1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:28:10.21 ID:5N4pQfzV0



結衣宅


京子「あ…、やべ」

京子「…結衣のデータの上に私の上書きしちゃった」アセ

京子「…………」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:29:59.57 ID:5N4pQfzV0



10分後


京子「…………」

結衣「京子ー、昼飯できたぞ!」

京子「…………」

結衣「ん?…京子?」

京子「あ、はい!!」

結衣「ご飯できたから、こっち来いよ?」

京子「お、おっす!」

結衣「………?」

京子(謝んなくちゃ…)アセ

京子(でも、どうやって切り出そう…)モグモグ

京子(早めに言わなきゃ)モグモグ

結衣(京子珍しく黙って食ってる、何かあったのか?)モグモグ




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:30:19.50 ID:5N4pQfzV0


京子「…………」

京子「ゆ、結衣!さっき私がやってたナモクエって最新版?」

結衣「ああ、そうだよ、先週発売されたばっかのだけど、それがどうした?」

京子「う、うん…なんでもない、ただ気になっただけ」モグモグ

結衣「そっか」モグモグ

京子(じゃなくて!!…謝んなきゃ!)

京子「ゆ、結衣!その結衣のデータ…」

結衣「うん?」

京子「その…、えーっと…」

結衣「なんだよ」モグモグ




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:30:37.05 ID:5N4pQfzV0


京子「けし…ううん、ど、どこまで進めたのかな~なんて」アセ

結衣「う~ん…、今回のナモクエはストーリ長いって聞いてるし」

結衣「3分の1ってとこかな?」モグモグ

京子「そっかぁ~」モグモグ

京子(もう!私の馬鹿っ!)

京子(余計、謝りづらくなったじゃんか)アセ

結衣「…京子、食い終わったか?皿洗うけど…」

京子「あ、うん!美味しかった!ありがとう」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:30:59.70 ID:5N4pQfzV0



スタスタスタスタ


京子(…結衣が皿洗い終わったら、謝ろう)


数分後


結衣「おわったー」

京子「ゆ、結衣さん!」セイザ

結衣「お、おう?」

京子「ま、誠に申し訳ないです!」

京子「結衣の…ナモクエのデータ…消しちゃいました!」

京子「まじ、ごめん!」

結衣「…え?」

京子「…………」

結衣「え、ちょ、まじで?」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:31:32.70 ID:5N4pQfzV0


京子「…うん」

結衣「…………」

京子「ゆ、結衣…?…ごめんなさい」ドゲザ

結衣「きょ、京子、顔あげてよ」

結衣「まぁ、わざとじゃないだろうし…」

結衣「いいよ?…って、よくないけど…京子が素直に謝ってくれたし」

結衣「…うん、許す!」

京子「本当にごめんね、ゆいーー」ダキッ

結衣「やれやれ、今度から気をつけろよ」ナデナデ




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:32:51.93 ID:5N4pQfzV0



一週間後


京子「結衣ー、ナモクエやりたい!」

結衣「あ、良いよ…ちょっと待って、これセーブしとくから」ピコピコ

京子「うーっす」

結衣「よし、京子のデータは2番目か……っと、はい」

京子「ありがとー」ピコピコ

京子「…ん?」

結衣「どうした?」




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:33:13.51 ID:5N4pQfzV0


京子「いや、ポッケに携帯いれっぱで…」

京子「座った時に携帯が嫌な位置にあってね…」

結衣「あ~、あるある」

京子「だから、ちょっと、携帯ここにおくね?」コト

結衣「あ、うん、いいよ」

京子「踏んづけたりしないでよ?」ケラケラ

結衣「全く、お前じゃないんだから」ケラケラ




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:35:25.86 ID:5N4pQfzV0



一時間後


京子「今日は、こんなもんで良いかな~」ピコピコ

結衣「あ…セーブ気をつけろよ」

京子「わかってるって~」

結衣「またやったら、許さないからな?」ゴゴゴ

京子「お、おっす」アセ

京子「ってかさー、ナモクエに限らず、何かのゲームでセーブする時ってさ」

京子「ちょっとめんどくさくない?」

京子「なんか、本当にセーブしますか?的なヤツ」ピコピコ

結衣「うん、まぁ、わからなくもない…かな」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:42:06.47 ID:5N4pQfzV0



