関連



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 13:29:22.09 ID:EVdFjbun0

ちひろ「はい」

P「正気ですか」

ちひろ「はい」

P「まだやりますか」

ちひろ「はい」

P「……」

ちひろ「大丈夫です。私とプロデューサーさんは一蓮托生です」

P「本当ですか?」

ちひろ「たぶん」

P「たぶん?」

ちひろ「おそらくは」

P「……」

ちひろ「あっ、ほら。アイドルが来ましたよ!」


>>4
見せるアイドル
済:渋谷凛 佐久間まゆ 前川みく 川島瑞樹 緒方智絵里 城ヶ崎莉嘉 高垣楓 城ヶ崎美嘉



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 13:38:09.09 ID:EVdFjbun0

………マラマラマラマラマラマラ

P「……」

ちひろ「……」

マラマラマラマラマラマラ……

P「……」

ちひろ「……」

P「……なんでしょう、今の」

ちひろ「ちょっとわかりかねますね」

P「ちんちんみせるとか言ってるから幻覚が見えたんじゃないんですか?」

ちひろ「まぁ大変! ドリンク飲みます?」

P「それが原因な気もします」

ちひろ「そんな、ひどいっ……」

P「いや、まぁ誰も犠牲にならないのが一番な気がするんですけど……」

ちひろ「あっ、今度こそだれかきました!」

>>10
見せるアイドル



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 13:42:13.43 ID:9GwCEyqK0

アナベベ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 13:47:16.13 ID:EVdFjbun0

安部菜々(永遠の17歳)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714833-1344746575.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714834-1344746575.jpg


ガチャッ!

菜々「おはようございますっ!」

P「菜々か。おはよう」

菜々「プロデューサー、お元気ですかぁー?」

P「うん、元気だよ」

菜々「うんうん、元気が一番ですねっ♪」

P「そうだなぁ、うん……」

菜々「ありゃりゃ? どうしました?」

P「……ちょっと、うん」

菜々「お悩みですか……? ナナ、お力になれませんか?」

P「……うん、いや……大丈夫……」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 13:51:26.87 ID:EVdFjbun0

P(菜々か……実は結構不明なところが多いよなぁ……)

菜々「うーん……」

P「……どうした?」

菜々「決めました! ウサミンパワーで、元気が出るおまじない! してあげますねっ♪」

P「へっ?」

菜々「ピピピッ……うー、メルヘンチェーンジ! ピピピピピー!」

P「……」

菜々「さぁ、プロデューサーもいっしょにーっ! ブイッ♪」

P「ブ、ブイ」

菜々「もっと元気にっ♪」

P「ブイ!」

菜々「うんうん、オッケーですっ!」

P「あ、あはは……」

菜々「元気、でました?」

P「あぁ、ありがとう……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 13:55:19.93 ID:EVdFjbun0

菜々「えっと、プロデューサー?」

P「ん……?」

菜々「ナナとのおしゃべり、疲れますか? なんだか本当に辛そうな気が……」

P「あ、あぁ。大丈夫だよ」

菜々「そうなんですか……でも……」

P「……」

菜々「……ご主人様?」

P「……」ボロン

菜々「……っ!?」

P「……」

菜々「プ、プロデューサー……?」

P「……」ブラブラ

菜々「ど、どうして……こんな……」

P「……」ブラブラ

菜々「……ここなら、きっとって……思ったのに……」ボソッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:01:11.35 ID:EVdFjbun0

P「……」

菜々「……しないと、ダメ、ですよね……?」

P「……?」

菜々「ごめんなさい、慣れてないけど……でも……ここには、いたいんです……だから……」スッ

P「ちょ、ちょっとタイム」

菜々「え、えっ?」

P「ごめん、なんか本当にごめん!」

菜々「……プロデューサー? えっと……そういうことをしろって、ことじゃないんですか……?」

P「違うんだ。いや、本当に違うんだ。なんかすまない。トラウマ踏んだんじゃないか?」

菜々「……アイドルって、そういうこともしなきゃダメだって、いうんじゃないんですか?」

P「そんなこと死んだってさせるもんか!」

菜々「……プロデューサー……」

P「菜々……あのな、これは……」

菜々「じゃあ、下をはいてください……」

P「あっ」ブラブラ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:05:19.16 ID:EVdFjbun0

菜々「……ドッキリ?」

P「うん」

菜々「下を脱いで……その、露出するのが、ですか?」

P「……うん」

菜々「……アイドルに?」

P「…………うん」

菜々「正気ですか?」

P「ごめんなさい」

菜々「もう……本当にビックリしたんですから……」

P「あの、菜々……」

菜々「悪い子は、めっ。ですよ?」コツン

P「……」

菜々「もー。えっちなことはダメですよっ♪」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:10:42.82 ID:EVdFjbun0

P「あのさ、菜々……」

菜々「おっとストップ! ナナの過去はトップシークレットなのですっ♪」

P「いや。詮索はしないけど……こんなことした後で言っても説得力無いけど!」

菜々「……?」

P「俺たちはアイドルに危害を加えるような真似は絶対にしない! だから、信じてくれ!」

菜々「……プロデューサー」

P「いや、虫がいいこといってるけど……その……」

菜々「えへへっ、大丈夫です。きっとご主人様が想像してるようなことはありませんでしたからっ♪」

P「えっ?」

菜々「でも、ナナがもう一回がんばろーって思えたのは……ご主人様の、プロデューサーの、あなたのおかげなんです」

P「菜々……」

菜々「今は、もう大丈夫ですから。もうちょっと考えてくれると嬉しいです……びっくり、しちゃいますから」

P「うん……ごめんな……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:15:58.88 ID:EVdFjbun0

菜々「……プロデューサー」

P「……?」

菜々「信じてます。ナナは……私は……きっと、一緒にがんばっていけるって」

菜々「ホントのナナは……ただの普通の子ですけど。それでも、トップアイドルになれるまで……お願いします! ご主人様っ♪」

P「あぁ、もちろん全力を尽くす!」

菜々「うん、約束やぶっちゃダメですよ? それじゃあお仕事、いってきますっ♪」

ガチャッ バタンッ

P「……菜々、昔なにかあったとは思ったが……」

P「……」

P「……うん。全力でサポートしてやらないとな。過去に何があったかなんて関係ないさ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:19:58.07 ID:EVdFjbun0

P「……というわけでやめませんか」

ちひろ「えーっ」

P「だってそうでしょう。あの姿を見なかったんですか?」

ちひろ「みました」

P「どう思いました?」

ちひろ「きゅんきゅんきました」

P「あっ、ダメだこいつ」

ちひろ「さぁ、次ですよプロデューサーさん!」

P「嫌です」

ちひろ「……」カチッ

レコーダー『アイドルにどっきり……ちんちんをみせるとかどうですか……ちひろさん……』

P「!?」

ちひろ「……次です」ニコッ

P「……」

>>35
次のアイドル



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:21:05.22 ID:JPGLncjy0

雪美chang



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:27:43.74 ID:EVdFjbun0

佐城雪美(10)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714866-1344748958.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714867-1344748958.jpg


P「……」

P「……」

P「……雪美、そこにいるのか?」

ピクッ

P「……」

ギィ…

雪美「……気付いた……? ……嬉しい……待ってた……」

P「どれぐらい前から?」

雪美「……来たの……今……すぐに……嬉しい……」

P「そうか……」

P(……雪美に見せたら完全にアウトじゃないか? 犯罪だよな?)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:35:11.64 ID:EVdFjbun0

P「……雪美……」

雪美「……あなた……私……繋がってる……信じてる……」

P「お、おう……」

雪美「……だから……わかる……」

P「え、えっ?」

雪美「あなた……なにか……隠してる……? ないしょ……嫌……」

P「あ、あぁ……うん……」

雪美「大丈夫……私……あなたのことなら……なんだって……」

P「……」

雪美「……きっと、力……なれるから……」

P「……雪美」

雪美「……なに……?」

P「せいっ」ボロン

雪美「……」

雪美「……!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:39:20.12 ID:EVdFjbun0

雪美「……! ……!? ………!?!?」

P「……」ブラブラ

雪美「……これ……あなたの……」

P「……」

雪美「……私、まだ……子供……でも……」

P「……?」

雪美「……大丈夫……きっと……コウノトリも……」

P「えっ」

雪美「……? 赤ちゃん……作らないの……?」

P「えっ」

雪美「……がんばる……」スッ

P「Yes、ロリータ No、ターッチ!」バッ

雪美「……?」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:44:50.36 ID:EVdFjbun0

雪美「……なんで……よける……?」

P「落ちつけ雪美。まずは確認しよう」

雪美「……?」

P「赤ちゃんはどこからくるの?」

雪美「……コウノトリが……運んでくる……」

P「うん……それで、どうして運んで来てくれるの?」

雪美「……セッ」

P「いわせねーよ!」

雪美「……なんで……? 聞いたのは……あなた……」

P「いや、うん。ごめん。俺が悪かった。全面的に俺が悪い」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:50:30.48 ID:EVdFjbun0

P「……ちなみに、それはどこで知ったんだ?」

雪美「……比奈……持ってた本……しきゅーこーに……ちゅー?」

P「あんにゃろう!」

雪美「妊娠……する……?」

P「しない!」

雪美「……ショック……」

P「雪美、そういうのはまだ早いんだ。な?」

雪美「……まだ……そう……」

P「うん、だから諦めよう。ちんちんみせたのは俺が悪い。でもそういうことをしちゃダメだ。ね?」

雪美「……大丈夫……待ってる……」

P「ん?」

雪美「……まだ……まだなら……いつかは……」

P「えっ」

雪美「……あなたの子……私……がんばる……」

P「えっ」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 14:55:34.01 ID:EVdFjbun0

P「雪美、あのな? いまちんちんみせたのはドッキリなんだ」

雪美「……ドッキリ……?」

P「うん、ごめんな? びっくりしたよな? だからちょっと変になったんだよな?」

雪美「……そう……でも……大丈夫……」

P「えっ」

雪美「……責任……とってくれるよね……?」

P「!?」

雪美「……見せた……した………なら……責任……ある……」

P「し、してないよ! ノータッチ! ノータッチ!」

雪美「……?」

P「きょとんとしないで! かわいいけど!」

雪美「……あなたに……褒められる……嬉しい…………」

P「あぁ、うん! そうか!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:09:39.07 ID:EVdFjbun0

雪美「……」

P「あのな、雪美……」

雪美「……大丈夫……待ってるから……」

P「いや、あの……」

雪美「……あなた……そば、いないと……心配……でも……そばなら……心………通じるから………」

P「うん……」

雪美「……まだダメ……わかってる……」

P「うん……」

雪美「だから……待ってる……」

P「……」

雪美「お仕事……一緒に……いきたい…………でも……大丈夫……」

P「えっ?」

雪美「……大人に……なるから………我慢……」

P「え、えっ?」

雪美「…………いってきます…………」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:11:54.84 ID:EVdFjbun0

P「……なんか……すっごく不吉なことを言われた気がする……」

ちひろ「うーん、愛ですね」

P「いやいや、あの?」

ちひろ「さぁ、プロデューサーさん! 小学生にまで見せてもはや怖いもの無しのプロデューサーさん!」

P「いやいやいやいや!?」

ちひろ「次の子、がんがんいきますよ!」

P「ギブアッ」

ちひろ「……」スッ

P「……」

ちひろ「次の子いきますよ!」


>>62
次のアイドル



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:13:30.57 ID:Ha3W5Es70

三船さん



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:21:05.65 ID:EVdFjbun0

三船美優(26)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714911-1344752201.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714912-1344752201.jpg



ガチャッ……

美優「……おはようございます」

P「あぁ、美優さん。おはようございます」

美優「……あら? 誰も……いないんですか?」

P「そうですね。ちょっといろいろとありまして」

美優「そうなんですか……」

P「……」

美優「……あっ、お茶でもいれましょうか?」

P「いいんですか?」

美優「えぇ、少し時間がありますし……」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:25:25.84 ID:EVdFjbun0

美優「……はい、どうぞ」コトッ

P「ありがとうございます」

美優「……」

P「……」ズズッ

P「……うん、美味しいです」

美優「よかった……」

P「……ふぅ」

美優「……プロデューサーさん」

P「あ、なんでしょう?」

美優「いえ……少し遠い目をしてた気がしたので。なにかお悩み事ですか?」

P「あぁ……えっと……」

美優「プロデューサーさんは……私の悩みを真剣に聞いてくれました。だから、私にできることなら……なんでも……」

P「そんなに大したことじゃないんです、大丈夫ですよ」

美優「……そう、ですか」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:34:49.96 ID:EVdFjbun0

P(美優さん……か……)

美優「……?」

P(美人だよなぁ……だが……)ジッ

美優「……」キョロキョロ

P(このひとに見せたら……ちょっとしゃれにならない気がするんだよな……川島さんと違って……)

