13: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/11/14(月) 08:31:42.02 ID:xTdbnPbqO

あずさ「もう、はやく起きてください」

P「んん……ふあぁ……、あ、おはようございます、あずささん……」ポケー

あずさ「あらあら、寝ぼけているんですか?」

P「ん?…………あ、すまん、”あずさ”」

あずさ「はい。さあ、朝ご飯にしましょう」スタスタ

P「そうだな……って、なんて格好してるんだよ!」

あずさ「はい?」



17: れ、レベル1になってる…… 2011/11/14(月) 08:42:35.62 ID:xTdbnPbqO

P「裸エプロン……だと?」

あずさ「これですか?男の人は朝起きた時この格好をしていると喜ぶ、と聞いたので。少し恥ずかしかったんですけど……」

P「た、確かに嬉しいけど……」

あずさ「本当ですか!?」ぷるんっ

P「おうふっ!?ゆ、揺れが……」

あずさ「え?地震ですか?私は感じませんでしたけど……」キョロキョロ ぷるぷる




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:46:02.05 ID:xTdbnPbqO

P「あ、あずさ、あんまりその格好で動くと、み、見え……」

あずさ「はい?」ぽろん

P「ぶふぁっ!?あ、あずさ!胸!胸がエプロンの脇から……!」

あずさ「え?……きゃあっ!」バッ

P「ばかっ、しゃがむとアソコが……おうふっ……」ムクムクッ

あずさ「きゃっ!み、見ないでください!」ペタン



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:50:45.82 ID:xTdbnPbqO

あずさ「もう!テレビでも見ててください!朝ご飯、テーブルに持って行きますから」

P「は、はい、わかりました、すみません……」

あずさ「ああ、恥ずかしい……」カチャカチャ

P「……」スクッ スタスタ

あずさ「えっと、ご飯と、お味噌汁、あとは……」

P(お尻が丸見え……、あずさ、お前が悪いんだからな……)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 08:56:01.39 ID:xTdbnPbqO

もみっ

あずさ「きゃっ!?ぷ、プロデューサーさん!?」

P「あずさ……やっぱりあずさの胸は柔らかいな……」もみっ もにゅ

あずさ「やっ!あ、朝から、そんな……んっ!」

P「あずさ……」もみゅ むにゅ クリッ

あずさ「あっ、あぁ、直に……んっ!ぷ、プロデューサーさん、そこは……ああんっ!」



25: 「さん」抜けた……レベルも1になってるし……死にたい 2011/11/14(月) 09:01:21.82 ID:xTdbnPbqO

P「これ、好きなんだろ?」クリックリッ

あずさ「んっ!あっ!し、知りません!」

P「ホントかー?」クリッ クリクリッ

あずさ「んんっ!うっ!う……あんっ!」

P「こっちも確かめてみようか……」スッ…クチュ

あずさ「だ、だめぇ!そこ、そこはぁっ……んぅうっ!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:12:10.77 ID:xTdbnPbqO

P「ほらあずさ、こんなに糸引いて……」ネバー

あずさ「そんなっ、私は……あぅっ!」

クチュ クチュ クチュ

P「こんなに音立てて……結構エッチだったんだな、あずさは」

あずさ「ち、違っ!私……あんっ!」

P「何が違うんだ?こんなに濡らして……」クチュ クチュ ギュッ

あずさ「ひぐっ!?そ、そんなところ、つままないでくださ……ああっ!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:16:14.51 ID:xTdbnPbqO

P「なあ、あずさ……そろそろ……」ピトッ

あずさ「あっ……そ、それは……」

P「いいだろ、あずさ……」チュプッ

あずさ「そんな……こんな台所で、しかもこんな格好でなんて……」

P「もう、我慢できない……」ズプププ…

あずさ「は、入って……きてます……プロデューサーさんっ……!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:21:04.32 ID:xTdbnPbqO

ズププ…ピタッ

あずさ「全部……入ったぁ……」

P「あずさ、動くぞ」

あずさ「あ、あの、ゴムを……あぁっ!?」ズプッ

P「すまん、もう我慢出来ない……!」

ズプッ ズプッ ジュプッ ジュプッ

あずさ「あっ!あっ!ああっ!そんなぁっ!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:26:07.39 ID:xTdbnPbqO


ジュプッ ジュプッ ジュプッ ジュプッ

あずさ「あっ!あっ!んっ!ああっ!」

P「あずさ……可愛いよ、あずさ……」

ジュプッジュプッ ジュプッ ジュプッ

もみゅ むにゅ クリッ

あずさ「あっ!だ、だめっ!胸までっ、んあんっ!」キュンキュン

P「あずさっ!し、締め付けが……!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:34:56.75 ID:xTdbnPbqO

ジュプッジュプッジュプッ

P「あずさ……そんなに締め付けると……」

あずさ「あっ!だ、だめです!外に……!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「で、でも、もう……!」

あずさ「ダメっ!中はっ!あ、赤ちゃん出来ちゃいますっ!」

P「あずさぁっ!」

ビュルルルッビュルルッ

あずさ「いやあぁぁっ!!……な、中に……ダメって……」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 09:44:00.86 ID:xTdbnPbqO


あずさ「ダメって言いましたよね?それなのに、あんなにたくさん……、ああ、まだ中に……」ドロッ

P「すまん、つい……」

あずさ「いつも言ってますよね?ちゃんとゴム着けてくださいって」

P「……はい」

あずさ「それで、今まで着けたことありましたか?」

P「ない……です」

あずさ「もう……今日は本当に危ない日なのに……」



40: >>35はい 2011/11/14(月) 09:57:07.67 ID:xTdbnPbqO

あずさ「赤ちゃんが出来たら、ちゃんと責任とってくださいね?」

P「あ、ああ!もちろん!きっと……多分、そのうち……」

あずさ「でしたら……もっとしましょう?」

P「え……?」



終わっとこう



46: 13レスか……確かに少ない。じゃあ寝落ちするまで 2011/11/14(月) 10:09:15.58 ID:xTdbnPbqO

あずさ「プロデューサーさん……」

P「あ、あずさ?でも、朝ご飯……」

あずさ「朝ご飯と私、どちらがいいですか?」

P「あ……あずさ、です……」

あずさ「ありがとうございます」ニコッ

あずさ「それじゃあ……」

P「で、でもなぁ……」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 10:11:43.91 ID:xTdbnPbqO

あずさ「プロデューサーさん、もうしたくないんですか……?」

P「いや……、あ、あずさはどうなんだよ」

あずさ「私は、その……」カァァ

P「したい、みたいだな……」

あずさ「……」コクン



51: >>47じゃあ代行頼もうかしら……一応朝から特に用はないんでやれますけど…… 2011/11/14(月) 10:18:04.53 ID:xTdbnPbqO

あずさ「あの、責任、とっていただけるんですよね?」

P「あ、えっと、その、まあ……」

あずさ「でしたら……私を好きにしてください」







あずさ「私の全てを、プロデューサーさんに差し上げます」ニコッ







P「おおぅっ!?……い、今のは効いた……。いつもの天然じゃないだろうな……」



55: 雪歩「プロデューサーは」春香「絶対」『渡さない!』でスレ立て代行頼むかも 2011/11/14(月) 10:27:19.95 ID:xTdbnPbqO

あずさ「なにかおかしかったですか?」

P「いや……意味わかって言ってるのか?」

あずさ「はい。プロデューサーさんの赤ちゃん、産ませてください」

P「あ、あずさぁーっ!」ガバッ

あずさ「きゃっ♪……ん……」

チュッ…レロッ…チュウッ…

P「んん……む……っぷぅ……あずさ……んむ……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 10:35:00.08 ID:xTdbnPbqO


チュルッ…ピチャ…レロレロ…チュウゥッ

あずさ「んん……んむぅ……んむ……ん……」

P「ちゅ……ちゅぱっ……っふう……、あずさ、今日は孕むまで止めないぞ」

あずさ「あぁ……、はい、たくさん中に出してくださいね?」

P「あずさ……」

ズプッ ズプププ…

あずさ「あんっ……おっきい……」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 10:41:48.40 ID:xTdbnPbqO


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「あ、あずさの中……熱いっ……!」

あずさ「あっ!あっ!ぷ、プロデューサーさっ、ああっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「ふっ……くっ……はっ……」