京子「だから、こう…」ピコピコ

京子「連打したくなるよね!」ピコピコピコピコ

結衣「お、おい!…押しすぎて前回みたくなるなよ!」

京子「大丈夫だよ、連打しても~」

京子「だって、この前の結衣のセーブスロットって3だったでしょ?」ピコピコピコピコ

結衣「いや、ちg「っと、セーブ終了♪」

結衣「…………」

京子「…?」

結衣「…………」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:44:25.89 ID:5N4pQfzV0


京子「結衣?どうした?」

結衣「………ぉぃ」ボソ

京子「ん?何か言った?」

結衣「おい…、一回、セーブスロット確認して」

京子(ちょっと、結衣の声が怖いんだが…)

京子「…全く、心配性だな~…結衣にゃんは」

結衣「京子、ちゃんとみた?セーブする時…」

京子「…あんま見てなかったけど、さっき言ったように3番目のだったでしょ?」

結衣「…画面見てみ」ゴゴゴ




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:46:53.04 ID:5N4pQfzV0


京子「お、おう…」

京子「って、あれっ?!」

京子「ゆ、結衣のがない?!」アセ

結衣「確かに、前は3番目だったけど、いちいちめんどくさいから…」

結衣「1番目のにセーブしたんだけど…」ゴゴゴ

結衣「あと、京子にコントローラー渡すとき、京子のデータは2とか言ってたよね?私」

京子「あわわ…」アセ

京子「ごめん!結衣、本当にごめん!」

京子「また、やらかしちゃった…」アセ




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:50:44.60 ID:5N4pQfzV0


結衣「…………」

結衣「これで、2回目だよ?この前も、さっきも言ったよね?気をつけてって」

結衣「一週間前、京子に…データ消されてから!」

結衣「また、一から頑張ったんだよ?」

結衣「学校ある日だって、睡眠時間削ってまで…早く起きて少しずつ進めてさ」

結衣「宿題もなるべく、学校で終わらせたりして…」

結衣「せっかく、3分の2くらいまで進めたと思ったのにさ」

結衣「また、一からだって?」

京子「ご、ごめん」アセ

京子(結衣が、こんなに怒ってるの初めてみた…)




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:52:35.70 ID:5N4pQfzV0


結衣「ごめん、だけで済むなら…もうとっくに許してるよ!」

京子「…ゆいー、ごめん…なさ、い」ボロボロ

結衣「…泣きたいのは、こっちの方だって」

京子「ご、ごめん…ごめん…」

結衣「あー、もういい!」

結衣「……出てって?」

京子「え?!」ボロボロ




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:56:06.73 ID:5N4pQfzV0


結衣「今、京子の顔みたくない…」

京子「!!」

京子「ゆいー、許さなくて…ヒグッ…いいから」

京子「き、嫌いに…ヒグッ…ならな、いで…」ボロボロ

結衣「じゃ、じゃあ…嫌われたくないなら」

結衣「出てって?」

結衣「…お願い」

京子「…………」スタスタ

京子「…結衣、ごめん、なさ…い」ボロボロ




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 17:57:44.71 ID:5N4pQfzV0



バタン


結衣「はぁ…」

結衣「ほんと、泣きたいのはこっちの方だって…」

結衣「また、最初っからかぁ」ピコピコ




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:00:03.38 ID:5N4pQfzV0



一時間後


結衣「ったく…京子の馬鹿!」

結衣「ばか!ばか!ばか…バカ野郎!!」

結衣「はぁ、何してんだろう…私の方がバカじゃん」

結衣「京子本人の前で言わなきゃ、意味ないじゃんか」

結衣「はぁ…」

結衣「あの時、言い過ぎ…た、よね…」

結衣「京子の不注意とはいえ、泣きながら謝ってくれたし」




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:03:04.15 ID:5N4pQfzV0


結衣「確かに、すごいカッとなったけど…」

結衣「私の時間返せって思ったけど…またやり直せばいい」

結衣「それだけの話だろ…、こうなっちゃったもんは仕方ないし…」

結衣「てか、むしろ、何度もゲームするの好きだし」

結衣「出てって、っていうほどでもないだろ」

結衣「いや…、人によってはあり、なのか?」

結衣「少なくとも、私にとっては…なし、だな」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:04:49.96 ID:5N4pQfzV0


