1: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 20:54:40.11 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「こないだね、私は見ちゃったの」

海未「何をですか?」

穂乃果「近所に幽霊が出るって噂の廃墟があるでしょ?」

海未「聞いた事ありませんけど?この東京にそんな所あります?」

穂乃果「とにかくあるんだよ」

海未「そうですか。あるんですね。どこにあるんですか?」

穂乃果「そんな事はどうでもよくって」

海未「いや、この話の信憑性に関わってきまよ?」

穂乃果「そこはね、昔学校だったんだけどね。生徒が集まらなくて廃校になっちゃっだって」

海未「なんだか他人事には聞こえませんね」

穂乃果「その学校、昔は生徒で賑わっていたらしいけどね」

海未「寂しいですが少子化ですからね」



2: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 20:58:19.65 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「いや、先生が生徒にセクハラしたとかで騒ぎになったんだって」

海未「恐怖のハードルが駄々下がりなんですど」

穂乃果「でも事実だからさ」

海未「しかし、こう言ってはなんですがそれだけで廃校になってしまうものですかね」

穂乃果「うん、予備校なんて替えはいくらでもあるからね」

海未「予備校?え、予備校なんですか?あなたは予備校を学校と言うんですか?」

穂乃果「別に高校や中学校なんて言ってないよ」

海未「いや、もう一気に私の想像と変わりました」

穂乃果「それでもほぼ廃墟だからね。雰囲気あるからね」

海未「ほぼ?ほぼってなんですか?本当に廃墟なんですか?」

穂乃果「廃墟だよ。雰囲気は」

海未「雰囲気は?それだと全然話が変わってきますからね!大丈夫ですか?」



5: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:01:37.99 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「も~、話が進まないよ」

海未「私が悪いのですか?」

穂乃果「とりあえず、私はその噂を聞いて気になって行くことにしたんだよ」

海未「よく行きますね」

穂乃果「もう、入口からして雰囲気あるからね」

海未「雰囲気で誤魔化そうとしてませんか?」

穂乃果「してないよ。も~いちいち茶々いれないでよ…ん?ちゃち?ちゃちゃ?どっちだっけ?」

海未「あなたこそ先程から話を進める気ないでしょう?」

穂乃果「そんな事ないよ。とにかく、勇気を出して入口のドアを開けたんだよ。でも、なかなか開かないの」

海未「やっと、それっぽくなってきました」

穂乃果「自動ドアって手で開けようとすると思いもんだね。電気って偉大…」



8: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:04:25.16 ID:H/NXFHEU.net

海未「いや、もうそういうどうでもいい情報はいらないですから」

穂乃果「そうかな~?とりあえず幽霊が出るって噂は3階だから行こうと思ったの。そしたらね、何か聞こえるの」

海未「幽霊の声ですかね?怖くなってきました」

穂乃果「よく耳を澄ませてみるとね。にゃ~って」

海未「なんだ、猫だったんですか」

穂乃果「私さ、無駄にビックリしてちょっと頭にきたから言ってやったんだよ!凛ちゃん、静かにしててって」

海未「えっ?凛?猫じゃなくて?凛!!?」

穂乃果「うん。凛ちゃんも一緒に行ったからね」

海未「何でそれを先に言わないのですか」

穂乃果「そっか。言ってなかったか。まあ、とりあえず私達は三階まで行こうと思ったんだけどエレベーター壊れてるから階段で行ったんだよ」



9: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:08:01.56 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「一歩ずつ一歩ずつ怖いな~と思う気持ちを押し殺して上がって行ったの。そしたらね、段々と足が重くなってきて…」

海未「まさか、霊にとり憑かれたんじゃ?」

穂乃果「だからね、もう自分で歩いてよって絵里ちゃんに言ったの」

海未「絵里?」

穂乃果「絵里ちゃんは入口の段階で怖がっててさ。私の肩をずっと掴んでるの。重かったよ」

海未「また、このパターンですか?まさか、他にもいたんじゃ?」

穂乃果「あと、ことりちゃんと花陽ちゃんと真姫ちゃんと希ちゃんとにこちゃん!」

海未「私以外全員じゃないですか。えっ、私は仲間はずれですか?」

穂乃果「違うよ。海未ちゃんの誕生日プレゼントを内緒で買いに行った帰りだから…あっ!」

海未「言っちゃったじゃいですか!何でプレゼント買いに行った帰りに心霊スポットなんか行くんですか?」



10: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:10:32.63 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「ま~あの~お誕生おめでとう」