美優「え、えっと……その……プロデューサーさん?」

P「あ、はい?」

美優「な、なにか……変ですか?」

P「えっ?」

美優「その、ずっと……見つめていたので……なにか変な場所があるのかな、と」

P「いえいえ、違いますよ! 美優さんが美人だなぁって」

美優「えっ?」

P「あっ」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:39:31.24 ID:EVdFjbun0

美優「え、えっ……私が、そんな……」

P「ち、ちがっ……違いませんけど!」

美優「そんな……お世辞なら、やめてください……照れ、ちゃいます……」

P「……」

美優「プロデューサーさん……?」

P「ままよ」

美優「?」

P「……」ボロン

美優「……っ!」

P「……」

美優「え、えっ……? プロ、デューサーさん……?」

P「……」ブラブラ

美優「ダ、ダメ……です。こんなところじゃ……誰か来ちゃいますよ……」

P「……?」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:41:57.21 ID:EVdFjbun0

美優「そ、その……美人って、言ってくれたのは嬉しいです……でも……」

P「……」

美優「ここだと、その……できればムードが、いい場所で……一緒に……」

P「……!?」

美優「……大丈夫です……私、慣れてませんけど、一緒なら……」

P「ご、ごめんなさい!」

美優「えっ?」

P「違うんです! そういうのじゃないんです! 本当にすいませんでした!」

美優「え、えっ?」

P「ドッキリなんですぅぅぅ!」

美優「ええぇーっ!?」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:47:02.32 ID:EVdFjbun0

美優「……」

P「いや、うん……すいませんでした……」

美優「アイドルに……その、見せるなんて……」

P「はい……」

美優「か、勘違い……しちゃいますよ……?」

P「……はい」

美優「それに……その……」

P「……?」

美優「……プ、プロデューサーさんのって、えっと……お、おっきぃ、と……思いますし……」

P「!?」

美優「ご、ごめんなさい……だから、ちっちゃい子が、勘違いしてしまうというか……」

P「え、えっ?」

美優「だ、だから……えっと」

美優「……めっ、です」コツン

P(……Oh,Yeah)



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:49:59.48 ID:EVdFjbun0

美優「あっ、あと……さっきのなんですけれど……」

P「さっきの……?」

美優「美人って……ほめてくれたのは、ドッキリ、ですか?」

P「い、いえ。あれは本音です」

美優「そうですか……ふふっ、よかった……」

P「……?」

美優「プロデューサーさん、私は……その、大丈夫ですから」チャリッ

P「えっ? これって……」

美優「私の家の……鍵、です」

P「えっ」

美優「……もし、本当にこらえられなくなったら……私、待ってますから……」

P「いや、あのっ」

美優「お仕事、いってきます」

ガチャッ……バタン

P「……どうしよう、これ」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:52:24.96 ID:EVdFjbun0

ちひろ「いいですねぇ、プロデューサーさん。モテモテですね」

P「……」

ちひろ「おや?」

P「まゆのこと、思い出しまして」

ちひろ「あぁ、お呼ばれ3件目……ですか?」

P「えぇ」

ちひろ「モテモテですねぇ」

P「胃が痛いんですけれど」

ちひろ「はい、特性ドリンクです」

P「あ、どうも……」

ちひろ「……」

P「……無料です?」

ちひろ「えぇ、いいもの見せていただいてますから♪」


>>116
次のアイドル



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:53:39.13 ID:XbVuxn8U0

きらり



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 15:59:12.28 ID:EVdFjbun0

諸星きらり(17) 身長:MAX185cm
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714941-1344754482.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714942-1344754482.jpg


ガチャーン!

きらり「オッスオッス! きらりだよー☆」

P「きらり……ドアはもう少し丁寧にしめてくれないか?」

きらり「にょわっ……しっぱいしっぱい☆ ごめんにぃ……」

P「いや、うん。次から気をつけよう」

きらり「きらり、はんせー……」

P「うん」

きらり「……よっし! はんせー終了☆」

P「はやいな」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:03:10.67 ID:EVdFjbun0

きらり「あのねあのね、Pちゃん!」

P「ん、どうした?」

きらり「きらりねー、この前杏ちゃんとおでかけしたんだー!」

P「ほう、オフにか……」

きらり「その時にカワイイ服買ってー、杏ちゃんがハピハピー☆って!」

P「なん……だと……?」

きらり「してくれると思ったんだけど……」

P「あぁ、うん」

きらり「しっぱいしちゃったにぃ……うーん、どこがダメだったのかなぁ?」

P「そうだなぁ、無理やり引っ張りだしたところとかじゃないかなぁ」

きらり「うきゃっ? Pちゃんなんでそんなふうに思うの?」

P「杏が自分から出かけたいっていう姿を想像できない」

きらり「むむっ、杏ちゃんはけっこーおでかけするよ?」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:08:26.21 ID:EVdFjbun0

P「なんだと?」

きらり「きらりといっしょとー、唯ちゃんといっしょとー、仁奈ちゃんといっしょとー」

P「ほう……」

きらり「あっ、でもこの前いっしょにおでかけしよーっていったらヤダーっていってねー。つんでれさーんって思ってー」

P「それはたぶん本気だったんじゃないかなぁ」

きらり「んーん、ちがうよ?」

P「なんでそういえる?」

きらり「本当に嫌だと杏ちゃん、うさちゃん抱いてないけどー。いっしょにお出かけするときは連れてくるんだにぃ☆」

P「ほう……ん?」

きらり「うきゃ? Pちゃんどしたー?」

P「アイドル活動の時、ずっと抱いてるよな……あのぬいぐるみ……」

きらり「そゆこと☆」

P「……ふぅん。あいつなりにやる気は出してくれてるのかな」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:13:14.18 ID:EVdFjbun0

P「……なぁ、きらり」

きらり「Pちゃん? どしたー?」

P「……」ボロン

きらり「うきゃっ!? にょ、にょわわわわわわ!?」

P「……」ブラブラ

きらり「P、Pちゃん、えっと……」

P「……」

きらり「……えーっとね、Pちゃん……きらりと……その……」

P「……?」

きらり「……」チラッ

P「……」

きらり「……世界征服のために、赤ちゃん、つくぅ?」

P「!?」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:18:11.17 ID:EVdFjbun0

きらり「えっとね、きらり……初めてだからわかんないけど、Pちゃんなら……いいよ?」

P「え、えっ」

きらり「あ、あのね……でも、きらり……」

P(な、なんだこれは……しおらしいきらりだと……!?)

きらり「ぎゅってして……優しくして、欲しいにぃ……」

P(正直持っていかれるところまで覚悟しておろしたのに、これは……)

きらり「……Pちゃん」

P「ごめんなさいっ!」

きらり「うきゃっ!?」

P「本当に申し訳ありませんでしたっ!」

きらり「P、Pちゃんどしたー!?」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:22:30.02 ID:EVdFjbun0

きらり「どっきり?」

P「うん」

きらり「……にょわー」

P「ごめんな、きらり。驚かせて……正直、もっとがっつりくるもんだと思ってた……」

きらり「きらり、びっくりしちゃったにぃ……」

P「だよなぁ……ごめん」

きらり「んー、やだって言ったらどうすぅ?」

P「許してもらえるならなんだって……」

きらり「じゃあ……」

P「……?」

きらり「にょわっ!」ガシッ

P「!?」



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:25:53.20 ID:EVdFjbun0

P「ちょ、きらり……?」

きらり「にょわわわわ……」

P「ひっ……」

きらり「……」

P「……っ!」

きらり「……ちゅっ」

P「!?」

きらり「……うぇへへへ! Pちゃんのほっぺ、ましゅまろ味なんだね?」

P「き、きらり……」

きらり「今日はここまでっ! Pちゃん!」

P「えっ、はい」

きらり「きらりとPちゃんの世界征服、がんばるにぃ☆ ……待ってる、からっ!」

P「えっ、ちょっ」

きらり「おしごといてきまー☆」

ガチャーン! バターン!



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:28:44.81 ID:EVdFjbun0

P「……」

ちひろ「……惜しかったですね」

P「なにが!?」

ちひろ「いや、もう少しで合法的にアイドルと結ばれたのに」

P「非合法ですよ、非合法!」

ちひろ「本人が幸せなら大丈夫です」

P「いやいや、いや!?」

ちひろ「さぁ次は……」

P「まだやるんですか!?」

ちひろ「えぇ、まだやります」

P「今の見なかったんですか!?」

ちひろ「えぇ、まだやります」

P「……」

ちひろ「そーれ、次のアイドルは……」

>>166
次のアイドル



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:30:18.76 ID:I0Kh7hx+0

らんこ



193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:42:29.33 ID:EVdFjbun0

神崎蘭子(14)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714982-1344756888.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0714983-1344756888.jpg


ガチャッ

蘭子「……煩わしい太陽ね」

P「おぉ、蘭子。おはよう」

蘭子「我が下僕よ。今日の風もまた世を灼熱の業火に包むわね……」

P「そうだなぁ、最近暑いよなぁ……」

蘭子「……」

P「ん、どうした?」

蘭子「漆黒の闇の中、輝く一条の光……その光になれる日は近いと思う?」

P「蘭子もCDデビューだもんな。大丈夫だ、不安にならなくたってもいい。俺が保証する」

蘭子「そう……ふふん、すべての愚民どもがひれ伏し、鼓動を捧げる日も近いということね」

P「そうだな、トップアイドル間違いなしさ!」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:50:13.17 ID:EVdFjbun0

蘭子「……プ、プロ……」

P「ん?」

蘭子「プロヴァンスの風は、今日もまた強く吹いている……」

P「そうか? 結構風が無いから暑いんじゃないか?」

蘭子「……」

P「蘭子?」

蘭子(う、うぅ……またいえなかったよぉ……プロデューサー、って……呼びたいのに……)チラッ

P「どうした? 体調でも悪いのか?」

蘭子「ふ、ふん。我がヨリシロが病ごときに侵されるはずも無し!」

P「そうか。ならいいんだけど……」

蘭子(病気なんかじゃなくて……だって……)



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 16:56:28.91 ID:EVdFjbun0

P「……蘭子ともだいぶ会話のキャッチボールができるようになったよなぁ」

蘭子「……?」

P「最初のころなんかなにいってるかわからなくてさ。本当に苦労したよ」

蘭子「……我が言霊は人の身で解すにはあまりにも重く、深すぎただけ。罪はないわ」

P「んー、だけどなぁ……」

蘭子(そう、私が素直にお話しできないから……プロデューサーには、迷惑をかけちゃって……)

P「でもな、最近は蘭子の言葉の裏にある意味がだいぶ分かるようになってきたんだ」

蘭子「えっ……」

P「今のだって、素直になれなくてー、みたいな意味だろ? 素の蘭子もかわいいよな」

蘭子「……ふ、ふんっ、わ、私の背負いし咎は、その程度……」

P「照れなくてもいいって」

蘭子「……」キッ



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:04:23.80 ID:EVdFjbun0

P「ご、ごめん。からかいすぎたか?」

蘭子「……我が言霊を解せる者はあまりにも少ない。誇ってもいい……」

P「そっか。うん、ありがとう」

蘭子(……そう。私のことをわかってくれる人は、少ない。でもプロデューサーは……わかってくれる……)

P「まぁ、たまには素のしゃべりかたを聞いてみたいって思うこともあるんだけどな?」

蘭子「ふっ、我が言霊に真も偽も無し。偽りなど無いわ」

P「そっか。無理はするなよ」

蘭子「……ふ、ふん。思慮の片隅にはおいておこう」

P「……」

蘭子(プロデューサー、今日はなんだか心配してくれてるみたい……優しいなぁ、やっぱり勇気出して……絵のモデルに……)

P(蘭子……やっと心を開いてくれたのに、大丈夫なのか? 俺、やるのか?)

