1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 22:13:55.22 ID:UzIOOVtaO

社長「うぉっほん!彼は今日から我が社の
プロデューサーをしてくれる事になったヤンキー君だ」

ヤンキーP「えっとぉ、俺ぁヤンキーってもんだけどぉ、
これからぁ、おまえらん事ガンガンプロデュースして
こうと思ってるんで夜露死苦ぅ!」

やよい「よろ…」
一同「……」

社長「う、うぉっほん!まぁ、よろしく頼むよ」

ヤンキーP「夜露死苦ぅ!!」

一同(うわぁ…)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 22:22:43.94 ID:UzIOOVtaO

律子(社長…何でこんなの雇っちゃったんですかね?)ヒソヒソ

小鳥(なんでも社長の親戚の息子さんとかで断りきれなかったらしいですよ)ヒソヒソ

ヤンキーP「あんさぁ、おめぇらぁ、ちっと気合いがたんねぇって俺思うわけ」

ヤンキーP「俺ぇ、気合い入ってねぇやつきれぇだか
らぁ、そんなやつはがっつりかましてくんで夜露死苦!」

雪歩「こ、こわいですぅ…」プルプル

真「な、なんだよこの人…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 22:28:54.51 ID:UzIOOVtaO

亜美「ね、ねぇ兄ちゃん…?」

真美(わ、亜美いったよ…)

ヤンキーP「あ?俺?なにチビ?」

亜美「チ…あ、あのさ、その髪型面白いね、亜美初めて見たよ→」

ヤンキーP「ああ!?なんだおまえ、俺の自慢の
スーパーリーゼントにケチつけてんの?」

亜美「…」ウツムキ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 22:39:02.23 ID:UzIOOVtaO

春香「ちょっと…」
伊織「ちょっとあんた!なんなのよその口の聞き方は!」

ヤンキーP「あ?なんだこのでこっぱち?やんのか、あぁ!?」

律子「ちょーっといいですか?一応この子達ウチの大
事なアイドルなんであまり威嚇とかしないでおいてもらえませんかね」

ヤンキーP「ああん!?なんだおまえ!?こいつらの保護者かなんかなの?」

社長「ヤンキー君…その辺にしたまえ…今日はもう帰ってよろしい」

ヤンキーP「ちっ」スタスタ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 22:46:54.75 ID:UzIOOVtaO

律子「社長!なんなんですかあいつは!?あんなのと一緒に仕事出来ません!」

伊織「そうよ!こ、この伊織ちゃんにむかって
言うに事欠いてでこっぱちだなんて!!」

美希「美希よりひどいの」

伊織「…あんた自覚あったの?」

春香「亜美、大丈夫?」

亜美「全然へっちゃらだYO」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 22:54:11.59 ID:UzIOOVtaO

社長「皆の言う事はもっともだ…だが少し事情があっ
てね…少し長い目で見てくれないだろうか、私からも良く言い含めておくから」

律子「とにかく私は納得出来ませんから!」

伊織「私もよ!」

亜美「亜美は別にいいけどね→いじりがいありそうだし」

真美「びびってたくせに→」

亜美「びびってね→YO」

やよい「びっくりしましたー」

響「沖縄には結構いるぞ、ああいうの」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:07:17.22 ID:UzIOOVtaO

prrrrrrrr

ヤンキーP「もしー、叔父貴?」

社長「ヤンキー君…あれは少しまずいよ…」

ヤンキーP「は?なめらんねーよーに軽くかましただけだけど?最初が肝心っしょ」

社長「いやいや…あのままでは君はプロデューサーとしてやっていけないよ」

ヤンキーP「は!?叔父貴がプロデューサー
やってくれっつうから行ってやったんだろ!」

社長「それは君の親御さんに頼まれたからだよ…
とにかく明日からはもっと普通にだね…」

ヤンキーP「わぁーったわぁーった、ジャリどもに優しく
してやればいいんっしょ?任しといてよ、夜露死苦ぅ!」ピッ

社長「……はぁ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:15:06.90 ID:UzIOOVtaO

――――翌日

バンブーバンブーバンバンブー
パラララパラパラパラパララ~♪

春香「な、何!?」

亜美「うるさ→い!」

バーン

ヤンキーP「押忍!今日も気合いれてくんで夜露死苦ぅ!」

春香「わ、わたし現場に行ってきまーす」イソイソ

千早「私はレッスンに…」

「わたしも…」

「私も…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:21:36.76 ID:UzIOOVtaO

社長「ヤンキー君!バイクで事務所に来てはいかんとあれほど…」

ヤンキーP「でもぉ、単車は俺の魂だしぃ」

社長「とにかくいかん!」

ヤンキーP「はいはいわかりましたよぉ」

小鳥「さ、さぁー、わたしも仕事しなきゃー…」

ヤンキーP「おー、姉ちゃん、小鳥さんだっけ?お茶夜露死苦ぅ!」

小鳥「……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:28:55.80 ID:UzIOOVtaO

ヤンキーP「お?チビ、おまえは仕事行かなくていいんか?」

亜美「……チビじゃない」ボソッ

ヤンキーP「あ?」

亜美「亜美はチビじゃないって言ってるの!」



やよい「亜美大丈夫かなぁ…」ヒソヒソ

真美「だって亜美がびびってないって証明するから
見てろって言うんだもん、見てるしかないよ…」ヒソヒソ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:35:03.06 ID:UzIOOVtaO

ヤンキーP「ふーん、おまえ意外と根性あるのなチビ、や、亜美だっけ?」

亜美「へ…へーん!亜美は兄ちゃんなんて怖くないよ!」

ヤンキーP「ほっかほっか。ところでおまえ暇なんか?」

亜美「暇じゃないよ!」

ヤンキーP「でも仕事ないんだろ?俺もまだまともに
仕事させてもらえねぇからよ、なんかして遊ばねぇ?」

亜美「え?…遊んでくれるの?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:40:20.95 ID:UzIOOVtaO

ヤンキーP「いやか?」

亜美「ん…んっふっふ~、兄ちゃんがどうしてもって言うなら遊んであげてもいいよ→」

ヤンキーP「おお、なにすっか?俺の単車で風に
なるか?つっても叔父貴に怒られるかんな…」



真美「これは予想外だよ…」

やよい「仲良くなったみたいだねー」ホッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:46:37.50 ID:UzIOOVtaO

亜美「単車ってバイクでしょ!?亜美バイク乗りたい!」

ヤンキーP「おお、ほっか、んじゃ叔父貴には内緒な」

亜美「やった→」ピョン



やよい「こっちに来るみたいだよ」

真美「やよいっち隠れて隠れて」コソコソ



ヤンキーP「ここでエンジンかけると叔父貴にバレっからしばらくひいてくからよ」シャリンシャリン

亜美「兄ちゃん頑張れ→」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 23:52:31.49 ID:UzIOOVtaO

バンブーバンブーバンバンブー

亜美「あはは、遅ーい」

ヤンキーP「ばっかおめー、こいつは音がだな…」

白バイ「そこのノーヘル二人乗り、とまりなさい」ピュ~~~

ヤンキーP「やべっ」バンブー


ポリスメン「ガミガミ」

ヤンキーP「あ~、はいはい、ったくついてねーわ」

亜美「兄ちゃん…」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:00:11.96 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「あーあ、免停だとよー!やってらんねーわ」

亜美「兄ちゃんごめんね…亜美がバイク乗せてって言ったから…」

ヤンキーP「あ?ガキが変な気使うんじゃねーよ!
ほんっとこまっしゃくれたチビだな」グシャグシャ

亜美「ちょっ、やめろよ→髪がぐしゃぐしゃになっちゃうでしょ!」

亜美「もうっ!亜美仕事行くから!」タッ

ヤンキーP「おまえにも仕事あったんか?チビのくせに」

亜美「ば→か」タタタッ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:13:06.04 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「あ~、けったりぃなぁ…単車はおまーり
に持ってかれちまったしよぉ」チンタラチンタラ

ヤンキーP「お?」

真「あ…」

ヤンキーP「おー、おめぇなんつったっけ?おめぇも大変だな、
女だらけん中に男ひとりでよぉ!ま、仲良くしよーぜ」

真「な!?僕は女ですよ!だいたいねー…」

ヤンキーP「嘘つけ、おまえみてぇな女がいるかよ」

真「はあ!?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:19:37.32 ID:NpAtmMJSO