あずさ「あっ!んっ!か、硬いっ!おおきっ!んっ!あっ!」



62: >>59はじめは効果音頑張って色々やってたけど最近怠けてジュプッ一択 2011/11/14(月) 10:50:12.15 ID:xTdbnPbqO

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「あずさ、もう……!」

あずさ「はいっ!あっ!な、中っ!中にぃ!くださいっ!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

あずさ「ああっ!プロデューサーさんのっ!くださいぃっ!」

P「あずさ……っ!くっ……!あずさっ!孕めぇっ!!」

ビュルルルッ ビュルルルッ ビュルッ

あずさ「んうぅぅぅぅっ!!」ビクビクッ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 10:54:51.03 ID:xTdbnPbqO

P「はぁ……はぁ……、あ、あずさ……」ぷにょん

あずさ「んっ……はぁ……ぷ、プロデューサーさん……?何を……」

P「いや、一度あずさの胸に顔を埋めてみたくてな……」むにょん ぽにょん

あずさ「うふふっ……もう、子供みたいですよ」ナデナデ

P「子供でもいいよ……、あぁ、寝ちゃいそうだ……」

あずさ「うふふっ……」ナデナデ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 11:00:16.08 ID:xTdbnPbqO

P「……でも、子供は、あずさに入れたままこんな事はしないだろ?」ジュプッ

あずさ「あんっ!……あらあら、すっかり台なしですね」

P「あと、こんな事も……」

チュウゥゥゥゥゥッ!

あずさ「ああぁっ!む、胸を……乳首を吸わないでくださいっ!」

ジュプッ ジュプッ

あずさ「(ぬ、抜かずにまた!?)う、動きはじめないでください!」



67: ま、また一瞬寝落ち……ダメだー…… 2011/11/14(月) 11:08:58.42 ID:xTdbnPbqO

P「ぷはっ……あずさは全部俺の物なんだろ?だったらいいじゃないか……」

あずさ「そ、そうですけど……んぅっ!?」

P「んむ……ぷぅ……あずさ、絶対受精させてやる」

あずさ「……はい!お願いします」



74: 完全に寝てたごめんスレが落ちない限りは頑張ってみるよ乗っ取りだけど 2011/11/14(月) 11:48:06.34 ID:xTdbnPbqO


ズルルル ヌプププ ズルルル ヌプププ

あずさ「ふう……ああ……な、なんでこんなゆっくり……」

P「たまには嗜好を変えて、な」

あずさ「あ、あの……ん……えっと……」

P「なんだ?物足りないか?」

あずさ「あ、いや、違い……」

P「じゃあこれでどうだ?」

ズンッ

あずさ「ひぅうっ!?い、一気に……奥まで……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 11:55:27.35 ID:xTdbnPbqO


ズルッ ズンッ ズルッ ズルッ

あずさ「ああっ!あ、んっ!は、激しぃっ!」

P「こんなのは?」

ズンッ グリグリッ

あずさ「んああっ!い、一番奥が、押し付けられて……プロデューサーさんと密着してる……」

P「あずさ……」チュウゥゥゥゥゥッ

あずさ「ひゃんっ!?だめぇ!乳首吸うのだめぇ!」



81: >>75君も大概だなぁ…あずささんをヤンデレにしたいのか 2011/11/14(月) 12:06:37.48 ID:xTdbnPbqO


もみゅ むにゅ むにっ

チュウゥゥッ

クチュ クチュ

ジュプッ ジュプッ

あずさ「あっ……んっ!やっ……そんないっぺんに……!」

ギュムッ

あずさ「ひぃんっ!?そ、そこはだめっ!」キュンキュンッ

P「くぅっ……急に締め付けが……」





83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 12:29:17.92 ID:xTdbnPbqO


ジュプッジュプッジュプッ

P「あずさ……一番奥で出すからな……」

あずさ「ああっ!もう、私、変に、なりそうっ!」

P「くっ……射精すぞっ!あずさっ!」

ビュルルルッ ビュルッ ビュルッ

あずさ「ううぅぅぅっ!!……んんっ……プロデューサーさんのが……一番奥で……」

あずさ「プロデューサーさん……幸せです……」ギュウッ



126: 書き込み遅すぎて失敗した……orz 2011/11/14(月) 16:34:29.26 ID:xTdbnPbqO

P「あ、あずさ……そろそろ腹が減ってきたな……」

あずさ「はぁ……はぁ……はい……、朝ご飯温めなおしますね」スクッ タタタッ

P「ああ、頼む……」

あずさ「えっと、ご飯をチンして、お味噌汁を……」

ドロリ…ポタッ ポタタッ

P(た、垂れてきてる……)

あずさ「あ、お漬物も出さないと……」ポタタッ

P(なんかエロいなこういうの……)



128: あ、保守thx>>125ヒント縦読み……2レス遅くて失敗してるけど 2011/11/14(月) 16:47:34.92 ID:xTdbnPbqO

P「あずさ……」

あずさ「はい?もう少し待ってくださいね……」

もみゅっ もにゅっ

あずさ「んぁっ!ぷ、プロデューサーさん……」

P「あずさ、俺、また……」チュプッ

あずさ「あんっ!プロデューサーさん、朝ご飯が……」

P「朝ご飯より、またあずさを食べたくなった……」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 16:56:12.46 ID:xTdbnPbqO

あずさ「もう、仕方のない人で……んんんっ!」ズププッ

P「ん……はぁ……」

ジュプッ ジュプッ

あずさ「やっ……んっ!あっ、あっ……」

P「はぁ……ふっ……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

あずさ「好きっ……んんっ!好きです……プロデューサーさん……あっ!」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:03:11.22 ID:xTdbnPbqO

P「あ、あずんむっ!……ん……ちゅ……」

あずさ「ん……ちゅぅ……ちゅ……」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

P「んふ……ん……っふぅ……あずさ……」

あずさ「プロデューサーさん……」

ジュプッ ジュプッ

P「はっ……ふっ……チュウッ」

あずさ「ああっ!……ま、また胸……んっ!」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:12:15.29 ID:xTdbnPbqO


ちゅうっ…ちゅぱっ…れろぉ

あずさ「んっ!……そんなに、胸を……ああんっ!」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

P「……でかいな、あずさの」

あずさ「あっ!んっ……プロデューサーさんのも……おっきいぃっ!」

P「……嬉しい事言ってくれるな……」

ジュプッジュプッジュプッ



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:17:41.25 ID:xTdbnPbqO

あずさ「あっ!あっ!プロデューサーさんっ!わたしっ、もうっ!」

P「はっ……あ、ああ……」

あずさ「あっ!あっ!んっ!き、きちゃうっ!ああっ!」ギュウッ

P「わぷっ!?あ、あず

あずさ「んんんぁぁぁぁーっ!!」ビクビクッ キュウゥッ

P「くっ!俺もっ!」

ビュルルルッ ビュルッ ビュルルッ

あずさ「ぁ……あぁ……」ヒクヒクッ



139: 本文長いと書き込めない……変態いおりんはもう書けないのかも…… 2011/11/14(月) 17:25:44.04 ID:xTdbnPbqO

あずさ「はぁ……はぁ……す、すみません、急に抱きついてしまって……」

P「ふぅ……い、いや、むしろよかったよ。あずさのおっぱいに埋もれられて」

あずさ「うふふっ、プロデューサーさんたら……あの、お風呂借りてもいいですか?」

P「ああ、もうベタベタだしな」

あずさ「はい。特にお腹の中が……あら?押したら出てきちゃったわ」ドロッ ポタッ




142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:34:56.16 ID:xTdbnPbqO

---風呂場---

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

あずさ「あっ、あっ、はっ、んっ、あ、洗うっだけってっ、言ったのにっ……」

P「くっ……はっ……が、我慢、できるわけ……ないだろっ……」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