結衣「はぁ…、あの時はどうかしてたみたいだ…」

結衣「京子に謝らなきゃ、言い過ぎたって…」

結衣「まずは、どこにいるか探さなきゃ」

結衣「って、携帯に電話すればいっか…」


prrrr


結衣「お願いだ…出てくれよ?」


~~~~♪




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:12:32.12 ID:5N4pQfzV0


結衣「音が聞こえる…?」

結衣「って……まさか…」

結衣「…………」

結衣「あいつ、携帯忘れていったな?!」

結衣「あ~~~~~」

結衣「やっぱ、京子のバカ野郎!!」

結衣「もう、いい!」

結衣「自力で探し出してやる!」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:16:11.56 ID:5N4pQfzV0



とある場所


京子「…ヒグッ、ヒグッ」

京子「絶対、ゆいに嫌われた…」ボロボロ

京子「結衣のデータ2回も消したんだもん…」

京子「嫌われたって、しょうがないよね…」

京子「…………」

京子「…あれ?ここどこだ?」キョロキョロ

京子「結衣っちから、無我夢中で走ってたら」

京子「ここに、たどり着いたけど…」

京子「…あれ?」

京子「…まさか、迷子になっちゃったの?私…」アセ

京子「やば…、そして、疲れた…どっか、休めるところ探そう」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:18:57.65 ID:5N4pQfzV0



数分後 とある公園


京子「あ、公園だ!ここで少し休もう」

京子「…携帯は、っと」

京子「……え?!」サー

京子「な、ない!…ポッケに入ってるはずなんだけど?!」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:20:28.79 ID:5N4pQfzV0



回想


京子「…ん?」

結衣「どうした?」

京子「いや、ポッケに携帯いれっぱで…」

京子「座った時に携帯が嫌な位置にあってね…」

結衣「あ~、あるある」

京子「だから、ちょっと、携帯ここにおくね?」コト

結衣「あ、うん、いいよ」

京子「踏んづけたりしないでよ?」ケラケラ

結衣「全く、お前じゃないんだから」ケラケラ




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:22:08.88 ID:5N4pQfzV0







京子「だから、ちょっと、携帯ここにおくね?」コト






回想終わり






32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:23:26.84 ID:5N4pQfzV0



京子「あ!!あの時!」

京子「あ~、もう、私のバカ…」

京子「ここどこなのかわかんないし…」キョロキョロ

京子「ん?」

京子「あれ?この公園、昔来たことあるかも!」

京子「…確か━━━━」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:26:56.40 ID:5N4pQfzV0




幼結衣「よし!隊員たち、今日はかくれんぼして遊ぼう!」

幼あかり「わーい、あかり、かくれんぼしたーい!」

幼京子「ゆ、ゆいー、かくれんぼするの?」

幼結衣「もちろんだー!」

幼結衣「きょうこは、かくれんぼしたくないのか?」

幼京子「そういうわけじゃないけど…」




35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:29:50.02 ID:5N4pQfzV0


幼あかり「大丈夫だよ!きょうこちゃん!おやびんは、かくれんぼ得意だから!」

幼結衣「そうだ!!絶対、きょうこのこと見つけ出してやるぞ!」

幼京子「ゆいー、あかりちゃん!」

幼京子「わかった、かくれんぼする!」

幼結衣「じゃあ、早速やるぞー」

幼結衣「まずは、私が鬼やるから、180秒数えるから、二人とも隠れるんだぞ!」

幼京子・幼あかり「うん!」




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:33:21.97 ID:5N4pQfzV0



幼結衣「いーち、にー、さーん、しー、ごー、……」


幼あかり「じゃ、きょうこちゃん、頑張ろうね!」サッ

幼京子「うん!頑張る!」サッ


幼結衣「よーんじゅう、よんじゅういーち、よんじゅうにー、……」


幼京子「ここら辺で、いいのかな?」

幼京子「よいしょ、っと…」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:35:14.70 ID:5N4pQfzV0



幼結衣「ななじゅうよーん、ななじゅうごー、……」


大型犬「ガルルルル…ワンワン!」

幼京子「え?!…犬おおきいよぉ」