真「このぉ…だいたいあんた気にいらないんですよ!みんなにもひどい事言って!」

ヤンキーP「お!?やんのか!?やろぉってのか!?おおん!?」クイックイッ

真「ふんっ、いいんですか?僕強いですよ、群れなき
ゃ何も出来ないヤンキーじゃ相手になりませんよ」

ヤンキーP「じょとだこら!!」ガシッ

ぼぐぅ

ヤンキーP「お…ご…」ガクガク



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:27:20.11 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「こ…このやらぁ!」グワッ

バキッ ボグッ ガッシボカ

ヤンキーP「ぐぎぎ……」プルプル

真「…もうこの辺にしときましょう、ボロボロじゃないですか」

ヤンキーP「うざけんじゃねぇ…まきるか!」グォ

ドスッ ドスッドスッ

ヤンキーP「うげぇ…」ビチャビチャ

真「あーあ…これに懲りたらもう明日から事務所に来ないで下さいね」クルッ



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:33:24.11 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「まで…までごだぁ…」フラフラ

真「ま、まだやる気ですか…」

ヤンキーP「うがぅ〇☆∞♂♀」フラフラ~

ズドン

ヤンキーP「あ…あ…」バタッ

真「ふぅー」クルッ

ヤンキーP「ま…て…」

真「っ!」ビクッ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:37:45.66 ID:NpAtmMJSO

真「う、嘘でしょ…」

ヤンキーP「……」ピクッピクッ

真「…もう失神してるじゃないか」

真「帰ろ」スタスタ

真「…意外と根性だけはあるんだな…てんで弱いけど…ふふ」スタスタ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:53:00.05 ID:NpAtmMJSO

――――翌日

春香「今日はヤンキーさん遅いね…」

あずさ「平和ね~」

伊織「来ない方がいいわよあんなやつ!」

真「多分今日は来ないんじゃないかな」

亜美「……」



カツッ スタン カツッ スタン

雪歩「な、なに?この音…」ビクビク



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 00:58:09.09 ID:NpAtmMJSO

ぎぃ~ ガチャ

ヤンキーP「……」

亜美「わっ!ミイラ男だ!!」

貴音「ひぃっ」ビクッ

ヤンキーP「今日も気合い入れてくんで夜露死苦ぅ!…いちち、口ん中が…」ダラー

亜美「に、兄ちゃん!?って血!血が出てる!」

真「…本当に根性だけは凄いな…」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:05:02.73 ID:NpAtmMJSO

亜美「兄ちゃんどうしたのこの怪我!?」フキフキ

ヤンキーP「お?おお、わりぃなチビ」

亜美「亜美だよ!」

春香「ちょっといつの間に亜美あんなになついたの?」ヒソヒソ

真美「ん~、昨日仲良くなったみたいだよ」

社長「ヤンキー君かね?一体どうしたんだ…」

真「……」

ヤンキーP「いやー、昨日単車でコケちまって、すんませーん」

真「!?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:11:34.07 ID:NpAtmMJSO

――――屋上

ヤンキーP「んーだよ話って?俺ぁそっちの趣味はねーぞ」オカマポーズ

真「僕は女ですよ…」

ヤンキーP「第2ラウンドかぁ!?や、やってやんよ!」ガクガク

真「……どうして僕にやられたって社長に言わなかったんですか?」

ヤンキーP「あ!?んなだせぇ事言うか!なめてんのかこらぁ!」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:19:29.76 ID:NpAtmMJSO

真「…」ポカーン

真「ふふっ、あなたって本当は凄い人かもしれませんね、プロデューサー!」

ヤンキーP「あ、お?…あっ、あたりまえだコラァ!」

ヤンキーP「プロデューサー?…まったく…何言ってんだコラァ…」ブツブツ

真「ふう、話はそれだけです」

ヤンキーP「お…俺もよ…」

真「え?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:24:43.09 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「俺も悪かったよ…おめぇーん事男とか言っちまって」

真「その事ですか…もういいです」

ヤンキーP「おまえほんとは女なんだってな」

真「な!?ほ、本当に男だと思ってたんですか!?見直して損した!」プンプン タタタッ

ヤンキーP「なーに怒ってんだあ?」キョトン



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:33:56.64 ID:NpAtmMJSO

ガチャ

ヤンキーP「ふぅ~、階段降りるのも一苦労だわ」カツッカツッ

亜美「…ねぇ兄ちゃん、さっき何で嘘言ったの?」

ヤンキーP「あ?嘘なんて言ってねぇよ何言ってんだ」

亜美「だってバイクは警察に…」

ヤンキーP「あ!?くだらねぇ事言ってねぇで仕事行け仕事!」

亜美「だっておかしいじゃん!ねぇねぇ」ユサユサ

ヤンキーP「いてて、痛ぇ!なつくんじゃねぇよチビ!」

亜美「兄ちゃんのアホー」タタタッ

ヤンキーP「ったく、なんだってんだ」ブツブツ

真美「……」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:38:40.73 ID:NpAtmMJSO

――――その日の夜

真美「ねぇ亜美」

亜美「んー?なあに?」

真美「…亜美はさぁ…ヤンキーの兄ちゃんの事好きなの?」

亜美「は?んな訳ないっしょ!意外と面白いやつだからからかってるだけだYO」

真美「ふうん…」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:44:22.74 ID:NpAtmMJSO

――――数日後

ヤンキーP「完・全・復・活!これからますます気合い入れてくんで夜露死苦ぅ!」

亜美「夜露死苦ぅ!」

春香「あーあ…亜美はすっかり感化されちゃってるねぇ…」

真「ははは、亜美がリーゼントにしてくる日も近いかもね」

雪歩「そんな亜美ちゃん嫌だよぉ…」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 01:54:05.49 ID:NpAtmMJSO

亜美「でも兄ちゃん怪我治るの早いよね→」

ヤンキーP「おうよ、健康優良不良少年だかんな!」

亜美「兄ちゃん少年って年じゃないっしょ→、つか兄ちゃんていくつなの?」

ヤンキーP「ああ?17だよ、文句あんのかコラァ!」

一同(え!?)

あずさ・律子・貴音(年下!?)

春香・真・雪歩(同い年…)

小鳥(同い年位かと…)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:01:33.76 ID:NpAtmMJSO

春香「じゃ、じゃあヤンキーさんも高校生なんですか?」オズオズ

ヤンキーP「ああん!?」

春香「」ビクッ

ヤンキーP「んなもんとっくにやめてやったわ、
不良がちんたら学校なんて行ってられるか!」シュボッ

小鳥「ヤンキーさん、事務所の中でタバコは…というか未成年ですよね?」

ヤンキーP「お、おお、わりぃ…つかかてぇ事言うなよぴよちゃん!」

小鳥「ぴよ?」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:10:11.13 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「お?ぴよちゃんって呼ばれてんだろ?亜美のやつが言ってたからよ」

小鳥「言ってるの亜美ちゃんと真美ちゃんだけですよ…
というか年下の男性からそう呼ばれるのは…」

亜美「んっふっふ~、兄ちゃんには10年早いってさ→」

ヤンキーP「んだとコラァ!」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:14:14.38 ID:NpAtmMJSO

伊織「ねぇ…最近亜美あいつと仲良すぎじゃない?まずいでしょ」ヒソヒソ

春香「う、うーん…意外と悪い人じゃない様な気もしてきたけど…」

真「うん、僕もそう思うな」

雪歩「わたしはあの人怖いから亜美ちゃん凄いって思うな…」

美希「あふぅ、どうでもいいの」

伊織「あんたいたの?」

美希「でこちゃんひどいの!」

伊織「でこちゃん言うな!」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:20:17.70 ID:NpAtmMJSO

伊織「とにかく私はあんなやつ認めない!絶対追い出してやるんだから!」

真「ふーん、ま、好きにするといいよ、僕は協力とかしないけどね」

春香「わたしもそういうのはちょっと…」

雪歩「わたしも…怖いし…」

美希「あふぅ、美希には関係ないの」

伊織「…なによ」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:25:06.53 ID:NpAtmMJSO

