお腹すいてるんだから、早く食べたいじゃないですか」

小鳥「ふーんっ、いいですよーだ!酒飲んじゃうんだから……」

貴音「さあ、貴方様もどうぞ。お酌いたします」

P「おお、わるいな貴音」

やよい「あっ、あっ、つ、次は私がプロデューサーにお酌しますー!」

P「なんだやよい、やりたかったのか?」

やよい「はい!一度やってみたかったんですー!」

貴音「やよい、申し訳ありません、そんなこととはつゆ知らず……」

やよい「い、いいんですよー、出遅れた私がいけないんですー」



806: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 02:37:30.75 ID:TW3QKrzoO

P「ん、ん、ん……っぷはぁーっ!あー、生き返った!」

やよい「プロデューサー、なんかおじさんくさいですー」

P「うっ……そ、そうか?」

やよい「うっうー、ビール注ぎますねー」トトト…シュワァ

P「ありがとう、やよい」ナデナデ

やよい「はい!」

貴音「あ、あの、貴方様……」

P「ん?なんだ?」

貴音「わ、わたくしがお注ぎした時は、撫でていただかなかったのですが……」

P「貴音も撫でてほしいのか?」

貴音「はい……あの、よろしければ、お願いいたします……」

P「ああ、いいよ」ナデナデ
貴音「ふぁ…………あ、ありがとうございました、貴方様……」カァァ



809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 02:48:58.51 ID:TW3QKrzoO

P「……しかし、凄い料理の内容だな、この食事は」

律子「あ、それ、プロデューサー殿のだけ特別にお願いしてあるみたいですよ?」

P「あ、確かに皆のと違うな」

小鳥「コホンッ、プロデューサーさんのメニューは、次のようになっております」

・レバ刺し
・生牡蠣
・スッポン鍋(一人用)
・鰻の蒲焼き
・オクラ納豆
・長芋の煮物
・ぶっかけご飯
・ニンニクアイス

P「わぁー、何かしらの意図が見え隠れしてる、というか、丸見えなメニューだぁー」

やよい「な、長芋……」カァァ

貴音「俗に言う、精力の付きそうなめにゅう、ですね」



851: 遅くなりました、保守thx、続けます 2011/12/03(土) 09:41:49.18 ID:TW3QKrzoO

P「……まあ、昼もだいぶ消耗したし、これ全部食って補充しとくか」

やよい「たくさん泳ぎましたからねー」

P「あ、ああ、そうだな……」

貴音「貴方様は、それだけではないご様子ですね」

P「うっ……い、いや、あの……」

貴音「ふふっ、わたくしは気にしていませんよ。以前に申した通り、何があってもわたくしは貴方様のお側に居るだけですから」

P「貴音……」

やよい「わ、私も、どんなに大変でも、ずっとプロデューサーと一緒にいますー!」

P「やよいも……、ありがとう」





854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 09:50:59.75 ID:TW3QKrzoO


P「確かにこの料理、美味いけどなんか滅入るな……」

貴音「では、わたくしのお刺身をわけて差し上げます」

P「いいのか?ありがとう貴音」

貴音「では、あーん……」

P「え、えぇ!?い、いいよ、自分で食べるから……」

貴音「そ、そんな……わたくしの事がお嫌いになったのですか……?」

P「なぜそうなる……」

貴音「愛する者同士はこのように食べさせ合うのが礼儀、と……」

P「……誰が言っていたんだ?」

貴音「天海春香から聞きました。以前、春香も貴方様と食べさせあった、とも……」

P「は、春香か……」

貴音「春香とはして、わたくしとはしていただけないのでしょうか……?」

P「い、いや、そんな事は……」

貴音「では、あーん……」



856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 09:58:47.67 ID:TW3QKrzoO