蘭子(でも、ちょっと悩み事があるみたいだし……そ、そう。下僕の悩みを聞くのも主人の勤めだし、それならいえる、大丈夫)



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:13:20.05 ID:EVdFjbun0

蘭子「わ、我が下僕よ!」

P「……」

蘭子「……? げ、下僕よ。主人の問いを無視するとは……」

P「……」ボロン

蘭子「……えっ?」

蘭子「え、きゃっ、な、おち、えっ……いやあぁぁぁぁっ!」

P「……」

蘭子「わ、わがげぼくっ、えっ、やだぁっ!」

P「……」ブラブラ

蘭子「うっ……ふぇっ……うえぇぇぇぇぇ」

P「!?」

蘭子「うえぇぇぇぇん! プロ、プロデュ、プロデューサーの、ば、ばかぁっ!」

P(……)

P(ビューティフォー……)



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:18:17.81 ID:EVdFjbun0

P「……蘭子」

蘭子「や、やだぁ……こっち、来ないで……」

P「……へいっ! ドッキリでした!」

蘭子「……ふぇっ」

P「ドッキリでした!」

蘭子「ド、ドッキ……?」

P「ドッキリでした」

蘭子「……」グスッ

P「……ドッキリ、でした」

蘭子「……」

P「本当に申し訳ございませんでした」

蘭子「……ふぇぇ……」グスッ

P「なんとお詫びをしていいやら、本当に、本当に申し訳ございません」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:23:31.25 ID:EVdFjbun0

蘭子「……」

P「本当にごめん。やっと……蘭子と、仲良くなれたと思ったのに、こんなこと……」

蘭子「……プ、プロ……」

P「……なんだ? どうした?」

蘭子「……プロデュー、サー」

P「……あぁ、なにか……えっ?」

蘭子「……」

P「蘭子、今俺のこと……」

蘭子「……プロデューサーの、ばか」

P「……ごめん」

蘭子「私……プロデューサーのこと、信頼、してたのに……」

P「本当に、ごめん」



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:27:53.23 ID:EVdFjbun0

蘭子「びっくり、した……怖かった……」

P「そうだよな、そうだよな……これが普通だよな……」

蘭子「……普通、って?」

P「ごめん、なんでもないんだ。俺……」

蘭子「……プロデューサーは」

P「……なんだ?」

蘭子「……」

P「蘭子?」

蘭子「……」

P「あの……」

蘭子「もう、下僕と主としての関係は、終わりね」

P「えっ……そんな、待ってくれ蘭子! 辞める気なのか!?」



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:31:59.22 ID:EVdFjbun0

蘭子「……えぇ、あのような無礼を働いた下僕を見逃すほど私は甘くはない」

P「そ、それなら俺が辞める! 蘭子はこれから輝くんだ! だからやめないでくれ! 頼む!」

蘭子「だって……責任、とってもらわなきゃ……」

P「えっ」

蘭子「み、見ちゃったから……初めて……だから……」

P「えっ」

蘭子「わ、我々の関係は、下僕から……夫婦へと、変わり、共に……歩むことに、なる……」

P「えっ……」

蘭子「……嫌?」

P「いや、えっと……えっ?」

蘭子「……プロデューサーは、私のこと……わかって、くれる人だから……」

P「いや、でも……俺……」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:37:09.28 ID:EVdFjbun0

P「そ、そうだ。だいたい蘭子はまだ14歳じゃないか! な!」

蘭子「大丈夫……問題ない。法など些細なものよ。 真実の愛の前には無に等しい」

P「えっ」

蘭子「……す、好き、です。プロデューサー」

P「えっ」

蘭子「返事は……こほん」

蘭子「……我が問いへの、返答は……すぐでなくても良い」

蘭子「この世の時など、一瞬にすぎる。だから……」

蘭子「……あなたと結ばれることができなくても、いい。せめて時を……共に過ごしたい」

P(Oh……)

蘭子「……ふふっ、さぁ、今こそ旅立ちの時! 創世の時を超え、我が使命を果たそう!」

P「あ、お仕事か……いってらっしゃい……」

蘭子「……いってきます。プロデューサー!」

ガチャッ バタン



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:41:45.81 ID:EVdFjbun0

ちひろ「かわいかったですね。蘭子ちゃん」

P「おい」

ちひろ「いやぁ、プロデューサーさんはモテモテだなぁ」

P「おい」

ちひろ「なんです?」

P「そろそろ俺の命がヤバいと思うんですけど」

ちひろ「まぁ、大変ですね!」

P「はい、大変です」

ちひろ「じゃあ次はだれが来るか考えてみましょう!」

P「あっ、ダメだこいつ」

ちひろ「そう……例えば次は……」

>>264
次のアイドル



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:42:47.56 ID:2VNPayom0

しまむらむらむら



271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:47:49.66 ID:EVdFjbun0

島村卯月(17)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715030-1344761005.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715031-1344761005.jpg


ガチャッ

卯月「おはようございますっ!」

P「……あぁ、卯月か。おはよう」

卯月「あれ、プロデューサーさん。ひょっとしてお疲れですか?」

P「やっぱりわかるか……?」

卯月「えぇ、だってずーっとがんばってきましたから!」

P「そうだなぁ……やっとCDデビューだもんなぁ……」

卯月「はいっ!」

P「頑張ったよなぁ……」

卯月「頑張りました!」



274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:55:10.44 ID:EVdFjbun0

P「……」

卯月「プロデューサーさん?」

P「いや、卯月はがんばり屋さんだよな」

卯月「えへへ、頑張るのが好きなんです。努力が報われる時がきたら……とっても嬉しいなって」

P「うん……そうだな、報われる時が来たんだよな」

卯月「はい! 頑張ってきましたから! でも、まだですっ」

P「まだ?」

卯月「アイドルになる夢は叶いましたけど、もっともっと、トップを目指すために! いっしょに頑張りましょうねっ♪」

P「そうだなぁ、うん……頑張ろう」

卯月「はいっ!」



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 17:57:10.14 ID:EVdFjbun0

卯月「そうそう、プロデューサーさん」

P「ん? どうした?」

卯月「やっぱり私もプロなんだし、プロデューサーさんのことを呼び捨ての方がいいんでしょうか?」

P「……なんで?」

卯月「い、いえ。未央ちゃんが言ってたので……」

P「あー……」

卯月「……?」

P「スルーで」

卯月「わかりました。じゃあプロデューサーさんのことは今まで通りプロデューサーさん、って呼びます」

P「そうだな。まぁ呼び捨てにしたいなら呼び捨てでもいいんだけどな?」



277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 18:00:32.71 ID:EVdFjbun0

卯月「それから、えっと」

P「……」

卯月「プロデューサーさん? どうしたんですか?」

P「……」ボロン

卯月「えっ……きゃっ!?」

P「……」

卯月「な、なにしてるんですかプロデューサーさん! か、隠してください!」チラッチラッ

P「……」ブラブラ

卯月「え、えっ……す、すごい……じゃなくて! 下! はいてください! はやく!」チラッ

P(……ちょっと楽しい)

卯月「だ、だめですよ、こんなの……」チラッチラッ



280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 18:02:24.47 ID:EVdFjbun0

P「……ふぅ」

卯月「ちゃ、ちゃんとはきましたか?」

P「あぁ、はいたよ」

卯月「……」チラッ

卯月「……うん、はきましたね」

P「……」

卯月「それで、いったいなんでこんなことをしたんですか?」

P「……アイドルに」

卯月「アイドルに?」

P「ちんちんを……みせたくて……」

卯月「なるほど、ちんち……えっ」

P「ごめんなさい。ドッキリです」

卯月「ド、ドッキリ!?」



283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 18:05:30.90 ID:EVdFjbun0

卯月「こんなドッキリってあるんですか!?」

P「非公認です」

卯月「なっ……セクハラですよ、プロデューサーさん!」

P「はい、ごもっともです」

卯月「もうっ、ひどいです!」

P「その通りだと思います」

卯月「こんなの、乙女の純情をなんだと思ってるんですか! ヘタしたら捕まっちゃいますよ?」

P「そうですよね」

卯月「……プロデューサーさん?」

P「なんでしょうか」

卯月「ど、どうしたんですか? なんか変ですよ?」

P「ちょっと、疲れてまして」

卯月「疲れてるって……女の子に、その……見せるなんてことしてるからですよ!」



288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 18:09:04.59 ID:EVdFjbun0

P「うん……ごめん」

卯月「まぁ、今回は……その……特別に許してあげますけど」

P「あ、ありがとう」

卯月「他の人にやっちゃだめですよ。まゆちゃんとか、きっとこわーいことになりますから」

P(ごめんなさいもうやりました。怖いことになりました)

卯月「プロデューサーさん?」

P「あっ、はい」

卯月「……わかりましたか?」

P「前向きに善処する形に検討してみようかと」

卯月「もーっ、だめですよ! きっと今日のプロデューサーさんは疲れてるんです!」

P「そうだな……うん。ありがとう、卯月」

卯月「そろそろ、お仕事いってきます! またあとで、プロデューサー!」

P「おぉ、いってらっしゃい」

ガチャッ バタン

P「……あれ? いま呼び捨てになってた?」



334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:24:42.65 ID:EVdFjbun0

ちひろ「プロデューサーさん」

P「……」

ちひろ「お疲れみたいですね。はいどうぞ、ドリンクですよー」

P「あぁ、どうも」

ちひろ「楽しいですか?」

P「ちっとも」

ちひろ「そうですか。がんばってください!」

P「……はっはーん、会話する気ないな?」

ちひろ「ありますよ、失礼な!」

P「じゃあ、やめませんか?」

ちひろ「あっ、次のアイドルが来ましたよ」

P「……」


>>340
次のアイドル



340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:26:24.63 ID:FYe1Q0pm0

ミニ浴衣のあずきちゃん!



344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:32:23.96 ID:EVdFjbun0

桃井あずき(15)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715102-1344767278.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715103-1344767278.jpg


ガチャッ

あずき「おっはよっ! プロデューサーさん!」

P「お、あずき。おはよう」

あずき「あれっ、誰もいないなんてめずらしいねー?」

P「そうだな、まぁいろいろと……」

あずき「そっか。うーん……」

P「どうした?」

あずき「プロデューサーさんって、甘いもの好きだったっけ?」

P「あぁ、まぁ一応は」

あずき「ふふん、なるほどなるほど」



348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:35:14.15 ID:EVdFjbun0

あずき「じゃあ、好きなアイスは?」

P「……あずき」

あずき「えっ?」

P「いや、あずきバー」

あずき「あ、あぁなーんだ……ふーん。わかった! これで作戦が完成だよ!」

P「作戦?」

あずき「そう、名付けて甘いものでメロメロ大作戦!」

P「そうか、もうすでにばれたぞ」

あずき「あっ、あぁっ! しまったぁ!」

P「そのまんますぎる作戦名はどうなんだ……」

あずき「シンプルイズベスト、っていうから……うーん、失敗かぁ」



351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:37:52.27 ID:EVdFjbun0

あずき「でもね、プロデューサーさん?」

P「ん?」

あずき「甘いものは好き、だよね?」

P「あぁ、好きだよ」

あずき「好きなアイスは?」

P「あずきバーだけど」

あずき「……つ、続けて言ってみてっ」

P「……好きなアイスはあずきバーだけど」

あずき「う、うん。私も」

P「そうか。あずきもあずきバー派か」

あずき「うん、そうだよ。そうなの……えへへぇ」



355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:40:57.20 ID:EVdFjbun0

あずき「あのね、プロデューサーさん」

P「ん?」

あずき「今度のおやすみにいっしょにお出かけする作戦を立ててるんだけど……」

P「初耳なんだが」

あずき「うん、今作ろうって思って。作戦名は何がいいかな?」

P「プラン×で」

あずき「ぷらん……ばつ? えっくすじゃなくて?」

P「うん、却下」

あずき「えぇー、そんなぁ……」

P「そもそも俺のオフとあずきのオフが重なるのがどれだけ先になると思ってるんだ?」

あずき「それは、えっと……がんばるもんっ!」



360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:46:59.20 ID:EVdFjbun0

あずき「ねぇねぇ、プロデューサーさん」

P「……」

あずき「あのね? あずきのトップアイドル大作戦……まだまだだから、プロデューサーさんと、プランの確認がしたくて……」

P「……」

あずき「……あ、えっと……こほん。大人の女としてみてくれてもいいんですよ……プロデューサー?」

P「……」

あずき「な、なんて……大人っぽくいけてたかな?」

P「……」

あずき「プロデューサー……さん?」

P「……」ボロン

あずき「えっ……えっ、えぇっ……ゃ……きゃあああっ!?」



363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:51:00.79 ID:EVdFjbun0

P「……」ブラブラ

あずき「お、大人っぽすぎた、の? え? あれ?」

P「……」ブラブラ

あずき「でも……艶っぽいって、そういうこと、なのかな?」

P「……」

あずき「……あれ? おっきくなってない? のかな?」

P「……」ブラブラ

あずき「こ、こうなったらプランCよ!」

P「……」

あずき「……って、考えてないんだけど……うー……」

P「……」

あずき「あの、プロデューサーさん。これって……」

P「ドッキリです」

あずき「えっ?」

P「ドッキリでした」



364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:55:16.11 ID:EVdFjbun0

P「思ったよりリアクションが薄かったなぁ、ハハハ」

あずき「え、ドッキリ……ドッキリって、なにが?」

P「うん、こうやってズボンを下すどっきりだったんだ」

あずき「あぁ、なるほど……えっ」

P「ごめんな!」

あずき「え……う、うん……別に……いい、よ……?」

P「いやぁ、すまない!」

あずき「えっと……で、でも……びっくりした……」

P「そうか?」

あずき「てっきり……あずきの妖艶大作戦で、おっきくなっちゃって、おそっちゃうぞー。みたいな……」

P「それはないだろー、ハハハハ」

あずき「……むぅ。あずきの誘惑既成事実大作戦は失敗かぁ……」

P「!?」

あずき「なんて、冗談だよっ☆」



365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 19:58:57.12 ID:EVdFjbun0

あずき「あっ、お仕事いかなきゃ……プロデューサーさん!」

P「おう、どうした!」

あずき「あんまりみせちゃ……ダ・メ だよ?」

P「おう!」

あずき「……じゃあ、現時刻を持ってプラン変更して……」ブツブツ

P「ん?」

あずき「なーんでもないよっ」

ガチャ……バタン!