大型犬「ガルルルル」ダッ

幼京子「?!…こっちこないで!」ダッ

大型犬「ガルル、ワン!!」

幼京子「こっち、こないでってば!」ハァハァ

大型犬「ワンワン!ワンワン!」

幼京子「はぁはぁ…」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:37:27.91 ID:5N4pQfzV0


幼京子「う~ん、まだついてきてるよ」アセ

幼京子「あ!あの滑り台の上にのぼろう!」ハァハァ

大型犬「ワンワン!!」

幼京子「さすがに、ここまでは、のぼってこれないよね?」

大型犬「…………」プイ

大型犬「…………」ダッ

幼京子「犬、どっかいってくれたー」

幼京子「助かった…」

幼京子「って、ここどこ?!」

幼京子「ゆいーー?あかりちゃん?」ウルウル




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:41:19.70 ID:5N4pQfzV0



幼結衣「ひゃくななじゅうきゅー、ひゃくはちじゅー!」

幼結衣「よし、探し始めるぞ!」


とある公園


幼京子「うわ~ん…迷子になっちゃった」ボロボロ

幼京子「ゆいー!あかりちゃーん!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:42:25.31 ID:5N4pQfzV0



公園


幼結衣「ん?あれは、あかり隊員か?」

幼結衣「あかり隊員、みっけ!」

幼あかり「おやびん、見つけるのはやいよぅ」ショボン

幼結衣「だって、隠れきれてなかったよ?」

幼結衣「おしり、見えてたし」ケラケラ

幼あかり「え~~」ショボン

幼結衣「さーて、今度はきょうこを探さなきゃ」

幼あかり「おやびん、手伝います!」ビシッ

幼結衣「おう!期待してるぞ」ナデナデ




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:42:48.19 ID:5N4pQfzV0



1時間後


幼結衣「きょうこー!いたら返事してくれー」

幼結衣「私の負けでいいからー!」

幼あかり「おやびん、きょうこちゃんがいないよぉ」アセ

幼結衣「大丈夫だ、絶対探し出す!」

幼結衣「少し、ここ離れるから…」

幼結衣「あかり隊員はここにきょうこが戻ってくるかもしれないから、待ってて」

幼あかり「う、うん!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:43:27.92 ID:5N4pQfzV0


幼結衣「あ、あとあかり隊員!かくれんぼの時、最初きょうこ、どこら辺に隠れに行ったか知ってる?」

幼あかり「え、えーっと…多分あっちの方だと思うよ」

幼結衣「ありがと!じゃあ、ここで待ってろよ!」ダッ

幼あかり「あ!ちょっと待って!」

幼結衣「…?」

幼あかり「あかり、今毛糸持ってるから、道に迷わないように…」

幼結衣「でかしたぞ!あかり隊員!ありがとう」

幼結衣「でも、足りなくなったら困るから、分からない道に来たとき使うな?」

幼あかり「うん!頑張って!」





46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:43:58.02 ID:5N4pQfzV0



幼結衣「っと…ここら辺なのかな?」

大型犬「ガルルルル…」

幼結衣「おっ…びっくりしたー」

幼結衣「そういえば、でっかい野良犬がいるのって…ここら辺だったっけ」アセ

幼結衣「まさか、きょうこ、こいつに追われてっ迷子になっちゃったのか?」

幼結衣「犬!こっちくんな」ゲシゲシ

大型犬「ガルル…ワンワン!」

幼結衣「お、怒らせちゃったみたい…」アセ




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:44:38.61 ID:5N4pQfzV0


幼結衣「逃げろーー」ダッ

大型犬「ワンワン!」ダッ

幼結衣「け、毛糸の先、どっかに結ばないと!!」アタフタ

大型犬「ワンワンワンワン!」

幼結衣「でも、犬が追っかけてきて…」

幼結衣「よし、あの家の柵かりよう!…ごめんなさい、ありがとう!」ヒュッ

大型犬「ガルルル…」




49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:45:18.57 ID:5N4pQfzV0


幼結衣「ちっ、まだ追ってくるのか…」

幼結衣「結構、遠くまで来たな…あの、公園に行ってみよう!」

幼結衣「滑り台のところまで、ダッシュだ!」ダッ

大型犬「ワンワン!」ダッ

幼結衣「ふぅ、ここまでくればお前は登ってこれないだろ」エヘン

大型犬「ガルル…」プイ

幼結衣「やっと、帰ってくれた~」

幼京子「ゆ、ゆいー?!」

幼結衣「!!」




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:46:14.69 ID:5N4pQfzV0