海未「この流れで?」

穂乃果「とりあえずそんな事はどうでもよくって」

海未「そんな事?人の誕生日をそんな事?」

穂乃果「また後で祝うから」

海未「いや、もういいです」

穂乃果「拗ねないでよ。話が進まないよ」

海未「なぜ、私が責められるのです?腑に落ちないのですけど!」

穂乃果「とりあえず、絵里ちゃんを置いてきぼりにして3階まで行ったんだ」

海未「置いて行ったのですか?酷いですね!!絵里を置いて行ったのですか?」

穂乃果「気が付いたら絵里ちゃん居なかったんだよ」



11: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:12:25.17 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「とりあえず絵里ちゃんを置いて3階まで上がったら扉があってね横に山本組って表札が掲げてあったの」

海未「クラス分けでしょうか?それにしても山本組って講師の名前?」

穂乃果「凄い緊張したんだ。ドクッドクって」

海未「鼓動が高鳴っているんですね」

穂乃果「そしたら、ことりちゃんがもしもして」

海未「え?このタイミングで」

穂乃果「ドクドクって言うのはことりちゃんの携帯の着信音だよ」

海未「そんな着信音がありますか!」

穂乃果「実際あったんだよ。とりあえず、ことりちゃんが電話終わったてから扉を開けたのね。そしたら…」

海未「何かあったんですね?」



13: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:15:15.26 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「いかついおじさん達が数人いてね…こっちを恨めしそうに睨むの」

海未「いかついおじさんって…山本組って完全にそっちの人じゃないですか!完全にその人たちの事務所じゃないですか。廃墟じゃないじゃないでかす」

穂乃果「だから、ほぼって言ったじゃん。とりあえずね、そのおじさん達が私達に対しておんどりゃーて言うからさそこはウラメシヤーでしょって言ってやったんだ」

海未「いや、おんどりゃーで合ってますから。凄いですね。よくそんな事言えますね!勇気ありますね」

穂乃果「いや~、何事もファイトだよ!!」

海未「世の中何でも気合いでどうにかなると思ったら大間違いです」

穂乃果「いやぁ、遠泳10㎞を熱い気持ちで乗り切ろうとしてた海未ちゃんに言われたくないけど」

海未「それはそれです」

穂乃果「それでね、穂乃果その人達を良くみたらねないんだ」

海未「え?足ですか?やっぱり幽霊だったのですか?」

穂乃果「指が」

海未「いや、もうやめてください。怖いです!別の意味で物凄く怖いです」

穂乃果「もう穂乃果達怖くなっちゃって一階まで急いで逃げたの」



14: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:18:32.82 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「追っかけて来たらどうしようって思いながらね。そしたら、なかなか玄関のドアが開かないし」

海未「自動ドアの電源切れてますからね。学習能力ないのですか」

穂乃果「やっと開いたと思って逃げ切ったの」

海未「危うくあなた達が幽霊になるとこでしたね」

穂乃果「逃げきったら笑えてきちゃって皆で笑ってたら凛ちゃんが…あれ、なんかおかしくないかって」

海未「まさか、ここにきて幽霊が憑いてきたとか」

穂乃果「それが私達、絵里ちゃんを置いてきちゃったんだよね。あはは」

海未「いや、笑い事じゃないですから」

穂乃果「いや、絵里ちゃんも無事一人で帰って来たよ」

海未「そうですか。よかったです」

穂乃果「しばらくの間ハラショーしか言えなかったけど」



15: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:20:20.12 ID:H/NXFHEU.net

海未「よっぽど怖かったのですね。で…?穂乃果は結局何をみたんですか?」

穂乃果「うん。絵里ちゃんが鬼に変わるところだよ」

海未「…それで、今正座してるのですね」

穂乃果「うん」

海未「まったく、反省中なのにベラベラと。しかし、何事もなくて良かったです」

穂乃果「うん。でもね、あれから希ちゃんがねたまに誰もいないのに一人で会話してるんだ」

海未「…完全に連れて来ちゃってるじゃないですか」

穂乃果「スピリチュアルだね!」

海未「言ってる場合じゃないでしょう!」



16: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:28:45.42 ID:H/NXFHEU.net

「FRIDAY」



17: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:31:57.66 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「こないださ、私…目撃しちゃったんだ」

