SS速報VIP:岡崎泰葉「ドールハウス」



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 17:56:00.29 ID:G9rwxlJK0


泰葉「できた…」

泰葉「可愛いなぁ…」

泰葉「作るのにだいぶ時間かかったもの…当然ですね。」

泰葉「でも何か足りない…目が義眼なのは仕方ないことだけど…」

泰葉「…そっか、わかった!」

泰葉「そうと決まったら…ここを綺麗にして…これは事務所の皆で食べましょうね。」

泰葉「みんな...大好きみたいだから...」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389516960




2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:00:35.79 ID:G9rwxlJK0


泰葉「ふふっ…相変わらず…東京の空は、星が見えない。でも、このドールハウスの中はとても綺麗…中にいるドールたちも、ライトで照らされて凄く綺麗…」

泰葉「この子も…顔は情けないけど…いい毛並み。」

泰葉「飼い主の金髪も、新しいドールの真っ白い髪も…やっぱり可愛くて綺麗ね。嫉妬してしまいそう……」

泰葉「でももう嫉妬なんてしませんよ?」

泰葉「貴女達は大切な私のドールです…」

泰葉「お休みなさい…私の可愛いドールたち」

泰葉「今度のお友達は…貴女達の大好きな人よ。」





3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:04:27.07 ID:G9rwxlJK0




翌日 事務所

泰葉「皆さん、お鍋できましたよ。」

P「おっ、美味そうだな。」

ちひろ「寒い日にはぴったりですね。」

みりあ「モツ鍋だ―!」

泰葉「いつも同じ鍋でごめんね、みりあちゃん。」

みりあ「そんなことないよ?私、泰葉さんのモツ鍋好きー」

P「俺も好きだぞ。味付けがいい!」

泰葉「ありがとうございます。」

P「しかし、最近モツ鍋ばっかりだな。」

泰葉「ちょっとハマっちゃって…ダメでしたか?」





4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:06:21.67 ID:G9rwxlJK0


P「モツ鍋にか?」

泰葉「……」

P「泰葉?」

泰葉「え、ええ…そんなところです。」

ちひろ「相変わらず美味しいわ……一体どこで買ったの?」

泰葉「実家の方の知人から送られてくるんです。」

ちひろ「これを美味くタイアップで一山……」

泰葉「ごめんなさい。趣味でやっている程度の人なので、販売までは…」

ちひろ「お金儲けは無理そうね…ざんねんだわ。こんなに美味しいのに。」





6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:08:06.59 ID:G9rwxlJK0


P「おかわり!」

みりあ「私も―!」

輝子「あの、私も」

ちひろ「ずずっ... 鍋のスープも美味しいわ…」

泰葉「沢山食べてくださいね。」

P「それにしても、泰葉は料理が美味いな。」

泰葉「芸能界に長くいると、色々なことを体験するので…」

みりあ「私も、泰葉さんみたいになる―!」

泰葉「その…なんだか恥ずかしいですね。」

P「胸を張れって、泰葉。お前は自慢のアイドルだよ。」

泰葉「Pさん…ありがとう///」

P「うんうん…おっと、名残惜しいけど、仕事の時間だな。みんな、準備しろ。そろそろ行くぞ。」





8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:09:26.94 ID:G9rwxlJK0


輝子「フヒッ」

みりあ「えー、もっと食べたかったなー」

P「おいおい、わがまま言うなって。」

みりあ「わがままを言う私は、悪い子?」

輝子「悪い子…ヒャッハ―!」

P「輝子、それはちょっと違うぞ」

輝子「ごめんなさい。」

みりあ「ひゃっはー♪」

P「真似するのは…まぁ二人とも可愛いから、良しとするか。」

輝子「フフ、人が足りない。」




10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:10:41.43 ID:G9rwxlJK0


P「こずえのことか?」

ちひろ「そういえば、連絡は何も来ていませんね。」

P「イヴは…実家に帰るとか言ってたからいいものの…アイツに実家ってあるのか?」

ちひろ「やだなぁ、あるに決まってるじゃないですか。」

P「そうですよね。じゃあ行ってきます。」

泰葉「実は…この仕事、結構楽しいんです。」