伊織「なによなによなによ!あんなやつがプロデューサーで良いって言う訳!?」

美希「美希的にはぁ、自分が頑張ってれば
誰がプロデューサーでも関係ないって思うな」

伊織「あんた頑張ってないじゃない!」

美希「あふぅ」

律子「伊織…私は協力するわよ」

伊織「律子!」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:30:40.81 ID:NpAtmMJSO

律子「あんなのが現場や取引先の前に出られたんじゃたまんないもん」

伊織「そ、そうでしょ」

真「まぁ頑張って」ヒラヒラ

雪歩「真ちゃん待って」

春香「わ、私も行くね」

美希「あふぅ」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 02:38:40.82 ID:NpAtmMJSO

伊織「ま、待ちなさいよ!」

律子「伊織、やる気のない子はほっとけばいいわ」

伊織「でも…」

律子「そう、賛同者は必要ね、だからここにいなかった中で
戦力になりそうな貴音、響、千早を落とす」

伊織「あずさは?」

律子「あずささんが戦力に…もとい、協力してくれると思う?」

伊織「…確かに」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 03:25:41.57 ID:NpAtmMJSO

真美「ねえいおりん」

伊織「真美、聞いてた…?」

真美「うん、協力するから真美も仲間にいれてよ」

律子「(真美か、正直あまり戦力にはならないと思うけど
人数は多い方がいい…)一緒に頑張りましょう、真美」

真美「うん!」

伊織「…意外だわ、真美は亜美と一緒で
あいつの事気に入ってると思ってたけど」

真美「全然気に入らないよあんなやつ!
(亜美にはまだ早いもん…)」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 03:36:12.78 ID:NpAtmMJSO

――――その頃ヤンキーは…

ヤンキーP「なぁなぁ叔父貴よぉ」

社長「うぉっほん!社長と呼べといつも言っているだろう!」

ヤンキーP「社長よぉ、そろそろ俺にもまともな仕事させてくれや、
なんつーかプロデューサーって感じのやつ?」

社長「あのなぁ…うぉっほん、君のそのナリでは客前に出す訳にはいかんよ」

ヤンキーP「まーた見てくれで差別かよ…
芸能界ってのも案外つまんねーとこだな」

社長「…君も一応は社会人なんだ、もう少し大人になったらどうかね」

ヤンキーP「ちっ」ペッ



116: 保守感謝! 2012/03/31(土) 06:36:49.50 ID:NpAtmMJSO

―――――――――――
―――――――――
―――――――

その日の朝

ヤンキー母「ヤンちゃん最近頑張ってるねぇ、母ちゃん嬉しいよ」

ヤンキーP「ちっ、ヤンちゃんっつうなってんだろババア!」

ヤンキー母「ごめんよ、小さい時から言ってるから…
でも父ちゃんが死んでから…ヤンちゃん高校もやめちゃって
悪い事ばっかりしてたのにプロデューサーなんて偉い仕事させて貰って…
母ちゃん高木さんには足を向けて寝られないよ」

ヤンキーP「ちっ、ったくペラペラよく喋るババアだな…」

ヤンキー母「母ちゃんよくわからないけどプロデューサーって
大変なんだろ?ヤンちゃん本当に毎日頑張ってるよねぇ」

ヤンキーP「…別に…もう行くかんな」ガラ

ヤンキー母「行ってらっしゃい、高木さんにもよろしく言っといておくれ」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 06:48:54.76 ID:NpAtmMJSO

―――――――
―――――――――
―――――――――――

ヤンキーP「くそっ、叔父貴のやつ…」トボトボ

ヤンキーP「でもよぉ、この“スタイル”は
俺の象徴みてぇなもんだ、変える訳にはいかねぇ」ブツブツ

亜美「あっ、兄ちゃんいた!」タタッ

ヤンキーP「あ?なんで来たんだよ」

亜美「だって兄ちゃん急に事務所出てっちゃうんだもん…社長も心配してたよ」

ヤンキーP「…叔父貴にあんま迷惑かけてもな…戻るか」

亜美「うんっ!」

ヤンキーP「おまえは仕事行けよチビ」

亜美「もぉー!またチビって言ったぁー!」プンスカ



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 06:56:52.76 ID:NpAtmMJSO

――――伊織達は…

律子「じゃあ3人でとりあえず現場の近い響の所に
行きましょう、もう終わる頃だし」

伊織「そうね」

真美「わかった」



律子「響、お疲れ様」

響「おー!律子に伊織に真美!珍しいな、自分を迎えに来てくれたの?」

伊織「そんな訳…」
律子「響、話したい事があるの、少し時間いいかしら」

響「ん?別にいいぞー、今日の仕事は終わったし」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 07:04:59.19 ID:NpAtmMJSO





律子「………という訳なの、響も協力して貰えないかしら」

響「んー…なんでヤンキーを辞めさせなきゃ
いけないのかよくわからないんだよなー」

伊織「だってあの態度にあの格好よ?どう見てもおかしいでしょう!」

律子「プロデューサーといえば会社の顔みたいな物だし、
あれで表に立たれるのはねぇ…」

響「うーん…自分はただのちょっととっぽい兄ちゃんだと思うけどなぁ…」

伊織「…とっぽ?」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 07:13:10.97 ID:NpAtmMJSO

響「やっぱり自分はやめとくさー、納得出来ない事はしたくないぞ!」

伊織「このわからず屋!この先困るのは私達なのに…」

真美「うーん、ひびきんのこの反応は予想してた、沖縄には多いらしいし」

律子「まあ今はそれでもいいわ、でも考えておいて。行きましょう、伊織、真美」

真美「はーい」

伊織「……」



響「自分の兄貴も昔はあんなだったなー、なつかしいぞ」フフフ



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 07:24:46.59 ID:NpAtmMJSO

律子「次は貴音の所ね」

真美「お姫ちんか…」

伊織「貴音か…」



伊織「という訳なの、あなたも協力しなさい!」

貴音「はて…何故その様な事をなさるのですか?」

伊織「何故って…説明したじゃない!」

貴音「姿形はそれぞれの個性でしょう?あのすたいるもやんきー殿の個性。
それをアイドルたる私達がその様に無下にしてよいものでしょうか?」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 07:47:19.13 ID:NpAtmMJSO

律子「…今あなたとそんな事を議論する気はないわ。
でも覚えておいて、あいつはこの先必ず765プロにとってマイナスになる。
そして会社にとってのマイナス要因を私は放っておくつもりはないの」

貴音「…心に留めておきましょう」



真美「お姫ちんもだめだったね…」

伊織「まったく本当にわからず屋なんだから!」

律子「仕方ないわ、今日はこれまでね、明日千早を説得しましょう」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 07:58:18.63 ID:NpAtmMJSO

――――事務所

ヤンキーP「はぁ…戻ったはいいがどうすっかなぁ…」

やよい「あ、あのー…ヤンキーさん」

ヤンキーP「ああ?なんだちんくしゃ」

やよい「ちん…?」



千早「お疲れ様です」ガチャ

ヤンキーP「ほぉか!おまえんとこもよくもやし食うんか!
うちも貧乏でよぉ、お袋が…」

やよい「うっうー!今度おいしいもやし料理のレシピをお教えしますー!」

ヤンキーP「おー!おまえいいやつだな、ちんくしゃ!」

やよい「ちんくしゃってなんですかー?」

千早「……」ワナワナ



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 08:04:55.15 ID:NpAtmMJSO

――――翌日

律子「千早、話があるんだけどいいかしら」

千早「あら律子、伊織に真美、どうしたの?」

伊織「こっちに来てくれる?」

千早「ええ」



伊織「……という訳なの、協力してくれない?」

千早「わかったわ、協力しましょう」

伊織「なんで!……え?いいの?」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 08:11:12.85 ID:NpAtmMJSO

律子「やけにあっさり引き受けるわね…」

千早「彼は放っておけないわ…無邪気な高槻さんに卑猥な事を…」ブツブツ

真美「え!?やよいっちに何かしたの?」

千早「そうなる前に排除しなければいけないわね」

真美「ヤンキーの兄ちゃん意外とロリコンなのか…(亜美がヤバい!)」

律子「千早が賛同してくれたのは多きな戦力になるわ!
このままここで作戦会議といきましょう」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 08:21:52.53 ID:NpAtmMJSO