幼結衣「きょうこ?!…やっと見つけたぞ!」

幼京子「ゆいー、怖かったよぅ…」ウルウル

幼結衣「よしよし、ごめんな、時間かかっちゃって」ナデナデ

幼京子「うわーん」ボロボロ

幼結衣「そんなに、怖かったか…、ごめんな」

幼京子「う、ううん…謝んなくていいよ、ゆいは見つけてくれたし」ゴシゴシ

幼結衣「もちろんだ!どんなことがあっても、きょうこは私が守る!」

幼結衣「どこかに行っちゃって、はぐれちゃっても…」

幼結衣「必ず、見つけ出してやる!約束だ!」

幼京子「ゆいー、ありがとう」

幼結衣「じゃあ、あかり隊員も待ってるし…帰ろうか」

幼京子「うん!」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:46:57.25 ID:5N4pQfzV0



京子「ってことがあって…その時の公園?!」

京子「ちょっと遊具増えてるけど、この滑り台!間違いない!」

京子「…でもなぁ、あの時は結衣が毛糸持ってたし…それに頼ってたから道覚えてないや」アセ

京子「はぁ…携帯もないし…、最悪だー」

京子「結衣ぃ…」

京子「私が100%悪いけど…昔みたいに、見つけてくれないかなー」

京子「ゆい…ごめ、ん…ね」スー




52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:48:34.04 ID:5N4pQfzV0



その頃


結衣「ったく、どこだよ!京子のヤツ」

結衣「自分の家には戻ってないみたいだし…」

結衣「あかりのとこにも、ちなつちゃんのとこにも行ってないみたいだし」

結衣「学校でもないみたいだし…」




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:50:17.41 ID:5N4pQfzV0




公園


結衣「少し、ここで休もう…」ハァハァ

結衣「こんなに、走り回ったの初めてかも」

結衣「そういや、昔もこんなことあった気がする…」

結衣「確か、かくれんぼしてて…京子は犬に追いかけられて隣町の公園まで行ちゃったんだっけ」

結衣「あの時は、たまたまだったんだよね」アセ

結衣「私も、犬に追いかけられてて、いつの間にか隣町の公園までたどり着いてて」

結衣「偶然京子を見つけたんだもん…」

結衣「ま、京子には、偶然、って言ってないけどね」アセ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:51:28.97 ID:5N4pQfzV0


結衣「そういえば、あかりにもらった毛糸すごい役に立ったな~」

結衣「って、なんであかり毛糸持ってたんだ?!」

結衣「やっぱり、あかりは不思議だ…」

結衣「よし、疲れも取れたし、探しに行こう」

結衣「……でも、ほとんど行きそうなところ行ったからな」アセ

結衣「ダメもとで、あの公園いってみるか!」ダッ




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:52:22.42 ID:5N4pQfzV0



数分後 とある公園


結衣「ここかな?…大分変わってるけど」

結衣「あ、あの滑り台!間違いない」

結衣「京子!!いたら返事して!」

京子「…ん~…」zzz

結衣「?!」

結衣「何か聞こえたぞ?!」

結衣「…って、あ!!…寝てるし」ハァ

京子「……ゆ、いー…ごめ…ん、ね…」zzz

結衣「全く…」フフ

結衣「ちょっと…ここ離れても良いかな?大丈夫だよね…」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:53:42.50 ID:5N4pQfzV0



数分後


京子「zzz」

結衣「って、まだ寝てるし…まぁ、起きてどっか行かれなくて助かった」

京子「zzz」

結衣「ふぅ……すーはー」

結衣「おきろぉおおお!」

京子「ん~……」パチ

京子「えっ?!…結衣…?なんでここに?」

結衣「…探しに来たからだよ」




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:54:32.89 ID:5N4pQfzV0


京子「だって、結衣…怒ってたじゃん、出てって、って…」

結衣「確かに、怒ってた…」

結衣「京子のこと、本気で嫌いになりそうになった…」

京子「…………」

結衣「明日から、シカトしようとも思った…」

京子「…………」グスッ

結衣「絶対、許さない気でいた…」

京子「…ご、めん…」ボロボロ

結衣「…それくらい、怒ってたけど!」

結衣「気づいたんだよ…」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:55:35.57 ID:5N4pQfzV0


結衣「ゲームは…やり直せばいいけど、京子がいなくなったら!」

結衣「下手すれば、やり直せられないじゃんか!」

京子「結衣…」