P「あ、あーん……ぱくっ」

貴音「いかがですか?」

P「ああ、とっても美味いよ」

やよい「あ、あの、プロデューサー、私も……」

P「やよいまで……」

やよい「この煮物も美味しいんですよー?はい、あーん」

P「(断る訳にもいかないか……)あ、あーん……ぱくっ」

やよい「どうですかー?」

P「おお、これもいけるな」

やよい「ですよねー!」

貴音(旦那様が口をつけたお箸……)はむっ

貴音「わ、わたくしは何をしているのでしょう……!」カァァッ

P「ホント何やってんだ貴音?」



859: とりあえず旅行一日目終了まではこのスレで終わらせます 2011/12/03(土) 10:14:19.75 ID:TW3QKrzoO

あずさ「プロデューサーさん、ビールのおかわりはいかがですか?」

P「あ、あずさ。もらおうかな(もう寝間着浴衣着てる……)」

あずさ「では、お注ぎしますね」トトトト…

P「(ゆ、浴衣の間から胸が……っ)こぼれてるっ!」

あずさ「まだこぼれてませんよ~?」

P「い、いや、胸っ!」

あずさ「え?きゃっ!……すみません、お見苦しいところを……」

P「い、いや、ごちそうさまでした……」

春香「あーっ!あずささんずるいですよー!それがアリなら私だって……」

真美「兄ちゃん、真美のお漬け物食べるー?」

千早「わ、私も何か……炊き込みご飯はいかがですか?」

春香「ち、ちょっと、私が先に……うわっ!わわわっ!」

ドシーン ガッチャーンッ



860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 10:25:23.51 ID:TW3QKrzoO

春香「いたたたた……、ごめんなさい、プロデューサーさん……」

P「い、いや、怪我とかしてないか?火傷は?」

春香「はい、大丈夫みたいです」

P「そっか、ならいいよ」

春香「でも、プロデューサーさんの服が……」

P「こんなの洗えばいいんだよ。でも春香が怪我したらすぐには治らないだろ?」

春香「プロデューサーさん……」

律子「はいはーい!二人だけの空間はそこまでにして、プロデューサー殿は温泉でも入って着替えてきて下さい!」

亜美「グッジョブ!律っちゃん!」

春香「……ちっ」

小鳥「今の時間帯は、温泉のうちの一つをウチで貸し切りにしているので、ゆっくり入れますよ」

P「そ、それじゃあちょっと行ってきます」

小鳥「亀の湯が貸し切りですから、そちらを使って下さいねー」



862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 10:37:16.45 ID:TW3QKrzoO

---亀の湯---

カポーン

P「はあぁぁぁ~……、いい湯だなっと……」

P「今日は、この後寝るだけだな」

P「枕投げとか言ってたけど、俺はもう疲れたから、はやく寝たいよ……」

ガラララッ

P「ん?誰か入ってきた?確か貸し切りって……」

小鳥「お邪魔します、プロデューサーさん」

P「こ、小鳥さん!?な、なんで!?」

小鳥「言ったじゃないですか、765プロで貸し切りにしたって」

P「で、でも女風呂も隣に……」

小鳥「貸し切りにしたのは、亀の湯だけですよ?鶴の湯は貸し切りにはしてませんよ」

P「だ、だからってこんなのはまずいんじゃ……」

小鳥「もう、プロデューサーさんは堅いですね。硬いのはアソコだけにして下さい?」

P「し、下ネタだ……」



864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 10:45:30.71 ID:TW3QKrzoO


ガラララッ

あずさ「あら~、外はこうなっているのね~」

貴音「まこと、よい眺めですね」

律子「風が気持ちいいわね」

P「ぶふっ!?お前らっ!?」

真「プロデューサー!背中ながしますよ!」

真美「や、やっぱり真美はいいよ~」

亜美「いまさら何言ってんのさ~、ほら兄ちゃんだよ→?」

真美「うー……」カァァ

P「つ、次から次へと……」



866: ……来客だ……しばらく離れます 2011/12/03(土) 10:52:03.69 ID:TW3QKrzoO

P「まったく、少しは休ませてくれよ……」

亜美「あれれ~?兄ちゃん勘違いしてない~?亜美達はお風呂に入りに来ただけだよぉ~?」

P「なっ!い、いや、当たり前だろ!?ふ、風呂だしな!うん」

亜美「んっふっふ~、兄ちゃんはエロエロ大魔神だなぁ~」

P「だ、だから違うって!」

小鳥「違うんですか?」

P「違います!」

あずさ「あらぁ、残念……」

P「あ、あずさ……?」

貴音「わたくしは、貴方様さえよろしければ……」

P「貴音まで!?」



871: すみません急用ばかりで……再開 2011/12/03(土) 11:33:59.29 ID:TW3QKrzoO

真美「兄ちゃん……あのね?」

P「ん?どうした真美」

真美「真美、えっと……」

亜美「おぉっと!ここで真美から重大発表!続きはCMの後っ!」

P「こら、茶化すな亜美。……で、なんだ?」

真美「ま、真美ね……きちゃったんだ……」

P「来たって、何が?」

真美「お、お赤飯のやつ……」

P「お赤飯って……初潮か?」

真美「……っ」カァァッ

P「そ、それは、おめでとう……で、いいのかな?」

亜美「でもでも~、それだとしばらく兄ちゃんとえっち出来ないんじゃない~?」

真美「そ、そんな事ないよー!それに、皆も兄ちゃんとしてるし……」

P「でも、もう始まってるんだろ?」

真美「ま、真美ね?……兄ちゃんの赤ちゃん、欲しい……」



875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 11:51:55.21 ID:TW3QKrzoO