あずさ「きゃっ!か、壁……冷たい……んっ!」

P「なら……俺が、あっためてやるよ……」

ジュプッジュプッジュプッ



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:41:26.43 ID:xTdbnPbqO


ジュプッジュプッ ヌポンッ

あずさ「んはぁっ!……ぷ、プロデューサーさん……?」

P「あずさ、床に横になってくれ」

あずさ「……?はい、こう、ですか?」コロン

P「ああ、そうだ……」ガシッ グイィッ

あずさ「いやっ!こ、こんな格好っ!は、恥ずかしいっ!」バッ カァァ

P「手で隠すなよ。せっかくのM字……じゃなくて、V字開脚なのに」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:47:22.48 ID:xTdbnPbqO

あずさ「やぁ……手を離してぇ!」

P「……このまま入れるぞ」

あずさ「そんな……ああっ!」ズプンッ

ジュプッジュプッジュプッ

P「くっ……気持ちいいよ、あずさ……」

あずさ「あああっ!だ、だめぇ!こんなのぉっ!」ぷるんっ たぷんっ

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「……おっぱいが暴れてるな……」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 17:54:15.21 ID:xTdbnPbqO


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

あずさ「あっあっあっあっ……らめっ……はっあっあっ……」

P「はっ……あっ……あずさ……」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

あずさ「プロデューサーさんんっ!……わ、わらひ……もう……おかし……」

P「……愛してるよ、あずさ」ボソッ

あずさ「~~っ!」キュウゥゥゥッ



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:00:11.02 ID:xTdbnPbqO

P「き、きつっ……!」

ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「あずさ……また、射精すぞ……」

あずさ「は、はいぃっ……きて、きて……くらさいぃっ!」

P「うぅっ……!」

ビュルルッ ビュルッ ビュッ

あずさ「ひゃあぅぅっ!らぁっ!あっ……!……ぁぇ……」ヒクヒクッ



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:07:02.96 ID:xTdbnPbqO

~正午前~

---居間---

あずさ「わ、私ったら……」カァァッ

P「あずさ……か、可愛かったぞ?」

あずさ「ち、違うんです!私、あんなにいやらしい女じゃなくて……!」

P「わ、わかってる!わかってるってば!」

あずさ「嘘です!わかってません!……はぁ……消えてなくなりたい……」クスン



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:10:26.40 ID:xTdbnPbqO

あずさ「……そういえば、確認していいですか?」

P「ん?何をだ?」

あずさ「あの、責任を……結婚、していただけるんですよね?」

P「えぇっ!?いや、俺はこれからもずっとあずさを愛し続けるって意味で責任を……」

あずさ「……プロデューサーさん?」

P「は、はいぃっ!」ビクンッ



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:14:45.88 ID:xTdbnPbqO

あずさ「……もう、信じられません!」ポカポカポカポカ

P「い、痛っ!あ、あずさ、落ち着け!」

あずさ「落ち着きません!責任取ってくれるって言うからあんなに……!」ポカポカポカポカ

P「す、すまんって!でも……あたたっ!」

あずさ「プロデューサーさんのばかっ!ばかっ!ばんむっ!?」

P「ん……ちゅ……」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:18:28.87 ID:xTdbnPbqO

P「ん……ぷはぁっ……落ち着いたか?」

あずさ「……プロデューサーさん、ずるいです……」

P「ごめんな、こんな俺で」

あずさ「……いいえ。私は、そんなところも含めて、運命の人を……






あずさ「プロデューサーさんを選んだんですから」ニコ






P「あ、ありがとう」ドキン



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 18:22:03.40 ID:xTdbnPbqO

あずさ「でも困ったわ……どうしましょう」サスサス

P「いや、まだ妊娠したとは……」

あずさ「でも、今日は危険日で……」

P「あー……、ま、なんとかなるだろ!」

あずさ「プロデューサーさん!」

P「ひぃっ!……ご、ごめんなさい……」




END





198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:18:20.72 ID:xTdbnPbqO

---765プロ事務所---

ガチャ

P「おはようございまーす……って、あれ?なんか珍しい組み合わせだな」

美希「ハニー!おはよう!」

律子「おはようございます、プロデューサー殿!」

あずさ「おはようございます~」

貴音「おはようございます、貴方様……」

P「あれ?そこの隅に居るのは……」

千早「……くっ」



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:24:34.48 ID:xTdbnPbqO

P「あれ?そういえば小鳥さんは?」

律子「小鳥さんなら、買い出しと、ついでに社長の用事とかでしばらく帰らないとか……」

美希「つまり、今ならなんでもやりたい放題なの!」

P「いや、それはまずいだろ……、ってか、なんでこんな面子に?」

あずさ「私と律子さんは、伊織ちゃん達の単独イベントが終わるのを待ってるんです」




202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:29:08.50 ID:xTdbnPbqO

美希「ミキは今日のお仕事終わったよ?」

貴音「わたくしは、その……貴方様に会いに……」

P「だよな。貴音は確か今日休みだったもんな。……で、千早は?」

千早「わ、私は……レッスンの前にプロデューサーに会いたくて……」

P「そっか。わざわざありがとな」ナデナデ

貴音「貴方様!……わ、わたくしにも……」

P「ああ、そうだな」ナデナデ



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:36:26.67 ID:xTdbnPbqO

あずさ「プロデューサー、私も……」

律子「み、皆がってんなら、その、私だって……」

美希「ストーップ!キリがないよそんなの!……だからぁ……」ジイィィィィッ ポロン

P「こ、コラ美希!何を……!」

美希「ハニーは黙ってて……ぱくっ……ちゅぱっ……」

P「ぐっ……美希……」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:42:00.40 ID:xTdbnPbqO

貴音「ほ、星井美希!いきなり何を始めてるのですか!」

美希「ん……ちゅぱっ……ちゅぽんっ……えへへ……皆でハニーを襲っちゃえばいいんだよ」

あずさ「美希ちゃん、そんな……、律子さんからも何か言って……律子さん?」

律子「お、美味しそ……」ジュルリ

美希「ちゅ……ちゅるるるっ……ぷはっ……れろぉ……」

P「くあっ……美希っ……」



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:47:38.29 ID:xTdbnPbqO

美希「れろれろ……ふふっ、もうこんなにおっきい……」

P「こ、これは仕方が……」

律子「……頂きます!」パクッ

ジュッポッ ジュポッ ジュルルルッ

P「ひぃんっ!?り、律子ぉ!?」

律子「ん……んはむ……おいひ……んむ……ちゅう……」

P「り、律子っ……やばっ……!」



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 20:52:19.55 ID:xTdbnPbqO

貴音「秋月律子……貴方まで……。これは、遅れをとる訳にはいきません!」

P「た、貴音、助け

貴音「し、失礼します!」チュウッ

P「むぐっ!?んむっ……ちゅる……ちゅ……」

あずさ「あらあら、どうしましょう……」オロオロ





千早「くっ(混ざりたいけど、混ざりたくない……!)」



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:06:48.16 ID:xTdbnPbqO

P「ぷはっ……あずさ!助け

あずさ「あらあら、こんなにして……律子さん、少し失礼しますね」

律子「ん……ぷふっ……な、何?」

あずさ「これですよ、これ」ぺろん たぷ~ん

律子「……わかったわ」ヌギヌギ ぽいんっ

美希「じゃあミキも!」スルスル ぷるんっ

貴音「わたくしも、なのですね」ヌギヌギ たゆん


千早「くっ」スカスカ



222: ホント文字数少なっ!削りに削ってるよ…… 2011/11/14(月) 21:16:13.19 ID:xTdbnPbqO

あずさ「じゃあいきますよ、プロデューサーさん♪」

律子「はぁ……はぁ……」

貴音「貴方様の為なら……」

美希「4人は流石に狭いの……」

ぷにん ぷにょん もにゅ もにゅん もみゅん
むにゅ もにっ ふにゅ まみん
むにゅん ぷにゅ ぽにゅ もみん
ぽいん むにっ ふにっ もにゅっ

P「お、おっぱい……おっぱいの海……」



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:23:36.92 ID:xTdbnPbqO

美希「やっぱり狭いから、ミキこっちー!」ぱみゅん

P「ぐふっ!?み、美希の胸が直に顔に……」

律子「プロデューサー……吸って……下さい……」ぽにゅん

P「んぷっ……り、律子まで……くあっ!?」

あずさ「どうですか?」

貴音「いかがでしょう……」

P(765プロ1番と2番の大きさの胸が股間に……!)



