1: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 17:24:22.96 ID:arkRQXKv.net

果林「えぇ、今度の土曜日にモデルの
仕事でちょっとね。ーってよく知ってるわね」

千歌「へへっ、歩夢ちゃんから聞いたんだ」

果林「そう、歩夢もおしゃべりな子ね」

千歌「よかったら家に泊まりに来てよ。
私の家、旅館でさ。温泉気持ちいいよ~」

果林「千歌ちゃんの家に?」

果林(別に泊まる必要はないけれど
せっかく遠出するんだからたまには
ゆっくりするのも悪くないわね…)

果林「いいわね。それじゃお言葉に
甘えてお世話になるわ」

千歌「本当?嬉しいな。千歌、いっぱい
おもてなしするからね!」

果林「うふっ、楽しみにしてるわね」



5: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 17:42:43.07 ID:arkRQXKv.net

果林「十千万…ここで合ってるのよね」

果林「ごめんください」

千歌「はーい!」

千歌「いらっしゃい果林さん。遠い所から
お疲れ様。ささっ、上がって上がって」

果林「お邪魔します…随分立派な宿ね。
あなた、すごい所に住んでいたのね」

千歌「スクールアイドル始めてから結構
お客さん来てくれるようになって
意外と有名なんだよ」

果林「こんなにいい雰囲気ならそうでしょうね」

志満「千歌ちゃん、お友達来たの?」

美渡「なんだなんだ玄関先に立たせて。
早く部屋に案内してあげな」

千歌「これから案内するところだよ。
果林さん、私のお姉ちゃん。志満姉と美渡姉」

果林「」

千歌「?果林さんどうしたの?」

果林「ーハッ⁉あぁなんでもないのよ
初めまして、朝香果林です。今日は
お世話になります」

志満「遠くからわざわざどうも」

美渡「なんもない所だけど、ゆっくりしてってよ」

果林「はい、ありがとうございます」

千歌「それじゃお部屋に案内するね」



7: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 17:54:05.81 ID:arkRQXKv.net

千歌「じゃーん、こちらが今晩のお部屋になりまーす!」

果林「素晴らしいお部屋ね。こんな広い部屋
なんだかもったいないわ」

千歌「あ、お茶用意するの忘れてた。
ごめん果林さん、ささっと行って取ってくるね」

果林「あら、いいのよ。お構い無く」


果林「行っちゃった…」

果林(キョロキョロ)

果林「…すぅ~」

果林「はぁぁぁ~ヤバかったぁ‼」

果林(千歌ちゃんの前では平静を装ってたけど
まだドキドキしてる…この感覚は
エマに会って以来だわ)



10: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 18:01:52.53 ID:arkRQXKv.net

果林(実は私には秘密がある…)

果林(それは極度の甘えたがりだという事)

果林(実際エマに母親のようによく甘えている)

果林(こんな秘密を千歌ちゃんに知られたら
幻滅される。くーるびゅーてぃーな私の
イメージが壊れてしまう)

果林(だから昨日出発前にエマに思う存分
甘えてから来たんだけど)

果林(あの志満姉といった人、かなりの
母性を感じたわ。あの人に甘えたい甘えたい)



15: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 18:13:06.99 ID:arkRQXKv.net

千歌「果林さんお待たせー」

果林「あら、わざわざすまないわね」キリッ

千歌「静岡のお茶は美味しいんだよ~
そしてなんと言ってもみかん!
この2つは鉄板だね」

果林「それじゃ頂くわねーふぅ、美味しい
お茶は落ち着くものね」

千歌「今晩ご飯の支度してるからさ
もう少し休んだらお風呂入りに行こうよ」

果林「そうね、ちょっと荷物を整理したら
行こうかしらね」

千歌「お風呂行く時はそこにある電話で
呼んでね、すぐ行くから」

果林「わかったわ、また後でね」


果林「………」

果林「ヤバいわね、我慢できればいいけど」



17: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 18:26:07.68 ID:arkRQXKv.net

果林「さて、荷物を片付けて一息ついたし
そろそろお風呂に入ろうかしらね」

果林「確かあの電話で呼ぶのよね。
ーもしもし?」

千歌『はいはーい果林さん。お風呂行く?』

果林「えぇこれから行こうかと思って」

千歌『りょーかい、果林さんの部屋に行くね』


千歌「あ、そうだ。お風呂入る前にちょっと
寄り道」

果林「どこに行くの?」

千歌「お母さんが帰ってきたから紹介しようと
思って」

果林「そういえばまだ会ってなかったわね」

果林(志満姉さんみたいな人なのかな)

千歌「おかーさーん、いるー?」

千歌ママ「はいはいいますよー」

果林『』



20: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 18:38:06.79 ID:arkRQXKv.net