海未「何をですか?」

穂乃果「あのね、先週末ね、明日休みだーと思ってさ街に繰り出したんだけど」

海未「宿題はどうしたのですか?」

穂乃果「も~、海未ちゃんは心配性だな」

海未「そんな事はありません」

穂乃果「それでね、私はお店の中に居たんけど… 絵里ちゃんが居てさ。なんか、怪しいんだよね。そわそわしてさ」

海未「話かけなかったんですか?」

穂乃果「うん。様子がおかしいからさちょっと後つけようかなと思ってさ」

海未「あまり感心しませんね」

穂乃果「も~いいじゃん。それでね、絵里ちゃん移動しちゃったの」

海未「買い物が終わったんですかね?」

穂乃果「穂乃果も追いかけなきゃと急いでラーメンを食べようと思ったんだけどさ」

海未「え?ラーメンを食べてたのですか?」

穂乃果「そうだよ。お店の中って言ったじゃん」

海未「いや、普通に買い物かと思いましたけど」

穂乃果「まあ、それは置いといて」

海未「…はあ」



18: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:34:44.24 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「やっとラーメンを食べ終わったてさ追いかけようと思ったらさ、急に後ろからちょっと待ちなさいって」

海未「絵里にばれたんですか?」

穂乃果「無銭飲食する所だったよ。危ない、危ない」

海未「いや、絵里じゃないのですか?今の口調は 絵里ですよね。というか、何無銭飲食しようとし ているのですか」

穂乃果「いや、わざとじゃないし!そこのお店はさ、 ほら女の子ってラーメンとか恥ずかしいと思った りするじゃん?だから女性限定のお店なの。だから、店長も女性なんだよ」

海未「そうなんですね」

穂乃果「今度海未ちゃんや絵里ちゃんにも食べさせてあげたいな。味噌がね~すごく美味しいんだ」

海未「いや、絵里は食べていたのでしょ?」

穂乃果「食べてないよ?」

海未「じゃあ、絵里はラーメン屋でラーメンを食べず一人でそわそわしてたのですか?それ、大丈夫なんですか?」



19: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:36:29.00 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「いや、絵里ちゃんラーメン屋にいないしね」

海未「は?」

穂乃果「穂乃果がラーメンを食べてる時に窓越しに 見ただけだから」

海未「そうなんですか?完全に同じ空間にいると思っちゃいました」

穂乃果「違うよ。海未ちゃんはせっかちだな~」

海未「あなたの説明の仕方に問題があると思います」

穂乃果「まあ、それで絵里ちゃんはなんか噴水の所に移動したの」

海未「噴水があったのですね」

穂乃果「うん。そこで、誰かを待ってる感じでさ。 …スキャンダルの予感がしたんだよね」

海未「いや、決めつけるのは早いですよ」

穂乃果「うん、穂乃果もそれは時期そうそう…時期そうしょう…時期…」

海未「時期尚早です」

穂乃果「それ!いや~日本語って難しいね。 穂乃果もロシアのクウォータだったらな~」

海未「関係ないですけどね。もう、話が進みません」



20: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:38:15.78 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「それでさ、私遠くからずっと見てたの。そしたらさ、相手が来たの。もう、絵里ちゃん嬉しそうでさ」

海未「本当ですか?」

穂乃果「うん。絵里ちゃんびちょびちょだったん だけど拭いて貰ってた」

海未「絵里はなぜ濡れているのですか?噴水ですか?噴水で遊んでたのですか?もう、バカなんですか、絵里は?」

穂乃果「いや、雨降り始めてたからね」

海未「あの、先に言って下さい」

穂乃果「同じ空の下にいるんだから知ってると思ったよ」

海未「何をかっこよく言ってるのですか」

穂乃果「ねえ、話が進まないよ」

海未「あなたのせいでしょ」

穂乃果「それでね、もう絵里ちゃん相合い傘してさ」

海未「絵里はアイドルの自覚があるのですかね」

穂乃果「こっそり後をつけたんだけどさちょっと近づきすぎちゃって」

海未「危ないですね」

穂乃果「そしたら、急ににゃあって」

海未「猫がいたのですね」

穂乃果「絵里ちゃん振り向くから、隠れたんだけど」

海未「ひやひやしますね」



21: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:40:15.41 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「なんとかばれなかったからさ」

海未「はい」

穂乃果「凛ちゃんどうしたのって聞いたらさ」

海未「凛?凛もいたのですか?」

穂乃果「いたよ。あと、花陽ちゃん」

海未「なんで、先に言わないのですか。というか、 前もこんな会話しましたよね?」

穂乃果「そうだっけ?」

海未「まあ、いいです。それで凛はなんと?」

穂乃果「ラーメン、豚骨にしとけば良かったて」

海未「尾行中でしょ?」

穂乃果「まあ、凛ちゃんだから」

海未「それで、その続きは?」

穂乃果「絵里ちゃんさ、お店に入っていってさ。あっ、食べ物屋さんじゃないよ」

海未「そうですか。じゃあ、飲食店でなければ何のお店でしょう?」

穂乃果「穂乃果達もね入ったんだけどね普通のお店だよ」

海未「そうですか。欲しい答えじゃなかったのですが」

穂乃果「で、絵里ちゃんどこかな~って探したらさいたんだけど…物凄く顔をペロペロされてるの」

海未「え?何をしてるのですか」

穂乃果「終いにはさ、飛び乗られちゃってすごく 喜んでるのね」

海未「これから、絵里を見る目が変わります」



22: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:41:52.58 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「それを見てさ花陽ちゃんも羨ましいって」