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:28:21.98 ID:xTdbnPbqO

美希「あれ?千早さんは一緒にやらないの?」

千早「わ、私は……いい、遠慮するわ」

美希「楽しいのに……」ぱふぱふ

P「こ、こら美希!んむっ!?」

律子「プロデューサー殿はちゃんと私の胸を吸って下さい」



千早「参加出来たら、とっくにしてるわ……くっ!」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:35:19.40 ID:xTdbnPbqO

P「や、やばいっ!おっぱいだらけでもうっ……!」

律子「射精るんですか!?射精るんですね!?ではっ!」パクッ

P「ぐっ!律子、いきなり亀頭を……!」

あずさ「よいしょ……ん……」むにょんっずりゅ

貴音「ふっ……はあっ……」ぽいん じりゅ

美希「ハニー!」ギュウッ

P「わぷっ!?(み、美希の胸で窒息する!?)」



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:42:28.94 ID:xTdbnPbqO

P「ぐ……で、射精るっ!」

ビュルルルッ ビュルルルッ

律子「んんぐっ!?……ンクッ……ンクッ♪」

あずさ「律子さん、ずるいわ」

貴音「わたくし達にも、その、それを……」

律子「んぷはぁっ!し、仕方ないわね……ちゅうっ!」

貴音「んんっ!?ん!?んむぅ!?……っぷふっ……あ、秋月律子、なにを……」

律子「精子のおすそ分けよ♪」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 21:52:28.52 ID:xTdbnPbqO

美希「ねえ千早さん、ホントにいいの?」

千早「え、ええ、私は……」

美希「あ、そっか!ごめんね千早さん……」

千早「な、何?」

美希「千早さん、胸が……」

千早「ち、違うわ!違います!違いますー!」

P「ち、千早……?」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:00:10.18 ID:xTdbnPbqO

千早「む、胸は、か、関係ない!関係ないでしょ!?」

美希「ま、まだ何も言ってないの……」

千早「別に!出来るし!私にだってそれくらい出来ます!」

P「千早、落ち着け。所々口調がおかしくなってるぞ」

千早「プロデューサーは私には無理だって言うんですね!?」

P「いや、言ってないが……(無理だろうけど)」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:15:32.42 ID:xTdbnPbqO

千早「じゃあやってみせます!」ぺろん すとーん

P「あ、ああ……(く、比べちゃだめだ比べちゃ)」

千早「い、いきます!」ぐいっぐにっ

P「……」

千早「はっ……ふっ……」するっ ぐにっ

P「……(ひ、必死さは伝わるが)」しおっ

千早「ふ……、え……?」ぐにっ ごしっ

P「……」しおしお へにゃ

千早「……え?」



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:22:24.38 ID:xTdbnPbqO

千早「そんな……こんなはず……くっ」ウルウル

ぐにっぐにっ

貴音「千早、そんなに強引にしては……」

あずさ「プロデューサーさんが可哀相よ?」

千早「う、うるさい!あ、あなたたちにはわからないんです!私の気持ちなんて!」

P「千早、悪い、でも……」

千早「プロデューサーは黙ってパイズリされてて下さい!」

P「えぇー……」



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:26:51.46 ID:xTdbnPbqO

千早「くっ……仕方ない、一度……あむっ!」パクッ

ちゅぱっ…れろれろぉ……ちゅるっ

P「くぅっ!?千早っ!?」

千早「んちゅ……ん……っぱぁ……、大きくなったわ……これでまた……」

P「お、おい!」

美希「またパイズリ?する気なの」

律子「パイズリ?に対する執念ね」



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:32:16.90 ID:xTdbnPbqO

千早「ん……はっ……」するっ ぷにっ

P「……(い、イマイチ……)」

千早「くっ……うぅ……」ポロポロ

美希「千早さん、泣きながらパイズリ?してるの……」

千早「ううぅ…………んっ!」クリュッ

P「んっ!……ち、乳首が引っかかったのか……?」

千早「い、今の……良かった……」



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/14(月) 22:37:19.86 ID:xTdbnPbqO

千早「んっ……!あっ……!」クニッ クリュッ

P「くっ……千早、わざと乳首を……!」

美希「これは、パイズリじゃなくて……」

律子「乳首ズリよ!」

千早「んあっ!ぷ、プロデューサーの、おちんちんに、私の乳首が……んんっ!」

P「こ、これは中々……」



263: 眠気が襲ってきた…… 2011/11/14(月) 22:51:08.62 ID:xTdbnPbqO

千早「はっ……はっ……」クリュ クニッ

P「くぅっ……千早っ……」

千早「どう……ですか?んっ……私は、結構、気持ちいいっ」

P「俺も、もう……」





340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:25:09.94 ID:I599P9l3O

千早「出来た……私にも……んっ……」クリュ クニッ

P「そ、そうだな……(出来た事にしとこう)」

律子「さて、もういいかしら?」

貴音「後がつかえていますよ」

千早「はっ!す、すみません、私、プロデューサーを独占しちゃって……」

美希「ミキ、気にしてないよ」

あずさ「じゃあこれから皆でプロデューサーさんを……うふふっ」




343: 文字数制限のせいで無駄に時間かかる…… 2011/11/15(火) 01:34:19.22 ID:I599P9l3O

あずさ「それじゃあ千早ちゃん、今度は私と一緒にやりましょう?」

千早「で、でも……」

あずさ「いいから、ほら」グイッ

千早「あ……」

あずさ「こうやって、二人で挟んで……」

千早「……くっ(でかっ!)」

P「お、おっぱいとちっぱいに挟まれてる……」



350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:46:52.11 ID:I599P9l3O

あずさ「こうやってね、二人でこすってあげると気持ちよさそうにするのよ~」むにゅ もにゅ

千早「ん……はあ……」するっ しゅっ

P「うぐっ……これはこれで……」

美希「ハニー、美希のココ……いじって?」コシュ クチュ

律子「わ、私も……お願いします」

貴音「あなた様……ちゅ……ちゅうぅっ……」



353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 01:56:38.42 ID:I599P9l3O

P「ん……ぷはぁ……美希、律子も、おいで……」

律子「は、はい……」

美希「ハニー……」

クチュ コスコス クチュ ヌチ クリクリ

律子「んっ!はぁ……も、もっと……くぅんっ!」

美希「あっ!ん……んっ……」

P「貴音はそこに立って……」

貴音「そ、それでは私の大事な所が見えて……」

P「いいから、さあ」



354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:03:50.27 ID:I599P9l3O

貴音「こ、これでよろしいのですか?」カァァ

P「ああ、そのままだ……ぺろっ」

貴音「きゃっ!そ、そんな所……汚い……んぅっ!」

P「れろっ……そんなことないよ……ぺろっ……ちゅっ」

千早「はぁ……はぁ……」クチュクチュ

あずさ「あらあら、千早ちゃんも我慢出来なくなったのね」

千早「プロデューサーの……欲しい……」



359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:17:35.88 ID:I599P9l3O

千早「プロデューサー……」ヌチュ

ズププププ

P「ち、千早……?くっ……!は、入っんぶっ!?」

貴音「すみません、貴方様っ……や、やめないで……下さい……」

P「んむ……れろぉ……つぷっ……」

貴音「んはぁっ!?し、舌が、中にっ!」

美希「んっ!あっ!あっ!」ジュポッ ジュッポッ

律子「っ!はっ!はっ!」ジュポッジュプッ



362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:27:58.53 ID:I599P9l3O

千早「ん……プロデューサーと……繋がって……」

ジュプッ ジュプッ

貴音「はぁっ!あっ!あなたさまぁっ!」

美希「ハニー!んっ!」

律子「はぁっ!はっ!もっとぉ!」







あずさ「どうしましょう、あぶれちゃったわ~」



367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:38:11.81 ID:I599P9l3O

千早「はぁ……んっ!あっ!あっ!」

ジュプッ ジュプッ ジュプッ

P「くあっ……千早っ!」

千早「ああっ!プロデューサー、私、もう……!んんっ!」ビクンッ キュウゥッキュッ

P「そ、そんな絞められると……!」

ビュルッ ビュルルッ

千早「ぁんっ!……で、射精てる……」ドクッ ドクン



368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:42:47.70 ID:I599P9l3O

貴音「あなた様……わたくしも、もう切なくて……」

P「ああ……千早、どいてあげてくれ」

千早「はい……んっ」ズルルッ

P「貴音、そのまま腰を下ろして……」

貴音「こう、でしょうか」

P「ああ、そのままだ……」ツプッ

貴音「あ、あなた様!そこは……!」



371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 02:53:52.78 ID:I599P9l3O