P「泰葉プロデュースのドールハウスだもんな。」

泰葉「はい。」

P「みりあ、輝子、こずえ、この3人をドールに見立てて」

泰葉「私が3人に合ったドールハウスを作る。」

P「こずえがいないのが残念だな。おっと、相手先に連絡しないと。」




11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:11:42.24 ID:G9rwxlJK0


泰葉「ええ。」

P「代わりに、あの輿水さんが来るらしいぞ。」

泰葉「輿水さんですか?」

P「ああ。あのバラエティに引っ張りだこの。」

泰葉「お会いするのは初めてですが…楽しみですね。」

P「そうだな。今話題のアイドルだからな。」

泰葉「華やかなだけの世界じゃないのに…あんなに頑張ってる輿水さん。興味が出てきました。」

みりあ「ねーねー、私たちともお話ししようよ―!」

みりあ「ね、輝子ちゃん!」




12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:14:14.46 ID:G9rwxlJK0


輝子「あっ…えっ…」

P「ほら、輝子を困らせるな。」

みりあ「ただお喋りしようとしただけだよ?」

P「着いたぞ。着替えたらすぐ収録だ。頑張れよ。」

みりあ「よーし、お仕事がんばるぞ~、輝子ちゃん、泰葉さん。レッツゴー!」

輝子「フヒヒ、引っ張られる…1人じゃない…少し嬉しい」

P「じゃあ俺は、挨拶してくるな。」

みりあ「いってらっしゃーい」




13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:18:27.06 ID:G9rwxlJK0





P「仕事お疲れ様。」

みりあ「収録大変だったねー」

輝子「あの棺桶…じめじめしてた」

みりあ「輝子ちゃんのドラキュラ、カッコよかったよ」

泰葉「ホラーテイストのドールハウスで…皆さん似合っていました。」

輝子「フヒヒ」

P「嬉しそうだな。輝子」

みりあ「さっちゃん、最後泣いてたよね。」

P「さっちゃん?」





14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:19:10.12 ID:G9rwxlJK0


泰葉「輿水さんのことですよ。仲良くなったみたいですね。」

みりあ「あのね、あのね、輝子ちゃんが棺桶から、バーン!!って出た後…びくっ!ってなってね、それでね」

みりあ「えーっと、えーっと」

輝子「ノコノコやってきたさっちゃんを、フハハハハ!」

泰葉「みんな無邪気にはしゃいで、かわいい…」

P「そうかそうか。楽しい収録でよかったな。」

輝子「またやりたい…」

みりあ「その時はまだ笑顔だったけどね、私が天井からバーンって降りてきた所を、カメラでカシャ、カシャ!ってね」

泰葉「無邪気すぎて…しそう…」

P「泰葉、何か言ったか?」

泰葉「ふふ…」





16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:19:52.35 ID:G9rwxlJK0


・・・
・・



P「よし、これで最後は泰葉を送れば、今日の仕事は完了だな。」

泰葉「Pさん…お願いがあるんです。」

P「どうした?」

泰葉「私の家で、ご飯食べてもらえませんか?」

P「いや、アイドルの家に行くのは……」

泰葉「お肉が傷んじゃいそうなんです…冷凍庫も大きくないので…」

泰葉「ご飯を食べたら…すぐ帰っても構いませんので…だめですか?」

P「確かに…あの量のモツを送られてくれば、肉も多いか…よし。」

泰葉「じゃあ…来てくれるんですか?」

P「言っとくが、飯だけだからな?」





17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:20:33.01 ID:G9rwxlJK0


泰葉「ありがとうございます…みんなが喜びます。」

P「そうだ、親睦を深めるために、輿水さんも呼ぶか?」

泰葉「…今日は遠慮します…輿水さんも疲れていると思うので……」

P「泰葉は優しいな。」

泰葉「この業界に長くいると…色々なことがわかるんです…」

P「話している間に、泰葉の家に着いたな。」

泰葉「どうぞ…私たちが…精一杯歓迎します。」

P「お邪魔します。(私たち?)」

泰葉「ふふ…そのうちPさんも…私の言っている意味がわかります…。」

P「?」





18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:21:34.92 ID:G9rwxlJK0