366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:01:25.53 ID:EVdFjbun0

P「いやぁ、あずきは思ったよりもいいリアクションがとれませんでしたね、ハハハハ」

ちひろ「そうですねー」

P「じゃあ次のアイドルにいきましょうか! はい!」

ちひろ「そうですねー」

P「うーん、誰が来るかなぁ、アハハハ」

ちひろ「……うんうん、ドリンクが効いたのかプロデューサーさんがいい具合に壊れてきたみたい」

P「どうしました?」

ちひろ「いいえ、なんにも」

P「そうですか」


>>370
次のアイドル



370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:02:17.03 ID:HoI8eoIp0

水本ゆかり



373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:07:04.90 ID:9GwCEyqK0

一人嫁を書いてもいいかえ?



374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:08:12.66 ID:EVdFjbun0

>>373
ぜひお願いします

ちょっとゆかりの整理してくる



376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:09:46.15 ID:9GwCEyqK0

ガチャ

茜「おっはよーございまーすっ!!!」

P「おう茜か、おはよう」

茜「あれ、プロデューサー! 元気ないんじゃないですか!!?」

P「お前が元気すぎるだけだ」

茜「そうかもしれませんねー!!!」

P「そんなことより総選挙で5位だなんて凄いじゃないか。おめでとう」

茜「ありがとうございます!!! でも1位目指してたから少し悔しいですねー!!!」

P「いやいやたくさんいるアイドルの中でのトップ5に入ったんだ十分だと思うぞ」

茜「プロデューサー!」

P「な、なんだ?」




377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:11:21.71 ID:9GwCEyqK0

日野茜
http://i.imgur.com/xtxoc.jpg
http://i.imgur.com/6hrbr.jpg

茜「プロデューサーはあたしとトップアイドルを目指すって言いましたよね!!?」

P「あ、あぁ言ったな…覚えてる」

茜「それなら5位でトップアイドルになれるんですか!!? なれませんよね!!? トップって一番って意味ですよ!!!」

P「!」

茜「こんなところで妥協してたらダメなんですよ!!! あたしはプロデューサーと一緒にトップに立ちたいんです!!!」

P「茜……」

茜「プロデューサー! 元気だしてください! 元気があればなんでもできる!!」

P「そ、そうだな! 茜の言う通りだ!」ボロン

茜「そう!その意気です!!! プロデューサーのおちんちんも元気出していきますよ!!!」

P「お、おう! ……ん?」



378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:11:55.79 ID:9GwCEyqK0

茜「ほら元気出してくださいよ! ホラホラ!!!」

P「あ、あの……」

茜「どうしたんですか!? なんなら手拍子でもしましょうか!!?」パンパン

P「え、えっと……え……?」

茜「そーれ!! そーれ!!!」パンパン

P「あ、茜、これドッキリなんだが……」

茜「え、ドッキリなんですか!!? これは一本取られちゃいましたねー!!!」

P「お、おう。ごめんな? 急にこんなことして…」

茜「いやードッキリなら仕方ないですよね!!! それじゃ仕事に行ってきまーす!!!」




379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:12:53.90 ID:9GwCEyqK0

バタン


P「これは…助かったのか…?」

ちひろ「茜ちゃんの目、見ました?」

P「え?」

ちひろ「驚きすぎて白目になってましたよ」

P「えぇっ!?」

ちひろ「元気すぎてわからなかったかもしれませんけど、ちんちんを見てからは完全に壊れてましたね」

P「oh…」

ちひろ「でも何事もなくて良かったじゃないですか♪」

P「よくねーよ!」


日野茜編おわり



387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:17:17.72 ID:EVdFjbun0

水本ゆかり(15)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715152-1344769410.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715153-1344769410.jpg


ガチャッ…

ゆかり「おはようございます」

P「おう、ゆかり。おはよう」

ゆかり「……?」

P「どうした?」

ゆかり「いえ、なんだか……ごめんなさい、たぶん勘違いです」

P「そうか、ならいいさ」

ゆかり「はい……」



389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:20:59.89 ID:EVdFjbun0

P「ゆかり、最近はどうだ?」

ゆかり「最近ですか? えっと……」キョロキョロ

P「……?」

ゆかり「あ、このピーナッツもらってもいいですか?」

P「あぁ、どうぞ」

ゆかり「……えいっ」トンッ

ヒュゥゥ…パクッ

ゆかり「……どうでしょう?」

P「うん……すごい、のかな?」

ゆかり「3つぐらいまでなら同時でも大丈夫ですよ」

P「それはすごいな。……新しい、なんだ?」

ゆかり「うーん……趣味ってわけじゃないですけど。なんて言ったらいいんでしょう? 特技でしょうか」

P「特技か……ピーナッツキャッチが特技か……」



390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:24:44.28 ID:EVdFjbun0

ゆかり「プロデューサーさんが言ったんですよ? 新しいコトには、積極的に向かっていけって……だから、その」

P「ちょっと、方向性を変えたほうがいいかもしれないな」

ゆかり「そうなんでしょうか……」

P「うん。鈴帆みたいになりかねない」

ゆかり「鈴帆ちゃん……でも、あれは新しい風を吹かせてますよね」

P「ゆかりに求められてるのはそういう方向じゃないと思う」

ゆかり「そうですか……」

P「……」

ゆかり「プロデューサーさん」

P「ん、どうした?」

ゆかり「私……成長、してますか?」

P「急な話題だな」



394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:29:59.47 ID:EVdFjbun0

ゆかり「最初のころと比べると、自分が成長してるって感覚がなくなってきて……大丈夫なのか、不安で」

P「そうか……」

ゆかり「仲間でも、ライバルですから……ぬかされちゃうかもって思うと……」

P「……あのな、ゆかり」

ゆかり「……なんでしょう?」

P「ゆかりは……なんというか、自分の性格とは噛みあって無いと思うかもしれないが……」

ゆかり「……?」

P「全体の調和を、バランスをとる役目としての力に秀でてる、と思う」

ゆかり「調和……」

P「新しいコトへ向かっていって、それを吸収して……他のみんなへと回せる。そういう役目だな」

ゆかり「……一人立ちはできないんですか?」

P「まだ……だな」

ゆかり「まだ?」



399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:33:50.27 ID:EVdFjbun0

P「ゆかりはまだ、周りに力をあげる役目ぐらいしかできてない。だからまだだ」

ゆかり「その先が……あるんですか?」

P「あぁ。周りからの力を受け取れる……どこにいても、どこででも力を発揮できる……そうなれたら」

ゆかり「周りからの、力……」

P「フルートは1本でずっと演奏し続けるものじゃない、でも……オーケストラには必要だ」

ゆかり「……そう、ですね。ありがとうございます、プロデューサーさん!」

P「ははは、なに。おやすい御用さ」ボロン

ゆかり「……えっ」

P「……」ブラブラ

ゆかり「ち、ちちっ……きゃっ、きゃああぁぁぁ!?」



404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:39:22.68 ID:EVdFjbun0

P「ホッホーウ フルートゥ(裏声)」ブラブラ

ゆかり「そんなフルートありませんっ! しまってください! なにみせてるんですか!」

P「……フルゥート」ブラブラ

ゆかり「発音でもありません! も、もうっ……いい加減にしてください!」

P「フゥルート?」ブラブラ

ゆかり「あぁもう……バカぁ!」バチーン!

P「へぶしっ!」

ゆかり「はぁっ……はぁっ……す、すごく頼りになると……思ってたのに……!」

P「……」ピクピク

ゆかり「見損ないました、もう……けいさ」

トスッ

ゆかり「……つ…………」ガクッ

ちひろ「……うーん。好感度不足ですよ。プロデューサーさん」



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:43:52.14 ID:EVdFjbun0

P「……ん、あれ……?」

ちひろ「おはようございます。プロデューサーさん」

P「俺……今、なにしてるんでしたっけ……」

ちひろ「やだなぁプロデューサーさん。アイドルにちんちんをみせるドッキリをしてるんですよ」

P「あぁ、そうでしたそうでした」

ちひろ「ゆかりちゃんはお仕事に向かいましたよ」

P「そうですか、大丈夫ですかね?」

ちひろ「えぇ。プロデューサーさんからのアドバイスを胸にもっとがんばるって言ってましたから」

P「そっか……よかった」

ちひろ「そろそろ、次のアイドルの子がきますよ」


>>418
次のアイドル



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:45:41.40 ID:9GqnPulUO

ツンデレ神谷ちゃん



428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 20:56:40.14 ID:EVdFjbun0

神谷奈緒(17)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715178-1344772125.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715179-1344772125.jpg



ガチャッ

奈緒「おーっす、おはよ」

P「おぉ奈緒。おはよう」

奈緒「……あれ? プロデューサー1人?」

P「まぁな」

奈緒「そっか……ふぅん」

P「そうだ、奈緒」

奈緒「ん、どうした?」

P「ほら、これ」

奈緒「……? なにこれ」

P「この前の雨が降った日、迎えに来てくれたろ? お礼してなかったなって」

奈緒「なっ……別に、たいしたことじゃねーし……」



430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:00:01.54 ID:EVdFjbun0

P「じゃあいらなかったか?」

奈緒「……別に、アンタが渡したいっていうなら……もらってもいいけど……」

P「そうか、貰ってくれ!」

奈緒「……ん、うん……」

P「ありがとう、奈緒」

奈緒「……こっちこそ……」

P「うん?」

奈緒「い、いつも……ありがと」

P「……」ニヤニヤ

奈緒「な、なんだよ。なんかいえよ! あーもう! 言って損した!」



434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:04:36.07 ID:EVdFjbun0

P「奈緒は最近、素直になったよなぁ」

奈緒「はぁっ? 元からあたしはまじめだろ?」

P「そういう意味じゃなくて……」

奈緒「……じゃあ、なんだよ……」

P「いや、うん……なんだろうなぁ?」

奈緒「くっ……はっきり言ってよ!」

P「……じゃあ言おうか?」

奈緒「……う、うん」

P「奈緒がツンデレっぽいなぁって」

奈緒「はっ……ツ、ツンデレとか、意味わかんねーし! なにいってんの! バ、バーカ! ありえねーよ! は、ははっ!」

P「うん、最近はデレがかわいくてなぁ……」

奈緒「ちょっ……バ、バッカじゃねーの! あたしのことからかってんの? ギャグにしたって、その……」

P「……」ニヤニヤ

奈緒「ニヤニヤすんなぁ!」



438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:11:00.63 ID:EVdFjbun0

P「だが奈緒、最近素直になったっていうのはそれだけじゃないんだぞ」

奈緒「……なんだよ」

P「演技やダンスに、筋ができた……っていうのかな」

奈緒「なにそれ?」

P「うまくはいえないんだけど、奈緒の素直な気持ちが伝わってくるような。そういうまっすぐな雰囲気をまとってる」

奈緒「……ほめてんの?」

P「一応そのつもりなんだが」

奈緒「ふぅん……ま、別に……たいしたことじゃないだろ?」

P「そうなのか?」

奈緒「……だって、あたしが……素直になれたきっかけはさ……」

P「……ん?」

奈緒「なんでもねーよ、バーカ!」

P「ひ、ひどいっ、傷つくわっ」



445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:14:22.83 ID:EVdFjbun0

奈緒「っち、ったくもう……」

P「ん?」

奈緒「もういい、仕事いく……変なこというから調子狂いそうだよ」

P「あぁ、待てよ奈緒」

奈緒「なんだよ……」

P「……」ボロン

奈緒「……はっ?」

P「……」ブラブラ

奈緒「えっ、ちょっ……」

P「……」

奈緒「いっ……ゃ…ぁあああああああ!?」



454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:20:03.06 ID:EVdFjbun0

奈緒「バカバカバカバカ! どこだしてんだよ!」

P「……?」ブラブラ

奈緒「きょとんとしてんじゃねぇ! バカ! こんなとこで、誰かきたら……じゃなくって!」

P「……」

奈緒「と、とりあえず隠せよ! そ、そんなの、見せてんじゃねーよ! バカ!」

P「……」

奈緒「あ、あぁもう! ズボン! 脱いでないで! はけっつってんだろ!」

P「……ふぅ」

奈緒「肩をすくめてんじゃねぇよ! は、はけないってんなら、こっちにも考えがあんだぞ!」

P「……?」ブラブラ

奈緒「う、動くなよ……」ジリッ…

P「……!?」

奈緒「あ、あたしが……は、はかしてやるから……こんなのみられたらアンタ……捕まっちゃうし……」

P(Marvellous……)



463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:27:06.00 ID:EVdFjbun0

P「……」

奈緒「……う……ちょ、ちょっと待てよ……覚悟、決めるから……ちょっとだけ……」

P「奈緒」

奈緒「な、なんだよ……」

P「ドッキリだ」

奈緒「は?」

P「ドッキリなんだ」

奈緒「……」

P「ズボン、自分であげれるぞ」シュルッ

奈緒「……」

P「やっぱりノータッチ主義だよな。うん」

奈緒「……」プルプル

P「奈緒?」

奈緒「ばっきゃろー!」バキッ

P「おぅふ!」



467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:33:10.65 ID:EVdFjbun0

奈緒「あ、あたしが……どんな気持ちだったか……!」

P「……」

奈緒「バカ、バカバカバーカ! サイッテーだよ!」

P「……な……お……」

奈緒「ふんだ、もう知らないかんな!」

P「……すごく……かわいかった……ぜ……」ガクッ

奈緒「……ばか」

奈緒「……」

奈緒「通報とか……しなくてもいっか。こんなんでも……みんなのプロデューサーだし……」

奈緒「それに……」

奈緒「……」キョロキョロ

奈緒「……デ、デコでいいや」チュッ

奈緒「……あたしのプロデューサーはやっぱり……あなたがいいんだよ……」

奈緒「……が、柄じゃないぃぃ! あぁ! もういい、仕事いかなきゃ仕事!」

バタバタ……バタン!