律子「さて、私達の目的としてはあいつを辞めさせる事だけど…
社長に首にしてもらうか、自分から辞めさせるかという選択肢があるわ」

伊織「どっちでもいいんじゃない?」

律子「そうね、ただあいつは社長にコネがあるみたいだし、
少し位の事では首にはしてくれないと思うの」

千早「なにか重大なミスをさせるとか…」

律子「…ただそうすると会社にも多かれ少なかれ
ダメージがあるわ、それは避けたい」

伊織「じゃあ自分から辞める様に仕向ける、か」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 08:33:26.51 ID:NpAtmMJSO

伊織「じゃあ地道に嫌がらせする?
あいつのおやつを食べちゃうとか靴を隠しちゃうとか!」

千早「そんな事で辞めるかしら…」

真美「んっふっふ~、ここは真美に任せてよ→」

律子「何か考えがあるの?」

真美「真美のせくちーなお色気攻撃でほねぬきにしちゃう!それでたおす!」

律子(成功する確率は1%程度だけど、ロリコン説もあるし…
万が一真美に手でも出したら、それを撮っておけば後はどうにでも出来る…)フム

律子「わかったわ、真美、やってみなさいよ」

真美「いえっさ→」ビシッ



154: すまん 2012/03/31(土) 10:38:46.28 ID:NpAtmMJSO

亜美「兄ちゃん」

やよい「ヤンキーさん」

ヤンキーP「お?なんだジャリジャリ」

亜美「ジャリジャリ?」

ヤンキーP「ジャリがふたりでジャリジャリ」

亜美「もう!…それよりあのさ…」

やよい「一緒にお昼食べませんかー?」

亜美「あっ(やよいっち…)」



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 10:47:44.67 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「お?食うか?俺ぁ弁当だけどな、まだまともに給料もらってねーからよ」

やよい「わたしも今日はお弁当ですー」

亜美「あっ…亜美お弁当ない…」シュン

やよい「じゃあわたしのお弁当で良ければ少しわけてあげるよ」

ヤンキーP「しょうがねぇな、俺もちっとやるわ、
ろくなもん入ってねーけどな」カカカ

亜美「兄ちゃん…やよいっち」パァ

やよい「えへへー、ヤンキーさん、はいタァーッチ」スッ



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 10:55:44.02 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「お?ハイファイブか?
スカに行った時はMPとよくやったわ、オラッ」

バチーン

やよい「うぅー…いたいー」

ヤンキーP「お?強すぎたか?ちんくしゃは弱っちいかんなぁ」ポリポリ

亜美「やよいっち大丈夫?」

やよい「え、えへへー、ちょっとびっくりしたけど平気だよ、いえい!」

やよい「それよりちんくしゃってどういう意味ですかー?」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 11:02:53.75 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「あ?意味とか知んねーけど、
おまえちんくしゃって感じじゃん、髪がくしゃーっとしてて」

やよい「えー」

亜美「なんだそれ…それならなんで亜美はチビなの?
亜美結構背大きい方なんだけど」

ヤンキーP「あ?チビはチビだよ、理由なんかねぇ」

亜美「もう!」



律子「楽しそうね」コソコソ

千早「……」ギリギリ

真美「亜美達がいなくなったら行くから」



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 11:11:08.45 ID:NpAtmMJSO



亜美「それじゃ兄ちゃんやよいっち、ごちそーさまー」

ヤンキーP「おそまつ」

やよい「亜美、このあと取材でしょ?一緒に行こー」

亜美「うん、じゃね→兄ちゃん!」バイバイ

やよい「さようならー」バイバイ

ヤンキーP「おーう」

ヤンキーP「ちっと足んねーな…ま、いいか」ゴロン

真美「チャンスだ!」スッ



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 11:17:35.88 ID:NpAtmMJSO

真美「んっふっふ~兄ちゃんなにしてんの」チョコン

ヤンキーP「あ?…チビ2号か…」

真美「に、2号って…」ムカッ

ヤンキーP「おまえらまぎらーしーんだよ、おんなじ顔しやがって」

真美「…あれっ?兄ちゃん真美達の違いわかるの?」

ヤンキーP「あ?んなもん…なんとなくだよ、
とにかく亜美が1号でおまえが2号だ」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 11:25:56.33 ID:NpAtmMJSO

真美「む……」

ヤンキーP「お?おまえが1号の方がよかったか?
それよりおまえパンツ見えてんぞ、そっちいけよ」シッシッ

真美「ん、んっふっふ~、見せてんの!せくちーでしょ///」

ヤンキーP「あ!?ガキのばっちぃパンツ見て嬉しいわきゃねーだろ!
ほんっとおまえら姉妹揃ってこまっしゃくれてんな!」ペチン

真美「いてっ…もう!」プンッ



律子「おかしい…ロリコンじゃないのかしら…」

千早「もう少し見守りましょう」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 11:44:25.61 ID:NpAtmMJSO

真美「ね、ねえ兄ちゃん、兄ちゃんは亜美と真美どっちが好き?」スリヨリ

ヤンキーP「ああ?つうかなつくんじゃねーようっとーしー」グリグリ

真美「いたいいたい」バタバタ

ヤンキーP「おまえらみてーなガキどっちも好きじゃねーわ、
ま、キョーダイがいるってのはちっとうらやましーけどな」

真美「……な、なんだよバカ→」タタタッ



律子「失敗…ね」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 11:52:21.34 ID:NpAtmMJSO



律子「真美、駄目だったわね」

真美「……」

律子「まあいいわ、次の作戦を考えましょう」

真美「…真美、もうやめるね、ごめんね律ちゃん」

律子「え?」

真美「もうどうでもよくなっちゃった、亜美に手を出す心配なさそうだし」

律子「そう…また伊織が怒るわね」

真美「う…いおりんにも言っといて!それじゃ」タタタッ



真美「んっふっふ~、絶対真美の方が…真美が好きって言わせてやろ→」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 12:37:24.39 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「押忍!今日もバリバリに気合い入れてくんで夜露死苦ぅ!」

亜美真美「夜露死苦ぅ!」

やよい「よろしくー!」

ヤンキーP「なんで俺ってガキにばっかもてんだべな…」

亜美「亜美はガキじゃねーYO!」

真美「ねーYO!」

伊織「なんなのよこの状況は…」

律子「ああ…765プロが…」

千早「真美も昨日ですっかりなついてしまったみたいね…」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 12:49:07.91 ID:NpAtmMJSO

真「あはは、このままいったら
『業界初!ヤンキー専門事務所』なんて事になっちゃうかもねー」

千早「真…」

律子(ヤンキー事務所?それも経営戦略としてあり…いや、ないない!)

伊織「そんな事この伊織ちゃんが許すはずないでしょ!」

真「…ねぇ、もうやめたら?話してみると結構面白いよあの人」



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 12:56:00.42 ID:NpAtmMJSO

伊織「あんなやつと話す事なんてない!行くわよ律子、千早!」プリプリ

律子「…でもマーケティングとしては…いやいやまさか…」ブツブツ

千早「……」

真「はーあ」ヤレヤレ



ヤンキーP「おいぷるぷる」

雪歩「ひぃっ…ぷ、ぷるぷるって…わたしの事ですか?」プルプル



193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:01:44.02 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「おまえ俺と話す時いつもプルプルしてんじゃん、だからぷるぷる」

雪歩「うぅ…」プルプル

真「おーっと、雪歩をいじめるのは見過ごせないよ!」ズイ

ヤンキーP「う…だんじょ…」

真「は?なんですかだんじょって」

ヤンキーP「…言わねーよ、殴るし…」



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:06:55.69 ID:NpAtmMJSO

真「なに言ってるんですか、そんな僕がすぐ
暴力振るうみたいに言わないで下さい!殴ったりしませんよ!」

ヤンキーP「…おとこおんなって男女って書くだろ、だから…」

ボグゥ

ヤンキーP「が…ぐ…」ガクガク

真「まったく!」プリプリ

ヤンキーP「う…うそつき…」



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:16:01.44 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「それよりちげーよ!そんなんじゃなくて…」

