SS速報VIP:【ミリマス】桃子「好きなものを、好きな人と、好きなみんなと」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573042228/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:10:28.45 ID:OaLRTe3DO

――少女は思い立った

――いつまでもプロデューサーにおんぶにだっこでは、これ以上の地位は望めないと

――だから



周防桃子「お兄ちゃん!今日の桃子の誕生日は、桃子が自分でホットケーキを食べてくるから!」

ミリP(以下P)「は?」





――少し迷走しているようだった

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1573042228




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:13:18.79 ID:OaLRTe3DO

――少しでも彼女の真意を知りたいと思ったプロデューサーは彼女に聞いた

P「桃子……俺が作るホットケーキに飽きたのか?」

桃子「そうじゃないよ……お兄ちゃんの作るホットケーキは大好きだし、育やほかのみんなが作ってくれるのも……」



――どうやら好き嫌いではないようだ



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:28:50.23 ID:OaLRTe3DO

――だが、少し複雑のようだ

桃子「でも……アイドルとして、さらに一歩進みたいから、桃子はなんでも自分一人でできるようになりたいの!」

P「あー」



――彼女の意を組もうと思ったプロデューサーは一つだけ質問をした



P「なら、なんで外に行ってまでホットケーキを食べたがるんだ?」

P「今日は誕生日なんだし、うわさの3000円するのだって頼んでもいいんだぞ?」

――今日行って今日食べられるかは疑問であるが……



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:34:33.10 ID:OaLRTe3DO

桃子「あ……その……桃子だって気になるから……」

――彼女にしては珍しく不明瞭な回答

桃子「それにまずは好きなのからっていうし……」



――なるほど。一人でやると決めたはいいが、何から始めるか……というやつか

P「よしよし」ナデナデ

桃子「ん~……(ハッ)こ、子ども扱いしないでよ!」

P「なら、もこもこ。おいで」

――もこもこ。それは周防桃子のぷちますである

もこもこ「もっ、もっ?」

P「よーし、よし」

もこもこ「もーっ!もーっ!」ワーイ



――非常に喜んでるみたいです

桃子「ムスー」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:36:07.32 ID:OaLRTe3DO

桃子「じゃあ、桃子は行ってくるから!」

バタン



P「ははっ、怒られたな」

P「さて……2時間持つかな?」



――さすがは彼女のプロデューサーである



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:39:48.57 ID:OaLRTe3DO

――さて、そんな調子で街へ出た桃子であったが……



つ【休業中】

桃子「ええーっ!」

桃子「だ、大丈夫だから……まだメモしたお店は」



つ【パンケーキ終わりました】

桃子「嘘……」





「ごめんね。誰か大人の人と来てね」

桃子「桃子だってレディなんだからねっ!」



――悪戦苦闘していますね



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:44:44.97 ID:OaLRTe3DO

――街の流行り廃りは激しいもの

――実際、パンケーキにしろ、タピオカミルクティーにしろ長く続いたものである

――かつてはティラミス、パンナコッタ、ナタデココ、エッグタルトにカヌレにetc なブームを引き起こしたものも既に朽ち果て

――残るは墓標だけ……



桃子「……桃子も、そんな風に忘れられるのかな」

桃子「子役だった桃子なんか、すっかりみんなの記憶からなくなってきちゃったのかなぁ……」

桃子「今の桃子だって……」





桃子「そんなのって……」

――一人悲しむ桃子……



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:53:48.31 ID:OaLRTe3DO

桃子「桃子がアイドルをやっていたなんて覚えている人なんて、どれだけいるんだろう……」



「なら、一人でダメなら、みんなでそれを見つけに行くのもいいんじゃないかな?」

「桃子ちゃんも言ってましたよ。『大人だからってなんでもこなせると思ったら大間違いだよ』って」



桃子「……うん」

育「じゃ、帰ろうか。今日は私が作ってあげるから」

星梨花「材料とか用意しますね」



桃子「うん……ありがとう。小さくても自分の役割には一生懸命に……だよね」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:55:32.82 ID:OaLRTe3DO

育「お待たせっ!前のよりおいしくできたよっ!」

星梨花「じゃあ、飾り付けをしますね」





P「で、探し物は見つかったか?」

桃子「……ううん」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 22:01:00.37 ID:OaLRTe3DO

桃子「だって」







桃子「ここには……探しきれてないものが、まだまだ沢山あるみたいだからねっ」

P「あぁ、探し尽くすまでは傍にいてやるからな」

せりちょ「わー」

いくいく「やー」



HAPPY BIRTHDAY SUOU MOMOKO



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 22:02:18.98 ID:OaLRTe3DO

久々にぷちどる出したな

この三人がミリオンのきっかけ……なんだけど、人には言えないなぁ



では皆様にいちごパスタは乗ってないホットケーキを


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】桃子「好きなものを、好きな人と、好きなみんなと」