カポーン…

千歌「はぁ~、自分の家だけどやっぱり
温泉はいいねぇ」

果林「……」

千歌「果林さんは普段温泉に入ったりする?」

果林「……」

千歌「果林さん?おーい聞こえてるー?」

果林「ハッ⁉ごめんなさいなにかしら?」

千歌「もーどうしたのさっきからぼーっと
して」

果林「ごめんなさい、ちょっと疲れてるのかも」

千歌「そっか、それじゃゆっくり温泉に
浸かってね。この温泉疲労回復に効果抜群だよ」

千歌「先に上がってお布団用意しておくね」

果林「ありがとう、もう少し入ってるわね」



24: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 18:52:54.27 ID:arkRQXKv.net

果林(千歌ちゃんには申し訳ないわね…)

果林(でも、見つけてしまったのよ)

果林(まさか志満姉さんより上がいたとは)

果林(千歌ちゃんのお母さん、いや、ママ)

果林(あんな幼い見た目でママだなんて
反則じゃない、今まで出会った誰よりも
強い母性、そしてあの見た目のギャップ)

果林「エマは同い年だから誰かに見られたら
恥ずかしい。でもママは本物のママ、いける」

果林「まさしく合法ママ…なんとかして
甘えないと…ってありゃ…?」フラリ ジャポン



28: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 19:13:36.43 ID:arkRQXKv.net

果林(ん…なにかおでこに冷たい物が)

千歌ママ「あ、よかった。気が付いた?」

果林「ふぇ、ママ…?」

千歌ママ「そうですよー。なんちゃって」

果林「……は?」ボー

果林「ーーーああぁっ!」ガバッ

千歌ママ「きゃっ、急に起きたらまた
目が回るわよ」

果林「わ、私どうして…なんでママむぐぐ
千歌ちゃんのお母さんが」

千歌ママ「あなた、お風呂に浸かりすぎて
のぼせていたのよ。千歌ちゃんが見つけてね。
今千歌ちゃんは買い出しに行ってるわ」

果林「そうだったんですか…すみません
ご迷惑をおかけして」

千歌ママ「いいのよ。大したことなくて
よかったわ~。それにしてもあなた随分
甘えん坊さんなのね」

果林「ブッッ⁉」

果林「えっ、いやっ、あのっ、それは」アタフタ

千歌ママ「真赤になっちゃって可愛い」

千歌ママ「大変だね、千歌ちゃんや他の
皆の前ではカッコいい果林ちゃんで
いないといけないんだから」

果林「いえ…これは私の身勝手です
今日も千歌ちゃんのおもてなしに
水を差すような事ばかりしちゃって」



41: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 19:40:00.80 ID:arkRQXKv.net

千歌ママ「確かに、千歌ちゃんと一緒にいる時
くらいは相手してあげないとねぇ
千歌ちゃん、果林ちゃんが来るのすごく
楽しみにしてたし」

果林「本当に千歌さんには申し訳ないと
思ってます…」

千歌ママ「でもずっと千歌ちゃんの前で
我慢するのも辛いよね」

千歌ママ「いいよ今のうちだけ。今だけは
果林ちゃんは私の娘。千歌ちゃんが戻ってくるまでの間、いっぱいいっぱい甘えて」

果林「いいんですか…?」

千歌ママ「あら、他人行儀な娘ね
ほーらママが抱っこしてあげますよー」

果林「ゴクリ…」

果林(今だけ、今だけは……!)

果林「ママぁ、抱っこしてぇ‼」ダキッ



46: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 19:57:56.51 ID:arkRQXKv.net

次の日

果林「千歌ちゃん昨日はごめんなさいね
千歌ちゃんの話をろくに聞きもしない上
お風呂でのぼせちゃって」

千歌「んーん、大丈夫だよ。お母さんが
看てくれて助かったよ。まったく美渡姉ったら
果林さんが大変な時に買い出しに付き合えだなんて」

果林(美渡姉さんが…そういう訳だったの)

果林「ねぇ千歌ちゃん」

千歌「ん?なーに?」

果林「昨日のお詫びにこれから一緒に
東京までショッピングに行かない?」

千歌「えぇ?東京?そんないきなり言われても」

果林「新幹線代なら私が出すわ、昨日の
モデル代でいっぱいお金貰ったの」

千歌「でも…それは…」

千歌ママ「いいじゃない千歌ちゃん
せっかくだから行ってきたら?」

千歌「いいの?」

千歌ママ「全額出してもらうのは悪いから
お小遣いあげるね、はい」

千歌「えへへっ、ありがとうお母さん」

千歌ママ「果林ちゃんにも。お小遣いあげる」

果林「え、いえ私はー」

千歌ママ「あら?また他人行儀?」

果林「えぅ」

千歌ママ「またいつでもおいで。近くに来たついでに寄ってもらえばお話聞くから」



千歌ママ「なんたって、果林ちゃんは私の大事な娘なんだから」



47: 名無しで叶える物語 2019/11/04(月) 20:00:32.55 ID:arkRQXKv.net

終わりです
グダグタな内容で自分でもなに書いてるか
わからなくなりましたが自分なりに
甘えん坊の果林ちゃん書いてみました
果林ちゃんのキャラや千歌ちゃんの扱いを
不快に思った人がいたらごめんなさい
最後に読んでくれた方ありがとうございました


元スレ
千歌「果林さん、今度内浦に来るんだよね?」