472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:36:53.23 ID:EVdFjbun0

ちひろ「良いものをみました」

P「……ぅ……?」

ちひろ「おはようございます。プロデューサーさん」

P「あぁ、おはようございます。奈緒は?」

ちひろ「ちゃーんとお仕事に向かいましたよ」

P「そうですか、よかった……」

ちひろ「えぇ、とってもよかったですよ」

P「?」

ちひろ「さぁ、次のアイドルにまいりましょう!」


>>480
次のアイドル



480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:38:23.97 ID:2VNPayom0

になちゃん



500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:47:55.53 ID:EVdFjbun0

市原仁奈(9)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715222-1344775343.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715223-1344775343.jpg


ガチャーン

仁奈「おはよーごぜーます!」

P「おぉ仁奈。おはよう……おぉ、その衣装」

仁奈「今日の仁奈は仁奈ヒツジでごぜーますよ!」フリフリ

P「なるほど……」

仁奈「ふふん、モフモフですか? モフモフしやがりてーですか?」

P「……いいのか?」

仁奈「しかたねーですね。そこまでいうなら特別にしてもいいでごぜーますよ」

P「そうか……うん、じゃあ」ヒョイッ

仁奈「お、おー」

P「ほいさ」トサッ

仁奈「……膝の上でごぜーますか……」



511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:53:24.04 ID:EVdFjbun0

P「いやか?」

仁奈「……重くねーですか?」

P「全然。すっごく軽い」

仁奈「じゃあ、許してあげやがりますですよ」

P「そうか、ありがとうな」ポンポン

仁奈「……ん、ふふふ。さびしくしたら、承知しねーですからね……」

P「大丈夫だよ、約束する」

仁奈「ならいいですよ……」

P「……」モフモフ

仁奈「……あっ……」

P「ん?」

仁奈「あ、頭も……撫でやがっても、いいんでごぜーます、よ……」

P「そっか、じゃあせっかくだから……」ポンポン

仁奈「……えへ、えへへへ……」



517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 21:57:41.97 ID:EVdFjbun0

仁奈「……とぉっ!」バッ

P「うおっ……どうした?」

仁奈「ふふん、実は今日の仁奈ヒツジは一味違うのでごぜーます!」

P「なっ……なんだと!?」

仁奈「へんしーん!」

P「なにぃ!?」

仁奈「……よいしょ、よいしょ」ヌギヌギ

P「……」

仁奈「んー……んっ、んー……」ギュッギュッ

P「……」

仁奈「ふ、ふぅ……はぁ……けほけほ」

P「水飲むか?」

仁奈「だ、大丈夫でごぜーます」

P「そうか」



520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:02:23.87 ID:EVdFjbun0

仁奈「うるーっふっふっふっふっふ!」

P「な、なにぃー!?」

仁奈「どうでごぜーますか。仁奈ヒツジは、仁奈オオカミに変身してしまうのでごぜーます!」

P「なんてことだ、恐ろしい……!」

仁奈「がおーっ! たべちゃうぞー!」

P「はい、どうぞ」

仁奈「わぁい、飴でごぜーます!」

P「……」

仁奈「……」コロコロ

仁奈「……はっ! ち、ちがうですよ!」

P「ん?」

仁奈「仁奈オオカミは、Pを……食べに参上しやがったのでごぜーます!」



529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:07:01.56 ID:EVdFjbun0

P「そうなのか、怖いなぁ」

仁奈「そうでごぜーましょう。今の仁奈はワイルドでごぜーますから」

P「でも仁奈になら食べられてもいいんだぞ?」

仁奈「えっ……な、なにいってやがるですか……が、がおーっ!」

P「ん……」スッ

仁奈「手……た、食べちゃいますよ?」

P「どうぞ」

仁奈「……あむっ」

P「……」

仁奈「……しょっぺーです」

P「そっか、汗かなぁ」

仁奈「うぅ、なんで怖がらねーですか!」

P「そりゃあ、狼は怖いけど仁奈が狼なら怖くないさ」

仁奈「むっ……」

P「仁奈が、かわいいからな」



533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:10:54.14 ID:EVdFjbun0

仁奈「……むぅ、ちっとも怖がんないなんて大人でごぜーますね」

P「ははは、そうだな」

仁奈「……でも、仁奈はPとのお仕事、とっても楽しくて好きでごぜーますよ」

P「そうか……ありがとうな、仁奈」

仁奈「うるーっふっふっふ。なんていってもオオカミ仁奈はワイルドでごぜーますから」

P「そっか、ワイルドか……」ボロン

仁奈「……?」

P「……」

仁奈「……P?」

P「……」ブラブラ

仁奈「トイレでごぜーますか? ここでしちゃダメでごぜーますよ」

P「……」ブラブラ



538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:14:35.50 ID:EVdFjbun0

P「……」ブラブラ

仁奈「それとも……お風呂でごぜーますか?」

P「……」ブラブラ

仁奈「もー、しかたねーですね。いっしょにはいりてーですか?」

P「……!?」

仁奈「仁奈もちょっと汗をかきやがりましたし、Pがお風呂にはいりてーなら別にいっしょでも……」

P「……」

仁奈「……どうしやがったんですか?」

P「仁奈……ごめん……」

仁奈「??」

P「ドッキリなんだ……」

仁奈「ドッキリ……?」



551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:19:41.28 ID:EVdFjbun0

仁奈「仁奈にちんちんみせてどうしたかったんでごぜーますか?」

P「うん、どうしたかったんだろう……わからない……」

仁奈「もー、パパも家でちんちんぶらぶらしてるとママにめってされやがるんですよ」

P「そうか、パパも裸族か……」

仁奈「らぞく?」

P「服を着ない人さ」

仁奈「そうでごぜーますか。パパもきぐるみをきやがればいいのに……」

P「あ、あぁ……そうだなぁ……」

仁奈「Pもきやがりますか?」

P「考えておくよ……うん……」

仁奈「そうでごぜーますか。仁奈のパパとPはきっと気があうでごぜーますよ」

P「そ、そうか……」

仁奈「とぉっ! ……じゃあ、仁奈はお仕事へ参りやがります!」

P「……いってらっしゃい」

仁奈「いってきまーす!」ブンブン



558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:23:21.52 ID:EVdFjbun0

P「死にたい」

ちひろ「なんということ……これがきぐるみパワー……」

P「死にたい」

ちひろ「当て身」ドスッ

P「うっ」

ちひろ「……惜しいけど、これは忘れてもらわないとダメですね」

P「」

ちひろ「仁奈ちゃんのほうもどうにか……」ブツブツ

ちひろ「……」

ちひろ「おや、次のアイドルが来ましたね」


>>565
次のアイドル



565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:24:12.89 ID:1DH+rVMl0

イブ



573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:32:00.83 ID:EVdFjbun0

イヴ・サンタクロース(19) ミテノトオリサンタデス
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715250-1344778043.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715251-1344778043.jpg


ガチャッ

イヴ「おはようございます~☆」

P「あぁ、イヴ。おはよう」

イヴ「今日もがんばりましょうね♪」

P「そうだな、がんばろう」

イヴ「えへへ~」

P「あははー」

イヴ「今日のプロデューサーさんは元気ですね~☆」

P「そうかな?」

イヴ「そうですよぉ」



577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:35:51.99 ID:EVdFjbun0

イヴ「あっ、プロデューサーさん」

P「ん、どうした?」

イヴ「この前の水着……じゃなかった、コンブなんですけど……」

P「んん?」

イヴ「あはは~☆」

P「いや、水着って……まさかこれ、巻いてた昆布じゃ……」

イヴ「違います~ あれはコンブじゃなくて水着ですぅ~」

P「そうか……じゃあこれは?」

イヴ「コンブですよー、やだなー」

P「そうかそうか、ごめんごめん」

イヴ「食べますか、プロデューサーさん?」

P「いや、いいや」

イヴ「そうですか~」



582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:40:41.25 ID:EVdFjbun0

イヴ「あの、プロデューサーさん?」

P「どうした?」

イヴ「いつも、お世話になってるから……ファンのみんなより先にプレゼントあげちゃいますからねぇ~☆」

P「まだ夏なんだから、早すぎないか?」

イヴ「クリスマスはクリスマスですよ♪」

P「別枠でなにかくれるのか? へぇ~」

イヴ「はい、ホタテの貝殻ですぅ~」

P「……」

イヴ「どうしたんですか?」

P「いや、これって着てたやつだよな?」

イヴ「違いますよぉ、あれは水着ですよ~☆」

P「この貝殻、不自然な穴があいてるんだが」

イヴ「ふっしぎですねー」



588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:44:15.09 ID:EVdFjbun0

P「だいたい、貝殻だけもらっても何に使えばいいんだ?」

イヴ「プロデューサーさん、知らないんですか~? こうやって耳に貝殻をあてると……」スッ

P「……ロックマン?」

イヴ「あ、あれれー? うーん……こうかな?」スチャッ

P「……」

イヴ「大変です~、プロデューサーさん!」

P「うん」

イヴ「前が……見えなくなっちゃいました~!」

P「目に貝殻つけたらそうなるだろうな」

イヴ「う~ん、波の音が聞こえると思ったんですけど~」

P「それは巻貝限定だ」

イヴ「巻貝ですかぁ……それだと隠れる場所が……」

P「おい」



593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:48:44.63 ID:EVdFjbun0

イヴ「なんですかぁ?」

P「巻貝で隠れる場所とかなにを言い出すんだお前は」

イヴ「えっと……水着のデザインの話ですよ~☆」

P「そうか、水着か……」

イヴ「そうなんですぅ」

P「……ふぅ」

イヴ「どうしたんですか、プロデューサーさん?」

P「……」

イヴ「……?」

P「……」ボロン

イヴ「……!」

イヴ「……」ジッ

P「……」ブラブラ

イヴ「……プロデューサーさん……プレゼントは、私にですか?」

P「!?」



598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:52:13.61 ID:EVdFjbun0

イヴ「サンタクロース、人手不足なんですぅ~☆ だから、埋めや増やせやで……」

P「ストップ」

イヴ「なんですかぁ~?」

P「違うだろ、そうじゃない」

イヴ「……?」

P「いいかイヴ。これはドッキリだ」

イヴ「ドッキリ?」

P「そう。非日常に対してアイドルがどう対応するのか、それを見るという企画なんだ」

イヴ「なるほど~……うーん?」

P「ん?」

イヴ「じゃあプロデューサーさんは私に子供を産んでほしいんじゃないんですかぁ……残念」

P「うん、何故その発想にいたったのかがすごく不思議だ」

イヴ「サンタクロースは人手不足で……」

P「そうじゃない」



602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:57:06.89 ID:EVdFjbun0

イヴ「うーん、わかりましたぁ」

P「……なにをだ?」

イヴ「やっぱり誕生日が梅雨のサンタクロースはかっこがつきませんもんね☆」

P「えっ」

イヴ「出産予定日を半年ずらすのは難しいですし~」

P「えっ」

イヴ「バレンタインにしましょー!」

P「いや、しないよ?」

イヴ「なんでですかぁ~……」

P「なんですると思ったんだよ!?」

イヴ「恩返しで、そして恩人の子供もいただければWin-Winってやつかな~って♪」

P「こいつ……!」



603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 22:58:53.52 ID:EVdFjbun0

P「もういい……仕事、いってらっしゃい」

イヴ「は~い」

P「なんか……疲れた……」

イヴ「あっ、プロデューサーさん」

P「なんだ?」

イヴ「別にプロデューサーさんが認知してくれなくても大丈夫ですよ~☆ おじいちゃんといっしょに」

P「仕事いけぇ!」

イヴ「きゃーん♪」

バタンッ!