P「あれ、寝てたのか…確か泰葉の家で飯を…前が見えないな。」

泰葉「ふふ…おはようございます。」

P「ああ、悪いな。寝てたみたいだ。アイマスク、今…あれ、腕が動かないな。」

泰葉「何を言っているんですか?」

P「…いや、ただ自分の家に帰ろうとした「ここがPさんの家ですよ?」」





19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:22:02.19 ID:G9rwxlJK0


P「家?」

泰葉「そうでした…Pさん、マスクしていては…なにも見えませんよね。」

泰葉「今ほどきますね。」

P「おお、ありがと…」

泰葉「どうですか?綺麗ですよね。この家…」

P「家って…これ…..」

泰葉「ドアを開ければ…ほら、可愛い家に…可愛い女の子に、お姉さん。ペットもいますよ?」

P「可愛い女の子…こずえ!?それに、イヴにトナカイ!!」

泰葉「トナカイじゃなくて…ブリッツェン…ですよ?」

P「そうかすまない。じゃなくて、何でこんな場所に!!おい、返事しろ!!」





20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:23:25.58 ID:G9rwxlJK0


泰葉「やだなぁ…ドールは、返事をしてくれませんよ?」

P「ドール?どう見たって、こずえにイヴじゃないか。」

泰葉「なら…近くで見てください。」

P「こずえ…目を開け…目が…」

泰葉「水分量がどうしても多いので…」

P「イヴ…トナカイ!」

泰葉「みんなの目なら…このビンに入ってますよ。ちゃんとネームプレートもあるんです…」

泰葉「二人ともすごく綺麗な目…」

P「う、おぇぇ…」

泰葉「吐くなら…いえ…そのくらいの粗相は許します……」

P「泰葉…どうしてこんなことを……」

泰葉「ねぇ、Pさんにとって…幸せって何?」





21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:25:59.56 ID:G9rwxlJK0


泰葉「Pさん…私の芸能生活が長いのは知ってますよね?」

泰葉「その中で…私は様々な体験をしました。」

泰葉「皮肉なことに、Pさんに会うまでは…嬉しいことよりも、悲しいことのほうが多かった……」

泰葉「仲のいい友人だと思っていた子が…陰で私を蹴落とすために色々していたこと…親の価値観を植え付けられ、やりたくもないことをやらせる親」

泰葉「友達が人気になると…急に働かなくなる親、子供に寄生する親…」

泰葉「幼い子でも、性的な目で見ようとする大人たち…」

泰葉「だから私は…こんな世界を許せなかった……」

泰葉「私を狙う大人も当然いました。『言うことを聞けば、ドラマに出してやる。バラエティに出してやる。モデルなんかより、沢山稼げるぞ』と言ってきました。」






22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:28:40.30 ID:G9rwxlJK0


泰葉「私は怖かった…けど、両親は私よりも、お金を優先しようとしていた…」

泰葉「怖い!怖かった!でも…両親は聞く耳を持ってくれなかった。」

泰葉「私は…私は…親の人形じゃない。」

泰葉「その時初めて…芸能界から逃げようと思いました。」

泰葉「そして…しばらくして、その仕事を…他の女の子がやっているのを見ました。」

泰葉「私は…内心ホッとしました。これで私が狙われることは無くなる。」

泰葉「その時でした…前に私に迫ってきた男から…ある写真を見せられました。」

泰葉「その中には…この世のものとは思えない顔をしたドール、体の一部がない少女のドールなど…様々なものが映っていました。」

泰葉「男曰く…海外で人気のドールらしいです。『これはある国で撮った写真だ。ここにいる子たちは全て~』と言っていました。」

泰葉「男は…これで私を怖がらせ、『言うことを聞かなければ、お前もこうするぞ!』とでも言うつもりだったんでしょう……」





23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:33:22.23 ID:G9rwxlJK0


泰葉「しかし…私の顔を見て…彼はすぐ帰りました。」

泰葉「笑っていたそうです…それも、目を輝かせながら…もっと、もっと見せて!ほかの写真は無いの?もっと、もっと見せてほしい!」

泰葉「そんな顔をしていたそうです。」

泰葉「その頃からでした…私も自分だけのドールハウスが欲しい。芸能界で汚れてしまう前の、無垢な人を…私のドールにしたい。」

泰葉「普通のドール、ドールハウスでは…この気持ちは抑えられませんでした。」