真「は?なんですか?」

ヤンキーP「うぅ…だからいじめとかとかじゃなくってよぉ、
ぷるぷる今度ドラマに出るんだべ?ほんでそん中で単車が結構出てくるから
単車の事教えてやれって社長に言われてよ」

雪歩「あぅ…そうだったんですか…」プルプル

真「それならそうと言えばいいじゃないですか!」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:22:46.18 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「おまえ聞かねぇじゃ…」

真「ご」

ヤンキーP「」ビクッ

真「ごめんなさい!事情もよく聞かずに!…殴ったのは別の理由だけど…」

ヤンキーP「わ、わかりゃいいんだよ!んじゃ行くか、ぷるぷる」

雪歩「ひっ、行くってどこにですか…」プルプル

ヤンキーP「あ?俺の単車見せてやるっつってんの!
やっとサツから戻ってきてよ」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:30:37.94 ID:NpAtmMJSO

亜美「あっ!ゆきぴょんいいな→!亜美も見たい!」

真美「真美も!」

ヤンキーP「おまえら仕事あんべが!さっさ行け、チビチビ!」

亜美「もう!それやめてよ→!」

真美「BOO!BOO!」

ヤンキーP「うるせーうるせー、ほれ、行くぞぷるぷる」グイ

雪歩「ひっ、掴まないで…」プルプル



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:40:28.59 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「どうよ!しびぃべ!?」

雪歩「(よくわからない…)か、かっこいいですぅ…」

ヤンキーP「こいつは俺の魂だかんな!んー、よく帰ってきたねー、俺のFXちゃん」チュッチュッ

雪歩「……」

ヤンキーP「乗ってみっか?」

雪歩「…へ?」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 13:47:46.29 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「だぁら、俺のFXちゃんに乗せてやるっつってんの」

雪歩「ひぃっ…い、いいですいいですぅ…」プルプル

ヤンキーP「遠慮すんなって、きもちーぞぉ!ほれ、メットもあるからよ」ポイ

雪歩(ひぃぃ…やだやだやだやだ)ガタガタガタガタ

ヤンキーP「ほれ、ちゃんと跨がって、しっかりつかまっとけよ!」

雪歩(怖い怖い怖い怖い怖い)ガクガクガクガク

ヤンキーP「あんまぷるぷるすんなって、くすぐってーよ…んじゃ、でっぱつ!」



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 14:12:27.65 ID:NpAtmMJSO

バババンバババンバンバンボー

雪歩(う、うるさい…でも…意外と怖くない?)

ヤンキーP「どーよー!?きもちーべー!?」

雪歩(全然何言ってるか聞こえない…でも、ちょっと楽しいかも…)

雪歩「き、気持ちいいですぅ!」

ヤンキーP「あー!?なにいってっか聞こえねーよー!!」



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 14:19:57.48 ID:NpAtmMJSO

白バイ「はーい、そこの二人乗りのカップルー、
胸糞悪いから停まってー」ピュゥゥ~~

ヤンキーP「嘘だべ…」バンブー



ヤンキーP「あんだよ!ちゃんとメットかぶってんじゃ…」

ポリスメン「あのなぁ、整備不良」

ヤンキーP「ぐ…昨日徹夜でやっと戻したってのに…」ギリギリ

雪歩「ヤンキーさん…」



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 14:29:18.89 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「うぐぐ…また連れてかれちまった…俺のFXちゃん…」プルプル

雪歩「あ、あの…」

ヤンキーP「あ?」

雪歩「す、すいません!わたしのせいで…」

ヤンキーP「あー!?お?おまえプルプルしなくなったじゃん」

雪歩「あ…」

ヤンキーP「かかか、そのチョーシそのチョーシ!
気にすんなって、おまえのせーなんかじゃねーよ」グリグリ

雪歩「あぅ…撫でないで…」



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 14:37:02.22 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「んじゃ事務所に戻っか、歩きだけどなー」チンタラチンタラ

雪歩「…はい!」ピョコピョコ



亜美「兄ちゃんバイクは!?」ハァハァ

ヤンキーP「あ!?おまえもう仕事終わったんか?」

亜美「急いで帰ってきたんだよ→!バイク!バイク!」

ヤンキーP「…またドナドナされちまったよ…」ガクー

亜美「あー、またかー…」ガクー



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 14:44:51.18 ID:NpAtmMJSO

――――翌日

ヤンキーP「押忍!単車なくても気合いだけは入れてくんで夜露死苦ぅ!」バーン

亜美真美「夜露死苦ぅ!」

やよい「よろしくー」

雪歩「よ、よろしくぅ!」

真「雪歩まで…」

伊織「なんなのよ…なんなのよ!」



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 14:53:59.01 ID:NpAtmMJSO

伊織「律子!次の作戦はまだなの?」ギリギリ

律子「あー…伊織、悪いけど私は降りるわ。
社長も今のままだったら客前に出すつもりないみたいだし、
それに…悪い影響ばっかりじゃないみたいだし」

伊織「な、なに言ってるのよ…」

千早「私も降りるわ、高槻さんが楽しそうだからそれでいいもの。手を出すつもりはない様だし」

伊織「な、な、なによなによなによ!いいわよ!
私ひとりでやってやるわよ!なによ…」



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 15:10:28.38 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「おいおっぱい姉ちゃん」

あずさ「へ?…私の事ですか~?」

ヤンキーP「今日おまえ写真撮影だろ?結構遠いから社長が送ってけってさ」

あずさ「ヤンキーさんがですか~?」

ヤンキーP「今日は来るのが懇意にしてる
カメラマンだけだから俺が行ってもいいんだと」

あずさ「…そうですか~、それじゃあいきましょうか~」

亜美「あずさお姉ちゃん大丈夫かな…」

春香「今まであまり絡みのないふたりだからねぇ…」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 15:18:32.80 ID:NpAtmMJSO

――――数時間後

あずさ「ただいま戻りました~」ガチャ

ヤンキーP「っす」

亜美「あっ、帰ってきた!」

あずさ「あ、荷物ありがとうございますヤンキーさん、もういいですよ~」

ヤンキーP「押忍!お疲れ様でした!」ササッ

一同「!?」

あずさ「ヤンキーさんもお疲れ様でした~、またお願いしますね~」

ヤンキーP「押忍、またお願いします!あずさ先輩!」

春香「な、何があったの…?」

律子「あまり深く聞かない方がよさそうね…」



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:01:35.30 ID:NpAtmMJSO

――――また別の日

prrrrrrrr

小鳥「はい765プロでございます…あ、春香ちゃんお疲れ様…
ええ…ええ!?はい、わかったわ、社長に言ってみるから待っててね」ガチャ

小鳥「社長、春香ちゃんからの電話で、
撮影現場に注文と違う衣装が届いちゃってるらしくて」

社長「むぅ、それで?」

小鳥「注文の衣装は事務所にあるみたいなんですけど、
なんとか持ってきてもらえないかって…」

社長「むむ、困ったな、私はこれから得意先との会合があるし、
律子君も1日外回りだし…」

小鳥「先方がどうしてもその衣装が必要だって言ってるらしいんです…」

社長「ここは彼に頼むよりないか…」

ヤンキーP「ぼーーー」ホジホジ



246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:05:44.84 ID:NpAtmMJSO

社長「と、いう訳なんだ、頼めるかね?」

ヤンキーP「うーい」

社長「いいか、衣装を届けたらすぐに帰ってくるんだぞ、
余計な事はするんじゃない」

ヤンキーP「うーい、んじゃ行ってきやーす」タラタラ

社長「ああ…心配だ…」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:15:48.23 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「うーと、ここかぁ?うへぇ、デッケービルだこと、どっから入んだぁ?」