608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:01:28.70 ID:EVdFjbun0

P「なんなんだあれは」

ちひろ「すごいですね」

P「いや、本当に……軽く理解を超えてますよ」

ちひろ「海外ってオープンなんですね♪」

P「オープンっていうか……」

ちひろ「ふふっ、さぁ次の子に行きましょう」

P「ちょっと、話の途中じゃないんですか!」

ちひろ「いいから次!」


>>614
次のアイドル



614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:02:26.07 ID:JPGLncjy0

桃華chang



624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:09:56.32 ID:EVdFjbun0

櫻井桃華(12)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715277-1344780296.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715278-1344780296.jpg



ガチャッ…

桃華「おはようございます、Pちゃま♪」

P「おっ……桃華。おはよう」

桃華「お茶の葉を持ってまいりましたの。お飲みになられますか?」

P「……いいのか?」

桃華「えぇ、事務所の皆で飲んでくださってもかまいませんわ」

P「じゃあ、いただこうかな」

桃華「うふふ、優雅なティータイムとまいりましょう」



628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:14:52.92 ID:EVdFjbun0

P「おぉ、いい香りだな……」

桃華「ローズヒップティーですの。美容にもよろしいんですのよ」

P「そうなのか、桃華は物知りだなぁ……」

桃華「常識……というわけでもありませんが、わたくしほどになると当然知っていないとならないことですから」

P「そうか……大変じゃないか?」

桃華「いいえ。特に……慣れてしまいましたから」

P「……桃華」

桃華「でも、そればかりのタイクツは日々……Pちゃまに出会ってから、吹き飛んでしまいましたわ」

P「そうか? アイドル……楽しい、のか?」

桃華「えぇ。櫻井の娘ではなく……この、『桃華』というわたくしを見てもらえること、とってもゾクゾクしますの!」



632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:19:53.89 ID:EVdFjbun0

P「そっか……よかった」

桃華「まだまだ、上が限りなく広がっている……わたくしが、わたくし自身の力で勝ち抜かねばならないということ」

桃華「ウフフ。燃えてきますわ……でも……」チラッ

P「……あ、すっぱい」

桃華「……Pちゃま」

P「ん、なんだ?」

桃華「わたくし、頂点は孤独たれというのはでたらめであると思いますの」

P「うん? ……そうだな。ソロでは限界があるかもしれないな。確かにデュオやトリオ、それ以上だとバランスが……」

桃華「そうではなくて……もうっ、Pちゃまったら」

P「……?」

桃華「いいんですのよ。今はわからずとも」



636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:24:06.38 ID:EVdFjbun0

桃華「でも……いずれは……」

P「……」

桃華「ウフフ♪ 安心してくださいPちゃま。将来の心配はしなくてもいいですわ。わたくしがいますからね!」

P「そっか、トップアイドルをプロデュースしたってなればハクがつくもんなぁ!」

桃華「……そ、そうですわね。えぇ。そうですとも」

P「桃華は優しいなぁ! すごいけど、無理はするなよ?」

桃華「無理? わたくしはそのようなことしておりませんわ」

P「いや。桃華だってまだまだ子供なんだ……背伸びしたって、大人びてたってな」コツン

桃華「きゃんっ!」

P「だから。周りの人にも頼れよ? 桃華は時々暴走するきらいがあるからな」

桃華「……わかりましたわ」



637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:28:51.97 ID:EVdFjbun0

桃華「ウフフ。Pちゃまはやっぱり優しいんですのね……」

P「……」

桃華「わたくし、やはりあなたのことが……」

P「……」

桃華「Pちゃま?」

P「……」ボロン

桃華「えっ? ……えっ、な、男性の……」

P「……」ブラブラ

桃華「な、なにをしてますのPちゃま!? そ、そんなはしたないことおやめになってくださいまし!」」

P「……」

桃華「も、もうっ……このような場所では人が来てしまいますわ! したいのならば、わたくしのお屋敷に……」

P「!?」



648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:33:15.70 ID:EVdFjbun0

桃華「あら?」

P「……」ガクガク

桃華「Pちゃま……? 大丈夫ですわ。わたくし、この身を捧げると誓っておりますから……」

P「……」ガクガクガク

桃華「まさか、Pちゃまが……既にわたくしに興味をもっていてくださっているとは知りませんでしたが……」

P「……も、ももも、桃華」

桃華「なんですの、Pちゃま? ご安心ください。法などという小さな鎖でわたくしたちの愛は……」

P「ドッキリでしたー! すいませんでしたぁー!」

桃華「……どっきり?」

P「はい」

桃華「……どこからですの?」

P「その……ちん……下半身を露出する、というドッキリなんです」

桃華「なるほど。まんまとかかってしまいました……Pちゃま、なかなかやりますわね」

P「ち、違うんだ! そういうどっきりじゃないんだ!」



652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:38:07.37 ID:EVdFjbun0

桃華「では、どういうドッキリですの?」

P「アイドルに……その、いきなり見せたらびっくりするよなーって……」

桃華「えぇ、確かに驚きましたわ……Pちゃまに振りむいてもらうにはまだまだ磨きが足りないと思っていましたから」

P「そういうびっくりじゃなくて、『キャーえっちー』みたいな……」

桃華「したいのではなくて?」

P「いや、違うんだ」

桃華「……ふぅ、お預けですのね」

P「……」

桃華「ご安心なさって、Pちゃま。わたくし、今日のことは誰にも話はしませんわ」

P「あ、あぁ……うん……」

桃華「でも……」

P「……? か、鍵? 桃華の家の?」

桃華「いいえ。それはPちゃまの家の鍵ですわ」

P「えっ」



660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:42:07.59 ID:EVdFjbun0

桃華「前に一度、わたくしのお屋敷にいらしたことがありましたわね?」

P「うん、まぁ……すごいお屋敷だったな……」

桃華「あそこは、既にPちゃまの名義になっていますわ」

P「えっ」

桃華「いつでもくつろぎにいらしてくださいまし♪ わたくしも、時々訪れますから」

P「あ、はい」

桃華「今までのおうちの鍵はいかがしましょうか……」チャリッ

P「えっ……あれ!?」

桃華「……まぁ、家具が急に変わると困ってしまいますわね。お返ししますわ」

P「は、はい」

桃華「……Pちゃまの家の中のものは、すべてPちゃまのモノ……ですわ」

P「うん……」

桃華「お待ちしておりますわ、Pちゃま。そろそろお仕事の時間ですの」

P「い、いってらっしゃい」

桃華「えぇ、『いってきます』。Pちゃま」



663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:42:56.97 ID:EVdFjbun0

桃華ちゃま終わりですのよ
さぁ、お待たせしました。どうぞ投下なさって?



667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:44:52.01 ID:9GwCEyqK0

クラリス
http://i.imgur.com/RBxZK.jpg
http://i.imgur.com/ZPuHO.jpg

ガチャ

クラリス「おはようございます」

P「おはよう」

クラリス「今日もとても良い日ですね、プロデューサー様」

P「いつもと変わらない気が…」

クラリス「いつもと変わらないことが、良い日ではないことにはならないですよ」

クラリス「毎日、こうやって事務所に通い、仕事をして、貴方と他愛もないお喋りをする」

クラリス「とても、良い日だと思いませんか?」

P「そうなのかな?」

クラリス「私はそう思いますよ」




670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:46:31.70 ID:9GwCEyqK0

P「そういえばクラリスはいつも目を閉じているけど大丈夫なの?」

クラリス「何がですか?」

P「いや、ほら階段とか障害物とか……人にぶつかったりしないの?」

クラリス「それでしたら問題はありませんよ。神が私に道を示してくれますから」

P「神?」ボロン

クラリス「えぇ、私が目を閉じて、神に祈ることで神は私に正しい道を囁くのです」

P「いつも祈ってたのか」フリフリ

クラリス「えぇ、教会は今も助けを欲していますから祈りは欠かせません」




673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:47:52.94 ID:9GwCEyqK0

P「でもさ、こう言っちゃ悪いかもしれんが、自分の道は自分で決めるもんじゃないのか?」フリフリ

クラリス「と言いますと?」

P「あまり多くは言えないけど自分が歩く道くらいはちゃんと目を開いて歩くものだと思うんだ」ブラブラ

P「それで障害物があれば頭で考えて避ける。それが人間だと思う」ブラーン

クラリス「……………」

P「神様を冒涜してるつもりはないけど傷付けてしまったらごめん。謝る」シュン

クラリス「……ふふっ」

P「?」

クラリス「冗談ですよ。普段はプロデューサー様の言う通り、目を開けて歩いていますよ」

P「え?」ピクッ

クラリス「ただ貴方に誘われるまでは祈る毎日でしたので、目を閉じる癖がついてしまっているのです」

P「そ、そうだったのか。良かったー…」ピクピク




675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:48:45.16 ID:9GwCEyqK0

クラリス「こうして事務所や貴方と居るときなどは、どうも安心してしまい目を閉じてしまいます」

P「ちょっと、嬉しいかも」プラーン

クラリス「ふふっ。こちらこそいつも感謝しています、プロデューサー様」

P「いやいや、俺も感謝してるからおあいこだよ」プラーン

クラリス「あっ、このようなことは目と目を合わせて言うべきでしたね」チラッ

チンチンダヨー

P「……………」ブラブラ

クラリス「………………」




676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:50:54.50 ID:9GwCEyqK0

クラリス「……………」スッ

P(目を閉じた?)

クラリス「……………」チラッ

P(また開けた)

クラリス「……これは、神の思し召しなのでしょうか……」

クラリス「しかし私は身体を神に捧げた身。私はまだ、貴方とは出来ない……でも神がそう仰るのであれば……」

P「デデーン! ドッキリでしたー!…なんて」

クラリス「……………」

クラリス「……………」スッ

P(また目を閉じた)




677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:51:45.03 ID:9GwCEyqK0

クラリス「プロデューサー様」

P「はい」

クラリス「私は自分の目で見た世界がこの世の全てで、そしてそれが真実であるとは思いません」

P「えっ、あぁうん」

クラリス「ですがもし、信じがたいことが真実であったならば、それに似合う対価が支払われるでしょう。では」

ガチャ
バタン

P「……………」



679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:52:35.67 ID:9GwCEyqK0

ちひろ「チラ見してた割りには意味深なことを言ってましたねー」

P「あれで神戸出身なんだよな。日本人らしくないというか……」

ちひろ「あっ」

P「ん? うおっ!」

パリーン

P「な、なんで急に蛍光灯が降ってきたんだ…… 」

ちひろ「クラリスさんにちゃんと謝った方が良いかもしれませんね」

P「他人事だからって……痛っ」

ちひろ「あ、割れた蛍光灯がちんちんに刺さってますねー」

P「神様が居るって信じたくなったよ…」


クラリス編おわり




683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:56:04.90 ID:EVdFjbun0

ちひろ「おめでとうございます、プロデューサーさん♪」

P「……」

ちひろ「家の鍵どころか、家をもらっちゃうなんて! すごいですね!」

P「……」

ちひろ「あらら?」

P「俺、生きていけるのかな……」

ちひろ「弱気になっちゃダメですよ! スタンドアップ、ザ・ヴァンガード! 立ち上がりましょう、分身とともに!」

P「それはたっちゃだめじゃないんですか」

ちひろ「細かいところはスルー、アンド、放置です♪」


>>688
次のアイドル



688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/12(日) 23:56:56.06 ID:ZyyaFtD80

きたひなこちゅん



712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:02:01.45 ID:G2H5wK+t0

喜多日菜子(15)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715324-1344783531.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715325-1344783531.jpg



ガチャッ

日菜子「おはようございますぅ~♪」

P「あぁ、日菜子。おはよう」

日菜子「むふふっ……今日もプロデューサーさんはカッコいいですねぇ~」

P「はいはい、ありがとう」

日菜子「素直になれないところも素敵ですよぉ」

P「俺は素直だぞ」

日菜子「……むふふっ、奥手なんですかね……」

P「……」



720: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:05:15.22 ID:G2H5wK+t0

日菜子「……あれ? 今日はちひろさんがいないんですか?」

P「うん、まぁ……いろいろあって」

日菜子「……むふふ」

P「うん?」

日菜子「二人っきりですよぉ……なにかが起こりそうな予感がしませんか……?」

P「なにかって?」

日菜子「なにかって……ナニか……ですかねぇ、むふふ……」

P「……」

日菜子「安心してください、プロデューサーさん……日菜子は準備おっけーですよぉ……むふっ」

P(……きらりってかわいかったんだなぁ)