あずさ「あら、だめよ~真美ちゃん。真美ちゃんはまだ、赤ん坊を産める年齢じゃないのよ~?」

真「そ、そうだよ!ボクくらいの年齢じゃないと、プロデューサー捕まっちゃうよ!……あれ?ボクは大丈夫だよね?」

貴音「真、あなたはまだ17歳ではないですか。確か、18歳以上でないと……はっ!わたくしは、貴方様との子を身篭れる、という事ですね……」

律子「いいえ、真美でも問題ないわ。一応法的には。お互いに同意してたら13歳以上で性交可能なはずよ」

亜美「えっ!?それマジですか、律っちゃん先生!」

律子「ええ。一応調べておいたのよ、今後の為に。ただ、他の法律とかで、18歳未満は補導とかなんとかあるみたいだけど……」

真美「じゃあ、真美、兄ちゃんとえっちしてもいいの?」

P「い、いやいや、お前達はそれ以前にアイドルなんだから、子供出来たらアイドル続けられないぞ?」



小鳥「わ、私だったら何も問題ないんだけどなー」ピヨッ



880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 12:07:48.30 ID:TW3QKrzoO

真美「兄ちゃん、それでも真美……兄ちゃんとしたい!兄ちゃんの赤ちゃん、欲しいよー!」

P「真美……」

律子「その思いはここに居る皆、同じだと思いますよ?……まあ、竜宮小町のプロデューサーとしては、竜宮メンバーが孕むのは困りますけどね」

P「律子……」

あずさ「わたしもプロデューサーさんとの子供は欲しいんですけど、皆がプロデューサーさんの子供を産んでも大丈夫なのかしら~?」

律子「それも……まあ法的には微妙ですけど、結婚しなければ大丈夫だと思います。多分」

真「暗黙の了解ってやつ?」



小鳥「みwなwぎwっwてwきwたwwwww!プロデューサーさん!今すぐしましょう!ガンガン中に出して下さい!さあ!」クパァ

P「小鳥さん、真面目な話をしてるので、少し静かにして下さい」

小鳥「は、はい……」ピヨ…



882: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 12:16:41.31 ID:TW3QKrzoO

真美「それじゃあ兄ちゃん、真美とまた、してくれるの……?」

P「……そうだな、真美さえよければ、俺は……」

真美「うん!真美、兄ちゃんならいつでも大歓迎だよ~!」

P「あはは、いつもの元気な真美に戻ったな」

亜美「うー…」ションボリ

P「……今度は亜美が元気無くなったみたいだな。どうした?」

亜美「だって、なんか亜美だけ仲間外れじゃん……」

P「そんなことないって。焦らなくても、時が来れば亜美だって……」

亜美「兄ちゃん、ホント……?」

P「ああ!ホントだって!だから、落ち込むなって」

亜美「……うん!わかったよ、兄ちゃん!」

貴音「いい話です……感動いたしました……」

律子「……まぁ、内容が少しアレだけどね……」



883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 12:24:57.21 ID:TW3QKrzoO

小鳥「あ、あの、プロデューサーさん、あ、あたしも、プロデューサーさんと……」フラフラ

P「こ、小鳥さん!?顔真っ赤ですよ!?」

小鳥「す、少し、のぼせ……きゅぅ~」バタンッ

P「小鳥さん!?大丈夫ですか小鳥さん!」

律子「そりゃ、あれだけ飲んでお風呂に入ればこうなりますよ……」

P「さっきから何か様子がおかしいと思ったら……とりあえず脱衣所まで運ぶよ。よっと」グィッ

亜美「あー、ピヨちゃんお姫様だっこされてるよ~。兄ちゃん、後で亜美にもしてー」

P「はいはい、わかったから……真、扉あけてくれ」

真「はいっ」



885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 12:37:35.77 ID:TW3QKrzoO