ツプッ ツププッ

貴音「そ、そこは違います!あ、ああ……入って……きて……」

ヌプッ ヌプッ ニュプッ

P「貴音なら……ここも、気に入るかと思って……」

貴音「そ、そんな事……んっ!」

P「ほら、感じてきてるんじゃないか?」

貴音「んっ!はぁっ!ああっ!」



374: 寝そう……意識が……寝たらとりあえずそこまで…… 2011/11/15(火) 03:11:03.80 ID:I599P9l3O


ヌプッ ヌチュ ヌプッ

貴音「あ、あなた様っ!くぅっ!んっ!」

P「貴音……凄い……いいぞ、貴音……」

ヌコッ ニュプッ ヌプッ

貴音「あなた様ぁ……わたくし、変になって……んっ……お尻で、気持ちよく……あっ!」

P「いいんだ、それで……」



375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:14:54.99 ID:I599P9l3O

美希「ハニー!ちゃんと手も動かしてよ!」

P「ああ、悪い……」

律子「あっ!あんっ!ぐっ!」ジュプッジュプッジュポッ

P「こ、こっちは勝手に使われてる……」






あずさ「千早ちゃん……」

千早「あずささん……」



378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:26:29.93 ID:I599P9l3O


ヌプッ ヌプッ ヌプッ

貴音「はっ……ん……わ、わたくし……もう……」

P「んっ……ああ……イっていいんだぞ……」

貴音「わたくし……お尻で……はしたな……ああっ!」

P「我慢するな、貴音……」

貴音「はぁっ!あっ……こんなっ……あっ!ああぁぁっ!」ギュウゥゥゥッ

P「んぷっ!?(胸がっ……)」



380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:36:26.45 ID:I599P9l3O


ズルルッ ヌポンッ

貴音「あ……あなた、様ぁ……」ヒクッヒクッ

P「はぁ……はぁ……こ、これだけ居ると、身が持たないな……」

ズプゥッ

P「ぬわぁっ!?り、律子!?」

律子「んふあっ!?は、入ってる!おっきいぃ!く、くる、しいぃっ!」

美希「あー!次狙ってたのにー!」



384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:45:03.56 ID:I599P9l3O


ジュプッジュプッジュポッジュポッ

律子「はっ!はっ!んっ!え゙っ!お゙えっ!」

P「速いって!だ、大丈夫か律子!?」

律子「はっはっ、く、苦しっ、うっ、き、きもちっ……!」

P「ぐっ……律子……!」

あずさ「千早ちゃん、プロデューサーさんに……ゴニョゴニョ」

千早「それ、いいですね……」



386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 03:53:03.55 ID:I599P9l3O

千早「プロデューサー……」

P「うわっ、後ろから……千早か?」

千早「すみません」クリッ クリッ

P「うひ!?な、なにしてんだ!?ひうっ!あ、あずさまで!?」

あずさ「うふふっ、男の人でもここは気持ちいいそうですよ?」ツプッ

P「ばっ!やめっ……!」

あずさ「うふふふふふっ」ツプッツプッ

P「な、なんかあずさが黒いぃぃ!?」



390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:00:00.51 ID:I599P9l3O


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

律子「はっはっはっはっ……」

P「り、律子、一旦離れてく……んふぁっ!?」

あずさ「どうですか?プロデューサーさん」グリッ グリッ

千早「ま、前に散々いじられた仕返しです」クリッ クリッ

P「やばっ……!し、刺激が強すぎるっ!」



392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:06:58.47 ID:I599P9l3O


ビューーッ ビュルルルッ ビュルッ

P「はぁっ!?か、勝手に射精て……」

律子「ひああぁぁぁっ!?で、射精てるぅっ!精子ぃっ!!」ビクンッ ビクッ

あずさ「まだまだですよね?」グリッ

千早「なんか……プロデューサー可愛い……」クリッ

P「ふ、二人とも、止めっ……ああっ!?」



395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 04:16:03.28 ID:I599P9l3O

美希「次こそミキの番なの!ほら皆、どいてよ」

あずさ「あん、せっかくこれから……」

千早「……仕方ないわね」

律子「プロデューサー殿の……せーし……」ジュプッ ジュプッ

美希「律子もどいてよ!」

律子「ああぁ……せいし……んあっ!」ズルルッ



441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 09:48:49.87 ID:I599P9l3O

美希「あれ?ハニーのおちんちん、元気ないの」

P「そ、そりゃこれだけ連発すればな……」

美希「じゃあ、ミキが元気にしてあげる……」スッ

チュッ

P「んっ……んむ……」

美希「ん……ちゅ……ちゅぷっ……」ギュ…

P「んんっ……(握られてる……)」

美希「んむ……んちゅ……」シコ シコ



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 09:55:26.29 ID:I599P9l3O

美希「ん……ちゅ……ちゅちゅ……っぷふぅ……元気になってきたの」

P「あ、ああ……おかげさまで……」

美希「じゃあ……あむっ……ちゅぱっ……じゅぷっ……」

P「うあっ……美希、前より上手く……んっ……」

美希「ちゅ……んもご……ちゅるるっ……ちゅぽん……えへへ……ちゅ……ちゅぱ……」



443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:00:10.53 ID:I599P9l3O

P「み、美希……もっと激しく……」

美希「わふぁっふぁほー……んっ、んっ」

ジュッポッジュッポッジュッポッ

P「くっ……はっ……」

美希「んっ、むっ、んっ、んっ……」

ジュポッジュポッジュポッジュポッ




千早「あっ!あずささん、そこは……!」

あずさ「全部私に任せて、千早ちゃん……」



445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:09:28.15 ID:I599P9l3O


ジュポッジュポッジュポッ

P「み、美希、十分だ……これ以上すると……」

美希「んっ……んふ……んっんっんっ」

ジュポッジュポッジュポッジュポッ

P「こ、コラ美希!うぅっ……!」





律子「精子……ちゅっ……ちゅるるるるっ……!」

貴音「やっ!いけません、律子嬢!わ、わたくしには出していただいて……お、お尻吸わないでぇっ!」



447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:19:14.60 ID:I599P9l3O


ジュポッジュポッジュポッジュポッ

P「くっ……も、もう……!」

美希「んっんっんっんっ♪」

P「で、射精るっ!」

ビュルルルッ ビュルッ ビュルッ

美希「んむっ!……んくっ……んくっ……♪」

P「う、うぅ……」



450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:34:20.12 ID:I599P9l3O

美希「んふふ、ごちそうさまなのー」

P「み、美希……やめろって行ったろ?ったく……」

美希「だって、ハニーの、欲しかっんむぅっ!?」

律子「んちゅ……ちゅるるるるっ……っぷはっ……はぁっ……お、美味しい……♪」

P「り、律子……」

美希「ん、もう!律子……さん!邪魔しないでよ!」



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:48:40.16 ID:I599P9l3O

美希「ハニー、そろそろ……ね?」

P「ああ……」

美希「ほら、ここだよ?」ギュ…

P「う……」チュプ

ズププププ…

美希「んあぁっ!……ふぅ……ハニーので、お腹いっぱいなの……」

P「美希……」



455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 10:55:03.36 ID:I599P9l3O