泰葉「私は気付いたの…ドールを、ドールハウスを作っている時だけ、私は人形じゃない!私は人形じゃなく人間。そんな気分になれるってことに…」

泰葉「そんな中…Pさんと出会いました。Pさんは、私を人形扱いした人達から解放してくれました。」

泰葉「そして、今までの仕事で貯めたお金…といっても、多少は使われましたが、残ったお金でこの小さな家を建てました。」





24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:33:58.17 ID:G9rwxlJK0


泰葉「こうして…私は本当に人形から解放されました。煩わしい両親とも離れ、同時に、私の理想のドールハウスを作る環境を手にしました。」

泰葉「だから…Pさんは私にとって…とても大切な人です。」

泰葉「それに、Pさんのおかげで…私はとうとう見つけました」

泰葉「それが…あの2人です。」

泰葉「どちらも…私の…理想のドールに近かった…」

泰葉「だから…私は行動に移りました。」

泰葉「本物そっくりのドールにするための…勉強もしました…」

泰葉「最初は小動物から…徐々に大きな動物を…ほら、あそこのドールハウスに居ますよ?」

泰葉「そして…とうとう、人間のドールを作ってみました。最初の人は、失敗や実験含めてグチャグチャニなったけど…」

泰葉「2人目は結構うまく行ったんですよ?え…どこにいるか?」

泰葉「長崎の海…ふふ」

泰葉「逃げようとしても無駄ですよ…?それに、話を最後まで聞いてください…」





25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:34:33.64 ID:G9rwxlJK0


泰葉「Pさんにそんな酷いことはしません。」

泰葉「丁寧に…丁寧に背中から内臓をとり」

泰葉「だから…イヴさんたちを見てください…傷が少ないでしょ?」

泰葉「ここに…Pさんも…加えてあげますね。」

泰葉「安心して…防腐技術の勉強もしました…」

泰葉「お腹も…人に見られやすい場所の傷は最小限に抑えます」

泰葉「背中から…ね?」

泰葉「目は…くり抜くことになるけど…大切に保管します…そうだ、Pさん…」

泰葉「ふふ…ごめんなさい。涙が…だって、嬉しいんだもん…大好きな…大好きなPさんが…私だけのドールになってくれる…」

泰葉「最後に…聞いてもいいですか?」

泰葉「みりあちゃんと、輝子ちゃん…どっちと一緒に住みたいですか?」

泰葉「『どちらにも手を出すな』…わかりました…両方ですね。」





26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:35:33.29 ID:G9rwxlJK0


泰葉「輝子ちゃんは…棺桶…みりあちゃんは…アレがいい…かな?対比できる二人…陰と陽…彼女達には、新しいドールハウスを作って上げます。」

泰葉「勿論、ドールになっても…貴方は大切な人です…信じてくれますか?」

泰葉「じゃあ…始めましょうか…何だか私、最高のドールを作れる気がするの。」

泰葉「え、皆がいなくなった後…どうするか?」

泰葉「最後まで…私の心配してくれるんですね。優しい人…」

泰葉「安心してください…理想のドールハウスが完成したら…私は、その場にずーっといますよ?」

泰葉「ええ、理想のドールハウス…大好きな…みんなのいる、この家こそ…私の理想の家」

泰葉「え、私のやっていることが、私の嫌いな大人と同じ?」





27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:39:05.88 ID:G9rwxlJK0


泰葉「違いますよ、だって…これは、あの子たちを守っているんです。」

泰葉「汚い大人に汚される前に…私が大事に、大事に守ってあげるんです。」

泰葉「あの子たち…そうだ、輿水さんも混ぜてあげましょう。あの子も、純粋そうだし…あんなに素敵なドールハウスを、番組で作らせていただいたから…」

泰葉「私の…夢のドールハウス」

泰葉「これが出来るのもPさんのおかげ、です」

泰葉「ありがとう…そしてまたね。Pさん…」

泰葉「理想のドールハウスが出来たら...お祝いしましょう...Pさん」

泰葉「私に、最高の夢、見せてね。」



終わり




28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 18:56:27.64 ID:qnF2EoeAO

ヤバい漏らした



31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 19:27:24.81 ID:z1z5O0GgO

乙ー

((((;゚Д゚)))))))


元スレ
SS速報VIP:岡崎泰葉「ドールハウス」