P「とりあえず脱衣所に寝かせてきたよ。意識はあるし大丈夫そうだ」

律子「まったく、小鳥さんが一番ハメを外してるんじゃないのかしら?」

P「まぁそう言うなって。小鳥さんは小鳥さんで、色々大変なんだよ」

律子「もう、プロデューサー殿は甘いんですから……、で、どうするんですか?」

P「どうするって、何が?」

律子「何って、ナニですよ」

P「……律子、それ前に小鳥さんも言ってたぞ」

律子「うっ……、す、すみません……」

あずさ「プロデューサーさん……」ぽよんっ

P「な、なんだ?あずさ」

あずさ「うふふふふっ」ぽよん ぽよん ゆっさゆっさ

P「な、何してんだよ……」ムクッ

あずさ「プロデューサーさんをその気にさせようと思いまして~」ぽよぉん

P「くぅっ……、やっぱりこれは凶器だ……!」ムクムクッ

真「あずささん、ナイスっ!」



893: アイマス系代行AAは可愛いな……続けます 2011/12/03(土) 13:09:08.92 ID:TW3QKrzoO

亜美「兄ちゃんっ!」ギュウッ

P「わぷっ!?あ、亜美!?」

亜美「亜美にもちゃんとお胸あるんだかんね~!」グリグリ

P「む、胸を顔に押し付けるな!(な、なかなか柔らかい……)」

貴音「わたくしも負けていられませんね……」

あずさ「じゃあ貴音ちゃん、またアレ、一緒にどう~?」

貴音「はい、是非共に……」

ズリュッ ズリュッ

P「うわっ!な、なんだ!?何が……くっ!亜美、見えないからどいてくれっ」

亜美「兄ちゃんは亜美のお胸さんだけ見てればいいじゃん!」





895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 13:17:39.65 ID:TW3QKrzoO

P「いいからどいてくれっての」モチアゲ

亜美「あ……」

P「あ……(た、縦スジが目の前に……)」

亜美「い、いや~ん、えっちぃ~、……な、なんちって……その……」カァァ

P「わ、わるい……」ギンギンッ

あずさ「あらあら、プロデューサーさんったら、また大きくして……」

貴音「わたくし達がこんなにしているというのに……、貴方様は、いけずです……」

P「あ、えっと……スミマセン……」

律子「さっきから謝ってばかりですね、プロデューサー殿?」むにゅ

P「り、律子……(背中に二つの柔らかいモノが……)」



898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 13:27:35.62 ID:TW3QKrzoO

律子「ま、そこもプロデューサー殿らしいんですけどね」ギュウッギュウッ

P「そ、そうか?(これ明らかに押し付けてるだろ……!)」

真「ねー!ボクにもプロデューサー触らせてよー!」

真美「ま、真美も、兄ちゃんとベタベタしたいよー!」

亜美「に、兄ちゃん!もうっ、降ろしてよぉ~っ!」カァァッ

P「あ……わ、わるかった」ヒョイッ ストン

亜美「もう、兄ちゃんのエロエロ変態大魔神ーっ!」

あずさ「うふふふっ、これで私たちを見てもらえるわね」

貴音「さあ貴方様、遠慮はいりません。存分にご堪能下さい……」

P「くっ……!む、胸が前にも後ろにも……!」



900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 13:39:55.34 ID:TW3QKrzoO

律子「あらぁ?前に胸は関係ないとか言ってませんでした?プロデューサー殿」むにっ むにゅっ

あずさ「プロデューサーさんは小さい方が好きなのかしら~?」

貴音「それは困ります。わたくしの胸は、どうやら大きい部類に当てはまるようなので……」

ジュリュ ズリュッ ジュポッ

P「い、いや、だから、大きいとか小さいとかじゃなくっ……ぐっ!」

あずさ「あらぁ?そろそろかしら~?」

貴音「旦那様……さあっ、遠慮なさらず、ざぁめんを……!」

P「だ、だめだっ!射精るっ!」

ビューーッ ビュルルルッ ビュルッ

律子「あはっ!出ましたね勢いよくっ!」

あずさ「あんっ!胸にたくさんついちゃったわ~」

貴音「旦那様の……ざぁめん……」ペロッ

P「はぁ……はぁ……」



901: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 13:47:27.07 ID:TW3QKrzoO

真美「……兄ちゃん……」

P「はぁ……はぁ……、ま、真美……?」

真美「ま、真美……もう、我慢できないよぅ~!」ギュウッ

P「真美……」ギュッ

真美「兄ちゃん……、して?」ウルッ

P「っ!……ああ、わかった……」

真美「兄ちゃん、真美、もう準備出来てるから、その……」

P「入れて……いいのか?」

真美「……」コクン

P「じゃあ……入れるぞ」



903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 13:56:33.39 ID:TW3QKrzoO