P「動いて、いいか?」

美希「待って、ミキが動きたい……んっ……はっ……」

ジュップッ ジュップッ

P「はっ……ふっ……」

美希「んっ……ハニーのが……出たり、入ったりしてるよ……」

ジュップッ ジュプッ ジュプッ

美希「んっ……ハニー……好き……チュッ……」

P「ん……ちゅぱっ……んふっ……くっ……」



456: >>454お前は俺か。俺もイチャラブ見たい……飛ばすか 2011/11/15(火) 11:01:23.81 ID:I599P9l3O


ジュプッ ジュプッ ジュプッ

美希「ハニー……ハニー……!」ギュウッ

P「どうした?」

美希「こんなの、久しぶりで……あっ……ハニーと、あんまり一緒にいれなくて、ミキ……」ポロ…

P「んっ……そうか……すまなかったな、寂しい思いさせて……」

美希「ハニーっ!」ギュウッ

ジュプッジュプッジュプッ



457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:11:12.91 ID:I599P9l3O


ジュプッジュプッジュプッ

美希「ハニー……ミキを見て……、今だけは、ミキだけを見て!」

P「ああ、ちゃんと見てるよ……ミキの顔も、身体も、多分気持ちも……」

美希「んあぅっ!っ……あっ……あんっ……」

ジュプッジュプッジュプッ

P「美希……くっ……」

美希「あっ、あっ、あっ、あっ……」



459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:18:22.57 ID:I599P9l3O


ジュプッジュプッジュプッジュプッ

P「美希、もう……」

美希「うんっ、いいよ!ちょうだい!ハニーの、全部っ!」

P「美希ぃっ!」

ビュルルルッ ビュルッ

美希「んんっ!……あはは……ハニーの、ビクビクいってるの……」トクン トクン






461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:29:21.88 ID:I599P9l3O

P「はぁ……はぁ……、はっ!やばい!もうすぐ昼になるぞ!小鳥さんも帰って来るんじゃないか!?」

美希「わ、忘れてたの!」

P「み、皆服着て!あずさと千早は何してんだよ!?こ、こら律子!くわえるなっ!」

あずさ「千早ちゃん、ここがいいの……?」

千早「あんっ!そ、そこ……いいですっ!」

律子「あむっ……じゅぽっ……」



463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:36:23.22 ID:I599P9l3O


ガチャ

小鳥「もどりましたー、はぁ~、お腹すいたわー……あれ?なんか珍しい組み合わせですね」

P「お、お帰りなさい、小鳥さん……」

律子「プロデューサー殿……♪」ギュッ

美希「律子……さん!ハニーにくっつき過ぎなの!」ギュゥッ

千早「あずささん、しばらくこのままで……」ギュウッ

あずさ「あらあら、甘えん坊さんね」

貴音「わ、わたくし、お尻で……お尻を……」ズーン



466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:44:36.50 ID:I599P9l3O

小鳥「な、なんか色々あったみたいですねー(片付けるならちゃんとして欲しいなーあの液体はなんだろなー)」ピヨッ

P「はは、ま、まあ……ほら、律子も美希も、もう離れて」

律子「プロデューサー殿がせいしむぐもごっ」

美希「わわっ!しーっ、しーっ!わ、わかったの!美希達もうどくの!」

あずさ「ねえ千早ちゃん、これから一緒に……お出かけしない?」

千早「はいっ、喜んで……」

貴音「わたくし……このままでは立ち直れません……」チラッ

P「ゔ……わ、わかったから、後でな……」



470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 11:53:27.36 ID:I599P9l3O

P(そんなこんなで、色々大変だった午前中が終わった……が、その影響はしばらく続きそうだ……)

貴音「ああ……わたくしはなんて痴れ者なのでしょう……」ズーン

あずさ「私の部屋に来る?」

千早「あずささん……」





---千早イジメ篇、完---





546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:07:58.68 ID:I599P9l3O

---P宅---

ピンポーン

P「来たか……はいはーい」

ガチャ

真「おはようございます、プロデューサー!」

P「おう、おはよう。朝から元気だな」

真「そりゃあもう、プロデューサーと一日デートできるってだけで、テンション上がっちゃいますよ!」

P「はは、ありがとう」





---スポーツデート篇---



550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:16:23.78 ID:I599P9l3O

真「じゃあ、まずどこに行きます?何処ですか?」キラキラ

P「て、テンション高ぇ……、えっと、特に決めてなかったんだけど……」

真「プロデューサー!ボク、プールに行きたいです!」

P「プールか……いいな、行くか!」

真「あと、ゲームセンターとか、ボウリングとか……」

P「え、プールだけじゃ……」



※季節は夏



553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:25:14.45 ID:I599P9l3O

P「じゃあまず、早くから開いてるゲーセンあるから、そこから行くか」

真「はいっ」

P「その次にボウリングやって、昼過ぎてからプールに行くか」

真「全部まわってくれるんですね!?さっすがプロデューサー!」

P「まぁ、たまにしかないしな、こんな二人きりなんて」

真「プロデューサー……」

P「さ、車で行くから、駐車場までついて来てくれ」




555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:35:48.30 ID:I599P9l3O

---ゲームセンター---

真「プロデューサー、早く早く!」

P「慌てなくても大丈夫だぞ」

真「何やろっかなー♪」

P「ははは、まったく、子供みたいだな……ん?あれは……」





響「くっ!このっ!……またハズレだぞ……」チャリンチャリンチャリン

P「……響?」




560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:42:27.48 ID:I599P9l3O

P「響?何やってんだ?こんなとこで」

響「このっ!…………ぷ、プロデューサー!?ち、違うんだ!これはその、別に朝からメダルゲームしてたんじゃなくて……」

P「いや、別に責めてるわけじゃ……」

響「あ、遊ぶ相手が居ないわけじゃないんだからな!?た、たまたま今日は、一人で、その……」

P「わかった、わかったから……」

響「うぅ……」



真「もう、プロデューサー、早く……あれ?響?」



562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 20:51:25.30 ID:I599P9l3O

響「ま、真!?……そっか、プロデューサー、今日は真とデートだったんだ……」

P「あ、ああ、まあな……」

真「今日は一日中プロデューサーと一緒なんだ」

響「そ、そうだよな……、自分、急用を思い出したから帰るぞ!」

P「え?響?」

響「じゃあな!一日楽しんでくればいいさー!」

真「ちょっと待ってよ!」



567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:02:35.03 ID:I599P9l3O

真「なんで逃げるんだよ!」

響「じ、自分、別に逃げてなんか……」

真「逃げたじゃないか!」

響「だ、だって……」

P「いきなりどうしたんだよ……」

響「……自分がいたら、お邪魔だから……せっかくの真のデート、邪魔しちゃうと思ったから、自分……」

P「響……」



570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:11:00.41 ID:I599P9l3O

真「そんなことないよ」

響「真……?」

真「確かにプロデューサーと二人きりなのはとっても嬉しいよ」

響「うぅ……」

真「でも、誰かを嫌な気持ちにさせてまでそうしたいなんて思わないよ」

響「真ぉ……」ウルッ

真「響も同じ765プロの、そしてプロデューサーを好きな仲間じゃないか!」

響「真ぉーっ!」ダキッ

真「うわっ!はは、ビックリしたぁ……」



571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:16:19.16 ID:I599P9l3O

P「で、どうするんだ?」

真「響も一緒に遊ぼうよ!」

P「……だってよ。どうする、響?」

響「じゃあ……自分、二人と一緒に遊びたい!」

P「よし!じゃあ今日は二人まとめて面倒みてやる!」

真「プロデューサー太っ腹ぁ!」

P「……え?」

真「だって、ボク達の分のプール代とか払ってくれるんですよね?」

P「あー……」



573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:20:21.20 ID:I599P9l3O

P「ま、まぁ、それは置いといて……まずはゲーセンを楽しもうぜ?」

響「あ、現実逃避したぞ……」

真「プロデューサー、ボクあれやってみたい!」

P「おう!……あれは……パンチングマシーン……」

響「あ、自分もやってみたい」

P「じゃあ皆でやってみるか」



577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:28:29.01 ID:I599P9l3O

P「じゃあまずは俺がお手本を見せよう……せぇーのっ!」バコンッ

[132]

P「……ま、こんなもんかな」

響「つ、次は自分がやるぞ!……はぁーい、さーーいっ!」バコッ

[97]

響「うぅ……プロデューサーに負けた……」

P「まぁそんなもんだよ。次は真だな……ま、真?」

真「コォォォォーッ……スゥゥゥゥゥッ………………はあぁぁぁっ!!!」ドゴオォォォンッ!