海未「え?花陽も?…これからμ'sはどうすれば」

穂乃果「凛ちゃんは苦手見たいだったけど」

海未「凛がまともで良かったです」

穂乃果「穂乃果は羨ましかったな」

海未「やめてください。あなたの口からそんな事聞きたくないです」

穂乃果「ん…?大丈夫だよ。穂乃果ん家和菓子屋だから」

海未「関係ないでしょう!」

穂乃果「関係あるよ。やっぱり、食べ物扱ってると 犬は飼えないからね」

海未「犬…ですか?話が見えないのですが」

穂乃果「なんで?」

海未「犬がいたんですか?店内に?」

穂乃果「犬がいないペットショップってあるの?」

海未「ペットショップだったんですか?」

穂乃果「なんだと思ったの?」

海未「…なんでもありません」



23: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:43:50.27 ID:H/NXFHEU.net

海未「もう、ご勝手に」

穂乃果「で、絵里ちゃんが犬と戯れてたらさ後ろからもっとデカい犬が来てさ。危ないなと思ったからさ絵里ちゃん、後ろ後ろって」

海未「志村けんですかっ!」

穂乃果「いや、あれは土佐犬かな?」

海未「犬種の話じゃありません」

穂乃果「何言ってるの?」

海未「わからないならいいです」

穂乃果「ふ~ん。でさ、危ないと思ってさ絵里ちゃんって叫んだの」

海未「では、バレてしまったんですね。でも、絵里の無事には変えられないですからね」

穂乃果「ばれなかったよ?」

海未「叫んだのに?」

穂乃果「心の中でね。口に出したらバレるから」

海未「あなたは鬼ですか?」

穂乃果「世間では海未ちゃんのが鬼軍曹って言われてるよ!」

海未「…怒りますよ?」

穂乃果「まあまあ」

海未「まあまあじゃありません」

穂乃果「だめだこりゃ」

海未「穂乃果、わかってるでしょ?志村けんのくだりわかってたでしょ?」

穂乃果「何のこと?」

海未「もう、本気なのかわざとなのかわかりません」



24: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:46:20.28 ID:H/NXFHEU.net

穂乃果「もぉ~話がす・す・ま・な・い」

海未「はい、どうぞ」

穂乃果「うん。それでさ、絵里ちゃんなんとか気づいてパッと立って避けたの。その瞬間にね希ちゃんがね目配せしてきたから」

海未「希?希がいたのですか?だって、凛と花陽だけって」

穂乃果「いや、希ちゃんはその日絵里ちゃんと遊んでたんだってば!」

海未「男性とデートしてたのではないのですか?」

穂乃果「そんなわけないでしょ」

海未「だって、スキャンダルって」

穂乃果「最初、そわそわしてたからさ。そうかなと思っただけ。思ったって言ったじゃん」

海未「わかりませんよ!それじゃあ」

穂乃果「でね、絵里ちゃんが立ち上がった瞬間にね穂乃果が絵里ちゃんの膝を目掛けて後ろからカックンと」

海未「一体何の話ですか?」

穂乃果「だから、尾行の途中で希ちゃんが穂乃果達に気づいたみたいで連絡が来てね、絵里ちゃんにドッキリを仕掛けようって」

海未「…はあ」

穂乃果「うん。あの時凛ちゃんが叫んだお陰だね。希ちゃんが気づいたのは」

海未「はあ…」

穂乃果「もう、膝カックンされて絵里ちゃん叫んじゃってさ。そしたら、周りの動物も騒ぎだしてさ。絵里ちゃん、その後店員さんに怒られてたよ」

海未「あなた達、最低ですね」

穂乃果「ちょっとやり過ぎちゃった」



25: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:47:23.25 ID:H/NXFHEU.net

海未「それで、穂乃果は何を目撃したのですか」

穂乃果「絵里ちゃんが鬼に変わるところ」

穂乃果「実は穂乃果や海未ちゃんよりも絵里ちゃん が鬼だったね」

海未「それでユニット別の練習中にも関わらず
希と凛は呼び出されたのですね」

穂乃果「これが金曜日の出来事です」

海未「もういいです」



26: 名無しで叶える物語 2019/11/01(金) 21:48:28.05 ID:H/NXFHEU.net




元スレ
穂乃果「肝試し」