ヤンキーP「お、ここか、うーす」チンタラチンタラ

受付嬢「!?」

ヤンキーP「お、姉ちゃんあのよぉ、ここにリボンがきてんべ?」

受付嬢「はぁ…は?リ、リボン様でございますか?」

ヤンキーP「そーそーリボン様、765プロの。衣装持ってきたんだけどー」

受付嬢「あ…ああ撮影の…少々お待ち下さい」prrrr

受付嬢「スタジオまでお持ち下さいとの事です」

ヤンキーP「スタジオって?わかんねーよ初めてきたんだからよー」ユラユラ

受付嬢「あ、あちらでございます…」

ヤンキーP「うーい」チンタラチンタラ



252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:38:11.62 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「ここかあ、スタジオっつうの。でっけぇドアがついてらぁ」

ヤンキーP「…うっし!一発かますか!!」スゥーー

バーン

ヤンキーP「押忍!!765プロのぉ!!ヤンキーP!!
衣装持って参上したんで夜露死苦ぅ!!」ビリビリ

撮影スタッフ一同「ぽかーん」

春香「あっちゃあ…ヤンキーさん来ちゃったかぁ…」



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:48:52.67 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「お!いたいた、リボンよぉ!衣装持ってきてやったぞぉ!」

スタッフ「あ、天海さん、あれ765プロの人?
まずいよ、ここ企業の撮影ブースだからさぁ…」

春香「すすすいません!すぐに帰らせますので!」

春香「ヤンキーさん!」

ヤンキーP「んだぁ?俺偉ぇべ?ちゃんと持ってきてやったぞ!」

春香「はいありがとうございますじゃあ帰って下さい!」グイグイ

ヤンキーP「お?お?なんだ押すな、押すなって!」

バタン



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 16:54:33.93 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「ちっ、んだよ、追い出しやがって…
つまんねぇ、けーるか」プラプラ



小鳥「…はい…はい…申し訳ございません…
もう二度とない様に…いえその様な事は」

社長「……」

小鳥「はい、申し訳ございませんでした、失礼いたします」ガチャ

小鳥「苦情の電話でした…」ガックリ

社長「やはりか…」ガックリ

社長「そろそろ何とかせんといかんか…」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:02:18.87 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「さてと、なんか食ってくかな、今日は小銭持ってるしよ」チャリチャリ

ヤンキーP「お、ここのラーメンうめぇんだよな、うし!ここにすんべ!」

貴音「おや、ヤンキー殿ではありませんか。貴方もらあめんを食しに?」

ヤンキーP「おっ!若白髪じゃん!ここうめぇよな」

貴音「わ、わかしらが…」ボーゼン



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:09:14.52 ID:NpAtmMJSO

貴音「…もし、ヤンキー殿…若白髪とはどういう…」

ヤンキーP「前から思ってたんだけどよぉ、おまえ相当苦労したんか?
わかるぜぇ、俺も片親だからよ」

貴音「……」プルプル

ヤンキーP「それ染めねえの?俺やってやるか?
こう見えても俺ぁ仲間ウチで美容師ヤンちゃんって呼ばれて…」

店主「へいっ、ラーメンがち盛りお待ち!毎度!」ゴトッ

ヤンキーP「ぽかーん」



262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:16:48.70 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「おまえそれ食うの?ひとりで?」アングリ

貴音「……」ズルズル

ヤンキーP「いやぁ、驚れーたねぇー!食うの?これ!?」

貴音「…やんきー殿、少し静かにして頂けませんか?
らあめんとは、心静かに食すべき物です」

ヤンキーP「いやだってよぉ、おめぇ…ほぇー…」

店主「ラーメンお待ちどう」トン

ヤンキーP「お、おう…はー」マジマジ



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:25:33.93 ID:NpAtmMJSO

貴音「やんきぃ殿、いただかないのですか?麺が伸びてしまいますよ」

ヤンキーP「お、おう、食うよ、食うけどよ…」ズルズル



店主「ありあとしたー!」

ヤンキーP「いやーたまげたわ!どこにあの量が入ってんだよ…」マジマジ

貴音「やんきぃ殿、女性の身体をその様にじろじろと見る物ではありませんよ」

ヤンキーP「いやー、でもストレスたまるのもわかるけどよ、
やけ食いはよくないぜぇ、体によくねー!若白髪じゃすまなくなっちまうぞ」



265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:31:35.19 ID:NpAtmMJSO

貴音「やんきぃ殿…私は若白髪ではありません。訂正していただきたく…」

?「あれ?ヤンキーじゃね?」

ヤンキーP「あん?」

ヒロシ「おー、やっぱヤンキーだわ、久しぶりじゃねーか」

トオル「オメー最近たまり場にコネーで何やってんだよ」

ヤンキーP「う…先輩ら…」タラリ

貴音(やんきぃ殿が3人…)



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:38:05.66 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「別になんでもないっすけど…」

トオル「あ?んだその口の聞きかたぁ!?」クイックイッ

ヒロシ「まぁ待てよ、それよりヤンキーよぉ、えれぇマブ連れてんじゃねーの」

トオル「おー、俺も思ったわ、オメェーの女か?」

貴音「……」

ヤンキーP「そんなんじゃないっす…」

ヒロシ「…ほぉか…んじゃこの女俺らに貸せや、いいべ!?」



268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:44:39.88 ID:NpAtmMJSO

トオル「おおそりゃいいわ!いいよなぁ、ヤンキーよぉ!?」

ヤンキーP「……はぁ、わかりました、いいっすよ」

ヒロシ「おぉ、やっぱおまえ話わかんじゃ…」ニヤニヤ

ヤンキーP「…な訳ゃねーだろ!!」

ゴス

ヒロシ「ぐぁっ」グラッ

ヤンキーP「貴音逃げろ!こいつらやべぇから!」

貴音「しかし、やんきぃ殿…」

トオル「逃がすかよ」ダッ



274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 17:55:13.57 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「くっそ」ガシ

トオル「ちっ、放せコラ!」ガシガシ

ヤンキーP「早く逃げろって!頼むから…」

貴音「っ…」タッ

ヒロシ「やってくれたねぇ、俺ぁキレちゃったよぉ」ビキビキ

ヤンキーP「…話し合いでなんとかなりませんか」

ヒロシ・トオル「なるか!!」

ガシッボカッボグッグシャッ



277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:07:05.08 ID:NpAtmMJSO

真「はぁはぁ、こっち?貴音!?」タッタッタッ

貴音「ええ…その先です…」ハァハァ

真「いないけど…うわっ凄い血!相当やられたな…」

貴音「ああ…」

真「でもいないって事は帰ったんじゃない?僕らも事務所に戻ってみようよ」

貴音「もしや拐われたりという事は…」

真「いやー、大丈夫でしょ、あの人も相当…」

貴音「真…もう少し探しては頂けませんか…」

真「貴音……わかった」タタッ



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:13:31.30 ID:NpAtmMJSO

ズルッ スタン ズルッ スタン

亜美「な、なんの音?」

雪歩「こ、怖いよぉ」プルプル

ヤンキーP「おーず…ぼどりばしだー」フラフラ

亜美「に、兄ちゃん!?」

社長「ヤンキー君か?遅かったじゃ…ヤンキー君!?」

ヤンキーP「う゛っす」フラフラ



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:20:03.77 ID:NpAtmMJSO

社長「ど、どうしたんだねその怪我は?」

ヤンキーP「びや、ばた単車でごげぢゃいばして」ヘラヘラ

社長「よく聞き取れんが…単車で転んだと?小鳥君、救急車を頼む」

小鳥「はいっ」

ヤンキーP「いやびや、びよぢゃんよばだいで!べっぢゃらだがだ」フラフラ

亜美(兄ちゃん…また嘘ついてる…)