[###]

真「あれ?数字が出てないや」



582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:42:26.35 ID:I599P9l3O

響「あ、あれは!」

P「なんだ?」

響「ハム蔵!」

P「そんな馬鹿な……あー、小さいぬいぐるみか」

響「ハム蔵、ハム蔵!今助けてやるからな!」チャリーン

P「お、おいおい……」

響「ああっ、取れない!ハム蔵ーっ!」

P「……はいはい、俺が取ってやるから」



585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 21:53:28.05 ID:I599P9l3O

響「ハーム蔵♪ハーム蔵♪いーっぱい♪」

P「結局、ハムスター系は全部取らされてしまった……」

真「プロデューサー、次はあれやりたいです!」

P「はいはい、あれは……あー、ホッケーか……」

真「いいですよね?」

P「まぁ、いいけど……勝てる気がしない……」



590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:03:23.70 ID:I599P9l3O


スコーンッ

[15-00]

真「っへへ、やーりぃっ!」

P「か、完敗……」

真「もう一回!もう一回やりましょう!」

P「いや、俺はもう……」

響「じゃあ次は自分がやるぞ!」

真「お、やろうよ響!」

響「負っけないぞー!」



597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:09:47.88 ID:I599P9l3O


カンカンカンカンカンカンカンカン…

P「速っ!み、見えない……」

カンカンカンカンカンカンカンカン…カコンッ

響「うぁーっ!入れられたぞ!まだまだぁ!」

[01-00]

カンカンカンカンカンカンカンカン…

P「い、今ので1点目かよ……」



601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:19:18.88 ID:I599P9l3O

響「ぅあーっ!負けたぞー!」

真「危なかったー、いいバトルだったね!」

響「楽しかったからまたやろうな!」

P「さ、さて、そろそろ次のボウリングにでも行くか」

真「いいですね」

響「自分もいいのか?」

真「もちろん!皆でやろうよ!」

P「んじゃ移動するか」



605: どうでもいいけど、ボウリングだった。ボーリングだと穴掘る方だ 2011/11/15(火) 22:27:58.85 ID:I599P9l3O

---ボウリング場---

P「さて、じゃあ俺から……」スタタタッ ゴロンッ

ガコガコンッ

[8/ ]

P「……」スタタタッ ゴロンッ

ガココッ

[8/2]

[スペア]

P「ま、こんなもんかな」フフン

響「次はボクだね」スタタタッ ゴロンッ

ガコガコンッ

[ストライク]

真「やった!ストライクだ!」

P「……ま、まぁ、やるじゃないか……」



607: また間違い……響→真で 2011/11/15(火) 22:34:36.35 ID:I599P9l3O

響「次は自分が……」スタタタッ ゴロンッ

ガコガコンッ

[ストライク]

響「おお!全部倒れたぞ?」

P「ま、まぁ、続くとは限らないしな……」

真「響……勝負だ!」

響「望むところだぞ!」

P「え……俺は……?」



609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:41:50.60 ID:I599P9l3O

結果
P:172点
真:250点
響:234点

響「また負けちゃったぞ……」

真「響も頑張ったと思うよ?」

響「うぅ~、次までに練習して上手くなってやるからな!」

真「楽しみにしてるよ」



P「お、俺の立場って……」



614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:56:52.97 ID:I599P9l3O

---レジャープール---

P「はぁ~……、俺、運動駄目なのかな……」

P「ホッケーはまだしも、ボウリングは結構自信あったのに……」



真「プロデューサー!」

P「お、おお、来たか、まこ……と……」

真「あの……どう、ですか……?」モジモジ

P(上下ピンクに白い水玉のビキニに、腰にフリルのミニスカみたいのがついてる水着……、普段とのギャップが……)

P「か、可愛い、よ……」

真「ホントですか!?あ、ありがとう、ございます……、そんな事言ってくれたのプロデューサーだけですよ」テレテレ

P「そ、そうなのか?」

真「皆似合わないだとか、変だとか、女の子っぽいとか……」



616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:03:55.70 ID:I599P9l3O

P「真は十分女の子らしいのにな」

真「プロデューサー……っへへ、だから好きなんですよ!」ギュゥッ

P「なんだ、いきなりどうしたんだよ?ってか胸が当たって……」

真「えへへ、当ててるんですよ!」グイッ グイッ

P「お、お前なぁ……」



響「プロデューサー!」フリフリ

P「ん?響か……ぐはぁっ!?」



621: >>615おk 2011/11/15(火) 23:15:29.57 ID:I599P9l3O

響「二人とも、お待たせだぞ」

P(上下ピチッとした水色のビキニ……そして、このワガママおっぱい!予想外に破壊力高いぞ……)

響「……?どうしたんだ、プロデューサー?」

P「いや、なんでも……」

響「あ!真、プロデューサーにくっついてずるいぞ!自分もー!」ギュゥッ

P「ほあぁっ!?ひ、響!?」

響「ん?」ムニュッ

P(自覚無しかよ!)



623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:21:56.12 ID:I599P9l3O

P「な、なあ二人とも、一旦離れて……」

真「嫌ですよー」ムニッ

響「じゃあ自分もヤだぞ」ムニュンッ

P「おうふっ!?た、頼むから……」カァァ

真「あれ?どーしたんですかプロデューサー?」ニヤニヤ

響「顔真っ赤だぞ!熱でもあるんじゃないのか!?」

P「い、いや、大丈夫だ……大丈夫……」



626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:29:44.45 ID:I599P9l3O

P「なあ、そろそろ泳ごうぜ?」

真「もう、仕方ないなぁ」

響「自分、流れるプールなんて初めてさー!」

P「あんまりはしゃぐなよ?」

真「はーいっ」

ザパーンッ

響「おおお!?ほ、ホントに水に流れがあるぞ」

P「こら!飛び込むなって!」



631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 23:36:31.85 ID:I599P9l3O


響←←←←←プカーッ

ザバザバザバ→→→→→響

響←←←←←プカーッ

ザバザバ→→→響

響「これ面白いぞ!」キラキラ

P「流れに逆らって泳ぐな!」

響「わわっ!お、怒られた……」



681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:28:53.60 ID:oQoLkab2O

真「響、流れるプールで競争しよう!」

響「おお!受けて立つぞ!」

真「じゃあ一周して戻ってくるまで!ヨーイ、ドン!」ザバザバ

響「負けないぞー!」ザバザバ

P「ちょっ、お前ら!ストップ!…………行ってしまった……」



~5分後~

真「監視員に怒られちゃった……」

P「当たり前だ」



683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:34:46.32 ID:oQoLkab2O

響「おお!?あれはなんだ!?」

P「あー、あれはな、ウォータースライダーだ。まぁ簡単に言うと水の滑り台ってとこか」

響「おおおぉぉぉーっ!」キラキラ

真「響、一緒に滑りに行こうよ」

響「行く行く!早くやりたい!」

真「こっちだよ」タッタッタッ

響「わーい!」タッタッタッ

P「気をつけてなー…………、一応、着水点で待機しとくか……」



685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:40:59.77 ID:oQoLkab2O

真「ここから滑るんだ」

響「な、なんかちょっと高くないか?」

真「今更何言ってんのさ。ほら、早く滑らないと後ろがつかえてくるよ?」

響「で、でも……」

真「ボクはこっちの入口のやつを滑るから、響はそっちね」

響「うぅ……」

真「もう、さっさと行く!」グイッ

響「うわぁっ、わわっ……わあぁぁぁぁぁー……」ザバーーッ

真「じゃあボクもっ!それっ!」ザバーーッ



689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:50:24.67 ID:oQoLkab2O

---着水点---

響「……ぁぁぁああああーっ!」ザブーンッ

真「……ぃぃいいやっほぅっ!」ザブーンッ

P「お、二人とも降りてきたか」

真「っぷはあっ!面白かったー!もう一回……」

P「ま、真!水着の上が無いぞ!む、胸!」

真「え?胸?……きゃあっ!」ザバーン

響「し、死ぬかと思ったぞ……後ろから押すから罰が当たったんだ!」

P「ひ、響!お前も水着めくれて胸見えてる!」

響「へ?……わあっ!」ザバーン



691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 04:56:47.98 ID:oQoLkab2O