結衣「有無を言わさず…追い出して、戻ってこいってのは…すごい勝手な話だと思うけど!」

結衣「…戻ってきてくれませんか?」

京子「結衣……それは私が言うべき言葉、だよ」ボロボロ

京子「戻ら…ヒグッ…せてく、ださ…い」ペコリ

結衣「…ぜひ、戻ってきてください」ペコリ




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:56:57.29 ID:5N4pQfzV0


京子「ゆいー」ダキッ

結衣「そんな、泣くなって…」

結衣「でも、レベル上げとかは手伝えよ?」

京子「も、もちろんです!」

結衣「あと、はい…」

京子「これ、…ラムレーズン?」

結衣「うん…ほら、仲直りのしるし、に…?//」ポリポリ




61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:57:38.62 ID:5N4pQfzV0


京子「あ、ありがとう…」

京子(照れて頬を掻く結衣可愛いなぁ~)

京子「っていうか!むしろ私が仲直りのしるし、ってヤツ渡さなきゃいけないじゃん!」

京子「ラムレーズンはめっちゃ嬉しいけど…、なんで結衣が…?」

結衣「いや…ほら、京子の方が悪いと思うけど…」

京子「…おっしゃる通りです」アセ

結衣「私だって、京子にひどいこと言っちゃったし…それに、泣かせちゃったから」

結衣「…ね?」

京子「結衣…」




62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 18:58:23.34 ID:5N4pQfzV0


結衣「あと、昔のことだけど…京子のこと守るって言ったし…//」ボソ

京子「お、おう//」

京子「じゃあ!私も結衣のために何かやるよ!」

結衣「え、いいよ」

京子「私がやるべきことをやんなくて、結衣にやってもらってばっかじゃ…」

京子「胸張って、結衣の幼馴染兼親友って言えないよ!」

京子「私は、結衣に支えてもらってばっかだし…私も結衣の支えとなりたい」

結衣「京子…」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 19:03:08.87 ID:5N4pQfzV0


京子「って、何か大げさに言っちゃったけど…ぜーんぶ、本心だから!」

結衣「なんか、ちょっと、恋人みたい…だね?//」

京子「ちょ!そんなつもりじゃ…ないですけど//」アセ

京子・結衣「って…アハハ」

結衣「じゃ、期待しとく」

結衣「京子がどうやって私を支えてくれるか」クス

京子「おう、覚悟しろよーー!」




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 19:04:17.93 ID:5N4pQfzV0


結衣(もう、十分私の支えとなってるんだけど、ね)

結衣(けど、まぁ、少しぐらい…京子独占してもいいよね?)

結衣(いつか、お互い好きな人ができて…それぞれ別の道歩んでも…)

結衣「私たちの関係は変わらない…と、いいな」ボソ

京子「ん?結衣なんか言った?」

結衣「ううん、なんでもないよ」ニコ

結衣「じゃ、戻ろっか…」スッ

京子「うん!」ギュッ




69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 19:07:04.85 ID:5N4pQfzV0


京子(こうやって、結衣と手をつなぐの久しぶりだな~)

京子(たまには、こういうのも良いね)

京子(…やっぱり、結衣は、私の王子様だ)

京子(あの約束も守ってくれた…もう一つの約束は覚えてるか分かんないけど…)

京子(結衣が、必ず私のことを見つけ出してくれる、って信じてるから…)

京子(私は、自由気ままに生きてられる)

京子(これから先、結衣にたくさん迷惑かけると思う、から…)

京子(さきに、お礼言っとくよ?)

京子(結衣……ありがとう)ギュッ


夕日を背に二人はしっかりと互いの手を握りしめていた。



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 19:07:32.10 ID:5N4pQfzV0





おわり



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 19:09:56.63 ID:5N4pQfzV0


ふいに、京子が結衣のデータを消しちゃう話を書きたくなりまして…書いちゃいました。
結衣と京子とあかりの幼少時代の口調と呼び名があってるか自信ないです。
間違っていたらすみません。結衣と京子のような幼馴染って関係が大好きです。

また、>>12 さん、指摘ありがとうございます。今後気をつけます!

こんな駄文を読んでくださった方、本当にありがとうございます!



そして、大坪さん誕生日おめでとうございます!!


では、失礼します。



元スレ
結衣(どういたしまして、京子)ギュッ