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:26:29.65 ID:NpAtmMJSO

社長「音無君かまわんから呼んでくれたまえ」

小鳥「は、はい」ピポパ

ヤンキーP「う゛ぁー」フラフラ



ピーポーピーポー

雪歩「ヤンキーさんどうしたんだろう…
バイク取りあげられてるはずなのに…心配だよぉ…」

亜美「本当になにがあったんだよ…兄ちゃん…」



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:33:46.23 ID:NpAtmMJSO

―――3日後

トントン

ヤンキーP「ういー」

貴音「お加減如何ですか、あなた様」ガチャ

ヤンキーP「おー、おばあちゃんか」

貴音「お…ば…」ブルブル

ヤンキーP「おー、だって若白髪はやなんだろ?だから。
しゃべり方もおばあちゃんみたいだしよ、俺結構おばあちゃんっ子でよぉ」

貴音「はあ…もうそれで良いです」

ヤンキーP「俺のおばあちゃんってのが生まれが凄くて…んぇ?」



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:42:23.28 ID:NpAtmMJSO

貴音「でも本当に…本当にあなた様がご無事で…」

ヤンキーP「まーたそれかよ…大体オーゲサなんだよ、
こんなもん唾つけて寝てれば治るってのに、入院なんざ…」

貴音「では私の…」

ヤンキーP「あ?」

貴音「なんでもありません、面妖な…///」プイ

ヤンキーP「お?」



299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:57:35.97 ID:NpAtmMJSO

貴音「あなた様、そういえば、明日には退院出来るのでしょう?」

ヤンキーP「おお、医者はそう言ってたな、今すぐでいいんだけどよぉ」

貴音「退院して早々に社長よりなにやらお話があるそうですが」

ヤンキーP「俺に?なんだろ…お!いよいよ俺に本格的に
プロデューサーの仕事をまかせる気になったかぁ?ちきしょー、ワクワクすんぜー!」

貴音「…うふふ、良いお話だといいですね、あなた様」

ヤンキーP「おお!」



307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 19:17:05.06 ID:NpAtmMJSO

バンブーバンブーキッ

シャリンシャリンシャリンシャリン

真美「あ、来たんじゃない?」

亜美「バイク戻ってきたんだNE
ばれない様に遠くから押してきてるよ→」プクク

バーン

ヤンキーP「押忍!戻ってきたんで夜露死苦ぅ!」

亜美真美「夜露死苦ぅ!」



311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 19:22:23.39 ID:NpAtmMJSO

亜美「兄ちゃんおかえり→!」

真美「心配したんだかんね→」

ヤンキーP「おお、久しぶりに見てもやっぱチビはチビだな」カカカ

亜美「BOO!BOO!」

真美「兄ちゃんひどいYO」

社長「ヤンキー君、きたか。こっちに来てくれたまえ」

ヤンキーP「…うっす」



316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 19:38:28.87 ID:NpAtmMJSO

社長「ヤンキー君、まずは退院おめでとう、体調はどうかね?」

ヤンキーP「ヨユウっす」

社長「一時はどうなる事かと…うぉっほん、本題に入ろうか」

ヤンキーP「うっす」

社長「ヤンキー君、君はこのままプロデューサーを
続けていくつもりはあるのかね?」

ヤンキーP「もちろんっす」

社長「ふむ、だが君の格好と態度は一社会人の物ではない、これはわかるね」

ヤンキーP「……」



320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 19:48:22.37 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「叔父貴よぉ、俺ぁ頭ワリィから
結論から言ってくんねーとわかんねーよ」

社長「…いいだろう、プロデューサーを続けたいなら
常識的な格好をして常識的な態度を身につけろという事だ」

ヤンキーP「俺にまじめボーになれって事?」

社長「まじめボー?まぁそうだ。外に出せない様なプロデューサーを
いつまでも雇っておく程の余裕は我が社にはないのでね」

ヤンキーP「俺にトサカを落とせってのかよ…」プルプル

社長「話は以上だ、よくよく考えてみたまえ」



322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 19:56:27.08 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「……」ボーー

真美「兄ちゃん元気ないね…」

やよい「社長とお話してからずっとだよ…」

亜美「兄ちゃん…」

やよい「ヤンキーさん!」

ヤンキーP「ボケー」

やよい「ヤンキーさん元気出して下さい!はい、タァーッチ」プルプル

真美「やよいっちビビりすぎっしょ」

亜美「前に思いっきりやられたかんね」

やよい「…?」オズオズ

ヤンキーP「……」ボーー

やよい「ヤンキーさん…」



325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:01:11.90 ID:NpAtmMJSO

亜美「兄ちゃんお昼だよ!一緒に食べよ!」

ヤンキーP「……」

亜美「一緒にごはん食べるの久しぶりだね!」

ヤンキーP「……」モグモグ

亜美「…みんな仕事言っちゃったね、ふたりきりって初めてじゃない?」

ヤンキーP「……ボーー」

亜美「兄ちゃん…」グス



329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:09:38.37 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「……亜美よぉ」

亜美「兄ちゃん!なあに?」

ヤンキーP「もしよぉ…もし俺がここ辞めちまったら
おまえどう思う?せいせいするか?」

亜美「!?」

亜美「兄ちゃん…何言ってるの?何言ってんだよ!」

亜美「辞めるなんて許さない!」

亜美「亜美だけじゃない!真美だってやよいっちだって…みんなだって!」

亜美「絶対絶対そんなの許さないかんね!!」ポロポロ

ヤンキーP「……ほぉか」



335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:18:20.66 ID:NpAtmMJSO

――――翌日

真美「兄ちゃん遅いね」

亜美「うん…」

ガチャ

亜美「兄ちゃん遅い……誰?」

P「おはよう!」

小鳥(あらやだイケメン!)