真「ぷ、プロデューサー、まだ見つからないんですか?」

P「今探してるから、もう少し待ってくれ」

真「は、恥ずかしいよっ……」カァァ

響「自分もガードしてるから、大丈夫だぞ」

真「うん……」

P「お、見つけた」

真「は、早く返してください!」カァァ

P「どうしよっかなー」

響「プロデューサー!意地悪わよくないぞ!」

P「冗談だって、ほら、真」

真「あ、ありがとうございます……」



692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:04:27.79 ID:oQoLkab2O

真「またスライダーやりたいなー」

P「お前、あんだけの事あってまだ……」

真「だって面白いじゃないですか」

P「でも、また胸をさらけ出す事になりかねないぞ?」

真「うーん……あ、そうだ!プロデューサー、一緒に滑って下さい!」

P「えぇ!?俺も一緒にか?」

真「プロデューサーが後ろに居れば脱げないと思うんですよ」

P「まぁ確かに……」

真「じゃあ行きましょう!」グイッ

響「ま、真がやるなら、次自分もやりたいぞ!」




694: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:08:49.27 ID:oQoLkab2O

真「プロデューサーはボクを後ろから抱えて、そのまま滑るんです」

P「わ、わかったけど……」

真「じゃあお願いします!」

P「……はぁ、わかったよ」ギュッ

P「じゃあ行くぞ?」

真「はいっ!」

ザバーーッ

P「うわぁぁぁぁっ!」

真「ひゃっほぅっ!」



695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:14:12.54 ID:oQoLkab2O

真「いえーい!」クイックイッ

P「ま、真!あんまり動くな!」

真「やっほうっ!」クイックイッ

P(水の音で聞こえないのか……こ、股間が刺激されて……)ムクッ

真「わっほぃっ!」クイックイッ

P「ぐっ……」ムクムクッ

真「楽しいですね!プロデューサー!」

P(それどころじゃないよ!)



697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:17:59.06 ID:oQoLkab2O


ザブーンッ

真「っぷはっ!あー、楽しかった!あれ?プロデューサー、上がらないんですか?」

P「あ、ああ、少し(股間に)トラブルが……」

真「……?変なプロデューサー」

響「次は自分が!」

P「ああ、でももう少し待ってくれ、な?」

響「……?いいけど……?」



698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:22:16.64 ID:oQoLkab2O

P「じゃあ響も行くか」

響「ちゃんと抱きしめててほしいぞ」

P「わかってるって」ギュゥッ

響「うぅ……」カァァ

P「じゃあ行くぞ。よっと……」

響「じ、自分まだ心の準備が……うわぁぁっ!」

ザバーーッ



699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:27:14.03 ID:oQoLkab2O

響「うわぁぁぁぁっ!プロデューサー、もっときつく抱きしめて!」

P「わかった!」もみゅ もみゅ

響「そ、そこは胸だぞ!プロデューサー!」

P「え!?なんだって!?聞こえない!」もみっ むにゅっ

響「ばかっ!エッチ!変態だぞプロデューサー!!」

P「聞こえない聞こえなーい!」もにゅっ むにゅっ

響「んっ!プロデューサー……!」



700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:33:52.05 ID:oQoLkab2O


ザバーン

P「っふぅ……堪能した」

響「水着は大丈夫だったけど、胸を揉みくちゃにされたぞ……」

P「さ、さて、しばらく各自適当に泳ぐか!」

響「話をそらした!」

P「じゃあ、無茶はするなよー」

真「さて、ボクも泳ごうかな」

響「プロデューサー、あとで仕返しするからな!」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:42:21.95 ID:oQoLkab2O

P「ふぅ……色んな意味で楽しかったな……」ザブザブ

真「プロデューサー」ザブザブ

P「真、ついて来たのか」

真「さっきのお礼がしたくて……」

P「さっきのって……水着探したりとか?」

真「はい。……プロデューサー、じっとしてて下さいね」ザブーン

P「……?真……?……はぅっ!?」

真(んっ……んっ……)

P「まさか、水中で……」



703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:50:26.05 ID:oQoLkab2O

真(んっ……んっ……っぷはぁっ!」ザパーン

P「真、お前……」

真「っへへ……はっ!」ザブーン

真(んっ……んっ……)

P(水中フェラとか、誰がこんな事教えたんだよ……)

ザパーン

真「っぷはっ!……大きくなりましたね、プロデューサー……」

P「お、おかげさまで?」

真「じゃあそろそろ……」

P「おい、まさか……」

真「きっと誰も気付きませんよ……んんっ」ツプッ ズププ…



705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 05:55:29.77 ID:oQoLkab2O

真「さ、流石にちょっときついですね……」

ザプッ ザプッ ザプッ

P「あ、あんまり動くなよ、波が立つ……」

真「あっ、んっ、ぼ、ボク達、こんな皆がいるところで……んんっ!」キュンキュン

ザプッ ザプッ ザプッ

P「真っ……締め付けが強く……!」

真「だ、だって、プロデューサー……!」

ザプッザプッザプッ



706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:00:55.60 ID:oQoLkab2O


ザプッザプッザプッ

真「プロデューサー、ボク、もう……!」

P「お、俺もそろそろ……」

真「中に……中に下さい!プロデューサー!」

P「くぅっ……射精るっ!」

ビュルルルッ ビュルルッ

真「~~っ!」ビクンッ

P「うっ……はっ……」ビュッ ビュッ



709: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:07:48.90 ID:oQoLkab2O


真「それじゃあボク、向こうで泳いできますね!」ノシ

P「ああ、いってこい……」

P「……真は精子を入れたまま泳ぐのだろうか」

P「……まぁいいか。……ん?あれは響か……?」

響「スイー……スイー……」(´ω`)

P「……ふひひっ、悪戯してやろうかな」

響「なんとなく響にはちょっかい出したくなるな」



711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:14:46.18 ID:oQoLkab2O

P「ひーびきっ」もみっもみっ

響「きゃわぁっ!?何!?なんだ!?……ぷ、プロデューサーか、ビックリしたぞ……」

P「ひびきー」もにゅっ むにゅっ

響「ちょっ、プロデューサー、こんな場所で……んっ!」

P「ひびきっ!」ツプッツプッ

響「お、お尻っ!指入れないでぇっ!」

P「ひびき……」シーッ ツプッツプッ

響「っ……!っ……!」



712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:20:56.36 ID:oQoLkab2O

P「響……」ズプッ ズププ

響「ぷ、プロデューサーが……入って……んっ!」

P「響っ、響っ!」

ザプッ ザプッ ザプッ

響「いぎっ!んぐっ!ぐっ……!」

P「響ぃ……」

ザプッ ザプッ ザプッ



714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:30:09.12 ID:oQoLkab2O

ザプッザプッザプッ

P「響のお尻、きつくてもう……」

響「ま、待ってくれ!だめ!ダメだぞプロデューサーっ!」

P「ほら、シーッ」

響「うぅ……ダメだからな……」

ザプッザプッザプッ

P「響っ……射精るっ!」

響「あっ、やっ!やだっ!」

P「響ぃっ!」

ビュルルルッ ビュルルルッ

響「~~~~っ!!」ビクンッ ビクンッ



715: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:36:20.75 ID:oQoLkab2O

P「ふぅ……」ツヤツヤ

響「や、やだって言ったのに……まだお尻に入ってるぞ……」

P「ま、まぁまぁ、水に流してくれよ。流れるプールだけに」

響「全然上手くないからな!」



~そんなこんなで~

---帰り道---

真「今日は楽しかったなー!」

P「そうだな」

響「プロデューサーが変な事しなければ最後まで楽しかったんだぞ……」

真「まあまあ……」

響「真……、今日は本当にありがとう!」

真「い、いや、いいよこれくらい」



716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:41:50.02 ID:oQoLkab2O

P「さて、これからどうする?」

真「プロデューサーの家にゴーッ!今夜は寝かせませんからね~!」

響「自分もさっきの仕返しがしたい!」

真「じゃあどっちがより多くプロデューサーから搾り出せるか競争だ!」

響「やってやるぞ~!」

P「ま、マジかよ……」




---スポーツデート篇完---






718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/16(水) 06:45:50.92 ID:oQoLkab2O

なんとかオワタ……
夜の響、真のセクロスは時間と疲労と眠気の関係で割愛
まぁ三人で朝までして、プロデューサーが干からびてしまいましたってとこで

じゃあもう寝ます
それでは今日の昼過ぎにまたお会いしましょう
おやすみなさい……


元スレ
あずさ「プロデューサーさん朝ごはんできましたよ」