1: 名無しで叶える物語 2019/11/02(土) 10:15:09.51 ID:VP0gaeBu.net

ある日の放課後

海未「お待たせしました二人共」

花丸「海未さん遅いよ~マルもう
お腹ペコペコ…」

海未「申し訳ありません花丸…つい練習に
夢中になってしまって」

しずく「わかります、私もよく
時間を忘れて稽古してしまいますから」

花丸「まぁマルも読書に夢中になって
下校時間過ぎちゃった時があるから
海未さんの事は言えないかな」

しずく「なんだか私達って似てますね」

海未「ふふっ、そうですね。では行きましょうか」

花丸「何を食べに行くの?」

海未「私の行き付けのお店があります
何を食べるのかは行ってからのお楽しみですよ」



17: 名無しで叶える物語 2019/11/02(土) 10:39:21.88 ID:VP0gaeBu.net

海未「こちらです」

花丸「おぉ…なんだか学生がいっぱいいるね」

しずく「食堂、でしょうか?随分賑わっていますね」

海未「このお店は部活帰りの学生に
人気の安くて盛りのいい食堂なんです
さぁ、空いてる席に座りましょうか」


しずく「私達が座ったらほぼ満員ですね
まだ夕飯時には早いのに、すごいな…」

花丸「しずくちゃん、隣の人
すごい大盛りのカレー食べてるよ、美味しそう」

海未「花丸、あまりジロジロ見るものではありませんよ。メニューを見て下さい」

花丸「ふわぁ~こんなにいっぱいメニュー
があるんだ、しかもどれも安い」

しずく「全ての料理が800円以下で
普通盛、大盛り、特盛まで値段は変わらない
これは学生に人気がでる訳ですね」

海未「何を頼むか決まりましたか?」

花丸「じゃあマルはカレーの大盛りで」

しずく「私は担々麺の…大盛りをお願いします」

花丸「しずくちゃんも大盛り?意外だね」

しずく「今日は練習したからお腹空いちゃって」

海未「いいではないですか学生らしくて
私はチャーハン特盛と餃子をお願いします」

花丸・しずく「⁉」



21: 名無しで叶える物語 2019/11/02(土) 10:57:56.35 ID:VP0gaeBu.net

花丸「結構待たされるんだね」

しずく「まぁこれだけお客さんがいればね」

海未「そうですね、盛りがいいので
作るのにも時間がかかるのですよ」

花丸「なるほど、それにしても海未さんが
こういうお店に通ってるなんてびっくりだよ」

海未「そうですか?」

花丸「うん、外食するイメージがなかった」

海未「部活で帰りが遅くなる時は夕ご飯を
用意してもらうのも悪いのでよくここに
くるようになったのです」

しずく「たまには外食も楽しいですよね
練習した後に食べるのはすごく美味しいし」

海未「さすがしずく、わかってますね」

花丸「マルは運動しなくてもお腹空くけどな…」



28: 名無しで叶える物語 2019/11/02(土) 11:50:05.62 ID:VP0gaeBu.net

店員「カレー大盛り、担々麺大盛りのお客様
お待ちどうさまでした」

花丸「やっと来た…ってえぇっ⁉」

しずく「これは…間違えて特盛りを頼んでしまったんでしょうか?」

花丸「でも店員さんはこれで大盛りだって…」

海未「あぁ言い忘れておりましたがこのお店は
一般的な量の約2倍はありますから」

しずく「それってつまり普通盛りで他のお店で言う大盛り…」

花丸「隣の人よりマルのカレーの方が多い。
隣の人は普通盛りだったんだ」

海未「無理に全部食べる必要はありませんが」

花丸「うん、とりあえず食べてみるよ」

店員「特盛りチャーハンと餃子のお客様
お待ちどうさまでした」

海未「待ちかねました、相変わらず美味しそうですね」

しずく「ちょ、ちょっと海未さん」

花丸「海未さんの顔半分隠れてる…
そんなに食べられるの?」

海未「…普段は食べませんよ。今日は
特別です。私はいいから二人も食べて下さい」

花丸「それじゃあ」

しずく「頂きます」

花丸「ーーん~美味しい、甘口なんだね
これならいくらでも食べられそう」

しずく「ーーフッ、これは結構辛い…
でも食欲をそそりますね。美味しい」

海未「あむ……んん、このお店はただ
量を増やすだけではなく最後まで飽きずに
食べられような味付けをしているのですよ」

しずく「それが人気の秘訣、ですか」

花丸「値段、味、ボリューム。どれを
取っても大満足だね。ーあむ」

海未「花丸は本当に美味しそうに食べますね」

花丸「そ、そうかなぁ。なんか恥ずかしい…」

しずく「食べる時は皆いい表情をします
きっと海未さんや私も同じ顔を
しているんでしょうね」



35: 名無しで叶える物語 2019/11/02(土) 12:14:33.57 ID:VP0gaeBu.net

しずく「全部食べられるか不安でしたが
結局最後まで美味しく頂けましたね」

花丸「ご飯お代わり無料までやってるなんて
本当に学生向けだね、カレー多くてお代わり
しちゃったよ」

海未「花丸もしずくも満足して頂けたようで何よりです」

しずく「今日は海未さんの意外な一面が
見れましたね」

海未「食べる量、ですか。それを言うなら
二人の方こそよく食べましたね」

花丸「今日はお昼ご飯抜いたからね」

しずく「辛いものなら得意なので」

海未「いつも一人で来ていたので今日は
3人で来る事が出来てよかったです
やはり仲良くなるのは一緒に食事を
取るのが1番ですね」

しずく「はい、海未さんと花丸ちゃんと
お近づきになれて嬉しいです」

花丸「今度はマルのオススメのお店に
案内するよ」

海未「それは楽しみです、ではそろそろ
お勘定にしましょうか」


花丸「は~流石にお腹いっぱいだね」

しずく「そうだね、海未さん今日は
ありがとうございました」

海未「いえいえ、こちらこそ付き合って
頂きありがとうございました」

海未「また、3人でご飯食べに行きましょうね」



38: 名無しで叶える物語 2019/11/02(土) 12:16:55.48 ID:VP0gaeBu.net

最後間違えて連投してしまいました
SS初めてで下手くそですが読んでくれた
方、ありがとうございました
(最初はSSにするつもりはありませんでした)


元スレ
海未「花丸、しずく、夕飯を食べに行きますよ」