チュプッ…

P「こんなに濡れて……さっきの見て一人でしてたのか?」

真美「だ、だってぇ~……」

ジュププッ

真美「きゃぁんっ!」

ジュプンッ

真美「あぐっ!に、兄ちゃんのが……真美に、刺さっちゃったぁ……」

P「真美、動くぞ」

真美「いいよ、兄ちゃ……あんっ!んっ!あっ!」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

真「プロデューサー、あの、ボクにも……」

P「真……こっちにこい」

真「はい、プロデューサー……」



905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 14:04:03.29 ID:TW3QKrzoO

P「手で悪いけど、してやるよ」

真「はい……お願い、します……んっ!」クチュ ヌチッ キュッ

亜美「に、兄ちゃん、反対の手で、亜美にもして……?」

P「ああ、亜美もこっちにおいで」

亜美「うん……」テトテト

P「やるぞ……」

亜美「んっ!あっ!に、兄ちゃん、前より上手くなってるよ~っ!」クチュクチュ キュッキュッ

真美「あっ!あっ!ううっ!うんっ!んっ!」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ



律子「……なんかつまんないわね……。あ、そうだ!」



907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 14:16:11.50 ID:TW3QKrzoO


ジュプッジュプッジュプッ

真美「あっ!あっ!に、兄ちゃんっ!兄ちゃんっ!」

P「真美っ!くあっ!くっ!ふっ!」

真「プロデューサーっ!な、なんかっ、なんか来ますっ!」クリッ チュプッ クリュッ

亜美「あっ!亜美もぉっ!イっちゃうよぉ~っ!」

ジュプッジュプッジュプッ

P「真美っ!もうっ……!」

真美「に、兄ちゃんっ!」

律子「そぉーっと……えいっ!」ズプッ ズプッ

真美「ひうぅうっ!?お尻いぃぃぃっ!?」キュゥゥゥッ

P「いぃぃいっ!?律子ぉお!?」ビュッ

ビューーーッ ビューーッ ビュルルッ

真美「ゃあぁぁぁぁーっ!?」ピーンッ ビクンッ ビクッ



910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 14:25:36.43 ID:TW3QKrzoO

真「きゃああぁぁぁっ!?」ギュゥゥゥッ

亜美「兄ちゃぁぁぁんっ!!」ビクビクンッ



律子「……見事に全員イったわね」

P「り、律子……お前なぁ……」

律子「どうでした?前立腺を刺激すれば、かなり気持ちいいとか聞いたので」

P「気持ちいいかどうかは置いといて、とりあえずビックリしたよ……」



P「さあ、そろそろ風呂入ってからあがるぞ」

あずさ「プロデューサーさん、私たちまだ……」

貴音「わたくしにはしていただけないのでしょうか……」

律子「まぁまぁ、旅行はまだ終わりじゃないんですから、今は我慢しておいて下さい」

あずさ「……わかりました~……」

貴音「やむを得ませんね……」



913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 14:34:39.80 ID:TW3QKrzoO

---大部屋---

P「ただいまー……って、来ないと思ったら皆寝てるのか?」

響「あ、プロデューサー!」

P「響は起きてたか」

響「自分、この状況を伝えなきゃって思って、隠れて見てたんだ」

P「何があったんだ?」

響「それが……伊織が暴走して、プロデューサー達が飲んでたお酒、皆に飲ませはじめたんだ……」

P「……あんの、でこっぱち娘は……」

響「はじめは皆騒いでたんだけど、そのうち静かになって、それで……」

P「響はよく飲まされなかったな」

響「自分、たまたまトイレに行ったんだけど、伊織は自分がお風呂に行ったと勘違いしてたみたいなんだ」

P「それで、か……」





914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 14:44:12.70 ID:TW3QKrzoO

P「でも、この状況だと、もう寝るしかないな。とりあえず小鳥さんは適当な場所に寝かせてっと……」

律子「仕方ありませんねもう寝ますか」

あずさ「皆もちゃんとお布団かけないと……」

響「プロデューサー、い、一緒に寝たいんだけど、いいか?」

真「だったらボクだって!」

亜美「兄ちゃんの隣、いっただきぃっ!」

真美「ま、真美も兄ちゃんの隣ーっ!」

P「どこでもいいから、はやく横になってくれ」

律子「じゃあ、電気消しますねー。おやすみなさい」パチッ

P「ああ、おやすみ皆……」



「にひひっ」

~旅行1日目、終了……?~



916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03(土) 14:51:23.64 ID:TW3QKrzoO

一旦ここで区切ろうと思います
とりあえず休憩を……

このスレでまだ続けられそうならもう少しだけ続けます
無理なら次のスレで……

とりあえずですが、保守支援ありがとうございました

……少し寝ます


元スレ
雪歩「プロデューサー、あの……、なんでもないですぅ……」