726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:09:06.43 ID:G2H5wK+t0

日菜子「……むふっ」

P「なぁ、日菜子」

日菜子「なんですかぁ、プロデューサーさん?」

P「妄想癖はいいが……影響、大丈夫か?」

日菜子「影響?」

P「いや。現実と虚構の区別はつくか?」

日菜子「むふふっ……大丈夫ですよぉ、プロデューサーさん」

P「……本当か?」

日菜子「えぇ、だって日菜子は……妄想の中ではお姫様だけど。現実では普通の女の子ですから。むふっ♪」

P「そうか……うん……」

日菜子「でもぉ、妄想が……本当になったらいいなって想像してたりはしますけど。むふふっ」



727: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:13:59.50 ID:G2H5wK+t0

P「日菜子、男は危ないんだぞ。妄想もいいがちゃんと相手との距離は考えないとダメだ」

日菜子「知ってます……でも、大丈夫ですよぉ。だって日菜子は王子様のことしか考えてませんから」

P「王子様?」

日菜子「えぇ、とーっても素敵な……それで、一緒に……むふふっ♪」

P「……」

日菜子「……プロデューサーさん?」

P「……」ボロン

日菜子「ひゃっ!?」

P「……」

日菜子「え、あれっ……んっ……ひ、ひたひ……」ギュッ

日菜子「も、妄想……じゃない……夢でもない……!?」

P「……」ブラブラ

日菜子「プロデューサーさん、二人っきりだからって……大胆ですよぉ。むふ、むふふっ……」



734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:17:57.19 ID:G2H5wK+t0

日菜子「え、えっと……まずは……」スッ

P「ヘイッ、ノータッチ」バッ

日菜子「えっ?」

P「……」ブラブラ

日菜子「プ、プロデューサーさん……どうしたんですかぁ? 日菜子、大丈夫ですよぉ、だから……」スッ

P「ノータッチ!」バッ

日菜子「なんで逃げるんですかぁ……場所は違うけど、やっと日菜子の妄想が……現実になるって思ったのに……」

P「……」ブラブラ

日菜子「……あ、でも……むふふっ……想像してたよりも立派、なんですね……むふ♪」

P「……」ブラブラ

日菜子「まずは……おっきくしなきゃ……」

P「日菜子」ブラブラ

日菜子「なんですかぁ、プロデューサーさん?」

P「ドッキリだ」ブラブラ

日菜子「……えっ?」



740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:22:54.79 ID:G2H5wK+t0

日菜子「ドッキリ、ですかぁ……?」

P「あぁ、ドッキリだ」ブラブラ

日菜子「えっとぉ……実は全部夢とかなんですか?」

P「いや。違う。まぎれもない現実だ」ブラブラ

日菜子「じゃあ、なにがドッキリなんですかぁ……?」

P「俺がちんちんをみせたのがドッキリだ」ブラブラ

日菜子「プロデューサーさんが……見せたのが、ドッキリ?」

P「あぁ。そうだ」ブラブラ

日菜子「今見せているのは……現実じゃないんですか?」

P「いいや。まぎれもなく俺のちんちんだ」ブラブラ

日菜子「そうなんですか……じゃ、じゃぁ……むふふっ」

P「ん?」ブラブラ

日菜子「いえ、よくわからないけど……日菜子は十分補充できましたよぉ……」

P「補充だって?」ブラブラ

日菜子「えぇ、ありがとうございますぅ。プロデューサーさん……むふっ」



744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:26:39.72 ID:G2H5wK+t0

P「いいか、日菜子……」ブラブラ

日菜子「プロデューサーさん、しまわないとダメですよぉ……」スッ

P「あっ、そうだな」シュルッ

日菜子「……」

P「どうした?」

日菜子「いいえ。きっとそういうのは……ちゃーんと順序を踏んでからってことですよねぇ、むふふ……」

P「……?」

日菜子「お姫様はもう、お仕事のお時間です……王子様?」

P「王子様?」

日菜子「……むふふっ、がんばってきますね」

P「んー……うん! いってらっしゃい!」

日菜子「いってきますぅ、むふっ♪」


ガチャッ バタン



748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:28:38.98 ID:G2H5wK+t0

P「ちひろさん! なんだか楽しくなってきました!」

ちひろ「まぁ、それは素敵! じゃんじゃん次の子にちんちんをみせましょう!」

P「はい!」

ちひろ「……」

P「さぁー、だれかなー♪」

ちひろ「……ちょっと強すぎたかな?」



>>752
次のアイドル



752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:29:02.87 ID:SuzmzxKJ0

輿水幸子



770: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:33:27.60 ID:G2H5wK+t0

輿水幸子(14)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715358-1344785387.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715358-1344785387.jpg


ガチャッ

幸子「おはようございます」

P「おぉ、幸子。おはよう!」

幸子「……おや? やけに元気ですね。なにかいいことでもありましたか?」

P「ん、そうかな?」

幸子「……ふふん、さてはボクに会えたから嬉しさのあまり元気になっちゃったとかですか? まぁ、仕方ないですね。ボクはカワイイですから」

P「そうだな、幸子はかわいいな」

幸子「えっ!?」

P「ん、どうした?」

幸子「……今、なんて?」

P「幸子はかわいいなぁって」

幸子「……ふ、ふふふ! と、当然ですよ! いまさらすぎますね!」



777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:37:52.36 ID:G2H5wK+t0

P「そうだなぁ、幸子はかわいいもんなぁ」

幸子「えぇ、そうですとも。なのにプロデューサーさんときたらいつもいつも……タケノコだとか、響チャレンジ同行とか……」

P「かわいいから仕方ないんだよ」

幸子「えっ?」

P「だって、かわいいからな!」

幸子「……そうですね。ボクがカワイイからちょっとだけいじわるしたくなっちゃったんですね? もう。心が広いボクだから許してあげますけど……」

P「……?」

幸子「ま、ボクのかわいさに免じてお説教はしないであげましょう」

P「そうか、ありがとう幸子!」

幸子「……?」

P「どうした?」

幸子「いえ、本当に……大丈夫ですか?」



784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:41:32.99 ID:G2H5wK+t0

P「なにがだ?」

幸子「プロデューサーさん。やっぱりちょっとおかしいですよ。ボクに会えたからっていうよりも……」

P「ハハハ、大丈夫だって。幸子はかわいいから」

幸子「ほ、ほら! なんだかやっぱり言動が変です! ありえません!」

P「ありえない?」

幸子「そりゃあ、たまにはプロデューサーさんもボクのことを甘やかすかもしれないけど……でも……」

P「んん?」

幸子「いつものプロデューサーさんなら、キツいジョークのひとつぐらいは返してくるはずです。今日のプロデューサーさんはおかしい!」

P「そうかなぁ、うーん」

幸子「……悩みとかあるんだったら、聞いてあげてもいいんですよ? ボクはカワイイだけじゃなくて優しいですし」

P「悩み……悩みかぁ……」



792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:47:15.96 ID:G2H5wK+t0

P「そうだな……幸子、お前の方向性についてなんだが」

幸子「えっ?」

P「これまで、だいぶ無理もさせてきたと思う。だけどわかってほしいことがある」

幸子「……わかってほしいこと? なんですか?」

P「俺は、幸子のプライドの高さを信じてる」

幸子「プライド……ですか」

P「あぁ、自分がカワイイって言い続けられる。自信と、誇り。それはいろんな試練の中でも発揮されていた」

幸子「……いろいろやらされましたね」

P「それでも。早朝からタケノコ掘りにいかされようと、遊園地のきぐるみの中の人をやらされようと」

P「幸子、お前は自分がカワイイと言い続けた」

幸子「……ふ、ふん。当然です、事実ですから」

P「そうだ。それでいいんだ」

幸子「えっ?」



799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:51:30.94 ID:G2H5wK+t0

P「俺は、その折れない心をなによりも買っているんだ。幸子」

幸子「プロデューサーさん……」

P「お前なら、トップアイドルにだってなれる!」

幸子「……ふふっ、当然ですよ。だってボクは世界一カワイイですから!」ドヤッ

P「そうだ、幸子。それでいい!」ボロン

幸子「……えっ」

P「……」ブラブラ

幸子「きゃっ……ゃゃぁぁあああああああああああああ!?」

P「どうした幸子!?」

幸子「やっ、なに、なんですか!? 来ないでください! 見せないでください!」

P「見せるなってなにをだ? 幸子!?」ブラブラ

幸子「だから……お、おちっ……なに言わせようとしてるんですか! 下! はいてください!」

P「……?」

幸子「きょとんとしないで!」



805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 00:56:39.42 ID:G2H5wK+t0

P「……どうしたんだ幸子。話はまだ終わってないんだぞ」ジリッ…

幸子「や、やだっ……こないで……」

P「幸子!」

幸子「ひっ……」

P「……」

幸子「……? プロデューサーさん、悪ふざけだったらもう……」

P「……へい幸子! へいへい!」ッタンッタンッタン

幸子「は、反復横とびしないでください!」

P「Oh Yeah!」ピョンピョン

幸子「垂直飛びでもダメです!」

P「カバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディカバディ……」ジリッ…ジリッ…

幸子「か、カバディも、やっ……やめてくださいっ!」

P「へいへいカバディカバディカバディ」

幸子「やっ……もう、やだぁ……」グスッ

P「……!?」



815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:01:06.85 ID:G2H5wK+t0

幸子「ぷろでゅーさーさんのばかぁ……まじめなはなしだとおもったのにぃ……」グスグス

P「……幸子……」

幸子「ほめてっ……くれると……おもった、のにぃ……うえぇぇぇぇ……」

P「……」

幸子「っんぐ……ぁ……ぷろでゅ、さん……いつも……ひどっ、でもっ、ぼくっ………」

P「幸子」

幸子「……」グスッ

P「ドッキリだ」

幸子「……?」グスッ

P「ドッキリなんだ」

幸子「どっ……き、りっ……?」

P「あぁ、全部ドッキリなんだ」ブラブラ



823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:05:30.13 ID:G2H5wK+t0

幸子「……ぜんぶ、って……なに、ですか……」グスッ

P「ちんちんをみせただろ?」ブラブラ

幸子「……いまも、でてっ……ます……」グスッ

P「おっと、すまんすまん。ドッキリだ」シュルッ

幸子「……」グスッ

P「それに、幻の蛇を捕まえる企画。あったよな?」

幸子「……みつから……なか、った……ら……ばつ、げー、っむって……」グスッ

P「ドッキリだ」

幸子「……ばつげーむ、しました……」グスッ

P「ドッキリだ」

幸子「……」グスッ



829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:10:01.21 ID:G2H5wK+t0

P「そう。幸子……」

幸子「……」

P「企画の半分ぐらいは実はこっちで増してた」

幸子「……」

P「それも、実は幸子のためなんだ。いいか……」

幸子「……いいたいことは、それだけですか」

P「えっ?」

幸子「……そんなの……そんなの……」

P「……?」

幸子「さ、最初から知ってました! ふんだ! 別にだまされたわけじゃありませんから!」

P「そうなのか?」

幸子「この涙だって、リアクションが薄いと画が栄えないだろうと思ってわざわざ泣いたふりしただけですから! 勘違いしないでください!」

P「すごいな幸子、プロじゃないか」

幸子「と、当然です。ボクはカワイイですからね」



834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:15:08.59 ID:G2H5wK+t0

幸子「ふんだ、ふーんだ!」

P「すごいぞ幸子!」

幸子「なにがですか」

P「その虚勢、本当にすごい!」

幸子「……えっ」

P「かわいいなぁ、あぁ、本当にカワイイよ!」

幸子「違います! 虚勢なんかじゃありません!」

P「そうか。無理してたんだな! かわいいぞ!

幸子「このっ……」

P「幸子は本当にかわいいなぁ! あぁ、かわいいぞ!」

幸子「プロデューサーさんの、ばかっ! あほっ! まぬけー! わからずや! でべそ! へんたい! せくはら! つかまっちゃえっ!」

P「幸子……」

幸子「もういいです! 知りません!」



838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:18:59.01 ID:G2H5wK+t0

P「待て、幸子」ガシッ

幸子「……なんですか。放してください」

P「いや。ひとつだけ言い忘れたことがあるんだ」

幸子「……一応、聞いてあげます」

P「正直、泣いてる幸子がかわいすぎてやりすぎた! ごめんね♪」

幸子「……」バキッ!

P「おぐっ……」

幸子「……お仕事いってきます」

P「……さ……ち……」ガクッ

ガチャッ……バタン!

幸子「……ふんだ。ちょっとかわいいっていったぐらいで、許してあげるなんて……」

幸子「そんなこと……」

幸子「……」

幸子「……ボクのかわいさに免じて、特別に、今回だけ、様子を見るってことにしてあげよう……かな……」



849: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:23:35.84 ID:G2H5wK+t0

P「……ハッ、俺はいったい……」

ちひろ「おはようございます。プロデューサーさん」

P「ちひろさん、俺は今なにを……」

ちひろ「なにって、やだなぁ……アイドルにちんちんをみせてるんじゃないですか」

P「ちんちんを?」

ちひろ「そうですよ。それでもうすぐ次の子が来るんです」

P「なるほど……」

ちひろ「お、きましたかね?」

>>854



854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:24:23.61 ID:YiKW6i7a0

ナタアアァァァーリアアアアアアアアアァァ!!