貴音「…あ、あなた様」ワナワナ

春香「貴音さん何言って…え?」

亜美「……」パクパク

真美「ウソでしょ…」

亜美「兄ちゃん…なの?」



340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:25:01.34 ID:NpAtmMJSO

P「なんだよ亜美、俺の顔忘れるなんてひどいなぁ」ハハハ

亜美「こんなの…こんなの兄ちゃんじゃない!」タタタッ

P「……」ギリッ

P「はは、どうしたんだ亜美のやつ」

社長「おお!ヤンキー君、いや君!どうやら決心がついた様だね!私は嬉しい!」

P「はい!ありがとうございます!」

社長「うんうん、これからも我が社の為に頑張ってくれたまえよ!わっはっはっ」

P「ははは…」



348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:49:45.44 ID:NpAtmMJSO

伊織「さ、最初からそういう格好してれば私だって別に…」ゴニョゴニョ

P「ははは、伊織が認めてくれたんなら嬉しいよ」

律子「んー?伊織ー、イケメンと見て手のひら返しかぁ?」ニヤニヤ

伊織「ちょっ!あんたねぇ!なにバカな事言ってるのよ!そんな訳…」

律子「おお、怖い怖い」ニヤニヤ

伊織「ムキィーー!!」

響「…どう思う?美希?」

美希「んー、美希的にはぁ、つまんない感じになっちゃったって思うな」

響「同感だぞ…」



354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:57:08.28 ID:NpAtmMJSO

――――数日が過ぎて…

社長「いやいや、各方面で君の評判はなかなかいいよ、
その調子で頑張ってくれたまえ!」

P「ありがとうございます!」



P「亜美、今日は俺と電車で撮影の現場だ、準備出来てるか?」

亜美「……」

P「今日もだんまり、か…まあいいさ、行くぞ」



355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:01:16.69 ID:NpAtmMJSO

ゴトンゴトン

P「……」

亜美「……」

P「…次の駅だな」

亜美「…亜美は」

P「ん?」

亜美「亜美は知らない人とは口聞かない」

P「……」

亜美「あんたは亜美の知ってる兄ちゃんじゃないから口聞かない」

P「…そうか」

ガタンガタン



358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:05:11.36 ID:NpAtmMJSO



P「さあ、撮影が始まるぞ、頑張ってこい」

亜美「……」テクテク

P「……」

――――撮影終了

P「よかったぞ、頑張ったな、亜美!」

亜美「……」

P「…帰るか」



361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:17:25.58 ID:NpAtmMJSO

P「……」テクテク

亜美「……」テクテク

P「駅着いたぞ、ほら切符」スッ

亜美「……」パシ

P「……」

プアーーーン

P「お、ちょうど電車きたぞ、ラッキーだな!」

亜美「……」スタスタ

P「む、結構混んでるな、座るのは無理か」

亜美「……」



363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:23:09.42 ID:NpAtmMJSO

DQN1「おいおい混んでんじゃん、ダリーのによぉ」

DQN2「お?席空いてんじゃん、座ろーぜ」

DQN3「おいおい優先席だぞそこ」

DQN2「は?関係ないっしょ、俺ら疲れてるんだしー」

DQN1「ぎゃはは、悪りぃー」

P「……」

亜美「……」



364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:28:11.20 ID:NpAtmMJSO

老人「……」プルプル

老人「…」ヨタヨタ

DQN1「あ?なんだじいさんわざわざ俺らの前にきて?席譲れってか」

DQN2「ごめんねーおじーちゃん、俺ら疲れちゃってんのー」

老人「…いえ」プルプル

P「……」

亜美「……」ギュッ



368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:37:12.52 ID:NpAtmMJSO

DQN3「そんでよー、そんときそいつ何て言ったと思う?」

DQN1「ぎゃははバカじゃねーの!」

妊婦「…」キョロキョロ

妊婦「…はぁ」

老人「……」

老人「あのぉ…」

DQN2「は?まだなんか用?」

老人「いやわしはいいんですが、
このご婦人に席を譲ってやって貰えませんかのぉ」プルプル

DQN1「あのなぁ、さっきも言ったべ?僕達つ・か・れ・て・ん・の」

DQN2「忘れちゃった?おじーちゃん」

DQN3「しょーがねーよ、年寄りだもん」

DQN1「言えた!ぎゃはは!」



371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:44:42.49 ID:NpAtmMJSO

亜美「兄ちゃん…ほっとくの?」

P「…いいから関わるな」

亜美「でもっ!」

P「いいから」

老人「ですがここは身体の不自由な人の為の席で…」

DQN1「あ?まだ言っちゃう?」

妊婦「あの…私なら結構ですから…」

DQN2「あーあ、何だか暴れたくなってきちゃったなぁ」

DQN1「俺ら怒らすと怖いよぉ」



374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:53:23.35 ID:NpAtmMJSO

亜美「兄ちゃん!」

P「……」

亜美「…もういい!やっぱりあんたは兄ちゃんじゃない!」ダッ

P「待て亜美っ!バカ!」

亜美「ちょっとあんた達なにしてんの!?」

DQN1「あ!?」

DQN3「なんだこの女」

亜美「ここ優先席でしょ!あんた達が座ってていい場所じゃない!」

DQN1「はい~?」

DQN2「おいおいこいつ結構かわいくね?」

DQN1「おっ、確かに!ぎゃは、公開レイプいっちゃいますかぁ!?」

DQN3「ぎゃはは、そりゃさすがにまじーだろ、でも拐っちゃう?」

P「……」ブルブル



378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:02:43.46 ID:NpAtmMJSO

P「そーだよなぁ亜美よぉ…こんなん俺じゃねぇよなぁ…」

P「確かグリースがこん中に…お、あったあった」

グリュッ ぎゅっ ぎゅっ しゅっしゅっ

ヤンキーP「おっし!!カマすか!!」ダッ

DQN1「おらおら~」グイ

亜美「痛いっ!放せ!」ジタバタ

ガコォ!

DQN1「がっ!」ドカッ

DQN2「んだぁ!?」

亜美「に、兄ちゃん!」

ヤンキーP「俺ぁヤンキーPってモンだけどよぉ、
この俺様の前でチョーシくれてんやつはぶっちめちゃうんで夜露死苦ぅ!」



383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:12:11.01 ID:NpAtmMJSO

DQN3「なにがよろしくだ、今時リーゼントとかだせぇんだよ!」

ヤンキーP「おお、俺んとこのエンジェルちゃんを
いじめてくれただけで死刑なのに、この俺の“魂”まで
馬鹿にしてくれちゃうの?死刑の上かぁ!?」

亜美「兄ちゃん…兄ちゃんだ!」ウルウル

DQN2「うるせっ」ブン

ヤンキーP「おらっ」グォ

ドカッ バキッ ズガン ドゴォ



388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:21:05.41 ID:NpAtmMJSO

亜美「…兄ちゃん強ーい!」ビックリ

DQN1・2・3「」ピクピク

ヤンキーP「ま、電車ん中でイキがってるヤツなんてこんなもんよ」パンパン

亜美「でもまこちんが兄ちゃんはてんで弱いって言ってたYO」

ヤンキーP「…それはあいつが強すぎるの!俺は普通に強いんだよ!」

亜美「ふぅん…んっふっふ~、兄ちゃん、さっきのもう一回言って」

ヤンキーP「あ!?」

亜美「俺のエンジェルちゃんってやつ!」

P「いや、僕はそんな事は言っていない」スタスタ

亜美「BOO!BOO!」



393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:28:00.63 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「おー、久々に暴れてスカッとしたわぁ」ノビー

亜美「ふふ」

ヤンキーP「やっぱトサカあげてんと気分もいーわ!晴れ晴れっつーの?」

亜美「兄ちゃんかっこいいYO!」

ヤンキーP「でもよぉ…こうなっちまったらもう…会社にはいられねーわなぁ…」

亜美「え!?」



398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:39:16.40 ID:NpAtmMJSO

――――その頃事務所では

小鳥「はい…はい…左様でございますか…
かしこまりました、高木に取り次ぎますので少々お待ち下さい」

小鳥「社長、大口スポンサーさんからお電話で…」

社長「大口さんから?なんだろうか…」

小鳥「なんでも以前ヤンキーさんのクレームを受けた件についてだそうで…」

社長「むう、まだ尾を引いていたか…わかった、繋いでくれたまえ」



401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:47:25.47 ID:NpAtmMJSO

亜美「ねえ兄ちゃん!辞めないでよ!もう無視したりしないから!」

ヤンキーP「つってもなぁ、今さらまたまじめボーに戻れっつーのも…着いたぞ」

ヤンキーP「戻ったよーん」ガチャ

社長「おお!待っとったよ!ん?その頭…まあいい、こっちに来てくれたまえ!」

ヤンキーP「あん?」



409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:56:21.80 ID:NpAtmMJSO

社長「実はウチが大変お世話になっている大口スポンサーの方から
連絡があってな、ほら、以前君に春香君の衣装を届けてもらった事があったろう?」

ヤンキーP「ああ、あったっすね」

社長「あの時は大クレームになって大変だったんだが、
噂を聞きつけた大口さんが君の事を大変面白がってね」

ヤンキーP「はあ」

社長「ヤンキープロデューサーいいじゃないか!
名物プロデューサーとして大々的に売りだそうと、こう言ってきた訳だ!」



413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:04:22.06 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「…てえと?」

社長「…うおっほん!つまりだ以前のヤンキー君に戻っても構わない、
いや、是非戻って欲しいという事だよ!」

ヤンキーP「んーと、要するに前のまんまでプロデューサーやってもいいって事?」

ガチャ

亜美「やった→!!これからも一緒にいられるんだ→!!」

ヤンキーP「あっこらチビ!」

真美「兄ちゃんおかえりー!」

やよい「うっうー!ヤンキーさんが帰ってきましたー!」



422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:13:14.06 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「まったくジャリはしょうがねーっすね、社長…」ジワッ

社長「うんうん」ホロリ

春香「わたし達もいますよ!」

ヤンキーP「リボン!」

千早「おめでとうございます」

ヤンキーP「棒!」

律子「認めるしかないですね」

ヤンキーP「なんかメガネの人!」



424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:17:37.49 ID:NpAtmMJSO

真「またケンカしたんですって?弱いのに」

ヤンキーP「う…だんじょ」ボソ

伊織「なんか納得いかないけどまあもういいわ」

ヤンキーP「でこすけ!」

あずさ「よかったですね~ヤンキーさん」

ヤンキーP「押忍!あずさ先輩!」



427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:23:23.70 ID:NpAtmMJSO

美希「あふぅ、また面白い事になりそうなの」

ヤンキーP「ズベ公!」

響「やっぱりヤンキーはその方がいいぞ!」

ヤンキーP「ゴーヤチャンプルー!」

貴音「あなた様、また一緒にらあめんを…」

ヤンキーP「おばあちゃん!」

雪歩「ヤンキーさん!」

ヤンキーP「脱ぷるぷる!」



429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:26:53.84 ID:NpAtmMJSO

ヤンキーP「まったく…まったくしょうがねぇやつらだ…」プルプル

ヤンキーP「押忍!これからバリバリ気合い入れて
プロデュースしてくんで夜露死苦ぅ!」

一同「夜露死苦ぅ!」



おわり


元スレ
ヤンキーP「夜露死苦ぅ!」