869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:28:16.73 ID:OCPySJTp0

というわけで安価の流れを切って投下サーセン

ガチャッ

涼「オハヨーございます」

P「おはよう、涼」

涼「ライヴの仕事入った?」

P「いや、まだ取れてないんだ」

涼「しっかりしてくれよ、プロデューサーサン。アンタのこと信じて、バンド辞めてまでアイドルになったんだから」

P「すまん……」

P「一応ショーの司会進行の仕事を貰ってきたが、やれるか?」

涼「やるさ。アタシはやるからには全力でやりたいんだよ」

P「そうか」

涼「なあ、プロデューサーサン」

P「ん?」


>>862
りょううめは最強
だが今回は小梅ちゃんお留守番



871: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:29:17.48 ID:OCPySJTp0

涼「正直に言ってくれ。アタシはアイドルとして、ちゃんと出来てる?」

P「……」

涼「最近、自信がないんだ。自分らしく、カッコよくいられてるのかって」

P「そんなことを気にしてるようなら、まだまだだろうな」

P「少なくとも涼らしくはない」

涼「わかってるさ……」

涼「でも、アタシはいつも全力なのに、中々結果に繋がらない」

涼「もうどうすればいいのか、さっぱりわからないんだよ……」

P「……簡単なことさ」

P「今までどおり、涼なりの全力を出していけばいい」

涼「…」

P「確かにまだ目に見える結果はあまり出てない」

P「でも、涼の歌は、カッコよさは、懸命さは、着実にファンの心を掴んでいる」

P「明らかに涼のライブはリピーターが多いからな」

P「お前の方で顔を覚えてるファンの子も、結構いるはずだろう?」




874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:30:02.66 ID:OCPySJTp0

涼「それは……そうだけど」

P「それに、一度お前の晴れ舞台を見てくれた業界関係者は絶賛してくれるし」

P「そこからの仕事ってのも結構多いんだ」

涼「そうなの?」

P「今回の司会だってそうだ」

P「この前のライブに無理を言って来てもらった人なんだが、その後向こうの方から是非涼にやってもらいたいって言われてな」

涼「……マジ?」

P「マジ。大マジだ。だからな、涼」

P「お前は自信を持っていいんだよ」

涼「……」

P「例えば、こんなふうに」ボロン



876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:31:40.48 ID:OCPySJTp0

涼「……」

P「……」ブラブラ

涼「……は?」

P「……」ブラブラ

涼「ゴメン、ちょっと意味わからない」

P「……」ブラブラ

涼「あれか、ライブの時にアタシも自慢の胸を晒せってことか?」

P「いやそれはまずい」ブラブラ

涼「アンタが今やってることも十分マズイだろ!」

P「すまん、涼」ブラブラ



878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:32:23.97 ID:OCPySJTp0

涼「謝るならまずしまえ」

P「おっとそうだな」シュルッ

涼「そして言い訳を聞こう」

P「ドッキリだ」

涼「……は?」

P「ドッキリなんだ」

涼「……セクハラの間違いじゃねーの?」

P「世間体にはセクハラだがこれはドッキリだ」

涼「……フフッ」

P「?」

涼「元気づけるためにそこまでしてくれるなんてな」



879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:33:08.24 ID:OCPySJTp0

P「あ、いや、その」

涼「あれだろ、胸を晒すのはまずいけど、仮に見られても関係ないくらい堂々としてろってことだろ?」

P「違ってるような微妙にあってるような」

涼「ありがとな、プロデューサーサン。おかげでアタシらしさ、取り戻せそうだよ」

涼「ただ、そういうのはこれっきりにしてくれよな」

涼「そういう意味での見られるヨロコビってのに目覚めると警察沙汰だよ?」

P「あ、ああ。気をつける」

涼「ん。じゃあレッスン行ってくるね」

ガチャッ バタン



880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:34:19.31 ID:OCPySJTp0

ちひろ「その後の松永涼ちゃんの行方を知る者はいなかった……」

P「やめてください」

ちひろ「だって現状は特技Lvアップのための素材にしか」

P「だったら涼のSR早く追加してくださいよ。そしたら少なくとも一人課金する人がいるので」

ちひろ「一人だけじゃ大した利益にもならないので投入できませんね」

P「そんなあ」

松永涼編おわり


スレ汚しスマソ
ナターリアはもう書けたのかしら?



887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:39:53.89 ID:G2H5wK+t0

ナターリア(14)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715430-1344788785.jpg
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0715431-1344788785.jpg


ガチャッ

ナターリア「おっはヨ~☆ エヘ、ちょっぴりチコク……カナ?」

P「ん、おはよう。ナターリア。大丈夫だぞ」

ナターリア「よかっタ……アセっちゃったヨ。ふぅ……」

P「お茶飲むか?」

ナターリア「ウン!」

P「……ローズヒップティーって普通に入れていいのか?」

ナターリア「どしたんダ、プロデューサー?」

P「いや、うん。緑茶でいい?」

ナターリア「ナターリア、プロデューサーが入れてくれるならハバネロティーでもOKダヨ!」

P「いやいや、アイドルなんだから喉を大切にしてくれ」



890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:49:07.49 ID:G2H5wK+t0

P「ナターリアもだいぶ日本語うまくなったよなぁ……」

ナターリア「ん、ニナといっしょにベンキョーしやがったデス~♪」

P「結局亜里沙先生にはだいぶ負担だったんじゃないかって不安だよ」

ナターリア「でもとってもタノしかったダヨ?」

P「そっか……よかった」

ナターリア「ナターリア、いっぱいの人に囲まれテ……シアワセ……」

P「ナターリア……」

ナターリア「……あのネ。プロデューサー、聞いてほしイ」

P「……どうしたんだ?」

ナターリア「ジツは……ナターリア、とってもダイジなお話しなきゃダメなんだヨ……」



893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:52:30.01 ID:G2H5wK+t0

P「大事な話?」

ナターリア「ウン……ナターリア、みんなのコト、大好きだカラ……」

P「まさか……帰らなきゃいけないとかなのか!?」

ナターリア「……ウウン、チガうヨ」

P「じゃあ……病気? ビザ? 家族!?」

ナターリア「……」

P「ナターリア……」

ナターリア「あのネ、プロデューサー」

P「……」

ナターリア「……ナターリア、ジツは……」

P「……」

ナターリア「……回らないスシ、食べたことないんダヨ!」

P「えっ」

ナターリア「この前、ヤクソクしたよナ?」

P「あぁ、うん……」



900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 01:59:07.87 ID:G2H5wK+t0

ナターリア「いっしょに皆でたべルってヤクソク。 してないヨ?」

P「……」

ナターリア「プロデューサー、ぜんぶおごりっていいたヨ?」

P「……」

ナターリア「ナターリア、回らないスシ、初めてだカラ……ドキドキするネ!」

P「……」

ナターリア「プロデューサー?」

P「そうだな、腹いっぱい喰わせてやるよ。大丈夫さ」

ナターリア「ホント!? 大丈夫なのカ!?」

P「うん、たぶん!」

ナターリア「スゴイ! スゴイヨ、プロデューサー!」

P「そうだろう、がんばるぞ! よーしぱぱしめサバ頼んじゃうぞー!」

ナターリア「ナターリアはスシたべるヨー!」

P「ナターリア、全部スシだ!」

ナターリア「アリャリャ、シッパイだったネ! でもいっぱいいっぱい食ベル!」



903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:03:20.58 ID:G2H5wK+t0

P「そうだ、ナターリア」

ナターリア「どうしたノ?」

P「……」ボロン

ナターリア「えっ……プロデューサー?」

P「……」

ナターリア「……これって、オトコの、ちんちん。だよネ……」

P「……」ブラブラ

ナターリア「ナターリア……アイドル、やめなきゃナノ?」

P「……!?」

ナターリア「ワガママ、ごめんネ。プロデューサー…… だから、スシいこーっていったのカ……」



906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:07:18.34 ID:G2H5wK+t0

P「……ナターリア……」

ナターリア「ごめんネ。サイゴのバンサン? したかったヨ……」

P「どういうことだ?」

ナターリア「だっテ。ちんちん見るのはパブのオシゴトきいたヨ?」

P「び、微妙に違う……」

ナターリア「そうなのカ……でモ。そういうオシゴトなんデショ?」

P「いや。違うんだ……そういう意味でちんちんをみせたわけじゃない」

ナターリア「……じゃあ……なんデ?」

P「……実は、ドッ」

ナターリア「あっ! わかったヨ!」

P「えっ」

ナターリア「キュウコンだよネ! ナターリアとプロデューサー、結婚!」

P「えっ」



908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:11:33.45 ID:G2H5wK+t0

ナターリア「ビックリしたヨ……デモ。それナラ……ナターリア、プロデューサーにナラ、いいヨ?」

P「えっ」

ナターリア「うまくできるカ……わからないケド……」

P「いや、あの、ナターリア」

ナターリア「ンン! どうしたノ、ダーリン♪」

P「ダーリン!?」

ナターリア「だって、旦那様……プロデューサーのままダト、呼びづらいデショ?」

P「ちが、違うんだナターリア。落ちつけ」

ナターリア「おちついてるヨ?」

P「これはドッキリなんだ」

ナターリア「ドッキリ?」

P「どっきり」

ナターリア「そっカ……」



911: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:15:41.64 ID:G2H5wK+t0

ナターリア「それデ、ドッキリってなんダ?」

P「……えっと、うん、こう……なんていうか、ウソをついて驚かせたりとかだな……」

ナターリア「ウソ……?」

P「そう。今回はちんちんをみせるドッキリだったんだ」

ナターリア「プロデューサーのちんちん、ウソなのカ!?」

P「い、いや。そうじゃなくて!」

ナターリア「タイヘン! そしたらプロデューサー、女の子カ……女同士はムリ……」

P「あの、ナターリアさん?」

ナターリア「デモ、がんばるヨ! プロデューサー。ナターリア、女の子でも、愛せるカラ!」

P「え、ちょっと」

ナターリア「でも大ニュースだヨ! ヘレンにもおしえなきゃだネ!」

P「ストップ! 待って!」



913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:19:40.96 ID:G2H5wK+t0

ナターリア「どうしたノ?」

P「違うんだ。ドッキリっていうのは驚かせるって意味でな……」

ナターリア「だからプロデューサーのちんちんがウソなんデショ?」

P「違う。俺のちんちんは本物だ」

ナターリア「ホント?」

P「誓ってもいい」

ナターリア「じゃあ、ドッキリってナニ?」

P「ちんちんをみせたら、びっくりするかなって……」

ナターリア「なんダ。それダケ?」

P「それだけって……」

ナターリア「他のヒトだったらびっくりするケド……パブ、いけって言われるかと思ったケド……」

ナターリア「ナターリア、プロデューサーのちんちんならダイジョウブ!」

P「ナターリア……」



914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:22:35.65 ID:G2H5wK+t0

ナターリア「プロデューサー。ダカラ……」

P「ん?」

ナターリア「……セキニン、とってくれるよネ……?」

P「えっ」

ナターリア「ちんちんみせあっこは、夫婦のアカシ……ナターリアも見せるカラ……」

P「えっ」

ナターリア「それデ、フェアだよネ!」

P「待って、ナターリア。ストップ」

ナターリア「ドシタ?」

P「え、なんて?」

ナターリア「結婚?」

P「なんで?」

ナターリア「違うノカ?」



918: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:25:42.67 ID:G2H5wK+t0

P「ほら、見せたのはドッキリなんだ」

ナターリア「そうだネ……でも、見ちゃっタのはホント……ダカラ」

P「だから?」

ナターリア「ナターリアも見せなきゃデショ?」

P「そのりくつはおかしい」

ナターリア「ダイジョウブ。プロデューサーになら……」

P「いや、本当にごめん。なんかこう、説明不足でやったせいだよな。ごめん」

ナターリア「なんでプロデューサーがあやまるノ?」

P「違うんだ。今回は求婚とかそういう方向には持ってかない、後腐れないドッキリなんだ」

ナターリア「……そっカ。今回はダメなんだ」

P「うん」

ナターリア「じゃあ、次だネ!」

P「えっ」



922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:29:41.49 ID:G2H5wK+t0

ナターリア「また、プロデューサーがナターリアにちんちんみせたら、結婚だネ!」

P「えっ、そうなの」

ナターリア「ナターリア、まってるヨ!」

P「ちょ、ちょっと待って。今何かすごいダメなフラグが立った気がする! 待って!」

ナターリア「お仕事、イッテキマース!」

P「ナターリア、待って! ストーップ!

ナターリア「ん、ナニ?」

P「えっと……仕事、がんばれよ!」

ナターリア「ウン!」

ガチャッ バタン!

P「……じゃないだろ!? どうするんだ!?」

P「あっ、二度とちんちんをみせなければいいのか! すげぇ!」



923: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:31:37.98 ID:G2H5wK+t0

ちひろ「お疲れさまでした、プロデューサーさん」

P「えぇ、なんだかとっても疲れました……」

ちひろ「ドリンク飲みますか?」

P「結構です」

ちひろ「そうですか……」

P「もう、諦めませんか」

ちひろ「諦める?」

P「アイドルにちんちんをみせようなんて……企画段階からおかしかったんですよ……」

ちひろ「プロデューサーさん……」

P「もう、やめましょう。こんな誰もが傷つく茶番は……」

ちひろ「バカッ!」バチン!

P「……っ!?」



928: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:34:13.91 ID:G2H5wK+t0

ちひろ「プロデューサーさんの……プロデューサーさんの思いはその程度なんですか!?」

P「……思い……?」

ちひろ「あんなにいきいきとちんちんをみせていたプロデューサーさんはどこにいったんですか!」

P「……俺は……」

ちひろ「諦めないでください、プロデューサーさん……私は、全力でサポートします。だから!」

P「そう、そうですね……まだ……」

ちひろ「えぇ、そうです」

P「俺たちは」

ちひろ「私たちは」


P・ちひろ「「登り始めたばかりだからな……この長い長いちん見せ坂をよ……」


                    完!



933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 02:36:44.35 ID:G2H5wK+t0

一昨日の夜9時から2時まで
昨日の昼1時半から今まで

あわせて……いっぱい! お付き合いありがとうございました
他の人のSSも見れて嬉しかったです(小並感)


元スレ
モバP「アイドルにちんちんをみせるドッキリ、ですか」